経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

審議会資料

産業構造審議会 製造産業分科会 化学物質政策小委員会 フロン類等対策WGについて

最近の主なとりまとめについて

フロン類等対策WG

平成25年6月12日に「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律」が公布されました。改正法では、従来の業務用冷凍空調機器からの冷媒フロン類の回収・破壊にとどまらず、フロン類及びフロン類使用機器のメーカー等によるフロン類の使用の合理化、業務用冷凍空調機器のユーザーによる機器の管理の適正化を求めることにより、フロン類のライフサイクル全般に亘るフロン類対策を定めています。
事業者が具体的に取るべき措置や基準等は、今後政省令等によって規定することとなっており、産業構造審議会製造産業分科会化学物質政策小委員会にフロン類等対策WGを設置し、法施行に向けた政省令事項の詳細を検討しています。  

地球温暖化防止対策小委員会/フロン類等対策小委員会 合同会議

経済産業省の産業構造審議会 化学・バイオ部会 地球温暖化防止対策小委員会の中間論点整理 (PDF形式:313KB)PDFファイル(平成23年2月)と環境省の中央環境審議会 地球環境部会 フロン類等対策小委員会の中間整理 (PDF形式:369KB)PDFファイル(平成23年3月)を踏まえ、平成23年7月に合同会議を設置し、冷凍空調機器の冷媒対策を中心としたフロン類等の排出抑制に向けた対策のさらなる検討を行ないました。

平成25年3月、合同会議において、報告書「今後のフロン類等対策の方向性について (PDF形式:923KB)PDFファイル」をとりまとめました。
平成24年12月15日~平成25年1月15日までに実施したパブリックコメントの結果はこちら 外部リンク(e-Gov(電子政府の総合窓口)へのリンク)。  

地球温暖化防止対策小委員会 

京都議定書における排出削減義務の対象となる温室効果ガスのうち、代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)の排出抑制対策の検討を行っています。また、排出削減に関する産業界の自主行動計画の評価・検証等を行っています(2010年までの取組の評価・検証は本小委員会で実施、2011年分は自主行動計画フォローアップWGで実施)。
平成23年2月の第25回地球温暖化防止対策小委員会において、「代替フロン等3ガスの排出抑制の課題と対策の方向性(中間論点整理)(PDF形式:313KB)PDFファイル」が取りまとめられました。

地球温暖化防止対策小委員会 冷媒対策ワーキンググループ 

冷凍空調分野を対象に、フロン類の機器使用時の漏洩防止や、廃棄時の回収促進の具体的対策の検討を行うため、平成22年6月より、地球温暖化防止対策小委員会の下に冷媒対策ワーキンググループが設置され、同年12月に「冷媒対策の課題と対策の方向性 (PDF形式:685KB)PDFファイル」が取りまとめられています。

地球温暖化防止対策小委員会 物質代替促進ワーキンググループ 

代替物質の候補が存在する分野(一部用途のみの場合も含む。)を対象に、その普及に係る課題を解決し促進するための具体的対策の検討を行うため、平成22年月より、地球温暖化防止対策小委員会の下に物質代替促進ワーキンググループが設置され、平成23年1月に「物質代替の課題と対策の方向性 (PDF形式:372KB)PDFファイル」が取りまとめられています。

地球温暖化防止対策小委員会 自主行動計画フォローアップワーキンググループ

京都議定書における排出削減義務の対象となる温室効果ガスのうち、代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)の排出削減に関する産業界の自主行動計画の評価・検証等を行っています(2010年以前の取組の評価・検証は地球温暖化防止対策小委員会で実施)。

お問合せ先

製造産業局 化学物質管理課 オゾン層保護等推進室
電話:03-3501-4724
FAX:03-3501-6604
e-mail:gyoumu-ozone@meti.go.jpメールリンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.