経済産業省
文字サイズ変更

意匠権の侵害とは

<< 「被害に遭ったら」のメニューへ戻る

意匠権の侵害とは、どのような場合を言うのでしょうか。侵害しているかどうかは、どのように判断されるのでしょうか。ここではそれを説明します。

意匠権の侵害とは

意匠権者は、登録意匠またはこれに類似する意匠を独占的に実施することができます。従って、意匠権者から実施を許諾されていないにもかかわらず、第三者が業として(個人的または家庭内での利用を除くという趣旨です。)登録意匠またはそれに類似する意匠を製造・販売等を行った場合には、意匠権の侵害となります。

意匠権の侵害にあたるかどうかの判断

登録意匠の内容は、意匠登録出願の際に提出した願書および添付した図面の記載そのものになりますが、意匠権の権利範囲は登録意匠のみならずこれに類似する意匠にまでおよぶため、意匠権の侵害にあたるかどうかを判断する際には、意匠の類否(類似するか否か)が問題となります。 具体的な類否判断にあたっては、(1)両意匠の全体的な構成態様と具体的な構成態様、および(2)両意匠の要部(創作が特徴的な部分、その物品の使用時によく目に付く部分等)を認定したうえで、両意匠を対比した結果、(3)両意匠の要部の態様が共通している場合や、(4)要部に差異があってもそれが微差であったり、周知のありふれた態様である場合には、両意匠は類似すると判断されるのが、一般的です。

お問合せ先

 政府模倣品・海賊版対策総合窓口(製造産業局 模倣品対策室)
電話:03-3501-1701(9時30分~12時00分、13時00分~17時00分)
※土日、祝日を除く
FAX:03-3501-0190

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.