経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

オゾン層破壊物質の輸出

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書付属書A、付属書B、付属書C及び付属書Eに掲げる物質を輸出する場合は、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)に基づく輸出承認を受ける必要があります。(輸出貿易管理令別表2外部リンクの35項に掲げる貨物)

対象品目

< 附属書A >〔 〕内は、ODP(=オゾン層破壊係数)
グループⅠ (1) トリクロロフルオロメタン(CFC-11)[1.0]
(2) ジクロロジフルオロメタン(CFC-12)[1.0]
(3) トリクロロトリフルオロエタン(CFC-113)[0.8]
(4) ジクロロテトラフルオロエタン(CFC-114)[1.0]
(5) クロロペンタフルオロエタン(CFC-115)[0.6]
グループⅡ (1) ブロモクロロジフルオロメタン(ハロン-1211)[3.0]
(2) ブロモトリフルオロメタン(ハロン-1301)[10.0]
(3) ジブロモテトラフルオロエタン(ハロン-2402)[6.0]
< 附属書B >〔 〕内は、ODP(=オゾン層破壊係数)
グループⅠ (1) クロロトリフルオロメタン(CFC-13)[1.0]
(2) ペンタクロロフルオロエタン(CFC-111)[1.0]
(3) テトラクロロジフルオロエタン(CFC-112)[1.0]
(4) ヘプタクロロフルオロプロパン(CFC-211)[1.0]
(5) ヘキサクロロジフルオロプロパン(CFC-212)[1.0]
(6) ペンタクロロトリフルオロプロパン(CFC-213)[1.0]
(7) テトラクロロテトラフルオロプロパン(CFC-214)[1.0]
(8) トリクロロペンタフルオロプロパン(CFC-215)[1.0]
(9) ジクロロヘキサフルオロプロパン(CFC-216)[1.0]
(10) クロロヘプタフルオロプロパン(CFC-217)[1.0]
グループⅡ 四塩化炭素[1.1]
グループⅢ 1,1,1 -トリクロロエタン(メチルクロロホルム)[0.1]
< 附属書C >〔 〕内は、ODP(=オゾン層破壊係数)
グループⅠ (1) ジクロロフルオロメタン(HCFC-21)[0.04]
(2) クロロジフルオロメタン(HCFC-22)[0.055]
(3) クロロフルオロメタン(HCFC-31)[0.02]
(4) テトラクロロフルオロエタン(HCFC-121)[0.04]
(5) トリクロロジフルオロエタン(HCFC-122)[0.08]
(6) ジクロロトリフルオロエタン(HCFC-123)[0.06]
(7) 2,2-ジクロロ-1,1,1-トリフルオロエタン(HCFC-123)[0.02]
(8) クロロテトラフルオロエタン(HCFC-124)[0.04]
(9) 2-クロロ-1,1,1,2-テトラフルオロエタン(HCFC-124)[0.022]
(10) トリクロロフルオロエタン(HCFC-131)[0.05]
(11) ジクロロジフルオロエタン(HCFC-132)[0.05]
(12) クロロトリフルオロエタン(HCFC-133)[0.06]
(13) ジクロロフルオロエタン(HCFC-141)[0.07]
(14) 1,1-ジクロロ-1-フルオロエタン(HCFC-141b)[0.11]
(15) クロロジフルオロエタン(HCFC-142)[0.07]
(16) 1-クロロ-1,1-ジフルオロエタン(HCFC-142b)[0.065]
(17) クロロフルオロエタン(HCFC-151)[0.005]
(18) ヘキサクロロフルオロプロパン(HCFC-221)[0.07]
(19) ペンタクロロジフルオロプロパン(HCFC-222)[0.09]
(20) テトラクロロトリフルオロプロパン(HCFC-223)[0.08]
(21) トリクロロテトラフルオロプロパン(HCFC-224)[0.09]
(22) ジクロロペンタフルオロプロパン(HCFC-225)[0.07]
(23) 3,3-ジクロロ-1,1,1,2,2-ペンタフルオロプロパン(HCFC-225ca)[0.025]
(24) 1,3-ジクロロ-1,1,2,2,3-ペンタフルオロプロパン(HCFC-225cb)[0.033]
(25) クロロヘキサフルオロプロパン(HCFC-226)[0.1]
(26) ペンタクロロフルオロプロパン(HCFC-231)[0.09]
(27) テトラクロロジフルオロプロパン(HCFC-232)[0.1]
(28) トリクロロトリフルオロプロパン(HCFC-233)[0.23]
(29) ジクロロテトラフルオロプロパン(HCFC-234)[0.28]
(30) クロロペンタフルオロプロパン(HCFC-235)[0.52]
(31) テトラクロロフルオロプロパン(HCFC-241)[0.09]
(32) トリクロロジフルオロプロパン(HCFC-242)[0.13]
(33) ジクロロトリフルオロプロパン(HCFC-243)[0.12]
(34) クロロテトラフルオロプロパン(HCFC-244)[0.14]
(35) トリクロロフルオロプロパン(HCFC-251)[0.01]
(36) ジクロロジフルオロプロパン(HCFC-252)[0.04]
(37) クロロトリフルオロプロパン(HCFC-253)[0.03]
(38) ジクロロフルオロプロパン(HCFC-261)[0.02]
(39) クロロジフルオロプロパン(HCFC-262)[0.02]
(40) クロロフルオロプロパン(HCFC-271)[0.03]
グループⅡ (1) ジブロモフルオロメタン(CHFBr2)[1.0]
(2) ブロモジフルオロメタン(CHF2Br。HBFC-22B1)[0.74]
(3) ブロモフルオロメタン(CH2FBr)[0.73]
(4) テトラブロモフルオロエタン(C2HFBr4)[0.8]
(5) トリブロモジフルオロエタン(C2HF2Br3)[1.8]
(6) ジブロモトリフルオロエタン(C2HF3Br2)[1.6]
(7) ブロモテトラフルオロエタン(C2HF4Br)[1.2]
(8) トリブロモフルオロエタン(C2H2FBr3)[1.1]
(9) ジブロモジフルオロエタン(C2H2F2Br2)[1.5]
(10) ブロモトリフルオロエタン(C2H2F3Br)[1.6]
(11) ジブロモフルオロエタン(C2H3FBr2)[1.7]
(12) ブロモジフルオロエタン(C2H3F2Br)[1.1]
(13) ブロモフルオロエタン(C2H4FBr)[0.1]
(14) ヘキサブロモフルオロプロパン(C3HFBr6)[1.5]
(15) ペンタブロモジフルオロプロパン(C3HF2Br5)[1.9]
(16) テトラブロモトリフルオロプロパン(C3HF3Br4)[1.8]
(17) トリブロモテトラフルオロプロパン(C3HF4Br3)[2.2]
(18) ジブロモペンタフルオロプロパン(C3HF5Br2)[2.0]
(19) ブロモヘキサフルオロプロパン(C3HF6Br)[3.3]
(20) ペンタブロモフルオロプロパン(C3H2FBr5)[1.9]
(21) テトラブロモジフルオロプロパン(C3H2F2Br4)[2.1]
(22) トリブロモトリフルオロプロパン(C3H2F3Br3)[5.6]
(23) ジブロモテトラフルオロプロパン(C3H2F4Br2)[7.5]
(24) ブロモペンタフルオロプロパン(C3H2F5Br)[14]
(25) テトラブロモフルオロプロパン(C3H3FBr4)[1.9]
(26) トリブロモジフルオロプロパン(C3H3F2Br3)[3.1]
(27) ジブロモトリフルオロプロパン(C3H3F3Br2)[2.5]
(28) ブロモテトラフルオロプロパン(C3H3F4Br)[4.4]
(29) トリブロモフルオロプロパン(C3H4FBr3)[0.3]
(30) ジブロモジフルオロプロパン(C3H4F2Br2)[1.0]
(31) ブロモトリフルオロプロパン(C3H4F3Br)[0.8]
(32) ジブロモフルオロプロパン(C3H5FBr2)[0.4]
(33) ブロモジフルオロプロパン(C3H5F2Br)[0.8]
(34) ブロモフルオロプロパン(C3H6FBr)[0.7]
グループⅢ ブロモクロロメタン(CH2BrCl)[0.12]
< 附属書E >〔 〕内は、ODP(=オゾン層破壊係数)
臭化メチル(CH3Br)[0.6]
 

承認の対象外となる場合

空調装置・冷却装置及びヒートポンプ等の冷媒又は熱媒体として用いられる物等は承認の対象外となります。承認の対象外となる場合は、下記を参照してください。

  • 附属書Aに掲げる物質
  1. グループⅠ
    ①エアゾール缶の噴射剤として用いられているもの
    ②冷凍・冷蔵庫、冷凍・冷蔵装置及び冷凍・冷蔵プラントの冷媒として用いられているもの
    ③空調装置、冷却装置及びヒートポンプ等の冷媒又は熱媒体として用いられているもの
    ④発泡製品及びその原料に含まれているもの
  2. グループⅡ
    ①消火器の中に消火剤として入っているもの
    ②消火装置に消火剤を送る目的で接続されているボンベ又はタンク等の容器の中に消化剤として入っているもの
  • 附属書Bに掲げる貨物
  1. エアゾール缶の噴射剤として用いられているもの
  2. 冷凍・冷蔵庫、冷凍・冷蔵装置及び冷凍・冷蔵プラントの冷媒として用いられているもの
  3. 空調装置、冷却装置及びヒートポンプ等の冷媒又は熱媒体として用いられているもの
  4. 発泡製品及びその原料に含まれているもの
  • 附属書Cに掲げる貨物
  1. グループⅠ
    ①エアゾール缶の噴射剤として用いられているもの
    ②冷凍・冷蔵庫、冷凍・冷蔵装置及び冷凍・冷蔵プラントの冷媒として用いられているもの
    ③空調装置、冷却装置及びヒートポンプ等の冷媒又は熱媒体として用いられているもの
    ④発泡製品及びその原料に含まれているもの
  2. グループⅡ
    ①消火器の中に消火剤として入っているもの
    ②消火装置に消火剤を送る目的で接続されているボンベ又はタンク等の容器の中に消化剤として入っているもの
  3. グループⅢ
    ①消火器の中の消化剤として入っているもの
    ②消火装置に消火剤を送る目的で接続されているボンベ又はタンク等の容器の中に消火剤として入っているもの
  • 輸出貿易管理令の運用についてPDFファイル 
    ※「2-1-1 輸出令別表第2に掲げられている貨物に関する輸出の承認(5)輸出令別表第2の解釈の表」を参照のこと。

申請に必要な書類

番号 書類名
(1)

輸出承認申請書 【2通】 様式PDFファイル 様式Wordファイル 様式一太郎ファイル 記載例PDFファイル 

※記入要領

  1. 貨物名の欄に、輸出契約書と成分表に明記された商品名を記載するとともに、含有している規制物質名をかっこ書きで併記すること
  2. 数量の欄に取引単位による数量を記載するとともに、キログラム(Kg)単位による数量をかっこ書きで併記すること
  3. 価額の欄に、輸出契約書に明記された建値(インコタームズ)を併記すること
(2)

申請理由書(別紙様式)【1通】 様式PDFファイル 様式Wordファイル 様式一太郎ファイル 記載例PDFファイル

※記入要領

  1. 仕向地(国又は地域名及び議定書締約国であるか否かの別)、買主名及びその住所、最終需要者名及びその住所を記載すること。
  2. 輸出貨物の概要として、輸出貨物の品目名、数量(kg)、最終用途及び製造業者名並びに輸出貨物に含まれる規制物質の名称、含有率(%)、含有数量(kg)、オゾン破壊係数(ODP)及び含有数量にODPを乗じた数量(換算数量(kg))を記入すること
(3)

輸出契約書又は輸出契約を証するに足る書類のいずれかの写し 【1通】

(4)

輸出貨物の成分を証する書類 【1通】

(5)

議定書附属書Aのグル-プⅡに属する物質については、輸出貨物が回収されたもの(回収し再生されたものを含む。以下同じ)である場合には、それを証する書類 【1通】

承認基準

輸出の承認は、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書締約国を仕向地とする輸出であって、当該申請が「申請に必要な書類」に従って行われたものであることを確認し、次のいずれかに該当するものについて、国内需給の状況等を勘案の上、行うこととする。

項目 説明
(1) 議定書附属書Aのグル-プⅠに属する物質 議定書(1987年に採択された議定書)締約国を仕向地とする輸出
(2) 議定書附属書Aのグル-プⅡに属する物質 議定書(1987年に採択された議定書)締約国を仕向地とする輸出であって、次のいずれかに該当するもの。
  1. 議定書第5条1に該当する国又は地域を仕向地とする輸出
  2. 回収されたものの輸出
(3) 議定書附属書Bに掲げる物質 議定書(1990年に採択された議定書の改正)締約国を仕向地とする輸出
(4) 議定書附属書CのグループⅠに属する物質 議定書(1999年に採択された議定書の改正)締約国及び議定書第5条1に該当する国又は地域を仕向地とする輸出
(5) 議定書附属書CのグループⅡに属する物質及び同議定書附属書Eに掲げる物質 議定書(1992年に採択された議定書の改正)締約国を仕向地とする輸出
(6) 議定書附属書Cのグル-プⅢに属する物質 議定書(1999年に採択された議定書の改正)締約国を仕向地とする輸出

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書締約国

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書附属書AからCまで及びEに掲げる物質の締約国

アフガニスタン、アルバニア、アルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バハマ、バーレーン、バングラデシュ、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、ベナン、ブータン、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、ブルキナファソ、ブルンジ、コートジボワール、カンボジア、カメルーン、カナダ、カーボヴェルデ、中央アフリカ、チャド、チリ、中華人民共和国(香港及びマカオを含む。)、コロンビア、コモロ、コンゴ共和国、クック、コスタリカ、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ、北朝鮮、コンゴ民主共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、赤道ギニア、エリトリア、エストニア、エチオピア、ソマリア、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、ガンビア、ジョージア、ドイツ、ガーナ、ギリシャ、グレナダ、グアテマラ、ギニア、ギニアビサウ、ガイアナ、ハイチ、バチカン、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラン、イラク、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、キリバス、クウェート、キルギス、ラオス、ラトビア、レバノン、レソト、リベリア、リビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マダガスカル、マラウイ、マレーシア、モルディブ、マリ、マルタ、マーシャル、モーリタニア、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール、ナイジェリア、ニウエ、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パラオ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、大韓民国、モルドバ、ルーマニア、ロシア、ルワンダ、セントクリストファー・ネーヴィス、セントルシア、セントビンセント、サモア、サンマリノ、サントメ・プリンシペ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、セーシェル、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソロモン、南アフリカ共和国、南スーダン、スペイン、スリランカ、スーダン、スリナム、スワジランド、スウェーデン、スイス、シリア、台湾、タジキスタン、タイ、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国、東ティモール、トーゴ、トンガ、トリニダード・トバゴ、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、ツバル、ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国、タンザニア、アメリカ合衆国、ウルグアイ、ウズベキスタン、バヌアツ、ベネズエラ、ベトナム、イエメン、ザンビア、ジンバブエ

輸出後の届出

輸出承認を受け、特定物質の輸出を行った者は、毎年1月~3月の間に前年の輸出数量を経済産業大臣に届け出なければいけません。
詳しくは、以下、製造産業局のページを御覧ください。

制度概要・関係法令等

お問合せ先・申請先

申請方法

窓口申請
受付期日 毎週月曜日~金曜日(ただし、行政機関の休日(行政機関の休日に関する法律外部リンク第1条第1項各号に掲げる日)を除く)
時間 AM10:00~11:45,PM1:30~3:30
窓口 経済産業省本館14階西8
電子申請
「電子申請」ページをご覧ください。
郵送申請
送付先 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1  経済産業省貿易経済協力局貿易管理部貿易審査課 原子力等班
注意事項 郵送申請の際は、切手を貼った返信用封筒(返信先記載済)を同封してください。申請書類の発送及び返信用封筒は簡易書留・書留等を利用してください。郵送途中の紛失等に関しては、当方として一切責任を負いかねますので、ご了承ください。

お問合せ先

経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理部貿易審査課 原子力等班
TEL:03-3501-1659
FAX:03-3501-0997

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.