経済産業省
文字サイズ変更

商標権の侵害とは

<< 「被害に遭ったら」のメニューへ戻る

商標権の侵害とは、どのような場合を言うのでしょうか。侵害されているかどうかをどのように判断すればよいでしょうか。ここではそれを説明します。

商標権の侵害とは

商標権者は、設定の登録から10年間(ただし、存続期間は更新することができます。)の存続期間内において、商標登録出願に係る商標を使用する商品または役務(「指定商品」または「指定役務」と言います。)について、登録商標を使用する権利を専有しています。そこで、登録商標と同一の指定商品・指定役務に登録商標を使用する行為は商標権の侵害とされます。また、さらに指定商品・指定役務に同一もしくは類似する商品・役務に登録商標に類似する商標を使用する行為または指定商品・指定役務に類似する商品・役務に登録商標を使用する行為も侵害とみなされます。さらに、商標権の保護を実効性あるものとすべく、類似商標を付した指定商品の包装を譲渡のために所持する行為など、直接侵害の予備的な行為も侵害とみなされます。

商標権の侵害にあたるかどうかの判断

このように、指定商品・指定役務に類似する商品・役務に、登録商標または登録商標に類似する商標を使用する行為も商標権の侵害とみなされるため、商標権侵害にあたるかどうかの判断においては、多くの場合、商標の類似や、商品・役務の類似が問題とされます。

そして、商品・役務の類似性については、取引の実情を考慮して、商品・役務に標章を付した場合に、出所の混同が生じるか否かによって判断されており、裁判例においては登録商標についての「建物の売買」という指定役務と分譲マンションという商品の類似性を認めたものなどがあります。

さらに、商標の類否の判断にあたっては、商標の見た目(「外観」と言います。)・読み方(「称呼」と言います。)・一般的な印象(「観念」と言います。)の類似性の検討に加え、取引の実情を考慮して、総合的に出所混同の恐れがあるかどうかを、取引者や一般の需要者が商品購入時に通常払うであろう注意の程度を基準として判断します。裁判例において、外観が類似しているとされた例としては、「制糖」の文字と小用をしている子供および蟻の図形から構成される登録商標は、「日糖協 制糖茶」の文字と同様の図形から構成される商標と類似しているとされた例があります。また、称呼が類似しているとされた例としては、「SCIENCE DIET」と「SUNACE DIET」(サンエース ダイエット)の商標が類似しているとされた例があります。さらに、観念が類似しているとされた例としては、「夢二」と縦書きした商標は、「竹久夢二」の商標と類似するとされた例などがあります。なお、外観、呼称、観念が個別的には類似しない場合であっても、具体的取引状況によっては、これらの基準の総合的な類似性の有無を判断すべきとされることがあり、全体的観察をすると、頭皮用育毛剤などに付されていた「木林森」は化粧品等を指定商品とする「大森林」と類似するとされた例もあります。

お問合せ先

 政府模倣品・海賊版対策総合窓口(製造産業局 模倣品対策室)
電話:03-3501-1701(9時30分~12時00分、13時00分~17時00分)
※土日、祝日を除く
FAX:03-3501-0190

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.