経済産業省
文字サイズ変更

BCMS 大塚製薬株式会社 大塚製薬グループ及びそのサプライチェーン

連携タイプ 業界、サプライチェーン
グループ構成 メディパルホールディングス、大塚製薬工場、大塚倉庫、他

背景と目的

医療用医薬品や飲料・食品を提供する大塚製薬株式会社は、いついかなる時でも、これらの生命に関わる物資の安定供給を維持することは、生命関連企業としての社会的責任において重要なものと認識しています。本事業では、災害時の実効的な安定供給体制構築を目指して、業界大手の医薬品卸会社等と連携し、受注・在庫・物流情報の迅速な共有により、適時・適切な対応が可能となる体制等の検討を進めました。

実施概要

  1. 同社が既に医薬品部門で取得済みのISO22301認証の適用範囲を拡大
  2. 飲料・食料部門においては、災害時の飲料・食品の安定供給に向け、受注・生産・物流が連携したBCPを策定し、新たにISO22301認証を取得
  3. 医薬品卸との連携により、医薬品物流網における現状の課題の抽出と対応策を検討
  4. 事業継続の観点から医薬品と飲料・食料サプライチェーンにおけるボトルネックを洗い出し、その結果を踏まえ、原料資材の複数社購買の検討や安全在庫積み増し、代替生産体制の構築などの必要な措置を実施

取組のメリット

  • サプライチェーン寸断による物資の長期供給停止を回避し、社会的責任を果たすための施策を検討できた
  • 外部の受発注システムが停止した場合における代替受発注手段の確立や災害時の物流状況に関する連絡体制を構築したことで、被災地や医療機関に供給できる医薬品情報と納品時期を正確に把握し、緊急時のニーズに適宜・適切な対応が可能となった

取組プロセスにおける成果ツール

当取組の成果として下記のようなツールを作成・使用しました。

ISO22301認証取得

メーカー卸連携

最終更新日:2014年05月19日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.