技術経営人材育成を巡る課題

 

 

 

 

 

記号

技術経営を学ぶ者の受講動機は、現在あるいは将来の業務上の課題を解決するためであり、実務と明確にリンクした教育や、課題の解決につながる知識やスキルが与えられることが重要である。

記号

技術経営プログラムに関するアンケート調査では、教師の質やプログラム内容について評価を得ている一方で、まだ課題が有ることが解る。効果的に技術経営人材を育成するため、更なるプログラムの改善が求められる。

記号

産業界の技術経営の人材育成に対する意識についても、アンケート結果から課題が解る。技術経営を学びに行く者に対して、何ら支援を行わない例がほとんどで、何らかの配慮が行われるとしても時間的な配慮に留まっている。また、学んだ者であっても、技術経営と関わりない職務に就いている者が3割程度存在し、ほとんどの者は処遇に変化がない。

記号

技術経営プログラムや修了生の評価はこれからであるが、産学が連携し、人材の育成や獲得を効果的に進めていくことが重要である。

 

 

 

 

 

 

 

<< 前のページ                 <目次へ戻る>