経済産業省
文字サイズ変更

文書の電子化・活用ガイド

文書の電子化を行う際には、どのような文書の電子化が可能なのか、どのような要件を満たさなければならないのかなど留意すべき事項が多くあります。

本サイトでは、文書の電子化を行うための基本的な情報とともに、文書の電子化により企業の競争力強化を実現した事例を紹介しています。ご活用ください。

入門編

【背景】紙文書を取りまく環境

平成17年4月1日に施行されたe-文書法等、電子化を促進する制度環境について説明しています。

【メリット】文書の電子化によるメリット

文書の電子化を行うことによるメリットについて説明しています。

【対象文書】電子化が可能な文書

e-文書法によって電子化が可能となった文書は、各府省の省令により定められています。ここでは、各省令における保存対象と保存を行う際の要件についてご覧いただけます。

【基本条件】満たすべき基本要件

文書の電子化を行う際には、「見読性」、「完全性」など文書の性質に応じて満たすべき要件があります。ここでは、満たすべき4つの要件について説明しています。

導入編

【電子化の方法】具体的な電子化の方法

代表的な業種・業務について、電子化が可能な書類の例及び満たすべき要件を整理しています。

【導入事例】電子化の導入事例

文書の電子化を導入することで、業務の効率化、顧客満足度の向上など企業の競争力強化を実現した例が数多くあります。ここでは、その一部をご紹介します

活用ガイド(PDFファイル)

本サイトの内容をPDFファイルにまとめました。プリントアウトしてご覧下さい。

お問合せ先

商務情報政策局 情報プロジェクト室
電話:03-3501-2964

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.