経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

化学物質管理セミナー キャラバン2016(化管法に基づくSDS及びラベル作成)

 ◆ 開催のご案内
 

平成24年4月、「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(以下、化管法)は、国際整合の観点から、国連で制定されたGHSの導入の促進を目的として、指定化学物質等の性状及び取扱いに関する情報の提供の方法等を定める省令(以下、化管法SDS省令)等の改正を行いました。化管法SDS省令の改正により、化管法に基づくSDSの記載項目がGHSに対応した16項目に拡大、また、化管法指定化学物質について、新たにラベル表示を行うことが努力義務化されました。さらに、化管法に基づくSDS及びラベルの作成・提供に際しては、国連GHSに対応したJIS Z 7253に適合する方法で行うことが努力義務化されました。化学物質の適正管理に役立てていただくため、より多くの事業者の皆様に化管法に基づくSDS及びラベル表示についてご理解いただき、適切な情報伝達を行っていただく必要がございます。
 
そこで、経済産業省では、化管法に基づく化学物質管理の重要性を踏まえながら、化管法に基づくSDS及びラベルの作成方法について説明する「化管法に基づくSDS及びラベル作成」に関するセミナーを全国5カ所で開催することといたしました。本セミナーでは、化学物質管理の概要をはじめ、化管法SDS制度、SDS及びラベル作成に必要なGHS分類に関し「事業者向けGHS分類ガイダンス」及び混合物のGHS分類に関する支援ツール「GHS混合物分類判定システム」について説明いたします。
 
本セミナーは、化管法に基づくSDS及びラベル作成の対象者となる指定化学物質取扱事業者(製造・販売・輸入事業者等)を対象としております。また、GHS対応のSDS作成初心者を想定し、基本的な内容を説明予定です。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
 
※GHS(The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals):化学品の分類及び表示に関する世界調和システム
※JIS Z 7253:GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法-ラベル、作業場内の表示及び安全データシート(SDS)
 
本セミナーは、委託先である一般社団法人産業環境管理協会が運営支援等を行います。 

セミナー申し込みについて

参加申し込み、詳細等につきましては、一般社団法人産業環境管理協会のwebページをご参照ください。
 

<セミナー開催日>
東京会場   2016年12月 7日(水)及び 2017年1月24日(火)
大阪会場   2016年12月13日(火)及び 2017年2月 1日(水)
名古屋会場  2017年 1月16日(月)

お問合せ先

製造産業局 化学物質管理課 化学物質リスク評価室
電話:03-3501-0080(一般的なお問合せ)
FAX:03-3580-6347
e-mail:qqhbbf@meti.go.jpメールリンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.