経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

うなぎの稚魚の輸出について

うなぎの稚魚を輸出する場合は、経済産業大臣の承認を受けなければなりません。
必要な手続きは、以下のとおりです。

適用地域

全地域

対象品目

うなぎの稚魚(輸出貿易管理令別表第2外部リンク の33の項の中欄に掲げられるもの)が対象です。
この場合の稚魚とは、一尾の体重が13グラム以下のものをいいます。

承認期間

毎年5月1日~同年11月30日の期間

輸出承認申請について

(1)申請受付期間

毎年5月1日から同年11月24日まで
(ただし、行政機関の休日(行政機関の休日に関する法律(昭和63年法律第91号)第1条第1項各号に掲げる日をいう。)を除く。)

午前10時から午前11時45分まで及び午後1時30分から3時30分まで

(2)輸出承認申請に必要な書類

番号 書類名
(1)

輸出承認申請書 【2通】 様式PDFファイル 様式Wordファイル 様式一太郎ファイル

(2)

輸出契約書又は輸出契約を証するに足る書類のいずれかの写し 【1通】

(3)

申請理由書 【1通】 様式Wordファイル
(うなぎの稚魚を確保している池の所在地、所有者、電話番号も記載すること)

(3)輸出承認申請書の記載要領

輸出承認申請書の「型及び等級」欄には1キログラム当たりの尾数を記載して下さい。

承認基準

輸出の承認は、当該申請が上記「輸出承認申請について」(1)~(3)に従って行われたものであることを確認し、資源保護の状況、国内需要等を勘案して行います。なお、承認に際し水産庁の助言を求めることがあります。

輸出承認の有効期間

輸出承認の有効期間は6か月とします。ただし、毎年6月1日から同年11月30日までに行う輸出承認については、同年11月30日を有効期限とします。


その他の事項

この通達に基づき輸出承認を受けた方は、毎年12月末日までに別紙様式により輸出実績報告書及び輸出承認証(税関の確認印のあるもの。)の写し1通を経済産業省貿易経済協力局貿易管理部農水産室に提出してください。当該報告書及び書類の提出を行わなかったときは、次年度の輸出承認を行わないことがあります。

番号 書類名
(1) 輸出実績報告書PDFファイル
(2) 輸出承認書(税関の確認印のあるもの。)

関係法令等

お問合せ先・申請先

経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理部貿易審査課 農水産室 水産班

〒100-8901 千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-0532
FAX:03-3501-6006

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.