経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

クレジットカードを安全・安心に

   平成30年6月1日に改正割賦販売法が施行されます。


 より安全・安心なクレジットカードの利用環境を整備するために、販売店におけるセキュリティ対策の実施、カード会社による販売店の管理が義務づけられました。     
                                                                                                                                                                                  
       
 ※割賦販売法は、クレジット取引などに関するルールを定めた法律です。
 

改正のポイント

  • クレジットカードの100%IC化を推進し、磁気ストライプカードから、偽造防止効果の高い「ICチップ」の付いたクレジットカードへの移行を進めます。販売店には、これを処理する端末を設置するなどの不正利用対策が求められます。
  • さらに、販売店には、クレジットカード番号等の情報漏えい対策が求められます。
  • 販売店と契約を結ぶクレジットカード会社は、経済産業省への登録が必要になります。また、販売店の適切性・安全性を調査し、しっかり管理することが義務づけられます。

     ※具体的なセキュリティ対策については、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」(概要本文)に基づいて行われることになります。

 

一般社団法人日本クレジット協会では、行政と連携し、消費者・事業者向けの広報活動に取り組んでいます(下記サイト参照)。

お問合せ先

 商務・サービスグループ 商取引監督課
 電話:03-3501-2302
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.