経済産業省
文字サイズ変更

PHV(プラグインハイブリッド自動車)とは

PHVの意味

PHVとは、Plug-in Hybrid Vehicleの略で、日本語では、プラグインハイブリッド自動車と言います。

PHVの仕組み

外部電源から充電できるタイプのハイブリッド自動車で、走行時にCOや排気ガスを出さない電気自動車のメリットとガソリンエンジンとモーターの併用で遠距離走行ができるハイブリッド自動車の長所を併せ持つ自動車です。

PHVの仕組み

EVの仕組みはこちら


ページTOPへ戻る

ガソリン自動車との違い

経済的

経済的
日常の移動が電気自動車走行の範囲であれば、ガソリンをほとんど使用せず、安価な夜間電力を利用して自宅で充電でき、ランニングコストはガソリン自動車と比較して低くなります。

ページTOPへ戻る

PHVの充電方法

家庭用電源から気軽に充電が可能であり、夜間電力などで充電したモーターのみで電気自動車として近距離走行する一方、長距離走行時には、ガソリンエンジンによりハイブリッド自動車として走行することができます。

充電設備について充電設備一覧

EV・PHV等購入関連情報充電設備設置ガイド


ページTOPへ戻る

PHVの走行距離

PHVの走行距離
電気自動車としての走行可能で、かつ航続距離の心配はいりません。
日常の移動が電気自動車走行の範囲であれば、ガソリンをほとんど使用せず、安価な夜間電力を利用して自宅で充電でき、ランニングコストはガソリン自動車と比較して低くなります。

ページTOPへ戻る

国内自動車メーカーから販売されている主なPHV

メーカー
車種
トヨタ自動車(株)
「プリウスプラグインハイブリッド」
写真 トヨタ自動車(株)「プリウスプラグインハイブリッド」
普通充電 100V(約3時間で満充電)
200V(約1時間40分で満充電)
急速充電 非対応
総電力量 5.2kWh

政府では、プラグインハイブリッド自動車の普及のため、通常車両との価格差の1/2以内補助及び自動車重量税・取得税の免税を行っています。
※国の補助制度に加えて、独自に補助制度を実施している地方自治体もあります。詳細は、各自治体にお問い合わせください。

導入補助金制度税制度

ページTOPへ戻る


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.