経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

産業技術メールマガジン/産業技術NEWS 第18号

めるまが登録

◆産業技術NEWS 2015年6月30日 第18号

読者の皆様へ
いつも産業技術メルマガをご愛読いただき、ありがとうございます。
産業技術に関する情報をお送りしますので、ご一読ください。

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)助成事業
「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」提案者募集のお知らせ

趣旨

「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」とは、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発に対して助成する制度です。平成27年度第2回公募を7月に実施する予定です。

対象者

原則として、日本国内に研究開発拠点を有している企業、大学等の法人

対象事業の要件

経済産業省とNEDOが定める「省エネルギー技術戦略」の重要技術を中心とした省エネルギー技術のうち、国内において以下の省エネルギー効果量が見込めること。

①製品化後、販売開始から3年の時点で、2万kL/年以上、かつ、
②2030年時点で、10万kL/年以上(いずれも原油換算値)

ただし、技術開発費に応じた費用対効果の観点からも審査をします。

公募期間

平成27年7月1日~平成27年7月30日 12時00分(予定)

公募案内

詳細が決定いたしましたら、NEDOウェブページに掲載します。
(平成27年6月末を予定)

ウェブページには、説明会案内、公募要領等を掲載します。
http://www.nedo.go.jp/koubo/DA1_100086.html外部リンク

問合せ先

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」事務局  
E-MAIL:shouene@ml.nedo.go.jpメールリンク

事前相談をお受けしています。上記アドレスへお気軽にご連絡ください。

平成27年度第1回公募の例(参考)

<各フェーズの概要・年間事業上限額>

  • インキュベーション研究開発フェーズ(1年以内)
    年間事業上限額:2千万円程度/件・年 (NEDO助成率:2/3以内)
  • 実用化開発フェーズ(原則2年又は3年)
    年間事業上限額:3億円程度/件・年 (NEDO助成率:2/3以内)
  • 実証開発フェーズ(原則2年又は3年)
    年間事業上限額:10億円程度/件・年 (NEDO助成率:1/2以内)

(注)各フェーズを組み合わせて応募することも可能。但しインキュベーション研究開発フェーズのみの応募は不可。
詳細はNEDOウェブページを参照ください。
http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100039.html外部リンク

<平成27年度第1回 公募情報>
詳細はNEDOウェブページを参照ください。
http://www.nedo.go.jp/koubo/DA2_100078.html外部リンク

産業技術NEWSについて

発行:経済産業省産業技術環境局産業技術政策課 担当/執筆:藤河、木村
〒100-8901東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:03-3501-1511(代表)

お問合せ先

本ぺージに対するご意見、ご質問は、産業技術環境局 産業技術政策課
電話 03-3501-1773 FAX 03-3501-7908 までお寄せ下さい。

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.