経済産業省
文字サイズ変更

著作権の侵害とは

<< 「被害に遭ったら」のメニューへ戻る

著作権の侵害とは、どのような場合を言うのでしょうか。侵害されているかどうかは、どのように判断すればよいでしょうか。ここではそれを説明します。

著作権の侵害とは

著作権は、著作者が、その著作物について、その保護期間(原則として著作物の創作時に始まり、著作者の死後50年を経過するまでの間)内において、独占的に、複製や翻訳、翻案などの法定の行為を行うことができる権利です。したがって、著作者の許諾を受けることなく著作物を複製したり、翻訳・翻案などを行ったりすれば、原則として著作権侵害となります。このことは著作物の全部ではなく、部分であっても同様です。

著作権の侵害にあたる海賊版かどうかの判断

「海賊版」と言われるものは、主に著作物の「複製権」を侵害しているものです。すなわち著作者の許諾を受けることなく著作物をコピーしたものはこれにあたります(なお、海外で作成されたものである場合には、無断で翻訳された翻訳権侵害品であることもあります。)。

もとの著作物が機械的にそのまま複写されている場合が典型的な複製権の侵害ですが、そうでなくとも、対象物の作成者がもとの著作物に接する機会を持っており、両者が非常に類似していれば、別個独立に対象物を作成したことが証明されない限りは、通常、複製権の侵害が認められるでしょう。対象物がもとの著作物に類似しているかどうかは、もとの著作物の本質的な特徴を対象物から直接感得することができるかどうかという基準や対象物からもとの著作物の内容や形式を覚知させるに足りるかどうかという基準によって判断されることがあります。なお、ある著作物を部分的に複製や翻訳等をした場合であっても、その部分に著作物性、すなわち思想または感情の創作的表現が認められるのであれば、その部分に関しては著作権侵害があるということになりますが、単に事実やアイディアなどが共通しているというだけでは著作権侵害があるとは言えず、海賊版とは言えません。

お問合せ先

 政府模倣品・海賊版対策総合窓口(製造産業局 模倣品対策室)
電話:03-3501-1701(9時30分~12時00分、13時00分~17時00分)
※土日、祝日を除く
FAX:03-3501-0190

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.