経済産業省
文字サイズ変更

埼玉県

埼玉県HP:http://www.pref.saitama.lg.jp/life/3/14/48/
EV・PHVの本格普及は、将来の低炭素モビリティ社会の実現に欠くことのできないものである。
今回のEV・PHVタウンの提案は、EV・PHVの県全域への普及と地球温暖化対策としての自動車からのCO2の削減はもちろん、県全体における生活レベルの向上に資するものである。
このため、従前から行っているEV等の行政による率先導入や民間への導入支援などに加え、本県の地域特性に根ざした先導性、モデル性のある事業として、さいたま市(大都市)と熊谷市(中都市)を中心とした広域実施地域で、主に次の事業に積極的に取り組む。


(1) パーク&ライド通勤(駅まで自動車を利用し公共交通機関で通勤)に対応したEV・PHVの検証 (熊谷市)
(2) 晴天率が日本一で夏場の気温が非常に高い地域での太陽光利用の充電設備設置の検証(熊谷市)
(3) カーナビゲーションシステムを活用した充電アクセスビリティの検証(さいたま市・熊谷市)
(4) 産官民連携による駅前EVシェアリングの検証(さいたま市)
(5) 小型EVや電動バイクによる小口配送の検証(さいたま市)
(6) EV利用課金システムによるマンション等へのEV促進方策の検証 (県南地域)
(7) 中山間地域でのEV利用の検証(レール&ライド、高齢者向けEV) (県北地域)
これらは、県内外へ波及するものであり、既存の低燃費車の普及を目的とした「エコカー・エコドライブ連絡協議会」を発展的改組し、EV・PHVの普及を目的とする「(仮称)次世代自動車普及推進協議会」を設置して、自動車メーカーや県内市町村などと連携して行い、その効果を検証し、EV・PHVの普及につなげる。

提案書

普及目標

EV・PHVタウンの将来像は、EVが県全体に普及し、それに合わせてEV用の急速充電器や普通充電器の幹線道路や道の駅などに官民で設置を進め、自動車とインフラの両面で利便性の高いEV社会である。
EV・PHVの普及台数は、短期(2013 年前後までの期間)で約3千台、中期 (2020年前後までの期間)で約20万台、長期(2050年前後までの期間)で約100万台の普及を目指す。
充電インフラの整備目標は、急速充電器が短期で40基、中期で100基、長期で200基の整備を目指す。
なお、これによるCO2の削減効果は、2013年までの短期では約6,300トンの削減と推定される。
本県人口は、718万人と全国5位の規模であり、人口は逓増傾向にある。また、県内産業は内陸型の機械、化学産業が発展しており、特に、自動車産業は一大集積地であり、中小企業を含め裾野の広い産業構造となっている。また、各種高速道路や圏央道をはじめとした道路交通の要衝であり、本田技研工業の寄居、小川工場の新設に見られるように自動車産業は今後とも発展が期待され、さらに、県市による積極的な企業誘致が展開され、次世代産業の集積が進んでいる。
また、県内の市町村は市が多く、比較的財政的に安定した自治体が多い。このため、E-KIZUNAプロジェクトにより先導するさいたま市の取組を県内各地に拡大することなどで、市町村による率先導入や事業者のEV・PHVの保有も拡大できる。
加えて、本県は排出権取引の先行導入など地球温暖化対策の先進県であり、市町村も環境モデル都市が誕生してきており、次世代自動車への環境面への貢献は理解されている。
自動車メーカーやEV関連企業との実証実験や産学官連携の活用、さらに構造改革特区などのモデル地区の整備などの多様な事業を展開することで、首都圏の一翼を担う本県がEV、PHVの普及が強力に推進できる。
このような状況から、自動車の販売台数、保有台数とも全国に比較し高い水準を維持する見込みで、それぞれ25万台と270万台を維持すると推定し、EV・PHVの普及台数は3年後の2013年には、保有台数を3000台とし、2020年は政府目標の新車販売台数の20%に当たる20万台、2050年は50%の100万台を目標としている。

初期需要の創出

・自治体における公用車への率先導入
・EV・PHV購入補助の実施
・EVを活用した低炭素都市の検証
・パーク&ライド、レール&ライド(都市部、通勤モデル、観光地モデル)の検証
・EVを活用した地域活性化(高齢者向けEV)の検証
・EVカーシェアリングの検証
・金融商品の創設
・税制優遇措置の適用
・様々な電動車両の利用緩和事業

充電インフラの整備

・充電インフラのネットワーク化
・県の地域機関への充電設備の設置
・カーナビゲーションシステムを活用した充電アクセスビリティの検証
・太陽光発電により蓄電する充電器の整備
・EVの利用別課金システムの導入・検証

普及啓発

・モデル事業のPR展開
・環境イベント、環境学習等による普及啓発
・公用車を活用した普及啓発

埼玉県EV・PHVタウン提案書

アクションプラン

埼玉県EV・PHVタウン推進アクションプラン埼玉県EV・PHVタウン推進アクションプラン


get_adobe_reader
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Reader が必要です。ダウンロード(無料)は こちらから。

ページTOPへ戻る


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.