経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

商品情報多言語化対応

背景・目的

 
 訪日外国人観光客は、2016年には2,400万人に達し、「明日の日本を支える観光ビジョン」において、2020年に4,000万人、2030年に6,000万人の目標が設定されました。 
 訪日外国人観光客の旅行消費額に占める買い物代の割合は、約35%を占め、訪日外国人観光客の増加に伴って、買物消費額も、大幅な増加が見込まれます。
  訪日外国人観光客が増え、買物消費額の大幅な増加が見込まれる中で、日本でショッピングをする際には、言語の問題(説明・価格表示)で不満や心配を感じるケースが多いことがわかりました。
  そこで、製・配・販連携協議会 商品情報多言語ワーキンググループでは、こうした不満点を軽減し、買物需要を一層拡大すべく、商品情報多言語化に関する検討を通じて、基本的な考え方としてまとめた。
最終更新日:2016年7月15日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.