商務・流通ホーム > 商品先物取引 > お知らせ 商取引消費経済政策課及び商取引監督課
お知らせ

    悪質な「ロコ・ロンドン取引」と称する金の取引及び海外
    商品先物オプション取引等の仲介サービスにご注意を!

    「ロコ・ロンドン取引」と称する金(銀、プラチナ等)の取引 (参考1) 及び海外商品先物オプショ ン
   取引(参考2)等の仲介サービス(取引や契約の名称は様々ですので注意が必要です。)は、平成
   19年7月15日から特定商取引に関する法律の規制対象となりました。同日以前に契約を行った
   後、同日以降に保証金等を増額する行為も、増額する部分については適用対象となります。これに
   より、業者には契約書面の交付などが義務づけられ、また、不適切な勧誘などが禁止されました。
   消費者は、契約書面を受け取ってから8日以内であればクーリングオフできるようになりました。

1.こんな苦情相談が寄せられています
 
 (1) ロコ・ロンドン取引と称する取引の相談事例(参考3)
     電話で勧誘を受けた後、担当者の訪問を受けた。何度も「仕組みも分からないし、高齢だから嫌
    だ。」と断ったにも関わらず、しつこく勧誘され契約してしまった。書面の控えもなく、何の書面だった
    かも分からない。
  (2)海外商品先物オプション取引の相談事例(参考4)
     電話で「おめでとうございます。抽選に当たりました。金のオプション取引を今申し込めれば100万
    円で150万円の利益確定です。」、「金の相場が上昇しています。今取引を始めると絶対儲かりま
    す。」などと言われ、老後の生活資金を預けた。その後、いったん利益が出て振り込まれるはずだっ
  たが、振込日の間際になり相場が急落したと言われた。「利益が確定しているものだと言ったではな
  いか。」と苦情を述べたが、「相場は上がるときもあれば下がる時もあるんだ。」と凄まれてしまった。

  2.ご注意いただきたい点
   
これらの取引はリスク(危険性)を伴うものです。リスクについての説明を受けていない場合ある
    いは説明を受けたが理解できない場合は、取引を行わないことが重要です。
      また、取引を行う意思がない場合は、 きっぱりと断る毅然とした態度が必要です。
     ◎ 契約内容に関する書面は交付されていますか。
     ◎ 取引内容、リスク(危険性)について理解、納得していますか。
     ◎ 強引な勧誘を受けていませんか。
     ◎ 「絶対儲かります」などの断定的な説明を受けていませんか。
     ◎ クーリングオフに関する説明を受けていますか。

  3.苦情相談はこちらまでお願いします
      経済産業省本省及び各地方の経済産業局の消費者相談室で受け付けております。
        本 省  03−3501−4657  近 畿 06−6966−6028
        北海道 011−709−1785  中 国 082−224−5673
        東 北  022−261−3011  四 国 087−811−8527
        関 東  048−601−1239  九 州 092−482−5458
        中 部  052−951−2836  沖 縄(総合事務局)098−862−4373
    ※ 苦情相談の受付は、月曜日〜金曜日(年末・年始、祝祭日を除く)の午前10時から午後4時
   までです。