経済産業省
文字サイズ変更

経済産業

長引くデフレから早期に脱却し経済再生を図るため、安倍内閣では「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」の「三本の矢」を一体的に推進してきました。平成25年10月1日には、消費税率引き上げの際には、駆け込み需要とその反動減が予想されることから、これを緩和し、景気の下振れリスクに対応するとともに、その後の経済の成長の底上げと好循環の実現を図り、持続的な経済成長につなげるため、「経済政策パッケージ」を決定いたしました。本ページでは、「経済政策パッケージ」のうち、経済産業省が担当する施策について、ご紹介いたします。

ライセンス等の積極的な知財活用や、企業の「見えない強み」である知的資産の把握・活用などを通じ、企業価値の向上と経済活性化を実現していきます。

営業秘密侵害や原産地偽装、コピー商品の販売などを規制している「不正競争防止法」についてご紹介します。

我が国企業の競争優位を強固にする国際標準の確立、産業競争力に資する国内規格の策定、世界的に通用する認証基盤の整備等を通じ、国内外の市場における我が国企業の戦略的な事業展開を促進するとともに、国内外市場を創出することで、国富の増大を図ります。

経済産業省は、我が国の国際競争力の維持・強化、イノベーション促進、企業活動の信頼性向上、中堅・中小企業のものづくり基盤、国民生活の安全・安心の確保等を図るため、計量標準、微生物遺伝資源、地質情報等の「知的基盤」を国の公共財として整備し、国民生活や社会経済活動を幅広く支えています。

計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保する計量制度は、貨幣制度と並び、経済活動の根幹をなす制度です。我が国では、701 年の大宝律令によって初めて計量制度が統一されたと言われています。現在では、計量法(平成4 年法律第51 号)において、取引や証明に用いる単位や計量器などについて定めており、適正かつ合理的な計量制度の確立によって、我が国の経済の発展や、国民生活の安定・消費者利益の保護を含めた文化の向上に寄与しています。

産活法(産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法)は、生産性向上に向けた再編・設備投資など企業の前向きな取組を支援する法律です。
中小企業から大企業まであらゆる企業の方にご活用いただけます。

 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.