経済産業省
文字サイズ変更

消費生活アドバイザー制度

消費生活アドバイザー制度

制度

消費生活アドバイザー制度とは、消費者と企業または行政等との"かけ橋"として、消費者の意向を企業経営または行政への提言に反映させるとともに、消費者からの苦情相談などに対して迅速かつ適切なアドバイスができる人材を養成する目的で実施する消費生活アドバイザー試験に合格し、なおかつ一定の要件を満たした者に対し、消費生活アドバイザーの称号を付与する制度です。

消費生活アドバイザーは、次の役割をとおし、企業の消費者志向促進と消費者利益の確保に役立てるほか、複雑化する経済社会において賢い消費者の育成にもその能力の発揮が求められています。

役割

消費生活アドバイザーは、主に企業や行政機関、各種団体等の消費者関連部門において消費者の苦情相談に応じるほか、消費者の意見や消費者動向を的確に把握して、商品・サービス等の開発、改善に反映させるなど幅広い活躍が期待されています。

例えば、
1. 商品・サービス等に関する苦情相談または使い方の相談・助言
2. 商品の性能、安全性等使用目的に応じた買い物相談・助言
3. 商品開発・企画に関し、消費する立場からの助言
4. 消費者向けパンフレットや商品説明書、各種資料等の作成チェック
5.その他、商品テスト、モニター、市場調査、取材等消費者の意向を反映する提言等

試験

【消費生活アドバイザー試験は、内閣総理大臣及び経済産業大臣認定事業として、財団法人日本産業協会が実施しています。】

試験に関するお問い合わせ先
財団法人日本産業協会【 http://www.nissankyo.or.jp/ 】
住所 〒101-0047 東京都千代田区内神田2-11-1 島田ビル3階
電話 03-3256-7731(代表) FAX 03-3256-3010

消費者志向優良企業等表彰制度

制度

1. 制度の趣旨

消費者志向優良企業等表彰制度は、多様化、個性化する消費者の行動やニーズを的確・迅速に把握し、これを企業経営に反映させるなど、消費者志向体制の整備において優れた成果をあげている企業等に対して毎年1回、経済産業大臣表彰を行うものです。

平成2年の制度創設以来、平成17年度で16回目を迎え、これまでに51の企業(総合表彰44、分野別表彰7)、24の個人・グループ(平成11~15年度)を表彰してきました。

※表彰制度については、現在休止中です。

平成16年度から、総合表彰と分野別表彰を実施しています。

【総合表彰】
消費者志向重視の経営方針、消費者ニーズの把握、消費者への適切な情報提供、品質管理等の体制、環境保全、苦情等への対応体制等を総合的に評価し、特に優良な企業等を表彰するもの。
【分野別表彰】
以下の消費者関連分野への取組みを分野毎に評価し、優良な企業等を表彰するもの。

  • 消費者相談分野
  • 品質・安全分野
  • 環境分野
  • 啓発・教育分野

2. 選考

「消費者志向優良企業等に対する表彰実施要領」に基づき、一般公募に応募してきた企業等について、(財)日本産業協会が選考(学識経験者、報道関係者及び消費者により構成された選定委員会を協会に設置し選考)を行い、経済産業大臣に推薦することとなっています。

なお、平成15年度から過去に受賞した企業等も表彰対象とすることとしています。

当ページに関するお問い合せ

経済産業省 商務情報政策局 消費経済企画室
電話03(3501)1905(直通)

 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.