様々な技術経営人材

 

 

 

 

 

 

 

具体的には「MOT教育ガイドライン(MOT人材標準スキル)」としてまとめている。

                                                   (以下、その抜粋)
記号

イノベーション環境の変化による新たな課題の解決のため、従来の経験的な経営手法ではなく新たな知識や理論に裏打ちされた経営力が重要である。

 

記号

具体的には、世界的にも最高水準の研究開発投資の成果を事業に結実させ、経済的付加価値へ転換するマネジメント力であり、技術と経営に精通したMOT人材の育成が喫緊の課題 となっている。

 

記号

これらの経営力は、CEO、CTOの経営者はもちろん、企画、事業化、研究、知財の様々な部署においても必要であり、それぞれに異なる経営力である。

 

記号

平成17年度の事業において、産業界でMOT人材として活躍する人材にインタビューを行い、企業の活動における個々の役割毎に、その職務を全うする上で重要なスキル(「〜できる」で表現される)の整理をした。

<< 前のページ                 次のページ >>