IPCC(気候変動に関する政府間パネル)

 「気候変動に関する政府間パネル(IPCC: Intergovernmental Panel on Climate Change)」は、人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として、1988年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)により設立された組織です。

 IPCCは、議長、副議長、三つの作業部会及び温室効果ガス目録に関するタスクフォースにより構成され、それぞれの任務は以下の通りです。また、その成果を評価報告書としてまとめて報告しています。

  • 第1作業部会:気候システム及び気候変化の自然科学的根拠についての評価
  • 第2作業部会:気候変化に対する社会経済及び自然システムの脆弱性、気候変化がもたらす好影響・悪影響、並びに気候変化への適応のオプションについての評価
  • 第3作業部会:温室効果ガスの排出削減など気候変化の緩和のオプションについての評価
  • 温室効果ガス目録に関するタスクフォース:温室効果ガスの国別排出目録作成手法の策定、普及および改定

IPCC第4次評価報告書(2007年)

第1作業部会の報告

第1作業部会報告書については、気象庁ホームページをご覧ください。

第2作業部会の報告

第2作業部会報告書については、環境省ホームページをご覧ください。

第3作業部会の報告

政策決定者向け要約(日本語)[2.1M]
技術要約(日本語)[5.7M]

統合報告書

統合報告書については、環境省ホームページをご覧ください。

関連リンク

経済産業省トップページ | 政策別に探す | エネルギー・環境政策 | 温暖化対策
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.