経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

リスクコミュニケーションの方法は?

<< リスクコミュニケーションのトップへ戻る

コミュニケーションの方法には地域の状況や事業者の態様に応じてさまざまなものがあります。「こうしなければならない」あるいは「こうすれば必ずうまくいく」という方法があるわけではありませんが、いずれの方法をとるにせよ、地域住民との信頼関係が築きあげられていることが、リスクコミュニケーションを円滑に進める前提となるのは間違いありません。

地域との信頼関係を築くには、事業者がきちんとした体制を整備して「情報公開の機会」と「地域の人の声を聴く機会」をつくり、日常的な取り組みを地道に続けていくことが肝心です。すでに実施されている方法として、例えば以下のようなものがあります。

その中で、リスクに関する情報を発信し、リスクを適正に管理するための取り組みを進めましょう。地域の事業所や近くの同業者とともに一体となって、地域全体のコミュニケーションをすすめる方法もあります。

日常的に住民と対話する用意

日常的な対話、苦情への迅速な対応、従業員の教育・訓練、相談・苦情などの受付窓口の設置と明確化

地域活動に協働で取り組む

周辺の清掃など地域への貢献活動、地域防災活動への参加や支援、地域教育活動の受入れや支援

マスメディアや印刷物の活用

化学物質の管理状況についての報告書、環境報告書、ポスターやチラシ、ニュースリリース、雑誌記事、インターネットによる情報提供と双方向のやりとり

地域住民が参加しやすいイベントの開催

夏祭りなどのイベント、スポーツ施設などの開放、説明会の実施、事業所見学会、事業活動や環境汚染などに関する対話集会、地域の事業所や同業者とともに実施する地域とのコミュニケーション

お問合せ先

製造産業局 化学物質管理課 化学物質リスク評価室
電話:03-3501-0080
FAX:03-3580-6347
e-mail:qqhbbf@meti.go.jpメールリンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.