経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

GLP制度

GLP(Good Laboratory Practice)は、化学物質に対する各種安全性試験成績の信頼性を確保することを目的とします。OECDにおけるGLP原則は1981年に制定、1997年に改訂され、化審法では昭和59年(1984年)3月にGLP制度を導入し、OECDのGLP原則に整合しています。
GLP制度は、試験施設ごとに運営管理、試験設備、試験計画、内部監査体制、信頼性保証体制等に関するGLP基準への適合性を確認し、試験成績の信頼性を確保するものです。

1. 関連通知

2. 試験法関係

3. 参考情報

お問合せ先

製造産業局 化学物質管理課 化学物質安全室
電話:03-3501-0605(直通)
FAX:03-3501-2084
e-mail:qqhbbfa@meti.go.jpメールリンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.