情報政策 INFORMATION POLICY
経済産業省ホーム > 情報政策ホーム > 情報政策の概要 > 電子政府の実現 > 電子経済産業省アイディアボックス

お手持ちのネット回線やブラウザによっては、ソート(並び替え)の再表示まで15秒から1分程の時間がかかります。

ID

カテゴリ

タイトル

アイデア・コメント本文

作成日

作成者ニックネーム

コメント数

投票回数

賛成数

反対数

通産順位

IDカテゴリタイトルアイデア・コメント本文作成日作成者ニックネームコメント数投票回数賛成数反対数通算順位
1042001
★アイデア
1.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい電子手続きと言っても結局は窓口に出かけないとならないことが多い。 普通のショッピングサイトのようにキャッシュカード情報なども登録して、郵送希望の場合は郵送料も払えば郵送してもらえるようにして欲しい。 もっといいのは、Yahoo簡単決済やAmazonの決済や楽天の支払いやPaypalなどと提携して、既に登録している情報で支払いできることである。 こういうことを提案すると必ずセキュリティやなりすましを心配する人がいるが、現状でも健康保険証という写真も入っていない物が個人確認の手段として通用しているのだから、重箱の隅をつつくのではなく利便性の向上が計られるならば少々の抜け道には囚われないことが肝要だと思う。 公共の場所にはネットが見られるPCを配備し分からない人がいたら係員が操作法を指導するようにすれば、お年寄りでもどこからでも申請ができ、コンビニ払いによって支払いもどこからでもできるようになる。それで自宅に書類が郵送で届けばいちいち役場に行く必要はなくなるのではないだろうか。2009-10-15komame34238217221
10420021.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい・どのようにこれを実現するためのシステムを構築したらよいと思いますか? ・個人認証はどのような方法でおこなったらよいと思いますか? ・このようなシステムを構築するために投じるコストはどの程度までならよいと思いますか? ・このようなシステムの構築にあたっての、国、自治体、民間の役割分担はどのようにしたらよいと思いますか? 他にも色々と論点はあると思いますが、せっかく賛成票が多く集まっているので、コメントでさらに議論を深めていただければと思います。2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当34238217221
10420031.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいそもそも住基カードと公的個人認証が導入されるとき、住民票を取らなくても良くなるという話だったのではないでしょうか。 個人的な経験では、銀行の窓口で住民票の提出を求められたときに、住基カードを見せたら、そのコピーを取って住民票の提出は不要になったことがあります。 住民票を取るだけの仕組みを高いお金をかけて構築するのか、公的認証カードが全国民に配布されるのなら、そうした仕組みを使って住民票を取らなくても住むような仕組みを考えていくのか――そろそろ、住民票、戸籍謄本ありきの行政システムの発想から抜け出すことを考えるべきではないでしょうか。2009-10-17風來人34238217221
10420041.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいセキュリティリスクの高い銀行のオンラインバンキングですら、ICカードを使わない電子認証方式を用いています。 同様な方法で、窓口にて一旦本人確認をした上で、必要アカウントを郵送し、ウェブブラウザに電子鍵をインストールすることによって、いつでも住民票を請求できるようにすればよいと思います。ICカードとか端末とか、ハードにお金をかける必要はないと思います。手数料の支払いはクレジットカードやペイパルなど、既存のものを使えばよいでしょう。2009-10-17MasaGon34238217221
10420051.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいまず、戸籍とは何か。どのような局面で必要なのか。 次に住民票とは何か。どのような局面で必要なのか。 根本に立ち戻って考えると、戸籍は必要か? という議論になっていくと思います。 住民票について考えると、行政手続きや民間における本人確認の場合が多い。それなら手続きを受け付ける側がネットで確認してくれればいいじゃないか、なぜ当人が自分自身を証明するために、手数料を払い、時間をかけて自分であることを証明する書類を整えなければならないのか。 別の観点からすると、住民票を取得するときに、どうやって本人確認をしいているのでしょうか。 なりすましで交付を受けることができるんじゃないですか?  また写真がついているうわけではありませんから、実は簡単になりすましができるように思います。 そこで、国民IDに基づく住基カード(ないし国民カード)が「すべて」であるとした方がすっきりします。 新生児の出生届と同時に、自動的に交付され、それが当人の証明書として終生利用できる。 加齢とともに顔が変わっていきますから、就学時や成年時など、一定のタイミングで更新する必要は出てくるでしょうけれど、自動車運転免許や公的資格を取得したら、その上に追加していけばいい。 戸籍と住民票をなくす、という発想があっていいんじゃないでしょうか。それが新しい社会を作っていくように思います。2009-10-17佃 均34238217221
10420061.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいということで、戸籍と住民票をなくすには、どうすればいいかを考えませんか? 別のスレッドを立ててもいいですけど。2009-10-17佃 均34238217221
10420071.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい今の時代、住民票や戸籍の必要性がわからない。 免許があれば、身分証明は十分。 省庁を超えて共通の証明があれば、二重の証明は不要なはず。 これが無駄を生んでいる。2009-10-18どぼちょんぱぱ34238217221
10420081.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい住民票は戸籍が紙で必要ない仕組みの構築を行うことがまず先ではないかと僕も思います。 また、リスクの観点から考えれば、Yahoo、Amazonと同列に比較をすべきではないと思います。 むしろ、住基カード(公的個人認証)を無償で配布することが一番では。 また、今年の「定額給付金」の時も、住基カードでも良いと書いてあった自治体はありませんでした。 写真入りのものであれば、無職(高齢者)の人たちには、それこそ個人認証になります。 大地震、大災害などが叫ばれている昨今、個人の確認にも利用可能です。  これを普及できれば、健康保険証等、写真がない証明書を利用する仕組みもやめることが可能だと思います。 2009-10-20Woody34238217221
10420091.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい住基ネットカードが現在運転免許が担っている本人確認機能を持つくらいになれば、紙の住民票なんて別にいらんでしょう。 そのためには住基ネットカードは全国共通のデザインでなくてはいけないし、基本的に顔写真が入らなければだめ。 未成年でも強制的に発行されるようにするべきだと思います。2009-10-20takkey34238217221
10420101.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい風来人さんや、佃均さんのコメントに同感です。 手続きに、住民票や戸籍の添付を求めている理由が「本人確認」にある場合が多いはずですので、 もし電子認証やIDカードなど新たなものでちゃんと「本人確認」ができるようになるのであれば、添付そのものがまず不要になるでしょう。 また、安易に「本人確認」につながるものを偽って入手できるようにしてしまう危険についても考えないといけないわけですが、それが電子手続き全体の足かせになってしまってきた現状を改めるためにも、どういう手続きには厳重な「本人確認」が必要で、どういうものには不要か、(印鑑証明をとるためのカードの登録手順のように、最初ある程度大変なチェックをかけておけば、後はそれを使っての手続きは簡素化できる_ということもありますよね。)から考えなおしていくべき問題と思います。 2009-10-20キーコ34238217221
10420111.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい韓国で電子政府が普及するきっかけとなったのは、住民票を自宅でプリントアウトできるようにしたことと言われています。バーコードを付し、どこからでも本物かどうかを確認できるようにしています。日本では、自治という名の下に、各自治体で住民票の透かしが違ったり、項目の順番が違ったりしています。小さな見栄が大きなムダとなっています。 その後、韓国では、住民票そのものを無くす方に変わっていきました。2周くらい遅れていますが、百聞は一見に如かずということで、まずどこかが導入すれば良いと思います。できれば、全自治体で一気にやって欲しいですが。2009-10-21keiichi34238217221
10420121.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいようするに住民票を無くせばいいのよね、、 取る方法そのものを住民票と見なせば良いので、発行の必要なし、、2009-10-21kry34238217221
10420131.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい韓国の話がでていますが、廉宗淳さんの「電子政府・電子自治体への戦略」によると、 韓国で国民が各機関に提出する添付書類の現況(2007)では、 「行政機関・公共機関」への提出が29.8%、 「金融機関」への提出が37.1%。 それを受けて住民票だけではなく登記情報も、本人の同意が有れば銀行で発給・使用できるようになったとのこと。2009-10-21経済産業省アイディアボックス担当34238217221
10420141.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいそもそもどこかのテレビでやっていたが、 住民票抄本を不正取得して本人になりすます事件も発生しているのだから、 (不正でなくても正当な理由があれば他人の住民票妙本を取得することは出来ますし) もっと正確に個人を証明出来るシステムを構築するべきではないでしょうか。 (それが 住基カードの本来の目的だった気もしますが) どぼんちょぱぱ氏は > 免許があれば、身分証明は十分 こういうが、免許の取れない年齢や免許を取らない人は、 日本では身分証明が非常にしづらい状況であることを認識すべきだと思います。 (免許は発効から次の更新まで身分証明書として有効なのに、 住民票などは発行から3カ月以内などとなっているため、 免許を持たない人は何らかの契約のたびに発行する手間が必要) 米国と同じように 社会保障番号を割り振って身分証明を行うことが出来るシステムが必要です。2009-10-26妹尾34238217221
10420151.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい最近取得された方はご存知と思いますが、住民票(の写し)や戸籍謄本・抄本等を交付する際の本人確認は、以前と比べるとかなり厳しくなっています。 住民票の写しの交付制度等の見直し http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/jyuminhyo_utusi.html 何人でも住民票の写し等の交付を請求できるという現行の交付制度を見直し、個人情報保護に十分留意した制度として再構築するとともに、転出等の際の本人確認を厳格化し、なりすましの防止を図るものです。平成20年5月1日から施行されます。 住民票の写し・戸籍謄抄本等の交付請求の際に本人確認を実施いたします http://www.city.yamagata.yamagata.jp/view.php?g=230050&s=230050001&n=67 住民票の写し等交付申請時の本人確認書類一覧 http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/koseki_j/jyuumin/files/honninkakunin.pdf 「誰でも取れるものではなくなった」というのがポイントです。これに対して、不動産や会社の登記簿謄本は「誰でも取れる」ので、交付時に本人確認はありませんし、かなり簡単にオンライン取得できます(窓口より格安の手数料で自宅等に郵送されます。数少ない「自信を持ってオススメできる」オンライン行政サービス!)。 行政手続等における本人確認に関する調査結果を見るとわかりますが、 http://blog.goo.ne.jp/egovblog/e/c22764bd524ed1fa398035a3017cdcd1 役所における本人確認は厳格化の傾向にあります。しかし、統一性に欠けている面もあり、セキュリティと利便性のバランスが上手く取れていないのが現状だと思います。 偽造が困難とされる住基カード(ICカード)も、ICチップと関係ない券面を偽造されるケースが増えてきたので、今年度から共通ロゴマークやQRコードを付加したものが発行されていますね。 http://juki-card.com/about/index.html なお、住基カードを持っていなくても、住基ネットの活用による住民票写し提出の省略(パスポート申請時の添付書類など)は適用されます。色々と問題のある住基ネットですが、その情報提供件数は年間1億件を超えており、国民が思っているよりは活用されています。 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/080829_4.html2009-10-27Muta Manabu34238217221
10420161.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい住民票や戸籍謄・抄本を受け取るときに、本人確認は必要ないようです。 少なくとも、(中央・地方を問わず)役所同士の情報のやりとりに国民(サービシー)の労力を無償提供させ、その上「手数料」なるものも要求するのは理不尽です。 「住民票がほしくてたまらない。」、「住民票を入手してハッピーだ。」という人はいるのでしょうか? 別の役所の窓口での手続きのときに提出を強制されるために、やむなく購入し、時間と労力を割いて役所の仕事を手伝っているということではないでしょうか? 個人認証は、免許証でも、クレジットカードでもよろしいかと思います。 なお、免許証でも本人確認に使用できないものがありました。 「無線従事者免許証」では、認めてもらえなかった経験があります。2009-10-28Sanuki34238217221
10420171.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいそもそも住民票写しや戸籍抄本・謄本を必要としないシステムを作るべきという意見に賛成です。 これまでの証書の考え方とは、改ざんがないことを証明するために紙自体に刻印やコピー防止の工夫を施したものですが、手続き担当課がオンラインであることを前提とすれば、いつでも元のデータと照合できるので、紙自体の改ざん課題を問う必要がありません。 したがって、住民票写しや戸籍抄本・謄本の考えも、照合データを引き出すための単なるキー情報と考えれば、運用はより簡単になるでしょうね。2009-10-29とらねこ34238217221
10420181.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい住民票の住所に書留で郵送したならば、本人確認としては十分ではないでしょうが。悪知恵を働かせれば抜け道はあるかもしれませんが、完全性を追求すると結局なにもできないことになります。この程度のことなら大きな予算を割かずに できることなので、すぐにやって欲しい。 住民票そのものがいらないという意見もありますが、年配者にとってはなかなかなじめないと思います。紙の書類が 全廃されるまでには何年も(何十年も)かかりそうなので、既存の仕組みの中で便利なサービスを早くやって欲しいと思います。2009-10-29hal34238217221
10420191.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいなんか途中から住民票・戸籍謄本が要らないという議論になっているようですが、本人が本人の属性を証明するためには住基カードなどのようなものの提示で良いとは思いますが、企業が従業員の住民票を取得するケースや、弁護士が訴訟相手の戸籍を取得するケースなど、いくらでも他人が取得するケースがあるはずです。 誰も、商業登記簿謄本や不動産登記簿謄本に関して言及されないのは淋しいです。2009-10-31ばらじ34238217221
10420201.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいばらじ様 ご意見ありがとうございます。 商業登記簿謄本や不動産登記簿謄本に関しては別アイデアで投稿いただければ幸いです。 コメントですと、タイトルに比べてアイディアが埋もれて見えにくくなりがちです。 今後ともよろしくお願い致します。2009-10-31経済産業省アイディアボックス担当34238217221
10420211.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい方向性は、まさにそのとおりだと思います。 それを具体的にどうするかですが、政権が変わった今、大きな仕組みの変更ができるチャンスだと思います。 実現する方向を提言します。 なお、これは 「6.その他電子政府改善」にも投稿しています。 個人情報国家データーベースの創設と国家情報委員会の設置 電子政府を効率的にかつ実効性があるように構築するために下記を提言します。 1.内閣に情報担当大臣をおき、国家情報委員会を国家公安委員会のように設置し、セキュリティーと情報漏洩、犯罪防止に責任を持つ 2.個人情報を住民基本台帳をもとにデーターベース化し、すべての行政機関で情報共有する   たとえば、運転免許のような資格、年金、医療記録カルテ 3.個人情報データーベース管理法を設け、個人情報のアクセス権限、開示の内容と範囲を明確にする 4.データーベース化に不向きなもの、あるいは重複は法律を改正する。たとえば、戸籍は住民基本台帳に統合するなど。 5.自分の個人情報データーベースにアクセスするためにIDカードを全国民に発行し、このカード1枚で身分証明書、保険証、年金手帳、免許証などを兼ねる。 6.データーベースへのアクセスは、インターネットとIDカードでできるものとする。 7.すべての行政機関はこのシステムを使い、住民票、パスポートの発行、選挙管理など行政事務を行う。 8.全国共通のシステムとなるため、窓口はインターネットまたは郵便局とし、市役所などの行政機関の補助とする。 9.税金の納付、申告、所得、資産の登録もこのシステムで行い、課税の公平、給付金の所得制限などをやりやすくする こうすれば、法律を作るのは大変ですが、システムは50億もあればできてしまうのではないでしょうか?国家にとって数十兆円の得になります。また行政事務は10分の1程度に軽減できます。2009-11-1ゼロイチ34238217221
10420221.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい役所から住民票や戸籍を入手する手続きのみならず、住民票や戸籍を必要とする手続き自体、紙での提出が不要になると、さらに便利ですね。 たとえば、銀行で言うなら電子送金的な。2009-11-2toku34238217221
10420231.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい紙での提出が不要になる⇒ いいですよね! 各省庁や自治体ががいろんな仕組みを独自に構築してても、段階的に「電子私書箱」じゃないですが、統一した一つのIDかなにかで、管理できるようになると、 全体でみるともの凄いコストダウン になりませんかねって、なるようにしないとね。それに、住民票にまつわる業務が自治体によって大きく異なるとも思えないので、仕組みはクラウドになるのかな? もちろん、個人情報やプライバシーに関して、「絶対に安全とは言えない」っていう、免責はマストですけども。2009-11-3LEO334238217221
10420241.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい住民票に限ったことではないですが、住民票はなぜ自治体によって、レイアウトや項目が異なるのでしょう? 自治体の独自性をだすため?? ←公共機関なのにその必要性はあるの??? 住民票がいらないシステムは賛成ですが、すぐに住民票がいらないシステムができるかどうかは難しいところかと。せめて全国で住民票など同名の公的書類は統一してほしいですね。2009-11-5ほげほげです34238217221
10420251.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい私は今の「紙」ベースの住民票や戸籍をそのままネットへ持ち込まれるのは反対です。 本人確認は、そこの住所に確かにその人(性別・年齢)が住んでいることの確認になっています。 メールが届くや支払いが出来ることではありません。 メールもカードや口座の情報も洩れ洩れの世界です。海外の銀行口座などはあたり前に情報売買されています。 もし私が海外で拉致されて誰かと勝手に結婚させられたり、 刑務所に入っている間に(!)勝手に携帯が購入され犯罪などに使用されたり、 私が認知症の過程にあったり、障害者だったりしても、悪用されないのでしょうか? 住民票や戸籍の使用目的をやはりちゃんと見直しをして、その目的にあった認証にするべきだと思います。2009-11-6dogwan34238217221
10420261.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい対面で人を見るリアルの世界とネットの世界のセキュリティを一緒にされては困ります。小生の住民票が小生を憎む透明網人間に簡単に取得されてしまえるような状況は考えたくないですな。暗証番号がある、といわれても次には「覚えられるような安易な暗証番号は駄目。メモにするのは駄目。右手でもてなければ左手に任せよ、左手でもてなければ右手に任せよ。できなければサービスをあきらめるか、安全をあきらめるかどちらかを選らべ。」と来るのでしょう。IDカードを持ってれば本人、というなら銀行カードだけで大口預金を降ろせるATMもOKのはずだがそんな馬鹿なことは誰も考えない(と考えたい)。つまるところは誰でもが使える暗証番号システムを考えるのが先決ではないか?2009-11-6ウチダ34238217221
10420271.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい対面で人を見るリアルの世界とネットの世界のセキュリティを一緒にされては困ります。小生の住民票が小生を憎む透明網人間に簡単に取得されてしまえるような状況は考えたくないですな。暗証番号がある、といわれても次には「覚えられるような安易な暗証番号は駄目。メモにするのは駄目。右手でもてなければ左手に任せよ、左手でもてなければ右手に任せよ。できなければサービスをあきらめるか、安全をあきらめるかどちらかを選らべ。」と来るのでしょう。IDカードを持ってれば本人、というなら銀行カードだけで大口預金を降ろせるATMもOKのはずだがそんな馬鹿なことは誰も考えない(と考えたい)。つまるところは誰でもが使える暗証番号システムを考えるのが先決ではないか?2009-11-6ウチダ34238217221
10420281.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいもうすでに皆さんがおっしゃっていますが、私も、そもそも、なぜ、住民票が?なぜ戸籍抄本が?ということを考えると、他にしっかりした本人確認ができるシステムが作られれば、ネットで取れるということ自体を見直すべきと思います。2009-11-7山田34238217221
10420291.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいネット上での本人確認方法が今のままでは反対せざるを得ません。銀行では銀行カードの暗証番号を銀行カード以外の目的に使えば過失だと言っていますが、メモを持ち歩かずに銀行カード・クレジットカード・携帯電話とは異なるユニークな暗証番号を行政サービスに使えるような人が全国に一体何人くらいいると思われますか?   行政にとって暗証番号が如何なるものかについては、以下のサイトに運転免許証についての秀逸なレポートが紹介されています。ご一読をお勧めします。 http://b-spiral.tea-nifty.com/blog/2008/03/post_8a04.html  金食い虫の電子申請については昨日の朝日新聞が報道していますが http://www.asahi.com/politics/update/1107/TKY200911070326.html 役立たずの公的個人認証の無駄遣いも含め一体どこの誰が責任を取るのでしょう。  とにかく誰にも出来ていないことを誰でもできていることととムリヤリ決め付け、思考停止状態でこの問題は解決済みと見えないところに放り出し、波打ち際の砂の上に巨大な国費を投入して誰にも安全には使えないような行政システムを作り上げるのは何としてもやめてもらいたいものです。2009-11-9アナトミ34238217221
10420301.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい一人暮らしですと、仕事中に窓口に行くのがとても大変です。ぜひ実施してください。2009-11-9acobanbi34238217221
10420311.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい平日しか取得できないのは非常に不便なので、Web上で取得できることで、それも解消できるを期待しています。2009-11-10hajikano34238217221
10420321.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい法律改正まで必要な制度変更は実現性に乏しいと思います。 とりあえずはシステム変更だけで対応できてすぐに実行に移せる住民票等ネット請求の仕組みを考えた方が現実味があるのではないでしょうか? 韓国などで既に実施されているのならその仕組みを研究するなどして、簡素で便利な初期認証と課金のシステムを組むことを考えたらどうでしょうか? 世界中で流通している オープンソースとかフリーソフト を利用して組めば、基本部分は 数日でできる 程度の仕組みだと思います。 既存のシステムとの連動や地方自治体のホームページへの組み込みやテストに、やり方によっては年単位でかかるかも知れません。 この際思いきってソースを公開し、オープンソースとかフリーソフトとして ボランティアによる共同開発 で作るというのも有りだと思います。 実現すれば、まさに開かれたソフトウエアとして短期間で安価に安心安全な物が出来るはずですし、行政にとってもソフトウエア従事者にとっても画期的なイベントになると思います。2009-11-13komame34238217221
10420331.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいネットで取得できる様になること事は勿論、 住民票や戸籍謄本は既にコンピューター化されているので 全国どこからでも市町村役場・郵便局に専用機械を設置し取れるようにしなきゃ・・・。 何十年も前からお金が4桁の暗証番号を入れて引き出しできるんだから 申請書を書くことなく機械から出てきても良いんだと思うよ。 機械設置よりもたかいのは文句を言いながら働く職員の人件費。 交付入力データーを間違わなきゃ間違った書類は交付されないよ。2009-11-13fmo34238217221
10420341.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しいオレオレ詐欺の万延から分かるように「成りすまし」の問題には十分配慮する必要があると思います。ネット弱者でも安心して使えるようなパスワードシステムができるのなら賛成。2009-11-14久世寿34238217221
10420351.電子手続き住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい全ての国民が不自由なく暗証番号を使いこなして正しく自分を特定できるという虚構を前提にした議論はやめたほうが良いと思います。 ICカードとリーダー配布を前提にした公的個人認証は金食い虫でしかないとわかってしまいました。電子政府について考えるに際しては、先ずは暗証番号に関わる問題を整理しておくべきと考えます。2009-11-14アナトミ34238217221
1045001
★アイデア
1.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい投票がネットで出来るようになれば投票率は大きく上がると推測されます。2009-10-15oz24209177322
10450021.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい現状でも投票所入場整理券 を投票所で見せるだけで、免許等による本人確認までは行っていないので、同じ基準ならばインターネット投票にした方がコストダウンできると思います。 イメージとしては企業の株主総会のように、送られてきた投票入場整理券にログイン用のIDとパスワードを記しておきそれを使って投票する仕組みです。 仮に現在の本人確認なしが問題とされるならインターネット投票は難しいと思いますが、それにしても現在のやり方、投票用紙に手書きし、場合によっては目視して振り分けるという方法は無駄が多すぎると思います。 最低でもマークシートかパンチカードにするなどしてコストをかけず、スピーディーに開票できるやり方に改めるべきでしょう。2009-10-15resubew24209177322
10450031.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいネットでの投票は、投票の秘密を保つのが非常に難しいので、反対です。これは、ネットやパソコンの技術では、解決できない問題です。 具体的には、とっても強い組織(サイトの性質上、ありうる例は書きません)が、組織の会員などを一部屋に集めて、誰に投票しているかを完全に目で見える監視下において投票させることができてしまう、といったことへの対処ができません。 現在でも、病院や老人ホームなどの施設での不在者投票に関係して投票偽造の選挙違反が選挙のたびに摘発されています。インターネット投票では、同様の違反が現状よりも多くの場所で、より容易に、発覚しにくい形で行われる可能性があります。2009-10-16崎山伸夫24209177322
10450041.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいインターネット投票については、総務省の選挙部の方から、「監視されたり、強制されたりするので、問題だ」という見解をお聞きしたことがあります。今も、その見解は変わっていないのでしょうか。ただ、紙の投票であっても、買収や強制まがいのことは、これまでも散々、行われていたように思います。 近所に、某政党関係の方がいらっしゃいますが、投票日前になると、必ず「明日は、少し騒がしくなって、ご迷惑をかけます」と、律儀にも挨拶があります。何かと思っていると、当日はお仲間の方が、朝から集ってきて、皆さん、揃って投票所へと向かわれます。仲間で集るか、強制的に集められるか、いろいろパターンはあると思いますが…。2009-10-16風來人24209177322
10450051.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい有権者のPC上での投票は反対です。 理由は、第三者の目による本人確認がなされない可能性があるためです。 でも、8月の総選挙における期日前投票制度レベルは仕組みとして非常に使いやすくなってきたと思います。 有権者ごとの投票所指定が、事実上有名無実化してしまった感じがしました。 今後はこの仕組みをさらに発展させて、 ・日本中(+海外)のどの投票所からでも ・公示日・告示日以降、投票日までいつでも ・タッチパネル式(+目の見えない人向けに、音声や点字などで) ・病院や老人ホームなどでの投票所出張サービスも付加した 選挙システムにする必要があるように思います。2009-10-16つぼやん24209177322
10450061.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい現状ではインターネット経由どころか電子投票システム自体に反対です。 アメリカの大統領選挙でも電子投票システムの不備が問題になったこともあります。 さらに電子投票の場合投票した投票用紙という物理的な証拠が残っているので再検査も可能ですが 電子投票では信憑性の再検証などが難しいので反対です。2009-10-16akihiro24209177322
10450071.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい正しく使えば便利なのは間違いないでしょう。課題を度外視すれば、賛成です。 しかし、やはり本人確認に大きな課題がありますね。 なりすましを考えた場合、投票所では、身分証は見ずとも、性別とおおまかな年齢は見れますし、実行者は顔を見られ、身柄を押えられるリスクを負うことになりますが、ネットではそれがない。 やるとしたら、ISP・携帯電話各社と共同でシステムを構築・運用、契約者住所と突合する、とか。 これはこれで大きな課題を抱えますが。2009-10-17yo-24209177322
10450081.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいネットで投票できるようにするのは、たぶん技術的にはできるんでしょう。 本人確認やセキュリティが云々されますが、自動車の利便性が交通事故のリスクを上回っているから自動車が使われているというように考えると、ネット投票の利便性やメリットがリスクとデメリットより高いという社会的・国民的合意が得られればいいわけです。 ですが、「投票所まで行く」という行為の中に、投票者の意思が潜んでいるわけです。その意思を確認することも必要なのではないですか? 投票率を上げる手段としてであれば、 @市町村役場や郵便局、警察署、スーパーストアや駅、大学、書店や図書館、商店街の中のイベントスペースなど、投票所の数を増やすこと。 A次に本人確認ができれば、選挙区外でも投票できるようにすること(ただし候補者の氏名を確認したり集票作業を考えると、ちょっと無理かな?) 集票・集計時間を短縮して開票コストを下げるには、マークシート方式を採用する(読取装置のコストと精度の問題は残りますが)といった別の手段があるでしょう。 いずれにせよ、投票は国民(住民)として一定の労力を負担すべきだと思います。2009-10-17佃 均24209177322
10450091.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいHowの部分、すなわち、技術的に可能か?整備のためにかかる費用のおりあい、セキュリティの担保等々はおいといて、Whatの部分、すなわち投票のためにインターネットという新しいチャネルを追加整備することに賛成です。 「投票」の根本は、自分の意思をどう1票という集計結果に変換するか、というのが私の理解です。 大小含めて、だれしも投票に際して時間や場所・距離の制約があるかと思います。それらを解決する方法として、インターネットという新しいチャネルは有効だとおもいます。2009-10-19Tomioka24209177322
10450101.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい電子投票の仕組みには、大体、3つの方法(それぞれを、第一世代、第二世代、第三世代と言う)があります。  1.現在と同じように、投票所に行って行う。 ネットワーク接続はない  2.投票所等で投票を行うが、ネットワーク接続があり、センターでの集計を行う  3.投票所だけでなく、自宅等のパソコンから投票ができる 僕は少し前に、第三世代の電子投票研究・調査に参加していたことがありますが、マスコミ等の方々から受ける質問は、100%完全なのですか? でした。 でも、既存のものも100%完全なんでしょうか? 少し前に、不在者投票のカウントをしないものがありました。 また、台風等で投票ができない投票所もあったりします。 100%完璧なシステムなんてないですね。 そのため、既存のものと、電子投票を比較して、どこにメリット・デメリットがあるかを冷静に検討する必要があるのではないかと思います。 個人的には、電子投票を推進して欲しいと思っていますが・・・ それから、米国では前回の大統領選挙では海外からも投票が可能でした。 2009-10-21Woody24209177322
10450111.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい多くの皆さんが書いておられるように、選挙管理委員会等が設定したプライバシーの保証された空間で投票を行う以外には、本当の意味での自由な投票の実現が難しいと思うので、 (1)あらゆる場所にあるインターネットに接続した端末から投票を可能とする という意見には反対です。 しかし、圧倒的に効率が高いという理由から、 (2)投票所を設けて、そこにインターネット接続が行われ、電子投票を行うことには賛成です。 現在の「選挙技術」は数百年前に欧州で開発された紙ベースのものを踏襲していると思われるので、根本的に「選挙」という多人数の意思決定を行うシステム自体を、真剣に研究し、最適なものを考案することは大切だと思います。  例えば、今は、数年に一度の選挙のために特定の投票日が設定されて、その日に一斉に投票という風になっていますが、様々な「投票」に使用出来る「投票所」を常設で全国の津々浦々に設けた場合、投票の頻度、民意を問う方式等にも、根源的な違いが出てくるかも知れません。2009-10-23島崎丈太24209177322
10450121.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい「完璧を目指す」ということ、「心配をなくす」ということ。このような縛りをかけては、「なにもやらない。」に繋がります。「やってみて、問題点を認識して、改善、若しくは、撤退する。」という方法がよろしいと思います。2009-10-28Sanuki24209177322
10450131.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい選挙とインターネットというものはそもそも親和しないものと思います 何でも便利ならいいという話ではない ある種の不便さが必要悪である場面もあります 投票率は上がるでしょうか、選挙の目的は達成されにくくなるでしょう2009-10-29YM24209177322
10450141.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい投票率が大きく上がると推測される、その根拠が不明。 投票所まで足を運ぶことだけを億劫に考えるような人であれば、ネットにログインして認証を受けることだって億劫に考えるはず。 近くに投票所が無いような農村や離島では、通信インフラだって整備されていないかもしれない。 ユーザサポート窓口の設置などを考えると、効果がコストに見合わないと思う。2009-10-29ばらじ24209177322
10450151.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいとんでもない話です! アメリカをごらんください。 電子投票で、ブッシュが選ばれた。 あの経緯は、映画にもなっているではないですか。 ごらんになられていないのですか? 電子投票など、民主主義の死滅そのものです。2009-10-31apple_cider24209177322
10450161.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいラトヴィアのように、隣国からサイバー攻撃の対象にならないだけの保証が可能かどうかです。2009-11-2もう24209177322
10450171.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい従来やってきから、今の投票所にいく方法が安全、今までやっていないからネット経由の投票には反対、というのでは、何も進歩がないと思います。 いまどき、選挙期間中、政治家のホームページの更新すらできない国では、情報技術立国を目指すとはいえないと思いますので、制度面、技術面、人の意識の面、クリアすべき課題はあっても解決して、世界に先駆けた選挙制度で新しい時代を切り開いてもらいたいです。 誰が、誰に投票したかがわかるというのは、今のような本人確認がいい加減(人の投票用紙で投票にくるはずがないという前提にたっているとしか思えない)、という以前に憲法で定めた投票の秘密に抵触するため、選挙管理委員会の独立性と厳正さが、より求められると思います。2009-11-2ハント君24209177322
10450181.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい現在の投票システムが安全性が高いという神話はそろそろ終わりにしたいですね。 どなたか、不在者投票を経験された方はいませんでしょうか? かなりいい加減な個人特定を行っているとの話を聞いたことがあります。 投票所での電子投票でも構いません。 まずはやってみることが大切ではないでしょうか? 従来、何件かの電子投票で問題になっていますが、若干の調査をした限りでは、問題が起こるような仕組みでやっていた感じを受けます。 勿論、専門家(含システム、セキュリティ等)を入れてやることが前提になりますが。 それで結果をオープンにする方法がよいのではないかと思います。 2009-11-3Woody24209177322
10450191.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい対面の世界では実現できることでもネット上では実現困難なことの代表が成りすまし防止です。成りすましを簡単に許すようなネット選挙は民主主義を一瞬で根底から崩壊させかねません。高齢者にも実行可能な電子的本人確認手段が確立されてから議論を始めるべきかと考えます。現時点で議論するのは無駄と思い反対します。2009-11-6ウチダ24209177322
10450201.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいいつでもどこでも誰でも投票できるのは一見すばらしいとは思うのですが、自宅からインターネットで投票するとき、投票者の後ろに、脅迫者や買収者がいて投票を指図する可能性を排除できないと思うのでやめた方が良いと思います。2009-11-7山田24209177322
10450211.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい賛成です。本人確認の認証を行い、いつでも・どこでも投票できるようになれば、投票率は上がると思います。また、投票するときに思うのは、立候補者の過去の実績や今回公約として上げている政策(マニフェスト)をあまりわかっていない状態で投票してしまっている点があります。Webで投票できるのと同時に、立候補者の情報を纏めて閲覧することも可能にしていただき、ぜひ電子投票を実現して欲しいと思います。2009-11-10hajikano24209177322
10450221.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい本人確認が難しいという問題がありますが、現状でも投票券を持参すれば、殆どフリーで投票できます。100%不正を防止する仕組みを構築する事は、不可能で、そう考えてしまうと、何も出来ません。 ネット投票した場合は、本人に確認のメールを送る等の工夫で、ある程度、不正の発覚をチェックできると思いますし、 ネット投票の際に、事前に本人確認を実施しておき、本人のID、パスワードを事前登録し、投票券には投票専用のIDを記載する等すれば、かなりの不正防止になると思います。2009-11-11やまやま24209177322
10450231.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいエストニアの電子投票のように、何度も投票できる仕組みにするといいですね。(最後の投票が有効になる仕組みです)もし、仮に強制的に投票させられたとしても、締切までに再投票することで修正が可能です。もちろん、締切ぎりぎりに強制投票させられるという可能性は否定できませんが、数に限界があるので、さほど大きな問題にはならないと思います。2009-11-11エキストラ24209177322
10450241.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい選挙の公正さは国民主権の礎です。自分の権利を盗んだ他人が自分に代わって投票できてしまことを許さない確固とした個人認証システムのないままに始めてしまえるようなものではありません。  現在の暗証番号 / パスワードシステムを安全に使いこなしている人はほとんどいないことは衆知の事実です。まずは本人認証に関する議論を深めることが必須ではないでしょうか?2009-11-14アナトミ24209177322
10450251.電子手続き選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたいアナトミさんに賛成。 ネットでの本人確認が現状のような成りすまし可能なパスワードシステムでは危なくてネット投票には賛成できません。 選挙権の行使は民主主義の基本的権利なのだから、利便性だけで考えるべきではないと思いますが。2009-11-14道頓24209177322
1160001
★アイデア
8.つぶやき電子政府に限らず今回は実験ということですが、テーマを電子政府に限らず、全ての政策について、国民のアイデアを募れるサイトを早く仮設して欲しいと思います。2009-10-23tdmtrdkdnk1812712613
11600028.つぶやき電子政府に限らず訂正:「仮説」ではなく「開設」です。2009-10-23tdmtrdkdnk1812712613
11600038.つぶやき電子政府に限らず自分の電子政府に関する定義が間違っている可能性が高いですが ? >>全ての政策について、国民のアイデアを募れるサイトを って、それこそが電子政府そのものが目指していることだと思っていたのですが。 インターネットなどの技術や交流を媒介として政府への要望とか提案とか効率化をできるようにするのが電子政府全般のことを 指しているかと思います。 どちらにせよ、国が率先して始めるというのはとても戦後昭和時代の日本的な考えですね。 民間主導で、後から政府がついてくるという方法などでもいいかと思います。 インターネットにはそれができる力があると信じています。 インターネットでのやり取りは電話や対面と同じという意識をもつようになるのがまず大事かと思います。 それがないとサイトの開設とか当たり前にならないかと思います。2009-10-23ta__ki1812712613
11600048.つぶやき電子政府に限らずta__kiさん、コメントありがとうございます。 >>全ての政策について、国民のアイデアを募れるサイトを 補足いたします。 例えば年金問題とか、最近の話題では高速道路の無償化とか、子ども手当などもあります。 年金問題はいうに及ばず、高速道路については、無償化すると渋滞がひどくなるとかCO2など環境への影響の問題が、また子ども手当については、現金を親に渡すと、直接、子どものためにならない使途に使われるのではないかといった問題があります。 こういった政策上の諸問題に関してアイディアを出し合う場として、今回の実験のようなサイトが早く開設されることを望みます。 ついでに以下、私見ですが、道路のアスファルトの劣化は、クルマの重さによって与える影響が違うはずですので、一律タダにするのは反対です。(ダンプカーなど重いクルマが道路の補修費をより多く負担するのは妥当) CO2のことも考えたら、電気自動車だけタダにする方がいいと思います。(そうするとメーカーの開発にも拍車がかかるでしょう。日本発の政策が世界中に広まれば、温暖化防止も促進されます。) 子ども手当についても、給食費を払わない親がいるような現状を考えれば、現ナマでばらまくのではなく、義務教育の完全無償化に向けて使う方がよいのでは。 最近、各省庁の概算要求が過去最高の90数兆円で出てきたそうですが、これなども広く国民にアイデアを募り、具体的にどこが無駄で削るべきなのかを検討したらよいのではないかと思います。 その他、様々な制度設計に関するアイデアを募る仕組みとして、国民の英知を結集できるサイトの早期開設を望みます。2009-10-24tdmtrdkdnk1812712613
11600058.つぶやき電子政府に限らず提案ありがとうございます。 今回の実証で、実施方法、webサービスとしての機能、行政側の実施コスト、担当者への負荷、一次回答ができない場合の手順、意見集約や結果の反映や告知の方法等の検証を行っているところです。(日々課題が出ています。) より効率的かつ効果的に取り組める方法を模索していますので、当サイトの運営についてさらに忌憚のない意見をお願い申し上げます。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当1812712613
11600068.つぶやき電子政府に限らず賛成です。 役所というのは、「まず、どこの役所のどの窓口が何の担当をしているのか調べてからアクセスしなさい。」と言っているような気がします。 単に、「政府」でいいのではないでしょうか?(ここで言う「政府」には、「中央政府」と「地方政府」の区分もしないものとします。) どこかの企業からサービスを受けるのに、その企業の組織や、組織ごとの任務分担を調べてからサービスを求める必要はありません。 そもそも、「○○については、▲▲省」などという知識を持たなくても済むようにするのが、ワンストップではないでしょうか? ポータルがあって、「○○を求めたい。」、「○○で困っている。」という意識を持って画面を見れば、数クリックで解決方法が見つかるものであってほしいものです。2009-10-28Sanuki1812712613
11600078.つぶやき電子政府に限らず第173回国会における鳩山内閣総理大臣所信表明演説 http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/statement/200910/26syosin.html 情報面におきましても、行政情報の公開・提供を積極的に進め、国民と情報を共有するとともに、国民からの政策提案を募り、国民の参加によるオープンな政策決定を推進します。 総理もこんなこと言ってますね。ここのサイト見てるのかな。2009-10-31おいおいパパ1812712613
11600088.つぶやき電子政府に限らずあらし対策とか不適切な書き込みの監視とか、運営する側はいろいろと大変だと思います。 新規登録する際の敷居は、もう少し高くても良いかもしれません。 あとは、外国籍の方への配慮が必要だと思います。日本語以外の言語にも対応してほしいと思います。2009-10-31ばらじ1812712613
11600098.つぶやき電子政府に限らず敷居を下げることって大事と思います。こうしたら良いのにという素人考えを気楽に投稿できると有用な意見もあるかもしれません。見るのが大変でしょうけど。 首相官邸ホームページは、意見を求めていますし、金融庁のホームページの目安箱がありますので、投稿者側の意識の問題かもしれませんが。 「つぶやき」という言葉だけで敷居が低くなった感じがして良いです。2009-10-31散策1812712613
11600108.つぶやき電子政府に限らず大賛成です。 さらに一歩進めて、こういった中央政府との、 敷居の低い 双方向のやりとりの構築も必要ではないでしょうか。 どんな大企業でも、こういった取り組みは始めていますし、ネットのない時代ならかなり困難なことでしょうが、ネット時代の今日、こういったことをやらないのは不作為っぽいです。 もちろん、中央政府といえども間違いはあるわけですから、この双方向のやり取りに関しては、ある程度の免責を前提として試行錯誤を重ね、双方向のいい仕組みを作ってほしいです。2009-11-3LEO31812712613
11600118.つぶやき電子政府に限らず賛成ですね。 最低でも各省庁が行うパブリックコメントの募集や結果報告を公開するサーバを用意すべきなのではと思います。省庁のwebページにパブリックコメントの案内をこそっと掲載するというのは、広く意見を求める主旨からは離れているとかと。2009-11-3shui1812712613
11600128.つぶやき電子政府に限らず全く賛成。 たとえば、沖縄の基地問題など、まさに、国民全員が議論するべき。 最近のTVで、漫才師や馬鹿なタレントが、国際社会の基礎知識もないままに、わめいているのは、見るに堪えないし、それに、的確に答えていない議員もなさけない。2009-11-9Ujin1812712613
11600138.つぶやき電子政府に限らずこのサイトを「実験(仮設)」ではなく、恒久的なものとし、さらにトップページ以下に各省庁のページを作ったらおもしろい動きが期待できそう。各省庁総合でトップページに「人気のアイデアなどの統計」も出せると興味深さも増す。 国民全員参加の直接民主主義にはほど遠いだろうけど、まずは「初めの一歩」的にはなりそう。2009-11-9なかの1812712613
11600148.つぶやき電子政府に限らず賛成です! 加えてサイトを作ったらしっかりと国民へアナウンスして、いろんな意見を集める活動も力を入れるべきだと思います。 公共事業と同じで、「作ったら終わり」という発想から、作って育てる発想に移ればもっとコストは抑えられると思います。2009-11-9hk1812712613
11600158.つぶやき電子政府に限らずこのサイトがあることを、今日知りました。期間限定でも、非常に良い試みであると思います。 サイトの評価をして、情報公開した上で、改善と継続的な実施を期待します。2009-11-11チャンス1812712613
11600168.つぶやき電子政府に限らずすでにコメントされておられるように、パブリックコメントを補う形で、このサイトのようなシステムを利用することが良いのではないかと考えます。 利点としては一般の世論を広く集めるという点以外にも、コンシューマとの直接のつながりをあまり持たない業界にとって大衆との橋渡しも期待できると考えます。 一方で、例え政府にとって都合の悪い意見が主を成そうとした場合にでも、 『意見の封殺を行わない』という中立性を保障しなければ役立たずに終わるでしょう。 そういった点では、サイトの設置・維持を行う部署・省庁は、議論テーマに関して利害関係に無い処が行うのがベストだと考えます。2009-11-11まさ●さん1812712613
11600178.つぶやき電子政府に限らず国の政策について、このように開かれた形で意見を言うことができるのは、すばらしいことだと思います。ぜひ、この取り組みを広げていってほしいです。2009-11-12colline1812712613
11600188.つぶやき電子政府に限らず今回の実験に熱意を持って取り組まれた経産省の担当の方に敬意を表します。 アイディアの投稿だけでなく、意見表明や議論が自由にできることがすばらしいと思います。 通年総合パブリックコメントサイトとして継続的に運営されることを希望します。2009-11-14久世寿1812712613
11600198.つぶやき電子政府に限らず今回のようなサイトこそまさに我々の待っていたものです。ネットへの投稿で政府の関係部門に自由に意見がいえ、またその意見について自由にコメントできるというのはすばらしい仕組みです。是非ぜひ継続していただきたいと思います。2009-11-14道頓1812712613
1046001
★アイデア
1.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?いまどき、警察やパスポートセンターに行かないと更新できないのはとても不便です。 申込書類はWebから入力し、写真もデータで添付すればいいのですぐにでもできると思います。 そうすれば更新業務に携わっている人を他の業務に割り当てることもできます。 いいことばかりだと思いますが、実現できないでしょうか?2009-10-15norisuke27184154304
10460021.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?たしかにWEBで申請できないのは確かに不便だけど、申請者の顔と写真のチェックという作業ができないから、 偽のパスポート、免許証が作り放題になってしまうんじゃないかな。 どうにか、その問題をクリアできるシステムがあればいいんだけど。2009-10-15yoppy27184154304
10460031.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?webで出来なくても良いが、コンビニの様に365日24時間、受けつけて欲しい。2009-10-15998127184154304
10460041.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?自分の資格や免許にかかわることですから、何でもかんでもネットで、というのはどんなもんでしょうか。人と人の関係がいろんなかたちである方が面白いじゃないですか。お役所の窓口が土曜、日曜でも開いていれば、それで済むことがあるでしょう。9981さんが言うようにコンビニで受け渡しができればいいんですが、特にパスポートは国際的な視点でとらえていかないとまずいでしょう。ちなみにコンビニで社会保険料を納めることができますし、駅で住民票を受け取ることができる自治体もあるようです。 ちなみにパスポートのオンライン申請システムは利用件数が少なくて、廃止になっています。 申請はオンラインでできても、本人確認のために出向かなきゃなりません。 パスポートや運転免許証の更新制度を変えるのなら話は別ですが。2009-10-15IT記者会27184154304
10460051.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?免許更新時には講習がありますし、パスポートはその国の国民である証ですので本人確認は厳格になされるべきだと思います。 ある程度手間をかけるべき分野じゃないでしょうか。2009-10-15resubew27184154304
10460061.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?新規申請ではなく更新(切替発給)であれば、できそうですね。 古いパスポートを返却したりする場合、別途郵送などが必要になるかもしれませんが。 海外では、運転免許のオンライン更新は、けっこうありますね。 知り合いの米国人は、便利なったと重宝していました。 無事故無違反の人は、「オンライン更新だけでOK」とすれば 安全運転のインセンティブにもなりそう。。2009-10-15Muta Manabu27184154304
10460071.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?警察に行って手続きする窓口は、交通安全協会?だったと思うが、手数料がほしいからやめれないと思うが、こういうところのもメスを入れないといけないね。車庫証明の申請もそうです。 たまった手数料は、警察のOBなのか適当な名目で処理してるのじゃないかな。 ようは、手数料がほしい。許可制にしてあれば、絶対にいただけるシステム。 運転免許だけで無いよ、あらゆる業界にこのようなシステムがあり、今騒がれてる政府法人が、所管してます。2009-10-16富士山太郎27184154304
10460081.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?そもそも運転免許に更新が必要なのでしょうか? 恥ずかしながら、免許更新の年を1年、勘違いしていて、免許を失効してしまい、それを機に車の運転を止めました。それまで20年間、無事故無違反でしたが、それでも国が免許を失効させて、運転を認めないというのなら、それも良かろうと・・・。 それから、かれこれ10年近くになって、もっぱら自転車と公共交通機関を利用していますが、ほとんど不便を感じていません。IT化も進み、高齢化も進むのですから、個人は車が必要ではない街づくりを進めていくべきと思っています。2009-10-16風來人27184154304
10460091.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?申請だけでもできれば、良いと思います。2009-10-18どぼちょんぱぱ27184154304
10460101.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?Muta Manabu さんの「 新規申請ではなく更新(切替発給)であれば、できそうですね。 」意見に賛成です。 免許証発行の業務プロセスを発行側のリスクと利用者側の利便性で評価し、許容可能な妥協点を 探る必要があると思います。2009-10-19しろわん27184154304
10460111.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?パスポートのオンライン申請っていうのは、実はあったんですよねぇ。結局使われずに廃止されました。 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=AS3S04011%2004072006 まずシステムありきでやるから、こういうコトになるんですが、利用者視点に経った安価で簡便なシステムで充分だということを行政担当に理解してもらうにはどうしたらよいのでしょうか。 もちろん最低限のセキュリティは必要なのですが、お金さえかければ安全というものではない。2009-10-20MasaGon27184154304
10460121.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?パスポートや運転免許は本人確認が必要ですが、国家資格の試験の受付はオンライン化ぜひともオンライン化してほしいです。試験事務も大学入試センターに一元化することもできると思われます。 問題作成だけ各実施機関でやって、ユーザーインターフェースはネットで共通化(紙も残すけどちょっと割高)してほしいです。2009-10-20takkey27184154304
10460131.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?免許の更新について、以前、警察庁に聞いたところでは、その3年に1回という機会をうまく使って、犯罪者を捕まえる効果があると言っていました。実際に、捕まるケースもあるそうです。 でも、何か条件を付けた上で、実現して欲しいですね。2009-10-21keiichi27184154304
10460141.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?医師など一部の国家資格は、更新という仕組みが無いため、よく議論されることがあります。 運転免許やパスポートに更新という仕組みがあるのには、それなりの理由があるはずです。 たしか、運転免許を交付する際に、「名前を呼ばれて返事できること」というのは聴覚に関する試験項目だと聞いたような気がします。 じゃ、Skypeでやれよと言われそうですが。2009-10-31ばらじ27184154304
10460151.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?「資格の更新」だと、米国には、かなり以前からありますね。 最初に見かけたのは、7、8年前ぐらいでしょうか。 Michigan's Online License Application/Renewal Service http://www.michigan.gov/elicense 基本的に、笑っちゃうぐらいシンプルで、もちろん電子署名とか面倒なものは使いません。。まあ、誰かに成りすまして、更新手続&更新手数料支払い(クレジットカード払い)する人はいないでしょうし。。 日本は、オンラインで厳しい本人確認して国民の利用を妨害する一方で、同じ手続のオフライン(紙)では成りすましし放題だったりするので、ホントに税金の無駄遣いと思います。ほとんど行政側の自己満足ですね。 上記の更新サービスも、日本で作ったら、ガチガチの使いにくいシステムとなり、費用もウン十億円ぐらいになりそう。。。 ・オフラインで成りすまし被害の事例が多く ・その防止策として厳格な本人確認がなされており ・被害の抑制や事後回復が困難な(コスト高となる)もの については、ウェブ上でも厳格な本人確認が必要と思いますが、そうした手続は、ほとんどありません。思いつくのは、パスポート新規発行、不動産等の登記申請、自動車の登録・・・ぐらいでしょうか。 そんな面倒なものは、そもそもオンライン化しなくて良いと思うのですが。。。2009-10-31Muta Manabu27184154304
10460161.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?web経由だと便利だとは思います。しかしながら、免許証やパスポートは身分証明にも利用されていることを考えると、本人証明をどのようにするかという点で問題になるかと思います。2009-11-1shui27184154304
10460171.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?反対です。今後47都道府県でIC運転免許証が発行されます。よね?これは今後運転免許証自体がネットを含む「本人確認」のツールとしてその重要性を高めた事を意味します。運転免許証で銀行口座が開設出来る可能性もあるし、ネットでの「犯罪防止」に役立ったりする事もある訳です。だからこそ、少し面倒でも何年かに一度くらいは警察などの専門の機関がプロとしてしっかりと本人認証を行った方が良いと思います。2009-11-3takechan27184154304
10460181.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?偽造の問題がクリアできそうな気がしないので、反対です。2009-11-7山田27184154304
10460191.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?米国ではすでに免許証の更新はインターネットで可能です。免許証それ自体の現物の差し替えはセンターに行く必要ありですが、それでも十分機能しています。エコの観点からも良いとおもいます 。2009-11-9YoiGova27184154304
10460201.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?免許書の更新はとても不便です。無事故、無違反の人限定など条件をつけてもいいのでウェブで行えるようになると便利だと思います。2009-11-9KYANO27184154304
10460211.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?免許証やパスポートは本人の身分証明書としても利用されているため、本人に対する対面での確認が出来ないWebでの更新は反対です。2009-11-9FOX27184154304
10460221.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?一定の条件を設ける必要はあると思いますが、検討すべきと思います。2009-11-10makpak27184154304
10460231.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?国際免許証なら検討可能な範疇に入れられるのでは?  急な海外出張が多い人にとっては利便性が高い!2009-11-10Chip27184154304
10460241.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?"免許更新センターにいっても、無駄な人員とプロセスが多いです。 がらがらでとても暇そうです。あれも税金ですよね? 手続きだけ先にWebで行ってピックアップを希望の警察署で行うのはどうでしょうか。 他コメントにもあるとおり、海外は更新10年とか免許とると一生使えるとか そもそも論でなぜ日本だけ頻繁に更新なのかという疑問はありますが"2009-11-11queenk61227184154304
10460251.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。現行の弱っちいパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ27184154304
10460261.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?免許作成時間稼ぎの講習は不要です。ゴールド免許所持者の30分講習なんて事故の現場写真を見せるだけで何らの中身のない講習です。悪質運転手にはそれなりの講習は必要とは思いますが。2009-11-13fmo27184154304
10460271.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?出来たら良いですねえ。ただし、大前提はネット上での本人確認が誰にでもきちんとできることでしょう。先ずは本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ27184154304
10460281.電子手続き免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?いまのところリアルの本人確認は欠かせないでしょう。ネットでの本人確認がもっとしっかりしたものになるためには別の議論が必要ですね。2009-11-14久世寿27184154304
1054001
★アイデア
1.電子手続き申請のワンストップサービスについて電子申請で複数の申請を一括で行えるようにならないでしょうか? 最近子供が生まれたので、時間を作って役所に届出に行きました。出生届は1Fの戸籍課へ、子供医療費助成制度の申請は2Fの生活支援課へとそれぞれ受付課も違い申込書も再度記入が必要で面倒な思いをしました。皆さん出生に関する手続きに限らずいろいろな申請について同様なわずらわしい思いをされていると思います。 こういった申請を電子でさらに一括で行えるようになると大変便利になると思います。 是非実現いただきたいです。2009-10-16inaken11081013112745
10540021.電子手続き申請のワンストップサービスについて賛成いたします。 つい最近、私の上司も子供が生まれ申請に行ったのですが、1時間程度でできるだろうと思い役所に行ったところ、やはりたらいまわしにされて午前中がつぶれてしまったようです。 同じ役所なので、たとえば感熱紙なんかで一度書けば、何枚か帳票が出来上がるような仕組みにできないものでしょうか。 もしくは、システムによって住所氏名等の何回も書かなければいけないようなものは、どの部署でも共通的に一度で登録できたりすればいいと思います。 この場合、行政コストが減るだけでなく、作業ミス、住所等の情報の更新漏れも減らすことができると思います。2009-10-167741013112745
10540031.電子手続き申請のワンストップサービスについて賛成です。電子政府なんかの議論でよく例に挙げられることだとは思いますが、これこそが一般国民の声だと思います。2009-10-16sf1801013112745
10540041.電子手続き申請のワンストップサービスについて分野はちょっと違いますが、法人税の納税は、税務署、市町村、都道府県とばらばらに似たような書類を提出しなければなりません。支払いもバラバラです。窓口は一括でよいのではないかと思います。2009-10-17MasaGon1013112745
10540051.電子手続き申請のワンストップサービスについて引越手続のワンストップと退職手続のワンストップについては、政府内で各省が連携し検討を進めています。 次世代電子行政サービス基盤等検討プロジェクトチーム http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/nextg/index.html なお、経済産業省は、このうち引越手続の民間部門のワンストップについて検討を進めています。 今年末には、民間引越手続ワンストップ化の実証実験を行う予定で、 将来的には、役所側のワンストップの取組との合流も視野に入れています。 すでに、民間において引越のポータルとなるようなサイトはいくつかあるのですが、 実証実験では、こうした既存の取組と連携し、さらに広範囲の民間事業者の方々にご参加いただけるよう 現在調整中です。 進展がありましたら、またご報告します。2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当1013112745
10540061.電子手続き申請のワンストップサービスについて方向性は歓迎していますが、引っ越しや出産などのイベント単位でひとつずつ何年もかけてこまごまと整理をしているようでは、全体のサービス整備に何年かけるつもりなのかと不安になります。本当に国民や企業がが日常的に利用する、あるいは年間の利用が非常に多いサービスをすべて整理してリスト化し、余計な電子化サービスを切り捨てて無駄な投資を制限し、サービス単位でシステムをくくって責任者を割り当てるようなイニシアティブをとってくれることを期待します。 いや、今の時代政治家に訴えるべきかもしれませんが。。。2009-10-22korsakov1013112745
10540071.電子手続き申請のワンストップサービスについて経済産業省アイデアボックス担当様の「 経済産業省は、このうち引越手続の民間部門のワンストップについて検討を進めています。 今年末には、民間引越手続ワンストップ化の実証実験を行う予定で、将来的には、役所側のワンストップの取組との合流も視野に入れています。」というコメントに非常に期待が高まります。 昨年、引っ越しをしたのですが、行政の手続きだけでも膨大な時間を必要とし、更に、民間の登録(複数の銀行、複数のクレジットカード会社、複数のユーティリティ会社、勤務先、子供の学校、等)、更には友人知人親戚への連絡等、膨大な手間がかかり、一部はまだ完了しておりません。(友人知人親戚には年賀状がその役目を果たす、ということもありますが) 当然、国民総背番号制度(どう呼ぶかは別として実質的に)の存在無くしては実施出来ないと思われるのですが、そのうえで一つ提案があります。 行政でも民間でも構わないと思うのですが、住所や電話番号の情報を登録出来るDBを作り、必要な業者には、そのDB情報へのアクセス件を与える、という仕組みを構築して欲しいのです。 現在の個人情報は、個々に国民・市民が、組織体や企業に対して住所・電話番号・誕生日等のプライバシー情報を提供していますが、変動があるたびに全ての組織体に変更を伝えねばならず、余りに大変過ぎます。 特に昨今、つきあう組織体の数が増えつつあると思われるので、大変さが増しているように思います。 そこで、一か所にプライバシー情報DBを構築し、国民・市民は、組織体に対して「ここには、名前と住所だけ」とか「この組織には名前と携帯電話番号とプライベートのメールアドレスを教える」という具合に情報の提供度合いを制御出来る仕組みに出来たら、随分楽だと思われるのです。 組織・企業にとっても、無駄なDMを送ったり、連絡の手間が劇的に低減出来て、良いことが多いと思われます。 ただ、プライバシーを極度に気にする人たちからは色々文句がありそうな気もしますが。 エンドユーザがきちんとコントロールを行える仕組みになっていることが肝心だと思います。 この件について、「電子名刺」という題名で、ウェブに書いていますので、よろしければご覧下さい。( リンク ) 「引越手続の民間部門のワンストップ」 、是非、進めて頂いて、何らかの形で状況を国民にフィードバックして頂けるよう、切に希望いたします。2009-10-24島崎丈太1013112745
10540081.電子手続き申請のワンストップサービスについてご意見に同感です。役所の業務を、住民にやさしいものに変えてほしいですね。役所のある窓口で全ての手続きができればうれしいですよね。 政府で検討しているっていっても、実際の自治体が行っていなければ意味はないです。政府が検討しているならば、早期実現のために、各省庁および自治体(引越しだと電力とか郵便とか電話とか銀行とかクレジットなどの企業も?)が連携して、業務や法制度や人員の改革を行うべきです。 ってことで、経済産業省には強力な推進役を期待します!2009-11-5ほげほげです1013112745
10540091.電子手続き申請のワンストップサービスについて高齢者にも実行可能で確実な個人認証手段が提供されるのならば賛成です。現状では大反対です。私の知らない間に私が知らないところで住んでいることになっていたり、つくった覚えのない子どもの親になっていたりするのはかないません。2009-11-6ウチダ1013112745
10540101.電子手続き申請のワンストップサービスについて利便性が高まれば高まるほど暗転した時のダメージは大きくなります。多数の国民にとっては銀行カードで使っている暗証番号を使い回すのが唯一の本人確認方法である現状を前提にすれば、本来は賛成すべきであるはずのご提案のアイデアであっても、反対せざるを得ません。2009-11-9アナトミ1013112745
10540111.電子手続き申請のワンストップサービスについて趣旨には賛成なのですが、電子申請で何もかもできてしまうとすると、現状の本人認証システムでは不安です。 まずは引越し手続きのワンストップ化の進行に期待するとともに、電子申請における認証の確実性・安全性向上の検討を図るべきかと。2009-11-14久世寿1013112745
1024001
★アイデア
7.このサイトについてもっとPRをより多くのさまざまな声を集めるために、この取り組みの存在と意義を、もっともっと多くの人に知らせてほしいです。2009-10-14momonico1610910906
10240027.このサイトについてもっとPRを多くの人に知ってもらえるよう広報したいと思います。 このサイトをご覧の皆さんからもぜひ多くの人に伝えてください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当1610910906
10240037.このサイトについてもっとPRをこの無様なシステムを晒す為にも広報につとめようと思います。 書かれたコメントの右側数文字が読めない等、作りっぱなしでロクにチェックしていないことが明白です。役所側も何もチェックせず、誇らしげにマスコミにリリースしたのですから酷いものです。 コメントフォームよこ一杯□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■ 右端は黒3つ。2009-10-17泥舟茶憐爾1610910906
10240047.このサイトについてもっとPRをドロフネさん、べつに指摘するのは良いんですけど、もう少し柔らかく、怒らず伝えられませんか? ここの「中の人」は、お役所仕事の感はありますけど、そんなにイメージは悪くありませんよ。2009-10-17guicho2.718281610910906
10240057.このサイトについてもっとPRをああそうだ、トップページに「知り合いにメールで紹介してください!」 などと書いておくと良いかもしれません。 Javascriptで、アドレスが自動でclipboardに入るような物を組むとより良いと思います。 ただし、個人的には2chに宣伝はしてほしくありません。 荒れそうなのと、日本語が下手で短気な人が増えそうなので・・・。2009-10-17guicho2.718281610910906
10240067.このサイトについてもっとPRを大賛成ですが、泥舟さんが言うようにフォームに少し変な動作がある事も確かです。 ベースがSalesforce CRM Ideas の為(ソース>www.salesforce.com/jp/company/news-press/press-releases/2009-10-091009.jsp)、どこまで修正可能か良く分りませんが、多くの人の目にとまるようにしたいのであれば作りっぱなしではなく継続的な改良が要となると思います。2009-10-17nesuke1610910906
10240077.このサイトについてもっとPRをguicho2.71828様 > ああそうだ、トップページに「知り合いにメールで紹介してください!」 > などと書いておくと良いかもしれません。 一瞬、いい提案だなと思ったのですが、 それを行うと、役所がやみくもにダイレクトメールを送るのを助長していると、 別のクレームが来そうな気もします。。 こういった呼びかけは、役所自身が行うより、ユーザーの方に自発的に 行っていただく方が、もしかしたら効果があるのかもしれません。 慎重に検討したいと思います。皆さまからもぜひご意見ください。2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当1610910906
10240087.このサイトについてもっとPRを>>コメントフォームよこ一杯□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■ >右端は黒3つ。 アイディアボックス事務局です。 お知らせいただきありがとうございます。 こちらの件についてですが、原因を調査させていただきたいと思います。 つきましてはお使いのブラウザ、OSについての情報を support@open-meti.go.jp までお知らせいただいてもよろしいでしょうか。 お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。2009-10-19アイディアボックス事務局1610910906
10240097.このサイトについてもっとPRをアイデアボックス事務局です。 右端が途切れることについて、複数のブラウザーでも起こっているようです。 大変失礼しました。 原因を調査のうえ、分かり次第回答いたします。2009-10-19アイディアボックス事務局1610910906
10240107.このサイトについてもっとPRをその通りです。今後もいろいろなチャンネールを経由してPRして頂きたいですね。2009-10-20Changzhao1610910906
10240117.このサイトについてもっとPRをPRについての意見が多いですので情報オープン化の一環としてどんな広報活動をしてきているかご紹介します。 開始前に担当内で広報について打合せ。テ―マに沿った媒体や広報資料、説明文を如何にわかりやすくするか等を検討しました。その流れで、どこでも配布できるように広報ビラとファースト・ステップ・ガイドを作成しています。 14日の開始に先立ち9日に公式プレスリリースをし、経済産業省の記者会に資料配付すると同時に電子政府関連のオピニオンリーダーなどに直接メールでご案内と広報のお願い。   オピニオンリーダーの例:大学関係者、企業CIO、CIO補佐官、業界団体 またIT関連雑誌等にも直接プレスリリースを送付。 この中で一般紙含め数社から取材を受けています。(朝日新聞、日経などに掲載されています) また、Twitterによる口コミも活用しています。 開始当日もメール等により参加呼びかけのお願いを再度行っています。 霞ヶ関で案内を送付するだけでなく、外部で行われる電子政府に関連するイベントには担当者が直接参加し資料配布や説明もしています。 現在も引き続き広報活動をしていますので今後ともよろしくお願いいたします。2009-10-21経済産業省アイディアボックス担当1610910906
10240127.このサイトについてもっとPRを何か制約があるのかもしれませんが、 ブログやWebサイトに埋め込めるスクリプト(実行すると当該ページにリンクするバナーが表示される)を 用意していただけると手軽に紹介できると思います。 とても良い取り組みだと思いますので、頑張ってください! # ちなみに私はブログで紹介させていただきました。2009-10-29かつしん1610910906
10240137.このサイトについてもっとPRを経済産業省として、本格的な活用の際は、メーカーの社内ポータルとも連携をしてください。 社内ポータルは、認証画面とタイアップしているので、必ず、見る場所になっています。 そこに、トピックスをおけば、意見収集はできます。 その代わりに、このサイトを社内のアイデア募集のツールとして、使わせてもらうことになります。 官と民の共同作業です。 もう2009-11-3もう1610910906
10240147.このサイトについてもっとPRを>>どこかで挙がってるニコ動PR 担当2人でPC見ながら、アイディアの検討議論している風の動画を捏造する。 サプライズゲストは事務次官。 サイトって動画PR向きな気がしないから難しいね。2009-11-6yo-1610910906
10240157.このサイトについてもっとPRを投稿に多少なりとも同調している様子とかあると、意見が伝わっている感じがあって良い気がしますよ。 やぶへびの虞もあるけど。2009-11-6yo-1610910906
10240167.このサイトについてもっとPRを予算の問題もあり、クローズアップされている事業仕分けの問題もあり、経済産業省ご担当者さんの継続意思があっても、継続するのは難しい状況だと推察します。 が、パブリックコメント募集に続く、新たな手法の模索、、、とても良い試みだと思います。 国民視点で見たらけったいなマンガ図書館なんぞ取り止めたのは大賛成ですが、こう言った分かり易い形での試行は、どんどん行って下さい。 1国民として、応援しています。 ここから電子行政がもっと進むきっかけになったら、、、と願って止みません。2009-11-10pakpak1610910906
10240177.このサイトについてもっとPRをこのアイデアボックスの運営費用が、民間感覚で"安い"のであれば存在価値もあると思うのですが。 千人規模の登録数であればせめて月額1万円いないでまかなって欲しいものです。 または経済産業省スタッフの持ち出しで税金を投入しないのであれば歓迎ですが。2009-11-14toshihar1610910906
1015001
★アイデア
1.電子手続き公的機関発行カードの集約住基カードの付加価値化というアイデアがありましたが、ポイントやクレジット機能などの機能付加ということで、方向性が違うので改めて投稿させていただきます。 私の場合は、主に自動車の免許証、住基カード、2011年度から導入予定の医療受給者証、国民健康保険証、介護保険証、年金手帳を統合した社会保障カードとの一体化を希望するものです。 現行の認証カードはICチップが搭載されたものが標準となってきています。そしてそこでは複数の機能を一つのチップでもたせることが可能になっています。 住基ネットのネットワークは公的サービスの基盤となるネットワークであり、このネットワークと認証媒体としてカードの一体化は重複投資を避けるため、効率的な行政サービスの提供には不可欠だと思います。 また利用者の利便性の観点からも所持、管理する手間を考えるとカードが少ないほうがよいと思います。2009-10-14resubew23127115127
10150021.電子手続き公的機関発行カードの集約そもそもなぜ集約できなかったのでしょうか? これから集約するということがコンセンサスとなった場合、政策的、技術的な障壁にはどのようなものが考えられるでしょうか?2009-10-14mro23127115127
10150031.電子手続き公的機関発行カードの集約納税者番号など国民一人ひとりにIDを持たせる施策などと合わせて導入を検討すべきことなのだと思います。できれば、海外に出てもIDとして使えるようなものだともっと便利ですが。もしEUのようにアジア内で移動が自由になることがあれば、パスポート代わりに使えればいいし、また英語による情報が海外でも判読できるようになっていれば尚のこと便利です。海外でIDを求められるシチュエーションは多いですが、いちいちパスポート出すのは面倒だし、かと言って日本の運転免許じゃ理解してもらえないし。2009-10-14hideaway23127115127
10150041.電子手続き公的機関発行カードの集約できれば、携帯電話(おサイフケータイ)に入れて持ち歩けるようにして欲しいです。2009-10-14もっくん23127115127
10150051.電子手続き公的機関発行カードの集約賛成です。従来、このような意見に対しては、必ず「情報漏えい」「基本的人権の侵害」などの理由にならない理由で反対する困った自治体や政府のやることには何でも反対する輩が、このような施策の実現を阻んできました。もっと早く導入していれば、年金問題など起きなかったのです。 無定見な人たちの意見やわがままにより、正しい施策が阻害されることはあってはなりません。2009-10-14helmsman47023127115127
10150061.電子手続き公的機関発行カードの集約hideawayさん 納税者番号の導入時には住基ネットのインフラを活用するべきだと思います。 IDに関しては、公的サービスで統一されたIDを導入すべきだとは思いますが、おそらく現在導入予定の社会保障カード同様、プライバシー侵害や情報漏れに配慮して、各システムのIDを結ぶ中継データベースを持つようなシステムになるのかなと考えています。 いずれにしろ、重複するデータベースを新たに作り運用することは無駄ですから、既存のインフラを利用するべきだと思います。 helmsman470さん 私も各年金ごとの年金番号による管理ではなく基礎年金番号、つまり統一されたIDが最初から導入されていれば、年金問題はここまでこじれることはなかったと思います。 それと、アイデアに賛成の場合はアイデア文の左にある賛成と書かれた上向きの矢印をクリックしないと賛成票としてカウントされませんよ。(もしご存知でしたら申し訳ないですがこのコメントは読み飛ばしてください)2009-10-14resubew23127115127
10150071.電子手続き公的機関発行カードの集約すべてを1つのカードにすればとても便利だと思うがその分危険もたくさんあるように思えます。 例えば、落としたときに住所、氏名、収入などいろんなことが一気にわかってしまいます。 医療の面についていうと、 今、国は社会保障カードを作ろうとしています。それには自分の病歴や治療歴などをすべて書き込んでどこの病院でも 見ることができ、追加できるようにしようとしています。もしそれが本当にできたら膨大な数のパソコンをネットワークでつなぐため情報漏えいの危険があります。さらに、国が医療費削減をするためレセプトのオンライン化も目指している。(こちらが前提だが) 国がこれまで進めてきた医療費削減を助長しかねないし、病院がただでさえ経営困難で人手不足なのにそれをもっとひどくしてしまうと思います。レセプトデータを目的以外に使って医療をうける人への負担が大きくなる恐れもある。韓国を見てもマイナスの方が多いらしい。  以上より私は反対です。2009-10-15A23127115127
10150081.電子手続き公的機関発行カードの集約これまで縦割り行政による数々の番号制度を共通統一番号制になぜ出来ないのか? 国の政策に疑問を感じます。 海外の事例を見ても、国民ID制を実施ている国は多い。 社会保険庁の名寄せの問題も統一番号がないからの原因です。行政の無駄を撲滅するなら 日本も統一番号を真剣に導入するべき時期に来ていると思います。2009-10-1500723127115127
10150091.電子手続き公的機関発行カードの集約Aさん 紛失時に券面の情報が分かってしまうということですが、そのリスクは現状も変わらないと思います。多くの人は財布の中に免許証と保険証を一緒にしていませんか?紛失するパターンとしてはカード単体ではなく財布ごと忘れる方が多いんじゃないでしょうか。 それと収入はカードが集約されても分からないと思います。 また紛失時の対応としては、カード枚数が少ない方がかえって楽じゃないでしょうか。 ネットワーク化による情報漏洩のリスクですが、完全にゼロとは言い切れないでしょう。 しかし、現在銀行や証券会社など金融機関のサービスをインターネット上で利用することができます。これらのサービスはもちろん通信の暗号化などセキュリティ対策が取られていますが、リスクがゼロとは言い切れません。どちらかと言うと医療情報よりもこちらの方がリスクが高いでしょう。 しかし、リスクがあるから一切やるべきではないするなら、これらのサービスはすべて使えなくなります。 実際は人為的なリスクは除き技術的にはほぼ安全は確保されています、医療においても漏洩のリスクよりもネットワーク化による適切な医療を受けられるメリットの方が、患者にとって大きいのではないでしょうか。また医療機関にとってもオンライン化による事務コストの削減メリットがあるでしょう。 医療費削減については、医療機関の水増し請求や架空請求の抑止効果という意味ではその通りだと思います。 小規模医療機関の導入コスト、医療機関従事者の目的外利用については実施期限の延期、罰則を設けるなど立法措置で対応するべきでしょう。 以上から、私は適切なリスク対策をしておけばカードの集約、オンライン化はメリットの方が大きいと思います。2009-10-15resubew23127115127
10150101.電子手続き公的機関発行カードの集約ネット申告に住基カードお金出して登録したが、有効期間が短いし、読み取り機械を買ったりと凄くわずらわしかった。 ICチップを埋め込んだいろんな機能が持たせるはずです。 選挙投票に使ったりもっと利用価値を高めてほしいものです、resubewさんの言ってる事誠利にかなってる。2009-10-15富士山太郎23127115127
10150111.電子手続き公的機関発行カードの集約公的機関発行カードの集約は、納税者番号や社会保障番号といった国民IDと一緒に、ぜひ議論を進めて欲しいですね。 その場合、住基ネットのように国民に不信感を持たれたまま強引に進めるのではなく、 「経済産業省アイディアボックス」のような仕組みを活用して、オープンに議論してもらえると嬉しいです。 個人的には、全部を一枚にすると不安なので、3枚ぐらい(社会保障、運転免許、市民カードとか)がちょうど良いかなあ。2009-10-15Muta Manabu23127115127
10150121.電子手続き公的機関発行カードの集約個人的に住基ネットカード(住所・写真入り)を作成しましたが、作成にまず役所に行って、さらに完成したカードを取りに行かなくてはいけません。 で、以後の使い道は身分証明だけ(運転免許証を持っていないため)。 その身分証明としての機能も、カードにユニークな番号が明記されていないため、携帯電話の契約などで窓口の方が困る(控える番号がない)ケースが多かったです。 何のために膨大な税金を費やして住基ネットを整備したのか・・・。 今のままでは単なる無駄遣いだと思います。 皆さんの仰るように、縦割り行政で機能追加ができないのでしょう。 しかし、外部と接続されないかなりセキュアなネットワークが構築済みなら、例えば住基ネット管理を専門に行う部署(ないし団体)を作って、納税・医療・証明発行など統合すれば確実に効率的になるものをそれぞれの担当部署から中継する形で国民に提供してはどうでしょう? 当然住基ネット課(になるもの)には極めて高度なセキュリティ(記録媒体・カメラ・金属(カメラつきのペンなどがある為)の持込は一切禁止を)を課す必要がありますが、そちらは民間でデータを扱う企業のノウハウがかなり役に立つと思います。 まとめますと、現段階で既に住基ネットがあるため、それを運用するスペシャリストを置いて、行政サービスと国民との間にハブを作ればどうか、というのが私の意見です。2009-10-17ヨアン23127115127
10150131.電子手続き公的機関発行カードの集約賛成です。 複数の書類に何度も名前・生年月日等を入れさせるのはあまりにも無駄です。 役所側で再入力する際にも人件費の無駄が発生していると思われます。 しかしながらこの手の件にはhelmsman470 さんが言うようにセキュリティ面で反対する方も居ます。 そこで、利用者側が情報の集約度を段階的に設定出来るような仕組みを設けてはいかがでしょうか? 私としてはプライバシー・セキュリティと利便性は単純に相反する物ではなく、あくまで配分可能なものだと思っています。 利便性を求める人には全集約&おサイフケータイ化も可能で、不安な人には従来通りの単一カードとして機能するようにすれば良いのではないでしょうか?2009-10-17nesuke23127115127
10150141.電子手続き公的機関発行カードの集約resubewさんへ  医療機関では(特に地方では)パソコンを使えない医師もいます。今からそれを導入なんてほぼ不可能です。 また、医療機関の事務コストの削減といっていますが、実際のところ負担は多くなるようです。 (今、医師会がレセプトオンライン化で反対運動をしていることからもわかるとおり)  医療機関には銀行に比べものにならないくらい多くの人がかかわっています。また事務のバイトもいます。 一つの医療機関に入ってしまえば簡単に日本国民全員の情報が簡単に手に入れることができるようになってしまいます。しかも、そのリスクに対する損害はすべて医療機関の責任になってしまいます。  確かにすべての医療機関で患者の薬や治療のデータを見ることができるのはすばらしいが、もしそのようにしたいなら、オンライン化にしないで患者に自分のすべてのデータが入ったカードを医療機関にいくときに持っていくようにすればいいと思います。  いまいちメリットがそれほど大きいものなのか疑問です。たいして今でもそこまで不便だということもないし、 どうせ持ち歩くものは免許、保険証くらいだしそれくらいならほとんどの人の財布にはもっとたくさんのカードが入っている。2009-10-19A23127115127
10150151.電子手続き公的機関発行カードの集約公的機関発行カードの集約、というより、真正面から「国民総背番号制度」への取り組み、と考えるべきではないでしょうか。 日本国を一つの組織体として考えた場合、全ての組織構成員に、ユニークなIDが与えられていない、というのは組織運営上、考えられない欠落だと思います。 既に実施されている住基ネットのコードでも構わないのかも知れませんが、生まれると同時に一つのIDを付与する、というのは、効率的な国家組織運営を行う上で不可欠なことだと思います。 逆に言えば、今、行政が提供しているサービスの内、この国民総背番号に乗せられないサービスを洗い出して、その理由を明らかにする、という位の姿勢で進めるべきだと思います。 プライバシーだの情報漏えいだの、マイナーな問題をさも致命的な問題であるかのように言い立てる人が居ますが、国民総背番号が導入出来ないことに起因する膨大な損失については口をつぐんでいるように思えます。 昨今の年金問題等も、国民総背番号があれば、全く起こり得なかった問題です。 国民総背番号コードに紐付けされる情報の内容や性格、管理方法や公開範囲等を明らかにして真っ当に検討出来るようにすれば良いと思います。 関連する記事を、こちら http://www.kanshin.com/keyword/254989 に書いています。2009-10-23島崎丈太23127115127
10150161.電子手続き公的機関発行カードの集約カードを集約した際の問題点の一つとして、その場でそのカードが内蔵する情報を全て読みだせるかどうか、という点があるかも知れません。  保険証のようなものは、病院でネットに繋がった端末から読めるかも知れませんが、運転免許証は、「このカードの保持者は運転免許を保有している」ということを、オフラインの場(路上)でも確認出来ることが必要なので、全ての警察に適切なカードリーダーが普及しないと、集約されたカードに読みやすく「運転免許有り」と記載せねばならないことになるかも知れません。 ただ、こういったユーザーインタフェースの問題と、ID(国民総背番号)の問題は、関係はありますが、一旦は切り離して議論し、まずは統一したIDの実現を行い、しかる後にユーザーインタフェース部分を改善して行く、という流れにすべきだと思います。  多分、今まで様々な公的カード類がてんでばらばらに発行されていた背景は、統一IDという理念を置き去りにして、各々の役所がユーザーインタフェースから発想した記号体系(管理体系)を自分たちがやり易いことを主眼に作り上げていってしまった、という原因があると思われます。 そこについての議論は(他の場でも同じ話が何度も出ていますが)、行政の合理化、無駄な支出の削減の根本部分として、最優先で行われるべきではないでしょうか。2009-10-24島崎丈太23127115127
10150171.電子手続き公的機関発行カードの集約ICカードにこだわるのはもう止めにしませんか? ICカードはリーダーのあるところでしか使えません。これからどんどんと端末の多様化とモバイル化が進みますが、今後登場してくる無数の端末に全てカードリーダーを付けるのですか? たとえそうしたところで、それで得られるセキュリティは銀行カード挿入だけでお金を下ろせるATMと同じようなものなのに。  携帯電話にICカードの内容を載せるのも一案ですが、その携帯電話の利用者認証は結局は暗証番号/パスワードということになりますね(救済パスワードを併用する生体認証は問題の解決にはならない)。  今は英数字しか登録できないために一部の人にしか使いこなせないパスワードシステムを工夫して高齢者や情報弱者にも使えるものにしてゆくことを考えるしかないのではないでしょうか?2009-11-5アナトミ23127115127
10150181.電子手続き公的機関発行カードの集約細かい障壁は有るようですが、大賛成! 議論すべきだし、主幹機関を早々に決めて実施していかないと、多くの税金の無駄が出ると思う。 各カードに紐付く責任主幹もここは腹を据えてほしい。2009-11-7NPO23127115127
10150191.電子手続き公的機関発行カードの集約賛成です。バラバラでは管理も不便ですしデメリットが多きいと思います。 ひとつにまとめた場合のデメリットは例えば落として中を見られれば、すべての個人情報がばれるという事でしょうが、バラバラのカードにしていても、まとめて落とせば同じ事だと思います。 それよりも、その1枚に集約されたカードの安全性をしっかり担保することが重要だと思います。2009-11-7山田23127115127
10150201.電子手続き公的機関発行カードの集約山田さん ICカードを落としても" すべての個人情報"がばれることはないですよ。 暗証番号を設定しているはずですし、そもそもICチップの中にすべてのデータが保存されてるわけじゃないんですよ。(勘違いしている人が多い?) 仮に暗証番号が分かっていても各システムへのアクセスなんて、銀行のキャッシュカードと違い外部に開放されてるものじゃありませんから容易じゃありません。 ですから、わかるのはせいぜい券面の記載事項ぐらいだと考えておいて間違いはないと思いますよ。 やはりこの問題は勘違いから来るリスクの過大視が大きいと思います。前述したように銀行のキャッシュカードと比べてもリスクより導入によるメリットの方が圧倒的に大きいのですが。2009-11-9resubew23127115127
10150211.電子手続き公的機関発行カードの集約賛成です。  公的個人認証電子証明書(住基カードの中に作成される)の普及により電子手続きが便利になると思っていましたが、 その普及率はみなさんご存じのとおりです。  役所の職員が持っていないなんて、私には信じられません。  カードの統合では住基カードが基本となると思いますが、自治体によっては印鑑登録カードとの合体をしているところもあると聞きます。  カードの統合により、各種ワンストップサービスも可能となりますよね。住所変更手続きが1回で済むだけでも大きなメリットがあります。  これまでにも当然この取り組みは国がはじめようとしていたはずです。でも進んでいない。 これはやはり縦割行政が弊害ですね。予算の使い方が一般市民には理解できません。2009-11-9ひろっくん23127115127
10150221.電子手続き公的機関発行カードの集約利用者には、銀行のキャッシュカードか、ETC並に簡単かとことん便利すぎるくらいにしないと普及しないでしょうな。 運用側にも、高負担な仕組みではなく(操作的、価格的要素)シンプルでなければ。例えば医療分野に関しては、カードに電子カルテ機能を持たせるのではなく、他の医者が患者の過去の利用医療機関履歴や病名、処方薬履歴を追える機能を持たせれば、誤診は減らせるはず。2009-11-10toshihar23127115127
10150231.電子手続き公的機関発行カードの集約願望は共有。本人確認方法が改善されてからなら賛成。現行の暗証番号が前提なら反対。2009-11-11ウチダ23127115127
10150241.電子手続き公的機関発行カードの集約問題はあるかも知れないが何はともあれスタートし問題点は走りながら考えよう、という議論もありえます。しかし、ブレーキが完成していない自動車を同じような判断で売られてしまってはたまりません。自動車の構造の知識のないままに免許証を取得できるようになった今では特にですが、先ずはブレーキの完成を待つべきです。  電子政府ではセキュリティ以前の問題として本人確認に大きな不安が残っています。一枚のカードに多くの機能を集約すればするほど盗まれたときの脅威は深刻です。重大な犯罪が多発すれば電子政府全体が瓦解しかねません。  カードの盗用防止は暗証番号に頼ることになっていますが、 現在の暗証番号 システムを安全に使いこなしている人はほとんどいないことは衆知の事実です。まずは暗証番号など本人認証に関する議論を深めることが必要ではないでしょうか?2009-11-14アナトミ23127115127
1305001
★アイデア
6.その他電子政府改善アイデアボックスの継続このアイデアボックスは期間限定のようですが、国会開催時に定期的にトピックとなる法案等に関しての、意見を国民から問うような運用も考えていただきたいです。2009-11-9Nobuhiro1010510417
13050026.その他電子政府改善アイデアボックスの継続国民から政府の距離を縮める努力としてこれを継続すべきである。 また広く告知する必要を感じる。2009-11-9ChangemeDobest1010510417
13050036.その他電子政府改善アイデアボックスの継続まったく同意です。 特に内閣府に使ってもらい、他省庁にも広めてもらいたいですね。2009-11-9つぼやん1010510417
13050046.その他電子政府改善アイデアボックスの継続この短期間では国民への認知度も低く、とても良い試みだと思うので是非継続してもらいたい。2009-11-9YoiGova1010510417
13050056.その他電子政府改善アイデアボックスの継続はてなアイデア のプラットフォームを転用して利用すれば、アイデアも整理されるかも。 このアイデアボックスはカオス化してまとめようがない感じになっている気がします。2009-11-9toshihar1010510417
13050066.その他電子政府改善アイデアボックスの継続ぜひこのしくみを使って他の省庁でもつかってほしい。 特に、混沌している行政刷新会議での適応や、CO2 25%削減をどう実現していくか、国民一人一人から聞いてみては?2009-11-10i21010510417
13050076.その他電子政府改善アイデアボックスの継続他省庁への展開は勿論のこと、恒久的な取り組みとして検討いただきたいと思います。 また、同時に認知度を高める努力も必要ですが、これには当アイデアボックスにおいて、良い事例が生まれることが最も大切なのではないでしょうか。2009-11-11Rin561010510417
13050086.その他電子政府改善アイデアボックスの継続私は継続するのには反対です。 そもそもこのようなサイトを政府が税金をかけて作る必要があるのでしょうか。 2chのような既存の民間のサイトを利用するなど安価で同様の目的を達する方法はあったのではないでしょうか。 この事業こそ事業仕分で見直しの対象となるべきだと考えます。2009-11-12一兵卒1010510417
13050096.その他電子政府改善アイデアボックスの継続このような目安箱のような仕組みは今まで存在しなかったことが不思議なくらいですので大賛成です。 ただし、個人的には今後に向けた課題として以下のようなものがあると考えています。 (1)本来内閣官房が運営すべきではないか? 電子政府系の見直しは内閣官房主導のもと行われていると聞いています。 そのことを考えると本来内閣官房がこのような意見に直接耳を傾けるべきと考えます。 (2)意見の整理方法 現在このWebサイトで投稿されている意見は国民の1意見であっても総意ではないという課題もあります。 事例を挙げると、アイデアとして議論されているIDの議論やカード統一化は意見が分かれる分野であると考えます。 そこで本サイトで挙がったアイデアを反対派、賛成派の観点から広く議論し、実行に移す仕組みというのは大きな課題だと考えます。また認知度が広まるにつれ、荒らし行為や無責任な発言者の対策が別の課題として出てくると考えます。2009-11-13hiraojp1010510417
13050106.その他電子政府改善アイデアボックスの継続定量調査ではなく、定性的な声をきめ細やかに集められるこのような仕組みは、多様な状況・意見が混在する地域主権の社会における政府の意見収集のあり方として時流にも合致し、かつITで敷居を下げるという、意欲的ですばらしい取り組みだと思います。 今後も取り組まれていくことを望みます。2009-11-14751010510417
13050116.その他電子政府改善アイデアボックスの継続このアイディアボックスの仕組みはとっても便利なもので、私自身投稿して得るところがありました。 投稿される方々も投稿内容も2チャンネルなどとは大違いです。 このような試みにこそ予算を使って、ぜひ継続していただきたいと思います。2009-11-14冬のライオン1010510417
1088001
★アイデア
2.行政ホームページ官公庁の書類は原則webに掲載官公庁の入札では「仕様書は紙だけ。官公庁へ取りに来い」というのが大半である。 原本確保の問題ないのか判らないが、入札者は提案書作成等で仕様書の文字を 人間が再入力している。 少なくとも、文字データとして複写が可能なpdf等で作成し、原則webで公開、 紙での配布を止めるべきである。国民から広く有益な提案を受け、官公庁の効率を 向上(最終的には国民の利益に繋がる)させるには、入札者が無駄な労力を消耗するような 事は避けるべきと考える。?2009-10-17doctor_d410010009
10880022.行政ホームページ官公庁の書類は原則webに掲載法令に近い性質の「審査基準」とかが、NET上に上がっていないことがある。 では非公開なのかというと、関連団体から結構高い価格で販売されてたりする。 公開されている=WEB上に置かれているという状態にすべき。2009-10-20takkey410010009
10880032.行政ホームページ官公庁の書類は原則webに掲載経済産業省では、入札情報を下記のホームページに掲載しています。また、仕様書もPDFで見られるようにしています。 ぜひご覧ください。 http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/index.html2009-10-31経済産業省アイディアボックス担当410010009
10880042.行政ホームページ官公庁の書類は原則webに掲載>> 経済産業省では、入札情報を下記のホームページに掲載しています。 > また、仕様書もPDFで見られるようにしています。 そんなことはない。例えば 「 平成21年 7月24日 消防用設備等保守点検業務」 には入札公告のみで 仕様書はWeb上に存在しない、とうか 「入札書等の公開予定日 インターネット上では実施しない」と書いてある。 入札公告だけを見ても、業務の詳細は全く分からないので詭弁です。2009-11-9Babui410010009
10880052.行政ホームページ官公庁の書類は原則webに掲載Babui様 私からの上記の情報提供が一部不正確でした。 経済産業省においては、「経済産業省本省」分の調達に関しては、すでに、入札公告及び仕様書を必ずホームページに掲載することを徹底しているのですが、経済産業省の「外局等」(○○庁や研修所)に関しては、経済産業省本省と経理処理が異なるため、仕様書がホームページに掲載されていない事例があるようです。 まずは、現状を再度確認したうえで、改めてご報告させていただきます。 (報告の前に、アイディアボックスが終了してしまった場合にはフォローアップサイトで報告します。)2009-11-10経済産業省アイディアボックス担当410010009
1157001
★アイデア
8.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)いわゆる健康保険証の電子化をあげたい。 様々なものにICカードが取り入れられているが、住民基本台帳カードもさることながら一般的によく使うものが「健康保険証」である。 それにより、まずはお薬ノートのデータ管理、処方箋の管理などをしてほしい。 かかりつけ薬局を推奨しているが、やっぱり病院の近くにある薬局で処方してもらうというのが患者視点である。 また、同じ病院にいってもついつい処方していただいたお薬がなぜかしらたまっていく。 が、 お薬ノートなどは持ち歩かない。(また紛失することもしばしばある) いつももっている健康保険証にこの機能を付加することによって、 飲み合わせのリスクの軽減と、無駄なものは処方しないといったことでのコストの削減を期待したい。2009-10-23mu14109103610
11570028.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)公的カード一体化の話題もありますが、運転免許と一体化すると事故の時の救急対応とか効果があると思います。賛成です。2009-10-23popo14109103610
11570038.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)同じことを感じておりました。 保険証カードに @お薬手帳の電子化 に加えて A「医療費控除申請用医療費支払履歴」なるものがあれば、領収証を取っておく必要がなくなります。  もちろん領収証をなくすためには、支払履歴自体のセキュリティにガードをかけて、不正な変更が  出来ないようにしておく必要があります。 があれば、本当に便利だと思います。2009-10-23chocolatier14109103610
11570048.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)O先生の授業でも申し上げましたが、この提案は、現在の医療システム(保険証)で防げない問題点を解決できる可能性があります。 <現在の問題点> (1)薬を二重にもらう人がいる。  ⇒同時に複数の医療機関から薬をもらって、飲みすぎたり、転売される可能性がある。医療費の無駄。   ⇒保険証で処方箋を記憶すれば、同じ病気で処方箋は一つにすべき。 (2)薬局における処方箋の入力ミスで調剤過誤が発生する。 調剤薬局で、医師の処方箋を見て、再度端末に手入力しているが、その際誤って入力することがある。  ⇒調剤過誤の原因のひとつ。   ⇒医師がパソコンで処方箋を書いて、それを保険証で処方箋を記憶し、薬局で保険証で読み取る仕組みにすれば、処方箋の誤った入力が原因の調剤過誤はなくなるはず。 (3)他の薬を飲んでいないかの確認が患者の意思・記憶力に依存 医師や薬剤師や処方するときに、他に飲んでいる薬はないかを聞くが、患者がわからない場合がある。  ⇒飲み合わせによっては事故が発生する。   ⇒保険証で処方箋を記憶すれば、患者の記憶力によらず正しい投薬指導ができる。 処方箋を電子化して、保険証に記憶できるようにすれば、現行の医療システムの3つの問題点を解決できる可能性があります。2009-10-26NORINTON14109103610
11570058.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)技術的にはカルテを入れることも不可能ではない。 後ろ向きに考える人がいるので、まず無理でしょうけれど、 現状でカルテの流出などの事故がないかというとある。 プラスマイナスで考えると、カルテを電子化して保険証 に入れるということはプラスの方が大きい。2009-10-27生島 勘富14109103610
11570068.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)技術的にはカルテを入れることも不可能ではない。 後ろ向きに考える人がいるので、まず無理でしょうけれど、 現状でカルテの流出などの事故がないかというとある。 プラスマイナスで考えると、カルテを電子化して保険証 に入れるということはプラスの方が大きい。2009-10-27生島 勘富14109103610
11570078.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)賛成です。 連れ合いは薬アレルギーが有り新しい病院に掛かるたびに一から説明しないといけないと嘆いている。 アレルギー情報など記載されていると万一意識不明になるような事故などに有った時に有効だ。以前大きな手術したときに、通常使用する抗生物質のほとんどが使用できないとのことで医者が困惑していたこともあり、事故でなく治療薬で命を落としたのでは何をかいわんやなってしまう。 健康保険証は常に財布に入っているので情報がインプットされていれば安心だ。 又、最近の医者は以前より薬の処方が少なくなったと聞くがいろんな病院に掛かるケースも考えられ他の方のご意見にもあように重複投与が無くなると思われる。2009-10-27tsuguk14109103610
11570088.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)保険証をICカード化して各病院の診察券も取り込めるようになったり、献血カードも取り込む。 病院でそのICカードをリーダーで読むと日赤のサイトにアクセスして今までの血液検査の履歴なんかも見れるようになる。なんていかがでしょう?2009-10-28sirotamago14109103610
11570098.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)住民基本台帳カードには住基ネットという通信インフラがあるが、拠点数はせいぜい役所の数しか必要はない。 もし保険証のためにも専用の通信インフラを構築するとなると、かなり大規模なインフラが必要となる。 専用回線を敷設するとなると、開業医や調剤薬局などの負担が大きくなると思う。 インフラを準備できるような総合病院だけが提供するようなサービスならば、民間で実現すれば良いと思う。 つまり、「お薬手帳」だけを電子化すれば十分だと思う。2009-10-29ばらじ14109103610
11570108.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)賛成です. 個人の健康管理のログとして,電子化情報に自ら閲覧できたり特記事項を書き込めたり すればよいと思います.2009-10-30K_Tachibana14109103610
11570118.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)良いアイデアだと思います。 皆さんがあげているメリットがあるものと思います。また、悪用も防げそうな気がします。2009-11-7山田14109103610
11570128.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)同感、一票投じます2009-11-10富士山太郎14109103610
11570138.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)願望は共有。本人確認方法が改善されてからなら賛成。現行の暗証番号が前提なら反対。2009-11-11ウチダ14109103610
11570148.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)本日の事業仕分けでは、社会保障ICカードは見送りになったようです。 っていうか、厚労省の説明や受け答えはなっていないし(あれでも官僚か?)、仕分け人と厚労省との議論がかみ合っていないし、へんな内部告発(?)が原因で議論が変な方向にいくし。。。 事業仕分けは予算を削るのが目的で、国民の利便性を全く考えていないですね。 ここでの議論を、仕分け人に伝えてほしいです。2009-11-12ほげほげです14109103610
11570158.つぶやき保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)出来たら良いですねえ。ただし前提はネット上での本人確認が誰にでも簡単に安全に低負担で出来ることです。先ずはそうした本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ14109103610
1003001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう"IT記者会の佃です。 ひょっとすると最初の書き込みになるかもしれません。 異論反論を喚起するとともに、「いや、こういう書き込みは困るんだよな」を知るための叩き台として書き込みます。 これからを考える前に、これまでの電子政府プロジェクトを総括しませんか? いったい何兆円の税金が投入されたのか。 IT戦略本部と各省庁、外郭団体、都道府県、市町村の立ち位置はどうだったのか。 それはどのような効果をあげたのか。 総括しないまま「次」を考えると、同じ穴ボコに落ちてしまうんじゃないでしょうか。"2009-10-14IT記者会34104100411
10030026.その他電子政府改善電子政府を総括しましょういまどんな穴ボコに落ちているのか教えていただけると助かります。2009-10-14mro34104100411
10030036.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう経産省担当者です。最初の書き込みありがとうございます。 こういった書き込みも困りませんので、これからもどんどんアイディアボックスで議論してください。 よろしくお願いします。2009-10-14経済産業省アイディアボックス担当34104100411
10030046.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうそれを最初に総括しませんか? という提案です。 @私の試算では、中央省庁+地方公共団体が過去10年に投入した税金は12兆円(構築費+運用費+事務管理費)ぐらいです。しかし全体の利用率は2〜3%で、比較的利用されているオンライン手続きシステムでも1件当りの処理費用は3000円を超えている。責任の所在はあいまいで、システム間のインターフェースもちぐはぐ。これって、国としての中長期のIT活用戦略がなかったからで、CIO司令塔が必要じゃないでしょうか。 A国が制度を決めて、システムは地方公共団体に任せるやりかたも問題じゃないでしょうか。市町村から地域協議会への年金の移管、介護保険制度、後期高齢者医療制度、防災システムなどが思いつきます。 B市町村合併で無駄になったシステムが山ほどあります。併合される町村の有用なシステムも廃止になってしまった。こういうことが今後も起こるでしょう。有用なシステムを国が買い上げて全国の市町村にSaaS型/クラウド型で利用してもらうというようなことを考えるべきではないかと思います。 CIT化する大前提である漢字コードの統一、国民番号の義務化などが後手に回っています。漢字コードが統一されていない現時点で、こんど住基ネットに外国籍在住者が加えられます。これってどうなんでしょうか。 このほかにも穴ボコはたくさんありますよ。2009-10-14IT記者会34104100411
10030056.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうIT記者会さん ありがとうございます。 そのようにご説明いただけると総括の必要性を理解することができます。 賛成させていただきます。2009-10-14mro34104100411
10030066.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう電子申請率に関する会計検査院の意見表示について、なぜこうなってしまったのか、国民に分かる説明が欲しい。 政治資金・政党助成関係申請・届出オンラインシステム:0.0% 財務省電子申請システム:0.0% 国税庁電子開示請求システム:0.0% 農林水産省電子申請システム:0.0% 総務省電子申請・届出システム:0.3% 汎用受付等システム(内閣府本府):0.4% 電子申請・届出システム(警察庁):0.8% 労働保険適用徴収システム:1.0% 国土交通省オンライン申請システム:1.3% 経済産業省汎用電子申請システム:1.9%2009-10-14hiroyoshi34104100411
10030076.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうこれまでもIT戦略本部専門調査会、自民党e-Japan特命委員会等で何度となく総括、見直しといったものが行われてきており、投入された税金額についても公表されていると思います。また、その度に見直しプラン、加速化プラン、廃止方針等が策定されてきたと思います。過去を総括することは重要ですが、必要なのは、サービスを利用する国民や企業といったユーザーの視点からサービス単位での根本的な必要性とあり方の見直しではないでしょうか。ユーザー側も「お手並み拝見」の態度に終始せず、積極的にシステムの在り方について意見をし、それらを吸収し不断に改善していくことができる体制を作ることが重要だと思います。2009-10-14korsakov34104100411
10030086.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう総括した結果、まず、IT予算の情報公開からお願いします。その際には、政策のパフォーマンス目標と実績も同時に公開することになります。米国政府の始めた IT Dashboard も参考になります。内容は、プロジェクトマネジメントの指標そのものです。つまり、コスト、時間、評価(パフォーマンス)の三項目がそれぞれの予算ごとにわかります。ただ、データに信頼性がないといけませんが。2009-10-14Hirokazu Okumura34104100411
10030096.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうIT記者会さんに賛成です。 国民の利便と役所の効率は同時に解決できると思います。 まずは役所間でのデータ共通化があってのことだと思います。多分に現在はそれぞれが独自のシステムによる異なるフォーマットでデータを重複してもっている状況だと思うので、クラウド型でコアな部分は集中管理するコンセプトも有益だと思います。そうすれば無駄な投資も減るのに加え、国民の時間の無駄の削減、役所の作業経費削減も進み、日本経済にとって長期的にプラスな面が多くあります。 電子申請システムなども同時に整備しなおして使いやすいものにする必要もあると思いますが、利用度の向上には時間がかかるかもしれません。(新しい機械に対しては誰しもちょっと不安があり、例えば今では空港などでセルフチェックイン機を使う人も増えましたが、導入当初はほとんどの人がなんとなく怖くて利用をためらっていたと思います。) ただ、それが効率的に使えるものとして存在することは大事です。 同時に役所の受付時間を例えば週に一日だけは夜9時までに延ばすとかして欲しいですね。(電子政府化そのものとは関係ありませんが、国民の利便を考えることで行政のスリム化が促進できるという意味で。)2009-10-14hideaway34104100411
10030106.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう政府の「電子政府評価委員会」が報告書を出しています。どうやら国のオンライン申請・手続システムは431あるようなのですが、そのうち61システムを抽出して評価しています。http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densihyouka/index.html 整備費、運用費、直近1年間の申請件数とシステムの利用件数が掲載されています。 すでに廃止されたシステムについては評価していません。また地方公共団体の独自システム、国のシステムと連携させるシステムおよや霞が関WAN、住基ネット、LGWAN、各省庁のデータベースや部内システム(人事院システムなど)も対象とはなっていません。 情報として書き込みました。2009-10-14IT記者会34104100411
10030116.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう勉強不足なのかもしれませんが、それぞれの電子政府プロジェクトになにを持って成功かという成果を図る指標が設定されていたのでしょうか?2009-10-14alf34104100411
10030126.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうオンライン申請・手続システムについて、2006年度だったか、総務省がいきなり「2011年度に利用率50%」という数値目標を掲げました。「何に対しての50%か」という議論があって、「比較的、利用件数の多い」約170システムに絞り込んだと記憶しています。利用件数というのは申請・手続の件数です。 それでe−Taxで所得税を申請した場合、5000円を控除する、ということになって、同システムの利用率が20%に向上した。しかし、「税負担の公平という観点からすると不公平が発生する」という指摘はほとんど行われませんでした。マスメディアもITは苦手なんでしょうか。 いずれにせよ、電子政府・電子自治体システムは、@国民の利便性を高める、A行政コストを下げる、の2点が目的だったはずです。 利便性とは何か、行政コストを何割下げるか、といった議論が行われないうち、走り出してしまった。 福島県の矢祭町のように、電子化しなくても行政に対する住民の満足度が高いケースもあるわけです。 じゃ、なぜ目標を定めないまま走り出してしまったのか。 ITベンダーへの丸投げ、CIOとPDCAの不在、共通基盤や漢字コードの確立、国民番号のタブー化といった理由が考えられます。繰り返しになりますが、そういった原因を掘り起こして(批判のための批判で終わらせず)、「これから」につなげていくべきだと思うわけです。2009-10-14IT記者会34104100411
10030136.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうこれまでの電子政府の取組の評価に関連した公表資料としては、例えば、以下のものがあります。 ? 全体評価(電子政府評価委員会) http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densihyouka/index.html e-Gov電子申請システム利用者アンケート結果 http://shinsei.e-gov.go.jp/menu/prepare/questionnaire-summary.html 国税電子申告・納税システム(e-Tax)のアンケートの実施結果 http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topicse.html ? 政府調達に関する調査 情報システムに係る政府調達に関するアンケート調査結果の概要 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2006/pdf/061222_8_2.pdf 電子政府の取組の総括にあたって、どのような観点からどのような整理学で行っていくべきか、また、反省をしっかりと将来のアクションにつなげていくためには、どのような情報の蓄積・公開や、どのような反映の仕組みが必要になってくるかなど、さらに掘り下げて意見を頂けると議論が深まると思います。 また、まず総括が必要だという総論的意見として書き込んでいただいていますが、総括すべき各論については、このアイディアに対するコメントで全部議論していくとわかりづらくなると思うので、それぞれ別個にアイディア投稿をしていただけるとよいかと思います。コメントにおける議論の中で、適宜、論点を整理しつつ、必要に応じて、スピンアウトして他のアイディア投稿としても書き込んでいただければと思います。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当34104100411
10030146.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう電子政府の総括、大いに賛成です。 特に急ぐ必要も無いので、将来の社会ビジョンと、それを実現するための政策が固まってから、じっくり電子政府の再構築に取り組んでもらえればと思います。 行政サービスのオンライン化よりも、将来の社会ビジョンを政府と国民が共有できるようなウェブサイトを作って欲しいですね。2009-10-15Muta Manabu34104100411
10030156.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうIT記者会の佃です(実名投稿に変えました)。mutaさんがご指摘のことは、蟷螂の斧ながら、かねて私も提言してきたことでした。2009-10-15佃 均34104100411
10030166.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうどこにコメントして良いか分からなかったため、こちらに。 内閣官房の資料ですが、 電子政府ガイドライン作成検討会(第2回)議事次第 縦割りによる、データのひも付けがなされなかったことと、 使い勝手(ユーザビリティ)を考慮せずに作り、PDCAも行われなかったのが、 (e-Taxを例に、電子政府ユーザビリティ基本調査報告書にて、課題抽出(ダメ出)し) 利用されなかった要因としているようです。 そこで、システム(再)構築時には、省庁間のつなぎ役(CIO)と、共通基盤の構築。 ユーザビリティ専門家により、使い勝手を担保するように検討がなされ、 電子政府ユーザビリティガイドライン(案)が策定されていました。 また、次のブログも参考になれば、幸いです。 i-Japan戦略2015を読み解く(5)、不要な行政機関や外郭団体の排除でシステムの肥大化を防ぐ 退職ワンストップサービス実現へ向けての段階的アプローチ、実際の役に立つ「電子行政サービス」の作り方2009-10-16しろとら34104100411
10030176.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう私は、総括、というよりも、(少し先走った話をしてしまうかもしれませんが) ことICT分野については、「○○戦略会議」や「○○審議会」といった会議で何か月も何年もかけて「ベスト」を求めて審議すること自体が問題のような気がします。 ICT分野はまさに日進月歩、会議で相当なリソースをかけて決定した内容が、すでに時代遅れになっている、といったことが、「利用しづらい(時代遅れの)システム」になっていたり、「予算の無駄遣い」になっているのではないでしょうか。 まさに今私たちがここで行っている、国民の生の意見を、1か月といった期間限定で吸い上げ、「ベターな施策」をすぐに実行する、というプロセスを確立することにより、安価で国民にとって使い良いシステムが出来上がるのではないでしょうか。 (もちろん、この議論の中に、「○○戦略会議」などの参加者にも加わっていただくことが前提です) 予算面で問題があるのならば、随時「補正予算」の形で国会に提示してもいいと思います。 あと、このような議論を経産省にとどめることなく、政府全体の議論をする場としていただくことが重要だと思います。 この一か月の間で行われた議論を、経産省さんは政府全体にシェアしていただき、他省庁が活用、あるいは横連携が生まれることこそが「穴ぼこ」にならないためのカギだと思います。2009-10-16つぼやん34104100411
10030186.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう電子政府、基本的に賛成なのですが、良い点、悪い点がよく分かりません。 (だから、mroさんのコメントにはすごく共感します。) アピールが足りない気がします。2009-10-16btsutom34104100411
10030196.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう電子政府の良い点、悪い点ですが、議論のために簡単に書くと、 良い点は、「行政サービスの向上」と「コスト削減」と言われることが多いです。 適切に活用すれば悪い点はないのですが、セキュリティやコンピュータが使えない人への配慮が必要などの留意点が指摘されています。 すごくシンプルに書いていますので、どなたか意見があるかもしれません。 2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当34104100411
10030206.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうこれからコメントは「課題の提起〜電子政府プロジェクトを総括する〜」でお願いします。2009-10-18佃 均34104100411
10030216.その他電子政府改善電子政府を総括しましょういち受益者として、電子政府でどのぐらい自分の生活が変わったのか(変わらなかったのか)を、いくつかの具体的なイベントを通してSummarizeしてみたいとおもいます。 簡単なプロファイルですが、32歳男性、どこにでもいそうな営業職のサラリーマンです。 1.マンション購入(2008年)・・・住宅ローンに伴い、戸籍と住民票が必要でした。インターネット経由では取得できず、結局区役所に足を運びました。取得後のマンションの登記(法務局)は、行政書士事務所経由で行いました。行政書士事務所は電子政府からのメリットがあったのかもしれませんが、少なくとも私はあまり感じず。。 2.車にまつわること・・・車の名義変更(父親から私)を2006年、引越しにともなう車検証の変更(2007年)を行いました。最寄の運輸局と警察署に足を運びましたが、各種手続きが電子取引でできたケースは1件もなかったので、受益を感じませんでした。あとは免許の更新。違反もあったので1日講習でした。二俣川の免許センターで書類手続きと数時間講義を受けたのですが、昔ながらの感じでITの恩恵があったかどうかは、??です。 3.税金の支払いにかかわること・・・年末調整をe-TAXでやってます。けっこういけてます。税務署のHomepageには情報が満載で役立ちました。ただし、けっきょく従来の処理、すなわち原本(紙)の処理も引き続き必要なので、残念ながら自分自身の生産性は大きく上がりませんでした。。 総じて言いますと、昔(2002,3,4年ごろ)と比べて、最近(2008,9年ごろ)の自分の生活が、電子政府によって直接的に便利になった・効率的になったとは、ほとんど実感できていません。(もしかしたら間接的な部分もあるかと思いますが、そこはおいときます) ひるがえって、行政以外、民間企業からのITサービスによって、私自身の生活は劇的に向上していると日々実感します。株や為替のオンライン取引、飛行機の予約、Skypeで海外や田舎のおふくろとの無料電話、資格取得のためのオンライン授業など、例を挙げればきりがないぐらいです。これらは経済的ものさし・金銭の単位で計れる部分もあるだろうし、逆に計れない部分も合わせてです。 いじょう、サービス受益者の視点からコメントでした。2009-10-19Tomioka34104100411
10030226.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう佃さん、こんにちは。 総括は必要ですね。  ご存じだと思いますが、こんな記事もあります。    http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20090210/1012098/ 元大和市課長の記事です。 住基カードで400近いサービスをやっている所と、全く手がけていない所が東京・特別区でもあります。 住基ネット(IT化)に対する気概の相違でしょうか? それとも、声高に叫ぶ「絶対安全」に負けた結果? はたまた、住基カード代を自治体では負担したくない? ・・・ なんでしょうかねぇ。2009-10-20Woody34104100411
10030236.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう日ごろ感じていることとしては、役所の電子窓口って重装備過ぎです。 普通は三文判をおして郵送しているものが電子窓口になると電子署名が必要になる理由がわかりません。三文判にそこまで認証能力はないはずです。 総務省のアマチュア無線に関する申請は事前にパスワードを登録すれば住基ネットカード使わなくてよくなり、だいぶ使用者が増えたようです。 ただ、申請費用をネットで払っているのに、なぜか切手を担当課に送らないといけないシステムになっていてげんなりした記憶があります。2009-10-20takkey34104100411
10030246.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう私の個人的な実体験。 一か月ほど前、ある資料を閲覧するために、とある役所に行った時の話。 内容を閲覧するために、何をどうすればよいか窓口の担当者に聞いたところ、 「(窓口の後ろの待合室のところに)タッチパネル式の端末があるので、ご自身でタッチキーを操作して閲覧してください。便利ですよ。」 とのこと。 早速端末に検索したい文字を入力しようとしたのですが、タッチパネルの反応スピードに非常にムラがあり、入力してすぐ反応するものと、一番長いもので10分くらい反応しないものもありました。 痺れを切らし、窓口裏あたりにいた担当者に端末の処理が遅い旨伝えました。 その後の返答とやりとりは以下の通り。 担当:「 私は担当外ですからわかりません 」 私:「じゃあ、窓口で調べてもらえるのですか?」 担当:「それはできません。端末でお調べください」 私:「じゃあ、この端末非常に遅いんですけど。実際触ってみてくださいよ」 何度か試して、端末の反応が遅いことは認識したようだが、 担当者:「 じゃあ、私はどうすればいいのですか?」 私:「私が昼休みが終わるまで待って、窓口で申請すれば調べてもらえるなら待ちますが、それは出来るのですか?」 担当:「できません」 私:「繰り返し聞きますが、私が情報を知る手段は、この端末しかないのですよね。その調べる手段を薦めたあなた方が対応できないというのもおかしいんじゃないのですか?たとえば、システムの担当者に「この端末反応が遅いですよ」と報告することくらい思いつかないのですか?」 それでやっと、 担当者:「わかりました、申し訳ありません、伝えておきます」 電子政府のチグハグさを感じた一瞬でした。2009-10-20つぼやん34104100411
10030256.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうたしかに「総括」は必要でしょう。 ただ「総括」の結果、出てくるものが、いったいどういうものなのかが直観的には心配です。 どう考えても、政府の全体に関わる情報システムを見渡し、見通す、つまり吟味したり、ビジョンを掲げたり、という作業を現実味を持ってイメージするのは無理なのではないでしょうか。 「総括」の結果、国全体の情報システムについてのビジョンを持たねばならない、とか整合性を持たせるようにせねばならない、というようなことがらが織り込まれそうな気がしていて、しかし、そんなことはどだい無理なのではないかと思っている立場としては、心配しています。 この問題は、論理的にどうあつかうか、のことよりもじつは、人間がどの程度の広さをカバーしてマネジメントできるか、のほうが重要に思います。要するに、人間の能力のリミットをどう考えるかで、国全体のシステムをどうあつかうかが決まるような気がしています。 あれやこれやを考えると、まだまだツメができていませんが、部分に適用されるシステムを、どう全体に整合させるか、あるいは整合できない点はどこになるか、などを明らかにしたり、調整したりする機能にもっとも重きをく以外にはいまのところ策がないのではないでしょうか。 まあ、IT記者会(佃)さんの <2009-10-14 11:44 AM>で指摘されているなかの「CIO指令塔」をどのように充実させるかぐらいしか手がないように思います。それではどうしようまないではないか、というご意見も聞こえてきそうですが。 そんなこんなで「総括」はしてみたものの、これは無理だ、という結論にいくことを願いつつ、、、。2009-10-21mita34104100411
10030266.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうmitaさんがご指摘のように、限界があるな、と感じます。 乱暴な話をすると、停止しても半数以上の国民(納税者、有権者、対象者)が困らないシステムは全廃する。人手による処理に戻す。どうしても必要なシステムだけ残す。つまり事業仕分けをやる。構想日本のやり方がいいかどうかは別ですが。 必要なシステムだけ、もういちど作り直す。もちろん生かせるところは継続して使う。 国そのためにとしてのCIO司令部と、財産管理機能を用意する。 CIO司令部にはお年寄りは入れない、次の日本を担う若い世代をどんどん起用する。 財産管理機能には政・官・公・業・民の監視をつける。 そんな形にして出直すしかないんじゃないでしょうか。2009-10-21佃 均34104100411
10030276.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう>>佃さん  >乱暴な話をすると、停止しても半数以上の国民(納税者、有権者、対象者)が困らないシステムは全廃する  >人手による処理に戻す。どうしても必要なシステムだけ残す。つまり事業仕分けをやる ただ、見直しをしたら、半分以下の経費でできるなんてものが結構あるような気がしています。  >必要なシステムだけ、もういちど作り直す。もちろん生かせるところは継続して使う これを考えるために、総括を行うのではないかと思っています。 本当に必要なものだけど、やり方がまずいとか、広報活動が不足しているなんてものが多々あります。 昨日、某中央官庁出身のかたが、キャリアは、戦略、戦術等の計画は非常にすばらしいものがあるけど、運用みたいなものの経験がない所に問題がありそう。 システム関係は、運用等まで含めて考えなければならない点があるなぁ と話していました。自分の経験を含めての発言でした。2009-10-21Woody34104100411
10030286.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう「IT記者会」の名前で最初に投稿した佃です。 利用率が低い、使いにくい、ほしいサービスがない、システムがチグハグ等々、色いろな意見があります。 それはそれでいいのですが、新しい機能やサービスを考える前に、運用コストを考えてほしい、と思います。 新しくシステムを作れば、構築費の数倍の運用コストがかかる。構築費はいっときの支出ですが、運用費は毎年かかります。少子高齢化が進んで、あと15年もすると人口が9000万人台に減って、全人口の4割が65歳以上という超々高齢化社会になる。税収が減ると分かっているのに、新しいシステムを作ることばかりが先行すると、結局はハコモノ行政と同じことになる。 ざっくりした数字ですが、日本情報システム・ユーザー協会の調査ですと、メインフレーム系システムの平均寿命は17年、CSS型システムの平均寿命は12年。人件費を含む運用費は、5年で開発費の2〜3倍とされています。 このことを視野に入れると、作ってしまったシステムを整理しないと、運用費がどんどん積みあがっていくことが分かります。新しいシステムを作るなら、不要なシステムを廃止するか統合しないと。じゃ、「不要」と判断するのには、どのような条件や評価手法が必要なのか、ということです。 それが明確でないので、わたしはとりあえず総費用対効果(利用率)で評価しています。 本当は「満足度」や「利便性」とか「透明性」といった非数値要件での評価が必要なんでしょう。 今回の経済産業省のトライアルを通じて、そうした評価の仕方を探るのも目的の一つなのかな、と考えています。 日記風になっちゃいましたね。2009-10-23佃 均34104100411
10030296.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう佃さん >新しい機能やサービスを考える前に、運用コストを考えてほしい、と思います 普通は、開発費用と運用費用を含めて考えるのが当然だと思うのですが。 もう少し敷衍すると、国と自治体を含めて考える必要がありますね。 国レベルで考えて行い、その仕組みを自治体が利用する方法だってあると思っています。 定額給付で、どこかの自治体がクラウドを使って処理をしましたが、データフォーマットを決めて、どこの自治体でも利用できる仕組みを考えれば、全体の費用はもっと安くなったはずです。 そんな業務があちこちにあるのではないかと思っています。 2009-10-24Woody34104100411
10030306.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう課題の提起〜電子政府を総括する〜 に、私なりの分析を分割して書き込みました。 まだ書きたいことはありますが、まったく反応がないので、読んでいただけているのかな、と思ってしまうんですね。 このサイトのご担当氏への要望です。閲覧数が表示されると、提案を書き込んだ方にも張り合いが出るんじゃないでしょうか?2009-10-24佃 均34104100411
10030316.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう運用コストの大幅な増加は、運用コストの大幅な増加を起こすシステムを作ってるからですよ。 どこに書けば良いか迷ったのでここに書いてしまいますが・・・。 システム構築側からの意見ですが、説明しても誰もわかってくれない、誰も評価してくれないって部分に、コストかけられません。て言うか、コストをかけると、説明しても分かってくれない人が怒るんですもの。 正直な話、システム開発のシステム仕様と評価ができない人が、仕様と予算の承認者となっている限りは、電子政府の改善はユーザーの声が直結しない限り無理だと思います。 承認者に欲しいスキルはただ一つ。コストパフォーマンスを含めた客観的な評価ができる事です。つまりITコンサルティング資格所持者とかいいたい。 いや実際、国からの仕事は要求を満たしていればどうでも良いよ的なのがべらぼうに多いらしいですし。今後コストを下げるには的な判断は、縦割り行政下では行いようが無いかららしいですが。 物事は大体そうですけどIT系のコスト削減は、可能な部分の共通化からはじまります。 その意味では、戦略室直下組織とかにIT系の専門家を集めて、その部署で、まず各省庁共通の開発フォーマットを定義しないと、電子化のコストを下げることは、まず無理です。 ・・・ちょっと大げさに書いてみました。2009-10-29rd34104100411
10030326.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう条件付き賛成。 条件とは、総括し過ぎて前に進まなくなるのを防げるぐらいに総括して欲しい。 あくまで、総括は前に進むために、ネット化・IT化・省コスト、便利を進めるために行うのであって、どこかのマスコミみたいに無責任に重箱の隅をつつく総括はやらないで欲しいです。 役人だって人の子だし、やる気無くさせちゃうのだけはやめて欲しいな・・・。2009-11-3LEO334104100411
10030336.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうまずは情報通信関連の審議会や委員会のメンバーを総入れ替えすべきでしょう。権威・大物・花形=既得権益の番犬・幇間と考えて大筋は違わないのでは。また、審議会や委員会に大手マスコミの幹部が参加しているのは言語道断でしょう。2009-11-6ウチダ34104100411
10030346.その他電子政府改善電子政府を総括しましょう昨日の朝日新聞が【国の電子申請、利用率10%未満が3割 運用コスト割高】 http://www.asahi.com/politics/update/1107/TKY200911070326.html でそれなりの総括を試みているようです。ネット記事は要約で紙媒体の方はもう少し詳しく追いかけていますが、まだまだ表面的との印象を受けます。ICカード関連業界やそれに連なる方々は大いに潤ったことでしょうが国民の観点からは明らかに無駄遣いであった公的個人認証システムの総括も期待したいところです。 2009-11-9アナトミ34104100411
10030356.その他電子政府改善電子政府を総括しましょうその総括書類も、文章は立派ですが数十枚にかけて書くから効果があったのか、反対に非効率になったのかよくわからなくなりそうなので、 対費用効果がどれだけ出たか、 国民メリットがどれだけあるのか、 継続するのか中止するのか改善していくのか 失敗プロジェクトのペナルティは? が子供でもわかるくらいの書類作成してほしいですな。2009-11-11toshihar34104100411
1009001
★アイデア
4.Web2.0活用RSSの採用について各府省のホームページを見ていると、経済産業省様を始めRSSを採用されていないサイトがいくつか見られます。そのため、各省庁の新着情報の収集に苦労をしています。ユーザビリティガイドラインのように、何らかのRSS採用のガイドライン等を用意し、積極的な採用を推進することはできないでしょうか? 是非、ご検討をよろしくお願いします。2009-10-14biz201710097312
10090024.Web2.0活用RSSの採用について大賛成です! RSS/ATOMがフィードされれば、新着情報や公示情報、セキュリティ警告なんかの情報を タイムリーに確認する術がたくさんあるので、ぜひ実現して欲しいです。2009-10-14sf1801710097312
10090034.Web2.0活用RSSの採用についてこれは必要ですよね。2009-10-14mro1710097312
10090044.Web2.0活用RSSの採用について国民が情報をフォローするには、これも当然ですね。2009-10-14Hirokazu Okumura1710097312
10090054.Web2.0活用RSSの採用について賛成です。特に審議会等の傍聴受け付け公表が事務都合で結構不意になされるので、そのチェックだけに毎日見なくてはいけないし、ふと忘れているともう満席や時期が過ぎて受け付け終了になっている、なんてことがあります。RSSで新着情報が届くのは大変助かります。2009-10-14korsakov1710097312
10090064.Web2.0活用RSSの採用について文化庁はRSSはもとより、メルマガも配信されていないので、毎日ウェブサイトをチェックしなければならず、大変不便です。2009-10-14hiroyoshi1710097312
10090074.Web2.0活用RSSの採用について今どきのサイトではフィードでの情報発信は標準機能だと思います。 せっかく色々な情報を出していても、毎回サイトにアクセスするのは面倒なので結局敬遠されてしまいます。これは情報を発信する側にも不幸なことでしょう。 ぜひ改善して、情報を積極的に開示していると胸を張って言えるようになって欲しいです。2009-10-14resubew1710097312
10090084.Web2.0活用RSSの採用について新着情報を探すのに苦労しているのでRSSはぜひ提供して欲しいです。2009-10-14SPV1710097312
10090094.Web2.0活用RSSの採用について新着情報をメールで配信しているのというのはわりかし見かけるほうだけど 送られてくるのが大抵、夕方とか翌日の朝とかだし、でも、RSSならほぼ同期なので、その心配がないし、 それに、RSSはブラウザだけじゃなくてメーラーとかでも見れるから、是非、採用して欲しい。2009-10-14ta__ki1710097312
10090104.Web2.0活用RSSの採用について賛成します。ぜひ入札の情報をFeedして欲しいです。2009-10-14masatok1710097312
10090114.Web2.0活用RSSの採用についてぜひぜひ、すぐにでもやってほしいです。2009-10-14momonico1710097312
10090124.Web2.0活用RSSの採用について首相官邸 のリンク先のRSSフィードの状況をチェックしてみましたが、対応しているところは極めて少ない結果でした。何かと批判が多い政府機関ですが、国民に正しい情報を伝える努力の一環として、是非、RSSフィードを含めたWEBの充実を図ってもらいたいものです。細部は、 こちら で これに限らず、政府のICT対応は、諸外国(特に米国、中国)に比べて著しく遅れていると思います。 ○:RSSフィードあり △:関連するページのRSSフィードあり ▲:YouTubeチャンネルのRSSフィードあり ×:RSSフィードなし ○首相官邸 ×内閣官房 ○政府インターネットテレビ ×政府統計の総合窓口 ×世論調査 ×内閣官房 ×内閣法制局 ×人事院 ×内閣府 ○宮内庁 ×公正取引委員会 ×国家公安委員会 △警察庁 ×金融庁 ×消費者庁 ○総務省 ×公害等調整委員会 ×消防庁 ×法務省 ×公安調査庁 ▲外務省 ×財務省 ×国税庁 △文部科学省 △文化庁 ▲厚生労働省 ×中央労働委員会 ×文化庁 ▲農林水産省 ×林野庁 ×水産庁 ×経済産業省 ▲資源エネルギー庁 △特許庁 ×中小企業庁 ○国土交通省 ×観光庁 ×気象庁 ×運輸安全委員会 ▲海上保安庁 ×環境省 ▲防衛省 ×統合幕僚監部 ▲陸上自衛隊 ×海上自衛隊 ×航空自衛隊 ×会計検査院 ×衆議院 ×参議院 ×裁判官弾劾裁判所 ×裁判官訴追委員会 ○国立国会図書館 ×最高裁判所 ○日本銀行2009-10-14helmsman4701710097312
10090134.Web2.0活用RSSの採用について現在、経済産業省のホームページに RSS がついていないのはご指摘の通りです。確認をしてみます。 参考 RSS はついていないのですが日本情報処理開発協会(JIPDEC)の産学官研究開発コミュニティはIT関連の公募情報や発表情報を組織横断で提供しています。 http://www.gip.jipdec.jp/2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当1710097312
10090144.Web2.0活用RSSの採用について官報を現在も縦書きのPDFで公開されていますけれども、RSS(もしくはプレインText)で配信して頂けるとうれしいです。 自分の仕事に関わる法令、規制の変更などなどを適宜知りたいと思っております。2009-10-17ukulele1710097312
10090154.Web2.0活用RSSの採用について書式を決めてRSSフィードしてほしい 総務省などで法令の変更をチェックしていますが、RSS以前にWEBに乗るまでの期間が長く(即日施行なのにWEBに乗るのが2週間後なんてことも)、しかもタイトルで中身がわからないものが多いので、正直どうにかしてほしいです。 RSSフィードしたらどこかにポータルが作られるのでしょうけど。2009-10-20takkey1710097312
10090164.Web2.0活用RSSの採用についてRSSに関してひとこと。 地方自治体のサイトをみると、なんでも一本のRSSにまとめていて、意味ある情報を区別するのが困難なケースがあります。せめて、部署ごとにカテゴリをつけるなどの工夫はガイドライン化してほしいです。2009-10-29とらねこ1710097312
10090174.Web2.0活用RSSの採用について「RSSの採用について」のアイディアを踏まえ、まずは、中小企業庁サイトが本日からRSSに対応しましたので、ご報告します。 中小企業庁サイトの新着情報がRSSに対応しました(平成21年11月2日) http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/2009/091102RSS_Play.htm2009-11-2経済産業省アイディアボックス担当1710097312
10090184.Web2.0活用RSSの採用について賛成賛成! う〜ん、ブログやってたりして情報収集に余念がない人たちにとっては、これは助かりますよね! もちろん、助けてもらうだけじゃなくて、こういった場があれば、御返しをするつもりですけど。 とにかく、そんなにおカネもかからないし、すぐ出来るのでは?2009-11-3LEO31710097312
1028001
★アイデア
3.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ民主党政権になって記者クラブ開放問題がクローズアップされてきた。記者クラブの自治に任せていると、さまざまな利害がからんでなかなか解決策が見つからない。官邸はじめすべての官庁で行われる記者会見をネットでライブ中継すれば、フリーランスのみならず全国民が視聴できる。質問をする人は自らの映像と音声を会見場に流すことを義務付ける。安上がりに記者会見の開放が可能になると思う。2009-10-15junhara159191013
10280023.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ記者会見ばかりでなく、国会審議など中央政府の活動をライブで流す専門チャンネルを作るのもいいんじゃないでしょうか。重要なのは透明性。新政権の大臣が来年度予算について協議したり捻出に腐心している姿は、それだけで新鮮でした。政策や政治が身近なものになるでしょう。2009-10-15IT記者会159191013
10280033.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ例えば、 けつだんポトフ の、そらのさんは、 すでに、 Ustreamによる中継配信 を計画されているようです。 亀井大臣の記者クラブ非加盟社向け記者会見の取材許可が下りました!!! 取り急ぎご報告まで! 会見場に固定で、ネットワークの環境と人さえ用意できれば、既にコストは低く抑えることができるようになっているようです。 是非検討いただきたいと思います。2009-10-16しろとら159191013
10280043.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ基本的に公開できるものはPDFや動画にして全部流してしまえばいいのでは? あと、発表などは新聞などメディア限定をせずに、広く伝えるべきかと。 既得権を振るっている一部のメディアは、新興メディアへの外圧でしかないし。 あと官庁単独による記者会見は民主政権になってNGにしよう!って動きになっていくのでは? (国会の決と、政府の考えと、行政の考えが剥離するのは国民に不利益だし 記者会見というのはバイアスが掛けやすいものだから、政府主導で進行してもらいたい) ディスクロージャーをきちんとやるのはいいことだとおもいます。 現役で働き納税しているものが容易に取り出せるメディア=ネットでの配信を望みます。 (新聞など終わり行くメディアや官報など紙メディアでは情報を活用する際に制限が多く、波及も難しい。 ディスクロージャーの努力をするなら、その努力が報われるスタイルでの公開を検討して欲しい) 清算しなければならない点はこの際きちんと清算し、前に進むようになればいいなと思います。2009-10-16satokenz159191013
10280053.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ記者会見の模様をジャーナリストがツイッターで配信し、その返事を記者会見でジャーナリストが質問をぶつける、見たいなことをすると面白いのでは?と思います。2009-10-17つぼやん159191013
10280063.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ記者の恣意的な意図が入り込まないためには、ノーカット、ライブ中継というのが一番良いです。2009-10-17MasaGon159191013
10280073.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよまず、経済産業省の大臣記者会見が動画で公開されていないので、公開していただきたい。 外務省、農水省は既に行っています。2009-10-17シピオ159191013
10280083.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよこれこそ、クラウドを利用してライブ・録画などを国会、官庁記者会見等を公開すればいいと思います。 多くの自治体では、既に、ライブ、録画、議事録(テキスト)など公開していますが、衆議院などでも議事録だけみたいですが、動画での公開をして欲しいですね。2009-10-21Woody159191013
10280093.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ亀井大臣の第2会見はネットなどで中継されている模様ですね。 まずは単なる中継プラス事前登録制(全ての省庁共通の)で始めればいいと思います。 亀井会見のネット中継 池田信夫2009-10-27BBC159191013
10280103.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ報道サイドの一方的なバイアスによる切り取りの記者会見を見るぐらいであれば、全体を視聴できるほうが良いと思います。 ただし、Twitterを使うなど質問を受け付けるのもひとつの手だと思いますが、限られた記者会見時間のなかで、質問を精査するのも大変なのかもしれないですね。2009-10-28apakabar159191013
10280113.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ確かに行政のプロセスを明確かつ明瞭化する視点からみても、現在、国でどのような課題を取り上げられ、議論されているのかを国民にわかりやすく伝えることは必要だと思います。動画からの音声がテキスト化すればその関連情報をインターネットから収集でき、知識を深め、幅広く検証することができると思います。もちろん技術次第では本当に多様な方法で対応することもできると思います。またインターネット上で意見を発信できればさまざまな関係を超えたところで、意見集約ができますしね。2009-10-31nishiyan159191013
10280123.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよネットでの大臣記者会見ライブ中継賛成です。質問権が確保されるためには、会見場への参加資格を本当の意味で緩和し、質問権も認めることも同時に必要と考えます。現状各大臣の判断に任されているようですが、鳩山政権としてオープン化の方向での指示が出せると良いと思います。 個人的な感想として書かせていただけば、記者会見の開放に反対する報道機関が、大臣が会見出席をせず陳謝などどいう記事を配信しているのを見ると当該報道機関に対して怒りがこみ上げてきます。2009-11-1散策159191013
10280133.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよいいアイディアだと思います。 そもそも、記者会見で見聞きしたことを、そのまま記事にしているような今のマスコミで、記者は不要です。 見たい人は、この映像をYouTubeか何かで見れば、それでよいと思います。記者の人は、YouTubeにコメントすれば、それで、結構。2009-11-2ハント君159191013
10280143.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ記者会見で「ネットユーザーの声」代弁 ニコニコ動画が岡田外相に質問 http://www.j-cast.com/2009-10-27052663.html2009-11-2おいおいパパ159191013
10280153.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ大賛成! 新聞やマスコミさんんも頑張っているのだろうけど、どうしてもバイアスが掛かってしまいますよね。「ホントのところ、どうなんだ?」っていうのが、生中継で伝わりやすくなるんじゃないかしら。 それに、これは、官僚や政治家の皆さんが少なからず感じていることだと思いますけど、 自分の話した内容が、 「なんでこんな形で報道されちゃうの? 」みたいなコミュニケーションロスや作為的な報道に対する対策になるんじゃないかしら。2009-11-3LEO3159191013
10280163.行政情報オープン化官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ文字起こしされたものも重要ですが、映像で表情・仕草・声を見聞きすると、また印象が異なることもありますね。 映像の著作権は、転載可能な形でお願いしたく。2009-11-5yo-159191013
1169001
★アイデア
3.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待米国のオバマ政権では、政府データが国民の資産であるとの考え方にもとづき 今年の5月より連邦政府の様々な機関の生データ(未加工データ)を国民に 判りやすく提供する仕組みとして「DATA.gov」が開設されました。 http://www.data.gov/日本におきましても、経済産業省による日本版DATA.govの開設を期待します。 経済産業省等で扱う質の高い生データを日本版DATA.govを通して国民に 見える化することで、行政データに国民が付加価値を付けるという、新しい 情報サービス事業の創出が期待されます。 以上2009-10-24metadata108179214
11690023.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待新しい情報サービス事業や周辺事業の創出には期待します。雇用の創出にもつながると思います。 その為には、国内の各種データの定義の整理、精査も必要だと思います。 聞くところによると、国、都道府県、自治体、企業、公的機関、教育機関などと連携して使える生データではないかもしれません。 具体的には、大学院生は分類でいうとフリーターと同類に分類されていたり、大学卒業後の進路の把握はあまり精度が高くないなど。 国として判りやすく様々なデータを提供する仕組み、大事だと思います。2009-10-24sakafuku108179214
11690033.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待データ類の中で、公表可能なものは是非、オープンに出すのが良いと思います。  但し国家のインテリジェンスに拘わるものなど、公開出来るか出来ないかの、すべきかすべきでないか、に関しては、しかるべき専門家が関わって判断すべきぶぶんもあろうかと思います。  データを公開することと同時に、探し易く、利用し易いユーザインタフェースを、という点も米国の事例のように十分考慮されることを期待したいと思います。 公開に関しては、行政wikiの設置というアイディア( リンク )を投稿しました。2009-10-24島崎丈太108179214
11690043.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待sakafuku様 コメントを下さりありがとうございます。 >その為には、国内の各種データの定義の整理、精査も必要だと思います。 ご意見に賛同いたします。データ定義の公開が重要になります。 各種データの定義を登録しておく場所が必要になりますね。 欧米ではメタデータ・レジストリ(Metadata Registry)と称して既に、情報提供サービスを提供しているようです。 英国政府の公共情報公開促進策が参考になるように思いましたのでコメントの投稿をいたします。 公共情報登録所(The UK Government Information Register)は、政府機関が保有する 情報資産(Information Assets)のメタデータを公開しています。 http://www.opsi.gov.uk/iar/search.aspx http://www.opsi.gov.uk/iar/index 日本におきましても、経済産業省でメタデータ・レジストリの開設を期待したいです。2009-10-24metadata108179214
11690053.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待政府データの公開については、 i-Japan戦略2015 などでも「有用な行政情報を電子化し、国民が利活用できるよう公開する」と明記されていますね。 具体的な検討は、次世代電子行政サービス基盤等検討プロジェクトチームでも行われています。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/nextg/index.html http://www.lcdm-forum.jp/event/event20090909/event20090909dl.html 日本語版DRM、行政情報カタログ、行政情報作成ガイドライン、公開情報データベース、全体と個別のレジストリ(データ仕様情報)、共通データ用語辞書など、欧米の事例を参考にしたモデルを考えているようです。 電子政府における安易なシステム構築には反対ですが、データ標準化やデータ流通基盤の整備は、地道に進めて欲しいと思います。2009-10-24Muta Manabu108179214
11690063.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待関連した提案として統計xmlの話がすでに出ています http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cp4gAAC#comments おそらく、metadetaさんは統計を含むもっと広範な情報というご提案だと思いますが、今年度に統計xmlの調査を行いますし、mutaさんの書いていますように様々な動きがありますので、それらの結果を踏まえて検討を進めて参ります。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当108179214
11690073.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待恥ずかしながら、最近になって、初めて数式処理パッケージのMathematicaに触る機会を得たのですけれども、地理的情報から経済指標まで、各国の様々な統計データを、簡単な問い合わせスクリプトを書くだけで利用できるのがすごく便利でした。 例)2000年〜2008年の日本のGDP (ドル建て) CountryData["Japan",{"GDP",{2000,2008}}]  現在、様々なデータが各省庁のホームページごと、データごとに様々な形態で配布されています。 それらのデータの作成、公開だけでも大変なご苦労だと思います。 ただ、さらに欲を言わせていただければ、 将来、データベースのSQLや、Mathematicaのように、統一されたAPIで、 (さらに、どんなプログラム言語からでも使えるような単純なAPIで) 簡単に公開済みのデータを取り出せるようになったら、すごいだろうなーと思います。 国民ばかりでなく、官公庁でのお仕事にも便利、なのではないでしょうか? (たぶん、そんなに遠くない将来には、そうなるのでしょうけれども)2009-10-25ukulele108179214
11690083.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待Muta Manabu様 貴重な情報をお教え下さりありがとうございます。お礼申し上げます。 >電子政府における安易なシステム構築には反対ですが、データ標準化やデータ流通基盤の整備は、地道に進めて欲しいと思います。 Muta Manabu様のご意見に賛同いたします。 >日本語版DRM、行政情報カタログ、行政情報作成ガイドライン、公開情報データベース >全体と個別のレジストリ(データ仕様情報)、共通データ用語辞書など、欧米の事例を参考にした >モデルを考えているようです。 早速、お教え下さいましたサイトをアクセスさせていただきました。 次世代電子行政サービス基盤等検討プロジェクトチーム(第8回)(平成21年7月27日(月)) 検討内容は興味深い内容が記載されていますね。 次世代電子行政サービス基盤検討プロジェクトチームで検討されているようなデータ連携基盤が 整備されてくれば、産業界、行政、国民等で連携した行政データの利活用が促進して、現在は死蔵 されていると思われます、情報資産価値の高い行政情報が眠りから覚めて、キラキラと輝きだすように 思います。地味ですが、そのような日本版の行政情報基盤に期待したいです。 2009-10-25metadata108179214
11690093.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待経産省のデータだけにとどまらず、他の省庁や、公益法人などで研究・統計しているデータもまとめて公開して欲しいです。 同時に公開データポータルを政府として1つ立ち上げて頂けると、利用者側としては利便性があがるかと思われます。 現在は、政府による研究・統計データの公開は、その主管省庁や関連施設のホームページにたどりつかないと入手できません。 有名な官公庁であれば問題ありませんが、枝葉に近い関連施設のホームページに掲載されているデータを発見するにはそれ相応の時間と労力が必要となります。 従来通りに各省庁、関連施設のホームページ上での公開でも結構ですが、更新情報をRSSやCMSの機能を利用して、一元的に閲覧できるサイトがあれば助かります。 2009-11-11240108179214
11690103.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待「検索ポータルのすすめ」を投稿しましたが、この事例としてあげたのが USA.gov です。このDATA.govの親サイトにあたるものと思います。(下のほうに USA.gov のリンクがあります。ここにはWho owns USA.gov? The American people.と書かれています。) USA.govは2000年のクリントン政権時に始まったFirst.gov(米国政府検索ポータル)がスタートです。検索システムをベースにポータルを付加してゆく作り方でしたが、初期にはドキュメント以外にDBも数多く検索できるようになっていました。その後APIを通じてデータとして欲しいという要望があって、こちらのサイトが出来てきたのではないかと想像します。 国家は、その国の最大のコンテンツプロバイダーなんだとある人が言っていました。日本にもこのような考え方を軸にしたシステムが望まれているのだと思います。2009-11-13mack.tokyo108179214
11690113.行政情報オープン化経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待どの省庁であれ、まとまった業務にはITシステムが必要であり、ITシステムには日々の業務に関するデータが生成・蓄積されます。それを生情報のまま提供していただきたい。データの分析や活用は民間に任せればいいのです。国民・市民の行政への参加というとブログやSNSや電子会議室のような参加ツールが注目されますが、データに基づいた議論を可能とするために、業務執行状況のデータも積極的に公開すべきです。また、データを活用した新たなビジネスを立ち上げるきっかけともなるでしょう。オライリーやバーナース・リーが唱える"Government as a platform"という概念こそ、電子行政の核心だと思います。2009-11-14mat9215108179214
1022001
★アイデア
6.その他電子政府改善外字問題の解決情報処理関係で働いている身として大きな疑問なのが外字の問題です。 電子政府に限らず世の中にある情報システムや事務手続における外字対応費用はとんでもない額なのではないでしょうか? 個人の氏名などを尊重する意味を真っ向から否定するつもりはありませんが、それに要する費用とその効果を考えると無駄という結論に到るのではないでしょうか。 英語圏の国ではABC・・・XYZにおさまることが、日本ではこの不毛な対応にかなりのコストと労力を割いていることは事実ですし、最近の話ではJIS X 0213:2004規格対応で字形が変わるといったような問題も起きています。 全ての府省がボーダレスでこの問題を議論し、外字の統一化といった道筋をつけることはできないでしょうか。 少なくとも電子政府構築+運用に要するコスト削減効果は非常に大きいと考えます(特に総務省関連のシステムでは・・・)。2009-10-14hiraojp127472315
10220026.その他電子政府改善外字問題の解決e-Japan戦略がスタートする前後に、戸籍システムの構築に当たって、法務省で外字問題を検討したことがあると聞きました。あちらこちらから圧力がかかって、潰されたと聞きましたが・・・。こうした話を書き込むのは適当ではないということであれば、削除してください。2009-10-14風來人127472315
10220036.その他電子政府改善外字問題の解決外字問題に限った話ではありませんが、JISの問題はどうにかして欲しいですね。 電子申請システムもJIS2004に対応していないですし、 役所が対応しないならJIS規格の改正なんかしなければいいのに・・・2009-10-15tm127472315
10220046.その他電子政府改善外字問題の解決プロジェクトを始めるときに、外字を使うか使わないかを宣誓して始めればいいのでは? 戸籍などアイデンティティに関するところはどんどん使うべきだと思う。 (効率化ではなく、正誤が問題になる分野でしょうし) ほかのページで、全部英語化しては?なんて話が出ていましたが、 必要な無いところで、外字や英語対応を努力するより、必要なところでの対応に留め、 業務を進行していったほうがよろしいのでは? 2009-10-16satokenz127472315
10220056.その他電子政府改善外字問題の解決文字情報(コード、フォント)は、情報システムの基盤となるものですが、システム毎に異なる文字管理体系が存在するため、異なるシステム間で情報をやり取りした場合、送信した文字が誤った文字で表示される、いわゆる「文字化け」が生じています。このため、特に住民の氏名等の文字情報を管理する政府各府省や地方自治体においては、新規登録や更新、照会作業などの情報管理に非効率で、多大なコストが生じています。(例えば、フォント作成2000円/字、コード表文字照合1400円/字) このため、経済産業省では10月15日に提出した平成22年度の概算要求において、外字について官民が汎用的に印刷・表示に利用できる共通フォントや文字コードの検索機能の整備を行うための予算を盛り込みました。これにより、日本人の氏名を書くのに必要といわれている69000文字をカバーし、行政情報の適正で効率的な管理と、業務処理時間・システム運用コストの削減を実現できると考えています。 現在、さらに来年度予算要求について精査・具体化を進めているところですので、追加情報あればまた書き込みます。2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当127472315
10220066.その他電子政府改善外字問題の解決外字の問題は行政において非常に大きな問題となっています。各自治体がそれぞればらばらのコードで管理しているため、自治体どうしでの氏名情報交換もできなければ、JISを標準としている民間企業や各団体との氏名情報の交換もできません。未だに自治体は外部との情報のやり取りを紙で行っているのが実情です。これで電子行政といえるでしょうか。このような情報連携ができないために約1000億円の無駄が生じているという調査もあります。  年金納付記録問題では社会保険庁の杜撰な事務が糾弾されましたが、いくら正確な事務を行っていても外字の問題で名寄せが不可能なのです。(そのほかにも法的に正しいフリガナが存在しないという問題があります)  「日本人の氏名を書くのに必要といわれている69000文字をカバー」すれば良いという問題ではありません。そのような漢字の同定作業を人間ができるわけがありません。住基ネットでは、渡辺さんの「なべ」や齋藤さんの「さい」が何十種類と登録されています。行政の現場では同定作業ができないために、結局新たに外字を作成するという運用が行われています。  電子行政を進めるには、外字を廃止し、JISに統一することです。システム構築の大原則は、コードの統一化・データの標準化です。これができなくてはまともなシステムの構築は不可能です。日本の電子行政は、欧米どころか韓国にも追いつくことができません。2009-10-18hami127472315
10220076.その他電子政府改善外字問題の解決まず、69000文字について少し解説をさせていただくと、この数は住基統一文字、戸籍での氏名用文字、大辞林の文字の同定作業(似ている各文字が同じ文字と確定する作業)を通じて作った文字コード対応表を元に考えています。 文字コード間の同定ができても、各府省や自治体の文字がコード表に対して同定できないという問題がありますが、ここは、類似文字検索で支援が可能です。 もちろん検索で、齊籐と斉藤と斎藤と齋藤と齊藤(左記の4つのサイの字は違う)を統一して検索するしくみなど課題はありますが、これらを検索可能にする新しい規格も出始めております。 文字をどうするかは、電子行政だけではなく広く社会全体で考えなければならない問題です。JISに統一するというのも一案ですし、様々な意見があると思いますので皆様から意見をいただければと思います。2009-10-20経済産業省アイディアボックス担当127472315
10220086.その他電子政府改善外字問題の解決外字に関しては包摂って言いましたっけ、外字を使ってもいいけど、外部で処理するときのためにユニコードだったら何の文字に吸収するかの情報をつけて、事実上その文字で処理していただきたいです。 あと、ここで言っても仕方ないですけど、ルビの取り扱い方法をきちっとJISで決めてWordあたりでも使えるようにしてほしいです。Wordで書いたらXMLできちんとルビと認識でようになっていれば、ルビと漢字を一体で処理できるようになりますし、電子書籍などを考える際にもルビをきっちり取り扱うことは必要だと思われます。2009-10-20takkey127472315
10220096.その他電子政府改善外字問題の解決国文科専攻だった関係上、先生方は「当用漢字とか常用漢字とか、あれは文化の破壊だ!」とお怒りの方が大勢でしたが、私は行政のシステム関係で仕事したこともある経験から、hiraojpさんのご意見に賛成です。 年号の問題にも似たようなことが言えると思います。 西暦=世界標準のように思えても、世界にはキリスト誕生から数える暦年に拒否感を抱く人達もいるわけですし、文化のアイデンティティーを持ち続けるという意味からは和暦併用が望ましいと思いますが、 ちょうど昭和天皇崩御の際に役所の情報システム課にいて、連休中に突貫切り替え作業を手伝いつつ、このタイミングでの崩御は、こういう社会影響に配慮してのことか・・・と死ぬ時まで社会的責任の重みで操作される存在なのかと気の毒な想いもしたものです。 何も亡くなった翌日から新元号にしなくてもいいのでは。翌1月1日から新元号にするようにするとか修正して併用すればいいんじゃないかと思います。 何も、漢字は不経済だからやめちゃおう、とか、ちゃんと文化を守るためには使える漢字を制限するなんてけしからん、とか、両極端に走る必要はないわけで、時代に合わせて合理的に手を加えながら大事なところは保持していくのが最良の道かと思います。2009-10-20キーコ127472315
10220106.その他電子政府改善外字問題の解決経済産業省の取り組みだけではなく、文化庁国語審議会との動きをきちんと整理していただかないと、産業界では混乱が増すばかりです。また、メーカーも外字問題は重要だとさけびつつ、それぞれの外字セットを高額な値段で販売しており、本気で統合することに積極的ではないとの話も漏れ聞こえてきます。業界団体を所管する立場の経産省としても大ナタを振るうことに躊躇があるのは分からなくもないので、電子政府・電子自治体のシステムを見ている総務省とも連携し、内閣官房にて本件を適切に取り扱うようにしていただくことが筋ではないかと考えます。2009-10-22korsakov127472315
10220116.その他電子政府改善外字問題の解決戸籍の外字は誤字が生き残っているものも多いと聞きます。JISの漢字を書けない人が沢山いる現状で、膨大な費用をかけて何万もの外字を大切に維持する必要性、意義はあまり感じません。住基ネットで一所懸命管理している外字も、ゴミタメになっているのではないか心配です。外字問題だけ見ても、ダイナミックに略字で効率化している中国にもどんどん差をつけられ、日本の将来の発展にマイナスに思え、非生産的な足枷は勇断をもって取り除いていくべきと強く感じます。2009-10-29チロ127472315
10220126.その他電子政府改善外字問題の解決投稿後大分日が経ちましたが多数の方の意見が聞けてうれしい限りです。 投稿者として素朴な疑問を挙げます。日本の政府の中には、氏名、住所、生年月日、性別の基本4情報で個人を特定するという考え方があるかと思います。 ただし、氏名に外字を含む個人が紙手続きの際に簡略漢字を記入するケースはごく一般的にあるものだと思います。それでも認められる手続があるということは、基本4情報に係る個人の特定という意味でも外字の存在意義が薄いのではと考えてしまいます。 また、手続き等の電子化における障害として考えても、氏名に外字を含む個人がAシステムでは簡略漢字で、Bシステムでは外字込みで登録した場合、ユーザーのマッチングなんてできるのでしょうか? この問題は電子政府で進めているバックオフィス連携に影響しないのでしょうか? 私個人の意見としては(多少極端ですが・・・)、外字の変換ルールを定め使用可能な文字を限定することが良い策と考えます。 個人のアイデンティティーの尊重という観点もありますが、その場合、対応するために対象者何人に対しいくらのコスト(税金)が発生するか試算して国民に示す必要があるのではないでしょうか? 今の時代、国が国民全員に対して万能である必要はないと考えています。 ちなみに、経済産業省アイデアボックス担当者の回答にある方式ですと、政府内部のシステムでは問題解決するでしょうがGtoCのWebサービス上では文字化けが発生すると考えますがいかがでしょうか(文字を画像変換して表示する等の処理をわざわざ行うのでしょうか)?2009-10-29hiraojp127472315
10220136.その他電子政府改善外字問題の解決文字の件は影響範囲が大きいですので関係府省、自治体や企業とお話をしながら検討を進めています。 類似文字検索は以前のコメントに書きましたが検討を行っており、マッチングも同様にできる仕組みを目指しています。 G2C、G2Bに対しても対応できることを前提に検討をしておりますので、今後とも良いアイデアなど有りましたら提案いただければ幸いです。 定期的なコード表提供やリアルタイムでのコード変換など様々な方法の検討がされています。 参考ですが 国民の何%が外字を使っているかの統計はありませんが、国会議員は議員名簿に正字と表示用の文字を公開していますので、ここから日本人全体で外字の人の割合は推察することができます。 2009-10-20日時点で 衆議院 480人中外字を使っている人 24人(名字は9人) 参議院 240人外字を使っている人  12人(名字は8人) と言うことで5%の人が氏名に外字を含んでいます。 名字だけ見ても2.4%の人が外字を含んでいます。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当127472315
1058001
★アイデア
3.行政情報オープン化業務成果物を原則すべてホームページ上で公開する成果物には電子ファイルで作られたものが多いが そのほとんどは国民の目に触れることはない。 税金で作成されたものであれば、公開可能なものはものは、 すべて公開し、活用できるようにするのが筋。 また容量や内容の問題で公開できないのであれば サマリーの作成を業務仕様に盛り込みそれを公開すればよい。 何をやっているのかわからない業務、 そもそも一般の人には存在すら知られていない業務が山とある状況は 昔から変わっていない。 2009-10-16kuromoji46866216
10580023.行政情報オープン化業務成果物を原則すべてホームページ上で公開する政府の各省における調査研究の報告書は、たいていは、各省のホームページにおいて公開されています。(もちろん、安全保障の関係など非公開なものもあります) しかし、現状では十分ではないというご指摘だと思います。実際、わかりにくい点は多くあると思います。 皆さまにおいて、各省ホームページを点検頂いて、現状において何が不十分で、どうすれば改善されるか、さらに具体的にアイディアを頂ければ幸いです。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当46866216
10580033.行政情報オープン化業務成果物を原則すべてホームページ上で公開する2009-10-22takkey46866216
10580043.行政情報オープン化業務成果物を原則すべてホームページ上で公開する現在、行政で作成されている情報は、公開されていることが多くなっているとは思いますが、探せない、存在していること自体を知らない、等で利用度が十分に高くないと思います。 又、それを知る為や探す為に、人々が膨大な時間と労力を投ずることは無駄でもあります。 そういった点で、是非、統一した利用し易い公開のインタフェースを作って頂きたいと存じます。  各省庁が独自で様々な情報公開方式を作り、国民・市民にその中から情報を探し出せ、というのは日本のような巨大な国家では難しいことだと思います。  関連した意見として、「全ての行政情報をWikiのシステムに載せる 」というアイデアを投稿しました( リンク )  【行政用語の整理】  行政組織内でも、同じ用語が違う意味をもって使われていたりする、という問題点も多々発生していると聞いたことがありますので、それらの用語の問題点の整理という観点からも、行政機構全体で情報基盤を共有するというアイディアは将来的には必須になるのではないかと考えます。2009-10-24島崎丈太46866216
10580053.行政情報オープン化業務成果物を原則すべてホームページ上で公開する投票、コメントいただいた皆様、誠に有難うございます。 >政府の各省における調査研究の報告書は、たいていは、各省のホームページにおいて公開されています。 確かに調査研究関係のものは比較的充実していますが、全く不十分といわざるを得ません。 発注者たる行政のご担当者の方々が、事業のアウトプットとして、事業の成果の最も詳しい情報である報告書が いかに重要であるか、まず認識いただきたいです。 今大変な話題となっている事業仕分けを行う上では、真に客観性を持たせる情報となりえます。 (事業仕分けは、しっかりした情報がなければ、政治的な駆け引きに影響される面もあるかもしれません。) 各省に任せにするのではなく、業務の仕様書に"HPに公開する成果物"を明記すべきでしょう。 成果物が納品されてから、さてどれを公開しようかでは、公開する時期が遅くなり、活用の機会が減ってしまいます。 また、業務が発注された時点で、成果物を掲載する日時や場所が自動的に登録されるようなガバナンスが必要です。 このように何らかの形で"公開の流れ"をルーチン化しなければ、行政の方々は異動が多いですし、 忘れ去られた成果物が多くなるわけです。 島崎丈太?さんのコメントの主旨とも合致すると思います。 ?2009-11-10kuromoji46866216
1094001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法率直にいって、省庁のIT調達は、大手ベンダの食い物にされているだけです。 まったくの感覚ですが、おそらく半減も可能だと思います。 以下の「営業マンの発言」が象徴的だと思います。 ■背景 防衛省の案件のRFPを確認したところ、ある機能(確か一覧画面でのソート)が不足していた。 これでは使い勝手が悪いので追加提案したほうが良いと営業に指摘した時の営業の発言。 ■営業マンの発言 「提案は不要です。書かれていることだけやっておけばいいんです。」 「使えなければ、次の発注につながります。」 「彼らは調達に失敗したとは報告しないですから。」 これは防衛省に食い込んでいる営業マンの発言ですが、 どの省庁も多かれ少なかれこのような状況かと想像します。 相当に無駄な金を払っていることは確実です。 で、食い物にされることを避けるには、 随意契約をやめて、競争原理を導入すれば良いのですが、 この場合、以下の課題があります。 『官公庁の大規模案件を請け負うには、 ?資金リスクを負うことができないと無理。 ?そこでうちの出番となる。』 (最大手ベンダで部長を務める友人の発言) つまり、技術的に対応可能でも、納品後の支払いだと 中小企業では請負うことができないという現実があります。 中国では、契約時に3、中間納品で3、納品時に3、1年後に1という割合で 支払いを行う慣習があります。 このように請負うベンダの資金繰りを手当てするような制度を用意できれば、 中小ベンダでも、請け負える可能性が出てきます。 (当然、調達コストはかなり安くなります。) 請負で食いつなぎながら、新しいテーマにチャンレンジする ITベンチャー育成にもつながる可能性があります。2009-10-17かつしん126965417
10940025.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法お役人様は納品されたシステムの検収をする能力が無いようなので、検収も外注とするべきでしょう。 検収作業は、実際の制作・開発と異なり、個人でも可能ですから、広範に事前登録してもらい、納品10日前くらいに 軽く抽選して検収発注候補者を選び、発注仕様書や業者の操作マニュアル等を配布し、納品時に最終抽選で3名くらいを選び、検収させる事でシステムの質も改善できると思います。2009-10-17泥舟茶憐爾126965417
10940035.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法発注者にもIT関連の知識は必要です。職人といえるほどの技術・知識を必要とするわけではないですが。2009-10-17iRi126965417
10940045.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法ITは土木や建築の発注と異なり、予定価格を決定するのが非常に難しいですし、RFPを満たしていてもクオリティはピンキリですから、入札が現実的に良い方法とは思えません。システムの開発意図を伝えた上で、プロポーザル形式にするのが良いと思います。 契約時の部分支払いに関しては大賛成です。他に、中小企業の連合体による受注などもやりやすくして欲しいと思います。また、発注側に調達コンサルティングをつけるのも良い方法だと思います。2009-10-17MasaGon126965417
10940055.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法逆でしょう。内注です。官僚にプログラマを入れれば良いんですよ。優秀なプ ログラマで、法律にもつよいという人間もいるでしょう。って、僕は無知なの で「官僚機構の本質」みたいなことは分からないのですが。 しかし、官僚側がITに弱いということが一番の問題だと思うのです。ITに強く ありさえすれば、IT業界の「知識という既得権益」を崩すことができます。 それだけではありません。官僚側に少しでも自らコードを書く能力があれば、 基礎の部分を外注して必用になった部分のコードを書き足すとか、仕様を改変 したり拡張したりするとかが出来るようになると思います。2009-10-17guicho2.71828126965417
10940065.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法それ以前に制度自体を変えないと, 道路やダムと異なり, ITの本当の無駄を削るのは難しいのではないですか. 無知な発注者を食い物にするのが, 大手から中小に変わってしまうだけになると思います.2009-10-17nkm126965417
10940075.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法省庁だけでなく、自治体のシステムなどの共通化をもっと図るべきです。 北海道と沖縄と首都圏との自治体で、行われているサービスなど大差はないはず。 自治体毎にシステム部門なども不要。 大手システムハウスやメーカーの食い物にされているのは明らか。2009-10-18どぼちょんぱぱ126965417
10940085.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法「省庁のIT調達は、大手ベンダ食い物にされているだけです」とありますが、大手ベンダとは具体的にどのような企業なのでしょうか。該当しうるのは複数社あると思います。 私の知る限り、食い物にしている?のは一部の大手ベンダーと一部の官公庁で、すべてではないです。国会の議事録などで調べてみるとわかると思います。WEBで調べられます。 また、規模が小さい会社でも中くらいの会社でも、特定の官公庁と特別に親密なベンダーはいます。 世間では知られてないかもしれませんが、無価値な工程管理や、落札者がだれも出ないような仕様書を作成しているコンサル会社も問題があると思います。※工程管理や仕様書作成は、2001年以前は、外注していませんでした。 今後の検討のために、中央官庁の情報システム調達に関して、次のように整理してみました。<官公庁の業務システムの特徴>・官公庁は大規模なシステムが多い。(中央官庁のシステム最適化でますます規模が増大) ・企業が使っているパッケージが使えない業務が多い。 ・官公庁は社会システムであるため高い信頼性を要求される。<入札の問題>・官公庁は入札仕様であいまいなことが多く、また、お客様が請け負うべき作業も受注者が行うようになっているため、リスクが非常に高い。大手ベンダーでも赤字の場合もある。 ・誰でもできるような仕事は、価格競争になるため、大手もITベンチャーも参入が難しい。 ・提案書の作成にコストがかかりすぎる。(数百ページの仕様書と数百項目の評価項目の対応)<契約の問題>・支払いが検収後であるため、検収まで資金の持続が必要 ・官公庁で決められた契約書での締結を要求され、官公庁側に有利な内容なため、ベンダーはリスクの回避ができない。 ・入札価格が絶対であり、仕様が膨らんだ場合の増額が難しい。<政治的な問題>・一部の官公庁だが、特定の企業に天下りを行っている。(規模は関係ない)  省庁の内部の事情で、 特定の企業に有利な仕様書作成や随意契約を行っている模様。 最も最適な解決策は、中央官庁の純粋な職員がITの専門家となり、工程管理、仕様書作成、見積もりができるようになることだと思います。現在これに該当する職員が組織的に要請されていません。 よほど優れたベンダーでない限り、お客様のレベル以上のシステムの実現は困難です。2009-10-20NORINTON126965417
10940095.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法昔、こんな話がありました。 某ベンチャーの役員と僕の会話の一部です。   某庁に弊社の製品の紹介をしましたが、最後に言われたのは、   「あんたの所に発注することはないよ。 もし、大手企業に発注しないで    失敗したら、僕の責任になるもん。 大手にだせば、失敗でもそれだけの    技術等が未熟だったと言え、僕の責任にはならないもん」 だとか。 比較的随意契約の多い官庁でしたが。 一般入札でと考えられるかも知れませんが、入札も前提条件があります。 そのため、その条件をクリアできるベンチャーは高額なシステムでは不可能です。 このため、ベンチャーが食い込むには、大手の下に入るしかありません。 この辺りの仕組みから考え直していく必要がありそうですが、   ベンチャーに発注するには、できなかった時のリスクが大きい との反論が必ず返ってきます。 発注する側にも、技術とリスクテイクの覚悟が必要なんでしょうけど、本気でやれば今よりも良くなる可能性はあるような気がします。2009-10-21Woody126965417
10940105.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法「食い物にされている」とまでは言いませんが、大手ベンダが実質的に優遇されているのは、やっぱり否定できないと思います。例えば、大手ベンダに勤務していた人が退職して、ベンチャーを立ち上げたり、中小企業に再就職すると、今までの自分の環境がいかに恵まれていたかを実感できると思います。 guicho2.71828 さんや NORINTON が指摘されているように、発注者側の能力を高めれば、参入障壁や条件等を緩和してベンチャーや中小企業を活用しつつ、システムの品質を維持して事業全体のリスクも低減することは可能と思います。 発注者側の能力を高めることへのインセンティブが欲しいですね。 事例としては、長崎県などが参考になるでしょうか。 http://www.pref.nagasaki.jp/joho/itmodel/available.html http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/ITPro/oss/20041004/150747/ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0906/04/news015.html2009-10-21Muta Manabu126965417
10940115.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法たとえば、インパクに110億円とか、小泉内閣メールマガジンに5年で25億とかは まだかわいい方で、あきれ返るほどの無駄遣いはいくらでもある。 着手金と中間に支払いがあれば、中小企業でもチャレンジできるようになるし、 偽装請負などという構造ももっと改善するはず。 無駄をなくすにも、ITベンチャーを育てるにも、もう少し公務員のITリテラシーを あげる必要があるでしょうね。2009-10-22生島 勘富126965417
10940125.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法「IT調達の無駄をなくす」ということには大賛成ですが、「ベンダの資金繰りを手当てするような制度」は不要だと思います。 発注者がフェーズ毎に検収して支払ってくれれば、それで済む話だと思います。 問題は、どうしたらIT調達の無駄が無くなるのか?という点ですが、これは民間でも同じことが起こっています。 一言で言うと「担当者の責任逃れ」ということだと思います。公務員の業績評価方法の見直しとか人事評価方法の見直しとか、そういうアプローチをしていかないと、外部のシンクタンクやベンダーが頑張っても解決できない問題であるような気がします。2009-10-31ばらじ126965417
10940135.ITベンチャー・技術の育成IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法コメントでも出ている通り、リスクを取れない官僚文化が IT投資へのリスクをとれなくしているのが問題だと思いますので、 失敗を許容し、それを経験として明日への糧にできる風土の醸成や、 方法論の確立が必要だと思います。 例えば、失敗を許容する方法論の確立といったところで、 一つアイデアを出させていただきますと、 同一のシステムの開発を複数社に分散発注してみてはいかがでしょうか? 大手ベンダーと中小ベンダーでは、 費用の差が低い時で2〜3倍、ひどい時には10倍以上の差がつきますので、 逆にいえば、ベンチャー企業2〜10社に発注ができるということでもあると思います。 (契約ごとに、通常の契約単価の倍以上のシステム開発保険料を ?大手開発会社に払っているようなものです。) 10社に発注できれば2〜3社程度は品質に満足できる会社が見つかるのではないでしょうか? 昔と違い、10ページ以下のホームページの作成単価は今や10万円程度に下落し、、 Web系のシステムなんて、200万もあれば十分に構築できます。 (ちょうどこのアイディアボックス程度のシステムで、100万〜200万程度あれば十分です。) IT系ベンチャーの主要お取引先に、日本国とつくのは、 ベンチャーにとっても、ブランディング上メリットがありますし、 政府としても、費用が恒常的に下がるメリットがあるのではないでしょうか?2009-11-2たかさん126965417
1004001
★アイデア
4.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては行政の情報発信ツールとして、いま話題のTwitterを活用してみてはどうでしょうか。 TwitterはiPhoneユーザー等を中心に、気軽な情報発信・収集ツールとして利用が拡大しています。これを通じて、情報発信があることで、行政が身近に感じられるのではないでしょうか。 私自身が以前利用していた際に、こんなことがありました。ある製品に興味があることをつぶやいたところ、その会社からフォローがあり、製品紹介のメッセージが届きました。このようなイメージで、国民が行政手続き等に関する質問や不平が投稿された場合、行政サイドから回答をしたり、不平に対する対応策をメッセージなどでかえすというのは、国民にとってもうれしいまさに行政サービスになるのではないでしょうか。2009-10-14kushika22288731518
10040024.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはどんなものか分からない。2009-10-14mayuge2288731518
10040034.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては米国、英国、EUなど当たりまえになってきています。大賛成。2009-10-14Hirokazu Okumura2288731518
10040044.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては一公務員がそんな簡単に公に発信できるの? 公務員には情報発信させないっていう民主党の方針的にもそぐわないし、 書き込む公務員もかなりの勇気が必要になると思う。 ただ、行政手続きに関する質問や不満に対して回答するならば、twitterを追いかけて回答を行う業務を アウトソーシングをすれば、全体の行政コストとしては下がると思う。2009-10-14yoppy2288731518
10040054.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはぜひ2009-10-14Clud2288731518
10040064.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはWhite House や USPACOM のTwitterをフォローしていますが、基本的に日本と異なりマスコミや有権者は政治家や官僚の発言の揚げ足をとることはないので、のびのびと「つぶやいて」いますね。公務員に情報発信させないという子供扱いはしてないわけです。アメリカでは。結局、Twitterによる政府の情報発信の恩恵を受けられないのは、国民側に大きな原因があるってことです。国民が政治家や行政の手足を縛り、ブーメランのように不利益を被っていることが、他にも多々あると思うのです。一部の人の無定見な意見や批判により、全体最適化が阻害されることがあってはないと思いますけど。 でも、Twitterがクレーマーにお答えするツールとして使われるのも違うような気がしますね。 それから「どんなものか分からない」と言っている人は、コメント入れる資格はないと思いますよ。2009-10-14helmsman4702288731518
10040074.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては賛否両論有りますが、利用している海外の事例でも試行錯誤しているようです。 参考ですが、オーストラリア政府が、このような新しいコミュニケーション手段を使うためのガイドを出しています。 Circular 2008/8: Interim protocols for online media participation http://www.apsc.gov.au/circulars/circular088.htm この中に「Official use of online communication(オンラインコミュニケーションの公式利用)」という節があります。 その中では、オンラインでも、オンライン以外に公表するときと同じポリシーで情報提供するべきとしており、「尊敬の念を持って礼儀正しく振る舞うこと」等という心構え、各省庁が「正確で明確な情報提供を行うこと」等といったガイド内容を記述しています。2009-10-14経済産業省アイディアボックス担当2288731518
10040084.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては経済産業省アイディアボックス担当者様、皆様 コメントありがとうございます。多くのみなさんに賛成票を投じていただき、うれしい限りです。 > Hirokazu Okumura-san たしかに海外ではいろいろと利用されているようですね。少し調べただけでも多数でてきました。 The White House 米疾病対策センター(CDC) 英国首相官邸 ニュージーランド政府観光局 タイ政府観光庁 >yoppy-san Twitterの追い掛けをアウトソースするというのは官民とわず良いアイデアですね。 >helmsman470-san マスコミが揚げ足を取らず、公務員の方が自由につぶやけたらと思うのですが。。。2009-10-15kushika22288731518
10040094.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては経済産業省担当者です。Twitterを活用してみてはとのご意見が、現時点で多くの賛成票を集めていますが、何のために使ったら有効か、どのようにして使ったら有効か、どのような職務の人が使ったら有効か、組織として使っていくべきか個人の立場で使っていくべきか、職務時間に書き込むのは是か非か、運用ルールはどうすべきか、などさらに具体的に掘り下げてアイディアいただけると議論に深みが出てくると思います。 ? ところで、「コメント入れる資格はない」といった書き込みは、自由な議論、書き込みを阻害するおそれもあるかと思います。こういった場でどこまでがマナーとしてOKで、どこからがNGなのかというのは、明確に線を引くことは難しいのですが、気持ちよく議論ができるようにご協力をお願いします。 2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当2288731518
10040104.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはリアルタイム特性を生かした窓口として、Twitterをおすすめします。 窓口を増やす分、政府自体が担うコストは増えますが、 情報の円滑なやりとりにより、社会全体のコストは、確実に減ります。 政府が利用するにあたり、活用法や、Twitterの付加価値については、次のページが参考になります。 英国政府の公式 Twitter ガイドラインが非常に参考になる件 英国政府のガイドラインを翻訳されています。 英国政府の Twitter ガイドライン"Template Twitter strategy for Government Departments"(政府機関のための Twitter 戦略テンプレート)を訳してみました。2009-10-16しろとら2288731518
10040114.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては 「コメント入れる資格はない」といった書き込みに関して、 大変失礼しました。以後、十分気をつけます。2009-10-16helmsman4702288731518
10040124.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては私は、官庁職員の方が書き込みをすることより、まず国民の「つぶやき」を収集するプロセスに取り入れるほうが現実的だと思います。 具体的には、経産省なら経産省で統一したハッシュタグを設定し、そこに書き込んでもらうというものです。 その「つぶやき」への回答、という意味では、官庁職員が業務時間内に官庁のPCを使って「つぶやく」というのも、立派な「業務」になると思います。 当然、国民のリテラシー向上は大前提ですが・・・ それに加え、官庁職員が業務に関して自ら「つぶやく」ようになれば、素晴らしいと思います。 その際には、運用ルールをしっかり決める必要があるのかも知れません。 例えば、自分の業務について国民の意見を求めたいときに活用できる、などはOKのような気がします。2009-10-16つぼやん2288731518
10040134.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては反対です。 twitterをホワイト情報配布に使う場合、悪用のリスクが大きすぎます。市民からの行政への不満を吸い上げるには有効だと思いますが、役人が市民の不満を積極的にくみ上げるはずはなく結局市民同士が不平を並べ、徒党を組む為の道具となるのが精精でしょう。2009-10-16泥舟茶憐爾2288731518
10040144.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはええと、「 役人が市民の不満を積極的にくみ上げるはずはな 」い、という前提に立ったのでは、 つまり、「もうこの国の体制はずっとだめなままだ」とあきらめるのですか? 建設的意見としては、 役人というのも上司の上司、部下の部下と色々いる訳ですし、 ボトムアップがないとかいう組織的問題なのならその改善案を出すのが良作でしょう。 で、たぶん、そういった組織的問題を我々国民が検査するためにこそ、 Twitterを官庁が導入するってことなんじゃないですかね。2009-10-17guicho2.718282288731518
10040154.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては良い試みとは思いますが、Twitterそのものを知らない人に説明するのが難しいと日々感じております。 AUの公式サービスに組込まれたりしていますが、今のところ大多数の日本人に浸透せず、費用対効果が疑わしいと感じます。2009-10-17nesuke2288731518
10040164.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては2chのような低俗なコメントにならないことを期待したい。2009-10-18どぼちょんぱぱ2288731518
10040174.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては経済産業省アイディアボックス担当さま 外国政府は、 オーストラリア政府に限らず、 このような 新しいコミュニケーション手段を使うためのガイドを出しています。 例えば、英国。 How the Civil Service Code applies to online participation というサイトでガイドを出しています。内容は似ています。 米国のWebcontent.govは一般職員向けではないですが優れモノです。2009-10-25Hirokazu Okumura2288731518
10040184.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては是非是非やってください。 政府は宣伝が下手ですよね。というかやる気がないのではないかと思います。 このサイトでどのくらいの有効なアイデアを抽出したいのか?その為には、どのくらいのアクセス数がないとダメなのか?アクセスしてもらう為には、どのようなプロモーションを行なえばよいのか?といった理論展開して無い様に思えます。 私はこのサイトをセールスフォースのセミナーに行ってフォースドットコムの実績として知ったくらいです。 Twitterでアイデアを募集するかは別として政府の動きをお知らせする役割としては絶大だと思います。 是非、鳩山首相にはじめていただき、「経済産業省がこんなの始めたよ!」ってつぶやくだけでアクセス数は変わると思いますよ。2009-10-28sirotamago2288731518
10040194.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては運用ルールは必要だと思いますが、賛成です。2009-10-28apakabar2288731518
10040204.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては自治体では、Twitterを使ってみるところが出てきましたね。評判も悪くないようです。 運用ルールは、使いながら決めていけば良いのではないでしょうか。 Twitter(ついったー)はじめました http://www.pref.aomori.lg.jp/koho/twitter.html 青森県では、新たな情報提供手段として、Twitter(ついったー)による情報提供を開始しました。 北海道陸別町も、がんばってます。 http://twitter.com/rikubetsu 他にもあるのかな。2009-10-29Muta Manabu2288731518
10040214.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはまずはトライアンドエラーでやってみたらいいのではないでしょうか. やってみてから,いろいろな面が見えてくると思います.2009-10-30K_Tachibana2288731518
10040224.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみてはもうとっくに投票してたと思いましたが自分でびっくり、賛成です。多くの方の意見どおりでルール作りが重要だとは思いますが、ブログなどに比べ気軽に誰でも参加出来るのが良いと思います。感覚的には携帯メールやる人はすぐ出来る気がするので、情報を提供する人が誠意を持って真実を伝えようとすれば良いコミュニケーションが出来ると思っています。2009-11-9takechan2288731518
10040234.Web2.0活用情報発信にTwitterを活用してみては実際、昨日始まった事業仕分けではこのような活用のされ方をしています。 http://www.ustream.tv/channel/ptf-live-21#utm_campaign=twitte… 公式のストリーミングよりよほど臨場感があり、つぶやきも見れる。 お時間があるときにお越しくださいませ。2009-11-12つぼやん2288731518
1203001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。「電子政府のXXのシステムはXX億円をかけて開発したにもかかわらず、実際の利用はXX件で、一件あたりの費用はXX千万円であった。」などという報道を目にすることがある。 これは、それぞれのレベル(国と地方)、またそれぞれの部署ごとに、サーバーから接続システムから、個々の運用システムにいたるまで、全く別個のものとして開発が行われたことの弊害ではないだろうか?電子政府の推進という理念自体は結構なことだが、それが従来型の縦割予算の中でシステムの構築が行われてしまったが故に、恐ろしいほどの無駄遣いがされているように思う。 基本となる電子政府のインフラ部分は共通化し、実際に利用する利用者は統一されたポータルシステムにアクセスしてから個々の手続きに進むという形にすれば、接続、認証部分などは共通のものを使えたはずである。 システム構築面の予算の無駄遣いという問題以外に、利用者側から見た場合に、電子政府システムは要求される認証方法、利用システムの要件、手順などがばらばらであって利用しづらいという問題も存在している。要求されるJAVA?のバージョンが異なるために、ある手続きと別の手続きを同一端末から利用できないというようなこともあるのだ。 「電子政府」というものの本旨は、何も手続きをインターネット経由で行うことができるという部分にあるのではなく、「縦割行政の壁を取り払った一元的な行政システム」という部分にあるのではないだろうか?2009-10-29一国民216661519
12030026.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。統一して競争の無くなったところは停滞し、それこそ無駄遣いの温床になる、という指摘に対する答えが、見つかるでしょうか。2009-10-29fujiiks216661519
12030036.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。システム基盤もアプリケーションも標準化、共通化、統一化することで共用し、飛躍的に開発コスト、維持コストを下げるべきです。 できれば、オープンな環境にすべきです。 システムは進化しますから、その部分は入札などで改善・維持をすればいい。 例えば、自治体により、税金計算が、端数の丸め方で微妙に違うなどは、馬鹿げていると思います。 必要なら、総務省が音頭をとり、条例や規則も統一化を妨げないよう変えるべきです。2009-10-29チロ216661519
12030046.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。確かに、稟議等のシステムで年間に数回しか使われていないことが指摘されている報道を見る機会が 一度ならずあった。しなしながら、使われないのは単に縦割りだからではなく、そのようなシステムを 単に導入する指針に従って、予算の獲得、実行をしているだけで、己の特性を分析することなく、導入 効果のないシステムを右倣えで、特定のIT企業へシステムを発注しているからではないでしょうか? 情報系の後ろの業務系のシステムの基盤が統一され、インターフェースの標準化がされているので あれば、情報系を統一して、効果が得られるのでないかとは思いますが、実運用では、ポータルの 仕組みだけでは、全てが運用できずに、これまでの仕事のやり方は変えず、二重で運用するようでは、 インフラの共通化をしても、システム投資は、より大きな無駄が発生するとは言えないでしょうか? 行政サービスだけではなく、行政全体のシステム基盤に関して検討を行い、その外部インターフェース の一部として、行政サービスに関するインターフェースの統一を考えないと、より壮大な無駄を生む ような気がしてなりません。 ですから、共通基盤が全てを解決するような幻想には、賛成することはできません。しかしながら、 昨今、進んでいる仮想化によるハードウェアのコスト削減に関しては、積極的に検討してほしい と思います。2009-10-29snowmans216661519
12030056.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。各省庁が個別にベンダーに依頼するから、そのようなことが起こるのだと思う。 情報システム省 のような機関を設けて、全てアウトソースで集中的に一括管理すれば良い。2009-10-29ばらじ216661519
12030066.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。ここのサイトなどのように、共通化した仕様に基づく開発環境を与えルールの中で、開発競争を起こすのは、コスト的にも非常に有意義だと思います。 特に認証部分は、仕様を共通化するべきでしょうね。 2009-10-30rd216661519
12030076.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。基盤の統一に向けては様々な取り組みが行われています。ご参考まで。 政府全体ポータル http://www.e-gov.go.jp/ 府省共通システム http://www.e-gov.go.jp/doc/scheme.html#ref5-2 基盤に関する研究会 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/17499.html 自治体共同アウトソース http://www.nippon-net.ne.jp/cms/9,0,21.html 自治体クラウド http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02gyosei07_000016.html2009-11-1経済産業省アイディアボックス担当216661519
12030086.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。基盤の統一を行う取組みがあちこちで行われていること自体が問題じゃないですか? 政府としての取組みじゃないと、結局は「標準基盤」「共通基盤」がバラバラになってしまう。 だからこそ、政府CIO/CTO機能が必要なんですよ。2009-11-1佃 均216661519
12030096.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。条件付賛成。 超大口案件の随意契約のようなものになっては困りますから(特に天の声や贈賄談合カルテルを避けなければならない)、政治的な観点でかなり神経質なものになると思います。USAやEU政府も動きかねないでしょう。 『行政用共通ITシステムの検討』なんて、これ自体が大きなテーマだと思います。 よって共通化の検討自体は、(それぞれの省庁・部署の特性の違いもあるでしょうから)、個別で行われて良いと思います。 ただし、定期的に意見を取りまとめて白書風にして公開し、そのたびにパブコメを募る、と言うことを長期に亘って実施するべきでしょう。 アイデアボックス担当様が例示された総務省の活動は期限付+クローズドなメンバーの検討会のようですので、その会の設け方自体も含め、来年度以降検討して頂きたいと考えます。2009-11-2まさ●さん216661519
12030106.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。条件付き賛成です。 というのも、実際、自分もネットの仕組みやら何やらを企画開発していて、定型的な業務システムでも絶えず変化・進化していくから、システムが必ず追っかけになってしまうんです。ですから、結果的に、必要なムダだったみたいなことならば、ある程度は仕方ないとも思う。そもそも、 ネットの本質は分散が基本 ですから。 ただ、だからと言って一国民さんご提案の通り、共通化できる部分をサクサク共通化しないのは、おカネと時間の無駄。 でも、これってある程度、時間がかかる。 一番初めに手をつけるのは、国民IDみたいなものでしょうね。年金問題がきっかけで、やっと合意形成できたみたいだし。2009-11-3LEO3216661519
12030116.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。基盤を統一すると、またHW屋が政治的な動きをして無駄な税金が必要になるので、システム間のインターフェースを統一した方がいいと思う。2009-11-9jt216661519
12030126.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。現在中央政府で行なわれている電子政府は、情報通信業界向けの所謂公共事業の側面を持っています。加えて、車などの日米貿易摩擦の代償的一面もあると思います。従って、年間数千億円の貴重な税金がIBMやORACLなどの外資系企業にライセンス料や保守料などの名目で流れています。このお金が日本国内で再投資されれば、問題ないのですが、外資の自国で、新たな技術や製品などの研究・開発の為に投資され、国内企業の脅威となります。自国の税金が外国の技術力・製品力を高める源泉になっているとは皮肉なものです。今後の電子政府の政策は、情報通信産業の底上げに使われるべきと考えます。オープンソースソフトウェアの活用、情報通信関係の研究機関の独立行政法人と中小のソフトウェアベンダーやベンチャー企業の連携などの積極的活用などなど、現在の一部の大企業と巨大外資系企業に偏った事業推進では、何回やり直しても同じ結果になると思います。世界一のネットワークで全国が繋がっている日本において、工場誘致と違いミニマム投資で済む情報サービス産業は地域の活性に一番適していると思います。中央地方合わせて、毎年数千億の税金が使われているものを地域活性化や雇用対策に使わない手は無いと思います。部分最適的政策ではなく、全体最適的政策を、是非中央政府にはお願いしたいものです。 非常に残念ですが、今日までの所謂IT産業における旧通産省、現経済産業省の政策は、現状の産業界の状況を見れば、失敗であったと思います。今までの当事者の方々からしてみれば、諸事情、言い訳等あるかも知れませんが、今までの延長線上での政策を続けていては、何も変わらないと思います。折角、政権交代が行なわれた今が大きく舵を切るチャンスかと思います。如何でしょうか。2009-11-9terasan216661519
12030136.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。多様性を包み込む統一には賛成ですが、単一化には反対です。疫病が広がると一挙に全滅する単一品種のバナナばかりのようになっては困ります。システムは多様性を保持、一極集中のデータベースは構築しない、しかしデータは共通化して全体の統一性を確保する、という方法が望ましいのではと考えます。2009-11-9アナトミ216661519
12030146.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。朝日新聞でも指摘されていましたね。 http://www.asahi.com/politics/update/1107/TKY200911070326.html2009-11-9iRi216661519
12030156.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。「電子政府」というものの本旨は、「縦割行政の壁を取り払った一元的な行政システム」という部分にあるのではないだろうか?というご意見には、本当にその通りだと思います。2009-11-10まる216661519
12030166.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。電子政府という言葉のイメージではなく、実現の 目的 に絞って考え、 「国民の生活に役立つIT活用」の考え方や仕組みが統一されたらいいと思います。 例えば2009-11-現在、 国民の個人情報はバラバラに記録 されています。 これを 一元管理 するサーバの構築とかデータ規格とか応用する内容とかを決めていく。 お金のながれ、人やモノの動き、決めたことの進捗(時間)などがITのチカラで整理されて、 ムダが減り ・・・というのが理想なところです。 例えば目的別に、ITで入り口と出口までのプロセスが見える化されたしくみをつくる。 「省庁の業務/施策/手続きの進捗が縦断的にわかるIT」(国民にとっては省庁の名称や役割は知ったこっちゃない) 「国会法案の採決といつ施行されるかがわかるIT」 「紙幣発行?給料?税金?国家予算の`今年の配分と、国の借金の増減がわかる、お金(¥)統合サーバー」 それと、対個人(国民1人1人)に対してのインフォメーションの仕組み(電子メール的な情報を配布する統合サービス) 手続きが遅れているとか 制度が変わったとか 「アナタに適した仕事があります」を教えてくれる 国民の生活をいかに支えるかに一貫した考えがあれば、目的別に統合されたサービスをつくる動きになるはずですな。2009-11-10toshihar216661519
12030176.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。基本的に同意します。 以下、若干、夢とか理想に傾きがちですが、システム運用に苦労した立場から、敢えて申し上げるならば、 1.経費削減のためにも独自仕様の構築を避け、今後はオープンソースの利用を推進すべき 2.しかし、悪名高いJavaのような、環境に依存し過ぎるものは避けたい 3.特化すべきは特定の言語モジュールでなく、きちんとした業務プロトコルの確定。 4.コピー機やプリンタ同様、各システムを部品化し、特定のプラットフォームに依存しない構成とする。 5.メーカ主導でなく、産官学一体となった取り組みが理想ですが、論多くして益少なしを避ける工夫が必要。   →主導は、政府・省庁チームが理想です。   →案件毎の実行(実装)は、オリンピックのように各地方の立候補制とする。 6.何でも中央主導でなく、各地域の立候補制とし、クラウド分散化と共に冗長化を図ると共に、障害耐性を実現。   →霞が関クラウド、北海道クラウド、東北クラウド、北陸クラウド、中部クラウド、関西クラウド・・・・・   →結局は、中央/地方での雇用創出、地方でのIT基幹センター構築、自治体クラウドとの共存/併合・・・ 全ては実現できないにしても、(アジアのハブ空港化の件で後れをとった二の舞をせぬためにも)IT立国を図り、アジアの重要なITハブとして機能し、諸外国に後れをとらぬ事を目的に、もっと出来ることが沢山有ると思います。 経済産業省ご担当者の皆さま、政策と協調し、より良い明日の日本へ共に歩みましょう。2009-11-11pakpak216661519
12030186.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。現状、統一の動きは行われています。 しかし、うまくいっていないと思います。 5、6年前から「業務・システム最適化」というお題目のもと、システムの統合等が行われています。 しかし、システムを最適化しようとしているだけで、業務を最適化しようとしていません。 現在の統一の動きについても、先にシステムの統一方針を総務省等が示すだけで、業務の統一方法は、各府省のシステム部門に丸投げされています。 システム部門が業務部門に対して、業務ルールを変えることを指示する権限は持っていません。 現状 総務省行政管理局 → 各府省情報システム部門 → 各府省業務部門 という調整のパスになっています。 各府省業務部門が、 当該業務(法令)を所管している府省に問い合わせると、 システムのことはわからないので、「任せる」ということになり、結局ばらばらになります。 当該業務(法令)を所管している府省が、システム化の意義を理解して、 ビジネスモデルを構築し、 当該業務(法令)を所管している府省 → 各府省業務部門 → 各府省情報システム部門 というように指揮命令系統を変えないと、 システムは変われど、費用対効果は改善しないという状況が永遠に繰り返されると思います。2009-11-12くろ216661519
12030196.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。(長くなりましたので、分割して投稿します) 基本的に賛成です。 他の方もコメントしてみえますが、委託先との癒着、天下りなどが無いことが条件です。 刷新会議で話題に上るかは定かではありませんが、一つ意見を言わせていただきます。 統合型GISについてです。 国が進めるGIS事業は一本に絞っていただきたい。 電子国土Webシステム、美土里情報システム…各省庁?で予算を確保し、仕事を自ら作っているようにしか思えません。 それに振り回される都道府県、市町村も迷惑です(文面から分かるように、私は地方自治体のシステム担当者です)。 GIS事業は国土地理院が行うのであれば、全省庁が基盤としてそれを利用すれば済む話です。 航空写真撮影(衛星写真撮影)、オルソ画像作成についても、二度手間、三度手間となります(全て原資は税金です)。 GISをシステム化するには、同様のステップが必ず必要となります。 ここを一本化して、基盤地図(写真)に乗せるモノだけ、各省庁が取り組めば整備も早く進みます。 システムの基盤部分の統一は、各省庁の生き残り策であるムダの排除から始めなければ進まないと思います。 話が脱線しますが、財政が厳しい地方自治体は、行政サービスを低下せずに質を保つことを必死になって取り組んでいても、国の各省庁が自組織の生き残りのために同様の業務を別々に進めていては、国民の将来負担は一向にカイゼンされません。 (地方自治体には破綻の定義がありますが、国は破綻の定義が無いため。身内に非常に甘い公会計制度です) 今朝の新聞にも、農道の整備と一般道の整備の二重化が刷新会議で取り上げられていましたが、地方自治体によっては既に10年以上も前に組織統合されて、住民目線(これが農道なのか、一般道なのかは気にしていない)に合わせて一体で整備・検討が為されています。 各省庁、国会議員の既得権のため?の事業が多すぎです。 最近なら、エコをキーワードに各省庁が予算化・事業化をしてみえます。 緊急経済対策も同様です。 よくよく中身を見てみると、同じような内容の事業を各省庁が行っており、エコと言えば予算が獲得できる。経済対策(雇用)と言えば予算が獲得できる。という風潮があり、事務手続きや協議だけを考えても国だけではなく、全国の市町村が無駄な時間(人件費コストのムダ)を費やしています。 各種補助事業も都道府県・市町村に届けば、一つの部署が似通った事業をそれぞれ省庁ごとに対応しているものが多く、一本で下ろしてくれよ!というのが一向に改善されません。 ?2009-11-12TAKA216661519
12030206.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。(続きです) 話、戻します。 全く別件ですが、N××データ、F××××××、H××××××、N××など、国の電子化を牽引?している事業者(委託先)の言いなりの面も非常に多く感じます(天下り?国と業者の利権確保?)。 私どもに訪れていただく各メーカーの営業の方々にもお話しているのですが、あなた方は日本のIT化「電子政府」を私物化、食い物にしていませんか? あなた方が納めている税金もムダになっていることを認識いただければ、取り組み方も変ってくると思いますが、いかがでしょうか。 本来の市場経済は、需要があっての供給のハズが、IT部門においては供給ありきで、需要は供給に合わせて動いています。 一例です。 各省庁がITを活用したシステムを導入され、それはそれで良い事だと思いますが、厚生労働省が進めるレセプトの電子化や総務省が進めるエルタックスも、当初はセキュリティ面を課題として単独回線を進めようととされました。 しかし、私どもだけではなく、全国の地方自治体からの声も多かったのでしょう、LASDECのLGWAN専用回線及び(各自治体のセキュリティ対策によって)庁内LAN回線の活用もOKとなりました。 IT推進の基盤ともなる日本におけるITネットの推進としてLGWANを進めていながら、各省庁によって新たな回線を設置するような仕様を作り上げることからも、「電子政府」が名ばかりとなっているのを感じます。 当然、各省庁のシステムごとに、全国の自治体が新たな回線を引っ張り込めば、工事費、保守費、通信費などが発生しますので、各メーカーは潤うでしょうが、原資は全て国民の税金です。 会計検査院がどう動くのかは分かりませんし、与党が目玉にしているハコ物や道路だけではなく、IT事業も多くの隠れ蓑を持ったインフラ整備です。 まぁ、全てが経済対策です!と開き直るくらいの度量を持っての取り組みなら、逆に尊敬に値しますが、イニシャルコツとはともかく(景気対策?)、ランニングコストは未来にも負担が残りますので、ご一考をお願いしたいですね。 この様に様々な面から見ての質問になりますが、国においては「電子政府」というキーワードは本当に一本化され(理念も含めて)、各省庁で事業集約も含めて統一して動かれてみえるのでしょうか? 机上はともかく、実際の姿としは全く感じられませんが。。。 本投稿が意図的に削除されることもあるかと思いますが、それならそれが国の姿勢として受け止めます。 (なお、コメントは一個人としての私見であり、所属する組織の考えではありません。経済産業省の方には登録アドレスから何処の自治体かはバレますが。。。)2009-11-12TAKA216661519
12030216.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。TAKAさんのコメント参考になりました。有難うございます。 ハードも技術も年々歳々進化して、10年前の夢が現在では安価に実現できています。(例えば仮想化集約など) 仮に、住基ネットや住基カードが良い、となると、初回導入時点の陳腐化した(しかも高価な)ハードやソフトが導入され、金科玉条の如き旧体制を保守して、前に進めようとし、変化する時代のニーズの前に陳腐化し、無駄な投資へと変わっていきます。 現在の技術レベルでは、過去の技術など仮想化して、山のように大量複製が可能となっていますので、良い部分の考え方だけを採用して、足りないところはIPAの新技術開発事業と連携するなどして、最も安価なオープン技術で実現可能な「仮想」形式を構築する。。。 こうしてやれば、新規技術は出来るところがやれば良い、サービス(事業)としての仮想化プラットフォーム提供は地方でも良い・・・きっと良い意味での住み分けが出来るはずだと思います。2009-11-12pakpak216661519
12030226.その他電子政府改善電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。各地域で似たものを個別発注・開発しているのは、やはり無駄の一言。 予算はどこも厳しいでしょうし、必ずしも各地域にシステムの発注能力を有する人材がいるわけではないでしょう。本業 (地域特有の行政サービスや付加価値創造)に取り組むために、なるべく本業以外はスリム化するのは民間では当然の流れです。 予算も、ヒューマンリソースも限られるのだし、共通化・効率化する部分と、差別化・独自性を発揮する部分とは明確に分け、思い切った整理をするのが良いと思う。 皆、地場のシステム会社に個別に発注してお金を落としているようですが、投資先を誤った「IT ゼネコン」モデルは結局行き詰ると考えます。2009-11-1475216661519
1115001
★アイデア
1.電子手続き確定申告が煩雑すぎる確定申告の手続きがわかり辛く、また、深刻時期に申請者が殺到する為、まともに申告する気になりません。 わかりやすく、簡素化した申告手続きにして下さい。2009-10-19kinoko46358420
11150021.電子手続き確定申告が煩雑すぎる賛成でありますが、確定申告そのものは簡単で、全然煩雑じゃないですよ。 あれは、利益を得ようとする人が四苦八苦して自分で難しくしているだけです。 申告その物は、非常に簡単です。 それと、申告次期に申請者が殺到すると言うのも、申告受付の開始頃は、全然殺到してませんよ。 申告締め切り直前に申請しようとするから殺到に巻き込まれるんではないかと。2009-10-30rd46358420
11150031.電子手続き確定申告が煩雑すぎるWeb上で簡単に申告書を作成できますし、データを保存しておくことで翌年も利用できます。 頑張れば、税務署に出向かなくてもWeb上で申告書を送信することも可能です。 今のままで、私は特に不便は感じません。2009-10-31ばらじ46358420
11150041.電子手続き確定申告が煩雑すぎる医療費控除を電子化したということでやっては見たものの、非常に手間取る。 確かに申告を電子化してますというが、カード購入やカードリーダー購入 返事が来ない無機質な申告画面。やって損したと感じてます。 5000円控除があるといっていたが、まったく分からない。 分かる人だけ分かればいいと感じる。税理士とか役所の方とか には親切に教えてると聞きましたよ。 私は静岡県富士市管轄に住んでますが、税務署に電話をして聞くと親切に答えてくれたと事は言っておきたい。2009-11-10富士山太郎46358420
11150051.電子手続き確定申告が煩雑すぎる確定申告、難しいですよね。 分かる人には分かればいいって感じの富士山太郎さんの印象に私もうなずきます。 控除について知識があるかないかで、すごく損得しますよね。 税務署は、控除できないことには敏感で、できませんと言ってきますが、控除できることに関して申告されていなくとも、それは見過ごされます。あくまで申告者が申告する(=言い出す)ものだからです。 確定申告は、国民が税法を理解していることが前提にあると思います。 ちなみに国税庁では、タックスアンサーサービスを行っています。 私は少なくとも2か所以上でお尋ねすることにしています。 先方が間違える可能性を危惧するからではなく、自分の質問の仕方で、回答が変わってしまうからです。 質問のときに状況をすべて伝えきれていないときがあり、真っ向反対の回答になるときもあるんですよ。扶養控除について質問するときも同居、同居でない。生計を一にしている。障害者控除においても条件をすべて伝えないと、適切な回答をいただけません。質問する側にも、ある程度の知識が必要になります。。。。。。。 。。。。。。ですから電子申告の場合、入力に従えば申告漏れが起きないようシステムを構築してもらえるといいですね。 そしたら、知識のあるなしで損得はおきません。2009-11-13まる46358420
1101001
★アイデア
8.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。今回はともかく、今後アイデアボックスのような形で全般的な政策議論をする場が出来た場合には、行政担当者も個人で IDをつくり、発言してはどうでしょうか? さらに省庁の枠を超え、多くの現場の行政担当者の方が参加してもらえれば広範で多角的な議論ができるのではないでしょうか? 行政と国民の議論も活発に行えると思います。 ※ 行政担当者のIDを実名にするかどうかは、別の議論にまかせます。 2009-10-17シピオ75351221
11010028.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。ただしあれですね、一応「内部者」タグみたいなのは付けた方がよろしいかと。 皆さん、知り合いにどんどんメールしてここの存在を知らせましょう! ・・・できれば、信頼できる人に、ですが・・・。2009-10-17guicho2.7182875351221
11010038.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。そうですね。省庁名・部署名あたりは一定の型を作ってID名に付けてもらわないとわからないですから。 「経済産業省アイデアボックス担当」がしているようにアイコンを省などのマークにしてもいいかもしれません。2009-10-17シピオ75351221
11010048.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。地方自治体の職員です。 実名を出すのは、やはり抵抗感があるかもしれませんので、 行政担当者用のアイコンが有ると、判りやすくて良いかもしれませんね。 私の場合は、投稿した内容と名前で、誰なのか、直ぐ判りそうですけど…。ね。2009-10-17なかむら75351221
11010058.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。「行政担当者」という立場をとるのか、一国民・一市民としての立場をとるのかは考える余地はありますが、 公務員諸氏が個人としてどのようなことを考えているのか、知りたいところです。2009-10-29つぼやん75351221
11010068.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。公の立場、私の立場、公式な発言、非公式な発言いろいろ事情があるでしょうから、(秘匿レベルの付く情報もあるでしょうから)区別と使い分け、セクション分けなど、ある程度融通が効くよう検討されてはいかがでしょうか。 そのためには個人認証の方法と重要秘匿情報の漏洩防止もあわせて検討頂かなくてはならないと思いますのが。2009-11-2まさ●さん75351221
11010078.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。これは、スゴイ!面白い! ハンドルネームで各省庁間にまたがる問題を是非とも、議論して欲しい。名づけて省庁バトル。 たとえば、八ッ場ダム。国交省と環境庁の議論、もちろん、徹底した理詰めの議論を期待したい。 その場で、結論を出す必要はないし、出さない。 日本の英知のカタマリである、中央省庁の皆さんの真剣な議論を国民が見て知ることで、さらに集合知が生まれることが期待できるのではないかしら。 なにか、法律でこういったこと、禁止されているんでしたっけ?2009-11-3LEO375351221
11010088.つぶやき行政担当者も個人でIDを作り、発言を。IDがあっても行政担当者はすぐ所属が変わってしまうので、継続性や責任の存在が曖昧になってしまいます。きちんと引き継いで継続してもらう必要があります。2009-11-11カン75351221
1315001
★アイデア
1.電子手続き引っ越しの際の必要手続きをすべてWebで出来るようにしてほしい。"34歳、共働きの既婚者です。 仕事柄、性格柄、都内での引っ越しがここ数年で5回に上りました。 その都度、転出届や転入届、免許証の書き換えなどなど区役所・市役所に営業職である私が仕事の合間を見て通うことになり、非常に不便を感じています。 色々と手続きがあると思いますが、全ての手続きがWebで出来るようになれば、役所・私たちの労力も減り、結果として関係者の全てのコストダウン・生産性向上に繋がると思い、この意見を投稿致します。"2009-11-9MiyaMiya35351221
13150021.電子手続き引っ越しの際の必要手続きをすべてWebで出来るようにしてほしい。全く同じ希望を持っていますが、今のセキュリティ環境、特に弱っちいID/パスワードとクレジットカードに毛が生えた程度の住基カードという個人認証システムを前提としたままで実現を図って欲しいとは思いません。2009-11-9アナトミ35351221
13150031.電子手続き引っ越しの際の必要手続きをすべてWebで出来るようにしてほしい。そのうえECOですし・・・おっしゃるとおり平日に仕事の時間しか届出できないので本当に困ります。 Webの方が、「字が汚くてよめない」などもないので効率的ですし、すべて項目を満たさなければ申請できなくすれば 申請もれもなく双方に効率化が図れると思います2009-11-9こっとん35351221
13150041.電子手続き引っ越しの際の必要手続きをすべてWebで出来るようにしてほしい。全くその通りですね。2009-11-10goodidea35351221
1010001
★アイデア
7.このサイトについてこの政策アイデア募集実験を全府省に広げる仕組み 「政策イノベーション」のすすめ日本政府はこれまで、各省がそれぞれの分野でいろんな試みをしてきました。しかし、他省に広がりません。 広がらない理由は、「縄張り争い意識」と「リスクをとりたがらない公務員の姿勢」のためだと思います。 程度の差はあれどこれは日本政府の専売特許ではなく、諸外国でも民間企業でも組織にはつきものですが、それを乗り越える努力も仕掛けとして必要です。 この実験をきっかけに、これまでのパブリックコメントにない政策形成過程として、ある政策分野のアイデア募集方式を他の政策分野に広げる仕組を考えたいものです。 アイデアをヒントとして提案します。みなさん、どう思われますか? 1.実験結果を踏まえて、行政サービス向上に向けたアイデア募集方式の有効性の検証と改良を加えて、内閣で各省に利用を促す。 2.その過程をオープンにする。このため、内閣にアイデア募集方式を進める過程とその内容を一覧できるウェブサイトを開く。 3.アイデア募集には、実態をよく知っている現場職員の参加も積極的に促す。 4.以上の段階ごとに国民のアイデア募集をして、参加型行政の経験を積む。 5.アイデア募集方式の評価と奨励のため、一定期間ごとにウェブ上での国民の反応と有識者による公開討論を経て、奨励賞を設ける。(行政イノベーション賞など) 6.以上の行政イノベーションを奨励するため、内閣にスマートな「行政サービスイノベーション」の司令塔をおく。2009-10-14Hirokazu Okumura55953623
10100027.このサイトについてこの政策アイデア募集実験を全府省に広げる仕組み 「政策イノベーション」のすすめ基本的に「賛成」をします。 「 3.アイデア募集には、実態をよく知っている現場職員の参加も積極的に促す。」をできるだけ実戦していただけるとうれしい。べつのところにも書きましたが、「聞き置く」とうことにならないよう、 実質的な論議ができるといいですね。 ただ、「 5.アイデア募集方式の評価と奨励のため、一定期間ごとにウェブ上での国民の反応と有識者による公開討論を経て、奨励賞を設ける。(行政イノベーション賞など)」は必要ないかな、、、。とくに「 有識者」と聞くとすぐにいかがわしい人物群を思い浮かべてしまいます。2009-10-19mita55953623
10100037.このサイトについてこの政策アイデア募集実験を全府省に広げる仕組み 「政策イノベーション」のすすめ有識者による公開討論について 補足します。 これは、こだわりませんが、有識者というより、その分野で 深い見識に基づくヒントや情報を提供してくれるような複数の専門家が いれば、ということです。それにふさわしい専門家でなければ、かえって混乱しますね。 その上で、国民の反応を受ける仕組がいいと思います。あくまで主役は国民と考えています。2009-10-19Hirokazu Okumura55953623
10100047.このサイトについてこの政策アイデア募集実験を全府省に広げる仕組み 「政策イノベーション」のすすめ英国の高齢者社会のディベートサイト Social Mediaを使った参加型ウェブサイトの事例です Green Paper Shaping the Future of Care Together という報告書をめぐる英国の高齢化社会政策の国民ディベートです こういうスマートなアイデア募集もいいですね。2009-10-22Hirokazu Okumura55953623
10100057.このサイトについてこの政策アイデア募集実験を全府省に広げる仕組み 「政策イノベーション」のすすめ主旨に賛成です。ついでに、"電子政府"などと言うと、またぞろ、どこかの会社の既得権のことかと思ってしまうので、個人(=個としての国民・市民)と政府(中央と地方双方)のかかわり方全般の議論につなげたいですね。(そのための電子道具の筈ですから。手続きごとや情報だけでなく、お金の行き来も含めて)2009-10-26山谷川越宙55953623
10100067.このサイトについてこの政策アイデア募集実験を全府省に広げる仕組み 「政策イノベーション」のすすめ「参加型行政の経験を積む」ことは、「オンライン申請システムを導入さえすれば、使ってもらえる」という安易なやり方を戒める意味でも、とても大切と思います。 英国は、ウェブ2.0の活用に積極的ですね。 英国政府、政府機関が出しているデータの再利用・マッシュアップコンテストを開催 http://current.ndl.go.jp/node/8201 本サイトにも、「アイデアを募集するなら、お金ちょうだい」といったコメントがありましたが、優勝賞金(実用化の助成)2万ポンド(約420万円)は、なかなか魅力的ではないでしょうか。 公的機関のデータやAPIと、GoogleやYahoo! 等のAPIの組み合わせは、「利用者が作る官民連携サービス」として今後の電子政府における新しいトレンドとなるかもしれません。2009-10-27Muta Manabu55953623
1041001
★アイデア
4.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化"公共経営関係の調査・コンサルティングを行っている者です。 行政や政治関係の方々と勉強会や研究会等でご一緒する際にいつも思うことは、討議のための紙資料の多さです。 テレビニュースを見ていても、官僚や公務員の会議の際に、部屋に入る人々は、必ず過去資料と思われるキャビネットを抱えていたり、資料を裸の状態で両手で運びながら入っていく姿がよく映ります。 又、フォーラムの場でも、たとえば100名が参加する会議には主催者は100部以上の「配布資料」を準備します。 いつも「どうして?」と考えてしまいます。 この「紙の資料」を準備するのに、どれだけの手間がかかっているのでしょうか? 又、この膨大な「紙の資料」について質問があった場合、どのような質問に対してもすぐに答えることができるのでしょうか? 何より、「紙の資料」を、職員の皆さんはどのように管理されているのでしょうか。 そのあたり、現状の業務内容について、問題視される方はいらっしゃるでしょうか? 野口悠紀夫さんの「『超』整理法」にも載っていますが、例えば「Gメール」に必要な資料を電子ファイルで保管しておけば、検索により必要な情報は一発で抽出できます。 「検索」さえできれば、資料へインデックスを貼るなどの作業もそれほど必要なくなります。 「会議」は、先述のとおり、PCとプロジェクターベースで行えば解決します。 又、説明の際にも、PCの検索機能を活用することで、無用な労力を使うことなく、創造的なディスカッションに集中することができるのではないでしょうか。 フォーラムの配布資料については、関係者への案内の際に、配布資料をホームページ上にアップするだけで、必要な人はHPから資料をダウンロードして会に臨むので、準備側の大幅なコスト削減が見込められるでしょう。 又、紙で受け取った資料も、都度スキャナを通しPC上でPDFファイルにて管理することで、保管スペースも大幅に減少するはずです。 Google Appsなら、一人あたり25GBのスペースが安価に割り当てられます。 どれも効率的に、効果的に価値を生み出していくために、行政業務プロセス改善の視点で、経産省のみならず国の省庁全体で取り組む必要があると思います。 例えば、実験的にある省庁のある部署で、職員一人当たりのキャビネットを大幅に小さくして、否が応でもPCベースのペーパーレス業務をせざるを得ない環境を作ってみて、業務を行ってみるのはいかがでしょうか?"2009-10-15つぼやん84643224
10410024.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化あまり悪くを言いたくないですが、これは、参加する方の人達にも原因の一つにあるかと思います。 要するに"つぼやん"さんみたいに柔軟じゃないということです。 前に自分がIT企業のシンポジウムに参加したときは、ほとんどの人がノートPCを開いていました。 ない人は、ケータイといったモバイル端末かノートとペンという感じです。 このシンポジウムでは開催当日の一時間前から発表資料をネットにUPしてPDFでダウンロードすることができるというものでした。 当然、シンポジウムが終わったあとに、重い紙媒体の資料を鞄に入れて帰るというということがなくとても感動したものです。 しかし、国や地方自治体の勉強会や講演会で上記なようなことをすれば、真っ先に参加者から「紙で印刷したものをよこせ!」「こういう何ページもあるものは見やすい紙で印刷しておくのが基本だろうが」とか、果てには「こういうのは紙で人数分用意しておくのが慣習なんだから、言われた通りにしてればいいんだよ。」 と、かえって怒られてしまいます。 ネットにHTMLやPDFでUPされている資料を、 モニターの画面で見ていると、周りから仕事しているように見えないからと気にして、印刷ボタンを押して、何十枚もの紙をペラペラめくって、さも仕事しています。という人は官民問わずいるかと思います。 ペーパーレス化は何かして推進していくよりも、 純粋に世代交代で気がついたらということ進展しかないと思います。2009-10-15ta__ki84643224
10410034.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化コスト削減、資源の節約のためにもペーパーレス化するべきだと思います。 会議の時に見るだけで後でゴミになるならなおさら。2009-10-15resubew84643224
10410044.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化ta__kiさんのおっしゃることも目に浮かびます。 でも、これも言いにくいですが、「わかりやすい紙・・・」とおっしゃる方々も、ある意味公共分野の課題解決を独占で請け負っていた、いわば「既得権益」を守ろうとする方々の言い分ではないかと思います。 今後国・地方問わず、政治や行政の国民・市民参加が進むと、従来のようにオフラインでの会議で、全員に紙資料を配布するようなプロセスをとっていると、より紙の無駄遣いとなりますし、何より官庁の業務がパンクするでしょう。 まさに今私たちがここで議論している、SalesforceのIdeaforceの機能やSNS、ましてやツイッターによる幅広い国民間での議論も、それに対する対応策だと思うし、この議論の過程を、わざわざすべて紙で出力はしないはずです。 私は、ひとえに政治家や官庁トップ層の方々のICT化への理解とリーダーシップこそ重要だ思います。 今後国民での議論が一般的になればなるほど、従来の政策策定・決定に携わってきた人々の「既得権益」は崩れると思いますし、ICTの進展は彼らの抵抗を待つことはないでしょう。2009-10-16つぼやん84643224
10410054.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化ペーパーレス化への取り組みは徐々に進めています。 この電子経済産業省アイディアボックスを実施している電子経済産業省プログラムマネジメントオフィス(要するに省内のIT開発プロジェクト全体を見ているチーム)の定例会議は、事前に電子データが配布されるとともに、プロジェクタを使ってペーパーレスで行われています。(一部紙持ち込みも有ります) 参加者によっては、タブレットPCで、配布された電子書類にPC上で手書きメモをとっています。 このような事例の積み重ねと評価を進めています。事例の展開方法などよいアイデアがありましたら是非教えてください。2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当84643224
10410064.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化紙をなくすことは、エコにも繋がりますし、積極的に推進して欲しいですね。 先日、厚労省の研究会(審議会)をTVでやっていましたが、50cm位の高さの紙が各委員の前・横に積まれていました。 最近は、自治体の議員でもファイルで欲しいという人たちが増えているようです。 エコのために、議会のペーパーレス化を推進したいと言っています。 ただ、心配しているのは、現在の官僚の方々の作成するプレゼンテーション資料をみていると、昔のB4サイズの紙で作成していた頃と同じ作りなので、ノートPCでは見づらくて困る資料が沢山あります。 資料作成段階からペーパーレス化を想定した作成を考える必要があります。 また、官庁の会議室にも各人が座る所にPC画面が設置されている所もありますが、パワーポイントの操作が十分でない人たちが事務局として操作しています。 例えば、プレゼン用のファイル(スライドショウ:pps)、スライドショーの開始(F5、Shift+F5)、該当ページへジャンプ(n+Enter)等程度は最低限の知識です。 また、リモート操作(ページの送り・戻し)用機器の利用なども必要でしょうね。 2009-10-25Woody84643224
10410074.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化最近は各種研究会などでも資料を電子ファイルでもらいたいという要望が増えています。 PCで管理しているという意見とともに、社内に持ち帰っても置き場所がないという意見が多いです。 また、ご指摘のように、画面で見やすい資料を作ることは重要ですので、単なるプレゼンテーションや資料作成の研修だけでなく、ご指摘のような視点も必要ですね。 経済産業省が、他の府省にも公開して行っているCIO/CTO(PMO)研修でも教材でも早速、電子文書の視点を加えてみます。 また、公共機関の作業環境を整えることも必要で、プロジェクタだけでなくマルチディスプレイなども検討していく必要があります。 米国最大の電子政府展示会FOSEでは、マルチディスプレイをはじめ毎年多くのペーパーレス機器が展示されています。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当84643224
10410084.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化ペーパーレスって、そんなに良いことなのでしょうか? 代わりにファイルサーバを整備したり、各自に終日PCを利用させたりすると、エコ的な効果は無いような印象を受けます。 データセンター事業者は、電力の確保の心配以上に、冷却装置の容量確保の心配をしていました。 100名が待ちこむPCの熱量は、結構な量だと思います。2009-10-31ばらじ84643224
10410094.Web2.0活用行政業務プロセス改革とペーパーレス化老眼がかなりきている私にとってノートPCの小さい画面で見るのはちときついものもあるのですが、賛成票を投じます。はっきり言って「紙」は重いしかさばります。 紙で見たい人はその人自身が印刷すればいいだけで、準備する人たちが印刷・製本など不用な労力をさく必要はないと思います。その分、中身の検討に時間を掛けてほしいですね。2009-11-3shui84643224
1020001
★アイデア
6.その他電子政府改善クラウド・ベースのIT調達サイト「Apps.gov」を開設以下のような取り組みを日本でも検討してみては ------------------- 米連邦政府は米国時間2009年9月15日,政府の各機関向けにクラウド・コンピューティング・ベースの技術やサービスを提供するサイト「https://apps.gov/」の開設を発表した。クラウド・コンピューティングの導入は,オバマ政権のコスト削減に向けた取り組みの一環。 連邦政府の最高情報責任者(CIO),Vivek Kundra氏によると,Apps.govは,政府機関が生産性や共同作業の向上,効率化を図るためのクラウド・ベースのITサービスを,オンラインで簡単に閲覧して購入するワンストップの手段を提供する。「クラウド・ベースのサービスは,関連アプリケーションやデータをデバイスごとに格納しておく必要がないため,ITの活用法が従来と変わるだけでなく,税金を節約できる」と同氏は説明する。2009-10-14Clud24543325
10200026.その他電子政府改善クラウド・ベースのIT調達サイト「Apps.gov」を開設ご参考 同じではないのですが、国内でも類似の取り組みの検討はしており、以下のものが公表されています。 「政府情報システムの整備の在り方に関する研究会」中間取りまとめ http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/17499.html2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当24543325
10200036.その他電子政府改善クラウド・ベースのIT調達サイト「Apps.gov」を開設これは、米国がhpやDell、またOracleなどクラウド向けのリソースをたっぷり抱えているから、 エンタープライズコンピューティングが売れなくならないよう、彼らが路頭にまよわないように、 IT版のTVAをしているに過ぎないんじゃないかな? 既存の使い慣れたツールをリプレイスして何の効果が得られるのかが明確化していないうちは、 税金を投入するだけむだではないのかな? NECや富士通あたりが喜ぶ施策を話し合って作り上げたほうが日本的にはいいのでは? 世界的な潮流をつかむためにクラウドコンピューティングへ!というのはちょっといただけない。 (データセンターを全部外国に置いて文字通りクラウド化するのはコストが下がるからありだが、 国家機密事項とかを取り扱うのもクラウド、ということになることだから自前になるだろうし、 利益があるとすればBCPに役立つくらい?地震国だからそれはそれでいいとは思うけど。 様子を見て、それこそ研究会を進行しておくに留めるのがいいと思いますね。 赤字国債今年もバンバン出るみたいだし...。) ?2009-10-16satokenz24543325
1027001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成行政のシステムを一つに統合来年から予算査定がネットで公開されるそうですが、鳥取県では、片山時代からやっています。 http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=88864 ネット公開を前提とするなら、鳥取県と同じようにデータベースを構築した上で、ペーパレスで予算要求をやっていく。将来的には、要求に使った資料も全て公開するということだと思います。 国が始めれば、他の行政機関にも広がって行くと思うのですが、その度に仕組み(システム)を構築するのは時間もあかかりますし、その費用ももったいないです。そこで、1つシステムを作って、あとは、各行政機関が同じものを使えば良いと思います。 同じような話は、定額給付金のときも話題になりました。 より効果が大きいのは、自治体の業務システムを1つにすることだと思います。窓口業務、税務業務、福祉業務、生活業務など自治体がそれぞれシステムを作っていて、税金もムダになっていますし、システム開発も現場の負担になっています。 市町村だけで1,775ありますので、相当な効果があるんじゃないでしょうか。2009-10-14keiichi44441326
10270025.ITベンチャー・技術の育成行政のシステムを一つに統合現実的には難しいと思います。 自治体の規模にも大小の違いがありますし、システムを統一するなら、仕事のやり方も統一しないといけなくなり、地方分権に反することになってしまいます。 また、大は小を兼ねるみたいなオールマイティなシステムを作ることは、決して安くはないのと、失敗したときのリスクが大き過ぎるのではないでしょうか。一見非効率でも、各自治体にあった最小限のシステムを都度開発した方が、リスクが分散されるし、かえって安く手早く開発できるということになってしまいそうな気がします。 逆に、システム全体よりも、個別のモジュールを使いまわすような考え方の方が上手くいくと思います。2009-11-5鳥取ループ44441326
10270035.ITベンチャー・技術の育成行政のシステムを一つに統合「地方分権だから」や「地方自治だから」という指摘は良く聞きますが、システム関連の話題に関しては違和感を覚えます。教育費や福祉などは地方自治の枠で独自性を出せばよいのですが、住民票の基本的なデザインや窓口の処理(こちらは多少自治体の制度により差が出る)に差が必要なのでしょうか? 「地方の独自性」と言うものを考え直す時期なのかもしれませんね。2009-11-500944441326
10270045.ITベンチャー・技術の育成行政のシステムを一つに統合自治体だけではなく、各種外郭団体や特殊法人なども共通化してほしい。 ハローワークと各県の人材銀行なども、求人と求職情報のマッチングをする点では、同じシステムでしょう。2009-11-11カン44441326
10270055.ITベンチャー・技術の育成行政のシステムを一つに統合システムを共通化には、コストの削減面から大賛成です。 システム化の利点は、同じ内容のもの大量処理できることにあるわけですから、普遍的な共通的な届出だけでも統一化するのは、良いことだと思います。 ひとつ気になることがあります。私はコンピューターに疎いので知識もなく、よって知恵も浮かばないのですが、この統一化するということは、どこかの企業が独占的にその開発に関わるということになるのでしょうか?保守もこの企業が行っていくのでしょうか?ひとつの企業だけが半永久的に潤うことになってしまうというのでしょうか? 国に入札がどのようになっているか知りませんが、何年か目に、再度入札をかけ、別の企業が決定したとき、システムがまるっきり入れ替わるようなことも起こるのでしょうか? システム共通化には賛成なのです。一方、その開発、導入をどのようにしていくのかということも含め考えていかないといけないなと思います。 鳥取県では、ある企業が独占的に扱うことになる事業と、再入札等による事業の不連続性もしくは非継続性について、何か方策がありましたでしょうか?お教えいただけると、うれしいです。2009-11-13まる44441326
1173001
★アイデア
6.その他電子政府改善民間のサービスを使えないかこのサイトもそうですが、行政手続きや情報の開示、施策の評価などのシステムを、当事者である行政機関が保有しなければならない理由はどこにあるのでしょう。ワンストップ・サービスの例として出ている引越手続きも、うまくやれば民間の運送会社とか電力会社なんかが連携すればできそうです。手数料なんかの小額決済の仕組みもちょっと工夫すれば民間のサービスでできるような感じがします。 もちろん、行政機関の責任で実施しなければならないこともあるので、すべてということは無理でしょう。でも、何でもかんでも国の機関や市町村がやらなくたっていいし、すでにあるサービスを利用した方が効果的かもしれない。東京都と福島県喜多方市が税滞納の差押え物件をヤフーで競売したのをきっかけに、今は全国に広がってますし。 あれができない、これがダメというだけでなく、民間のサービスを使えばこんなことができる、というのも提案の仕方。 と言いながら、コレというのが思いつかないんですけど。 2009-10-24佃 均114139227
11730026.その他電子政府改善民間のサービスを使えないかIT関連のサービスなんて何時オーナーが変わるか判ったものではありません。 また、運営が公明正大に行われていると信じる根拠は何もありません。 行政が差押え物件をネットオークションで換金している事について、その是非の議論が全く行われてません。 日本国では、「死んでも税金払え」とか「1円にでもなるなら売れ」とか法律は全く言っていません。 1000円2000円で落札されたとか自慢気にマスゴミに話している役人を見ると殺意すら覚えます。 押収に出向いた職員の日当分にもならない回収金が適法であるなら、その根拠を示し広く議論するべきです。 従来の差押えで、出入りの業者への払い下げでは処分できなかったものも洗いざらいかっさらう権限は無いはずです。 そんなのを認めれば、「死んでも払え」にほかなりません。 中曽根内閣以後、声だかに言われた「民間活用」その結果公務員の数が全然減っていない事もキチンと説明したもらいたいところですが、全く説明されることなく、今また公務員温存で増税世論を作ろうとマスゴミが躍起になっています。2009-10-24泥舟茶憐爾114139227
11730036.その他電子政府改善民間のサービスを使えないかなるほど。そういう見方もありますね。2009-10-24佃 均114139227
11730046.その他電子政府改善民間のサービスを使えないか賛成です。すでに使ってるものも含めて、役に立つものから、どんどん活用して欲しいですね。 グーグルやヤフーのサービスは、自治体ではよく利用されていますし。 民間サービスと行政サービスは、利用者が思っているほど、差はありません。 電子政府サービスでも、使っていたものが、急になくなってしまうこともありますし、「その内容や実効性等については、行政側で保証するものではないので、自己責任で使ってください」というのが基本スタンスです。2009-10-24Muta Manabu114139227
11730056.その他電子政府改善民間のサービスを使えないか民間サービスをそのままそっくり使う、ということばかり考えているわけじゃないんです。 民間のサービスと組合わせる、という発想もアリかな? と思ったものですから。 引越手続きのワンストップ化は、引越業者や電気・ガス会社、新聞販売店なんかが連携しないと、本当の意味で役に立ったということになりませんよね? 行政手続きが先でなくたっていいじゃないですか。 民間の事業者やNPOなんかと連携して、行政サービスがよくなることもあるんじゃないか。 例えばコンビニで社会保険料や電気料金を収納できるようになっているように。 そういう話です。2009-10-24佃 均114139227
11730066.その他電子政府改善民間のサービスを使えないか引越しに関して言えば、民間ではずいぶん前から「引越コンシェルジュ」というサービスがあります。 http://www.tepore.com/hikkoshi/renraku/ 政府で何度か検討されてきた「引越しポータル」なるものも、「民間の足を行政が引っ張っているので、民間引越しポータルと連携させてもらおう」という感じだったと思います。 ちなみに、英国の引越しポータルは、民間サービスですが、行政手続とも連携しています。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/nextg/pdf/siryou_20.pdf2009-10-24Muta Manabu114139227
11730076.その他電子政府改善民間のサービスを使えないか民間に置くかどうかはともかく、エコポイントや定額給付金にかかわる事務をするためのシステムを構築するためにサーバー買ったり各自治体ごとで開発を依頼したりする理由がまったくわかりません。 使い捨てにするシステムなんて山ほどありますし、役所の仕事なんてかなり類型化できるので、官庁共通ASPを作って仕事をすればいい。公務員がそういう合理化ができないのであれば、民間がやるしかないんじゃないですか?2009-10-25takkey114139227
11730086.その他電子政府改善民間のサービスを使えないか別のスレッドでも書きましたが、市町村のホームページを、当該市町村域内の民間団体やNPOが行政と一緒に考えて作っていく、その費用は税金でまかなうけれど、ある部分はボランティアで、というようなのはどうでしょうか。2009-10-25佃 均114139227
11730096.その他電子政府改善民間のサービスを使えないかこのスレッドはコストや効率化の点から民間サービスを使うという趣旨だと思いますが、 別の観点からも、ひとつ問題提起します。それはガバナンスの問題です。 情報の管理統制といったリスクを考えると、 国が直接情報を扱うことが必ずしも望ましくないケースもあります。 オープンなガバナンスを実現するためには、 政府データの公開と同様に非政府セクタがそれぞれ連携してデータを持つという発想も必要でしょう。2009-10-29とらねこ114139227
11730106.その他電子政府改善民間のサービスを使えないかこのサイトは、民間企業(Salesforce.com)のものを活用しているので、イイんじゃないかと思います。 オバマ政権も同様のことしてるから、そのマネなんでしょうけど、、、日本企業で同様のサービスはなかったんかなぁ。。。2009-10-29メガネマン114139227
11730116.その他電子政府改善民間のサービスを使えないか>>メガネマンさん > 、日本企業で同様のサービスはなかったんかなぁ。。。 細かな差や、サーバーの問題はあれど、すでにこの手のシステムはオープンソースにもなってますよ。2009-11-1Hijikata2.0114139227
11730126.その他電子政府改善民間のサービスを使えないかHijikata2.0様 次回以降の参考にもしたいので、オープンソースで使えそうなシステムについて、 どのようなものがあるかご紹介いただければ幸いです。2009-11-2経済産業省アイディアボックス担当114139227
1060001
★アイデア
1.電子手続き国民ID化個人の認証に免許証や健康保険証を代用するのでなく、国民ID化を進めてもいいのではないでしょうか? 賛否両論あるかとは思いますが・・・2009-10-16nabe500045244828
10600021.電子手続き国民ID化IDについては、下記のアイディア投稿も関連かと思います。 オープンIDの導入 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cp3TAAS IDについては、民主党のマニフェストにおいても「所得の把握を確実に行うために、税と社会保障制度共通の番号制度を導入する。」との関連記述がありました。ご参考までに。 民主党の政権政策Manifesto2009(18ページに記述あり) http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当45244828
10600031.電子手続き国民ID化ここでも、他のカテゴリでも、国民ID化(国民総背番号)についての議論は至るところで記載されています。 「 公的機関発行カードの集約 」というアイデアの議論の中にもかなり突っ込んだ意見が出てきています。 経済産業省アイディアボックス担当様に一つ提案なのですが、国民総背番号制度に関してのカテゴリを一つ立てては如何でしょうか? 殆どの電子化の分野にこれは絡んでくるので、色々なところで皆が似たようなことを書くのは無駄が多いように感じます。  国民総背番号という表現が、過去の歴史もあって使いづらいということであれば、国民IDであろうがなんであろうが構いませんが、いずれにせよ、一人ひとりの国民にユニークなIDを付与する、という考えについては、議論を集約する必要があろうと存じます。2009-10-24島崎丈太45244828
10600041.電子手続き国民ID化反対ではありません。しかし一個のIDで全ての省庁・自治体を横串できるような総背番号型ではなく、他省庁・他自治体に照会する際には第三者機関の承諾とデータ転換が必要なセクトラル型(オーストリア型)であることが必要と考えます。(セクトラル型については、「共通コード」や「国民ID」と一緒にネット検索すると出てきます。)2009-11-6アナトミ45244828
10600051.電子手続き国民ID化願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ45244828
1138001
★アイデア
7.このサイトについてこの実験の行く末は?まず、このような試みを素直に評価します。 何事もやってみなければわからないことが沢山ありますので。 他の方も同じようなことを言っていますが、今後、どのようにこの実験結果が生かされるのかに注目したいです。 今回の目的は「システム機能の検証」ということで、「政策形成過程に反映するのは困難」なのは重々承知ですが、 こういった試みの最終目的地にあるのは、民意を吸い上げ、政策に反映させる新しい仕組み作りだと思いますので。 (単にシステム機能の検証しているだけじゃないだろ、と思いたい) なので、うそでも良いので(良くないか?)、政策形成過程への長い長い42.195kmがあって、 今はまだ3kmぐらいとか、大きな枠組みでもよいので、その位置付けがわかったりすると嬉しいです。 一方、政策自身は民意を吸い上げることも大事ですが、同じくらい大事なのは、国として一貫性と平等性の高いものにすることだと思います。民意は、往々にして我田引水的であって、民意の集合は時に矛盾を形成します。(どこかの党の政策のように) で、あれば、こういった場所は、マスコミを抜きにして、官僚の皆さんがどの様な視点で政策を考えているか、 100あるうちの1を助けるためにどれだけの投資が必要なのか、1を切り捨てることが許されるのか、 そんなことを議論する場所でも良いかな、と思っています。2009-10-22ごおん33837128
11380027.このサイトについてこの実験の行く末は?どう贔屓目に考えても今回の試行後の結論は、 ネットは未だに国民には浸透していない。 というものでしょう。2009-10-22泥舟茶憐爾33837128
11380037.このサイトについてこの実験の行く末は?お客さまからのアイデアをまとめることは難しいことを痛感しています。 「売る」ためのシステム開発をしてきたが、「聞く」ためのシステムがなかった。 単なるアンケートでは、アイデアになりません。一つのテーマを皆が考えることが必要です。 考えることをシステム化することが、行政、メーカー、市民活動でも必要です。 もう2009-11-2もう33837128
11380047.このサイトについてこの実験の行く末は?国民に変化を期待するまえに、あつまったアイデアを受け、まずは経済産業省と関連省庁とで再編成のアクションをとってほしいですね!2009-11-5ほげほげです33837128
1073001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記する政府や自治体のITシステムには、システムの構築に関わった業者名を掲げたページを用意して欲しいと思います。 中小の業者にとっては、実績として紹介できるメリットがあります。 また、業者名が掲げられるのであれば、既存の業者もいい加減な仕事をやりにくくなります。 質のよい仕事をすれば、それだけ実績を誇れるのでモチベーションが上がります。 どの業者に税金を原資とした開発費用が支払われたのか分かることは、国民に対しても、透明性の確保につながります。2009-10-16鳥取ループ74741630
10730025.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記する賛成です。 とりわけここ(アイディアボックス)は酷いと思います。なにかクリック都度1分以上掛ります。今深夜ですから混雑とかは 絶対無いわけでシステムの構築方法・手段に問題アリです。 2ちゃんねるやヤフー知恵袋、はてな人力検索等 問題なく使えている環境です。利用者環境の所為にすることも許しません。 そもそもオンラインシステムに携わる者なら、レスポンスタイムは最優先課題でしょう。1分なんて論外です。 ド素人がインタプリタ系のスクリプト言語でも使ってやっつけで制作したのではないでしょうか。 これが幾らの税金を費やされたのか興味あります。 役所側に業者選別能力が無いことも問題です。2009-10-17泥舟茶憐爾74741630
10730035.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記する元請けの名前ばかりで実態と更に乖離するのでは?2009-10-17nkm74741630
10730045.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記するどちらかと言えば反対です。 行政はもっと要件策定と調達の責任を負うべきであり、そのオーナーシップをしっかり持つべきです。 ベンダーに依存している部分が大きいことをインセンティブにするとベンダーにとって良いのは短期的であり、 長期的にはシステムに関する無責任化が進みます。2009-10-18okdt74741630
10730055.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記する賛成です。 請負会社名だけでなく、映画のエンディングにでてくるような感じで、何百人といった 関わった人の名前すべて入れてもよいと思います。 またそれらの情報をデータベース化して、関わった人・会社を検索できるようにしてほしいです。 自分の名前を入れて欲しくなる、誇りあるプロジェクトにしていくことも大事です。2009-10-29しのぶ74741630
10730065.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記する米国では元請けのほか2次受けまでデータベースで管理し年間受注ベースでは公開しています。 個人情報保護や企業戦略もあるでしょうが、個人名公開というのは斬新なアイデアですね。 今後ともよろしくお願い致します。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当74741630
10730075.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記する反対です。 個人名は、プロジェクトの代表者名になるのであまり意味がない気もします。 それどころか表に出たくない優秀な技術者が関連システムへの開発への参加を忌避すると言う逆の可能性もあるのですよ。 企業名に関しては、ITシステムに関わった業者名を挙げるのであれば、子請け孫請け・・・まで全ての企業名を列記しないと、意味無いような気がします。 ここからは推測できすけど、たとえば問題を起こして出禁になった業者は受けないのかと言うと、他の会社を経由して受けると言うのは、普通にあると思います。 実際に何しているかわかんないしねぇ。 もし、全業者公表なら大歓迎なのですけどね。お金を通す以外には意味の無い会社を減らせますし。 2009-10-30rd74741630
10730085.ITベンチャー・技術の育成政府のITシステムには、関わった業者名を表記するコメントありがとうございます>皆様 元請だけでなく、下請けも掲載するというのはいいアイデアだと思います。 ベンダーに依存している部分が大きいことをインセンティブ長期的にはシステムに関する無責任化が進むという懸念ですが、その心配はないと思います。例えば公共工事であれば、各業者は業社名を書いた看板を掲げて工事をするわけですし、手抜き工事をすれば社名の公表などのペナルティを受けます。それで役所が業者任せになって無責任になるということはありません。 個人名公表も面白いアイデアですが、全て公開しなくても、希望者だけ公開でいいと思います。ただ、会社の代表者や個人事業主は公開されるべきだと思います。 現状でも情報公開法や条例を使って請求すれば、業者名や代表者はほとんど公開されるようです。個人事業主も、法律上はあくまで事業者情報であって、個人情報にはあらずという扱いをされます。 これをもっと積極的に公開すれば、不良業者が淘汰され、優良業者が伸びるようになると思います。ネットでいいシステムを見かけたら、その場で業者名を調べて、うちも導入したいからこの業者に相談してみようということもあるでしょうし、逆に「こんな使いにくいシステムを作ったのは誰だ!」ということもあるかも知れません。2009-11-4鳥取ループ74741630
1023001
★アイデア
2.行政ホームページ用語や説明をわかりやすくしてほしいホームページがわかりにくく、探している手続きが見つからないことも多いですが、さらに、見つけた情報がわかりにくいことが多いと思います。 もっとわかりやすい日本語を使うようにしないと電子的な手続きは進まないのではないでしょうか。 窓口の人はその場で書き方を教えてくれるので、画面に向かって途方に暮れるよりも、窓口に行った方がトータルの時間が短くなることも多い気がします。2009-10-14popo13836231
10230022.行政ホームページ用語や説明をわかりやすくしてほしいこちらの提言とおなじような問題意識で、「全ての行政情報をWikiのシステムに載せる」( リンク )というアイディアをアップしました。 用語が分かり難いだけでなく、省庁間でも互換しない用法があったりするようなので、統合された辞典(ウィキペディアのようなもの)が出来たら、様々な局面でユーザだけでなく、行政側の方々も、非常に効率が上がると思います。2009-10-26島崎丈太13836231
1030001
★アイデア
3.行政情報オープン化システム以前の問題TSUDOI.JPの松本と申します。 インターネット、ITはただの道具にすぎません。 業務/手続きを効率的に遂行するためにどういう業務フローがあるべきか、その中にITをどう取り込んでいけばいいのかという思考パターンに変えなければ、創ったがつかわれない結果になります。 また、横の部署、横の省庁でどういう業務が行われているか理解のないまま、交流がない状態で部門毎に互換性のないシステムを作ってもますます使いにくいものになるでしょう 実現のプロセスを見直さなければならないと思います。 これまでも技術革新で公募を募ってこられましたが、どれだけ国民生活にフィードバックされたかもしくは頓挫したかも把握できない状態では無理なので省庁の異動も凍結してほしいところです。(地域情報プラットフォーム推進事業にエントリーしましたが返事がない状態はキツいです) 現状使うのが目的ではなく作るのが目的になっています。 また仕組み的にすぐれたものをつくっても、ローカル切符や新幹線の切符も一人で券売機で買えない人が多い現実を認めなければなりません。 (どういうものであるべきか>電源ONすれば使える家電くらい簡単操作。) 市役所のHPもゴミ捨てのルールや各手続きを見られる程度なのにコストをかけ過ぎです。(一般市民が市のHPを見るのは年3?4回程度なのに毎週更新する意味は薄い) 自治体ウエブサイト用CMSを経済産業省がつくり各自治体に使わせるようにすれば自治体から喜ばれると思いますが。 優れた仕組みさえつくればいい という考えから改めなければなりません。2009-10-15toshihar73635131
10300023.行政情報オープン化システム以前の問題ご意見に全く賛成です。そのときの「仕組み」は全省庁に渡ってのERPの仕組みが必要で、 > 優れた仕組みさえつくればいい という考えから改めなければなりません。 ここで言われる部分的な仕組みは元々「部分的」である事で良くないのだと思います。2009-10-15hy73635131
10300033.行政情報オープン化システム以前の問題全体最適から部分最適を導きだす、という策は、EAですでに失敗が明白です。 むしろ、部分最適から、全体最適に向けて(最適ならないことを承知の上で)敷衍することのほうが重要に思います。 したがって、「 優れた仕組みさえつくればいい という考えから改めなければなりません。」にはさんせいしますが、 「 優れた仕組み」そのものに人間的要因を含ませれば、それはそれで「是」とすべきと思います。それらの総和は、かならずしも全体最適と調和しないことは明白です。 極言すれば「全体最適」は無理なのです。というわけでまずは「部分最適」を。2009-10-20mita73635131
10300043.行政情報オープン化システム以前の問題良い事言った! そもそもIT化による効率化は、以前の体系を全て辞めて、IT化したシステム一本にする事によるものです。 昔のルールを流用したり残したうえでの失敗は、成功事例より圧倒的に多いという事実をまず理解すべきではありますね。 これは一般企業でもそうですけど、同じワークフローにおける、IT化フローと例外フローの平行稼働=業務環境の非効率化の事だってわかってない会社が多すぎます。 極論を言えば、IT化のメリットは、追加ではなく入れ替えでしか発生しません。 でもそれを指摘できるのは、システム会社ではなく、コンサルティング会社だけなのですよね。 そりゃ作ってくれって頼んだらシステム会社は作るさ。それが仕事だもの。作らない方が良いですよとは言えない。 プロセスのIT化ではなく、IT化用のプロセスを作らないとコストパフォーマンスは寧ろ悪化するというのが、個人的な経験則です。コストというのは、お金だったり時間だったりね。 同時に、道具である以上、使う人によってパフォーマンスは劇的に変わります。 システム開発に力を尽くすよりも、使う人を徹底教育した方がコストパフォーマンスは上がりますね。2009-10-30rd73635131
10300053.行政情報オープン化システム以前の問題まったく同意です。 電子行政(電子政府・電子自治体)など、行政の表面だけをシステム化したところで、たとえ優れた仕組みであっても使えない箱(マシン)でしかないです。 まずは、お役人の頭の中と行政内部を変える(変わるべき)です。業務を見直したり共通化したりして、それからシステムで作業効率UPおよびコスト削減できる業務を、システム化するべきだと思います。このことは国(中央政府)だけでなく、地方自治体も同様に行うべきかと思います。 またWebで申請を受け付けて、役所内ではそれをプリントアウトして、業務システムにデータ入力をしているという、「まぬけな」ことをしているうわさを耳にしています。これが本当なら、お役人はバカですね。 せっかくシステムでデータを受信をしているのだから、そのまま業務システムに転送すればよいと思う発想はないのでしょうか? 入力作業者の雇用がへるから? 受信データに間違いがないかの確認が必要だから? 昔からそうしているから? 上記とあわせ業務効率を図り浮いた人件はシステム化できない業務にシフトすれば行政サービス向上するでしょうし、データチェックが必要なら確認の機能を業務システムに追加すればよいだけの話だと思うし、時代に合わせて、行政の作業や業務、それらの根拠となっている法制度は必要に応じて変えていくほうが普通だと思うのですが。 あくまでシステムは使うこと(単純な手作業や人が行うと時間がかかる作業をシステムにやらせること)が目的です。Webを作ったことや、Webコンテンツを更新することが目的ではないはずです。 2009-11-5ほげほげです73635131
10300063.行政情報オープン化システム以前の問題賛成です。 住民が感じる"行政サービスに対する課題"をどう解決するのか? そこの検討が不足しているとしか思えないし、解決策について方針をもっと明確に提示すべきだと思います。 課題の解決のためにITをどう使うかというのは、後から来るものだと思います。2009-11-8アイが大切73635131
10300073.行政情報オープン化システム以前の問題自己レスです。 久々にアクセスしたらこういうことを書いたことも忘れていました。 皆様コメント有り難うございます。 どうも非民間のかたと関わると、誰が責任者なの?民間で言うどう責任を取るの? という責任の重さ具合がだいぶ違うような気がします。 制度や施策を決めたり、それらが動き出して完成したら課長クラスは3?5年は異動できないように省庁のルールが変わることでも民間に近づくようにも思えます。2009-11-10toshihar73635131
10300083.行政情報オープン化システム以前の問題おしゃっていることは、正論なのですが・・・・、 この「システム以前の問題」という発言のタイトルは、なにも進めたくないときに使われることが多い便利な言葉だと思います。 「別のことからやるべき」という提案に見えますが、その「別のこと」は、これまで何度も何度もいわれてきて解決のできなかった永遠のテーマがベースになっているように思います。 具体的にイメージさえ難しかったものが、このようなIT化を実際にみることで、 問題点が明確になりゴールも見やすくなっているという事実と、 ご提案されている世界に近づくにためにも、今できる具体的形をみながら、最善のものを議論していくというのは、一つの方法として進めていただきたいという願いから、あえてこのご意見に反対とさせていただきました。 日本の次の時代を迎えるための必要なステップだと思います。2009-11-12見習魔導氏73635131
1220001
★アイデア
3.行政情報オープン化公開されている政府統計データをPCで再利用しようとすると使いにくい(余分な空白データ)港別の出入国者数を調べる必要ありまして政府統計の総合窓口(e-Stat)を活用しました。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001058927&requestSender=estat 09-08-01 港別 出入国者 のExcelデータを開いてみました。 港のデータとして、ExcelシートのB12行とB20行に ?「函館」と「函館(空港)」のデータが記載されています。 このスペースをなぜ入れるのでしょうか?  人間には印刷物として見易くなるかも 知れませんが、コンピュータにとっては百害あって一利無しのスペースです。 なぜならマッチング出来なくなります。統計の生データには、印刷を前提とした編集はしないようにして欲しいです。コンピュータでの再利用が出来なくなります。 2009-10-29metadata23333033
12200023.行政情報オープン化公開されている政府統計データをPCで再利用しようとすると使いにくい(余分な空白データ)同じ経験がある。ダウンロード出来るデータくらいはキッチンとコンピュータ向けに作成して公開してほしい。逆に、成形する工数がもったいない。スペースを入れるのに税金を使って欲しくない。2009-10-30ジョバンニ23333033
12200033.行政情報オープン化公開されている政府統計データをPCで再利用しようとすると使いにくい(余分な空白データ)コンピュータを本当の意味で「使う」人が職員にいないからですよね。 パソコンでできるのはWebとワープロとエンターテイメントだけだと思っている。 データに対する基礎認識、リテラシーがないということです。 スペースを自分で入れて整形するのも、Wordなどのワープロソフトを使うことによる悪習の一つだと思います。 LaTeXやXMLなどのように、データと整形は分離すべきという観念が必要ではないでしょうか。2009-11-4guicho2.7182823333033
1321001
★アイデア
2.行政ホームページ1つのトップページからやりたいことベースですべての省庁へのページにいけるようにしてほしい"今はそもそも省庁ごとにホームページがあり、何か調べたい/申請したい場合には検索エンジン等で検索して、いろんなページを見なければならず、使い勝手が非常に悪い。 一つのトップページから行いたい行動ベースでリンクをたどる、目的のページにたどり着けるとうにしてほしい。 副次効果として複数の省庁で内容のかぶっている業務等、明らかになると思う。"2009-11-9hk23534133
13210022.行政ホームページ1つのトップページからやりたいことベースですべての省庁へのページにいけるようにしてほしい副次効果として複数の省庁で内容のかぶっている業務等、明らかになると思う。 >>そこで減らせる税金が必ずあると思います!2009-11-9こっとん23534133
13210032.行政ホームページ1つのトップページからやりたいことベースですべての省庁へのページにいけるようにしてほしいぜひ"逆引き"でのFAQサイトをどの省庁のページにも設けてほしいです。 用語に関するアイディアも出されていましたが、用語や手続き名が分からないと、もう全く分からず、一般の質問サイトで調べてから・・・・となります。 市場で売れているマニュアル本のような、分かりやすく、あとあまり長い文章でないページを作ってほしいと思います。2009-11-10HAKU23534133
1029001
★アイデア
6.その他電子政府改善アイディアボックスで集まった意見をリアルな政策に反映このサイトで集まった意見、特に投票数の多かったものは、実際に政策に反映してみるのはどうでしょう。 「今後の参考にします」レベルではなく。これがインセンティブになり、より議論が活発になり有意義な意見も生まれるのではないでしょうか。実際に予算をつけてまでとはいいませんが、省内での検討過程をHPやBlogで公表するとか、上位のアイディアはさらなる決戦投票を行うとか。 無印良品のモノづくりコミュニティを見ていて、思いつきました。無印良品では、消費者から製品のアイデアをつのり、社内の検討を経て、設定した予約数を上回れば実際に商品化されるそうです。我が家のビーズクッションもそのような過程でうまれたそうでした。2009-10-15kushika243935335
10290026.その他電子政府改善アイディアボックスで集まった意見をリアルな政策に反映基本的に同意ですが、そのためには、事業内容の仕分けをしたうえで、特に私たちの生活やコミュニティに身近な課題を特に取り上げて、国民や市民を広く巻き込んで実現化することが現実的だと思います。 あと、リアルとネットを織り交ぜたディスカッションが必要だと思います。 「毎日jp」で 「勝間和代のクロストーク」 というコーナーがありますが、そこで、先日ネット上で議論をしてきた参加者が一堂に介して オフラインでのミーティング が開催されました。 同様、SNSでも「オフ会」がありますが、普段ネット上で会話しているメンバーが直接顔を合わせて会話することで、より議論にも深みが出て、又メンバー間の信頼性も増し、ひいては政策に対する国民・市民の納得性、信頼性も向上すると思います。2009-10-15つぼやん43935335
10290036.その他電子政府改善アイディアボックスで集まった意見をリアルな政策に反映インセンティブ作りは重要な観点だと考えています。一方で、こうした仕組みからどの程度有効な国民からの意見が抽出できるのかということは、まだしっかりとわかっておらず、手探りの状態であり、それを検証するのが、今回の実験の目的でもあります。そのため、今回の実験に限って言えば、即座にリアルな政策に反映するのは、困難な点もあることにつきご了解いただければと思います。もちろん頂いた意見で賛成が多く集まり、すぐに対応できるものは対応したいと思いますし、すぐに対応できなくとも、中長期的に考えていくべきご意見については、ご意見としてしっかり受け止めていきますが、現時点で、このくらいの賛成が集まったらこうする、といったような一律の対応をとることは難しいため、ケースバイケースで対応させていただきたく思います。 今回の実験を今後の取組につなげていくためにも、こうした仕組みで集めた意見はこう使うべきだとか、こう反映すべきだとか、こういう参加のインセンティブを与えたらうまくいくだろうとか、こんなやり方では意味がない、といったご意見の投稿は大歓迎です。 どんな設定であれば、意見を投稿したくなりますか?どしどしご意見ください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当43935335
10290046.その他電子政府改善アイディアボックスで集まった意見をリアルな政策に反映参考に他での関連取り組みのインセンティブの付け方ですが、このようなアイデア募集では様々な試行がされています。 ・米国でオバマ大統領が実施した Citizens Briefing Book では政府の政策部門の責任者が上位の意見に直接回答すると言う方法でした。(政策実現や正式な回答受領がインセンティブ) ・英国の Show us the better way では、アイデアを出してよい提案だと評価されると、 400 万円程度(追加あり)の実行費用が提案者に提供されました。(アイデアを実施できることがインセンティブ) ・米国職員向けに行われている SAVE では大統領から直接プレゼントが受け取れて、しかも、予算が付く(大統領に会えることと実行予算確保がインセンティブ) ? 「アイデアに賛同した人全体で政策実現をインセンティブにする」「提案者に何らかのインセンティブを考える」「有効なコメントをした人にインセンティブを考える」など様々な方法があります。民間サービスで個人にインセンティブがある仕組みなども参考になりますし、是非、アイデアをお寄せください。2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当43935335
10290056.その他電子政府改善アイディアボックスで集まった意見をリアルな政策に反映わたしは「反対票」を投じましたが、とくに政策に反映させることに反対しているわけではありません。 ただアイディアに書かれた内容をそのまま理解するかぎりは、政策の取り入れかたがなんとなく「大衆迎合主義」に映るのです。 行政の担当者としては、政策に取り入れるときに、まず自分の考え(というか、お役所だと組織としての考えになるのでしょうか)があって、そういうことは考えていなかったが新たに取り入れるとか、既に考えていることだがこういうところに反映させるとか、いい意見だが今回は却下します(とりいれません)とか、などの意思表示をしていただくことが肝要と考えています。 政策は、製品づくりとはちがうので、そうそうわれわれの意見に迎合してもらってはこまります、というのが反対票の真意です。 「 中長期的に考えていくべきご意見については、ご意見としてしっかり受け止めていきます」なんて政治家みたいなことはいわないで、「しっかり」の中身を言うべきでしょう。 また「 こういう参加のインセンティブを与えたらうまくいくだろうとか」の意見なんて求めてはいけないのではありませんか。 おそらくここで投稿しているかたがたは「インセンティブ」なて求めてはいないと思います。「 政策実現(あるいは実現せずでもそれ)をインセンティブにする」でまったく問題ないのではないでしょうか。2009-10-29mita43935335
1131001
★アイデア
2.行政ホームページ入札説明書や仕様書の公表入札公告は殆どの省庁で公表されています。 しかし、物品等の細かい仕様が掲載されている入札説明書などは、ネット上に公開されていない場合が多いです。原則として公表するようにできないものでしょうか。2009-10-20fo13332136
11310022.行政ホームページ入札説明書や仕様書の公表IT関連ですと、経済産業省、厚生労働省、外務省などは仕様書レベルまで良く公開されています。 また、下記の総務省の行政管理局の調達事例データベースにも最近記載が増えています。 http://cyoutatujirei.e-gov.go.jp//Main?CID=GPB0101G01 残念ながら、短期間で掲載がなくなりますが。 また、総務省では、下記のように記載されています。 電子入札・開札システムを利用した「入札案件」については、入札説明書・仕様書等のすべてがインターネットでダウンロードできるようになりましたので、こちらをご利用願います。 電子入札・開札システムの登録申請をしていなくても、全省庁統一参加資格の業者コード及びメールアドレスを入力していただければ、ダウンロードできます。2009-10-21drnomura13332136
1335001
★アイデア
3.行政情報オープン化自冶体の共同利用の加速化道州制や市町村合併するかなど議論がありますが、システムの共通利用できるものは利用し、必要な使用ユーザーで課金すれば税金の無駄遣いはなくせると思います。民間では、合併などによってコスト削減があがる中で、本気で考える時期に来ていると思います。2009-11-9ラフターマン23131036
13350023.行政情報オープン化自冶体の共同利用の加速化「電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。 」のスレッドに自治体クラウドの紹介をしております。そちらをご覧ください。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CphOAAS2009-11-10経済産業省アイディアボックス担当23131036
13350033.行政情報オープン化自冶体の共同利用の加速化自治体の所謂基幹系事務は、共通であり、その事務処理の情報システムは共通性が高く、共同で利用できるものである。総務省で、LASDECに委託されて、共同利用が検討されていたが、今はどうなってしまったのでしょうか。大企業のエゴの前に消え去ったのではないでしょうか。自治体の事務処理用の情報システムこそ、根幹はSaaSで提供して、個々にカスタマイズを必要とするところは、地域のソフトハウス企業が開発し、運用するような枠組を作れば、地域の活性化にもなるし、個別よりもSaaSは共同利用なのでコストも削減でき、一石二鳥であると思います。 国内の情報産業界の大企業が公共系の市場で生きていくような施策は即刻止めるべきと思います。大企業に対しては世界で通用するような足腰を持つような施策をやるべきと思います。2009-11-13terasan23131036
1033001
★アイデア
2.行政ホームページキッズページの集約をした方がよい各省庁でキッズページを持っていますが、ゲームであったり、教材を提供していたり内容がばらばらで、デザインもばらばらです。また、一カ所にないので探すのが大変です。 折角よい内容を出しているのですから、方針を統一して使いやすくすれば、子供たちや先生に喜ばれるとともに、集約した予算でキッズページを作っていくことでもっとよいものが作れるのではないでしょうか。2009-10-15popo03432238
1190001
★アイデア
1.電子手続き手続きの迅速化利用者として、"苦" なのは、 窓口での、申請書記入に要する時間 と 待ち時間。 これを、電子手続きで解消して欲しいです。 たとえば、24時間ネットで受付、後日 関係窓口で即手続き完了 みたいなのがベストかな。。。2009-10-28takahiro23331239
11900021.電子手続き手続きの迅速化「住民票の写しの取得」という、ごくごく簡単な手続ですが、次のような取り組みもあります。 takahiro さんのアイデアに近いかもしれません。 携帯サイトで住民票の写しの取得を予約、駅で受け取り--横須賀市が9月から http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NGT/govtech/20050822/166614/ 事前登録不要、24時間365日対応、受取場所と日時の選択(土日、祭日もOK)など、かなり頑張っていますね。システム構築費も200万円強と、(億単位が当たり前の)国のオンライン申請システムとは、エライ違いです。。。2009-10-29Muta Manabu23331239
11900031.電子手続き手続きの迅速化Muta Manabu さま コメントありがとうございます。 横須賀市 の取組み、とても画期的!! で、理想的 ですね。2009-10-29takahiro23331239
1056001
★アイデア
3.行政情報オープン化情報公開法に米国電子情報自由法の発想を入れた改正をすべき日本の現行の情報公開法では、開示される情報は請求者のみに対して開示されるものとなっています。開示された情報は、各省庁の情報公開室などでの閲覧のほか複製物を受け取ることもできますが、請求者がこれを一般公開することには制限があります(開示文書に著作権がある場合、複製権や送信可能化権の侵害とされる場合がある)。 これに対して、米国の情報自由法は、1996年の電子情報自由法(EFOIA)と呼ばれる改正で、開示される情報は電子的な形で一般公開されることとなっていて、実際にインターネット上で公開されている米国政府のウェブサイトを通じて開示された情報を閲覧することができます。オリジナルが紙の情報でも、スキャナーで取り込んだものをPDF化するなどして公開しています。 日本でも同様に、開示された情報を電子的に一般公開すべきと考えます。システムへの投資の重複を防ぐ観点からは、ポータルサイトで一元化して公開することも検討されるべきだとは思いますが、一元化が負担になるようであれば省庁ごとの公開でも構わないと考えます。 なお、関連して著作権法の改正も必要になります(現行の情報公開法でも、開示対象の文書を開示のための複写を行うために文書の著作権者の著作権が制限されていますが、電子的な一般公開にあわせた対処が必要があります)。2009-10-16崎山伸夫03431340
1109001
★アイデア
6.その他電子政府改善統一番号制度の導入数年以上前に住基ネットが導入されましたが、本人を特定する番号である住民票コードは法的な制限により、非常に使い勝手の悪いものになってしまっています。日本の社会において、本人を確実に特定できる番号は住民基本台帳に基づく住民票コードしかありません。この住民票コードを他の分野にも拡張して、統一番号制度を確立していくべきだと思います。  自治体では課税処理のために、税務署、法務局、軽自動車協会、社会保険事務所などから課税の元となる情報を入手しています。しかし、統一番号がないために、外部から入手した情報がどの住民のものなのか、手作業で突合せをするという無駄な作業をしています。  年金納付記録問題でも、本人を特定する台帳に基づかない基礎年金番号という番号を使ったために、住所や氏名が変わることで記録がわからなくなってしまいました。国民の権利を確実に守るためにも、本人を確実に特定できる統一番号が必要です。  この統一番号があれば、行政の無駄を省き、迅速なセーフティネットを構築することができ、社会の不正を防ぐことも可能となります。番号制度とは、現代において国民の義務(納税)と権利(社会保障)を明確にする社会契約の制度として捉えるべきだと考えます。  もちろんプライバシー侵害を懸念する向きもありますが、不正な使用に関しては法律で厳格に規制することで対処できます。番号が漏れたら個人プロファイルが作成されて個人情報が公開されるという過剰な不安が語られることもありますが、それが本当なのであれば、統一番号制度を導入している多くの国々ではすでに大きな社会問題となっているはずです。2009-10-18hami53632440
11090026.その他電子政府改善統一番号制度の導入統一番号制度については、下記のアイディア投稿も関連と思いますので、リンクを貼っておきます。 国民ID化 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cp2BAAS2009-10-19経済産業省アイディアボックス担当53632440
11090036.その他電子政府改善統一番号制度の導入このご意見に全く賛成です。ただしプライバシー侵害の問題はご意見ほど簡単ではないと思います。私自身今の国家体制が司法を含めていざとなったときに個人の人権を守ってくれるとは全く感じられません。行政訴訟において個人の人権を守る事となるはずの信義則が骨抜きになっていることは明らかで、今までの国家は個人の人権を犠牲にして、国家体制を守る事に腐心して来ています。情報公開、説明責任等々は日本国家がそこから抜け出し、真に人権を守ってくれるという感覚で国民の信頼を回復する事、それが今の最大の課題なのだと思います。そんなときに統一番号を持たせない事によってプライバシーを守ろう、などというこそくな事をやっていては話になりません。統一番号をつけて、それでもプライバシーを守る国家にせねばなりません。私自身今の国家の体制のままであれば名寄せをやれば何をやられるか分からない不信感を持ちますが、それを乗り越えて、統一番号を持ち、それを個人の人権侵害に不正に使用としたときには死刑に処すくらいの厳罰で望んで国家の信頼を回復すべきと思います。2009-10-19hy53632440
11090046.その他電子政府改善統一番号制度の導入個々人を番号で識別するソーシャルIDがあれば、社会保険庁の年金問題なような事態の多くを防止できた可能性があります。また国としても個人データの管理が容易になるため、行政コストを下げることができます。また、脱税防止の管理も容易になるので税収のUPの可能性があります。 国にとっても、正直にいきている国民にとっても便益が多いので、 選択制でソーシャルIDをもつかどうか選べても良いと思います。2009-10-26NORINTON53632440
11090056.その他電子政府改善統一番号制度の導入反対ではありません。しかし一個のIDで全ての省庁・自治体を横串できるような総背番号型ではなく、他省庁・他自治体に照会する際には第三者機関の承諾とデータ転換が必要なセクトラル型(オーストリア型)であることが必要と考えます。(セクトラル型については、「共通コード」や「国民ID」と一緒にネット検索すると出てきます。)2009-11-6アナトミ53632440
11090066.その他電子政府改善統一番号制度の導入方向性には同感。住基カードを含め今の役立たず電子政府を設計した人達に設計を任せると言われると反対。2009-11-10ウチダ53632440
1035001
★アイデア
6.その他電子政府改善高速道路パーキング及び道の駅などに無線LAN環境をいつでも、どこでも、だれでも、がネットアクセスができるように公衆トイレと同じ感覚で無線LAN環境を高速道路パーキング、道の駅など人の集まるところに整備して下さい。 色々な場所で国などに対する「疑問に思ったとき」がアクセス時です。 このコンセプトで整備してみたらどうでしょう。。2009-10-15Shirapan43531442
10350026.その他電子政府改善高速道路パーキング及び道の駅などに無線LAN環境を素晴らしい提案ですね。 更に広げて、公共施設にはすべてとしましょうよ。 そもそも国、地方自治体にかかわらず公共の施設にはブロードバンド回線を整備してきました。 そのリソースのごく一部を解放するだけですから、明日にでもできる話ですね。2009-10-15haya43531442
10350036.その他電子政府改善高速道路パーキング及び道の駅などに無線LAN環境を残念ながら反対です。 個人的にはPCを持ち歩いており、無線LANがあると大助かりなのですが、 自分も要するにオタクであって、高速道路・公共施設の利用者がみんな無線LANを使うかと言えばそうではないでしょう。 特に、これからWiMAXやLTEが普及してくる中で性急な投資は必要ないのではないでしょうか?2009-10-17nesuke43531442
10350046.その他電子政府改善高速道路パーキング及び道の駅などに無線LAN環境をnesukeさんが反対しておられるのは、「高速道路パーキング及び道の駅などに無線LAN環境を」という限られた範囲での提案に対してだと思われますが、より広い私的な領域以外の国土でのアクセス、と読み替えれば良いのではないでしょうか。  来たるべきWiMAXやLTEで特定のビジネスを 儲けさせることより、(道路のように)国民の基本的な基盤としてネットアクセスを整備し、その上に立って様々なサービスが花開くようにした方が良いのではないかと思います。 フィンランドで「インターネット接続」が法的権利になったそうです。( リンク ) 道路沿いに限らず、国土の広い範囲で自由にネットに接続出来る環境を整えることで、行政の合理化も進み易くなるのではないでしょうか。2009-10-24島崎丈太43531442
10350056.その他電子政府改善高速道路パーキング及び道の駅などに無線LAN環境を便利になるので賛成です。 ただ、高速道路の会社は民間企業になったので、その会社が利用者の利便性やサービスの 妥当性、費用対効果を考えて判断すべきだと思います。 ユーザーの発現はどんどんあってよいと思いますが、国が会社経営に口を出しすぎると 責任の所在が分かりにくくなるので、いけないと思います。 ?2009-10-25keith43531442
1120001
★アイデア
6.その他電子政府改善国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくる■課題 「国家公務員にITの専門家がいない」 現在は、職員の中でにITの専門家がいないため、企画から予算手続き、仕様書作成、工程管理まですべてが外注なっているように思います。普通の企業では考えられないような作業まで外注しています。 一部の官公庁は、コンサル会社の一見スマートだがリアリティに欠けた意見に踊らされているように感じます。 官公庁の中には、企画・設計に多額の費用と時間をかけて、3年たってもシステム設計ができないようなところもあります。 国家公務員にITの専門家がいないため、ITの目利きができず、調達、検収ができていない例がでつつあります。 ■提案「国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくる」 ITを活用している大手企業は、情報システムの専門家と専門組織が必ずあります。 これにならって、中央官庁の純粋な職員の中で、ITの専門家と専門組織をつくるべきだと思います。 現在は、これに該当する職員の採用や専門家のカテゴリが国家公務員にありません。 そこで、国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくることを提案します。 >「情報処理技術職」のイメージ> ・情報システムの企画、設計、開発、構築、運用ができる。 ・情報処理技術職採用のキャリアパス  複数の省庁や自治体を2〜5年おきに異動や。民間企業への出向でキャリアを積み、  最終的には、省庁や自治体、独立行政法人のCIO補佐官、CIOとなる。 以上2009-10-20NORINTON53631442
11200026.その他電子政府改善国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくる購買庁の設置のほうがいい政策では? 各官庁に情報専門職をおくと各官庁ごとにシステムが無駄に特化していき、相互に接続することが困難になります。(現にそうですが) 基本システムを同じにしてどこかの官庁で管理し、導入時のコンサルティング業務もそこで行う。 各官庁は利用者側に徹したほうが、下手に縦割りを進めるよりよいでしょう。2009-10-20takkey53631442
11200036.その他電子政府改善国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくる単純な疑問  情報処理は、技術だけなのでしょうか?  また、CIO、補佐官は、技術職だけでよいのでしょうか?  多くのCIOは、技術だけでなく、調整機能、管理能力、業務知識も必要です。 CIOは情報技術を詳細に知らなくても、補佐官がそれをもっていれば、特に問題になることはありません。 中途半端な知識を持ったCIOなんて不要です。  システム部門がキャリアパスの1つとして考えられているかが大切では?  今、考えているのは、業務知識の豊富な調整機能をもった局長をCIOにしたいと思っています。 補佐官はシステム部門の経験がある部長クラスを考えています。  技術職を作った途端に、そこの何でも任せてしまうのが目に見えます。 今後の電子政府、電子自治体等に必要なのはもっと広い知識を持った人たちではないでしょうか?  どこかのCIOのように、「業務は全部、委託先に任せています。」?なんてのは、論外です(このCIOはIT化以前の業務知識もないとしか思えない)が・・・2009-10-20Woody53631442
11200046.その他電子政府改善国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくる大賛成です。 「異動」という文化によって、多くのナレッジや流れが途切れてしまっています。 前任者の承認した仕様が後任者がひっくり返し、システムを再構築するなどといった事例は後を絶ちません。 そもそも、なぜ全てシステムは原課管理、原課発注なんでしょうか。 民間ではそのようなシステム調達を行っているケースのほうが少ないと思います。 しかし、これを変革するには「予算の仕組み」や「公務員制度」といった多くの制度に対する見直しが必要になるかもしれません。 ですが、多額の公費が流れてゆくのをただ黙認するというのもどうかと思います。 例えば、まずは外部専門家の長期在任制度を設ける等の施策があっても良いのではないかと思います。 (3年、5年ではなく7年、10年といったスパンで。)2009-10-26わんころのん53631442
11200056.その他電子政府改善国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくる公務員試験区分に「情報工学」がなくなったときに、「情報工学」+「数学」の枠は激減しています。 これは、「新卒では役に立たない。」という発想でしょうか?(新卒だけが応募する訳では内のですが。) それとも、「IT専門職は中途採用でなければならない。」という方針になったのでしょうか? いずれにしても、国がIT人材から目を背けているように思います。 一方で、「IT人材の育成」という言葉も目にします。 どのような分野でも、「見たこともない。」こと理解することはできないと思います。 システム開発、システム保守、運用などに関する最近の技術や現場を体験したことのない人が、開発管理などを含む調達をするのは不可能と思います。 現に、「最適化計画」が「最適」であるということの説明が見あたりません。 各府省のCIOで、(旧)情報工学区分の出身者はいるのでしょうか? IT調達の現場を各府省のCIOは、認識しているのでしょうか? 有識者=利益団体のような組織を作って、意見を収集しているだけで、真のユーザの意見はなかなか採り上げてもらえないように思います。 (その意味では、このアイディアボックスで集められた意見が、きちんと活用されることを期待します。)2009-10-28Sanuki53631442
11200066.その他電子政府改善国家公務員の採用枠に「情報処理技術職」をつくるまったく同感です。 実はイギリスでも同じようなことが起きており、彼の有名なITILは、「1980年代における英国政府のIT業者への不満、及びその不満を解決するための活動がきっかけとなり誕生した。」とあります。 この中で、私が特に注目しているのが「サービスレベル管理」と「ITサービス財務管理」の考え方のところです。 「サービスレベル管理」については、日本では、経済産業省が2004年4月4日に公表した、「情報システムに係る政府調達へのSLA導入ガイドライン」により、「ITサービスの質を定量的に評価する尺度の確立」するために、サービス提供者側と顧客(今の場合、政府)との間で、「SLA(サービスレベル契約)」を締結することを推奨しているので、現在、ある一定レベルまでは改善されているのではないかと推察しています。 しかし、、「ITサービス財務管理」については、各案件または事業の採算性を民間ビジネスで通常行われているように、「投資に対する効果=ROI 」としてみる視点が極めて重要であり、政府系の調達では内部の職員にこの観点でものを見ることができる人材が不足しているか、もしくは殆どいないのではないかと推察されますが、この様な人材については、緊急に内部で育成するか、もしくは外部から招聘または調達することも念頭にいれて考えるべきではないかと拝察しております。 勿論、「システムの設計思想」を正しく構想することが大前提ですので、「必要に応じて、十分な議論と適用のルールを検討した上での>統一番号制度の導入>」や「縦割り組織の壁を取り払うことによる>行政のシステム統合>」などにより、業務プロセスを創造的かつ効率的に刷新することが大前提ですので、この点については忘れないよう、最後に一こと言及しておきたいと思います。2009-10-30fit53631442
1179001
★アイデア
2.行政ホームページ最新の情報は何か、どの情報が「生きているのか」判りやすく行政のHPを見ていると、かなり以前から更新されていないページをよく見かける。 これらのページ、いつまで掲載している必要があるのか、といった検討も必要かとは思うが、 そもそもその情報は「生きているのか」、既に「過去のこと」なのか、判断ができない。 例えば、国会で取り上げられているテーマをまとめたコンテンツを集約したり、その省庁が推進している 政策についてのコンテンツを集約したりといった、国民が関心を持っている、ないしは関心を持てるテーマに 対する特集ページを用意し、このサイトのように意見を投稿できる口を設けるなどすれば、 国民とのインタラクティブな政策実行が可能になるのではないだろうか。 こういった、その時、その時代に「生きた」情報を公共的視点(ノンバイアス)で得られることは、国民にとって 非常に有益ではないかと思う。 行政ホームページが単なる情報公開の義務履行というお役所仕事と見られないよう、工夫を頂きたい。 2009-10-26わんころのん23330342
11790022.行政ホームページ最新の情報は何か、どの情報が「生きているのか」判りやすく現在は以下のように提供に関する方針が出ています。 行政ポータルサイトの整備方針 http://www.e-gov.go.jp/doc/20040401doc2.pdf 行政情報の電子的提供に関する基本的考え方(指針) http://www.e-gov.go.jp/doc/20041112doc1.pdf ご指摘のように、情報の期限などの考え方はまだ整理されていませんので、今後の課題です。 どのように管理すれば皆さんに使いやすくなるのか、サイトを集めるだけではなく、他のアイディアにありますように、リコメンデーション機能などを組み合わせるのも考えられますし、様々なアイデアがあると思うのでご議論いただければ幸いです。 ?2009-10-27経済産業省アイディアボックス担当23330342
11790032.行政ホームページ最新の情報は何か、どの情報が「生きているのか」判りやすく経済産業省アイディアボックス担当 に頂いたコメントの各方針については理解しています。 もちろん、「色」がつかない情報提供は、公共機関という立場において重要かと思います。 しかし、多くの国民がわが国の政策や活動を「知りたい」という要求や「意見を述べたい」という要求に 応えているかどうかが論点の一つだと考えます。 もちろん、多様な要求があるとは思いますが、公共機関側から積極的に自らの機関で何をどの様に 実施し、今の国政にどの様に寄与しているのかといった情報提供をしていただきたい。 (もちろん過大な広告や宣伝とならないことは公共機関として踏まえる必要があると思いますが) そういった意味においても、提供される情報の「積極的管理」が、本当の意味で生きた情報の提供に繋がるのではないでしょうか。 「機能」や「技術」が第一義とは思いません。 きちんと国民に対して発信するとはどういうことか、国民はどういう情報を望んでいるか、そういった事を機関の中でよくご検討頂き、情報を「発信」していただきたい。ということです。 現状では情報を「公開」している程度に留まっていると感じています。2009-10-29わんころのん23330342
1089001
★アイデア
7.このサイトについてユーザ登録の都道府県欄に「海外」を追加しては?海外在住(中国)です。 ユーザ登録時に都道府県の欄に「海外」という選択肢がなかったのが寂しかったです。 おもわず、 「(役所は)発想が貧弱・狭いなぁ」 なんて思ってしまいました。^^; 海外にすんでいると「愛国心が増す」「日本を違った角度から見える」といった効果があります。 日本で暮らしていては気づかない視点・発想でコメントできます。 現代のようなグローバル化時代には、海外在住者の視点は貴重だと思います。 「海外」を選択肢に増やしてはいかがでしょうか? ユーザ登録時に私が感じたのと逆の感覚〜つまり、、、 「おっ、海外からの投稿を想定してるな。いっちょう期待にこたえるか!」 というような感覚を持たせる効果があるかもしれません。 2009-10-17かつしん32827145
10890027.このサイトについてユーザ登録の都道府県欄に「海外」を追加しては?ユーザが自分でカゴテリを作れるようにするのもいいかもしれません。2009-10-17guicho2.7182832827145
10890037.このサイトについてユーザ登録の都道府県欄に「海外」を追加しては?ご意見ありがとうございます。 事務局において、都道府県欄に「海外」が追加できないか検討します。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当32827145
10890047.このサイトについてユーザ登録の都道府県欄に「海外」を追加しては?対応してからお返事がだいぶ遅くなってしまったのですが、都道府県欄に「海外」の追加を行っております。ご意見ありがとうございました。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当32827145
1013001
★アイデア
4.Web2.0活用ポッドキャスト(ブログキャスト)の採用ポッドキャスト(ブログキャスト)を推進的に活用して欲しい。 委員会や審議会の議事録などがPDFでUPされているが、重要な会議などは音声データなどでも公開して欲しいです。 ポッドキャストはiPodだけでなく、ブラウザや一般のデジタルオーディオプレイヤーで聴けますよ。2009-10-14ta__ki12726146
10130024.Web2.0活用ポッドキャスト(ブログキャスト)の採用いいですね。 地方分権改革推進委員会が議事ビデオを公開していますが、画質・音質ともに悪く、流れがつかみにくいところもあったので、品質の基準や録画・録音方法も基準を作ってほしいです。2009-10-14mro12726146
1334001
★アイデア
1.電子手続き保育所の申込受付を電子化してほしい保育所の数が足りず、抽選の申込のたびに早朝から(ときには数日前から・・)並ばなければならないが、その必要性に疑問を感じている。保育所に預けたいということは、たいてい共働きをしているということであり時間をとることが難しい。まずは公立の保育所に関して、抽選申込の電子化を実現してほしい。2009-11-9山田太郎12726146
13340021.電子手続き保育所の申込受付を電子化してほしいできれば、GoogleMap上に各保育園の空き状況(待ち状況)を表示してもらえると近隣の状況と申し込みの計画が立てやすくなると思います。2009-11-10のぶぞう12726146
1256001
★アイデア
3.行政情報オープン化JISのオープン化 技術立国を強固にするためにもJISの役割は非常に重要と考えるが、 情報を財団法人のJSA(日本規格協会)が独占し、非常に高価になっている。 http://www.jsa.or.jp/ [出版図書] http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Book/html/jp/FieldList.htm?lang=jp[PDF] http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Top/html/jp/ad/libraryserver.pdf  国の政策として、JISを一般公開し、広く技術の標準化を推進する事を強く望む。 また、規格策定時も、よりオープンに公募する事を望む。2009-11-2OhNo02424048
1320001
★アイデア
8.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。確定申告をネットで済ませようと思ったが手続きが煩雑で結局あきらめた。毎年税務署で行列しなければならないし、年々こちらも年をとってきて税務署へ行くだけでも負担になっている。巨額の投資をして構築したシステムならば実際に利用されるように改善することも作ったものの責任ではないか。今年のようにインフルエンザが流行っている状況下ではネットの利用もますます真剣に考える必要があると思う。2009-11-9screw62826248
13200028.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。長期的には同じ願望を共有していて賛成ではあるのですが、ICカードとカードリーダーを買わされながら最後の頼りとなるのは銀行カードと共通で使いまわされている暗証番号(或いはその繰り返し)という現在の貧弱なセキュリティ環境の大幅改善の見通しが立たないうちはやるべきではないと思います。今は殆どが税理士事務所からの電子申請だから何とか秩序が維持されているようですが、国民の過半がやりだすようなことになったら大変なことになってしまいそうです。2009-11-9アナトミ62826248
13200038.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。まったく同感です。 カードリーダーも購入しましたが、結局平日に区役所に行くことができず、個人認証の証明が取得できませんでした。 ネットでやるなら、すべてネットで完結できるようにしてほしいですね。2009-11-9ウコン62826248
13200048.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。医療費が比較的高く、10万円を超えるため毎年確定申告しています。 会社では毎月の医療費の照会がWebで出来るようになっており、 そちらに窓口負担金も掲載されているため、このデータをそのまま 確定申告に使えたなら便利だなぁと感じています。 #現在は100枚以上のレシートを手計算して合計額を出し、袋に詰めて   税務署に提出しています。2009-11-10お待ちかねタンホイザー62826248
13200058.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ62826248
13200068.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。確定申告をするのに、なぜあんな厳密な公的個人認証をつかわないといけないのでしょう? 最近は毎年、税務署に確定申告に行っていますが、いまだかつて、身分証明書を出せと言われたことはありません。申告書はすべてパソコンで打ち出したもので、自筆の部分はなく、印鑑も三文判です。それで確定申告ができるのであれば、公的個人認証は不要なのではないかと思います。ICカードもカードリーダーも不要になれば、もっと利用者が増えるでしょう。ネットになると急に厳密に考えるのは役人の悪いくせです。リアルな世界はもっとルーズですよ。2009-11-11エキストラ62826248
13200078.つぶやき確定申告を簡単にできるようにしてほしい。エキストラ さんの意見に賛成です。電子申告の場合は、ほとんど行政側の自己満足と思います。 署名(自署)や押印(実印や銀行印も含めて)についても、なぜか過度な安全神話があるようですが、現実にはかなり危険でいい加減なものです。だからこそ、本人が知らないうちに婚姻届を提出されたり、住民票を移動されたりする現実があります。 印影さえあれば印鑑の複製はわけもないですし、署名の筆跡鑑定も極めて曖昧なものですし。。技術の進歩により、セキュリティ強度が変わるのは、何も電子署名やICカードだけの話ではないのですよね。2009-11-11Muta Manabu62826248
1156001
★アイデア
3.行政情報オープン化「事業仕分け」のオープン化いま始まったばかりの事業仕分けは、数1000ある事業のうちの200数十件しか、できない(しない)のだそうですね。民主党の議員が自分たちでやるからでしょうか。手が足りないのは当然なのでしかたありませんが、しかしこれを「全部」公開してしまって、国民に見せていろいろ「事業仕分け」的な意見を求めたらどういうことになるのでしょうか。おそらく何百万人の目を通してチェックされるでしょうから、民主党の限られた議員でやるよりはずっといい(早いし、正確だし、多視点からのチェックだし)のではないでしょうか。もちろんとんでもない意見や妨害もあるかもしれません。それでもやらないよりはやったほうが(差引を考えると)効果のほうが大きいような気がします。そうできるなら、民主党の議員がたは、意見を「仕分け」するほうに回れるのではないでしょうか。 「事業仕分け」の作業そのものを公開するのではなく、「仕分け」する事業そのものを公開して、「意見」を「仕分け」しましょう。2009-10-23mita22926350
11560023.行政情報オープン化「事業仕分け」のオープン化賛成します。 国会ないし国会議員の仕事は本来そうあるべきなのだと思います。 議論がわき道に逸れてしまうかもしれませんが、「電子政府」の概念を転換しよう、という提案と理解します。 旧来の「電子政府」は、お上から下々に「このようにせよ」「意見は聞きおく」「手続きを簡素化したではないか」「べんりになったはずであるのに、なぜ、その方らは使わぬのじゃ?」というものでした。 これからの「電子政府」は国民が政策立案に参加する仕組みなのだと思います。 流行り言葉で言えば、その一丁目一番地が事業仕分け=自分たちの税金の使い方に意見を言えることですね。2009-10-24佃 均22926350
11560033.行政情報オープン化「事業仕分け」のオープン化賛成です。 地方自治体で行われている「事業仕分け」には、各自治体に在住する市民・納税者も加わって行われることが多いです。 今回も、「国民」も直接議論に加わり、仕分けに参加できる仕組みがあっても良いと思うし、むしろそうするべきです。 予め「仕分けシート」を参加者にWEB上等で公開し、ストリーミング&WEB会議システム、またはツイッターを活用すれば、地方でもネットカメラ等少額の装備で議論にも参加できるように思います。 (ツイッターの場合は、国民参加者の意見をリアルタイムで仕分けするのが手間かも知れませんが・・・)2009-10-29つぼやん22926350
1392001
★アイデア
7.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理今回の実証は、皆様方から有用な意見を頂戴し実現を目指すのはもちろんのこと、政府機関における対話型サイト活用の検証をしております。この検証においては、今後どの府省が実施したときにも円滑な導入・運用ができるようにノウハウ等を整理しています。そこで、今回いただいた意見をもとに、より皆様が参加しやすい仕組みにしていく必要があり、皆様からいただいたサイトに対するご意見、運営側の意見を整理して「次期サイトの要件案」として整理しました。 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/specification.txt このように早い段階で基本的要件を公開することは、ベンチャーの参入や公平な調達にもつながります。コスト見合い等で実施するかどうか判断が必要なものもありますが、追加すべき機能や不要な機能など、次回に続けるためのご意見を頂戴できれば幸いです。また、モバイルについては現時点では要件に入れていません。多くの人の意見を収集するために必要との認識はある一方で、携帯電話の画面で様々な意見を見たり投票できるのかと言う点もあり、現段階で要件に入れませんでした。ここについても良いアイデアがいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 2009-11-11経済産業省アイディアボックス担当332223050
13920027.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理1.アイディア通番によってリンクがはれること (例えば、>>3 とすると3のアイディアにリンクがはられるなど) 2.どのアイディアとどのアイディアにリンクがはられているかが視覚化されて表示されること もあると便利だと思います。2009-11-11おいおいパパ332223050
13920037.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理次回は経済産業省の中の人が「モデレーター」として、すべてのアイデアやつぶやきに、コメントがほしいですね。 アイデアも意見も貴重なものだと思うし、せっかく書き込んでくれた国民に対して、普段気軽に聞けないことへ返事することが最低限のインセンティブとして対応していいんじゃないだろうか。 また、モデレータの役割として、類似アイデアなどを紐付けし、咀嚼しブレストするくらいが活発な議論を呼べると思う。 同考えても賛成反対のボタンやシステムでアイデアの質や行間を読める気がしない。2009-11-11NPO332223050
13920047.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理投稿したアイデアの修正、削除ができない、体感スピードが重いのは問題としても、機能向上についてはあまり深く考えなくても良いのではと思います。投稿のご趣旨からははずれますが、機能よりも事前のPRが問題だと思います。 1. 機能について 機能要件については詳しくは拝見しておりませんが、毎日新聞社の「勝間和代のクロストーク」程度を参考にすれば十分かと思います。ただし、Yahooリサーチなみに常時使われるウェブサイトを目指すのなら、つまり意見募集というよりもサイトアクセスそのものを増やしたいなどの要件があれば、リピートを逃がさないため、ユーザーが使い難いと感じさせないように十分に検討を加える必要はあると思います。 2. PRについて 短い実施期間であればなお更のこと、事前のメディアでの告知、Twitterを告知に使うにしても、事前に10,000フォロワー程度を確保してからの告知が必要と思います。また、少なくとも公開初日にGoogle Newsに引っかかる程度のPRが必要と思います。例えば、記者会見場を借りて各メディアの記者の方々に集まってもらい、そこでアイデアボックスの位置づけ、今後の方針を含めて発表するとかは必要と思います。2009-11-11岡田治332223050
13920057.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理●アイディアの投稿機能について、 ・アイディア投稿時に類似キーワードを含むアイディアタイトルが表示されること ・投稿のサンプルもしくはテンプレートを提示すること は必要ない機能と思います。ある程度のリテラシーのある方というのが参加者のターゲットでしょうから、テンプレートは必要ないと思います。それよりも、電子経済産業省として今までの政策についてどのように考え、今後どうして行きたいという見解、又は識者の見解を掲載する必要があると思います。 ※アイディア投稿後の修整及び削除は、管理者画面から行えるようにすること は投稿者自身が削除できるのが望ましいと思います。また、完全な営業目的、又は不規則な投稿を防止するため、管理者のチェック後に公開するというフローにする必要があると思います。 ●アイディアの一覧表示機能について ・アイディアタイトル一覧を表示できること は必要ないと思います。理由はページ構成が投稿本文にたどり着くまでに階層が増える恐れがあり、ユーザーの使い難さの増大に繋がるためです。毎日新聞クロストーク、Yahooリサーチのように1ページ目、2ページ目、3ページ目のように投稿者名、投稿時間、アイディア通番、アイディアタイトル、本文をワンセットとして、1ページに数件、投稿順に表示できれば十分と思います。 とりあえずここまで。2009-11-11岡田治332223050
13920067.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理●アンケート機能について 選択肢が10問まで設定可能でマルチアンサ、シングルアンサに対応できること ->シングルアンサで十分だと思います。 利用者プロファイルとのクロス集計ができること ->内部で分析される場合には必要でしょうが、利用者向けのページでは必要ないと思います。 単純に集計結果を円グラフ、棒グラフで表示できれば十分。 その他自由記述が可能 ->これも必要ないと思います。記述したい人はアイデア投稿またはコメント投稿機能で十分でしょう。 ●通知機能について RSSは有りにしても、自分の投稿に対するコメントがあった場合とかの条件付けは必要ないと思います。 ●検索機能について 検索機能そのものがいらないと思います。ウェブですので、ページを表示させてCtrl+Fで十分たど思います。 ●個人プロファイル登録機能について 参加種別として、、、 ->参加種別についてはサイトとしてのポリシーで制限すれば十分で、参加種別ごとに使える機能に制限を 加えるなどのアクセス制御は必要ないと思います。2009-11-11岡田治332223050
13920077.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理>> アイディア(中略)1000文字以内の本文 > コメントの記述は500文字以内 経済産業省等、複数の官庁サイトの意見送信フォームにも同様の制限がありますが、以前に要望等を送るに当たり、関係資料等を引用し、独自の調査結果等も提示し、その上で意見・要望を行うには文字数が大分足りませんでした。(ちょっと誇張) 本格的な活用を考えるのであれば、真剣な議論を行うときに支障をきたすのではないでしょうか。 掲示板形式では分割しての連続投稿も容易にできますが、他のネットコミュニティと比べて短めの制限が何のためにあるのかわかりません。 迷惑投稿としては、それこそ連続投稿でもできてしまうわけですし。 > コメントの記述機能 コメント番号を指定したリンク機能を望みます。 コメントをページとして独立して開ける必要まではありませんが、ページ内アンカーとして容易に参照できるのは、議論が活発になったときの利便性を高めると思います。 > RSS配信ができること 「RSS」は、フィードの内の特定形式の名称で、例えば現在このサイトで使用しているフィード形式は「Atom」です。 求めているのものは本当に「RSS」でしょうか。2009-11-11yo-332223050
13920087.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理素晴らしい。行政には、本当に優秀な人がいますね。 ・アイディア投稿時に類似キーワードを含むアイディアタイトルが表示されること アイデア閲覧時にも、関連アイデアが表示されると、重複投稿などが減るのではないでしょうか。担当者の負担も減ると思います。2009-11-11Muta Manabu332223050
13920097.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理多くのアイデアが出た後、それを構造化し、議論を整理していくことが必要だと思います。 その意味では、トップページにある整理図が必要になりますが、 経済産業省から提供されるだけではなくて、整理図もまたみんなでつくっていける ような機能があるといいのではないかと思います。 しかし、それは簡単な改良ではないと思うので、そこにかかる費用も考えながら、 将来的な課題として実装していければいいと思います。2009-11-11おいおいパパ332223050
13920107.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理そもそも機能自体を変えられること、機能を拡張できること、変化を持たせられることが重要ですよ! もしこのtextを業者に送るつもりなら、さらにもう一つ付け加える事があります・・・ 機能拡張が容易であること、機能拡張をするためのツール群を整備すること。 だいたい、こういう「個々の」「小さな」(と言ってもそれが重要なんですが)改善は、 一つ一つ上げていったらきりがないでしょう。 こういったものを抽象化してまとめ、一度の発注で実現する能力、すなわちシステム設計の嗅覚を行政に求めます。 でも・・・good job!2009-11-11guicho2.71828332223050
13920117.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理岡田治さんへ > ある程度のリテラシーのある方というのが参加者のターゲット 目指すべきは、そして実際に目指しているのは、広く国民に開かれたサイトでしょう。 > アイディアタイトル一覧を表示できること > は必要ないと思います。理由はページ構成が投稿本文にたどり着くまでに階層が増える恐れ 「最新のアイディアと本文が、設定した数だけ一覧で表示」もありますから、利便性としては、利用者が好きな方から見ていけばよいかと思います。 1ページ数件で本文込みで順番に見ていきたいか、 本文はなくとも1ページ数十件で、ソートも併せて全体を見たいか。 > 検索機能そのものがいらないと思います。ウェブですので、ページを表示させてCtrl+Fで十分たど思います。 全ての投稿を1ページに表示させないと実現できませんが、現実的ではないでしょう。2009-11-12yo-332223050
13920127.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理1、 ・アイディア投稿時に類似キーワードを含むアイディアタイトルが表示されること これなんですが、コメント表示時に、類似キワードを含むアイディアタイトルへのリンクが表示される機能が欲しいです。 またコメントの投稿時に、参考にしたアイデアがあれば、アイデアタイトルにリンクを張る機能もあると良いと思います。 その方が類似の内容も含めて縦割りではなく議論をつなげられる。 2、 文字数の制約本文コメントかぎらず、1000ではなく2000の方がよろしいでしょう。 モバイルに対応していなかったとしても、現在の携帯は、フルブラウザを備えている機種が大半ですし、携帯メールが、たしか1000文字じゃやり取りに足りなくなって、2000文字に拡充された経緯があったような気がする。 それに少なくとも、本文よりも、コメントの方が長い書込みは、このサイトですら珍しい事ではありません。2009-11-12rd332223050
13920137.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理投稿機能に文字装飾などは要らないのですが、最低限として、URLは自動リンクが欲しいです。2009-11-12yo-332223050
13920147.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理リテラシーの低い人にも使えるようにというのは公平という官庁のあり方としては当然の考え方、官庁としてのあるべき姿かと思います。しかし、アイデア募集という一種の政策提言の場においては、提言する側にもある程度のリテラシーが必要だと思います。まず、サイトの趣旨からして学生の論文執筆方法の勉強の場や2chのように「ぎゃーwwwwww」などの文章を投稿する場でないことは明らかです。例えば、>課題/問題点>、>達成目標/解決策>、>提案理由>などのテンプレート、アイデアの例やそれ毎にTextAreaを分割することにどこまで意味があるのかわかりません。一概にはいえませんが、方法によっては逆に書き難くなり、事業仕分けの最中ですが、画面項目が増えるとコストアップするという面もあります。ベンダー側としては見積時の算出の使いやすい根拠として使います。まあ、最初に述べた正論に対して、2番目の主張に勝ち目がないのは十分承知していますが。コメントでの提言としては、「論文形式でしっかりとした文章を書きましょう!」です。2009-11-12岡田治332223050
13920157.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理サイト内検索機能に関しては通常のウェブサイトでもほとんど使われない機能と思います。事業仕分けの最中ですが、使うことがサイトの趣旨に照らして死活問題というような重要機能でもなく、かつ使用頻度も少ないであろう機能に関しては最低限の機能、つまり現状程度で十分だと思います。動的に生成されているサイトのようなので難しいですが、例えばGoogleのサイト内検索で十分です。これなら、わずか数行Javascriptをコピペし簡単なテストをする手間=費用だけで、プログラムの設計、コーディング、単体テスト、結合テストなどの手間は必要ありません。 そもそも、アイデア投稿というある種の政策提言の場で、政策提言者が検索機能を使うというシチュエーションをどのようにお考えでしょうか?クラウドもそうですが、具体的な提言は、ベンダーの方や識者と言われる方々がさまざまな思惑をもって投稿するケースが多いと思います。それとも、私を含め一般の人が事業仕分けやYahooリサーチのように他人の提言したアイデアをネタに活発に議論し、他人の提言したアイデアを整理して行く場とお考えでしょうか?活発に議論するのであれば、検索機能の機能向上というよりも、Yahooリサーチのように投稿が時系列順に表示され、投稿もその画面内で行えるなどのGUIにする必要があると思います。というよりも、Yahooリサーチに委託した場合との比較が必要と思います。 デザインの世界でもそうでしょうが、無駄の削減に国民生活者の目が向けられている今日、あった方が便利という程度の理由による安易な機能追加よりも思いきった「引き算」が大事だと思います。2009-11-12岡田治332223050
13920167.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理NPOさま 「すべてのアイデアやつぶやきに、コメントがほしいですね。」 というのはできる範囲で努力していますが、400近いアイディアと1000のアイディアにすべてコメントすることは難しいことはご理解いただければ幸いです。 (正確性や誤解のない回答にするために、1コメントするのに5分から1時間程度、感覚的には平均すると20分程度かかっています) 海外の先行事例を見ても、上位のアイディアにのみ答えるなど、行政コストとのバランスを見て、どこまで答えるのかは模索している段階です。 少なくともアイディアを書いていただいた方に1回(複数投稿している人にはどこかの回答で一回)は担当者からコメントできるようにしようとは試みましたが、管理者画面でも投稿者とコメント者の関連を把握する機能が無いため途中であきらめました。 次回に向けては管理機能としてできるだけ多くの参加者に満足いただけるように工夫する余地はあると思いますので、今後とも検討を続けてまいります。 ご意見ありがとうございました。2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当332223050
13920177.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理検索機能は不要というご意見が有りますが、実は管理者が頻繁に使っております。 関連メッセージの検索や後日コメントしようとチェックしていたメッセージを探すのに使ったり、利用者画面と管理者画面を同時に立ち上げてコメント作業をすることも多いので、そのときに検索を使っています。 おそらくもっと大規模に実施する場合には管理者にとって必要な機能ですし、せっかく機能をつけるならば利用者にも開放した方が良いと思います。 もちろん他にも良い方法が有ればよいのですが、現状は上記のように利用しています。2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当332223050
13920187.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理私は比較的検索機能を使っているんですが、その理由は、自分が書き込んだアイデアのタイトル名をコピペしておいて、そこへ飛んだりするからです。 つまり、アイデアの投稿やコメント投稿したアイデア、気になったアイデアなどをまとめておける、マイページや、ウォッチリストなどの機能があるならば、検索機能の使用頻度は、殆どなくなるかもしれません。2009-11-12rd332223050
13920197.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理「アイデアボックスとTwitterを組み合わせたサイトの提案」を「8.つぶやき」のアイデアとして投稿させて頂きました。追加機能のひとつとしてご検討いただければと存じます。2009-11-12岡田治332223050
13920207.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理プロファイルがそれに相応する事に、ようやく気がつきました・・・。 そのうえでプロファイル内の話ですが、以下の3点が気になりました。 ・「投稿したアイデア」をアイデア投稿とコメント投稿で分けてほしい。 ・「投票したアイデア」で、自分がどちらに投票したかを表示してほしい。 ・「最近の応答」が何を表わしているのかよくわかりません。自分の投稿のあと誰かが書き込んだものなんでしょうか? そういった事も含めて、上部のメニューに「ヘルプ」を用意してほしいです。Webサイトでは、マニュアルPDFをダウンロードさせると言うのは、ちょっと変わっている仕様かと思います。2009-11-12rd332223050
13920217.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理このサイトでどこまでアイディアを育てるか?っていう基準にもよると思いますが、個別のアイディアに対して、第三者のマッシュアップ・ブラッシュアップができるように、投稿データのリビジョンと紐付けた編集履歴の管理ができた方がより良いと思います。 オーディエンスとして賛否評価を行った人達に対しては、リビジョンの更新毎に通知を行い、ブラッシュアップ過程での意見収集(再評価・コメント)ができると、考える側も軌道修正が為やすくて良いのではないでしょうか。 派生やコンフリクト、悪意のある編集などに対する課題は多いですが、一人で考えられる範囲は限られていますし、参加することの意義も増すように思います。 また、他の皆さん同様に、テストドライブとしても、もう少しプロモーションに力を入れた方が良いと思います。2009-11-12k.t.d. iN Lab.332223050
13920227.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理トラックバックスパムの抑止機能 投稿がログインユーザーのみということは、トラックバックにもログインを要求する必要があるのではないか。 1回ごとにセッション付きトラックバックURIを作ったりするのかな。 面倒そう。いや、世の抑止機能よりは楽かな。 検索はよく使ってます。 ここでも、他のサイトでも。2009-11-12yo-332223050
13920237.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理何度か利用する内にここの機能、GUIにも慣れてきました。このサイトを初めて使う人には使い勝手の面で敷居が高い感じはしますが、投稿したいという意欲のある人にはその敷居もあまり影響しないとも思います。主体性のない意見ですが、それが実感です。 検索機能に拘りはありませんが、現状の検索機能に不満はありません。金額見合いですが、検索機能の機能改善にお金使うなら、その分をPRに使った方がよいとも思います。2009-11-13岡田治332223050
13920247.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理管理機能の強化が必要では? 現状では参加者が少ないうえに、参加者のリテラリーがかなり高いので荒れてはいないですが、 参加者が増えてきたら「公務員をたたきたいだけの書き込み」みたいなのも増えてくるんではないでしょうか。 そういう人に限って管理者に発言者削除されると「言論弾圧」とかいってさらに荒れるので発言の管理をする仕組みはカナにか必要。いちばんよくできていると思うのは「OKWAVE」さんのレフリーのシステムです。 あとは、ボランティア管理者を置くかどうかという定款上の問題とか。 技術的にがちがちに仕様を決めるよりも運用方法だけそれなりに決めて、あとから直すほうが絶対にいいとおもいますますが、役所だからそれは難しいのでしょうけど、表示項目とかをこうやって真っ先に書くのってお役所の仕様書ですよ。まずはじめに考えるのは「機能」や「使い方」、もっといえば「ターゲット」なんでは? 技術的な要望としては、複数のアイディアを「まとめる」機能がないと読むのが大変なこと。類似項目のリンクなどではなく、「本当にまとめてしまう」か、個別のアイディアに対する書き込みを凍結して、まとめたアイディアに誘導するなど。 イメージ的にKJ法っぽく。 賛成反対をあとで変更する機能もほしいですが、あんま投票結果を前面に出すと利益の誘導のための組織票とか流れてきて、またそれは荒れる原因になりそう。2009-11-13takkey332223050
13920257.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理問題発言の削除は、24時間365日対応の専門会社がいくつかありますから、民間委託でも良いかも。 必ずしもシステムの管理と、コンテンツの管理を同じ団体がやる必要は無いと思いますし、民間会社に委託していると言う状況ならば、民間会社に直接文句を言えない時点で、荒し側もつまらなくなって辞めるのではと。 あと単純に重複登録抑制機能はあると良いかもしれませんね。 完全同じというより、70%以上同じ文面の再投稿には、変形文字画像の長ったらしいパスワードを入力しないと連続投稿できないとか、禁止するのではなく、連続投稿には、面倒になるぐらい手間暇かかる系の方が望ましいかな。 あと、管理面として、削除したって記述が、残る場合と残らない場合の選択はできる方が良いかと。 「削除しました」ってのが重なった場合、「一連の投稿を削除しました」でまとめるとかそういう系統の機能を付けておいてほしい。 そういう書込みが大量にあるサイトは、見ていてつらいw でも、まったく何も残らず消されるとなんで話の流れが変わったのか分からなくなる場合もあるから。 2009-11-13rd332223050
13920267.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理・アイデアにタグをつけたい タグを使ってカテゴリー分けしたいです。 似たアイデアをタグで関連付けをすることで、大きな流れ的なものが見えてくると思います。2009-11-13nogajun332223050
13920277.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理登録者も1000人ほど、期間もほんの1ヶ月でしたが、 経済産業省アイディアボックス担当 の負担が日々増えていくことを感じました。担当者のコメント数や内容を見ても、その負担はかなりものと思います。 こうした負担を減らす仕組みや機能を考えないと、他省庁がアイデアボックスを導入する際の障害となってしまうのではないかと心配しています。 rd さんが提案されているように、運営管理の一部民間委託も良いですね。 今回、このアイデアボックスで、これだけのアイデアやコメントが集まったのは、行政担当者の感度・反応が良かったことが大きく貢献していると思います。 今後の取組み・展開では、「担当者の負担を最小限にしつつ、さらなる感度・反応のアップ」を期待しています。2009-11-13Muta Manabu332223050
13920287.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理まずはお詫びからです。今回は、まだアイデアが少ない段階で参加し、試験的に以前から作成していた超長文のアイデアをそのまま投稿し申し訳ありませんでした。試験的サイトで試験してしまいました。申し訳ありません。 次回に関しましては、 1.募集の際に今回のアイデア募集内容の総括・分析に基づき、「アイデア実現化の方向性」に関する経済産業省の考えを明確に述べ、募集要項に加えていただきたい。 2.多くの障害者の方々に電子経済産業省アイデアボックスの主旨を伝え、IT技術のコミュニケーションの利点をより多くの障害者の方が教授出来るようなアイデアを募集して頂きたい。 3.モバイルの活用においては、個人情報は申し上げられませんがヘレンケラーホンの開発者もご健在であられますのでご意見等を頂いてはどうでしょうか? 4.上記に関連し、携帯電話での投稿アイデアの音声読み上げ・音声入力での投稿・点字入力での投稿等があっても良いと思います。 5.最後に、デジタル経済産業省担当者様の熱心で真摯な姿勢に敬意を表します。是非次回も頑張って頂きたい。2009-11-13takechan332223050
13920297.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理モバイルは検討の余地があると思います。その理由は下記の効果があると思われるからです。 ・より幅広い層の人に参加してもらう ・よりタイムリーに、より頻繁に参加してもらう 経産省でのアイディア募集となると、投稿者はPCを使っているケースが多そうなので、実質的には、前者はあまりニーズは多くない可能性はありますが、もはや民間のWebのサービスでモバイル抜きで考えるものは少なくなっているかと。2009-11-1475332223050
13920307.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理確かに、これまでの実験成果を見ていると、モバイルは必須と言う気がします。 以前別の投稿でも書いたのですが、たぶん、モバイルというか、携帯電話を入れないと、発言者が、きわめて男性に偏るのではないかと。 それと同時に、携帯アクセスの端末認証での登録が可能になると、一人で複数アカウントを所持する事がしにくくなると言う防衛策でもあります。 理想は、モバイルサイトではなく、サイト連動の携帯アプリ版の「アイデアボックス」を用意することでしょうか。 2009-11-14rd332223050
13920317.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理将来的には欲しいと思うけど、新たな取り組みを軌道に乗せるという段階では負担が重いかなあ。 広く興味を持たれる状態にまで行かないと。 携帯電話不所持者を排除するわけにもいかないでしょうから、多重アカウント抑止への活用は難しいんじゃないでしょうか。2009-11-14yo-332223050
13920327.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理使用する技術は、規格・仕様・標準及びこれらに準ずるものに適合すること。 機能は、目的に適うものであること。 なんとなく機能があるっぽいけど杜撰、というのは困る。 こことか。2009-11-14yo-332223050
13920337.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理多重アカウントの防止は無理でしょうね。 ただ、メールアドレスでアカウントを作成するよりは間違いなく抑止できるかと。 かかるコスト比が、携帯:メール=1000:1 とかになりますし。(そんなもんではすまないか・・・) 1点追加。 書き込みの修正機能に関してですが、一度投稿したことを修正すると言う事は、賛成や反対を受けたあとに内容改変が可能と言うことです。 機能的にそれはいただけないかと思うので、修正機能をつけるのであれば、何らかの対策が必要です。 例をあげるとすれば、 1、改変が起きた場合、それまでのコメント書き込み及び賛否についてクリアする。 2、コメント、投票があった場合は、改変はできなくなる。 3、改変が起きた場合、投稿や投票した人のプロファイルに、その事が赤字など目立つように表示される。 こんなところでしょうか。2009-11-14rd332223050
13920347.このサイトについて【経済産業省より】次期サイトの要件整理もう1つ。 よく考えると、投稿の削除は管理側の判断を踏まえた方が良いかなと。 無条件で、削除を許可すると、多少なりと投票の操作が可能となるんですよね。 申請型にして、なぜ削除をするのか理由を受けた上で管理側の判断で削除した方が良いかなと。 少なくとも投稿者の判断が変わったぐらいで削除されては、投票者の賛成者的には嫌でしょうし、と言っても圧倒的に批判が多い内容であれば、削除を認めても良い場合もあるでしょう。 少なくとも、アイデアの取り下げは、自動処理や個人の判断で取り下げて良い物ではないかと思います。2009-11-14rd332223050
1012001
★アイデア
2.行政ホームページgoドメインの徹底政府関係のサイトで以下の2サイトはgoドメインになっていません。 http://eco-points.jp/ http://juki-card.com/ 偽サイトによるフィッシング詐欺、ウイルス配布が行われている中、政府関係のサイトでgoドメインが徹底されていないのはいかがなものでしょうか。 上記のようなURLならいくらでも似たようなURLのサイトが作れます。 犯罪防止の観点、またサイトの信頼性を高めるためにも改善するべきだと思います。2009-10-14resubew223227552
10120022.行政ホームページgoドメインの徹底特に、 http://eco-points.jp/ の方は、個人情報の入力を行うページであり、 この様な状況が続くと、社会全体のフィッシング詐欺耐性を低下させることにつながる。2009-10-14kei223227552
10120032.行政ホームページgoドメインの徹底賛成です。 このサイトも metiideas.secure.force.com となっており、 本当に経済産業省なの?と疑問です。2009-10-14kn1uji223227552
10120042.行政ホームページgoドメインの徹底追記です。 こちらのサイトで問題が詳しく書かれています。 http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20090826.html2009-10-14kn1uji223227552
10120052.行政ホームページgoドメインの徹底リンクです。 http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20090826.html2009-10-14kn1uji223227552
10120062.行政ホームページgoドメインの徹底現時点で、とりあえずお答えしますと、グリーン家電エコポイント事務局は、民間のグリーン家電エコポイントコンソーシアムが運営する民間の組織ですのでgoドメインを使っていません。 犯罪防止、サイトの信頼性向上のために、今後どうすればよいかなど、引き続き意見をお願いします。 以下は、goドメインに関して詳しくない方のための参考情報です。 goドメインの使用については、政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(第4版)42頁に記載されています。 http://www.nisc.go.jp/active/general/pdf/K303-081.pdf2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当223227552
10120072.行政ホームページgoドメインの徹底metiideas.secure.force.com でドメインが表示される件は、このサイト構築に民間サービスを活用しているため、その仕様により変更できないことがわかりました。 政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(第4版)解説書P92では、既存のwebサーバなどを利用しgoドメイン以外のサーバの使用が避けられない場合には、トップ画面がgoドメインであることやgoドメインの問い合わせ先があることなどの一定の条件の下、goドメイン外の使用を認めており、今回はそのケースにあたります。 今後、外部サービスを使う機会も増えると考えられ、コストや提供までのスピードなどの利便性と安全性・信頼性のバランス等を考える機会も増えると考えられます。よりよい管理方法など有れば、是非アイデアをお願いいたします。2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当223227552
10120082.行政ホームページgoドメインの徹底実現が容易な事柄に対して、責任放棄する例外の適用が安易に過ぎます。 セキュリティの優先順位を上げるべきです。 怪しいURLでも信頼すべきサイトの可能性がある、などという状況を作ってはなりません。 民間委託事業であれ、根底が政府事業であれば、政府がサイト運営の責任を共有し、国民に明示できる体制を作るべきです。 場所と人員を用意する「偽事業所」と比べ、「偽サイト」は作成は格段に容易で検挙リスクは格段に小さい以上、格別の抑止・予防策が必要です。2009-10-17yo-223227552
10120092.行政ホームページgoドメインの徹底経済産業省アイディアボックス担当さん 以下の環境省のサイト エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について の中で、エコポイントの登録・商品交換申請手続き先として http://eco-points.jp/EP/apply/index.html がリンクされています。 これは、 政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(第4版)1.5.2.6 ドメイン名の使用についての対策(1)(a)(ア)が遵守されていないということじゃないんでしょうか? 上記を見ても分かるように、そもそも政府主体の事業なのに、運営を民間委託しているからgoドメインを使わせないというのは無理があると思います。 政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(第4版)1.5.2.6(ア)(ウ)のサーバ使用についての 行政事務従事者への遵守規定を政府委託事業運営事業者にも適用するべきではないでしょうか。2009-10-17resubew223227552
10120102.行政ホームページgoドメインの徹底例外規定があるのでリンクは問題ない?ようですね。 しかし、偽サイトへの誘導は直接URLでされるので、政府ドメインページでの運営組織の明記は安全の担保にはなりませんね。 エコポイントサイトには下部に環境省、経産省、総務省、住基カードサイトには総務省のロゴリンクがついてます。これらのロゴも全く安全の担保にはなりませんし、むしろgoドメインでなくてもロゴがついてるから安全という誤解を与えかねません。 このような状態が続くと国民のリテラシ低下を招き、将来に渡りセキュリティリスクを高めることにもつながります。 前コメントで 遵守規定を政府委託事業運営事業者にも適用するべきと書きましたが、現在の規定の中でも政府事業のサイト管理は、施策に対する責任を持つという意味で行政 が行うのも選択肢の一つだと思います。 住基カードサイトの場合ですと問い合わせ先は総務省になってますし、そもそも 地方自治情報センターに委託して運営する必要があるのかも疑問です。 このような観点からもサイト運営を見直し、行政が行うべきは行い、委託が必要なものはgoドメインを使わせるような運用に変えていくべきじゃないでしょうか。2009-10-17resubew223227552
10120112.行政ホームページgoドメインの徹底むしろ、lg.jpドメインを使うべきでは?2009-10-17なかむら223227552
10120122.行政ホームページgoドメインの徹底サイト運営者が民間(財団)であると明記の上で、同時に「○○○○省委託」と明記して.go.jpを名乗っているサイトの例は、複数あり。 http://hakarukun.go.jp/ http://www.bosei-navi.go.jp/ whois してみると、これらドメイン名を役人が取得してあげていることがわかる。 一方で、自治体や企業のサイトが.go.jpドメインを使用している例もあって、もう何がなんだか (ノ´∀`)ノ http://www.tokyo-eiken.go.jp/ http://allergy.go.jp/2009-10-19sen1019223227552
10120132.行政ホームページgoドメインの徹底allergy.go.jp 独立行政法人国立病院機構相模原病院 allergy.go.jp : 219.166.49.188 www.tele.co.jp :? 219.166.49.188 たぶん、 独立行政法人が登録したallergy.go.jpドメインを、 過去にIT屋の共用サーバ上で使用していて、 当該サイトがallergy.go.jpを使用しない形でサーバ移転して、 当該サーバ上からallergy.go.jp用データは消えて、 しかしDNSにallergy.go.jpが残っていて、 allergy.go.jpで当該サーバに行き着き、 無効なallergy.go.jpに代わりデフォルトホストであるIT屋自身のサイトが表示されている、 とかじゃないでしょうか。 ドメインの管理不徹底によるセキュリティ事案2009-10-19yo-223227552
10120142.行政ホームページgoドメインの徹底都道府県サイトのlgドメインの導入もバラバラですね。 lgドメインで登録してても利用してなかったり、lgドメインなしでアクセスしてもリダイレクトせず閲覧できたり。 登録だけしているところは登録自体は数年前になってるんで、lgドメイン新設時に登録だけしてそのままみたいですね。 リダイレクトしないでそのまま閲覧できるのは担当者がlgドメイン導入の意味を理解していないんでしょう。 lgあり、なし両方で閲覧可能:宮城、山形、茨城、群馬、埼玉、富山、石川、福井、長野、岐阜、兵庫、岡山、山口、香川、佐賀、長崎、大分、沖縄 例: http://www.pref.miyagi.jp/ http://www.pref.miyagi.lg.jp/ lgなし:岩手、福島、東京、神奈川、山梨、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、奈良、徳島、愛媛、熊本、鹿児島2009-10-19resubew223227552
10120152.行政ホームページgoドメインの徹底http://allergy.go.jp/ -> http://www.allergy.go.jp/ 転送されるようになった。 wwwの有無を吸収できなかっただけか。 移転とかは変に考えすぎた。確認不足org お疲れ様です>何かした人2009-10-23yo-223227552
10120162.行政ホームページgoドメインの徹底政府系で汎用jpって、まだありますね、例えば... 「官公需情報ポータルサイト」(中小企業庁) http://kankouju.jp/ 「デジサポ 総務省テレビ受信者支援センター」 http://digisuppo.jp/2009-10-27sen1019223227552
10120172.行政ホームページgoドメインの徹底騙りの可能性を捨てられない俺がいる http://ameblo.jp/kanteijp/ 民間委託であるとか費用節減であるとかの話もあるが、 国家指導者の言論には、信頼性と格調も重要ではないか。2009-11-5yo-223227552
10120182.行政ホームページgoドメインの徹底首相官邸ブログって、サイバーエージェントによる、客寄せのための真性の騙り(かたり)じゃないんですか?kantei.go.jpからのリンクはないし、リリース(http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2009/1104_2.html)によれば、コンテンツは首相メルマガの流用だっていうし、。 誰でも作れるんじゃん。 騙りサイトが現実社会に混乱を起こしたことは、New York Times や WTO など複数の実例がありますが(http://www.rll.jp/hood/text/intellipunk/20081114002154.php)、このような事件を対岸の火事扱いしてられるのは、いつまでのことか。 どうせなら、アメーバじゃなくって、ニセ首相官邸ホームページ(http://www.t3.rim.or.jp/~s-muraka/kantei/pkantei.html)を復活させて、やってほしい。2009-11-8sen1019223227552
10120192.行政ホームページgoドメインの徹底首相官邸オフィシャルチャンネル - 内閣官房内閣広報室・内閣府大臣官房政府広報室 | トップ | オフィシャルチャンネル http://kantei.channel.yahoo.co.jp/ Yahooにも似たようなのがありますね。2009-11-9resubew223227552
10120202.行政ホームページgoドメインの徹底"政府事務局サイトのドメイン"問題 落とし前付けて下さいね。  また、ここにも一つ。 こんなサイトなんて、誰でも作れます。 私でも、悪意を持った者でも。 http://tansu-keitai.jp/ Copyrights 2009 たんすケータイあつめタイ事務局2009-11-14sen1019223227552
10120212.行政ホームページgoドメインの徹底事務局が何なのかもわからない。 信頼性を担保するものが何もない。2009-11-14yo-223227552
10120222.行政ホームページgoドメインの徹底非.go.jpや民間利用のサイトをまとめた https://***.go.jp/ なリンク集サイトがほしい。2009-11-14yo-223227552
10120232.行政ホームページgoドメインの徹底で、各サイトでは、偽サイトや安全確認方法に関する注意喚起を確実に行う。 せめて。2009-11-14yo-223227552
1121001
★アイデア
1.電子手続き電子手続きの普及「クラウドコンピューティング」サービスを利用しているとの記事を読んで、このサイトに来ました。ネットブックの非力なCPUでも、当サイトはサクサク動いてくれてます。 さて、せっかくですから、電子手続きの国民的普及促進について、アイディアを書きます。 1.電子手続きをしてくれた人に、お得なサービスを付ける 電子手続きを導入しても、それを使わない人のために、人なり紙なりの代替受付サービスとの併用が国民への平等サービスと言えますが、なんとか、より多くの人に電子手続きのツールを選択してほしい。 そのために、電子手続きをした人になにかしら、お得なサービスなりを付けてはどうでしょうか。お得なサービスはなんでもいいです。税控除でも、行政サービスのポイント取得でも、なんでも。 電子手続きを選べば、お得なんだという人を増やす、ITや機械へのハードルも、ちょっと面倒くさくても、電子手続きを使う人が、より増えると思います。 それによって行政サービスにかかる時間や人件費も抑制できれば、お得なサービスに対するコストの説明になるのでは? 2.学生へのIT教育 年寄りやITが苦手な人に、普及するにも限界があるでしょうから、若い人へのIT教育を更に、お金をかけて行っていってください。 3.ユーザーフレンドリーなITテクノロジーの適用 IT、機械に不慣れな人は、タッチパネルでメニューを選択させるアプリケーションでさえ、訳のわからないものです。ましてや、キーボードをたたかせるなんてのは、論外です。 ですので、ここは音声認識によるアプリケーションなどを幅広く利用してもらいたいものです。音声により、投稿できるとか。 その他、もっと抵抗なく利用できるユーザーインターフェースを実現するITテクノロジーをどんどん採用していってください。2009-10-20cdeyw79103428652
11210021.電子手続き電子手続きの普及「その他、もっと抵抗なく利用できるユーザーインターフェースを実現するITテクノロジーをどんどん採用していってください。」!! 拍手! 拍手! 地デジ化で、通信と放送の融合が進むだろうと言われてますよね。 テレビで、インターネットできるようになるって、インターネットの利便性をパソコンや携帯が使えない人でも享受できるようになる絶好のチャンスを含んでいると思いませんか? テーマ5の方で、何かそういう事がらみのアイディアを投稿したいと思っておりますので、ここを訪れた方々、是非そっちの方も探して読んでくださいませ。そして、もっといっぱいいろんなアイディアを皆で列挙しましょう!2009-10-20キーコ103428652
11210031.電子手続き電子手続きの普及電子申請の普及について全面的に賛成です。 ただ現状を見ると、様々に問題があると認識しております。 役所縦割りでシステム開発されたため、個別細分化されたシステムが多く、 結果として自治体の現場やユーザーの負担を強いるものになっています。 システムを使った申請手続きのスキーム全体を見ると、ユーザーサポートや障害対応 などがお粗末だったりします。 システムでも各自治体などを含め重複的な投資が目立ちます。 クラウドコンピューティングと国益・国際戦略的な観点で総合的に見直す必要が あると考えます。2009-10-20tokusah103428652
11210041.電子手続き電子手続きの普及1.国としてのITグランドデザインが見えない。 例えば現状では、認証基盤が個別化され、ユーザー側でそれぞれに対応しなければならず負担となっているとともに、全体的に国家的な戦略が見えない −認証基盤には ・政府認証基盤(GPKI)  ・地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)  ・公的個人認証基盤  ・商業登記認証局 ・民間認証局(特定事業認証など) 等といったものがあり、互いに要件に応じてブリッジされているものの、総務省内で縦割りに管理されており、インフラとして重複している。 −そのため例えば、ユーザーは電子入札のために民間認証局へ1枚2万円で納期2週間のICカードを申し込む必要があるが、一方、国税のe-taxでは市役所で5百円の住基カードを30分で発行してもらっている。ユーザー側で用件に応じて複数のICカード(電子証明書)とそれに必要となるソフトを設定する必要がある。 −実際、電子入札では住基カードは使えない。双方とも個人を証明しているが。−電子入札では個人事業主の参加も多いが、個人事業では商業登記が無いため、彼らの電子入札用ICカードには企業情報は記載されていない(住基カードと同じ) −今後の国際戦略上、例えば東アジア共同体のような構想に対して、現状があまりにも個別細分化し、国内でドメスティックになってため、日本として「国際間も含め、ITインフラはどうあるべき」という考えを出せない。 −電子署名法には認証のみについての定義が無く、法的はPKI以外での認証についての裏づけや位置づけがない。電子認証と電子署名を分けて明確な法的定義が必要である。これでは社会全般で飛躍的なシステム普及が進まない。 2009-10-20tokusah103428652
11210051.電子手続き電子手続きの普及2.システム開発・普及に天下り団体やサイバーゼネコンの利権が常に絡むことと、さらに自治体やユーザーの負担増などスキームをいびつにしている −例えば、電子入札システム(電子入札コアシステム)は、国交省がJACICに開発を委託し、JACICが全国の都道府県・市町村や旧公社公団などへ販売している。 いわば税金でシステムを作って有料でばら撒いている。(東京都や岡山県は独自システム) −JACICはサイバーゼネコンへ丸投げして開発されている。 当初はリースで大きい自治体に販売した。その後、売上が落ちた頃に安価にASPでサービスを始めた。(なぜ当初から、安価にASPで提供しないのか?) −電子入札コアシステムは、保守込みでリースしているが、ユーザーサポートはノータッチだ。 ユーザーサポートは各自治体など発注機関で行っているが、結果として自治体側は十分なマンパワーが割けず、また、サポート情報が各発注機関で分散化するなど非効率な状態になっている。 結果、ユーザーが自治体や認証局などの間でたらい回しになったりして、最終的に自己責任ということになっている。 ユーザーサポートも含めたスキームが必要だったはず。(これではシステム売りっぱなし) −電子入札用のICカードは民間認証局へ申し込むが、     住民票・印鑑登録証明書・商業登記簿謄本・会社の印鑑証明が必要。(費用も2万円で2週間程度かかる)  個人事業主については商業登記簿がないため、電子入札用ICカードは住基カードとほぼ同じ内容になっているが、住基カードは電子入札では使えない。2009-10-20tokusah103428652
11210061.電子手続き電子手続きの普及3.役所縦割りで開発されたシステムが多く、ユーザーの同一PCに共存できない場合が多い (ユーザーが複数台のPCを用意する必要がある) −例えば、不動産登記(法務省)と電子入札のシステムは、JAVAのバージョンが違うためPCを分ける必要がある。2009-10-20tokusah103428652
11210071.電子手続き電子手続きの普及4.InternetExploreなどのブラウザやJavaなどのソフトを利用しているため、ブラウザの強制終了など様々な障害が常態化している。(いったいどのような検収をしたのか?また、システムの障害対応が欠落している)  −ブラウザやJavaのバージョンが自動アップデートで変わると正常動作しない  −Yahoo・Google・WindowsLiveなどのツールバーで障害  −Jwordプラグインなどのプラグインで障害 −ブラウザやツールバーのポップアップブロックの設定で正常に画面展開しない −セキュリティソフトやブラウザのセキュリティ設定で障害2009-10-20tokusah103428652
11210081.電子手続き電子手続きの普及電子手続きに関しては、反対のしようのない当然の提案だと思います。 tokusahさんも書いておられますが、電子手続きのユーザ側のインフラとして、IEでないとだめとか、レベルが低い障壁が未だ数多く残っているように感じます。(例えば、先ほど、ペイジーのサイトを他のアイデアのところで紹介されていたのですが、Firefoxだと巧く作動しませんでした) これは多分時間が解決する問題なのだろうと思いますが、行政側のITリテラシを高めて頂き、IT的に見た「バリアフリー」を早く実現して頂きたいものと存じます。2009-10-24島崎丈太103428652
11210091.電子手続き電子手続きの普及長文失礼します。 あえて反対に入れさせていただきました。 理由は、 >1.電子手続きをしてくれた人に、お得なサービスを付ける まずこんなとっかかりの悪いシステムに関して、生半可なサービスでどうこうなると思えません。 財源も必要ですしね。 何よりも、電子手続きを普及する役所の事務員などが、まったくシステムを理解していない例が多すぎる為、本来の業務が滞るとしか思えないと言う点もあります。つまり残業が増えたりで実質コスト増。 まだわからない人に普及させられるレベルまで来てないと言うのが正直な感想です。 >2.学生へのIT教育 教育しなきゃならないレベルじゃ、普及は無理です。もしやるならば教育ではなく慣れさせる必要があります。 つまり、宿題をCDで提出とか、一般的な全ての授業でITを普通に使うといったIT系でやるのが当たり前という常識の刷り込みが必要です。携帯電話の使い方の授業はないですし。 >3.ユーザーフレンドリーなITテクノロジーの適用 これはその通りだと思いますが、音声認識はよろしくない。というかですね、実のところ、情報流出は、ウィルスの何十倍も声で流出しているものなんです。扱うものの重要度が高いほどその懸念が増えます。音声により投稿できるという事は周囲に人がいたら聞かれるって事です。 つまり、音声と別の操作と組み合わせる必要が出てくるんですよ。でも、複数のインターフェースを取り扱わせるって、すごくユーザーフレンドリーでないシステムじゃないですか? 個人用の遮音システムとかでもできないと、認証関係の音声認証は難しいと思います。 個人的な感想ですが、普及したときに電子手続きを使う人は、そもそもタッチパネルも使えない程ITや機械に慣れていない人ですかね? 私はユーザーフレンドリーであるよりも簡潔である事の方が重要な気がします。 もしくは、基礎レベルでの操作方法の共通化と言っても良いかもしれない。 地デジとかってテレビとしてはアナログより操作が難しくなってますよね。比較対象でごまかしていますけど、今後あらゆるものごとは、特化製品よりは簡単だけど、難しくはなっているという方向に動いていくんだと思います。 それでも苦手な人が少量残るのであれば、端末機を持った認証手続き士のようなサービスマンを作って、必要な時に家まで呼んでもらっても良いんじゃないですかね。 長くなりましたが、電子申請を普及させるならば、まずエンドユーザーと対面する機会のある、様々な役所の電話対応員や窓口の事務員に、全ての電子申請の使い方を、徹底的に叩き込んでからだと思います。 正直、質問した相手に「担当じゃないのでわかりません」とか言われるのは、ユーザーフレンドリー以前の問題でしょう。2009-10-30rd103428652
11210101.電子手続き電子手続きの普及「難解で強固な(=覚えられない)暗証番号・パスワードを覚えられない人はサービスを断念するか、安全を断念するかどちらかを選べ」といわれているような現況を前提にする限りは電子手続きの普及には賛成しかねます。民主主義と相容れません。  誰にでも安全に使いこなせる暗証番号システムが提供されれば賛成に転じます。この観点から「パスワードの改良」というアイデアを投稿した方に賛同します。2009-11-6アナトミ103428652
11210111.電子手続き電子手続きの普及願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ103428652
1072001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成小額決済環境の作成(satokenz案)"Webの中で流通する貨幣、1円から送金できて たとえば、こういうアイデア募集を無料でやろうなんていう暴挙を国が行わないようにするシステム。 (どんなヘボ案でも、30円くらい送金とかできるようにする。 米国でオバマが勝利したのは小額決済がペイパルでできるようになっていたからで、 お金の流通させるインフラを国が主導で行うのはとても理にかなっていると考えられる。) アマゾンやgoogle、Appleの決済にペイパルがスタンダードになってしまい、 ネットで金を使うときは海外に手数料を払わないと決済ができなくなる次代は近い。 (決済は額の大小にかかわらず一回使えてしまえば、あとはそのまま使い続けるジャンルのもの。) 純国産のWeb小額決済環境を作りましょう! できなきゃAmazonや、Google、Appleに税金を払うようになってしまう! ネットで決済を行いたいときに、国産ペイパルに口座を作り決済代行を行う。 決済には ・現金(ポイント化) ・カード ・銀行 などが使え小売店がすぐに口座を作れる。 個人売買のときも、その口座を利用。 個人売買の売り手に確実簡単にお金が送金されるようにする。 Webサイトやアフィリエイトの徴収口座としても使え、とにかく便利にする。 (使えない国主導のサービスというレッテルは晴らせない自助努力が必要。) 違法ダウンロードなどが横行するのも、数百円のデータを買うのにわざわざカードの情報を公開しなければならないからで、その恐怖+対価をネット上にさらすなどできないという潜在的な不安があるから。 そこらへんを取り除くことで、知財の流通を増やすことができ、かなりの情報のやり取りができるようになるのでは。 ITの技術の問題よりも心理的要因や、インターフェイスの利便性などが経済を前に進めないようにしているのだから、その障害を取り払う必要がある。 アプリケーションの開発や、ハードの開発など上層レイヤーを支援する前に、リソースの行き来を支援する施策=金の流通を助ける施策が必要。 (日本経済を盛り上げるのに道を作ったときのようなもの。リソースを流す道である金を流せるようにしてやってくれ!) だから、この小額決済支援環境の作成を提案します。 あと、アイデアを募集するなら金をください。 無料でアイデア募集と貸しているから、知財を軽視する文化が生まれるのです。 これからの日本は知財で金をガンガン稼ぐ「経験」が必要です。"2009-10-16satokenz42724354
10720025.ITベンチャー・技術の育成小額決済環境の作成(satokenz案)「評価に見合う」、そして一方では「実績に見合う」ような金額を、足りすぎず多すぎず払う機構も必要ですね。 まあ、アマゾンに金を払うことになるかは知りませんが…。2009-10-17guicho2.7182842724354
10720035.ITベンチャー・技術の育成小額決済環境の作成(satokenz案)Paypal、Amazon、Googleは民間企業です。もし十分儲かる分野なら、わが国の企業が参入しているはずですから、放っておいても問題ありません。一方、儲からない分野であるなら、それは国民の税金を投入する事業である、という認識が不可欠です。 私としては、経済産業省がこのような事業に手を出すのは反対です。既に名乗りを上げている企業が複数あって、それらを取り持って規格を統一させる、あるいは利用者に不利益がないようそれらを監督する、というのなら経産省が活躍する余地は十分あると思いますが、そうでないなら、まずは民間の活力に期待すべきでしょう。 もちろん、「外国の企業にできて、なぜ日本の企業にできないのか」という疑問を抱くのは大事なことです。しかし、そこからいきなり「とりあえず国が全てやってくれ」という結論にもっていくのは、ずいぶんと乱暴な話です。税金がいくらあっても足りません。2009-10-17Torisugari42724354
10720045.ITベンチャー・技術の育成小額決済環境の作成(satokenz案)今、多く(?)の銀行は、同一銀行内の送金は無料になっています。 しかしながら、他行間は有料です。 これはたしか送金のための「税金+決済システム利用料」が掛かったように記憶しています。  税金をなくせば、無料での送金を行う金融機関がでてくる可能性はありそうですが・・・ ?2009-10-25Woody42724354
10720055.ITベンチャー・技術の育成小額決済環境の作成(satokenz案)セカンドライフ(米リンデンラボ社)の世界では、米ドル基軸ですが、リアルマネーと兌換できる通貨が日本円の0.5円単位で存在し、その世界のなかでの全ての決済に使われています。 お金の動きを過去に遡ってリストアップする事もサービスされてますし、商品の受け渡しを伴わない、チップとしての個人への支払も自由に出来ます。 このような、仮想空間とリアルマネーを繋ぐシステムを構築すれば、より管理できる、より自由な小額決済の方法へ繋がるように思います。 因みに、リンデンラボ社でリアルマネーに両替するのが正式ですが、日本企業でも両替をしている会社が存在します。 その際は、PAYPAL等も利用されているようです。 国の認証の元のマネーフローであれば、対個人の消費税課税についても把握ができやすくなると想われます2009-11-9ティガ42724354
1090001
★アイデア
3.行政情報オープン化統計情報の省庁横断検索・RSS化事業計画やプレゼンテーション作成時に統計情報を引用させていただくことが多い。 特に仕事柄(IT、学習支援、人材研修)、総務省、経済産業省、文部省の情報は重宝している。 ただ、探すのが面倒、常にウォッチしているほど暇人でもない。 そこで、、、 ・横断的にキーワード、年次等で検索できる ・RSSやメルマガで、自動的に配信されてくる と嬉しいです。2009-10-17かつしん32322154
10900023.行政情報オープン化統計情報の省庁横断検索・RSS化統計情報については、総務省統計局が政府統計の総合窓口(e-Stat)を解説しています。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do e-Statでは、統計ニーズに係るアンケートも行われています。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/anktListView.do?method=init 経済産業省でも、いくつかの経済統計を扱っています。 http://www.meti.go.jp/statistics/index.html 経済産業省では、今年から、経済産業省の統計をただ公開するだけでなく、 より国民や企業の方に積極的に活用していただくためには、 利用者用にどのような機能を提供していけばよいか、委託調査研究を始める予定です。 アイディアボックスでいい意見が出てくれてば、調査研究の中で取り上げていきますので、 ぜひ、どのようなニーズがあるか、ご意見をアイディアボックスにお寄せください。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当32322154
10900033.行政情報オープン化統計情報の省庁横断検索・RSS化統計情報をより使いやすく、また、利用しやすい形で提供するための調査研究を行います。 本調査研究について、下記公募を開始致しました(10/15〜11/4)。 ご興味がある方はご覧ください。 「平成21年度電子経済産業省推進費(統計情報のXML利用環境の整備に関する調査研究)」 http://www.meti.go.jp/information_2/data/20091015114803.htm2009-10-22nobu32322154
10900043.行政情報オープン化統計情報の省庁横断検索・RSS化アイデアボックス担当者様 > 勉強不足で発言して失礼いたしました。 カテゴリや省庁で絞り込んでの検索、RSSも実装されており、まさにこのイメージでした。 早速、購読させていただきます。 脱線しますが、、、、 アイデアボックスのような取り組みは素晴らしいと思います。 常設されて、一般に普及していくまでは、 省内で色々な議論・抵抗があると想像します。 外部からの官僚叩きも激しいですし。。。 応援しています。頑張ってください!!2009-10-26かつしん32322154
1171001
★アイデア
1.電子手続き電子申請と従来申請延長線上としない現在の電子申請は、従来申請の延長線上で申請書類が定められているため、電子化できない紙書類の提出を求められることが多々あります。そうではなく、どのようなものであれば電子申請で提出可能であり、紙の書類がなくても手続き・審査を完結できるかを前提に見直してほしい。2009-10-24haltake12523254
11710021.電子手続き電子申請と従来申請延長線上としないたしかに言われてみればそうですが、むしろ電子申請のフォームを決めておいて、なにか事故があって電子申請ができないときは代替の方式を決めておく、ということなのではないでしょうか。その代替が「紙」である場合もあるでしょうし、、、。まあ、だいたい「紙」になるでしょう。そのとき「紙」書類は、以前のものと同じフォーマットにはならないでしょう。そういう「意味では、「併用」が正しいように思います。2009-10-26mita12523254
1328001
★アイデア
2.行政ホームページ市区町村ホームページの標準化"各市区町村のページは、フォーマットがあまりにも違い、同じような情報を探そうとした場合に探すのが大変です。 提供サービスが地域によって違うので、標準化は難しいのかもしれませんが、標準化する(標準の推奨スタイルを規定)ことで、市区町村にとっては、HPの作成、運用などのコストを最適化でき、国民にとっては、引っ越すたびに情報を探すときの手間を省くことが出来ると思います。  改善のために、「市区町村のHPコンテスト」を実施したらどうでしょう"2009-11-9kmiho43126554
13280022.行政ホームページ市区町村ホームページの標準化賛成。 デスクトップアプリケーションでは、Apple human interface guidelinesという名著がありますが、それみたいなガイドラインを作成して自治体に配布すればいいと思います。2009-11-9鳥取ループ43126554
13280032.行政ホームページ市区町村ホームページの標準化賛成です。もちろん、全部を同じにして欲しいとは言わないけど、少なくともよく使うところだけは同じような仕組みにして欲しいと思います。2009-11-9しん43126554
13280042.行政ホームページ市区町村ホームページの標準化どちらかといえば賛成。 厳しいこと言わせてもらいますが、 制作費に400万?、月額維持費に10万?、各部署の担当者の更新作業負担や根回し承認待ちのトータルコスト、の割に 人口20万都市のHPで1日2000?3000PV(市民が市役所のHPを見るのは年にたった数回という計算)という現実を考えると、横並びで誇らしげにつくってるHPは必要なのか?という疑問もわきます。 もしくは、市勢情報&各種手続き&ゴミ出しの情報+各部署情報はブログでもいいのでは。>制度が変わったりしても、「情報は市報&HPに載せてます。見ない/知らない/聞いてこないアンタが悪い」といわれるので。(階層が深くても) >改善のために、「市区町村のHPコンテスト」を実施したらどうでしょう? 訳のわからん「有識者」ではなく一般人や外国人が投票なら出来レースは防げるかもしれませんね。2009-11-9toshihar43126554
13280052.行政ホームページ市区町村ホームページの標準化レイアウトは標準化した各自治体ともコンテンツで勝負したほうが良いですね。 民主党の台詞じゃないけど、Web業者主導ではなく自治体主導で運営して欲しいものです2009-11-10ごんた43126554
1062001
★アイデア
6.その他電子政府改善領収書など○○書の電子化および規格化企業内で用いられる多くのシステムは電子化され、相互に接続できるようになってきていますが、 企業間や役所との間では、紙ベースの書類が多く残っているのが現実かと思います。 多くの商取引や経理、税務関係で用いられる○○書と呼ばれる書類について、国が標準フォーマット化し、 電子化を推し進めることで、関連するシステム(ERPから各種の業務システム、受発注システム、 電子政府関連システムに至るまで)で、かなりの効率化と、ミスの低減などが図れると思うのですが、 いかがでしょうか。 例えば、領収書であれば、ある社員が会社の経費で何かを買ったとして、領収書が電子化されていれば、 社内での申請から、経理、納税の場面まで、領収書が紛失したり改竄されたりすることなく、データとして 各システム間を行き来できるし、トレースバックも容易になると思います。 技術的な解決法を何か具体的に提案できるわけではないのですが、様々な大きさの紙の領収書の束を 見るにつけ、ふとそのように感じることがあります。 電子政府単体でIT化を考えるのではなく、社会全体、様々な書類や企業で用いられる沢山のシステムも 視野に入れて、総合的に考えてもらいたいと思っています。2009-10-16もっくん22321158
10620026.その他電子政府改善領収書など○○書の電子化および規格化日本中でレシートの整理は行われていてムダだと思います。米国では、名刺スキャンと同様にレシートスキャナも売っていて、経費管理ソフトと連動させています。 レシートには番号が打ってあるので、この番号で申告処理できないんですか?発行した企業も、領収書を提出した人も楽になるし社会の効率化になると思います。米国のレシートが読めるのであれば、日本のはもっと簡単ですよね。2009-10-20popo22321158
10620036.その他電子政府改善領収書など○○書の電子化および規格化完全電子化までは少し時間のかかりそうなアイディアですが 標準フォーマットでさらに電子化できれば確実に効果あると思います。 クレジットカード決済と電子マネー決済に消費者がシフトしつつある流れに 乗って、現金決済の場合でも電子的な記録が残せれば、税金申告の面で 消費者にも政府にもメリットがあると思います。 他国で少し前にあった試みのように、電子処理された領収書の受付番号 で宝くじのようにインセンティブをつけてみるなんてのも面白いかもしれません。2009-10-29Pinoko22321158
1182001
★アイデア
1.電子手続き電子入札システムの全国統一化及び公共統一入札資格の創設現在は東京の情報システム会社の営業ですが、中央官庁、都道府県、市区町村それぞれ個別に電子証明書の資格審査が必要です。電子証明書もフロッピータイプとICカードと混在しています。ゆくゆくは解消されると思いますが、統一していただけると助かります。証明書を取得してもなぜか資格審査にあたり会社登記簿(履歴事項全部証明書)、納税証明書、決算書など紙で求められます。電子証明書取得の際に提出しているので重複にあたりなんのための電子証明書かわかりません。期限も有期となっており、不便であります。コストもかかります。大手企業は申請専門の人材をおくことも容易と思われますが中小企業においてそうはいきません。外部証明書発行機関が儲かるようになっているとしか思えません。法人が一度しかるべきところに申請をしたら全国統一の公共入札資格を得られ、定期的に決算書を提出するなどは良いでしょうが、コストのかからない仕組みにあらためるのはいかがでしょうか。2009-10-26ryamanis42121158
11820021.電子手続き電子入札システムの全国統一化及び公共統一入札資格の創設府省では統一資格審査になっており、以下のサイトで統一的な資格審査が受けられます。 https://www.chotatujoho.go.jp/va/com/ShikakuTop.html 自治体との一体的なサービスは、ご指摘のように現時点では提供されていません。 できない理由など有るのでしょうか。他の方からも引き続きアイディアをいただければ幸いです。 ちなみに米国でも中央省庁一元的なシステムはありますが、地方との一体化はされていませんでした。 しかし、民間の企業コードであるDUNSナンバーを使用するなど工夫しています https://www.bpn.gov/ccr/default.aspx2009-10-27経済産業省アイディアボックス担当42121158
11820031.電子手続き電子入札システムの全国統一化及び公共統一入札資格の創設中央省庁は統一資格にはなっていますが、入札公告を調べるのに各省庁のHPに飛ばねばなりません。 非常に"情報"を得るのがややこしいと思っております。 入札システムを個別に開発すれば合算すればコストが大量にかかっていることでしょう。どれくらいかかっているのでしょうか。それぞれに企業マスタをもっていればなおさらです。1つあればいいんです。 独自に必要なのは案件情報、案件の経過情報、締結後のバックヤードの仕組みがあるのかもしれませんが基本フローは似たようなものではないでしょうか。情報をシームレスに連携できるようにする。入札結果もすぐ開示される。透明性の確保となります。 邪魔しているものは自前主義ではないでしょうか。 国家CIOの視点で改めるものは改める。これからの時代は共同開発、共同利用だと思います。2009-10-29ryamanis42121158
11820041.電子手続き電子入札システムの全国統一化及び公共統一入札資格の創設すみません提示する情報に以下の情報もご紹介すれば良かったです。 H24に全府省で稼働ですが、政府全体の調達システムの開発が現在進められております。 この機能には入札情報の一括提供も含まれております。 http://www.e-gov.go.jp/doc/20090828doc8.pdf これ以外にも共同システムの開発は以下をご覧ください。 http://www.e-gov.go.jp/doc/scheme.html#ref52009-10-29経済産業省アイディアボックス担当42121158
11820051.電子手続き電子入札システムの全国統一化及び公共統一入札資格の創設情報ありがとうございます。 拝見させていただきました。霞ヶ関クラウドの1つでしょうか。 総務省で意見招請が今月あったのは知っておりました。 いっそ地方自治体でも共有できればよいのですが・・・2009-10-30ryamanis42121158
1222001
★アイデア
1.電子手続き申請のIT化促進を。免許などもそうですが、先日、教育給付金の申請にハローワークに行きました。 順番待ちをしてから1時間ロビーで待たされてから5分ほどで手続き完了。 無駄な時間です。こういう手続きやら申請をもっと改善できるはず。2009-10-29どぼちょんぱぱ32623358
12220021.電子手続き申請のIT化促進を。教育訓練給付金に限って言えば、指定教育訓練実施者がまとめて直接中央職業能力開発協会に請求してくれれば良いと思う。 わざわざ、被保険者が立て替えて支払わなければ、窓口業務ももっと簡素化されると思う。2009-10-31ばらじ32623358
12220031.電子手続き申請のIT化促進を。願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ32623358
12220041.電子手続き申請のIT化促進を。出来たら良いですねえ。ただし前提はネット上での本人確認が誰にでも簡単に安全に低負担できちんとできることです。先ずは本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ32623358
1311001
★アイデア
3.行政情報オープン化中古車の履歴をネットで確認できるようにしてほしいここ数年は、インターネット・オークションによる中古車や自動二輪の個人売買や、市役所による差し押さえ競売物件の公開が、増えてきたと感じています。せっかくネットで入札できるようになってきているので、車台番号やエンジン・フレーム番号から、いつ新車登録したのか、どの陸運局で初年度登録されたのか、盗難車じゃないか、など、確認できる仕組みがあると、助かります。出所があやしいかどうか、盗難車を落札しないようにしたい、など、国民むけ利便性の向上につながると思うのですが。いかがでしょうか。2009-11-9いしかわ12020058
13110023.行政情報オープン化中古車の履歴をネットで確認できるようにしてほしいいしかわ様 ご提案内容に賛同いたします。 中古自動車の売買におきましては、消費者の安心と安全のための正確な車輌情報の提供と適正かつ安心な 車輌の流通に向け、点検・整備・修理等の車輌履歴情報の閲覧サービス実現を期待したいです。 国交省、経産省、警察庁、消防庁等の複数の省庁が関係する思いますので 壁も厚く、かつ高いと存じますがICTを活用して省庁間で自動的なデータ連携の実現に期待したいです。 御参考に米国には、CARFAXというサービスが提供されています。 http://www.carfax.com/entry.cfx 日本でも実現して欲しいです。安心して中古自動車の売買ができる情報基盤の実現に期待しています。 2009-11-9metadata12020058
1114001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成政府関係機関の所有するデータの適切な公開により、新たな情報サービスを育成気象庁のホームページで過去の気象情報を表示(http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php)できるが、地域と日付時刻を指定して人間が目視で見ることしか許していない。 (下記、気象庁HPより) 『当ホームページは、通常のブラウザで閲覧することを前提に各種情報を掲載しております。自動巡回ソフト等による、定期的、自動的な気象データの収集等は、サーバーに負荷がかかる等の理由から、原則としてご遠慮いただいております。ご理解お願いします。 』 こどもの夏休みの宿題のためにデータを公開するならともかく、人間が目視で見ることを前提にしていては、情報の高度利用は不可能である。 むしろ、誰もが自由にFTP等でダウンロードできる形態で情報提供するようにしなければ意味がない。 ユーザのことを何も考えない、全くのお役所仕事。 気象庁以外にも、このような情報を、実質、使いようのない形で公開していないだろうか。 このような情報の利活用を許すサイトを構築すれば、民間に新たな情報サービスが育つ。 なまじの助成金よりも、政府機関が死蔵している、このようなデータを公開し、ダウンロードできるようにすれば、日本国内に新たな情報サービス産業が育つ。 2009-10-19seawind12120162
11140025.ITベンチャー・技術の育成政府関係機関の所有するデータの適切な公開により、新たな情報サービスを育成経済データは、割合と公開してますよね 気象データは、予報業務そのものが気象庁の独占業務だから? そういや、某民間気象会社と気象庁が台風上陸地点の解釈を巡って争ってましたね 官と民のバトルどうなるのかなー2009-10-21マカロニ12120162
1116001
★アイデア
1.電子手続き個人むけの電子政府申請ポータルを構築してください確定申告、戸籍謄本、住民票などは毎日使用するものではないが、使用する際に便利なように、各個人ごとのポータル作成をおねがいしたい。2009-10-19ジャィアン32221262
11160021.電子手続き個人むけの電子政府申請ポータルを構築してください知らない間に婚姻届を出されていたという友人がいます。 そんなことあり?!ってビックリですが、言われてみれば、戸籍なんてそう取る機会なんてないので、なにかの時に取ってみてビックリ_っていうことも確かにあるかも。 ときどき自分に関わる公的な記録の内容を自分でチェックできることって、年金記録に関わらず必要かもしれませんね。 婚姻届や離婚届は、「こんな届が出てますが、本当にあなたが出しました?」なんていうお知らせがあるといいかも。2009-10-19キーコ32221262
11160031.電子手続き個人むけの電子政府申請ポータルを構築してください>>知らない間に婚姻届 えーーーっ やっぱり本人確認できる仕組みがないと怖いですね せめてコール・バックによるお知らせは欲しい2009-10-20マカロニ32221262
11160041.電子手続き個人むけの電子政府申請ポータルを構築してください簡単にチェックできるということ、すなわち可視化、透明化ですよね。 社保庁の例を取るまでもなく、チェックが簡易であればあるほど、改ざんのリスクを低下することが出来るでしょう。2009-10-20MasaGon32221262
1264001
★アイデア
1.電子手続き郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?今後ますます高齢化する日本の社会において、行政の各種申告・手続きの為に市区役所を訪問するのは、大きな負担となります。 またこれらの方にインターネットで申請してと言われても難しいものがあります。 もし日本の津々浦々に24,000ある郵便局が年金や介護などのサービスを含め、これらの手続きを窓口として代行できれば非常に便利になるのではないでしょうか? サービスレベルもあがり、ワンストップサービスが実現可能と思います。 新しい政権になり、高齢者に優しい社会を目指すということであれば、ぜひ検討してもらいたいと思います。2009-11-4musui52422362
12640021.電子手続き郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?「交番にキオスク端末を設置し、手続きを全て出来るようにする。」をご参照下さい。 ?2009-11-4OhNo52422362
12640031.電子手続き郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?郵便局も良いですが、 移動市役所 もオススメです。 移動市役所に、郵便や買物といったサービスが参加すれば、さらに便利になって、運営コストも下がると思いますが、いかがでしょうか。2009-11-4Muta Manabu52422362
12640041.電子手続き郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?賛成です。そしてさらに、コンビニも活用できるようになれば良いのではないでしょうか。 要は、誰もが歩いていける範囲にやさしい窓口がある社会。これが良いと思います。2009-11-7山田52422362
12640051.電子手続き郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?郵便局が行政窓口になることは賛成です。 お年寄りなど、「ICT弱者」に対しても、自宅から適度な距離でアクセスできること、 そして郵便局員に集中してICTの講習ができ、効率も良いと思われるからです。 あと付け加えれば、国・都道府県・市町村すべての業務をひとつのポータルサイトからアクセスできるようにすると、ベストだと思います。2009-11-9つぼやん52422362
12640061.電子手続き郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?これだけのインフラがあるのですから活用しない手はないと思います。2009-11-11ウチダ52422362
1052001
★アイデア
1.電子手続き利用者が作るオンライン行政サービス現在の電子政府・電子行政サービスは、「利用者の視点で」と言われますが、その実現には苦労しているように思います。 行政やベンダーだけでサービスを作り上げるのは限界がありますし、とっても大変なことと思います。 そろそろ、利用者に一肌脱いでもらって、一緒にサービスを作ってもらうのはどうでしょうか。 例えば、【e−Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)には http://www.e-tax.nta.go.jp/ マニュアルコーナー http://www.e-tax.nta.go.jp/manual/manual_index.html よくある質問(Q&A) http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/yokuaru.html など利用者を支援するコンテンツがあります。 これに加えて、価格.comにあるような http://kakaku.com/ 「レビュー・評価」や http://review.kakaku.com/review/K0000018701/ 「クチコミ掲示板」などがあれば、 http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000018701/ 利用者だけでなく、サービスを運営する行政やベンダーも助かるのではないでしょうか。 サービスの改善や新しいサービスのヒントも出てくるかも。。 オンラインサービスを提供している省庁・自治体は、ぜひご一考を! 2009-10-15Muta Manabu02220265
1070001
★アイデア
4.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしいIT人材の育成は、長年の課題として様々な政策が推進されていますが、これだけ 道具立てが揃っている今、METIとして、人材育成のイニシアチブをとってもらいたい。 たとえば、インターネット技術関連では、以下の様なサイトで基礎講座が公開されています。 http://www.soi.wide.ad.jp/contents.html 開発言語やベンチャー経営などに最低限必要な講座を無償で提供すれば 素養のある人材の裾野を広げることが出来ると思うし、地域性を越えた人材育成が 可能になると思います。もちろん、企業や学校で教育環境に恵まれた人には必要 ないかもしれません。それよりも裾野を広げるという目的で年齢、性別問わず閲覧可能な コンテンツを揃えるという方向性を打ち出せないでしょうか? 2009-10-16ecosys102019165
10700024.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしいIT、ICT人材を育成することは基本的に賛成ですが、 誤解を恐れずに言うのなら、「高度なIT」である必要はないと思います。 「高度なIT」と宣言することで、引いてしまう国民も多いように思います。 「使いやすいIT」を活用する人を増やし、裾野を広げることが重要です。 例えば、以前法人向けの「Google Apps」について、日本法人のマネジメントの講演を聞く機会がありましたが、 Googleは、「みんな普段個人的に検索などでGoogleを使っていて、非常に使いやすいですよね? だから、Google Appsも法人向けですが使いやすいのですよ」といった趣旨の内容でした。 従来の多くのITベンダーや研究者にない視点での開発方針だと思いました。 「ユーザーにとって使いやすいIT」のことを「高度なIT」とするのなら、もろ手をあげて大賛成です。2009-10-19つぼやん102019165
10700034.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしいMETIがイニシアティブを取ると、むかしの情報処理技術者試験、ITSSだとかのようなことになってしまいますね。お役所が推進しようとすれば、結局、あるべき人材とか、あるべきレベル、とかなにやかやの「あるべき・・・」を設定しないわけに行きませんね。それをすると、形式的な人材育成にしかなりません。そんなことはわかったうえで考える、ということなのでしょうが、多分、それは無理でしょう。 ということは人材の育成について、お役所が、口出ししない方策を考えるほうがよろしいと思います。口出しをしないで(させないで)育成するにはどうするか、が肝心だと思います。 国家的な君が代だ、愛国心だ、というような問題ではないいので、統一する考えにはやや反対な立場です。2009-10-20mita102019165
10700044.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしい経済産業省では情報処理技術者試験、ITSSをはじめ人材IT技術者の育成に積極的に関わってきており、カリキュラムなどに基づく コースは民間の様々なコースが提供されております。 また、今回のテーマの電子政府では、「情報システムに係る政府調達の調達指針」により、仕様書の体制に情報処理の資格を明記することが広く行われるようになってきています。 行政側のIT人材を育成するためには、「行政機関におけるIT人材の育成・確保指針」(CIO連絡会議)が整備されると共に、総務省の統一研修や経済産業研修所のIO/CTO研修が実施されています。2009-10-22経済産業省アイディアボックス担当102019165
10700054.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしいぜひ方向性として打ち出して欲しいですね。 文系の私にとって役に立ったのが、次のサイトです。 Webラーニングプラザ http://weblearningplaza.jst.go.jp/ 技術者の継続的能力開発や再教育の支援を目的とし、科学技術振興機構が無料にて提供する、技術者向けeラーニングサービス。 こうしたコンテンツが増えると嬉しいな。2009-10-22Muta Manabu102019165
10700064.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしい1.情報処理技術者試験について 少なくても、何時取得したかを明確にして欲しい。 半年位前に、入札資料を見ていたら、某社の資料の資格欄に「第二種情報処理技術者」と書いてあった。 大学生や各種学校の学生の入社試験の資料じゃあるまいし、こんな資料を出さなければならないなんておかしいですね。 2. 開発言語やベンチャー経営などに最低限必要な講座を無償で提供すれば 少なくても、こんなことを考えないで欲しい。 教育は有償を原則とすべきです。 多くの民間企業や大学では、安い・無償で行われると、企業の存立が危うくなります。 いい教育を有償で行し、支援必要な人には、資格を取得したら全額・一部を還元すべきです。 多くの無償セミナをみて下さい。 参加者の多くが寝に来ています。 講師の質にも問題がありますが、多くの人たちが寝ていては、講師のやる気も起きませんね。2009-10-25Woody102019165
10700074.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしいIT人材の育成を国が率先して進める、というアイディア賛成です。 方法論としてコンテンツを提供するっていうのももちろんありですが、 Web 2.0をもっと活用してみんながみんなを育てる、という場を 作るという方がより柔軟だし効果も高いと思います。いかがでしょうか?2009-10-27saruru102019165
10700084.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしい大学の講義や資料の無料配信はオープンコースウェアと呼ばれ多くの大学で行われています。 MIT(マサチューセッツ工科大学)が始めてから世界に広がっています。 日本では以下の団体で推進されています。 http://www.jocw.jp/index_j.htm2009-10-27経済産業省アイディアボックス担当102019165
10700094.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしい>>大学の講義や資料の無料配信はオープンコースウェアと呼ばれ多くの大学で行われています。 >?MIT(マサチューセッツ工科大学)が始めてから世界に広がっています。 でも、これを修了しても、資格はもらえません。 (^_^) もし、これを経産省が広く認めるのであれば、著作権・営業機密等も無償だとの主張をして欲しいと感じますが。 どこまでを無償で行い、どこまでから有償にするかを議論する必要があるのではないかと思っています。 また、最近、高度情報処理技術者関係の教育を行っている企業では、ビジネスとしての存立ができないとの話も聞こえてきます。 そのような声を経産省としてどう対応するつもりなんでしょうか? ご意見を聞かせて頂きたいです。2009-11-3Woody102019165
10700104.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしいWoodyさま ご意見ありがとうございます。 オープンコースウェア(OCW)は、各大学等が自組織の戦略に従って行っているもので、著作権や営業機密の扱いやどこまで無償でどこからが有償かというのも各大学の判断で行っております。 また、「高度情報処理技術者関係の教育を行っている企業ではビジネスの存立ができない」というお話は、具体的にどのような問題が生じているのでしょうか。 もう少し具体的な課題があると、このサイト上で議論ができると思いますので、よろしくお願い致します。2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当102019165
10700114.Web2.0活用高度IT人材育成を加速させてほしい使いやすいIT そろばん ー> 電卓 の順番では無いのですが、「そろばん」が「電卓」になって、 誰にでも(多くの人)計算が速く、正確にできるようになりました。 昔のコンピュータ ー> 今のコンピュータ ハードウェアは高性能・高機能化 ソフトウェアも同じです。 難しい、高度ITとなにか? WindowsやMACなども、高度なITで構築されました。 そこで、多くの人が使えるようになったのです。 簡単に高度な利用ができるようにするのも、高度ITと言えます。 難しい技術は一般の利用者には解らなくても困りません。自動車を設計する 人は、本当に限られた人数です。 トヨタの自動車設計者も、日産の設計者も、一般には知られていません。 高度ITで、高度な開発をする人は外からは、見えない時代になります。 しかし、作られたものは車のように多くの人に利用されます。 地方自治体の住民管理システムのようなものは、日本で一つあれば、 全都道府県が使えるものとなって良い。 銀行の預金管理システムは、全金融機関が同じでも問題はない。 このような例は幾らでもあります。 ITの技術者が、自分の技術だけに留まらず、お客様目線に立てば、 自分の技術が多くの人に共通に使ってもらえる時代になります。 これまでのコンピュータビジネスの世界から、一歩外に出て自分の技術を 小さく産んで、大きく育てる。 そんな時代変化の境目でしょう。 クラウド・SaaSのインフラが整う時代は、新しい技術者が新世代を作るでしょう。2009-11-8H.Endo102019165
1039001
★アイデア
3.行政情報オープン化行政の所有する地図の電子公開化について聞きかじった話で申し訳ないんですが、地方公共団体とか国土地理院は、土地の測量を行っていて、国土の正確な地図を持っていると伺っています。 ただ、その資料は紙媒体上での存在であり、ネット上で電子化して公開されてるものではないとのことでした。 いまどき紙媒体をスキャナで取り込んでの公開というのもないと思いますし、うまく使えば、地方公共団体の地図で、 地方版グーグルマップのようなものを作成できると思います。 これが各地に広がってもし国全体の取り組みになっていけば、グーグルに使用料払わなくてもネット上で地図のアプリケーションが使用できることになり、地図を使う企業全体のコスト削減につながり、競争力の強化につながると思います。(グーグルには申し訳ないですが、いっぱい儲けてるからいいですよね?グーグル自体も、グーグルマップの更新のコストが下がり、メリットがあるような気がします) 税金で作っている地図なので、より有効な使い方をされるべきだと思います。 2009-10-15yoppy11818167
10390023.行政情報オープン化行政の所有する地図の電子公開化について国土地理院に関しては、ネット上である程度公開しているのではないでしょうか。 電子国土 http://portal.cyberjapan.jp/ 基盤地図情報サイト http://www.gsi.go.jp/kiban/index.html 地形図はともかく、公図は地籍測量が終わっていないケースもありますし、土地紛争の原因になる可能性もあります。2009-10-29fo11818167
1050001
★アイデア
1.電子手続き陸運事務所のわずらわしい窓口書類を買うところ、税金を払うところ、登録するところその他いっぱいあるが、まったくわずらわしい。 もっと簡素化できるはずですし、職人が多すぎる。 あらかじめネットで手続きしておけば、もっと時間短縮できるし人も減らせるはず。2009-10-15富士山太郎22119267
10500021.電子手続き陸運事務所のわずらわしい窓口テーマに直接関係ないけど、ゾロ目とかの車ナンバーは、政府がプレミアム付けてネット・オークションで売りに出したらいいと考えます で、事務手数料を超えた収入はチャリティに回すとか それと、そういうナンバーは見るからにヤバい人のでっかい外車ばかりに集中してる感じがするのはなぜ? 理由はわからないけど、陸運事務所の告知や配分の仕方が不公平だからだと思います ?2009-10-20マカロニ22119267
10500031.電子手続き陸運事務所のわずらわしい窓口同感です。 不必要に外郭団体があったり、さらに所管が違うってだけで別組織に回されたり、、、 住民の利便性を犠牲にして、不必要な雇用を創出させているだけでしょうね。 システムや業務改善により、住民の利便性向上&有効な雇用創出を役人らには考えてほしいものです。2009-11-5ほげほげです22119267
1118001
★アイデア
1.電子手続き企業向けポータルサイト:「行政手続きのワンストップ化」&「行政支援策のレコメンデーション表示」"■■提言:「企業向けポータルサイト」■■ 企業(起業)の「行政手続きのワンストップ化」と、企業が行政から受けられる可能性がある支援制度(補助金や融資制度など)をワンストップで表示するポータルサイトをつくる。 電子経済産業省(OR電子中小企業庁)が企業向けに用意した「企業向けポータルサイト」を利用することで、企業は、複数の省庁や自治体に対して行っていた手続きをワンストップで行えるようになる。また、企業は、行政機関が自分の企業に関して提供している支援制度をポータルサイトでワンストップで知ることができ、申請も行えるようになる。一方で、行政側も企業がこれまで行ってきた活動や、これまで受けた支援策などを把握し、審査をスムーズにすすめることができるようになる。 ■■企業と行政間のやりとりに関する課題■■ (1)企業は、行政手続きの遵守のためにコストを支払っている   企業が行政機関(国、自治体)に提出すべき書類が複数あり、複数の機関に提出する必要がある。   監督官庁に毎年提出が必要な場合もある。   企業は、行政手続きに人件費と、時間をかける必要がある。   ・法務省への登記。社会保険庁への届け出。など   ・監督官庁に対する、届出や認可、免許更新などの中には、手続きを怠り、期限切れになると法令違反になる場合がある。 (2)企業が行政の支援策をすべて知るのが困難   行政機関(国、自治体)は、企業(起業)に対して様々な支援策を用意しているが、どの行政機関のどの施策が自分の企業で使える制度か調べるのにコストがかかる。   ・中小企業庁、厚生労働省、自治体、JETROなどが企業に対する支援制度があるが、まず網羅的に知るのが難しい。    ・中小企業診断士などの活用が必要。   (3)企業は行政文書の管理コストをおっている   行政機関との紙文書のやりとりのために、企業は人件費と時間をかけている。   例)企業は、行政機関に提出した資料を事務所や倉庫に保管するのにコストがかかる。   (4)行政機関(国、自治体)が企業の活動を正しく審査するのにコストがかかっている   行政機関は、企業から申請を受け付けた時に、その企業について調査をすべきことがある。   その際、行政機関は、企業が正しく企業活動を行っているかを調査するのにコストがかかっている。 >「企業向けポータルサイト」の活用イメージ> (1)起業時1)「企業向けポータルサイト」に起業しようとする企業の情報を登録 2)起業家に対して手続き情報と支援施策情報を1画面で表示   ・行政機関に手続きすべきことと   ・行政機関が提供している補助金や融資制度などの支援施策を表示 3)画面から、電子申請手続きを一括して行う 4)申請の進捗状況を画面でリアルタイムで確認できる。 5)行政からの問い合わせ、行政に対する質問も可能。 (2)企業活動時 1)電子経済産業省(または電子中小企業庁)にログオン 2)自分の企業と行政機関との関係に関して情報を一元的に表示。  ・自分の企業がこれまで行政機関に提出した書類の情報  ・定期的に提出すべき書類の情報、提出期限情報  ・提出していない資料で、任意のもの、必須のものを表示。  ・行政機関が設けた支援制度で、自分の企業が活用できるものを表示。   ※企業の大きさ、企業家情報、所在地などから、活用ができる可能性がある    行政の支援策をレコメンデーション表示する。 3)サイトから各種申請を行える 4)申請の進捗状況を画面でリアルタイムで確認できる。※(1)と同じ 5)行政からの問い合わせ、行政に対する質問も可能。※(1)と同じ >「企業向けポータルサイト」の活用効果> 行政手続きに関して、企業も行政もコストを減らすことで、企業の利潤の増加と、行政の経費削減がはかれる。 (1)企業の行政手続き遵守コストの削 減(2)企業が行政の支援策を知って活用できる (3)企業の行政文書管理コストの削減 (4)行政機関の企業を審査するコストの削減 以上"2009-10-20NORINTON12119267
11180021.電子手続き企業向けポータルサイト:「行政手続きのワンストップ化」&「行政支援策のレコメンデーション表示」海外の先進国と比べると、日本は「企業向けポータルサイト」の貧弱さ目立ちますね。 中小企業庁のサイトとか、ちょっとそれっぽいですが。 http://www.chusho.meti.go.jp/2009-10-20Muta Manabu12119267
1128001
★アイデア
8.つぶやき障がい者のコミュニケーション支援へのIT利活用にも力をゲームの世界で使われている技術などで、応用すれば、障がいのある方のコミュニケーション手段に使えそうなものも結構あるのでは。また、現に、障がいのある方の支援用に開発されたIT技術も、使う予算や人手が確保できないために普及していないのが、実際のところなのでは。必要としている人が少ないから、また経済力があってその購入にばっちりお金を使ってくれそうな対象でないから、ということで進まないのでしょうが、 日本で役に立ってる状況が出現すれば、「ああ、我が国にも、こういうものを!」と思う諸外国もたくさん現れるでしょうし、 ユニバーサルデザインの趣旨にのっとったものであれば、障がい者専用というより、障がいのある人に優しい技術は万人にも使いやすいということで、特にこれから高齢社会になっていけば「目が見えにくい」「足が弱い」人に優しく工夫された製品は他を圧倒するかもしれません。 福祉分野への利活用に力を入れること、イコール、慈善事業で金にならない、と決め付けたものでもないのでは2009-10-20キーコ41918167
11280028.つぶやき障がい者のコミュニケーション支援へのIT利活用にも力を障害者の方だけでなく、小さい子供を持つ主婦の方や 外出できない環境の方にも距離と時間の制約をなくすことができるのが ITだと思います。 特殊な高度なIT技術だけでなく、誰でも使える仕組みを優先するほうが いいと思います。2009-10-20どぼちょんぱぱ41918167
11280038.つぶやき障がい者のコミュニケーション支援へのIT利活用にも力を身体障がいのみならず、知的障がい、発達障がいのある人にたいしてもITの活用は有用です。 社会性に問題があってもPCを通じてならコミュニケーションを取れる人たちもいます。 彼らの能力は社会にとって未開発な大事な財産です。2009-10-21MasaGon41918167
11280048.つぶやき障がい者のコミュニケーション支援へのIT利活用にも力を古来より人間にとって社会活動が成り立つための根源的要件は言語と本人認証です。障害者だからといって本人認証の厳格性・信頼性を軽視すればコミュニケーションを含め社会生活の全てが崩れます。障害者の社会参加ないし社会に貢献ができるようにするためのIT利活用の第一歩は本人認証、すなわち電子的本人認証手段の提供です。例えば、手が不自由な人でもパスワードの入力を可能ならしめる技術をはじめ、いつでも、どこでも、障害者が本人認証できる仕組み作りがあってこそ安全・安心なデジタル社会・ネットワーク社会におけるコミュニケーションが可能となります。2009-11-6如意の輪41918167
11280058.つぶやき障がい者のコミュニケーション支援へのIT利活用にも力を出来たら良いですねえ。ただし前提はネット上での本人確認が誰にでもきちんとできることです。先ずは本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ41918167
1136001
★アイデア
7.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。このサイトの改善点について一つ提言させていただきます。 現在、アイデアのタイトル一覧を見ることができないため、アイデア投稿数が増えれば 増えるほど古いアイデアは埋もれてしまいます。 どんなアイデアがあるか一覧したいときに、現在の並び方だとページが長くなってしまい、 一覧できません。 トップページの人気のアイディア、最新アイディアのタブの並びに、アイディアタイトル一覧をつくって、 タイトルを一覧できるページを作れないでしょうか? ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。 2009-10-2177471918167
11360027.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。それもひとつかもしれませんね。私は一覧で見るために、RSSリーダーでも閲覧するようにしています。2009-10-21kushika271918167
11360037.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。ご意見をどうもありがとうございます。 タイトル一覧が作れるかいなか、 事務局において検討させていただきます。2009-10-21アイディアボックス事務局71918167
11360047.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。事務局で検討した結果、アイディアタイトル一覧を表示するためにはシステム改修が必要となり、 本実験期間中の対応は困難であることがわかりました。 ご提言については、今回の実験の結果報告の とりまとめにおいて、 今後、同様の取組を行う際の改善テーマとして明記させていただきたいと存じます。 引き続き、このサイトについて、改善すべき点等ありましたら、ぜひ投稿ください。 よろしくお願いいたします。2009-10-22アイディアボックス事務局71918167
11360057.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。現在のアイデア数が増えていることもあり、タイトル一覧が有ればよりいっそう議論が進むと考えられます。 そこで、マインドマップを使ってタイトル一覧を作成しました。 カテゴリにかかわらず内容により分類しております。 またタイトルでは内容がわかりにくいものには、タイトルの後ろに()で内容のポイントを記述しています。 ? http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/ThisSite10221000.pdf http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/idea10221000.pdf 今後タイトルページから見られるようにすると共に、1週間毎に内容を入れ替える予定です。 こちらを確認いただけると、どのような議論が行われているか全体が把握できます。 コメントの中にも良いご意見がありますので、確認している最中です。 顔のマークで賛成投票数もつけましたので、ご参考になさってください。 マークがついていないものでも良いアイデアがありますので、是非コメントや投票をお願いいたします。2009-10-22経済産業省アイディアボックス担当71918167
11360067.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。コメントへのコメントですが、、、 >? そこで、マインドマップを使ってタイトル一覧を作成しました。 これ、、、 システムの機能でなく、FreeMindを使って自作されたんですよね。 取り組み姿勢に感動です。 この志(って勝手に想像が膨らんでます)を大切にして頑張って下さい!!2009-10-29かつしん71918167
11360077.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。後発参加組には、ありがたいですね。 Excelファイルも助かりますが、オープンドキュメントの方がよいのでは?2009-10-29Wild Fire71918167
11360087.このサイトについてアイディアのタイトル一覧を作って欲しい。FreeMindではなく国産のUML設計支援ツールのJUDEProfessional(現製品名astah*)のマインドマップツールを使っています。 手作りなのは変わりませんが・・・。 表も、今後はオープンドキュメントで出していきます。2009-10-31経済産業省アイディアボックス担当71918167
1163001
★アイデア
4.Web2.0活用Yahooアンサーのようなものがあれば便利経産省内につくらなくてもよいのですが、色々わからない時に、問合せたり、知恵袋みたないなものがあるといいなぁ 例えば、Yahooのアンサーみたいなもの http://answers.yahoo.com/ 2009-10-23kanchan42119267
11630024.Web2.0活用Yahooアンサーのようなものがあれば便利日経BP社が運営する「おしえてBP! 行政」という質問&回答サービスは、けっこう使えると思います。 http://oshiete.nikkeibp.co.jp/208/c299.html 専門家や行政職員経験者まで、幅広い人が回答していて、回答レベルも高いように思います。 例えば、キーワードに「雇用保険」と入れて検索すると、かなり役立つ質問と回答が閲覧できます。 行政が運営するものとしては、国税庁の「タックスアンサー」がありますね。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm 双方向性はありませんが、公式回答なので、私も仕事やプライベートで重宝しています。 自治体では、「札幌市コールセンター ちょっとおしえてコール」が有名でしょうか。 http://www.city.sapporo.jp/callcenter/ これに付属して、「よくある質問検索サービス」というのがあって、かなりよくできています。 http://www.4894.city.sapporo.jp/cgi-bin/iscreate.cgi?LANG=ja_JP,FAQ 市民から頂いた質問も、税金を使って行う回答も、無駄にしないでデータベース化して、市民と職員に還元し共有化するという考えは、省庁にも見習って欲しいですね。 海外では、インターネット以前に電話による行政サービスが発展した経緯もあって、「電話とウェブの融合」と言いますか、コンテンツの2次利用やデータベース化が、日本より進んでいるかもしれません。インターネットを使えない人でも、電話は大丈夫という人も多いと思いますので、日本の電子政府でも上手に活用して欲しいですね。 最近は、オンライン申請システムなど、使われない電子政府サービスばかり取り上げられる傾向にありますが、中には便利でお得なサービスもありますので、ちょっともったいないような。。。 識者や専門家が評価するだけでなく、「国民が選ぶ便利なサービス」、「企業が選ぶ・・・」「職員が選ぶ・・・」などを毎年発表すると、良い広報になると思います。2009-10-23Muta Manabu42119267
11630034.Web2.0活用Yahooアンサーのようなものがあれば便利おしえてBPは、中身OKWAVEです。日経BPが運営しているわけではありません。 利用していての感想はヤフーの知恵袋よりも参加者が少なく、回答も的確なモノは少ないように思います。 体制維持を推進するような回答が多いので、なんらの意志が働いているのかもしれません。 この手のサイトの問題は、解答の正しさを誰も保証していないことにあります。 何も知らない人が回答や過去の回答を鵜呑みにすることで、誤った解釈が蔓延してしまう可能性があります。 具体的な例は申し上げません。(正体がばれるから)2009-10-24泥舟茶憐爾42119267
11630044.Web2.0活用Yahooアンサーのようなものがあれば便利賛成です。ただYAHOOアンサーのベストアンサーは、時々は間違うような気はします。 本当は経済産業省アイデアボックス担当みたいな一所懸命な人が出てきてくれるとやっぱり嬉しいですね。 たとえ答えが判らなくってもすぐ調べて回答してくれたら、そして市民もそれに協力して調べたら、行政の人と我々一般市民のコミュニケーションの絆がそれだ けで深まって、距離が近づくような気がします。 確かにMETI内でなくてもすぐMETIに問合せが出来る立場のNGOの人とか民間人が実際は担当しても良い と思います。 そ れからこのアイデアの素晴らしいところって、「地域主権型社会」でこれから期待される地方自治体と住民のコミュニケーションは、案外こんなところから始まるんだと思い ます。各地域において「住民が何か判らないことがあったら、行政の人が一生懸命答えてくれる。」ネットならばより多くの人の疑問に答えられるでしょう。そ んなコミュニケーションの中できっと、一緒に相談して話し合わなければいけない問題も数多く出てくるんだと思います。今度はそれをテーマにしてコミュニケーショ ンの輪を拡げて行ったら、案外スムーズに「地域主権型社会」が出来て行くのではないでしょうか?2009-10-28takechan42119267
11630054.Web2.0活用Yahooアンサーのようなものがあれば便利再度のコメントです。このアイデアに賛成なのですが、なんか「Twitter アンサー」でも行けるかもしれませんね?僕がフォローしている方はなんと20人に満たないのですが、相手が真摯であれば一生懸命何でも答えてくれるみたいです。(笑)2009-11-3takechan42119267
1329001
★アイデア
2.行政ホームページ各自治体で共通部分のシステムを共同開発すべき各地方自治体がそれぞれにホームページを作り、運営をしております。また、それぞれが業務システムの導入を行っています。 これは利用者からすると場所(自治体)ごとにシステムが異なり、とても不便ですし、導入する側からしても車輪の再発明をし続けているようなものです。個別にやっているから、また、コストも不必要にかかります。 財力の少ない自治体でも大きな自治体と同じ仕組みを安価に導入できるよう、共通システムの開発を行ってはいかがでしょうか。2009-11-9shujix12119267
13290022.行政ホームページ各自治体で共通部分のシステムを共同開発すべき共通システムの基盤として、自治体版のSalesforceがあってもいいでしょうね。 Webなど扱う情報が公開情報だけなら民間のサービス(Salesforceなど)も良いでしょうけど(これもSalesfoeceでしたっけ?) 役所業務は住民の個人情報なども扱うので、民間サービスを使う(事例はあるけど)、やっぱり無理だと思うので、国か都道府県レベルで自治体版のSalesforceやAmazonEC2/S3みたいなサービスがあっても良いと思います。2009-11-12ほげほげです12119267
1053001
★アイデア
7.このサイトについて政策形成過程におけるこのサイトの役割は実験とはいえこういうサイトを行政機関が立ち上げたことに敬意を表します。 この実験が単なるシステム機能の検証だけでなく、政府の政策形成過程に制度として組み込むための実験という役割を持つのであればもっとすばらしいと思います。 例えば、このサイトがXX審議会やYY調査会にバーチャル・メンバーとして参加して、多数の賛成を得たアイデアを提案する、あるいは、このサイト自身をバーチャル審議会として位置付ける等、制度的に大きな目標をもった実験としてはどうでしょうか。 このサイトでのディスカッションが政策形成過程の単なる参考意見に留まるとすれば、あえて行政機関がこのようなサイトを運用する意味は薄いと思います。2009-10-16Die22018274
10530027.このサイトについて政策形成過程におけるこのサイトの役割はシステム機能の検証=行政としてこのようなシステムをどのように使いえるかの検証 だと考えています。 「アイディアボックスで集まった意見をリアルな政策に反映」の投稿に対するコメントでも書きましたが、今回は実験段階ですので、今回に限って言えば、政策形成過程に反映するのは、一律的には困難である点、ご了解いただきたいのですが、今後、どのように政策形成過程に活用していくべきかなどのご意見については、(もちろん「 政・官の在り方(平成21年9月16日 閣僚懇談会申合せ) 」を踏まえる必要はありますが、)どんどん頂ければと思います。2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当22018274
10530037.このサイトについて政策形成過程におけるこのサイトの役割は今後確実に、「審議会」のあり方も変わってくると思います。 あと、地域コミュニティ・地方自治体レベルでは。身近な問題解決プロセスに、各々の地域住民が直接参加し、方向性を決めるように、今後確実に変わっていくと思います。 その意味で、ここで得たノウハウを、地方自治体、あるいはNPO・地域コミュニティの企業等に公開し、シェアしていただきたいと考えます。2009-10-19つぼやん22018274
1064001
★アイデア
4.Web2.0活用「事業仕分け」議論の国民との共有手段としてのWeb2.0ツールの活用これは経産省も一部かかわってくるアイデアですが・・・ 今後、「行政刷新会議」が行う「事業仕分け」作業において、議論の内容を国民に広く知らせ、共有するための手段として、「Web2.0」を全面的に活用するのはいかがでしょうか? 具体的には、 ・議論の模様をストリーミングで生中継する(その後、YouTubeにアップの上、行政刷新会議HPにリンクを貼る) ・傍聴者(2名程度必要か?)が、会議会場でツイッターを使い、「つぶやきの生中継」をする。 などなど。 私は、過去行政刷新会議事務局長が主宰されている「構想日本」が主催されている「事業仕分け」に参加したことがありますが、HPでも指摘されているとおり、「公開の場で」というのが大きなポイントです。 これまで地方自治体で行われる「事業仕分け」でも、傍聴者としていつも自治体の住民の方々が来場されており、意見を述べることはできませんが、議論の場を傍聴することで、議論に緊張感が生まれ、又住民も「証人」となることができます。 一方で、今回の「行政刷新会議」における「事業仕分け」は、特に地方の方々が参加したくてもできない環境で議論が行われる可能性があります。 そのデメリットを補うために、「ツイッター」や「YouTube」などの手段を活用することができるのでは? と思っております。2009-10-16つぼやん52219374
10640024.Web2.0活用「事業仕分け」議論の国民との共有手段としてのWeb2.0ツールの活用賛成です!2009-10-16へも52219374
10640034.Web2.0活用「事業仕分け」議論の国民との共有手段としてのWeb2.0ツールの活用「中継」については、いくつか似たようなアイディアが投稿されてきていますね。 官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CojxAAC ? ポッドキャスト(ブログキャスト)の採用 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CoiQAAS#comments 引き続き、議論をよろしくお願いします。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当52219374
10640044.Web2.0活用「事業仕分け」議論の国民との共有手段としてのWeb2.0ツールの活用霞ヶ関解体も現実化してきた中で、「事業仕分け」の実況中継は面白そうです。 「住民(国民)参加」には、積極的な意見表明だけでなく、「証人」となることや、参加の場を「裏方で支援」するなど、様々な形がありますね。2009-10-19Muta Manabu52219374
10640054.Web2.0活用「事業仕分け」議論の国民との共有手段としてのWeb2.0ツールの活用手法としてはよいですが、 ?行政の公式発表である以上、民間のメディア(WEBサーバー含む)に依存してはいけません。 独自に維持できるメディアを選択すべきです。 youtubeつぶれたら、見れなくていいの??2009-10-29Dr.tyrell52219374
10640064.Web2.0活用「事業仕分け」議論の国民との共有手段としてのWeb2.0ツールの活用 実際、昨日始まった事業仕分けではこのような活用のされ方をしています。 http://www.ustream.tv/channel/ptf-live-21#utm_campaign=twitte… ? ? 公式のストリーミングよりよほど臨場感があり、つぶやきも見れる。 お時間があるときにお越しくださいませ。2009-11-12つぼやん52219374
1117001
★アイデア
1.電子手続き外国で実現できていることがなぜ日本ではできないのか?経済産業省の担当分野ではなく外務省の話題になるのですが、外国では電子申請できるのに、日本では紙でしか申請できず不便を感じたことがあったので、ここに書かせていただきます。 具体的には、APEC?Business Travel Cardというものの申請になります(これ自体の内容についてはここでは割愛します)。日本では、紙申請のみなのですが、シンガポールでは電子申請が可能になっています。しかも、料金も日本では13100円なのに対し、シンガポールでは100シンガポールドル(約6500円)と、半額です。 これに限らず、諸外国と比べると、「なんでこれが日本ではできないのか?」「なんでこんなにコストがかかるのか?」ということが出てくるのではないでしょうか? もちろん、日本独自の事情がいろいろあるとは思いますので、他国と同じようには行かないことも多々あるとは思います。しかし、「ダメというための理由を探す」のではなく、「少しでも改善するためのきっかけを探す」という観点で見れば、有意義なように思います。2009-10-19super8001817174
1134001
★アイデア
6.その他電子政府改善行政のCIOとCIO補佐官の成果の公開を行政機関にCIOとCIO補佐官が居ると聞いているが、どこにも見かけない。 成果を公表するのはどうか。。2009-10-21941817174
11340026.その他電子政府改善行政のCIOとCIO補佐官の成果の公開を今年3月に行われたCIO百人委員会で、行政CIOフォーラムという研究会の報告として公表された官民CIO調査結果が以下にあります。 議論の元にご活用ください。 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/govcio_committee.pdf2009-10-21経済産業省アイディアボックス担当41817174
11340036.その他電子政府改善行政のCIOとCIO補佐官の成果の公開を5年ほど前の資料ですが、 情報化統括責任者(CIO)補佐官等活用事例集 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai12/12siryou4.pdf というのが公開されています。 見直し方針及び最適化計画の策定、予算要求、調達、開発、運用・保守、監査・実績評価といった場面ごとで、どのように活用されているかを簡単に解説しています。 例えば、 【情報システムの調達に係る仕様書等の作成に対する助言等】 情報システムの調達に係る仕様書又は提案依頼書について、会計部門と情報システム部門が連携し、CIO 補佐官を担当部局又は外部委託業者に対する助言若しくは指導、作成、又は評価を行う担当者として位置付け、CIO 補佐官の了承を必要とする仕組みを設けている。 3年に一度ぐらいでも良いので、こうした活用事例集をアップデートして、CIOや補佐官についてもPDCAを回して欲しいですね。 関連して、 行政機関におけるIT人材の育成・確保 http://www.e-gov.go.jp/doc/scheme.html#ref5-3 なども参考になると思います。外部の人材登用と内部の人材育成のバランスが難しいところでしょうか。 活動内容は、連絡会議の様子からも読み取れます。 各府省情報化統括責任者(CIO)補佐官等連絡会議では、 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/hosakan/ 「CIO補佐官等連絡会議からの助言」が見られますし 各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議には http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/index.html 「業務・システム等の平成20年度最適化実施評価報告書」 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai39/39gijisidai.html など貴重な資料が多いので、私も定期的にチェックしています。 省庁によっては、補佐官の氏名や略歴なども公開していますね。 法務省における情報化統括責任者(CIO)補佐官の配置状況について http://www.moj.go.jp/KANBOU/JOHOKA/cio01.html 厚生労働省の「情報化統括責任者(CIO)補佐官業務一式」なども、なかなか面白いです。 http://www.mhlw.go.jp/sinsei/chotatu/chotatu/kikaku/2009/02/kk0210-06.html CIO補佐官に限らず、民間企業(ほとんど大手と思いますが)からの出向者は、プレッシャーもストレスも大きいみたい。。 CIO補佐官と深夜のお茶会 http://desertwall.blogspot.com/2009/07/cio.html 個人的には、もっと中小企業からの出向があっても良いと思います。 また、識者からの指摘もあるように、形骸化しているCIOに代わって、実力・実績のある専任CIOの設置が待たれるところです。 ?2009-10-22Muta Manabu41817174
11340046.その他電子政府改善行政のCIOとCIO補佐官の成果の公開を現在、どの省庁にどんなCIOやCIO補佐官が配置され、どういった専門的見地で、主にどの様な政策に関知するのか、ないしはどの様な施策を持って活動するのか、 そういった情報は開かれていても良いと思います。 (もちろんその結果についても)2009-10-26わんころのん41817174
11340056.その他電子政府改善行政のCIOとCIO補佐官の成果の公開を遅くなりましたが、経済産業省のCIO体制は以下の通りです。 経産省は、米国CIOカウンシルのCIOストラテジックプランに相当するCIO業務計画を 作っており、その中で以下のような役割分担になっています。 CIO:望月 晴文(事務次官) 副CIO:石黒 憲彦(商務情報政策局長) CIO、副CIOの定義   経済産業省のCIO、副CIOは、情報や情報技術を使って政策の価値向上、効率的な実施ができないか考えると共に、省内業務の改革を推進していく責任者である。 CIO、副CIOの役割  ・情報戦略立案への指示および意志決定  ・情報ガバナンス体系への指示および意志決定 CIO補佐官:平本 健二  担当:電子政府、PMO、監査  専門:電子政府、企業コンサルティング全般の専門家。SEからコンサルタントになり、ITガバナンス、品質管理、技術予測等を専門とする。 丸山 博義(GPMO補佐官兼務) 担当:電子政府、個別業務・システム最適化計画、PMO  専門:大規模システム開発のプロジェクトマネージメント、並びに、ビジネスアーキテクチャ及びアプリケーションアーキテクチャデザインの専門家。     ※GPMO:電子政府推進監理補佐官(府省共通システム、重要システム等の推進) 近藤 正司   担当:個別業務・システム最適化計画   専門:大規模システム開発のプロジェクトマネージメント、並びに、ビジネスアーキテクチャ及びアプリケーションアーキテクチャデザインの専門家。 永井 道人  担当:個別業務・システム最適化計画   専門:システム監査 CIO補佐官の定義  CIO補佐官は副CIOを積極的に支援し、業務効率化、情報ガバナンスの強化、  コスト削減はもちろんのこと、民間で培った能力や経験を活かし、単にCIO  (Chief Information Officer)として働くのではなく、CIO(Chief innovation Officer)として新政策の立案、改革案の作成支援に取り組んでいく。 CIO補佐官の役割  ・省内の情報システム、情報管理の高度化支援  ・情報政策普及への貢献  ・情報技術専門家としてのアイデアの提供・電子政府のリーダーとしての貢献 ?2009-11-4経済産業省アイディアボックス担当41817174
1278001
★アイデア
4.Web2.0活用蓄犬登録をクラウドコンピューティングを利用して、安く、簡単に出来ないのでしょうか今、犬の登録は市町村単位で、独自にシステム化させていて、登録も大変なのですが、 これを今話題のクラウドコンピューティングというものを使って出来ないのでしょうか。 うちは4匹、犬を飼っているのですが、そのたびごとに手続きが大変です。 知り合いも結構大変みたいで、また市町村毎に登録方法が違うようで、引越しをした際に勝手が違って戸惑っていました。 これを例えば、自宅からもインターネット経由でできるようにしてもらえると助かるのですが。 提供する自治体としても共通化することで費用が安くなり、いろいろな管理も楽になると思うのですが、いかがでしょうか。 できれば使いやすいものが、良いですね。2009-11-5katsudream31817174
12780024.Web2.0活用蓄犬登録をクラウドコンピューティングを利用して、安く、簡単に出来ないのでしょうか犬の登録申請(新規、変更、鑑札再交付、死亡など)は、自治体のオンライン申請でも一定の利用数がある手続のようです。それだけ、犬を飼っている人が多いのですね。 越谷市:電子申請の利用状況(電子申請受付件数) http://www2.city.koshigaya.saitama.jp/sisei/siyakusyomado/kikaku/johotokeika/johosuisin/e_shinsei/index.html 日本に比べると、ニューヨーク市のサービスが、シンプルでわかりやすいです。 Apply for or renew a dog license online https://a816-healthpsi.nyc.gov/DogLicense/Login.do katsudream さんがご指摘されている通り、市町村間でのサービス連携は、聞いたことがありません。 システムの共同化については、 神奈川電子自治体共同運営サービス(電子申請・届出システム) のように同一県内の市町村では行われていますが、実際の登録手続は、それぞれの市町村システムにアクセスして行うので、利用者にとってはまだまだ不便ですね。 例えば、国や民間企業が、クラウド(SaaS)型の「オンライン犬登録サービス」を提供して、そのサービスを利用する自治体間であれば、引越しの際の変更手続も一括でできる。 こうなれば、自治体の負担軽減だけでなく、利用者にとってもかなり便利になりますね。2009-11-5Muta Manabu31817174
12780034.Web2.0活用蓄犬登録をクラウドコンピューティングを利用して、安く、簡単に出来ないのでしょうか犬猫殺害大国の汚名をはらすことにもつながることでありおおいに賛同したい。2009-11-6ウチダ31817174
12780044.Web2.0活用蓄犬登録をクラウドコンピューティングを利用して、安く、簡単に出来ないのでしょうか現在、総務省で自治体クラウドサービスの推進が行われており、3地域で実証が進められています。 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02gyosei07_000014.html 電子申請は候補に入っていましたが、犬の申請が入っているかどうかはわかりません。 取り組みが始まったばかりですし、まだ全てのサービスまでできていないことにはご理解いただければ幸いです。2009-11-6経済産業省アイディアボックス担当31817174
1342001
★アイデア
6.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。ユビキタス社会とか、ICT大国とか、「いつでも,どこでも、だれでも、なんでも」を標榜することはよいのですが、実はそこに、大きな条件があります。それは パソコンが買える(しかも決して安くはないパソコンは、数年後には買い替えなければ使えない)プロバイダーと契約しなければならないケータイが買え、契約ができる少なくとも、それだけの経済力がなければなりません。また使い方も、2000年ごろには「無料のIT講習会」が開催されましたが、今はやってません。町中のパソコン教室は安くありません。そのような状況では、どんなにICTを便利にしても、使えるのは一部の人たちだけです。このままでは選挙へのネット利用ですら公平ではありません。 そこで…地域の公共図書館が、徐々にですがネットへの接続環境を提供しはじめています。これをもっと本格的に普及させて欲しい。地域の図書館に行けば、本当の意味で、開館時間中、その公共図書館でなら、老若男女誰でも、どのような情報にでもアクセスできる環境を提供する。また、図書館員がパソコンの使い方やインターネットの利用の仕方などを、きちんと提供できるようにする。まず、それが必要なのでは、ないでしょうか。 ぜひ、ひとつの施策として「公共図書館を公共のネットアクセスポイントにする」 また一部の図書館では、ブログやこのアイデア投稿のように書き込みできるページへのアクセス制限をしてるところも少なくはありません。それでは、全く意味が無いのです。地域の公共図書館のインターネット端末からでも、ICTの利便性を享受できること。これはひょっとしたら「基本的人権としての情報アクセス権の保障」につながるのではないか…とすら、感じています。 ぜひぜひ、このような政策/施策の実施をご検討ください。 では、では。2009-11-9まる371817174
13420026.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。便利になることは賛成です。外国人などにも好評になるでしょう。 近所の市立図書館にはNTT系の2つの無線LANサービスが入っていますが、持ち込みパソコンが使える机は6席だけ。Fonの電波がかろうじて拾えることがあります。 ロビーに集う少年達はDSやPSPで遊んでいますが、有償無線LANサービスは利用していません。 そこの図書館のパソコン利用率を見てもそんな利用されていなさそうです。 自治体にしてみても、「無線LANは経産省の管轄」になれば"ウチの責任じゃない"けど公共施設の利用率が上がるのはメリットかもしれませんが、「ノートPCからコンセント差し込むな」と怒られてしまいそうなので電源も経産省の立て替えで。。 ユビキタスの技術が発展しても、 リテラシの低い人も毎日使いたくなるコンテンツ が普及していない現状では、やたら道をつくるだけです。 公衆無線LANを無料化してもNTTに委託費が流れるだけですな。2009-11-10toshihar71817174
13420036.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。誤 が普及していない現状では、やたら道をつくるだけです。 正  が普及していない現状では、だれも使用しない農道や高速道をつくるのと同じです。2009-11-10toshihar71817174
13420046.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。投稿の制限については、匿名端末からの脅迫事件なんかを防ぐためにも避けにくい部分があるように思われます。そういう書き込みを許容してでも利便性を取るか、ホワイトリストを作るか、あるいはもうちょっと手の込んだインフラ(例えば図書館カードを入れないとアクセスできないみたいな)を整備するかしないと実現しにくいように思えます。 また、無料のIT講習会、と言う件ですが、Windowsを操作してExcel、Wordをさわってハイ出来ましたねーレベルならともかく、昨今のインターネット事情に対応できる基礎知識を教えようと言うのは難しいのではないでしょうかね?例えば詐欺ソフトの見抜き方だとかブログに書いてあることを鵜呑みにしちゃいけないとか、インターネットを使いこなすための情報リテラシー的な部分を教えようとすると人員の確保が大変じゃないかな、と思います。 ただ、図書館という割と資料の多いスペースを解放するというアイデアは面白いかも知れません。資料を調べながらプログラムを書いたり、調べ物の手助けとして使うような形で活用できそうに思えます。2009-11-10e.kuroi71817174
13420056.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ71817174
13420066.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。問題はアクセスポイントの多さと、一般国民へ利用方法を説明できるスタッフリソースだと思います。 その面で、公共図書館が最も適切かどうかは疑問ですが、いずれにしても公共的施設にアクセスポイントを置いて、国民が自由にアクセスできる環境を作ることについては賛成です。2009-11-14つぼやん71817174
13420076.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。出来たら良いですねえ。ただし前提はネット上での本人確認が誰にでもきちんとできることです。先ずは本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ71817174
13420086.その他電子政府改善公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。市立図書館が教育委員会の下にある以上は、ネットの拡大は図れません。 早晩、グーグルのデジタルライブラリのバーチャルでの攻撃に対応していく必要があります。 その時には、教育委員会とは別に、メディアとしてのネットワークを作ると同時に、 図書館情報の共有データベース化をTRCも参画させて、クラウド上に作る形が望ましい。 そのような、システム経費の大幅削減を図る目的を前面にすれば、図書館ネットワークを 市民の「情報共有」の供することができます。 課題は、そのような企画をする部署が図書館業界、行政にもないことです。 それぞれの図書館ごとに「図書館友の会」を立ち上げて、方向転換を図ることも必要になります。 もう2009-11-14もう71817174
1374001
★アイデア
3.行政情報オープン化「官報」バックナンバーをインターネットで無償公開インターネット版「官報」は、公開から30日分までしか閲覧できない。昭和22年以降の官報を検索できる「官報情報検索サービス」というのがあるけれど、月額料金が必要。 官報は、法律の公布や重要な情報の告示などを知る、国民にとってはほぼ唯一の情報源。国が費用を出して発行しているのだから、バックナンバーは、無償で公開したらどうだろうか。 たとえば、日付検索は無料で、記事検索は有料という方法でも、いいかもしれない。(今のところ、官報の定期購読者は、日付検索が無料)2009-11-10hijiri11616074
13740023.行政情報オープン化「官報」バックナンバーをインターネットで無償公開米国連邦政府では官報(Federal Register)を過去の分も含め下記のサイトで見られるようになっています。 http://federalregister.gov/2009-11-10経済産業省アイディアボックス担当11616074
1146001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子政府の活用と公益法人 一人の留学生として、自分が発言の立場はないと思っていますが(笑)、日本で勉強、生活していて、数多くの日本人たちのお蔭で、すごく恵まれ、もし、私の考えがすこしでも役に立つことができれば、うれしく思います。 今、ある財団法人でアルバイトしていますので、補助金がもらえない公益法人は、国民に対して、いくら有益なプロジェクトをしたくても、なかなか実現し難いです。一方で、1163の公益法人は補助金がもらえるが、重複プロジェクトの発生、基準を上回っている内部留保額、天下りなどの問題も存在していることが分かりました。又、公益法人間のインフォメーション共用の例も少ないと思います。もし、電子政府を活用して、より補助金の効率的に利用すること、公益法人間の交流のプラットフォームの設立することなど実現できれば、国民にとって幸いだと思っています。?2009-10-22Elaine01616181
1202001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたい米国の狩猟民族社会と日本の農耕民族社会の成り立ちから、1つのアイデアをマッシュアップしていく 加点法の米国と、丹精込めて作り上げた物を評価する減点法の日本文化が、足かせとなり日本の評論 社会が新しい技術や人材、ベンチャーが育たない。 大手ばかりの優遇処置で、米国の猿まねで終わってしまう文化や環境がベンチャーをダメにする。 中小ベンチャー育成をうたうのであれば、もっと日本の新しい技術を受け入れる門を広げることを検討してもらいたい。 官民会議に参加できるのは経済界を軸とした流れから、もっと固まった大企業文化からなるルールではなく、 自民党から民主党に政権が変わった時のようなもっとお金ではない支援や技術の採用に注目してもらいたい。 結局日本は大手が産業を牛耳っている見え方だが、実際は日本の約90%は中小企業であり、 経済を支える労働者の数は中小企業で働く人間であることを再度理解する必要がある。 支援という名ばかりの制度ではなく、国が受け入れる姿勢と門を開く必要があるのではないでしょうか? ITベンチャーは賞や金銭的支援より、その技術やサービスが一日でも早く認められ受け入れられることで、 ビジネス発展に繋がることを忘れないでください。 口では簡単に言えますが、中小の資金力ではそう簡単に市場拡大を狙えないことを理解し、市場拡大の 門と支援が必要です。 中小ITベンチャーは日本の技術やサービスを世の中に広げる為に、日夜努力をしているのです。 今ITベンチャーに必要なのは、全てにおけるスピードを与えてもらいたい。 ・開発スピード ・普及(ビジネス拡大)スピード このスピードを与える為の入口と支援を是非検討してください。2009-10-29イノベーター72319481
12020025.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたい>>>>中小の資金力ではそう簡単に市場拡大を狙えない まさに、保証協会の判断が、銀行の融資をもにぶらせていました。銀行、政府系金融機関も、技術力を評価できないために、融資がされない実情もあります。2009-10-29ウェブネット72319481
12020035.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたいこういう提言のできるかたがいらっしゃるのだから、国家としては、あるいは行政としては、ほんとうにもっと真剣に「中小」「零細」企業が必要とする支援を考えていただきたいものです。 これまでの支援策のなかで、そうしたところにだけ届くような施策は、いったいどのくらいあったのでしょうか。 補助金は企業を腐らせます。べつの手だてのほうがいいですよね。 必要なのは「環境」なのではないでしょうか。べつのところにも書きましたが、「中小」「零細」企業は官公庁案件を受注するには企業規模などに制限があります。大手を「元請け」にでもしないかぎり請けられません。ほんとうは逆なのではないでしょうか。官公庁案件は、「ある程度以上に大きな企業には発注しない」というのが正しい方策ではないでしょうか。べつにこれがすべてではありませんが、そうした施策を可能にすることが「環境」づくりだと思います。2009-10-29mita72319481
12020045.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたい省エネ家電普及促進事業エコポイントなどの処理に force.comが採用されているが 国民の税金を使ってなぜ海外のリソースを使用したのか。 国内のIT中小でも同じものを同じ期間と開発コストで 開発できるところはいくらでもあります。2009-10-29lucentfate72319481
12020055.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたい日本にとって、人材の流動が限定的であると感じます。 技術力を持った人材が大企業に集まるが、大企業が革新的な IT活用の戦略をとっているかというとそうでないように思えます。 もっと、ITに対する価値を高める活動を行うべきであると考えます。 そのためには、IT技術者に対する価値を高め、新しい取り組みに 対してもっと支援していくべきであると思います。 やはり、優秀な技術者が育つ「環境」とユニークな発想を支援する「土壌」が、 今の日本には足りないのではないでしょうか? 現状のIT社会では、開発会社において製造業の請け負い作業の枠を出でない状態です。 技術者は、製造業の工場従業人のような扱いです。 これでは、1企業の生産性を上げるために、日本における未来のためのアイディアの芽を摘んでしまっていっても過言ではありません。 この悪循環が、日本企業の中で起こっているように思います。 高度なITスキルのある技術者はもっと、革新的な研究や開発ができる環境で働けるように推進していくべきです。 ?2009-10-29y.yama72319481
12020065.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたい賛成ではありますが・・・。 高度なITスキル技術者だけでは、IT技術は成り立ちません。環境云々まえに、結局は売る人のスキル不足が問題です。 結局は一般企業が仕事を出すにあたり、リスクを取ってもその会社に仕事を出すメリットがあるかと、そのリスクを許容できるかです。ITベンチャーの開発技術は、優秀だが売りにくく、かつ現存の物に比べて新進すぎてメリットが分からないというのが多いという事実も把握すべきです。 技術ではすごいのに企業としてみると杜撰という会社も少なくありませんし、埋もれて行っているのは、そういう会社が多いのも事実です。 企業ではなく、プロジェクト単位での融資に対する補償と言うのが有意義ではないかと思います。 つまり分社化するのを条件にした国家のベンチャーキャピタル。 正直、受け入れる環境を整備するより、受け入れられないところで普及させていくコンサルティング込みの支援の方がコストパフォーマンスがよろしいかと。 ちなみに、コンサル抜くと、今問題になってた公益法人化しますけどねぇ。同じように、融資ではなく助成や補助しても公益法人の名称違う版にしかならないでしょう。 ただ、民間のベンチャーキャピタルでは、普及より早期の利益回収を目途にしざるえなくなります。その意味でも、この手の物は国家組織としてのベンチャーキャピタルとした方がよろしいかと。 ・・・現行の産業への支援機構とも分けた方がよろしいですね。ベンチャーキャピタルと、銀行の融資はまったく別物ですし。2009-10-29rd72319481
12020075.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたいなぜ、政府が中小企業を支援する必要があるのか? マーケットでの価値があるならば、ベンチャーキャピタルが支援してくれるはず。 価値が無いなら淘汰され、吸収や合併すれば良い。 今後もっともっと、海外企業が進出して来るでしょう。もはや、企業資本の大小だけを議論しても無意味だと思う。 製造業だって、流通業だって、国に頼らず工夫して頑張っている企業はたくさんある。2009-10-29ばらじ72319481
12020085.ITベンチャー・技術の育成和製IT技術にもっと注目すべき→中小ITベンチャーの門を広げてもらいたい欧米=狩猟民族、日本=農耕民族、というステレオタイプには賛成できません。今の工業国は全て農業国から発展してきたもので、欧米にも日本にもそれぞれの特徴を持った人達が6:4と4:6程度のばらつきでいるだけでしょう。ただ、これは本筋とは無関係の枝葉。  日本のVCが視野狭窄と超短期拝金主義に冒され勃興期の技術ベンチャーに無関心なのも、銀行が晴れた時にしか傘を貸さないのも衆知の事実。大筋の結論には賛成です。2009-11-9アナトミ72319481
1284001
★アイデア
8.つぶやき自転車通勤にメリットを!私は公務員なのですが,時代がエコに向かう中,世の中では自動車通勤→電車→自転車or徒歩というところ,自転車通勤や徒歩通勤し事故に遭った場合には,公務災害にはならないことや毎月の通勤手当も特にメリットはない。自転車や徒歩通勤の手当ての改善をすべきかと思います。民間企業ではどのようになっているのかを参考に。2009-11-6htachi01716181
1301001
★アイデア
1.電子手続き企画段階で第三者のチェック機能を強化する。"asahi.comに、無駄な電子申請システムを指摘している。 http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200911070326.html   企画段階で投資効果などを十分検討せずに予算申請をしているのではないか? 血税を無駄にしないためにも、企画段階で第三者のチェック機能を強化する。"2009-11-9OhNo21515081
13010021.電子手続き企画段階で第三者のチェック機能を強化する。賛成ですが、システム構築を受注する大手ベンダーとの利害関係のない信頼に足る第三者を確保するのは今の日本では大変でしょうね。大学の先生方は卒業生を引き取ってくれるところの利益は図らざるを得ないし、過去に直接的な利害関係がない中立的シンクタンク系でも大きなプロジェクトを任されると一挙に誘惑に取り囲まれるでしょう。背任的な行為があれば容赦なく刑務所に放り込むくらいの気概でやれるかどうかでしょうか。2009-11-9アナトミ21515081
13010031.電子手続き企画段階で第三者のチェック機能を強化する。企画段階でのチェック機能として期待されるものに、「電子政府ユーザビリティガイドライン」です。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/guide/index.html ユーザビリティ向上プロセスを、大きく4つの局面に分けて 1 ユーザビリティ向上の基本方針と目標の設定 2 利用者特性と業務の把握・検討 3 ユーザビリティ向上を実現するための技術検討 4 ユーザインタフェースの検討 1と2を実施することにより、業務全体の見直し(BPR)につながる改善策が立案され、3の実施の前に、2の局面で業務全体の見直し(BPR)を行うことが極めて重要であると指摘しています。 「誰が」チェックするか難しいところですが、今よりは無駄遣いを防止できると期待しています。2009-11-9Muta Manabu21515081
1307001
★アイデア
7.このサイトについて国政調査国政調査はアイデアボックスみたいな仕組みで実施してほしい。2009-11-9Indousa12118381
13070027.このサイトについて国政調査願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ12118381
1333001
★アイデア
6.その他電子政府改善失業保険の認定がどこのハローワークでもできるようにしてほしい神戸市在住の失業中のものですが、東京に滞在して再就職活動をしようとしたのですが、失業保険をもらうためには、ハローワークの月1回の認定日には必ず神戸のハローワークに戻って「出頭」せねばならないことが判り、移動費がかさむため、東京に滞在しての再就職活動はあきらめました。地方在住の失業者の選択肢を狭めて、雇用の機会を奪うような、こういう役所の縦割りは取り払ってほしい。役所間の取り決めとITを利用して、どこのハローワークでも認定するようにしてもらえれば、地域外の企業も選択肢となり、若干でも失業率が改善するのではないか。2009-11-9Leo31716181
13330026.その他電子政府改善失業保険の認定がどこのハローワークでもできるようにしてほしい複数のハローワークを利用させてもらっていますが、それぞれの地域で職業検索システムが別々です。自宅からインターネット経由で全国の求人検索が可能なのに、ある県では、県内の求人に限定されます。検索手順もバラバラです。地域別に同じIT投資をしているとすれば、維持管理費を考えても大変な無駄です。システム共通化の可能性を調査しながら、システム改善をお願いします。2009-11-11カン31716181
13330036.その他電子政府改善失業保険の認定がどこのハローワークでもできるようにしてほしい願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ31716181
13330046.その他電子政府改善失業保険の認定がどこのハローワークでもできるようにしてほしい分権化社会が進めば、求職者の地域間移動も活発化するんだろうから、こういったシステムこそ政府が音頭取りして統合化するんだろうな ていうか、こういった地域間のすき間みたいな部分を埋めるのが、今後の政府の大切な業務になるんだと考える2009-11-12マカロニ31716181
1360001
★アイデア
7.このサイトについて本サイトをパブリックコメントのポータルサイトとして活用しては?"現在各省庁からのパブリックコメントは、各省庁ごとに異なった様式で募集しています。 #一応各省庁のパブリックコメントは下記サイトから募集要項を確認可能 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public また現在でも郵送/FAX/メールによる送信で、リアルタイムに集まったパブリックコメントを見る事が出来ず、ましてやそのパブリックコメントに対する議論などは行うことが出来ません。 本サイトの仕組みを活用して省庁を統一したパブリックコメントのポータルサイトを設けてはいかがでしょうか?"2009-11-10よし41515081
13600027.このサイトについて本サイトをパブリックコメントのポータルサイトとして活用しては?賛成です。各省庁のパブコメは「相手が見えない」です。何を書いても暖簾に腕押し糠に釘。実際はそうじゃないよと言われるかもしれないけど、イメージはそうなんです。反応が見えない。 対してここは(いまのところ担当者の熱意があるから、だけかもしれませんが)相手が見えます。相手どころか仲間も見えます。同調意見も反対意見も読める。何にしても反応があるってことは嬉しいです。 でも、お役所の横割り行政って、縄張り意識というのか「どこがそれを主轄する」とかでゴチャゴチャしてそこで止まってしまいそうな気がする。2009-11-10なかの41515081
13600037.このサイトについて本サイトをパブリックコメントのポータルサイトとして活用しては?賛成です。属性登録しておくと、関係あるパブコメだけRSSで送られてくるとか。2009-11-10-SHUMA-41515081
13600047.このサイトについて本サイトをパブリックコメントのポータルサイトとして活用しては?賛成ですが、議論をするとなると誹謗中傷や炎上が気になりますね。2009-11-10hashimoto41515081
13600057.このサイトについて本サイトをパブリックコメントのポータルサイトとして活用しては?賛成です。 すべての組織でこういったサイトをきちんと運営していくだけの体制を確保するのは大変かもしれませんが、できるところからでもいいので、ぜひ実現して頂きたいです。 今回のようなフィジビリではなく本格的にやるとなると、偏った意見がマスとならないよう、できるだけ幅広い属性の方が参加しやすいような仕組み・告知方法を取ることや、一人が複数IDを取得して賛成ボタンを押しまくるようなことが無いようにすることなど、今回以上に工夫が必要ですね。2009-11-12colline41515081
1021001
★アイデア
6.その他電子政府改善国の財産として管理する仕組み各省庁がいろいろな施設を持っています。縦割りの予算なので、似たような施設がいくつもできていたり、ガラガラだったり。 これと同じことが電子政府システムにも起こっているような気がします。 国の施設、国のシステムとして財産を一元的に管理する仕組みはどうでしょう。 同じように地方公共団体の情報システムも、共用化・共通化のために情報を一元的に把握する仕組みが要るように思います。 その点では韓国に学ぶところがありますね。 全体の設計、調達、構築、運用の標準技術やライフサイクル、予算を最適化し、発注先やシステム設計者の情報を開示する仕組み。受託型情報サービス業の高度化、社会的認知の向上につなげることができるんじゃないでしょうか。 菅さんの戦略室の仕事か、仙谷さんの仕事か分かりません。また、CIO司令塔という話になるのかもしれません。 仕組みだけあっても仕方がないんですけれど、いまは放任状態+事後承認ですから、「作っちゃった→利用されない→じゃ廃止」ということになってしまう。ITの事前監査+資産管理の機能といってもいいと思います。2009-10-14IT記者会41615188
10210026.その他電子政府改善国の財産として管理する仕組み救急のシステムなんかも都道府県でそれぞれ作っているような話を聞いたことが有り、全く無駄だと感じています。 ソフトウェアは建築物では無いのですから、一つの都道府県が開発したのなら、あとの都道府県はコピーで十分では無いでしょうか。 もう少し税金を効率よく使ってほしいと感じています。2009-10-14もっくん41615188
10210036.その他電子政府改善国の財産として管理する仕組み消防システムもそうですよ。2009-10-14IT記者会41615188
10210046.その他電子政府改善国の財産として管理する仕組み国・自治体の各行政機関が同じシステムを使うべきということについては、下記の投稿アイディアでも触れられているのを見つけましたので、ご参考までに。 行政のシステムを一つに統合 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CojsAAC2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当41615188
10210056.その他電子政府改善国の財産として管理する仕組み私の意見は、一つに統合する、というものではありません。共通アプリケーションは一つでいいと思いますし、漢字コードや国民IDは一元化すべきだとは思いますが。もし一つに統一するのなら、富士山のふもとの風穴を利用して(カミオカンデはダメかもしれませんが)、ナショナル・データセンターでも作って、中央官庁のサーバーを集約する、という提案をします。バックアップセンターをどうするか、という議論もあるでしょうけれど。 私が提案しているのは、国の機関として「国有財産管理庁」というような専門機関を作って、そこで国有財産に関する予算管理をできないか、というものです。かんぽの宿やハートピア、職業訓練所、経済産業省の地域ソフトウェアセンターなんかもそうです。そういう建物を一元的に管理して、相互に融通すれば無駄な建物を造らずに済むでしょう? それをITに当てはめると、各省庁が保有しているサーバーの空き容量を的確に管理すれば、CPUやストレージの増設を回避・抑制できるかもしれない。その延長線上にオフィス・水ーツのSaaS化、共通アプリケーションの共用というテーマがあるわけです。2009-10-18佃 均41615188
1161001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成US発ではなく、日本発で新たな取り込むを過去数十年、ソフトウェア業界は、海外の企業はリードし、日本はその技術の恩恵をうけている。 製造業などのものづくりでの世界を地位を築いたが、ソフトウェア業界は、国内に閉とmおじた技術で終わっている。 経産省には"官僚たちの夏"のような、今度はソフトウェア業界が世界への羽ばたけるよう取り組みを考えてほしい。 ERP/SCM/CRM DB/OS/ミドルウェア/セキュリティ 関連すべてが、米国・欧州がリード。 それとも、日本人は発想がとばしいから?、日本の企業文化で無理なのかぁ 2009-10-23hk0132620688
11610025.ITベンチャー・技術の育成US発ではなく、日本発で新たな取り込むをそもそもこのアンケートシステムも米国製。 日本のベンチャー企業も良いSaaS型のサービスを提供しているところがあるはず。 このサイトのSSLも同様。米国の物を使っているが、日本の企業でこの分野で世界で戦っている会社がある。 シンガポール政府やニュージーランド政府なども採用しているのに、なぜ経済産業省は使わないのか? グローバルで戦おうとしている企業を後押しすべきでは? インターネットのあらゆる基準が米国ベースで作られていくことに、政府はもっと危機感を持つべきではないだろうか。2009-10-29WhiteSail32620688
11610035.ITベンチャー・技術の育成US発ではなく、日本発で新たな取り込むをあー。これなんですけど、日本でも一部のソフトウェア技術は、かなり世界に対して供給されてますよ。 それも圧倒的な技術力ゆえに。 ただそういう技術は世界供給に手慣れていてかつ納得できるレベルで評価してくれる会社で展開する事が多いようです。 でそういう会社が、ほぼ日本にはありません。 たぶん一番のネックは世界展開における技術の評価基準と、それを使った場合の多面的な売り込み能力が、コンピュータを非常に多様する国々では、日本の企業はNoいくつと言うレベルには入れないと言うのが問題なんだと思います。 もしくは、そのネットワークから作る気ならば、その技術は普及する前に次の技術に追い抜かれます。 ビジネスのスケールビリティが違いすぎるのですよね。 ?2009-10-30rd32620688
11610045.ITベンチャー・技術の育成US発ではなく、日本発で新たな取り込むを日本には「 TRON 」があった(!?、ごめんまだ生存してたっけ???)じゃない(笑) これが実力。 オリジナルもMade In Japanも悪いとは言わないけど、せめて国際規格で認められないとね。 もう、井の中の蛙っていうわけにはいかん。 かすかな光はOSSとかRubyとか お高い海外(日本)製品じゃ地方は使えないの。2009-11-6dogwan32620688
1219001
★アイデア
7.このサイトについて各省庁のサイトトップページからリンクをこのサイトについて、経産省のサイトからですらリンクが張られていない 積極的な取り組みだというのであればトップページにリンクくらい張られていてもいいと思うのですが 国が一般から広く意見を聞いているという珍しい取り組みなのですから、口コミ的な効果に頼るだけではなく各中央省庁のサイトトップページなど、直接操作できる部分からのアピールは必要と思います?2009-10-29YM31515188
12190027.このサイトについて各省庁のサイトトップページからリンクをサイト開設以後つい先日まで、経済産業省のトップページにリンクが貼ってあったのですが、 このサイトのこと以外にも経済産業省からお知らせしなければならない 重要新着情報は日々増えていきますので、このサイトの紹介は、 注目情報一覧( http://www.meti.go.jp/topic/index.html )に移りました。 トップページで紹介する情報については、情報の新鮮さと重要性を双方考慮に入れつつ メリハリをつけていかなければならないのでご容赦ください。 経済産業省のホームページ全体で、こうやって情報整理をしていけば、 よりわかりやすくなるのにというアイディアがあれば引き続きよろしくお願いします。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当31515188
12190037.このサイトについて各省庁のサイトトップページからリンクを経済産業省の広報室に頼んで、経済産業省トップページの「注目情報」にアイディアボックスへのリンクを復活させてもらいました。 http://www.meti.go.jp しかし、どの情報がより重要・新鮮でトップページに残すべきかというのは、なかなか難しい問題です。。。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当31515188
12190047.このサイトについて各省庁のサイトトップページからリンクをそだよそうだよ!もう少しで見逃すところでした! それに、 組織がデカければデカいほど、こういった双方向の仕組みは絶対、有効です(ウチの組織もそうだった)。 もう少し経つと、抵抗勢力の大反抗が始まりますから、その時に、「これだけたくさんの人が来て、コメントされて投票してます!」って反撃できるようにするためにも、告知・リンクは重要でっせ、ご担当者さま。 ちなみに、私のブログにはリンクをはらして頂きました。2009-11-3LEO331515188
1308001
★アイデア
1.電子手続き特許関連業務のWeb化技術立国を強固にするため、特許関連業務を容易にし、スピードアップを図る必要がある。(1)特許申請をWebで登録可能にする。(2)特許情報をWebから容易に検索できるようにする。・1年6ヶ月後の未審査の段階で公開される「公開特許公報」・特許になったものを公開する「特許公報」2009-11-9OhNo11414088
13080021.電子手続き特許関連業務のWeb化インターネット出願では無く?ということでしょうか? パソコン電子出願について IPDL -特許電子図書館2009-11-9turutosiya11414088
1330001
★アイデア
8.つぶやきみんなで解決できるサイト行政に対する要望があると、行政が対応というのが一般的な流れですが、行政に対する要望を、いったんこのような要望ボックスのようなものに書き込むと、その内容について、行政に限らず誰でも対応(回答あるいは対処)できる人が対応するサイトがあると、行政の負担も軽減できるし、行政のOBなど、専門知識を持った人も活躍できるのではないでしょうか。2009-11-9iRi01414088
1390001
★アイデア
1.電子手続き手続きの電子化の前に標準化とデータ連携を"市区町村が異なっても、書式や手続き(窓口)を同一にしていただければ、それだけでも、かなりサービスを利用するほうもサービスを提供するほうも効率化できます。 更に各市区町村のデータを連携する事により、転出転入等の手続きの重複もなくなります。出来れば、住民票のある役所でなくても、色々な手続きが出来るようにして欲しいです。"2009-11-11やまやま31615188
13900021.電子手続き手続きの電子化の前に標準化とデータ連携をついでに、市町村の業務システムを統一すれば、情報化コストを大幅に削減できます。赤字で苦しんでいる自治体が多いのですから、システムの統一は真剣に考えるべきです。最近はやりのSaaSやクラウドコンピューティングを使うとよいかもしれませんね。2009-11-11エキストラ31615188
13900031.電子手続き手続きの電子化の前に標準化とデータ連携を同じ役所の同じ建物内でも、たらい回しされることがありますね。 1階から4階へ、次は2階へ行けといわれ、最後は1階に戻って来たりして。。。 総合窓口の設置など、まずは同じ建物内で良いからワンストップサービスとして欲しいです。2009-11-11Muta Manabu31615188
13900041.電子手続き手続きの電子化の前に標準化とデータ連携をデータ連携の実現は是非必要と思います。 ただ、各方面に連携されるデータが改竄されてしまうと大混乱というか電子政府の全面瓦解となりかねません。 改竄を防ぐにはアクセス権限者の本人認証をしっかり行うことが一番大事です。住基カードの失敗が明らかになった今それに代わる低コストで実効性の高い本人認証システムの検討を優先的に行うべきだと思います。データ連携はその次の重要課題であっても、直ちに着手できるものではないという観点から敢えて反対票としておきます。2009-11-14アナトミ31615188
1153001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成パワースポットも提供してほしい。ネット利用できる所は増えましたが、電源の確保できる場所は圧倒的に少ない。 パソコン、PDA、携帯電話など電源がないとネットも使えないので電源を供給(パワースポット)を 電力事業者は提供してもらいたい。2009-10-23どぼちょんぱぱ11715294
11530025.ITベンチャー・技術の育成パワースポットも提供してほしい。「電気の自動販売機」 というイメージでしょうか? ケータイの充電機は、コンビニなどいろいろなところにありますね。乾電池式の充電器もありますし。 パソコンとなると充電時間が長いので、私なら利用しない気がします。 どうしても必要な時は、予備バッテリーを持参しますし。 新幹線やファーストフード店では無償で電源を提供していますので、あまり不便に思ったことはないです。2009-10-31ばらじ11715294
1164001
★アイデア
2.行政ホームページ経産省のホームページは検索しづらいカテゴリーの定義が幅広いせいか、なかなかほしい情報にたどり着けない。 統計情報、白書など様々報告書をすぐに検索できるようにしてほしい。 以前の投稿にあったが、RSSなどのしくみを是非取り入れてほしい。 2009-10-23kanchan11514194
11640022.行政ホームページ経産省のホームページは検索しづらいご意見ありがとうございます。 情報オープン化の一環としてホームページの改善は重要な取り組みです。 RSSの議論とともに、情報のカテゴライズの話も関連しますので、以下のアイディアを是非ご覧ください。 Data.govの設置 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CpVN&returnUrl=%2Fapex%2FideaList%3Fc%3D09a100000004JlQ%26sort%3Drecent#comments 情報のカタログ化 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CpVr&returnUrl=%2Fapex%2FideaList%3Fc%3D09a100000004JlQ%26sort%3Drecent2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当11514194
1177001
★アイデア
7.このサイトについて個々のコメントにも「賛否」の意思表示をしたい。アイディアにだけ「賛成」「反対」でなく、コメントにも「賛否」を投票したいものがたくさんあります。場合によってはアイディアに「賛成」、でもコメントには「反対」というケース、またその反対のケースもあります。 ここは、個々のコメントにその「コメント」に意見表明することはできないのですよね。ツリー構造のようにはなっていないのでしょう? というわけで「コメント」にも「賛否」の意思表示ができるとうれしい。2009-10-26mita31715294
11770027.このサイトについて個々のコメントにも「賛否」の意思表示をしたい。ご意見ありがとうございます 事務局において、技術的に対応が可能かどうか検討しま す。2009-10-26経済産業省アイディアボックス担当31715294
11770037.このサイトについて個々のコメントにも「賛否」の意思表示をしたい。事務局で検討させていただきましたが、 ご指摘のように各コメントに対して賛否の投票や再度のコメントを行なう機能を持たせるためには システム改修が必要となり、 申し訳ございませんが本実験期間中の対応が困難であることが分かりました。 ご指摘につきましては、今後、同様の取組を行う際の留意点として とりまとめを行なう際に明記させていただきたく存じます。 今後とも、改善すべき点等がございましたらご投稿いただけますと幸いです。2009-10-28アイディアボックス事務局31715294
11770047.このサイトについて個々のコメントにも「賛否」の意思表示をしたい。ご検討、ありがとうございます。 使いやすく、なおかつ情報もすべて漏らさずに、というのはなかなかむずかしいですよね。 ご説明、よく理解いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。2009-10-28mita31715294
1214001
★アイデア
4.Web2.0活用予算執行の予実提示 ダッシュボード形式で、各省、各部門、各予算項目の ・予算 ・支払い金額 ・執行状況(例えば工事の達成状況や配布物の配布状況など) を細かく見る事ができるようにしませんか? 技術的には、BAMと言った製品でも実現できると思いますし、 AJAX等を使っても国民が面倒くさく無く、かつ興味のある分野は詳細に 「予算」がどのように使われているか、 ガラス張りに出来ると思うのです。 出来れば、支払先からの請求書が送られてきた毎に、や落札業者と落札額が決まる毎 など、リアルタイムに予算が執行される様を見せて頂ければ、 年度末や年度が明けてから、まとめて見せられるよりも具体的な執行のされ方を理解できますし、 タイムラグ無く、把握できて、見る側の興味を引く事も出来ると思いますが。 必要な事は、 ・電子決済でのおカネの出入りの電子化拡充 ・電子決済システムでの出入り状況を対象としたBAMもしくはダッシュボード等の統合 (リアルタイム) - ダッシュボード上での各省の予算項目の一覧化 - ダッシュボード上での各省の部門の一覧化 - ダッシュボード上での各詳細に対する数値項目表示 - ダッシュボード表示に必要な出来るだけ簡単なガイダンスを、いずれかの省庁のサイト上に設ける。 多分、技術的に困難な要素は少ないと思いますが。。。 2009-10-29Kyazuu21715294
12140024.Web2.0活用予算執行の予実提示ご指摘のようなシステムは技術的に可能ですし、諸外国でも進められており、注目しております。 ご提案のようにすることも可能でしょうし、米国はITダッシュボードというシステムを今夏に提供開始しました。 http://it.usaspending.gov/ 現在は省全体の統計を中心に公開していますが、構想では各プロジェクトの予算の予実やCIO等体制の充実度や様々なデータが見られるようになる予定です。 では、同じものを作れば考えるのですが、この裏側には経年に渡り蓄積されたデータがある事が様々な分析を可能にさせています。 米国のIT予算は年度経費など詳細な記述項目や業務コードなどが規定されており、それを各省庁が作成しxmlで財政当局であるOMBに送付するしくみをかなり前からすすめており、この蓄積されたデータを扱えるツールを開発することで、このサイトを構築しています。 このITダッシュボードの感想などをみんなで議論するというのも重要なのかもしれません。2009-10-29経済産業省アイディアボックス担当21715294
12140034.Web2.0活用予算執行の予実提示経済産業省アイディアボックス担当 のご指摘の通りで、米国連邦政府は、そもそも予算案の段階から、コード化、CPICによるビジネスケース体系作りに、地道に取り組んでいた結果なのです。これまでも情報は公開されていましたが、まさにダッシュボードと名付けた如く、国民が一目でみて、予算の効率性と効果をわかり安く示し、また、プロジェクト間の比較も容易にして、担当者同士にもピア・プレッシャーを与えるという仕組みです。 なお、ITダッシュボードは、三項目の評価も掲載しています。 1.予算超過はないか。 2.スケジュールに遅れはないか。 3.パフォーマンスはどうか。 いずれも省のCIOが、自己評価をします。CIOにはこのような責任と機能もあるのです。 お手盛りは、すぐわかるプロ集団だと思っています。2009-10-31Hirokazu Okumura21715294
1232001
★アイデア
3.行政情報オープン化統計基準など政府が策定したマスタ情報を外部からも利用できるようにしてほしい。統計局などが『統計局ホームページ/統計基準の設定』などのホームページにて 日本標準産業分類、日本標準職業分類、日本標準商品分類や、 様々な統計基準を費用を投じて策定していますが、 ばらばらな場所にばらばらな形で保存されており外部から その情報を利用できない為に、基準が変更されたタイミングで 日本全国でデータベースの同期作業が発生しています。 全国の統計基準になるような情報は、公益の元に日本政府が責任を持ってメンテナンスして、 それを国民が気軽に利用できるようにすれば日本全体で利益を享受できると思います。 参考) 統計局ホームページ/統計基準の設定 http://www.stat.go.jp/index/seido/kijun.htm 統計基準だけでなく財団法人国土地理協会が発行している全国町字ファイルも、 日本郵政のデータと統合して、政府の情報として公開し、 誰でも使えるようにすれば、日本全国的に業務効率が上がる話だと思います。 (全国町字ファイルは特に年間数千万の費用を ?要求するので中小企業には利用する手段がありません。) 参考) 財団法人国土地理協会 http://www.kokudo.or.jp/master/index.html2009-10-30たかさん01313094
1312001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成経営学(MBA)的なナレッジを広く公開する。経営学(MBA)的な知識を広く公開し、日本企業の経営基盤の基礎になるように普及を図る。具体的には、国立大学や中小企業診断士、コンサルティング会社のナレッジや研究成果をWebで公開し、Q&A、提案、事例紹介などを展開する。 国立大学は独立行政法人になったとしても、安価に社会還元をする必要がある。http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091105/208968/2009-11-9OhNo01313094
1324001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成税金の無駄遣いについて官公庁系のシステムなどは保守運用だけで、毎年数十億〜数百億と聞いています。エコポイントの仕組みをSaasモデルでやることで削減できたのであれば、現在の既存システムもSaasに移行していくことで税金の無駄遣いを早急にやめていただきたいです。2009-11-9ひろみっくす11715294
13240025.ITベンチャー・技術の育成税金の無駄遣いについてエコポイントであれば、間違ってましたごめんなさいで修正すれば済む程度と割り切る事もできます。 そのレベルの物をSaasモデルで削減できるのならば構わないと思うのですが、正直流出したら致命的ないし重大な問題が発生する情報を取り扱う官公庁系システムをSaasに移行するのはどうかと・・・。 IT系のセキュリティ関係の業者は、システムに関して絶対と言う言葉を普通は使いません。 それは、絶対に大丈夫なんてあり得ない事を良く知っているからです。 問題が人やルールであれば、その人に罰則を与えることやルールを修正する事で対応できます。 ただシステムに問題があったとなれば、費用なしでの修正は不可能なので結局、コストがかさんでしまうと言う事もあります。 少なくとも情報流出の懸念をかなりの部分で払拭するまでは、導入は待った方が良いように思います。2009-11-10rd11715294
1007001
★アイデア
2.行政ホームページパブリックドメイン型のポータルIT記者会の佃です。 とりあえず地方公共団体のホームページについて。 市町村のホームページを見ていますと、「役所から住民に伝える」というのが基本的なコンセプトなんですね。 しかし住民から見ると、「行政は自分(家族・地域)のためにどういうことをしているのか」「自分が暮らしているこの地域はいまどうなっているのか」なんじゃないでしょうか。その中にお役所もある。つまり域内のお役所、学校、消防、警察、町内会や商店街、組合などの団体、商店や企業、お祭、交通機関なんかを含めた全部が地域なんですね。こうした組織は「パブリックドメイン」と言い換えていいんじゃないでしょうか。 岩手県の紫波町、岡山市の電子町内会、愛媛県新居浜市の取組み(市外在住者にも市内の情報を携帯電話に伝える)、富山県南砺市なんかは、その先駆的なものだと理解しています。 行政のホームページをパブリックドメインのポータル化し、共通課題で相互に連携する。地域の安心・安全、地産地消などがその典型です。 すると、市町村のホームページを作って運営していくのは市民ということになってきます。そういう仕組みづくりを国として推進すべきだと考えています。2009-10-14IT記者会816142101
10070022.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル「仕組みづくりの国としての推進」について、どんな方法が効果的でしょうか? キャンペーンをしたりベストプラクティスをまとめたりすることでしょうか? それとも、補助金でしょうか?それとも、何らかのプラットフォームをつくることでしょうか? ぜひ、いいアイディアがありましたらお願いします。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当816142101
10070032.行政ホームページパブリックドメイン型のポータルきましたね。 いずれこういう質問が来ると思ってたんですよ。 長文なので分割して掲載します。 まず概論から。  熊本県八代市のSNS型、愛媛県新居浜市の携帯サイト型、山梨県都留市の市民協働サイト型、岩手県紫波町の地域団体参加型、岡山市の電子町内会など、いくつかパターンがあるようです。そうしたHPの構築プロセスから共通項を拾うことにします。箇条書きにしますが、優先順位とか手順でなく、並行して実施していくのがいいんじゃないでしょうか。  目的は、地域の在住者と地域外の人が町のポータルを通じて交流することです。私は神奈川県に住んでいますが、岩手県紫波町ポータルの会員で、ときどき会報が送られてきます。またカミさんの出身地である新潟県G市は「G市応援団」という名前のバーチャルな組織を運営していて、毎月、会報が送られてきます。そういう中から地産地消型の循環経済が生まれたり、地域の安心・安全への関心が高まり、ひいては地域物産の購買や祭の盛り上げにつながっているんですね。HPポータルを作ることが目的じゃない、ということを忘れてはいけません。2009-10-18佃 均816142101
10070042.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル前項続きA  @(以下「町」とします)のホームページ(HP)作りに参加してくれる地域に根ざした団体、組合、小中学校の保護者会、NPOや同好会、商店や企業、町の議員を募集します。そうした人たちが自分たちの町にはどういうHPが相応しいか、会費は年いくらにするかなど概要を決めていく。行政側はあまり決定的なことは示さないほうがいい。 A個々のコンテンツを同作りかではなく、どういう画面展開がいいか、情報の更新をどうするか、といったコンセンサスを作るのが目的です。ここがポイントで、これが上手く行かないと誰も使わないシステムになってしまう。最終的に町の情報交換・発信サイトを作るんだけれど、当面は相互交流を深めてもらう。  Bそうした活動に都市部で暮らしている地元出身者や地域の大学関係者(学生さんなど)に参加してもらうのもいいと思います。地元の人だけだと、ITリテラシーの課題がありますから。新潟県の糸魚川市に合併して消滅した青海町は、地元出身の希望者に町のドメイン名がついたメールアドレスを発行することを検討していました。  Cサーバーやベースとなるシステムは行政側が用意します。あるいは技術的なサポートも必要でしょう。地域のIT企業に参加してもらう必要があるかもしれません。  D参加する団体、組合、小中学校の保護者会、NPOや同好会のHPをそれぞれに作ってもらう。先行してHPを作った団体がリードしていくようにするといいようです。岡山市の電子町内会システムでは、行政側が簡単なフォーマット(テンプレート)を作って、それを各町内会に提供しました。作っているうちにアイデアが出てきて、それに見合う技術を知っている人が参加してくる。できることからやればいい。 Eそれをポータル化して運営していくには、参加者の協議会がその役目を担うのがいいでしょう。新しい参加者への指導や会費・予算の管理など。行政側はあくまでもサポーター、アドバイザーに徹します。このサイトの担当氏のように、です。ただし運営の実務は専門家がやらないと。  F行政側は資金を提供するべきではありません。会議室とかサーバーとか技術指導とか、あくまでも現物支給。 G市町村が主体である必要はないわけです。地域の方々が作った地域ポータルに、市町村のHPとリンクするバナーを設けておけばいいんですから。結果として、市町村を巻き込んでいく。2009-10-18佃 均816142101
10070052.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル前項の続きB  さて、これを国の施策として推進するにはどうするか、です。総務省の外郭団体である財団法人全国地域情報化推進協会(APPLIC)となると官主導色が強くなるので、むしろ全国規模のNPOかNGOにやってもらうのがいいんでしょうね。ただトップダウンはいけません。  まず、キーマンを探すこと。キーマンのネットワークを作って、NPO/NGO化を指向すること。そこでどういう支援策が必要かを探ることです。 技術標準とかガイドラインとか先走った議論をすると、官製になって、難しくなってしまいます。官僚の方は頭がよすぎて、先の先まで読めないと困るというんでしょうけれど、こういうサイトで意見を募集すればいいんです。 もしどうしてもシステムを作りたいとか、補助金を出したいのなら、個別に話しましょうか。ここで特定企業(ITベンチャー)の話をするとコマーシャルになってしまう。 経済産業省の立場では、中小企業庁の地域商店街活性化事業、地域ソフトウェア・パートナーシップ・プログラム、J−SaaSプロジェクトなんかに組みこむのがいいんじゃないでしょうか。施策化は2011年度からでいいでしょう。2009-10-18佃 均816142101
10070062.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル 追伸です。 行政ポータルの目的は、第一に住民に対するCRM/SFAです。行政機関は地域のパブリック・サービスの一つなので、顧客(住民)の満足度をどう高めるかを考えなければなりません。上位下達の発想では成り立たないということを考えれば、おのずから住民参加型・パブリックドメイン型ポータルという答が出てきます。 第二は地産地消の循環型経済の立上げ。物流が短縮化されれば、CO2の削減にもつながりますし、一次産業や観光産業の振興にもつながります。2009-10-18佃 均816142101
10070072.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル基本的には賛成したい感じがします。 要は、「入口」が用意されている。「入口」を入ったら、「かなりの自由度」で「いろいろな」活動が国民(都、県、市、町、村民)主体で設営して、運用できる、ということでしょうか。 言うは易しですが、「かなりの自由度」と「「いろいろな」については、結構、論議を呼びそうに思えます。 「 市町村のホームページを作って運営していくのは市民」という表現ですべてを括るのにはやゆあ抵抗があります。 というわけで「賛成」「反対」のいずれにも投票できないところにいます。2009-10-20mita816142101
10070082.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル長年学校ウェブサイトの研究をしている立場からコメントします。 本件は具体的な方法や事例として参考になる話だと思いますが、全国への普及を考えた場合はどうでしょうか? 実は、行政も学校も同じ課題を抱えています。それはホームページをどうつくるかという具体的手段の問題ではなく、むしろ、関係者とどのような関係を形成し、維持することが社会的な価値になるのか、という基本姿勢に組織のコンセンサスがないことです。 そもそも、行政も学校も「外から理解されていない」と感じているばかりか、「外からつまらないことで攻撃されるかも知れない」という怖れを強く持っています。つまり、社会的な行政・学校不信以上に、当事者側の社会不信も深刻なのです。そんな相互不信でがんじがらめになっている人々に協働の仕掛けを説いても、意識を変えることは相当に難しいことだと思います。 現時点で行うべき事は、オープンなガバナンスにむけて、公共セクタの広報コンセプト、価値定義、測定の方法をまずは整理することではないでしょうか?ちなみに、ここでいう広報とは、企業の宣伝・広告(promotion)ではなく、本来のパブリックリレーションズ(public relations)、社会と組織との関係形成のことを指します。2009-10-29とらねこ816142101
10070092.行政ホームページパブリックドメイン型のポータル基本的には賛成です。 地域にとって有益な情報が集まる中で、行政の方は「行政のプロ」として、掲載された情報に対して「市による助成の紹介」などにつなげられるような協同ができると素敵なんだと思います。 地域にコーディネートする方がいるかどうかに大きく左右されるのかもしれまんせが、いくつか試みも出てきているようですから、ぜひぜひ色々なところで試行&情報共有が進むといいかと思います。2009-11-9あめみや816142101
1074001
★アイデア
8.つぶやきこのサイト...一回投稿すると修正できないんですかね。 ガクブル 2009-10-16satokenz214131101
10740028.つぶやきこのサイト...アイデアボックス事務局です。 申し訳ございません。今回のサイトでは削除や編集の機能はついておりません。 修正したい投稿につきましては support@open-meti.go.jp 宛てに登録いただいたEメールアドレスよりご連絡いただけますと事務局にて修正対応が可能です。 (登録Eメールアドレス以外ですと、削除することができませんのでご注意ください) 大変お手数をおかけしますが、修正したい投稿のタイトル、 修正後の本文をメールにてご連絡ください。2009-10-16アイディアボックス事務局214131101
10740038.つぶやきこのサイト...無かったことにしてください! と修正の意思表示をコメントで入れるしかないんじゃないかなぁ。。。 というか、一度投稿したコメントを後から修正するというのは、基本的に良くないと思います。議論の経緯で考えが変わり、内容に変更を加えるのであれば、その経緯が残って然るべきかと。 児ポ/著作権的な意味で危険な内容を管理者が消すことはあるにせよ、投稿者本人による修正・削除は出来なくて良いんじゃないでしょうか。 #恥ずかしい誤変換が未来永劫残るのも己の責任ということで(笑)2009-10-17へなちょこ214131101
1080001
★アイデア
1.電子手続き電子手続きの助け合い・草の根サポートに具体的メリットを"●アイデアの背景と現状の問題点 正直言いまして、さっとこのページに投稿しているようなITを利用する人間はごくわずかであり、ほとんどの人が電子行政のやり方も、考え方もしりません。たぶんうちの母にやれって言ったって無理です。 世の中のほとんどの人はそういう人たちでしょう。そういった背景が普及しない要因の一つと思われます。 でも、そういった人たちでも、誰かに教えてもらう、やり方を学べばトラブルさえなければできるようになります。実際、やってみると簡単です。 ですが問題は教える人がそんなに居ないと言うことです。 いまは教えるのが好きという人か、あるいは 逃げ遅れたり押しつけられて 教える立場になってしまった人ぐらいで、しかも得られるものはありがとうのお礼……があればいいくらいという状態です。逆に、しっかりお礼をしなければ、と言う意識がある人は、お礼をするコストを考えて、あるいは相手の負担を考えて頼みづらい、と言うこともあるのではないでしょうか。 ●提案の詳細 そこで、現在ゲームメーカの任天堂が行っている「手助けポイントキャンペーン」をヒントに 「誰かに電子手続きのやり方・使い方を教えて広めたら、何かメリットがある」 と言う仕組みを作ったらどうでしょうか。例えば初めて電子納税するとき、初めて電子政府の手続きを利用したとき、今は利用者にメリットがありますが、その時誰から教わったかという事を入力してもらうのです。 そして、そこで何かのメリットを教えた人にも発生させる。 現金などでは問題があるようでしたら、例えば手数料として使えるポイントだとか、一人助けると、何らかの電子証書の発行が一定回数無料で使えるとか、無形の行政サービスで使えるもの等ではいかがでしょうか。 ●考えつくメリット 教える方のモチベーションを高め、草の根、人と人との口コミネットワークでの電子政府の電子手続きの広まりを加速できることです。 あ、あの人に教えてあげようかな、でも……と言う人の最後の一押し、それをすることができればうれしいですし、単純に善意だけで動くと、何か違う意図があると見られても困る、と言ったときに「実は教えると私にもうれしいことがあるんですよ」と言えれば、教えやすいです。そして、教わる方も、教えてもらって手間をかけさせもうしわけない、と言う気持ちが緩和できるのではないでしょうか。 お金になるという様な事でなくても、ちょっとしたそういう制度があることで、教える方も、教わる方も、どちらも分かり易いメリットがあるということが、重要だと思います。"2009-10-16高森太郎214131101
10800021.電子手続き電子手続きの助け合い・草の根サポートに具体的メリットをそういうの単独の制度というのは難しいかもしれませんが、 いろんな手助け活動を盛んにしていく中の一分野に、パソコン・携帯・その他のモバイル機器・双方向テレビ等の使い方指導をしてくれる人への支援も入れてほしいと思います。 (内容によっては、プロにお願いすべきレベルのことかもしれませんので、「そういうことなら、このサポートセンターに電話してみたら」とか振り分けしてもらえるだけでも、とても助かると思います。)2009-10-20キーコ214131101
10800031.電子手続き電子手続きの助け合い・草の根サポートに具体的メリットを価格.com等を事例に上げて、ユーザも参画しての利用マニュアル作り等を提案しておられる意見( リンク )もあるようです。 人力検索はてな( リンク )のような、ポイントが付くシステムにしたら、より色々な情報が出てくるのではないでしょうか。2009-10-24島崎丈太214131101
1102001
★アイデア
3.行政情報オープン化電子政府サービスにもIR(投資家向け情報)を、構築運用費から受託業者名まで"電子申請などのオンライン行政サービスでは、費用対効果が問題になることがありますが、実際に費用対効果を判断しようとすると、その根拠となる情報が少ないことに気がつきます。 開発費や受託業者名などの情報は、公開されていないわけではないのですが、散在しているため、必要な情報を探し出すだけでも大変です。 例えば、ここ「電子経済産業省アイディアボックス」についても、「開発業者はどこなんだ?」といったコメントが上がっています。 本システムは、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM Ideas」を使って構築されており、 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/09/news076.html  事務局をしているのは、野村総研さんとなっています。 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/IB_ad_startguide.pdf これまでの公共分野(自治体、旧郵政公社など)におけるセールスフォース・ドットコムの利用では、電子政府分野に実績のあるソフトウェア開発業者が、セールスフォースのプラットフォームを使ってシステム開発を行ってきましたが、今回はそうした仲介業者を置かないことで予算削減を狙ったのかもしれません。 こうした情報が、表やグラフも交えて一箇所で見られると、費用対効果を測る上で非常に重宝しますし、税金を使われる国民の理解も得やすいのではないでしょうか。 例えば、オバマ政権における http://it.usaspending.gov/ などは、見た目にも判りやすくて、内容も充実しています。 これに対して、日本にも「政府調達事例データベース」 http://cyoutatujirei.e-gov.go.jp/ というのがあるのですが、1,600万円以上の調達額の情報システムに限られており、データ保管期間も「契約日から3年間」と、米国に比べるとかなり見劣りします。 このような一箇所集中型の情報公開システムも良いですが、まずは、サービスやウェブサイトごとにIR(投資家向け情報)のようなページを用意してはどうでしょうか。というのが私からの提案です。 例えば、e-Taxの利用件数 http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/kensu.html を発展させて、システム開発費(初期投資金額)、運用・維持費、システムに関与する業者名(要件定義書の策定、支援業務、設計・開発、運用など)などを追加して、表やグラフを用いて費用対効果を説明します。どんな情報を載せるかは、国民から意見募集すると良いですね。 「電子経済産業省アイディアボックス」にも、IR(投資家向け情報)ページを設置して、問題の無い範囲で情報公開してもらえると嬉しいです。"2009-10-17Muta Manabu116142101
11020023.行政情報オープン化電子政府サービスにもIR(投資家向け情報)を、構築運用費から受託業者名まで電子政府プロジェクトの総括を、と提案している者ですが、情報が分散しているうえ、元になる情報の関連性が分からないことに戸惑います。納税者を投資家と見れば、たしかに政府や自治体はIR情報を発信していませんね。2009-10-17佃 均116142101
1108001
★アイデア
7.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)アイディアボックスに参加いただきありがとうございます。経済産業省担当者です。現時点での暫定集計ですが、ユーザー登録時に記入いただいている都道府県、性別、年齢、業種を分析したところ、以下のとおりとなっています。総ユーザー数 278【都道府県】1位 東京都 136(49%)2位 神奈川県 51(18%)3位 埼玉県 13(5%)4位 千葉県 11(4%)5位 愛知県 9(3%)ユーザー登録者が圧倒的に東京近郊に偏っていることがわかります。関西地域の参加などが少ないことが不思議です。もし、東京近郊以外の方が参加しにくい原因があるのであれば、ぜひ、教えてください。【性別】男性 249(90%)女性 29(10%)女性の参加は、全体の1割しかありません。女性は参加しにくい雰囲気なのでしょうか。ぜひ女性の方からの声をお聞きしたいところです。【年齢】10代 2(1%)20代 45(16%)30代 99(36%)40代 83(30%)50代 33(12%)60以上 16(6%)各世代まんべんなくと言ったところですが、特に、30代、40代が中心のようです。若い学生世代の参加は、今のところあまりないようです。【業種】第1位 情報通信業 113(41%)第2位 その他サービス業 62(22%)第3位 製造業 22(8%)第4位 公務サービス業 15(5%)第5位 教育・学習支援業 10(4%)やはり、テーマが電子政府なだけに、情報通信業の方が多いようです。玄人肌の方の参加が多いということのように思われます。首都圏が多く、男性が多いのは、情報通信業の特性を表わしている可能性がありますね。現時点では暫定集計で、しっかりと分析できてはいないので、興味深い結果が出てきましたら、またご報告します。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当1213131101
11080027.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)女性にもっと参加してもらいたい、という意見に賛成します。 子育て、教育、地域の安心・安全、食の安全、消費、高齢者、雇用など、現時点では残念ながら女性に負担がかかることが少なくない。過日の業界団体のパネルでも課題とされていました。どうすれば女性が発言するか、参加してくるか――経産省の担当に女性を加えて、女性の目からみたコメントを返してみたらどうでしょうか。投稿している男たち(私を含めて)が戸惑う自分たちの様子を確認するというのも一つの手かもしれません。 呼びかけをしてみましょう。2009-10-18佃 均1213131101
11080037.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)参加する垣根を低くする工夫が必要かもしれません。 @「素朴な疑問」とか「生活の実感」というようなカテゴリーを作る。 Aより具体的なカテゴリーを用意する。「育児」「食」「教育」「介護」「医療」「安心・安全」など。ただこれだと電子政府と離れてしまう懸念がありますね。でも、そこに電子政府/電子自治体で取り組む課題が潜んでいるかもしれません。 1か月の期限があるトライアルですから、焦らず、次回(もし継続されるなら)の課題ということでもおおんじゃないでしょうか。2009-10-18佃 均1213131101
11080047.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)二点思いました。 まず、「つぶやき」というカテゴリの明確な定義が必要だと思いました。 他のカテゴリが具体的かつ非常に「固い」(=玄人受けする)言葉である一方で、 「つぶやき」では何を「つぶやけば」いいのか、いまいちピンと来ないと思います。 おそらく、性格的に他のカテゴリの横断的な領域が守備範囲になっていること、まだまだ「ICTでつぶやく」等言われても、既存「ツイッターユーザー」以外の大多数の国民にとってぴんと来ない部分があることがあるのではないでしょうか? 具体的でかつ「柔らかいテーマ」、たとえば「女性の声」とか、「ICTを活用した地方の活性化」、「子どもとICT」、「お年寄りとICT」などといった言葉のほうがわかりやすいように思います。 そのうえで、「つぶやき」カテゴリの説明に加えるなどすればいいと思います。 次に、参加者が東京周辺以外に集中していること、女性の参加者が少ないことについて。 具体的な原因はしっかり調査する必要があると思いますが、ひとまず私たちユーザーレベルで、様々な人々に告知する活動は必要だろうと思います。 個々人のSNSだとか、メール、ツイッターでつぶやくなどの取組をしてはいかがでしょうか。 (私も折にふれて知人に教えたり、ツイッターでつぶやいたりしています)2009-10-19つぼやん1213131101
11080057.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)このままでは、一部の偏った意見の中での議論になってしまい世間の声が反映されにくい政府の会議のようになります。特に特定業種の人の偏りが特に気になります。議論内容を見てみると必ずしも特定業種にしか関係のないことではなく、すべての人に関係することを議論しています。  どうすればよいかわからないが、知名度の低さは否めません。2009-10-19A1213131101
11080067.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)告知があまりにも少なすぎです。 私はスラッシュドットから流れ着きましたが、きっちりとPRに資金突っ込まないとシステム作ったけど誰も来なかったということになりますよ。2009-10-20takkey1213131101
11080077.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)このようなフィードバックがあることに感動しました。 応援してます。頑張ってください! ■都道府県の偏り(首都圏76%)についての愚考 都道府県に偏りがあるのは、業種が情報通信業に偏っていることで有る程度は説明できると思います。 出典を示せず申し訳ないのですが、 たしか情報通信業の売上の40%は東京(首都圏?)だったと記憶しています。 当然、人材もこの地域に集中しています。 でも、76%という数字は説明できませんね。。。 どういう経路でこのサイトに来たか?という統計は無かったでしょうか? 首都圏以外での露出が少ないのかもしれません。 なお新聞など紙媒体で露出しても、当サイトまで誘導するのは難しいと思います。 わざわざURLや長文の「電子経済産業省 アイディアボックス 」を入力してくる人がいるかというと疑問です。 ちなみに、私はGoogle Readerに登録しているスラッシュ・ドットの記事で知りました。 ■女性の参加が少ない&情報通信業が多いことについて 本文やコメントにもありますが、 テーマが固いので女性や情報通信業以外の方の 興味を喚起することは難しかったのだと思います。 佃さまが書かれているように、 > 「 子育て、教育、地域の安心・安全、食の安全、消費、高齢者、雇用」 といったテーマであれば期待できると思います。 2009-10-29かつしん1213131101
11080087.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)大阪の女性です。 告知方法に偏りがあるのでは.. セールスフォース・ドットコムというCRMを提供している会社からのメールで、ここを知りました。 学生や主婦は、きっと読みませんね。 2009-10-29かに1213131101
11080097.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)素朴に携帯から使い勝手良くアクセス可能にすれば、より多くの方に参加して頂けるのでは?(PCユーザーよりも携帯ユーザーのほうが圧倒的に数が多いですので…)2009-10-29わいわい1213131101
11080107.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)様々な視点からのご意見ありがとうございます。 管理者画面ではダッシュボードがみられますので、登録状況を見ながら告知手段等は日々検討し改善をはかっております。 実証実験と言うことで機能制約もある中で模索しておりますので、ご指摘など遠慮なくいただければ幸いです。 以下に参加者属性等の続報をしておりますのでご覧ください。 http://www.meti.go.jp/press/20091022003/20091022003.html2009-10-29経済産業省アイディアボックス担当1213131101
11080117.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)完全にPR不足です。 市民のポータルから入れるようにすることが肝心です。 具合的には、GoogleとYahoo!です。 拡大するとしたら、メーカーでのイントラのポータルです。 その意味では、スターバックスのような危機感「これを成功させないと、つぶれてしまう」を 行政にも持ってもらいたい。 もう2009-11-2もう1213131101
11080127.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)若者呼び込みなら、ここのマトメ動画でもつくるか2chにでも書けば集まるだろうが・・・荒れるなw 女性参加の推進は薦めてもらいたいが・・・そもそも、この手の議論に関して、女性の参加率ってどれぐらいなんでしょう? 普通の会合などと比べて10%と言う割合は少ないんでしょうか? あと、個人でインターネット回線を持っている対比と言うのも気になります。携帯サイトの使用者はやまほどいるのでしょうが、普通にインターネットのインフラの整備の男女比ってどれぐらいなんでしょう? その辺りから踏まえないと、推進の方向性が無意味なコストをかける事になる気がします。2009-11-9rd1213131101
11080137.このサイトについて現時点でのユーザー登録者の傾向分析(経産省担当者)告知の問題でしょうね。私もセールスフォース・ドットコムというCRMを提供している会社からのメールで、ここを知りました。画期的な企画だとおもいますので、テレビや大手のポータルサイトからリンクを張ってもらうとか、やってほしいです。2009-11-14カン1213131101
1167001
★アイデア
8.つぶやき国民全員にIDを国民全員に電子証明書を配布するっていうのは過激ですかね? オークションなど、詐欺にあった場合に追えるようになっていると安心です。2009-10-24ko916142101
11670028.つぶやき国民全員にIDを住基カード(写真付)では、問題がありますか?2009-10-24Woody916142101
11670038.つぶやき国民全員にIDを関連している話題として 統一番号制度の導入 http://www.open-meti.go.jp/ideaSearchResults?s=%E5%9B%BD%E6%B0%91ID 国民ID http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cp2BAAS など様々なアイディア、コメントで話題になっていますし、コメントで新カテゴリを作った方がよいとの提案もありますので、このアイディアボックスの中の進め方も検討させていただきます。今度とも、関連議論への参加をよろしくお願い致します。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当916142101
11670048.つぶやき国民全員にIDを香港ではIDカードで全ての個人認証が行われます。IDカードは顔写真つきで、個人情報、指紋のデータがICチップにはいっています。 香港ではIDカードの活用により各種サービスがスピーディであり、非常に便利です。 たとえば、銀行窓口での手続きでは、日本だと印鑑が基本ですが、どの印鑑がどの通帳の印鑑かわけがわからなくなって手続きに何日もかかって往生したことがありませんか。香港ではIDカードで確認するため間違えようがありません。 香港の空港のイミグレーションでは、香港人はIDカードと指紋認証で入国、出国手続きが済みます。よって、行列ができるようなことはありません。犯罪者の高飛びもふせげますよね。 各種契約もすべてIDカードに基づいて行われます。個人認証として非常に信頼性が高いわけです。 行政サービスの観点からも便利です。 税金については、未納といった事象の補足、正確な税金の計算が簡単です。 また、問題となっている年金の問題についても、抜け、漏れなどは無くなるはずです。 業務が正確にスピーディになりそのメリットが国民に反映されるならば、非常にいいことだとおもいます。 国家戦略として、信頼できるシステムを作って欲しいと思います。 2009-11-2Fei916142101
11670058.つぶやき国民全員にIDを大賛成です。 プライバシーが漏れる等のデメリットとメリットの落差があまりに大きくなりすぎています。 個人的には、ネットに自分の口座番号や名前、メルアドが露出したとしても、年金がちゃんと支払われる方が私にとっては重要です。2009-11-3LEO3916142101
11670068.つぶやき国民全員にIDを反対ではありません。ただその前にやっておくべきことがあると考えます。電子証明書は恐らくICカード上に保管することになり、このICカードは失くさないように大事に管理しなさいということになるのでしょうが、それが可能なことであれば銀行カードの提示だけで大口預金の降ろせるATMがあっても良いことになります。  カードに印刷された写真は対面確認の可能な場面でこそ有益でしょうがネットワーク上では意味がないですね。 恐らく暗証番号も併用しようということになると思うのですが、それでやっと今の「銀行カード提示+暗証番号」と同じレベルの話です。指紋認証を搭載しても救済用の暗証番号を併用する限りセキュリティは暗証番号だけのものよりも低く、救済用暗証番号なしで運用しようとすると至るところで途方にくれる利用者が続出することになるでしょう。誰にでも安全に使いこなせる暗証番号・パスワード方式が与件となりえて始めて電子証明書の国民配布が現実的なテーマになると考えます。2009-11-6アナトミ916142101
11670078.つぶやき国民全員にIDを賛成です。ついでに電子証明書に免許書・パスポート・年金手帳・健康保険証・住基カード・クレジlトカード等々(これらは希望者のみに)を全部埋め込んでしまえば楽になると思います。更には指紋以外の体の部位を非接触型探知で本人を確認できれば、免許証不携帯。病院へ保険証を忘れたとか・海外旅行の際にパスポートを忘れたとか起こらないかと思います。←極端すぎますかね?。2009-11-13fmo916142101
11670088.つぶやき国民全員にIDをfmoさん、指紋であれ他の部位であれ生体認証は言われているほど個人特定能力は高くはないようですよ。 H社の静脈認証製品についてIPAの製品データベースでは  本人拒否エラー率 0.01%  上記本人拒否率のときの他人受入エラー率 0.0001% となっていて、銀行の人達もこうした性能を引用しているようです。2009-11-14アナトミ916142101
11670098.つぶやき国民全員にIDをところが第三者評価機関であるIBG( International Biometric Group )の評価データによれば     FMR0.0001%のときのFNMRは10.5%    FNMR0.01%のときのFMRは100% 一方では0.0001%のものが他方では100%。前者は自社測定、後者は第三者機関測定ですが、本人拒否率が1万分の1となるような閾値設定で運用した場合、前者では100万人に1人を特定できると言っており、後者では他人排除ゼロ、つまり全ての人間が同一人物であるとみなされると言っています。2009-11-14アナトミ916142101
11670108.つぶやき国民全員にIDを尚、 IPA/IBGの公表データは以下のサイトで確認できます。 IPAの製品データベース   https://isec.ipa.go.jp/biodb/details/seihin3View.html?seihinId=241 IBG( International Biometric Group )の評価データ   http://www.nws-sa.com/biometrics/CBT6_public_report.pdf ? IBGデータにはF社製品の性能も参考情報として記載されていますが、H社のものと同じようなレベルと推測されます。2009-11-14アナトミ916142101
1221001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子政府のベースライン確立このサイトにも既に多くの方が投稿されていますが、これまでの「電子政府プロジェクト」は、予算を獲得した個々の府省単位に縦割りの世界の中で構築されてきた感は否めません。バラバラになるのは当然の成り行きです。 これまでも、内閣官房等で個別のガイドラインづくり等が行われていますが、PDCAが廻っていないように感じます。ガイドラインを作ることが目的ではなく、その成果を適用し実現することこそが、本来の目的のはずです。 電子政府には、このサイトで取り上げられている課題からだけでも、アクセシビリティ、セキュリティ、データマネジメント、バックオフィス連携等々、多くの構成要素があります。次世代電子行政サービス基盤等検討プロジェクトチームでも検討されているようですが、利便性の向上と税金の無駄遣い排除のためにも、早く全府省(将来的には地方自治体まで)に適用可能な遵守すべき技術のベースラインを確立すべきと思います。 なお、このベースラインを適用していくには、トップダウンで全府省に遵守させる制度づくりが必要です。米国のOMBのように、予算づけとの関連で遵守させるということも一案かと思います。2009-10-29えぼし212120101
12210026.その他電子政府改善電子政府のベースライン確立ご意見に賛成です。 現状の府省庁は縦割りすぎますよね。「横断」「府省共通」とか口にはしているものの、結局は府省庁の壁をこえられず、結局、同じような施策(プロジェクト)が複数省庁にあったり(共同プロジェクトといいつつも結局個別にやっている=住み分けと言い訳)、似たようなことを異なる府省庁で行っていたり、税金の無駄遣いだと思います。 公共機関なのだから民間企業のように競争する必要はないでしょう、しっかり府省庁(将来的には地方自治体まで)統制され、足並みをそろえて、「電子政府プロジェクト」を推進してほしいです。2009-11-5ほげほげです212120101
12210036.その他電子政府改善電子政府のベースライン確立産官学には建前は建前として、縦割りだからこそ、PDCAが回らないからこそ利益を得てきた人達が多くいますよね。その人達にお願いしてやってもらえることでもないので大変だと思います。しかし放置しておく腐りかけている国が回復不能にまで腐食するでしょう。2009-11-10ウチダ212120101
1381001
★アイデア
8.つぶやきアイデアボックスは全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか?"このような取り組みがあったことは、とてもすばらしいことだと思います。 ところで、「アイデアボックス」は全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか? 登録者や、知りうる経緯に偏りはなかったでしょうか。途中から気になっています。 都心で、IT系、働き盛り年代、男性…など。 出来ることなら、後で知って残念に思う人が出ないようにとの思いから、つぶやいておきます。 残り日数が少ないので、今回は無理だとしても、次の取り組みの際に、生かすヒントにでもなれば嬉しいです。 次のようなことを一斉にする。 ◆全国1800程ある自治体のホームページからリンクをはってもらう。 出来ることなら、公民館や文化センター的な公的機関からも、アイデアボックスに投稿、投票できる環境を設置してみてはどうでしょうか。市区町村の首長様にメールでお願いするだけであれば、費用もそれほどかからないのではないでしょうか。 ◆同時に市区町村の配布する広報誌に全国一斉に載せてもらう。 こちらは、費用がかかるかもしれませんので、良い形を検討いただければと思います。 ◆音声認識システムにより口頭の意見も拾える仕組み作りを。 パソコンや電子化から遠い存在の人も、知らない間に使っていたくらいの、使いやすい仕組み作り。 市区町村窓口等にパソコン等端末を設置するところから。 ・こちらは既にされていたかもしれません。 ◇新聞やメディアに知らせる ◇様々な関係を駆使してメルマガなどに載せてのお知らせ これ以外にも、窓口という意味では、次のような意見があったと思います。 「公共図書館を公共のネットアクセスポイントにしてください。」 「郵便局を行政の受付窓口として活用してはいかがでしょう?」 考えればもっとあると思います。 是非、ITに縁のない暮らしの人々からも、広く意見を収集開示できるような仕組みを、開設当初からご考慮して頂き、血税を有効に活用して頂きたいと思います。"2009-11-11sakafuku512120101
13810028.つぶやきアイデアボックスは全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか?基本的には賛成ですが、単に増えるだけでは混乱が増すだけです。 地域活動で「広報」を担当した時の経験では、皆が本当に考えられる 環境をどう作り、それをどうつなぐかの仕組みと仕掛けが必要です。 その環境のベースはローカルでの「情報共有」とコミュニティと危機意識だと 思っています。 もう ?2009-11-11もう512120101
13810038.つぶやきアイデアボックスは全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか?もう さん コメントありがとうございます。 確かに、単に増えるだけでは混乱が増すかもしれません。 何故改善カテゴリではなく「つぶやき」に投稿したかの理由を代弁して頂いたようです。 まず、目にふれる機会が国民にとって均等平等であることを願っています。 おっしゃることとてもよくわかります。 また、「情報共有」という意味では、テレビほど普及しているとは思えない、このような投稿投票環境では、本当に必要としている人に必要な情報を国民レベルで共有しているとはいい難いと思っています。 要求の声は広く集めて、その後体系化したり、要件を定義するのはその道のプロにお願いすればよいのではないかと思っています。 (そもそも、このようなアイデアを本業以外に、一生懸命考えて投稿されている1000人以上もの登録された方々は、素晴らしいと思います。日本もまだ捨てたものではないと思えたので。プロとあえて書いたのは、片手間では出来ないと思うことと本気で取り組んで欲しいという願いからです。) 老若男女、健常者も障がいのある方も、子育て中の人も、老々介護の方々も全ての人が枠組みなしで考える、「こうあればいい」と思う願いを、まずはヒアリングすることが大切なような気がします。 ヒアリングの後に、困難かもしれませんが、取りまとめて体系化や分析、仕組みや仕掛け作りをしていただきたいです。 気がつけば電子政府だった、くらいの使い勝手の良い仕組みが出来れば理想かもしれません。 そういったことを本気で考え実行してくれる優秀な、それでいて心ある人が出てきてくれることを願ってやみません。 どなたかが経産省に対して「アイデアボックスで初めて意見が言えた」とありました。 本当に良い取り組みを経産省はされていると思います。 14日まで日がないので、最後のコメントになるかもしれませんので、あえて思いも含めてつぶやきコメントさせて頂きました。 ?2009-11-12sakafuku512120101
13810048.つぶやきアイデアボックスは全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか?Sakafuku様 本サイトは実証と言うこともあり、「全ての国民までアイデアを問えているか」と言われるとそこまでいっておりません。 国内では初の取り組みであり、経済産業省内でどのくらいの体制を用意する必要があるかなど未知数のところがあったので試行しながらPRもしておりました。税の有効活用という点からもプロトタイプで検証を行い、課題の洗い出しなどをしている点をご理解いただければ幸いです。(恐らく、10倍のアクセスであれば、「もうさん」ご指摘のように対応が困難であったと思います) ただし、開始前からPRには気を配っており、取り組み内容は以下のコメントに記載しております。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cojd&returnUrl=%2Fapex%2FideaList%3Fc%3D09a100000004JlQ%26sort%3Dtop このような新しい取り組みは取材する側の感性に依存するところも大きいですが、興味を持っていただいた朝日新聞に記事として取り上げていただきました。 また、ご指摘のようにヒアリングも重要ですが、普段の生活の中で感性良く観察すると言うことも重要だと思います。昨年、銀行の窓口でお年寄りが「最近は何でも機械でできますよという便利な世の中になったけれども、月に一度こうして窓口の人とお会いするのが楽しみなんです」と言っている場面に出会いました。このような場面からも学べるものが多くあります。 今回の実証はもうすぐ終了ですが、今後ともご意見、応援をいただけたら幸いです。 ?2009-11-13経済産業省アイディアボックス担当512120101
13810058.つぶやきアイデアボックスは全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか?私も今日知りました。ぎりぎりセーフです。 官庁分野のSEなので、どこからか噂がきこえてきてもよいのですが、今日までまったくしりませんでした。 なんらかのPR強化は必要だと思います。2009-11-13monta512120101
13810068.つぶやきアイデアボックスは全ての国民に広くアイデアを問えているのでしょうか?monta 様 コメントありがとうございます。 経済産業省アイディアボックス担当様 コメントと案内ありがとうございます。 今回は実証ということですので、次につながることを願っています。 もっとPRしてもよい領域があるような気がします。 本番サイト(どのような形で社会に見えてくるかわかりませんが)では、10倍のアクセスがあっても臨機応変に対応可能な体制になっていることを期待しています。 >普段の生活の中で感性良く観察すると言うことも重要だと思います。 おっしゃる通り重要だと思います。 一方で「感性良く」いられる人はどれだけいるのかな、とも思います。(多くいて欲しいですが) 「広報活動について」読み返しても思うことですが、投稿者の属性バランスが常に気になっています。単純に強者(定義はいろいろありますが)の意見に偏らないことも重要だと思います。 ある種の団体に所属していない人、新聞、電子メールやTwitterに触れる機会の無い人は、実は、いろんな意味で今の世の中にたくさん生活していると思っています。現実問題として、今の日本では、若年層(39才以下)を中心に職に就くことが困難なだけでなく、家から外に出ることも困難になってきている現状があります。 貧困の連鎖、社会労働構造の問題で第一線から離れざるを得なかった人など、生きていくことだけで精一杯の人々の現実もあります。 積極的に投稿する人の考え方ばかりではなく、投稿サイトに縁のない人々、意見を言う元気すらない人々、生きるのに精一杯の人々、の意見の代弁が出来るような仕組みを考慮しても良いのではと思っています。 先に銀行の窓口でのお話がありましたが、会話をしながら意見があればどうすればよいか、説明出来るサポーター(コーディネーター?!)のような存在がいてもよいかもしれません。今回の投稿者の中にはそのような役割を買って出てくれる人がいるかも知れませんね。 社会的弱者と言われる人々の中には、政府に対して声の上げ方がわからない(知り得ない)環境の人々において、電子政府(政府)に対しての意見があったとしても、眠っているのではないかと思います。 私は今回たまたま新聞で、目に触れる機会がありましたが、一般の国民が日常生活を営む上で目に触れるようなPR方法も、無いよりは、途中からでもあった方が良いのではと思っています。コストの問題も考えなくてはなりませんが。 ?(カテゴリは分けた方がよかったかも知れませんが、流れ上こちらにコメントしました。) 良くみかける構図ですが、知らないと損をしたり、知っている人だけ恩恵を受けたりではなく、 良い取り組み(税金を使う場合は特に)は、平等に広く知る機会が与えられ、公平公正であってほしいと願うばかりです。2009-11-14sakafuku512120101
1431001
★アイデア
8.つぶやき毅然とした態度で政策を実行してください。もうそろそろこのイベントも終わりですね。 最後にお願いです。 行政は、毅然とした態度で政策を実行に移してください。 このイベントで出てきた意見などは参考にすることはあっても、それに従おうなんてくだらないことは考えないでください。意見を消化して、自分たちのものとして、そのうえで己の信ずる施策を堂々と打ってください。 間違っても人気投票の上位の政策を実行に移しましょう、なんていう衆愚政治みたいなことはやらないでくいださい。細かい政策もさることながら、国としてでしかできない「大きな政策」をお願いします。 もちろんその責任は取っていただきますが、、、。 よろしくお願いします。2009-11-13mita112120101
14310028.つぶやき毅然とした態度で政策を実行してください。どういう方々がここに書き込まれているのか知りませんけど、最後はやはり政策実行者として嗅覚を働かせてきちんと判断されるのがよろしいかと、、2009-11-14マカロニ112120101
1005001
★アイデア
7.このサイトについて自分のアイディアにコメントが追加された際に通知する仕組みはありますか?自分が書いたアイディアやコメントしたアイディアに追加で書き込みされた際に通知を受け取ることはできるのでしょうか?2009-10-14mro313121110
10050027.このサイトについて自分のアイディアにコメントが追加された際に通知する仕組みはありますか?自己レスですが… 各アイディアページの下部にgoogleガジェットとRSSフィードのリンクがありました。 メールで〜というのはないようです。2009-10-14mro313121110
10050037.このサイトについて自分のアイディアにコメントが追加された際に通知する仕組みはありますか?アイデアボックス事務局です。 通知の機能ではありませんが、ログイン後、プロファイルをクリックして いただき、"最近の応答"をご覧いただくと、 書き込まれたコメントを確認することができます。 引き続きよろしくお願いいたします。2009-10-14アイディアボックス事務局313121110
10050047.このサイトについて自分のアイディアにコメントが追加された際に通知する仕組みはありますか?/. 的な要望ですねww2009-10-17guicho2.71828313121110
1016001
★アイデア
7.このサイトについて投稿前の確認画面今後のサイト作成にあたり考慮していただきたいのですが、投稿したアイデア、コメントは削除できないようなので、投稿前にワンクッション、投稿内容の確認画面があった方が親切だと思います。2009-10-14resubew211110110
10160027.このサイトについて投稿前の確認画面アイデアボックス事務局です。 ご意見ありがとうございます。 削除・編集機能や確認機能を付けられないかは今後の検討の際に 参考とさせていただきます。2009-10-14アイディアボックス事務局211110110
10160037.このサイトについて投稿前の確認画面サイトについての改善提案ありがとうございました。 今回は、期間限定の実験でもあり、ご指摘の点につき、期間中に対応をとることは困難であることがわかりましたが、ご指摘を今回の実験を踏まえた今後の取組において参考としてまいります。他にもこのサイトについて、ご意見等ありましたらぜひお寄せください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当211110110
1032001
★アイデア
7.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。経済産業省のページであるのに、ページタイトルが [アイディアボックス] .... では、どこのホームページであるのか、分かりません。少なくとも、ページタイトルには、「経済産業省」を含めるべきと考えますが、いかがでしょうか。全ページの大見出しh1の中身が、"Insert Your Logo"となっています。音声読み上げソフトの利用者にとってまったく意味不明です。修正されることを期待します。たとえば、「検索」、「アイディア投稿」ボタンは、読み上げられません。アクセシブルでないページは、情報を得られないため、そのページがないのと同じです。アクセシビリティに配慮いただきたく、修正を強く望みます。ログインページは暗号化されていないように見受けられます。プライバシー上好ましくないのではないでしょうか。ログイン後のページは、force.comとなっていますが、経済産業省なり、政府ドメイン go.jpを利用すべきではないでしょうか。force.comは、共用ドメインのため、本当に経済産業省のページであるのか、判断できないため、SSLの意味もなさないのではないでしょうか。2009-10-15しろとら611110110
10320027.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。go.jpドメインの利用を求める意見に賛同します。 // 逆に言えば、ここが.comドメインであるために、ページタイトルに // 「 経済産業省」の表記が使えないのではないでしょうか。2009-10-15soltiox611110110
10320037.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。事務局において、技術的に対応が可能かどうか検討します。 ドメインについては、外部サービスを使っているためforce.comが表示されています。 goドメインのアイディアのところで同様の意見をいただいておりますので、そちらの意見も継続してご覧ください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当611110110
10320047.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。アイデアボックス事務局です。 ご意見いただきありがとうございます。現時点での検討状況をお知らせします。 ・トップページタイトル ⇒電子経済産業省アイデアボックスと修正します。 ・大見出しh1 ⇒修正可能な見込みですので、修正作業を進めます。 ・ボタンの読み上げソフトへの対応 ⇒現在検討中です。 ・ログインページの暗号化 ⇒修正します。 検討中のものは状況が分かりましたら別途お知らせします。2009-10-15アイディアボックス事務局611110110
10320057.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。早速の対応、ありがとうございます。 大見出し h1ですが、 リンク先は、トップページへリンクされた方が、一般的で分かりやすいのではないでしょうか。 また、リンクテキストは、"電子経済産業省アイディアボックス ホーム" とされた方が、より良いかもしれません。 できましたら、NVDA(無償)などのスクリーンリーダーで、ページの読み上げ状況を確認いただけると幸いです。 スクリーンリーダーNVDA日本語化プロジェクト2009-10-16しろとら611110110
10320067.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。しろとら様 ご意見ありがとうございます。さらに追加で頂いたご意見につきまして、事務局で検討いたします。2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当611110110
10320077.このサイトについてページタイトルなどの見直しを。 アクセシビリティの確保は重要な観点であり、 今回の実験において、サイト構築サービスを提供している セールスフォース・ドットコムに確認しましたところ、 仕様上、今回の実験期間中に修正を施すのは困難である 可能性が高いことがわかりました。 いずれにしても、引き続き、対応への検討は進めさせていただきます。 御指摘については真摯に受け止め、今回の実験の結果報告の とりまとめにおいては、今後、同様の取組を行う場合には、 国民の参加を得る上で、アクセシビリティについてしっかりと 確保を行うことが重要である旨、明記させていただきます。 引き続き、このサイトについて、改善すべき点等ありましたら、 ぜひ投稿ください。よろしくお願いいたします。2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当611110110
1066001
★アイデア
1.電子手続き立法用マークアップ言語と専用Wikiの提案わが国には臘虎膃肭獣猟獲取締法のようにひどく読みにくい表記のある法律や、薬事法律83条のように、著しく読み替えが多く理解が困難な法律があります。これらの問題は、法律の文章を数十年改正使い続けたために生じたもので、表記を替えたり、読み替えをやめて新しい法律として分割したとしても政治的利害関係は生じないかもしれません。 近年、会社法がカタカナ表記からひらがな表記へと改善され、会社経営者らは実務上大きなメリットを享受しました。ところが、残念なことにほとんどの法律は改善されることなく放置されます。これらがもし改善されれば、わが国の生産性は少しずつ改善するでしょう(そして嬉しいことに、その改善は永続するでしょう)。 法律を改正することを困難にする主な理由は法案改正のコストが高く、政治的利害関係のある法案の通過が優先されるためです。法律の一部を変更すると関係する法規全体や、各種書類のフォーマットなどを変更する必要が生じます。 そこで、 - 憲法と、すべての法律をデータベース化しつつ - 法律を専用のマークアップ言語で法律の依存関係を正しく記述する - データベースの引用のためのAPIを整備し、誰でも自由に現在の法律に従った書式の出力を得られるソフトウェアを実装できるようにする。 - だれでも、わかりにくい法律を改善する案を直接編集できるようにする - 編集した場合に生じる矛盾箇所をただちにチェックし、必要な法改正案を提案できるようにする。 - 適切なタイミングで、そのように作られた法案について政治的対立が生じるか否かのみを審議し、法律の中立性に問題が無ければ順次改正手続きに移行できるようにする ことを提案します。 2009-10-16にんにん417143110
10660021.電子手続き立法用マークアップ言語と専用Wikiの提案追加して意見があります。 並列すべき事柄は、htmlのulやliに相当するものを 使用するなどして明確にマークアップする。 注釈も同様にする。 そもそも、法律言語の特徴を形態的に解析して、 何をマークアップするべきかを確定すべきです。 ただ文書や文章をpdfにしただけでは、電子化とは言えません! 扱いやすいデータベースとして整備しなくてはならないのです。2009-10-17guicho2.71828417143110
10660031.電子手続き立法用マークアップ言語と専用Wikiの提案もともと法律は自然言語から離れようとするため、どうしても難解になりたがります。 記述言語をいじったとしても法律を見直すスピードが社会にまったく追いついていない現状ではどうもなりません。 がんばって国会議員さんに今の10倍働いていただければいいだけの話です。 何なら3交代制でひとつ。...。 腐った(言語の持つ意味を超えて弄り回された)憲法はスパッと正しい主語のある日本語に直せばいいだけです。 腐った文章をどんな言語に乗せても事態は好転しません。2009-10-22takkey417143110
10660041.電子手続き立法用マークアップ言語と専用Wikiの提案法律に関して、素晴らしいご意見だと思います。 「 法律を専用のマークアップ言語で法律の依存関係を正しく記述する」という辺りは、法の論理構造の検証からしても非常に重要かも知れませんね。 又、表記の改善に関しても同感です。 法律専門家等の利権を守る為のジャーゴンと化している気がしますので。 アイディアの表題には書かれていて本文には記載されていないwikiに関しては、「 だれでも、わかりにくい法律を改善する案を直接編集できるようにする」がそれに該当するものと理解していますが、アクセス権、編集権等の定義と運用を厳密にする必要があると思います。 行政wikiに関して、もっと大雑把なアイディアですが、「公的機関発行カードの集約」( リンク )というアイディアを書きました。 ご参考まで。2009-10-24島崎丈太417143110
10660051.電子手続き立法用マークアップ言語と専用Wikiの提案法案や法改正案の作成が誰でもできるようになることは、官僚依存からの脱却とも通じるところがありますね。 電子政府における実装規約の考え方は、けっこう法律と似たところもありますので、実現は十分に可能と思います。 http://blog.goo.ne.jp/egovblog/e/ef650b85e1a922e372b7bf203b3cb036 現在、法律を英訳する事業が進められていますので、 http://blog.goo.ne.jp/egovblog/e/5f6312a3694ebb52d65f59f122c46789 これと並行・協働して行うと良いのではないでしょうか。2009-10-24Muta Manabu417143110
1155001
★アイデア
6.その他電子政府改善健康保険協会の電子申請がつかいずらい経営者です。 健康保険協会の電子申請がとても煩雑でつかいずらいです。 クライアントソフトをインストールして⇒Excelで編集して⇒電子署名して⇒再アップロード http://www.kyoukaikenpo.or.jp/9,2087,38.html これだったら、従来通り、紙に記入して送付したほうが簡単です。 もちろん紙に書いた情報を再入力する付加価値のない仕事に、 われわれがおさめた税金が投入されるのは効率悪いです。 SalesForceのクラウド&セキュリティで改善できるのではないでしょうか? 少なくとも、Web上で入力できるようにしてほしいです。2009-10-23shutaimamura013121110
1175001
★アイデア
3.行政情報オープン化行政情報のカタログ化行政情報のオープン化を議論する上で、行政情報の内容、形態、利用のされ方等を十分考慮しないと具体化しないのは明らかです。「オープン化」の定義そのものも厳密になされるべきだと思います。 一口に「行政情報」といっても、通常の文書情報にはじまり、統計情報、映像情報、音声情報等、種々さまざまです。利用のされ方も、例えば、ただ閲覧に供するもの、実際に政府以外でデータを再利用・再加工して利用するものに仕分けする等を考える必要があります。 このようなことを念頭におきながら、行政情報そのもののカタログを作成していく必要があるのではないでしょうか? ただし、このカタログ化を個別の省庁単位で行うと、これまでの「縦割り」の世界から抜け出せないことから、利用者の視点に立って、省庁横断的に共通に利用する行政情報のカタログ化を検討する体制を整備することが重要だと思います。個別の省庁で、カタログ化の動きが出る前に、政府全体で行政情報のカタログ化の議論を早く開始することを強く希望します。 2009-10-25えぼし113121110
11750023.行政情報オープン化行政情報のカタログ化えぼし様 行政情報のカタログ化のご提案の件、行政情報オープン化にとってとても重要ですね。 ご提案に賛同いたします。 米国や欧州では、既に行政情報のカタログが実用化されているようですので、 日本におきましても、経済産業省で日本版・行政情報カタログの開設を期待したいです。 行政情報カタログの利活用場面が多数あると思いますが、一つ身近な例を考えてみました。 たとえば、マンションを購入しようと思っている方がいるとします。(あくまで仮定のお話です) その方は、不動産事業者からの情報だけではなく、自分でも、そのマンションの場所が昔(たとえば30年程度前)は どのような土地だったか気がかりと思います。 そのような場合、近隣の自治体等の保有する公共工事において調査した公開可能な ボーリング柱状図のデータを行政情報カタログを活用して自動的にデータ連携する情報提供サービス事業者が 現れるかも知れません。 そうなりますと、不動産事業者の情報だけでなく、国民も安心して、安全な中古マンションのお買い物が できるようになるように思います。地域の経済活性化にもつながるように思いました。 ?2009-10-25metadata113121110
1183001
★アイデア
1.電子手続き戸籍情報の永久保存最近では古い戸籍は消去されています。 しかし技術の進歩により、データを記録する装置の容量は増え、価格も安くなっています。 自分の先祖のことを知りたいのに消されてしまうのは悲しいことです。 2009-10-26くの325187110
11830021.電子手続き戸籍情報の永久保存「 最近では古い戸籍は消去されています。」 そうなんですか。由々しき問題ですね。 明治のころの戸籍には、「華族」だ「士族」だ「平民」だなどと毛筆で(当然でしょうが)書かれていて、いかにも歴史を感じさせる雰囲気があります。歴史資料と思えば、保存したほうがいいでしょうにねえ。 旧家や寺社に残された資料は残しているのでしょうに、、、。 ひょっとすると、戦後に培われた 下らない「歴史観」が作用しているのかもしれませんね。2009-10-27mita325187110
11830031.電子手続き戸籍情報の永久保存自分の先祖に関する古い戸籍データを電子データでもらえれば、自分で保存できますね。 これを発展させて、戸籍データ整理・保存の民間サービスがあっても良いと思います。「家系図作成サービス」と組み合わせれば、けっこう需要があるかもしれません。 例えば、依頼に基づいて 1 戸籍等の紙情報を収集し 2 家系図(紙)を作成する >> ここまでが、既存のサービス 3 紙情報はスキャンして電子化して 4 家系図も電子化して 5 3と4を、「ご先祖様情報の電子データセット」として提供する 6 パソコンが苦手な依頼者には、電子書籍端末等の閲覧機器をセット販売する 7 希望者には、電子データ保存サービスも提供する(印刷・オンライン閲覧も可能) なんてどうでしょうか。2009-10-27Muta Manabu325187110
11830041.電子手続き戸籍情報の永久保存かって住居表示を新しい方式にするといって、全国的にそれを展開しました(おかげでやたらと、東西南北が頭につく地名が増えました)が、どういうわけか(多分、反対運動などもあって)中途半端になりました。おかげさまで、いまでもむかしの住居表示というか地名のところもすこしは残りました。ずいぶんと「軽はずみ」な施策をしたものですね。 いまでは、「角筈」とか「霞町」とか言ったって知らないひとのほうが多いかも知れません(東京の例ですみません)。地名にはそれなりの歴史があり、それなりの意味があります。 おそらく戸籍も消してしまったらそれでおしまいでしょう。 べつに感傷的に歴史を保存する、ということでなく考えてほしいものです。2009-10-27mita325187110
1195001
★アイデア
8.つぶやき自転車の防犯登録シールにICチップを入れてほしい自転車の防犯登録シールにICチップを搭載し、 ICリーダーを使って防犯登録の確認を迅速にしてほしい。2009-10-29うーたん315132110
11950028.つぶやき自転車の防犯登録シールにICチップを入れてほしい防犯、盗難に関することは警視庁の管轄ですね。2009-10-29ta__ki315132110
11950038.つぶやき自転車の防犯登録シールにICチップを入れてほしいRFIDとの組みあわせで、駐輪場の利用がスムーズになったり盗難時に検索が簡単に出来たり面白そう2009-10-29satotoyo315132110
11950048.つぶやき自転車の防犯登録シールにICチップを入れてほしいRFIDで十分だと思うので、すぐに実現させてほしい。 放置自転車の減少にも寄与すると思える。2009-10-29ばらじ315132110
1234001
★アイデア
3.行政情報オープン化予算+決算のIT化いくつかの公開された概算要求ファイルをみましたが、 大きな項目と金額が書いてあるだけなので実際にどこに何が使われる予定なのか、 どういう計算や経緯でその数値になったのかがわかりません。 ですから、この書類をみて査定をするのはとてつもない手間がかかることでしょう。 今後本当に無駄のない予算執行ができるのか、はなはだ疑問です。 すべて予算や決算書をWEBとして公開して、 細目を具体的に知りたいときはリンクをたどって (最終的には個人情報を消した領収書まで) いけるようにすべきでしょう。 予算と帳簿と決算を同じページで示せば 執行状況や決算も自動的にできます。 無駄な予算が作られる理由の一つに 決算の監査が十分されていないということがあげられていますが、 これであれば、執行中から各国民がチェックできるので、 無駄な支出を減らすことができるようになるのではないでしょうか? 技術的にはexcel互換のopenの表計算で各部署が各ページをつくり、 google appのサービスにアップして、関連項目をリンクさせれば、 たいした手間や費用をかけずにほぼそのまま実行できることでしょう。 (セキュリティーや信頼性確保には一工夫必要でしょうが。) もちろん国産でも、 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091028/339568/ というものをはじめ、いろいろ技術はあります。 あとは、行政のやる気だけだと思います。 2009-10-30fly111110110
12340023.行政情報オープン化予算+決算のIT化予算については、こちらでも議論されています。 予算執行の予実提示 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CpiCAAS なお、米国では、Spending.govというサイトがあり、国費がどのように使われたか わかるようになっています。 USA Spending.gov http://www.usaspending.gov/index.php また、米国では、経済対策の予算がどのように使われたかがわかるような サイトも構築されています。 Recovery.gov http://www.recovery.gov/2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当111110110
1296001
★アイデア
8.つぶやき行政ITは住民のコンシエルジュ(総合的な世話係)を目指して欲しい行政ITの目指すべき行き着く先は、住民のコンシエルジュ(総合的な世話係)かと。 セキュリティだとかの問題もあるが、それなりに納得の行く"便利さ"を提供できなければ使われないと思います。 まずは、住民が何を欲しているのかを分析した要件定義をしっかりとやるべき。というのをつぶやいときます。 2009-11-8アイが大切011110110
1349001
★アイデア
3.行政情報オープン化予算案および予算、決算書の情報公開についてHPを利用して、予算案および予算、決算書の情報公開をしていただきたいと思います。 @予算案および予算の情報公開予算案について、内容は開示はできないものでしょうか どんな事業(具体的)について、どのくらいかかっているのか、詳細が分かるようなものを公開していただきたいと思います。情報公開となれば開示対象となるものであれば、各省庁のHP、あるいは内閣府で開示してはいただけませんか? A決算書の情報開示どんな事業(具体的)にどのくらい使ったのか?を公開していただきたいと思います。 2009-11-10まる111110110
13490023.行政情報オープン化予算案および予算、決算書の情報公開についてご意見に賛同します。 さらに言えば、公共調達において、受注した事業者(公益法人含む)に対して、どういう契約を行い、途中段階の契約変更、支払い状況まで、オープンにして、お金の流れを納税者に見えるようにすべきだですね。2009-11-14えぼし111110110
1405001
★アイデア
8.つぶやき業務仕分けに参加するなら国民新・社民の聖域も仕分け対象にすべき郵政関連とか、自分たちの政党で固めておいて、他所には横ヤリってのは、間違っていると思う。もちろん政党的に参加を要求するのは正しいだろう。 だが、「自分たちの聖域は守りつつ」と言うのは絶対に間違っている。2009-11-12rd111110110
14050028.つぶやき業務仕分けに参加するなら国民新・社民の聖域も仕分け対象にすべきやっぱり全事業やらんとだめですね。 対象を絞った時点で、何かしらの陰謀が潜んでいる気がします! ?2009-11-12ほげほげです111110110
1106001
★アイデア
8.つぶやき賛成・反対だけではなく中立も中立的な意見を作るのもありでは? まぁ、どちらでもない的な。 ここまで読んだって感じのメモにもなるし。2009-10-17なかむら412111122
11060028.つぶやき賛成・反対だけではなく中立もなるほど、面白い観点ですね。 今回の実験サイトは、米国でオバマさんがやったものを輸入したようなものなのですが、 「中立」というのは、いかにも日本的な感じがします。 今回の実験では、仕様上、賛成・反対を1度選ぶと変えられなくなってしまうのですが、 賛成・中立・反対のどれかに投票できて、議論の推移を見て、投票を変更できるというようにしても、 よいかもしれません。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当412111122
11060038.つぶやき賛成・反対だけではなく中立もそれよりも、他人の意見で考えが変わったときに、賛成から反対に、逆に、反対から賛成に寝返ることができないのですか?(できるのならすみません)2009-10-19A412111122
11060048.つぶやき賛成・反対だけではなく中立もアイディアボックス事務局です。 Aさんがご質問してくださっている内容は、上記にもありますが、 今回の仕様では、一度ひとつのアイディアに対して例えば賛成票を投じると、反対票に変更するといった "寝返り"を行うことはできません。 その場合は、違うアイディアをたてて反対を投じるor反対の上代替案を書く等の対応になるかと思います。 いただいたご意見は今後の参考にさせていただきます。2009-10-20アイディアボックス事務局412111122
11060058.つぶやき賛成・反対だけではなく中立も中立2009-10-21kry412111122
1112001
★アイデア
7.このサイトについてアンケートなどいかが管理者側からの問いかけがないようですね。 いくつかアイデアが集まった段階でアンケートを行い分析しては いかがでしょうか2009-10-19マスター012111122
1119001
★アイデア
6.その他電子政府改善国民向けポータルサイト 「家族構成・年収・居住地を入れると受けられるサービスを一覧表示」自分と行政とのかかわりに関を一元的に表示し、もれなく正しく把握できる国民向けポータルサイトをつくる。 >機能> 家族構成と年収、所在地を入力しておくことで次のサービスが得られる。 (1)行政の支援策(レコメンデーション表示)   自分の世帯が活用できる行政の支援策を一覧で表示   例)母子家庭の場合⇒東京都とXX区のの支援制度   例)年収が500万円で子供が3人⇒児童手当、医療費補助・・・・ (2)行政から受けた施策や行政機関との手続きの履歴を表示   >表示案>   ・行政から受けた補助金など    平成20年度:児童手当3万円×12カ月 36万円    平成21年度:医療費補助          20万円    5年間の合計                56万円   ・行政機関との手続きの履歴    平成20年度 ・・・区 転入届    平成21年度 ・・・区 印鑑登録             ・・・区 出生届け             ・・・区 住民票発行3枚 (3)行政からのお知らせ  >表示例>   ・△保育園で空きがでました。   ・保育園の入園希望提出は平成22年1月9日までです。   ・△△地域で不審火がふえています。   ・□町で10月30日に防災訓練があります。   ・Aさんの運転免許の更新は3月3日から行えます。 以上 2009-10-20NORINTON014122122
1129001
★アイデア
8.つぶやき公務員の意識改革を。どうも公務員の作る仕組みはまったくもって利用者の視点が欠如している。 このようにもっと国民の意見を率直に受け入れ、使われる仕組み、サービスを 考えるべきだ。 箱モノ行政と言われないように、ITを活用して日本を活性化する機会だ。 普段の生活から必要なもの、便利なものを生み出す発想力を公務員に求める。2009-10-20どぼちょんぱぱ218144122
11290028.つぶやき公務員の意識改革を。公務員の意識改革を実現する方法を、国民から募集してはどうでしょうか。 出生率「2.04」の長野県下條村では http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090209/185533/ 公務員のコスト意識を高めるために、役場職員を民間企業(ホームセンター)で研修させたそうですね。 レジ打ちから商品棚補充まで何でもやらせて、お客様にお金を払っていただくことの大変さを身を持って体験させることで、コスト意識を高め、最終的には役場職員数の削減や仕事の効率化を実現したとか。 最初は反対していた職員も、お金や時間を大切にするようになり、公務員の意識改革ができた例だと思います。 公務員にはもともと優秀な人が多いのですから、きっかけを与えて環境を整えれば、意識改革は思っているよりも早く進むかもしれません。ただ、そのためには、メディアの安易な公務員バッシングに煽られることなく、国民の理解・協力が不可欠のように思います。2009-10-20Muta Manabu218144122
11290038.つぶやき公務員の意識改革を。これは仕事で知った。一般には知られていない。web上に形だけの箱を作ったとしか思えない。これで何かを求めるなら、大宣伝をすべきである。2009-11-10yanochi218144122
1212001
★アイデア
8.つぶやきそうか、これは「電子政府利用促進週間」のイベントだったのか。 なぜ、この時期に、このようなイベントがおこなわれるのかなあ、と訝っていたら、ホームページのこの記述: ------------------------------- 2009-10-26日(月)〜2009-11-1日(日)は「電子政府利用促進週間」です。この期間中、政府全体として電子政府に関する広報、普及・啓発活動を重点的かつ効果的に推進することとしております。(09/10/26/10:40) ------------------------------- の一環だったのかな。 最後のほうに報告を求めるとしてあるから、経済産業省のイベントとして実行し、それを報告する、ということだったんだ。 そするとこのイベントの実行そのものが目的になる、ということにもなりかねないなあ。 これだけのかたがた(多くない、というかたもおられるけれども)にいろいろ「考えて」もらったり、「行動」してもらったことを考えると、経済産業省のご担当のかたは、決して無碍にするものではないことを、しっかり証明しないといけませんね。 と、「つぶやいて」みました。 2009-10-29mita010100122
1248001
★アイデア
4.Web2.0活用公的世論調査基盤の整備最近様々な政策の是非が話題に上っていますが、本当に民意を反映したものなのか疑問に思うことが多々あります。 それぞれの政策について国民がどのように思っているのかを投票、及びそれぞれの意見が述べられるような基盤を作って運用しては如何でしょうか。 きちんと一人1票になるようにIDの発行には住所、氏名と電話番号や携帯電話番号を提示して頂き、意図的に結果が操作されることのないようにすれば良いと思います。(厳密にはできませんが世論調査なのでこの程度でも大丈夫では? 本当なら社会保障番号などの整備が望まれるところですが・・・) 賛否の意見の書き込みではblogやtwitterなどが活用出来ると思います。 それぞれ賛否を問うテーマに投票期間を設け、投票期間中にも現状がグラフィカルに見えるようにすれば国民の政策に対する興味も上がるでしょうし、賛否のそれぞれの意見に認識も高まるのではないかと期待します。2009-11-1ITを使ってより良い社会を110100122
12480024.Web2.0活用公的世論調査基盤の整備私もこの意見に賛成です。 選挙では基本的に政党を選択することしかできず、個別の政策に対して意見を言う場がありません。 選挙に勝った政党がマニュフェストに記載されているすべての政策を民意を得ていると考え、すべてを実行しようとすることには違和感を覚えます。 政策によっては全体的に捉えるべきで、個別に考えるべきではないものも数多くあるとは思います。ですが、このような世論調査から得た意見、疑問に対して議員が回答していくようになると、より政治も活性化するものと思います。 ?2009-11-9Tuzu110100122
1258001
★アイデア
2.行政ホームページ政府の取り組みをYouTube等の動画で配信してはどうか政府でいろいろな取り組みをしていると思いますが、YouTube等で取り組みを動画で配信するともっと政策が広がるのではないでしょうか。行政機関もこれからはマーケティングが必要だと思います。2009-11-29110100122
12580022.行政ホームページ政府の取り組みをYouTube等の動画で配信してはどうか最近はYouTubeを利用する省も増えてきました。 下記の省等はYouTubeによる情報発信を行っています。 首相官邸  http://www.youtube.com/user/kanteijp ? 法務省  http://www.youtube.com/user/MOJchannel 外務省  http://www.youtube.com/user/mofachannel 文部科学省  http://www.youtube.com/user/mextchannel 厚生労働省  http://www.youtube.com/user/MHLWchannel 農林水産省  http://www.youtube.com/user/maffchannel 経済産業省  http://www.youtube.com/user/metichannel 環境省  http://www.youtube.com/user/kankyosho 防衛省  http://www.youtube.com/user/modchannel2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当110100122
1262001
★アイデア
2.行政ホームページパブリック・コメント数のリアル・タイム表示パブリック・コメント(パブコメ)の応募数って、なんで締め切り後にしか分からないんですかねー? 応募数のカウンターとかがあると、応募数が少ないからチャレンジみるかーなんて、考える人だっているのでは? もし、ぼくがパブコメ担当でパブコメの集まりが悪かったとしたら、露出度あげるために目立つサイトとかにお知らせをベタベタ貼り付けたりなんかすると思うし、、 それとも、パブコメってあまり集まらないほうがいいんですかね? 他のテーマと同一条件を収集しなくちゃいけないんですかね? ちょっと理解に苦しむところです2009-11-3マカロニ110100122
12620022.行政ホームページパブリック・コメント数のリアル・タイム表示どころか、こういう定期的にお知らせが更新されるタイプのコンテンツで、 RSSもないし、しかも「他の人の書いた意見は終わるまで見ることができない。」 誰かが書いたものをみんなでも見られるようにすれば、重複する内容の投稿を減らすのにも役立つのに・・・2009-11-4guicho2.71828110100122
1285001
★アイデア
3.行政情報オープン化個々の問題解決に向けたタスク進捗状況と、解決へのロードマップの可視化国民の様々な懸案事項(失業率、景気、地域振興、少子化、年金問題、etc.)を 各省庁がどのようなステップを経て解決しようとしているのかを、サブタスクを時系列で並べて図示し、 進捗状況と今後のロードマップをWeb上で公開してはいかがでしょうか。 そのような図を全ての省庁で公開することにより、 「〜という懸案事項に関しては、現在このタスクまで進んでおり、これだけの効果がありました。 さらに、今後x年間でここまで遂行できれば、これくらいの結果が出ると予想しています。」 というような納税者に対する説明責任を果たす上で大きな効果が期待できるのではないでしょうか。 ご検討下さいませ。2009-11-6白松410100122
12850023.行政情報オープン化個々の問題解決に向けたタスク進捗状況と、解決へのロードマップの可視化現在も各府省では政策評価報告として公表しているものがあります。 経済産業省は以下に年度報告などが出ています。 http://www.meti.go.jp/policy/policy_management/index.html 皆さんからのご意見により改善していく事も必要ですので、今後ともご指摘をお願い致します。 ご指摘しているイメージはもっとビジュアルにと言うことだと思いますが、 米国ではIT投資について以下のように公表しており、将来は月次の進捗も公表していくそうです。 http://it.usaspending.gov/ 欧州での先進事例なども参考になりますが、すぐに見つかりませんでしたのでとりあえず米国の事例のみ紹介させていただきます。2009-11-6経済産業省アイディアボックス担当410100122
12850033.行政情報オープン化個々の問題解決に向けたタスク進捗状況と、解決へのロードマップの可視化経済産業省アイディアボックスご担当様、 政策評価報告をお教え頂きましてありがとうございます。 http://www.meti.go.jp/policy/policy_management/20fy-AR2008/Accountability-Report.htm?に「平成20年度 年次報告書」のPDFファイルがたくさん置いてあります。 例えば、「 雇用創出への取り組みについて、これまでの成果と今後のロードマップを知りたい 」という人がいたとすると、 その人はどのファイルから読めば良いでしょうか? おそらく多くの人はファイルを探すことを諦めるでしょう。 時間がある人の場合は、まず目次や概要のPDFファイルをダウンロードし、「細かいことが書いてあってよくわからないなぁ・・・」と思いつつ、次に「第2部?施策目標とその進捗状況」の幾つかのPDFファイルを読み、結局どこに欲しい情報があるかわからず、諦めるのではないでしょうか? 失礼ですが、 このような詳細かつ長い書類の束を公開することで「納税者への説明責任が果たせている」と言えるでしょうか? 私のアイディアの要点は以下の通りです。 1. 国民が抱いている様々な懸案事項をリストアップする。各懸案事項の重要度を投票できると、懸案事項の優先度付けに役立ちます。 2. 各懸案事項の解決に必要な行政タスクを時系列順に閲覧できるようにする。1つの懸案事項に対し、複数の省庁が行っている取り組みが同画面に表示された方が親切です。 3. 各タスクの遂行予定年月や、タスク遂行の障害となる要因を明記する。 4. 各タスクごとに割り当てられた予算と期待される効果を明記できれば、費用対効果の議論に役立ちます。 喩えるならば、 国民が閲覧可能な行政プロジェクト管理システム とでも申しましょうか。 ただPDFファイル群を公開しただけでは発見できない情報も、このようなシステムがあれば発見できるのではないでしょうか。 上記アイディアを全て実現するのは難しいと思いますが、実現可能な部分があればご検討下さいませ。 ? ?2009-11-8白松410100122
12850043.行政情報オープン化個々の問題解決に向けたタスク進捗状況と、解決へのロードマップの可視化白松様 政策評価報告については、事業別に見たいという要望もありますし、現在の形態になっております。 IT戦略本部の進め方はご指摘の方法に近く、ビジョンを作って、毎年分野別にフォローアップをして、第三者評価もしながら進めています。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/ 情報公開に向けては順次取り組みを進めておりますので、ご理解をいただければ幸いです。 わかりやすさの追求など今後も取り組んで参りますので 、?今後とも応援をよろしくお願い致します。2009-11-8経済産業省アイディアボックス担当410100122
12850053.行政情報オープン化個々の問題解決に向けたタスク進捗状況と、解決へのロードマップの可視化経済産業省アイディアボックスご担当様、 御回答ありがとうございます。 それらの取り組みが実現するよう、期待しております。 「今何が問題で、その解決のために何をする必要があって、今後いつまでにどのくらい解決できそうなのか」 を、私ども普通の人が理解できるような仕組みを作って下さい。 よろしくお願いします。 ?2009-11-8白松410100122
1294001
★アイデア
6.その他電子政府改善虚構は捨て去ろう嘘は泥棒の始まり。サイバー時代の虚構は腐食社会の始まり。「簡単に覚えられるパスワードは簡単に破られるから使っては駄目。覚えられないといってメモを持ち歩くのは駄目。できることになっているのだから貴殿にもできるはずだ。」右手で持てなければ左手に任せればよく、左手で持てなければ右手に任せればよい。右手でも左手でも持てないのであればICT社会の便益は断念するか、安全を断念すればよいことだ、ということがまかり通ってしまうがそれで良いのか?「覚えられない英数字パスワードも工夫をすれば覚えられる。」定期的に変更される10個のアカウントについて出来るというのなら提唱者ご自身にTVの超人ショーにでも登場してもらいましょう。「ICカードや登録携帯電話を持っていれば本人だ。」ICチップ付きキャッシュカードであれば挿入するだけで大口預金を降ろせるAMTがあって然るべきだし、暗証番号を記したメモを持っている人を本人としてもかまわないはず。「ICカードに入っている電子証明書は正しく本人を認証できる。」財布に入っている現金は、偽札でない限り、財布の持ち主を正しく認証できる。ん?「ワンタイムパスワードは固定パスワードの制約を破る強固な本人認証だ。」トークン携帯電話に表示される使い捨て数字列は人間にしか認識できない。人間であることの証明は本人であることの強固な証拠だ、ということか?「生体認証は高い精度で本人を特定する。」このアイディアボックスの「生体認証サーバーのネットワークを構築し、説明書やカードをなくす」へのアナトミさんのコメントを読めば良い。引用されている数字がIPAおよびIBG公表のものであることを小生も確認済み。(売らんかなのメーカーはいざ知らずIBGの存在に言及もしていないIPAは本当に情けない。天下りを送り出している経産省はもっとしっかり監督して欲しい。)「セキュリティについてもICT先進国である米国の動きを追うべきだ。」米国は犯罪先進国であるが、この事実は犯罪防止に成功している国ということか?「セキュリティは専門家に頼るべきだ。」論文のネタになるかどうかが判断基準の大学の先生方。自社の製品を売れるかどうかが判断基準のセキュリティコンサルタント。米国の最新動向を人より早く吹聴することによって得られる重い権威。上述の虚構を受け入れるような専門家に頼るのは願い下げにしたい。挑発的な内容であることは承知しています。異論・反論が殺到するのを期待します。2009-11-8ウチダ712111122
12940026.その他電子政府改善虚構は捨て去ろう 私も日頃から同じようなことを考えていましたので大筋において賛同します。ただ、多くはないようですが大学や業界には非常に高い志の方々もおられます。承知の上で敢えて挑発しているのだとは思いますが。2009-11-8こめのくに712111122
12940036.その他電子政府改善虚構は捨て去ろう最近の個人情報保護法やコンプライアンス系から来るセキュリティは、誰の為のものか? 「高級官僚と政治家とお金持ち」の為に作られたのではないか? ビンボウニンとチュウショウキギョウと下級役人は、最近の高度なセキュリティなんぞ、 本当に必要有るのか? 「国民の為に、国家の為に・・・」この簡単な言葉を、何回も、何回も聞かされても、 人間は忘れるのです。 忘れないのは、善人ではなく、忘れる人は善人です。 悪人は、パスワードを忘れません。「開けごま」もそうでした。 情報通信では、完璧なセキュリティは有りません。 鉄板にしたら情報が流れません。幾ら細かくても網が通信の基本です。 知恵のあるものは、どんな細かい網でも抜けてくるのです。 普通の人が一番大切にしているお金も、他人の通帳で引き出しをすると 殆ど足がつきます。 悪人には、更なる厳罰で処すると言うくらいの方が変なセキュリティより も効果があると思います。 それでも起こるハッキングやクラッキングは、止めようが無いのです。 ただし、泥棒の前に、財布を置き忘れるような行為は個人の問題です。2009-11-8H.Endo712111122
12940046.その他電子政府改善虚構は捨て去ろうよくぞ整理して提起していただいた。この世界は余りに奇異なことが多すぎると私も感じていました。2009-11-8アナトミ712111122
12940056.その他電子政府改善虚構は捨て去ろう郵便局で窓口でお金をおろそうとした足の悪い高齢者が印鑑を忘れたとします。 その窓口の職員はそのおばあちゃんをとてもよく知っている人とします。 規則に従って実印がなければお金おろせません。というよりも 本当はダメだが拇印でもいい。(+知人ということで証明書的なもの発行) というような信頼でつながっている社会も取り戻したいですな。2009-11-10toshihar712111122
12940066.その他電子政府改善虚構は捨て去ろうウチダさんの投稿にある「ワンタイムパスワードは固定パスワードの制約を破る強固な本人認証だ。」という部分、もちろん逆説的な表現だと思いますが意味がよく分かりません。 使い捨てできる1回限りのパスワードというのは安全な良い技術ではないのですか?2009-11-10久世寿712111122
12940076.その他電子政府改善虚構は捨て去ろうご質問いただきありがとうございます。 ワンタイムパスワードと(誤って?)呼ばれているトークンや携帯電話が生成する使い捨て文字列は盗用されることがないのでその意味では安全に使えるデータです。ただ、その盗用されることのない安全なデータが証明しているのはトークンや携帯電話が本物だということと今扱っているのが人間だということだけです。その人間が本人なのか盗人なのかの判定には全く何の寄与もしません。 こうした本人の認証に関わらない機械生成データが『パスワード』と呼ばれていることには怒りを感じています。2009-11-11ウチダ712111122
12940086.その他電子政府改善虚構は捨て去ろうパスワードの部分に関するご指摘については全く同感するものです。 全国民がITの活用による利益を享受できるようになるためにはパスワード問題の解決が欠かせません。2009-11-14道頓712111122
1316001
★アイデア
1.電子手続き失業保険の給付について 認定日のハローワーク訪問無くして、ネット申請にして欲しい失業保険受給期間中、1ヶ月に一度、失業認定日にハローワーク訪問が必要になっていますが、特に相談事項も無く、転職実績の書類記載に問題がなれけば、流れ作業で認定されている状況のため、ネットで転職実績の有無を申請すれば、訪問は必要ないのでは無いでしょうか。 現状、この不況下で混雑時には3時間待ちという状況もあり、子供連れの方もいて、非効率な行政対応を目の当たりにした印象を持ちました。 不正受給の問題などを懸念する方がいるかもしれませんが、現状の状況ではチェック機能を持っているとは思えませんし、窓口に訪問する方は個別の相談事項がある方に限定した方が、サービスレベルも上がり、元々のハローワークの機能を果たすことができるのではないでしょうか。2009-11-9robita200018144122
1363001
★アイデア
7.このサイトについてアイデアに対してブログのようにトラックバックを使えるようにしたらいいせっかくの取り組みであるのに、議論の場がアイデアボックス内に閉じてしまっているように思います。ブログのようにアイデアに対してトラックバックを打ったり、打たれたりできるようにすれば、外部のブログとも連動し、議論の場がどんどん広がるとともに、このサイトの知名度もあがっていくのではないでしょうか。2009-11-10にゃんこ110100122
13630027.このサイトについてアイデアに対してブログのようにトラックバックを使えるようにしたらいい賛成です。議論の場が自分のブログへ移せると言うのは、ブログの執筆者にとって一つのメリットだと思います。 別の案で出ていた参加者へのメリットを持たせてはと言うアイデアにも通じるものがあるかと。 ただどうせなら、そのさきとして分散した議論をその後どう集約するかまでシステム化したいところですね。 前々から思っていたんですけど、トラックバックは2点を結びますが、そこからの派生における賛成反対を集約してこれるネットワークシステムってブログパーツとかであるんですかね?>詳しい人の意見求む2009-11-10rd110100122
1387001
★アイデア
6.その他電子政府改善職業紹介サイトの統一または連携求職のための活動をしていますが、求職者登録を複数に必要でした。・ハローワーク・東京人材銀行・埼玉人材銀行・福祉人材センター 登録のためにそれぞれの窓口へ行く必要もあり、ネットの検索サイトも別になります。同じ厚生労働省管轄だと思うのですが、統一いただければ、探すのが楽になります。統一ができないのであれば、一箇所での登録で、複数へデータ連携していただきたい。2009-11-11カン110100122
13870026.その他電子政府改善職業紹介サイトの統一または連携実際には、民間の求職サイトなどもありますから、手間でしょうねぇ。 どうせなら民間業者のデータも一緒に検索してほしいところですね。2009-11-12rd110100122
1409001
★アイデア
1.電子手続き国内学業機関の最終学歴の証明証書を、代行発行してほしい親の年金問題の相談に社会保険事務局に行った時に、父の大学卒業証明書を要求され取得にえらく手間取りました。 この手の証明書は、新たに大学や大学院に入りなおす場合にも入りようになりますが、取得方法は学校法人によって様々です。遠隔地に学校がある場合など取得が極めて困難な場合があります。 これを、できれば電子手続きで、代行証明書を出してもらえないでしょうか。2009-11-12rd110100122
14090021.電子手続き国内学業機関の最終学歴の証明証書を、代行発行してほしい大学の経営も厳しいようですが 確か、大学が倒産した場合に卒業証明や成績証明が発行できなくなるので卒業生が困ると言う話を聞いたことがあります。 そのような場合はどこか公的機関が代行できればいいんでしょうね。2009-11-12popo110100122
1014001
★アイデア
7.このサイトについて【カテゴリ別に表示】の件数表示とかできますでしょうか?画面左側にある ------ ?【カテゴリ別に表示】全カテゴリ1.電子手続き・・7.このサイトについて ------ ですが、 カテゴリの横に件数とか表示はできないのでしょうか? 下記のように。 1.電子手続き(30件) どのカテゴリが件数が多いとか話題になっているとか人目で分かるかと思います。 2009-10-14ta__ki2990136
10140027.このサイトについて【カテゴリ別に表示】の件数表示とかできますでしょうか?アイデアボックス事務局です。 申し訳ありませんが、現時点ではカテゴリー単位での件数の表示はできません。 他の方法でコメント件数をお知らせできないか、検討を進めます。 引き続きよろしくお願いいたします。2009-10-14アイディアボックス事務局2990136
10140037.このサイトについて【カテゴリ別に表示】の件数表示とかできますでしょうか? サイトについての改善提案ありがとうございました。 今回は、期間限定の実験でもあり、ご指摘の点につき、期間中に対応をとることは困難であることがわかりましたが、ご指摘を今回の実験を踏まえた今後の取組において参考としてまいります。他にもこのサイトについて、ご意見等ありましたらぜひお寄せください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当2990136
1067001
★アイデア
8.つぶやきIT関係の職種は?業種で IT関係ではたらいているけど、なにを選んだらよいでしょうか? サービス業?製造業? ここだけではなくいつも悩みます2009-10-16mmmat01811101136
10670028.つぶやきIT関係の職種は?なにを選んでも良い、税務署にはサービス業といわれたがロボットも作るといったら製造業といわれた2009-10-16にんにん811101136
10670038.つぶやきIT関係の職種は?「情報通信業」という選択肢がありますが、当てはまりませんか? 詳しくは以下の資料をご確認下さい。 http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/pdf/san3h.pdf2009-10-16kei811101136
10670048.つぶやきIT関係の職種は?当方、広告とWebのプランナーなんですが、全然無くて... ある意味サービス業ですし...かといってホテルマンとかとも違うし。 全然理にかなってないですね。 (建設業とかが充実してるかなり笑える状態でして...) スラッシュドット辺りに委託して作ってもらったほうがよかったんじゃ? とかって思います。 まぁ、それでも「なんかやろう」という動きには賛同ですね。 あと、職業柄アイデアで金をもらっているのでこんな虫のいい話は無い。 アイデア募集するなら対価をくれ!! (ようするに、企画業を冒涜しているきがします。) 2009-10-16satokenz811101136
10670058.つぶやきIT関係の職種は?どだい職種を聞いて何を知りたい?集計したいのかがわからないですね。 古臭い職業分類に拘る=硬直化、でしょう。⇒管理者の目的にそった職業分類を作ってはいかがですか。 ちなみに私も一瞬悩みました"情報通信業"しかし情報通信はしていないし、で、(システムの)製造業。2009-10-19マスター811101136
10670068.つぶやきIT関係の職種は?satokenz さんの「 あと、職業柄アイデアで金をもらっているのでこんな虫のいい話は無い。」に賛成、一票。 でもこれはここでいうアイディアじゃないから、一票投じてもむだですね。 「アイディア募集」ではなくて、「ご意見募集」というのならわかるんですがね。 お役所のかたの気持ちもわからないではありませんが、これまでまったく知られていない分野での「アイディア募集」ならかみませんが、ともかくも、なんらか「・・・業」に対する行政上のほうh氏んを持っておられるのでしょうから、「こういうことを(行政上)したいがいかがか」とか「こういうあたりについて具体的な提案、提言はできるか」とか、ある程度具体的に話せる「はず」なんですよね。 むかしの「くれくれタコラ」ってご存知でしょうかねえ。2009-10-20mita811101136
10670078.つぶやきIT関係の職種は?タイトルと違う方向に行ってますが、アイデアに金をくれって、オープン化や国民参加の流れのなかでどうなんですか?。 お金になるアイデアは別途提案もしようと思えばできるわけですし・・。両立できないのかな。 国交省のダム事業などでは、役人は霞ヶ関で考えるからこんなことすると攻撃され、今度はアイデア募集したら金をくれと言われ。 どんな姿が良いのか悩ましいんじゃないかな。2009-10-21009811101136
10670088.つぶやきIT関係の職種は?IT関係と言っても、広いのでは?  派遣業: SE,プログラマー、オペレータ等で派遣されている人たち(なぜ、情報サービス産業なのか不思議・・・)  製造業: SE、プログラマー等の業務を受託して行っている人たち(無形のものを作るのと、有形の物を作るのと大きな相違はありません。 システムを作成する時に、そのイメージが描けていない人は、SEでもプログラマーでもないと思っています。 ⇒素人!)  サービス業:?コンサル等を行う人たち (上記、製造業に近い人たちもいますが・・・) 自動車産業の生産方式などで有名な東大の藤本隆宏さんは、有形のものに情報を付加するのが、製造業  無形のものに情報を付加するのが、サービス業 と言っていますが、多少、違和感がありますので、上記のような分類を考えています。 (^_^)2009-10-21Woody811101136
10670098.つぶやきIT関係の職種は?カテゴリ的には証券市場を見てもサービス業に分類されてますが、実態は製造業ですね、 これはこの何十年と変わっていません。 工数見積り・工数管理。決して付加価値で計算をしない、できないこの業界 まだまだ未成熟です2009-11-10ごんた811101136
1166001
★アイデア
6.その他電子政府改善ITを活用した失業対策金融危機の影響で、景気が不況、失業者もどんどん増えています。電子政府の機能の一環として、ITとオンライン環境を活用し、失業者の教育支援、就職支援などの対策を実施すればいいではないでしょうか。 オンライン環境で、登録した失業者にスキル教育の授業ビデオを送信すると、自宅で勉強できるようになります。2009-10-23ヒロシ011101136
1188001
★アイデア
1.電子手続き電子申告税額控除の導入に生保控除を活用する国税庁の電子申告利用率が37%へと急激な伸びを示しましたが、現在の施策のままでは50%程度で伸びが止まります。現在の伸びは納税者自身のメリットが感じられないが国税庁と税理士会が懸命に主導して50%利用率を目指しているからです。 電子申告普及のためには、電子申告税額控除を導入し、その財源は生命保険料控除の廃止で賄うべきです。  ポイント制やマイレージの氾濫する時代に於いて、利用者にメリットを感じさせない施策は一定の範囲で効果が薄れます。国税庁側は紙と電子を同等に扱う世界で電子申告をした時に税額が減少する電子申告控除を採用できないと主張するでしょうが、紙が原則であったものを電子も原則にして、2重の原則があるために税務官公署の現場は混乱しています。電子を原則にして、紙が例外になる電子政府の構築が納税者の利便性と税務行政の効率化が実現するので、その過渡期(50%超まで)は電子申告控除(電子証明書取得控除でなく)が不可欠です。 財務省は無い袖は振れないと却下するでしょうが、政府税制調査会で役目が終わったと指摘し、会計検査院が無駄遣いと指摘した生保控除の財源を使えば済みます。18年度における減収見込額が2620億円なので、1万円の税額控除で2620万件の電子申告に対応できます。生保協会が反対ならば、電子申告なら生保控除を可能にする策も有効かと思います。 2003年に電子申告普及率5%を目指した時の申告母体数は、個人が2000万件で、法人が600万件なので、5%が130万件でした。税理士の関与割合は法人が86%超ですが、個人は3割から4割です。86%で516万件、35%で700万件の1216万件の47%となります。 PCで作成したものを紙で出力し、税務署へ提出されたものを再度コンピュータへ入力するために係る経費を削減するためには電子申告がどうしても必要です。でも、納税者自身が確定申告にどれほど取り組むかどうかに係っています。 国税庁レポートでは、確定申告作成コーナーの平成20年分は、約600万件となっています。この電子申告予備軍をいかに誘導する施策を提供するかにかかっています。現行の電子申告取得控除は一回限りのためと取得費用を支弁するだけのためにメリットが無く、税理士関与以外の納税者は消極的です。23年3月の申告時に電子申告控除が導入されるとなれば、22年3月にも電子証明書取得控除の利用率もあがるでしょう。 当然に、50%超までは税理士の代理送信でも電子申告控除を認めるべきです。2009-10-27tnk2013112136
1191001
★アイデア
7.このサイトについてお金のかからないプロモーション方法を考える(それにしても登録者少ない!)登録者数滅茶苦茶少ないです。 どのくらいの登録者数を計画されてたのでしょうか? やっぱりアイデアはたくさんの人の意見交換や組合せなどから生まれてくると思いますのでたくさんの人がアクセスする仕組を(プロモーション)を考えていただきたい。 Twiteerとか是非活用して欲しい。2009-10-28sirotamago314112136
11910027.このサイトについてお金のかからないプロモーション方法を考える(それにしても登録者少ない!)現時点で登録者数は673なのですが、どのくらいの登録者になれば、多いと言えると思いますか? 初の試みでもあり、客観的に比較できる数値もないので、ご覧の皆さんの感触も教えていただければ幸いです。 それと、プロモーション活動については、 マスコミに情報を流したり、イベントでチラシを配布してみたり、関心のありそうな方にメールしたり、 twitterやブログで関心を持ってくださっている方に返信してみたり、いろいろなメールマガジンなどに、 掲載してもらったりと、地道にお金をかけずに頑張っているのですが、 どうしたらより効果的でしょうか?担当者も悩んでますので、いいアイディアがあればぜひ教えてください。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当314112136
11910037.このサイトについてお金のかからないプロモーション方法を考える(それにしても登録者少ない!)担当者さん、 そんなことを書いているので思わず突っ込みを。 実験の目的・目標などの設定(計画)はしていないんですね。とりあえずやてみっかで3千万つかったの?(笑) 良かったね民間じゃなくて。弁償なし、クビ無しか。いいね。胃が痛いくらい当たり前。(^0^)// この実験3千万円なんだから、例えば1万人を目標にするなら、一人10円として10円*1万人=10万円を野村総研に値引きさせて、アフィリエイト利用して先着1万人まで、期間限定で登録してみるとか。 たとえケチといわれようともアフィリエイト会社数社利用したって1-2-人月節約すれば出来たでしょう。 100円も出せばブロガー大騒ぎじゃないの。 大手のネットプロバイダやポータルさんに実験協力のために、メルマガやページに リンクバナー無料で 載せて貰うようお願いするとか、 経済産業省なんでしょう!協力お願いできるところ無いの?ちまちま実行してても。。。 検索エンジンに登録するとか、サイト立上の参考サイトでも読めば。 大体、目標を設定したとして、そのためにどういう方法があるのか入札時にでも、入札後でも提案させるのは定石でしょう。 気の毒に、お若いの、いい鴨さんだこと。あ〜ああ、私も鴨鍋したい。2009-11-6dogwan314112136
11910047.このサイトについてお金のかからないプロモーション方法を考える(それにしても登録者少ない!)委託内容を見ると 1)電子政府・自治体における過去の取組に関する調査 2)電子政府・自治体における全体最適・官民連携の在り方に関する調査 3)ITツールを利用した政策づくりへの国民参加に関する調査 4)年度末に官民のCIOが交流・情報共有し、共通の認識を持つ場としてCIO百人委員会(予定)を開催し、1〜3の調査結果の発信も行う。 とあるので、このサイト自体は委託業務の一部ですね。ただ、国民に対するインパクトは、一番大きそうです。 野村総研さんぐらいの企業が、1から4を全部やるとなると、3千万円はそれほど高い金額と思わないのですが、「もっと安くて上手にできるぞ」という中小・ベンチャー企業が出てくれば嬉しいですね。2009-11-6Muta Manabu314112136
1210001
★アイデア
1.電子手続き死亡諸手続エンジンと郵便局の行政サービスの連結について死亡に伴う諸手続は個々人ごとに違っており、多岐にわたっています。届出を要する行政官庁や公共機関、金融保険会社等によりビジネスフォームが違うためとても複雑です。各種手続きの一括届出可能な「死亡諸手続エンジン」を用意すれば利便性が高くなり、電子政府の必要性についての国民的支持も高まるでしょう。そしてなぜ電子政府が必要なのかについてのイメージ構築にも役立つことでしょう。折しも郵便局を行政サービスの拠点として使うことが検討されており良い機会と考えます。"お葬式プラザ"にご遺族の「することリスト」として必要な死亡諸手続を掲載していますのでご覧下さい。http://www.osoushiki-plaza.com/new-plaza/sougigosekkei/schedule.html セキセー株式会社 取締役 石原正次090-8863-6559 2009-10-29セキセー石原0990136
1218001
★アイデア
6.その他電子政府改善高齢者が電子手続きに入れる工夫を高齢者で、パソコンを持っている人は少ない。 例えば、郵便局にパソコンを置き、職員が教えて手続きを助ける。 高齢者は、クレジットカードに入会するのは非常に難しい。 そういうことも考慮していかなければ、これからの高齢者社会には対応できないと思う。 寝たきりの人には、役所の人が、訪問して手続きをすることも視野にいれなければならない。 若者や行政の簡素化だけを考えてはいけないと思う2009-10-29ナカ313112136
12180026.その他電子政府改善高齢者が電子手続きに入れる工夫を若者でも覚えられないようなパスワード・暗証番号を覚えろと強制し、できなければ「サービスを諦めるか、安全を諦めるかどちらかを選べ」という原状も何とかしなければ。2009-11-5アナトミ313112136
12180036.その他電子政府改善高齢者が電子手続きに入れる工夫をそのとおりですね。SIerは高齢者がデジタル社会・通信社会の便益を受けられるよう考えたシステム構築を求められていることをもっと自覚してほしいです。システムエンジニアやプログラマーは若い人が多いと思いますが、短期記憶に弱いが長期記憶は衰えない、といった高齢者の特徴を生かした開発を心がけてほしいし、政府も高齢者やデジタル弱者に使いやすいシステムを奨励、援助してもらいたいものです。2009-11-5道頓313112136
12180046.その他電子政府改善高齢者が電子手続きに入れる工夫をほとんどのことは誰かに手伝ってもらえますが本人確認だけは他人が代行するわけにはゆきません。高齢者の電子手続きでは個人認証が最大の課題だと思います。できればモバイル環境でも高齢者に実行できるような簡単で安全ななパスワードシステムの登場が望まれます。2009-11-5ウチダ313112136
1263001
★アイデア
3.行政情報オープン化政府統計個票データレイアウト標準記法についての改良を期待します。統計調査等業務の業務・システム最適化計画の報告書の最適化の実施事項の6.個票データのレイアウト構造を示す記法等の標準化についての報告書の中の(別紙4)政府統計個票データレイアウト標準記法http://www.stat.go.jp/info/guide/public/01/02/pdf/2_4.pdfについて改良を期待することを投稿します。 具体的には報告書の62頁に記述されている、BXMLタグについての記述ですが行番号44 項目名(常用雇用者)、XMLタグ(JOYO_KOYOSYS)行番号45 項目名(正職員)、XMLタグ(SEISYOKUIN)との記述はあります。この記述では、データ内容の単なる各カラム名前とXMLタグ名は判りますが用語の意味については言及されていません。さらに、報告書の14頁目、P「備考」も一部意味を記述できる欄ですが、『符号内容』についても現状の説明内容では、コンピュータには意味を共有できず、公開されたEXCELデータの生データのままPCで統計データの再利用は困難です。なぜならば、「用語の解説」が、しかも主要な用語の定義・解説だけが、統計結果そのものを人間に説明するためのホームページに掲載されるだけだからです。符号の意味をコンピュータにも判るような用語辞書を整備して欲しい。同様に(別紙5)「統計に係るホームページの共通メニュー及び共通掲載項目」についても確認いたしました。http://www.stat.go.jp/info/guide/public/01/02/pdf/2_5.pdf改良を期待することについて投稿します報告書のPDFの1頁目の(1) 統計調査の内容として、用語の解説について、調査の結果に用いる主要な用語の定義・解説を記述とされています。さらに、3頁目の 業務統計及び加工統計について、集計結果又は推計結果、用語の解説として、集計結果又は推計結果に用いる主要な用語の定義・解説を記述と報告されています。こちらも、別紙4と同様に、「用語の解説」が、しかも主要な用語の定義・解説だけが、統計結果そのものを人間に説明するためのホームページに掲載されるだけです。 つきましては、政府統計個票データレイアウトに関する用語の辞書と、XMLタグ名についてなど用語の解説の辞書(人間向けだけでなく、コンピュータにも意味を理解できる辞書)を期待します。用語辞書が整備されることで、XMLデータの乱立防止につながり、統計データの利活用が促進が期待されます。地味ですが、このような用語辞書の整備により、公開された政府統計データを生データ(未加工)のまま、コンピュータで再利用できるようになります。期待しています。2009-11-4metadata0990136
1267001
★アイデア
7.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました経済産業省アイディアボックス担当者です。 今回の電子経済産業省アイディアボックスの取組を評価いただくため、 実施にかかっているコストや契約情報などの基本情報をアップしました。 アイディアボックス終了まで残り10日ほどとなりましたが、 今回の取組自身に関しても、参加者の皆さまから評価、批判等いただければ幸いです。 電子経済産業省アイディアボックス実施に係る基本情報 (HTML) http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/ideaboxinfo.htm (PDF) http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/ideaboxinfo.pdf2009-11-4経済産業省アイディアボックス担当14890136
12670027.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたサイト構築に700万か、うーんうーん…… 世間一般の業務用サイト構築費用は知らないけど、うーんうーん…… 費用というより出来栄えに……2009-11-5yo-14890136
12670037.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたこう、TOP画面にお知らせしてあって、費用金額とか分かるのは便利で良いです。 それにしても、金額を見たら、なんだかんだ言って国はお金持っていますね。 期間限定とはいえ国のサイトということですから、セキュリティどうこうで金額とか高くなってしまうのでしょう。 別にいくらお金がかかろうと、それに見合うだけのROIがあればいいことですが 今見る限りでは、ユーザー数が凄まじく少ないと思いました。 大体、何人のユーザー数などを予測していたのかは分からないですが、このシステムなら5千人ユーザーとか負荷にはならないと思いますし、サイトの運営よりもサイトの周知不足ですね。 かといって、ただ宣伝するためだけで広告代理店とかを通すなら、当然、そこにお金が発生していきますし、 他の人のコメントが気になるところです。2009-11-5ta__ki14890136
12670047.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたアクセシビリティ法を制定し、アクセシブルなホームページを義務付け https://metiideas.secure.force.com/ideaView?id=08710000000Cok7AAC にて、私は「行政機関が果たすべき責任を考えれば、そのための費用増はやむを得ない」と書いたのですが、セキュリティに関しても同様に(あるいはそれ以上に)思っています。 それだけに、日本政府のIT政策の一翼を担う部署が運営し、次世代電子行政の一助になろうというサイトが、この有様であることが残念でなりません。 利用者数は、最初にサイト開設のニュースを聞いたときには、多くて500人だろうと思っていたので、現在の786人は予想以上ですね。個人的に。 想定外の大量アクセスでもあった場合は、サーバ増強費用が追加で発生するところだったのでしょうか。2009-11-5yo-14890136
12670057.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました貴重な情報、ありがとうございます。 こんな短期間に、アイデアシステムが出来上がるんですね。 システム以外にもさまざまな検討がされていますね。 それとログインした人、すべてが利用できる形態があることで、実用の可能性がでてきました。 それとともに、アイデアを出すためには、さまざまな環境を用意しないと到達しないことも痛感しています。 システムだけでは、思いの共有化ができない。 ポータルサイトとの連携、ローカルでのグループ作り、テーマに問題意識を持った人にどうつなげていくか。 その意味では、今後の産業を考える、経済産業省としては、いい企画であり、いい実験です。 あと、10日のうちに、自分なりの答えを見つけていきたい。Global meets Local もう2009-11-5もう14890136
12670067.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました素直に感動です。時代も変わりました。 こうした情報公開が、これほど短期間のうちに実行されている姿勢に敬意を表します。しかも、これまでの意見を踏まえて、HTMLとPDFの2方式で提供するという心配りもあります。その心意気、しかと受け取りました。 世界の行政改革では、行政の説明責任や透明化に加えて、「感度の良さ」や「反応の速さ」が重視されています。その積み重ねが、国民と政府との信頼関係を築いていくものと理解しています。 公開された情報は、新たなアイデアや情報や行動を生み出します。 例えば、「サイト構築費用が700万円」、「システム構築にかかった時間が2週間」と分かることで、 『うちなら、同期間で同程度のサイトを300万円で作れる』と思った中小・ベンチャー企業が、政府の調達に参加したり、営業活動の範囲を官公庁に広げるかもしれません。 『2週間で構築は、うちでは真似できないわ。セールスフォースと組んで仕事をしてみようか』と考える電子政府ベンダーがいるかもしれません。 国民との意見交換を模索している省庁が、『700万円ぐらいなら、うちでもできるなあ』と思うかもしれません。 アイデアボックスと同じような仕組みを作る省庁は、ベンダーと交渉する際に、『経済産業省さんは700万円だったそうだよ。その金額は、ちょっと高いでしょ』と言うかもしれません。 セールスフォースに同様のサイト構築を依頼する省庁は、『すでに一度作ってノウハウがあるのだから、同じようなサイトなら700万円より安くできるでしょ。500万円でやってよ』と価格交渉するかもしれません。 ホント、このサイトに登録して良かったと思いました。2009-11-5Muta Manabu14890136
12670077.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたオープンガバメントの取り組みと言っている以上、まずは、自らオープンにしようということで、基本情報を公開することは今回のサイト開設当初から考えていたことだったのですが、委託先との調整などで時間がかかってしまいました。遅くなり申し訳ありません。 外注費などは、比較的クリアに○円と出すことができるのですが、人的リソースについては、(政府の行うどの事業についても同じことが言えますが)今回の実験のみを1日中行っているわけではないので、どうしても概算にならざるを得ません。 ただ、行政において人的リソースがネックとなってできないことは、数多くあります。今回頂いているアイディアについても、人的リソースさえ潤沢にあればできるが、現状では人が足りずにできないというものが多く出てくるように思われます。 そうしたことを含め、評価いただき、リソース配分が誤っているのではないか、生産性が低いのではないか、人件費が少ない/多いのではないか、民間の力をもっと活かしていくべきなのではないか等々、ご意見頂戴するためには、概算しかわからず正確性に欠けるから公表しないというのではなく、概算でも公表していくことが必要と考え、まずは今回の取組自身についてその人的コストの概算を公表させていただきました。 また、参加者数(ユーザー数)については、多い/少ない両方の評価があると思います。国が行う取組としては、初めてのものとなるため、なかなか比較すべき指標がないのですが(その意味では、今後は、今回の実験結果が1つの指標の基準となると思いますが)、ユーザーの皆さまからもいったい何人程度までユーザーが集まれば成功と言えると思えるか率直にご意見いただきたいところです。 「この情報がないと評価できない」といったことがありましたら、可能な限り、間に合う限り、お答えできるようにしていきたいと思いますので、ご意見お寄せいただければ幸いです。2009-11-5経済産業省アイディアボックス担当14890136
12670087.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたサイト製作を発注する際の、サイトの要件はどのようなものだったのでしょうか。 ? 意見募集という内容にまつわる部分はさておき、 政府のサイトとして、 あるいは真っ当なサイトとして、 要するに信頼できるサイトとして、 常に備えるべき機能は要件に含まれていないのでしょうか。 ? 経済産業省、情報処理推進機構、産業技術総合研究所などが啓蒙に努めている、安心・安全なウェブサイトに則することは、発注時には考慮されないのでしょうか。 細部の技術課題ではなく、基本的な部分の話で。 例えば 産総研 RCIS: 安全なWebサイト利用の鉄則 http://www.rcis.aist.go.jp/special/websafety2007/ 各位の努力を無に帰さないでください。 啓蒙は啓蒙活動の中だけではなく、実地で示すことも重要です。2009-11-6yo-14890136
12670097.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたあ、初めから公開予定だったんですね。さすが。熱いコメントしちゃって、ちょっと恥ずかし。。。 人件費の問題は、大きいですね。 電子申請システムの評価では、「構築費+年間運用経費」で、申請1件あたりの金額を算出していますが、実際には人件費、調達費、広報・宣伝費(販促・営業費)などがかかっているので、かなり甘めの算出となっています。電子申告とか、宣伝費や税控除を加えると、すごいことになりそう。。 なお、ここでの人件費とは、「電子申請システムで1件処理するのに、いくら給与をもらっている公務員が、何分・何時間働いているか。」ということです。 公務員の時給の目安としては、 750万円(年収)/230日(年間稼働日数)/8時間=約4076円となります。 公務員を働かせると、一分あたり67円のコストがかかります。 CIO補佐官クラスとなれば、この1.5-2倍ぐらいでしょうか。 ちなみに、委託先事業者である野村総研さんの人件費を同じように計算すると、 1100万円(年収) /230日(年間稼働日数)/8時間=約5978円となります。 一分あたり99円ですね。 もちろん、一つの目安としてですが、担当者の方がご指摘されているように、概算でも具体的な金額が出てくると、実感もわいて意見も出しやすくなると思います。 ところで、公務員の「年収」って、どうしてまとめて公開されないのでしょうか。 平均給与月額 は公開されているのですが、年収がわからないと、民間との比較も、行政事務処理の人件費計算もできないので、とても不便です。 さらに、生涯収入となると、天下りもあるので、もっとわかりづらくなって。。。 キャリア官僚で10億円 と言う指摘もありますが。 民間サイト等では、 公務員の給料&年収 を計算してくれていますが、本来は政府がやることだと思います。2009-11-6Muta Manabu14890136
12670107.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたそれと、情報公開は、事業成果やセキュリティとも関係が深いですね。 今回、公開された情報も、一つの成果として評価できると思います。 また、業者情報が公開されることで、経済産業省以外のドメイン名を使っていることへの不信感も、ちょっとだけ和らぎますし。何の情報も無いよりは良いかと。 「フィッシング」 対策は大切と思いますが、ここアイデアボックスの場合、クレジットカード番号等の決済情報も不要ですし、提供する個人情報も限定的ですから、あまり敏感にならなくても良いとおもうのですが。。 スパムメールとかと違って、フィッシングは、やる方もコストがかさむので、狙う対象も限定的となります。金融機関とか有名ショッピングサイトとか。組織的・計画的な犯罪行為ですね。 電子政府では、とかく「セキュリティ」の名の下に多額の税金が投入され、サービスが使いにくくなり、その一方で脆弱な部分は放置されて、結果としてセキュリティレベルは一向に上がらず。。。残ったのは、とっても使いづらいオンラインサービスと日々流れ続ける多額の運用費だけ。。。といったことがあります。こうした事情は、セキュリティの専門家ほど、よくご存知と思います。 セキュリティ業者としては、行政はいまだ「美味しいお客さん」かもしれませんが、大切な税金ですので、リスクや効果に見合ったお金の使い方をして欲しいです。 そう言えば、こんな記事がありました。 クラウド、電子政府など次のフィッシング対策を見据える時代へ――経済産業省 http://www.antiphishing.jp/information/information1003.html2009-11-6Muta Manabu14890136
12670117.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました「啓蒙」という言葉で締めたように、このサイトという限定的な範囲のセキュリティの話ではないのです。このサイトを通じて利用者が学ぶ事は、 「想定したアクセス先と異なるドメインでも信頼して良い」 「ブラウザが発するセキュリティ警告は無視して良い」 「サイト管理者からセキュリティ設定を弱めるように言われたら従って良い」 ということで良いのでしょうか。 意識の向上も低下も、日々の積み重ねです。2009-11-6yo-14890136
12670127.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました最初は正直SaaSの関係でセールスフォースが引っかかっていました。しかしこれだけ多くの方の貴重な意見が聞けるのだから本当にラッキーです!11月14日で一旦終わってもぜひ継続して頂きたいです。あと良いアイデアは試験的でもいいからどんどん実施して頂きたいです。2009-11-6takechan14890136
12670137.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました「啓蒙」や「意識向上」という意味でいえば、 yo- さんがご指摘する通りですね。 本サイトの利用者が、 ・想定したアクセス先と異なるドメインの場合は、その信頼性について確認する ・ブラウザが発するセキュリティ警告は、無視しないで、その内容を確認する ・サイト管理者からセキュリティ設定を弱めるように言われても、安易に従わない と学べるように、利用上の注意点を整理して、トップページに掲示するのはどうでしょうか。2009-11-6Muta Manabu14890136
12670147.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしましたご理解いただきありがとうございます。 そうですね、やむをえずこのような状態なってしまったとしたら、せめて、それが異常な状態であり、他では通常起こらないことであることが、利用者に伝えられるといいですね。 そのサイト以外の複数の情報源で安全性を確認しましょう、と。 で、途中から色々変えるのは困難なこともあるので、企画・発注段階から考慮してほしいな、と。 次世代電子行政と 高度情報通信社会に 向けて。2009-11-7yo-14890136
12670157.このサイトについて【経済産業省より】アイディアボックスに関する基本情報をアップしました野村総研様は、Good Job でしたね。2009-11-8H.Endo14890136
1326001
★アイデア
2.行政ホームページ改正法令をわかりやすく表示するシステム"業務上改正法令をチェックすることが多いですが、はっきりって法令が「改正されていない」ことをチェックするのが大変すぎる。 総務省なんかは「改正法令」っていうコーナーがWEB上にあるが、官報に載ってから一月ぐらいたたないとWEBに載らないのでWEBを見る価値がない。官庁メルマガでも改正法律が載っていないのはもうすればいいのかと。 e-GOVもガワだけあって中身がぜんぜん入っていない。 e-GOVで火薬類取扱保安責任者を探すと中身が空白のページが出てくる。 これで使ってくれというのは、はっきり言ってシステムがないより悪い 改正法令を記述するXMLを定義して、自分に関係ある法令変更のみが表示できるシステムがほしいです。表示部分は各自勝手に作ればいいので、官庁が検索できる形でデータを出してくれさえすればいいのですが。"2009-11-9takkey2990136
13260022.行政ホームページ改正法令をわかりやすく表示するシステム法令改正こそ、RSS配信等を利用して、プッシュ型のサービスを実現して欲しいですね。2009-11-9Muta Manabu2990136
13260032.行政ホームページ改正法令をわかりやすく表示するシステム改正法令を全部見せられたら邪魔でしかない(私に銃刀法や計量法の改正情報送ってこられても邪魔でしかないので) 何らかの属性情報を突っ込んでおいて、検索できればOK。 もっと言えば官報がXML化されていて、縦横無尽に検索できればそれで十分かもしれない。 RSSかするかどうかは瑣末なことでしかないとおもいます。もとのデータがジャンクだと、つかえるRSSに加工するために人手掛けないといけないし、データがよければ、サードパーティがどっかにプロキシ作ればいいだけでしょう。2009-11-9takkey2990136
1346001
★アイデア
7.このサイトについて宣伝不足?今日になってこのサイトの存在をしりました。情報収集不足という自己反省もありますが、宣伝不足も否めませんね。。。 しかし、省庁がこのような取り組みをされているのは心強く感じます。ただ、政権交代で政治主導と叫ばれる中、代議士の先生がたのITリテラシーが低すぎます。 元官房長官経験者から現役の代議士までお会いしましたがITに関する認知が低いというか「ITはこれから重要だ」と声高に言われる割には、能動(自主)的に取り組む方が居ない。。。 これでは悪い意味でIT化はあ民間主導になりクライアントは食い物にされるだけです。実際そういう事例も多く見てきました。ITはあコンピュータ化ではなく経営戦略の一つです。仕組みだけでなく、意識改革も必要です。 私なりに腹案もありますが、所詮は馬の骨。御省から電話で「個人の話は聞けませんし話す事も禁じられています」と言われました。 その意味ではこのサイトはありがたいです(何処まで響いているかは別として) 色んな立場、見識、価値観で多くの方の意見があると思います。期間限定ではなく、「目安箱」として継続してえ欲しいと切に願います2009-11-10ごんた0990136
1410001
★アイデア
4.Web2.0活用市区町村の防犯情報をTwitterに緯度経度情報付きで公開してほしい"日本版Data.govの提案が既に投稿されていますが、より具体的な提案をさせて頂きます。 市区町村の防災(防犯)情報をTwitterに緯度経度情報付きで公開し、公開された情報を第三者のウェブページで再利用することを国、地方自治体で共通して推進して頂きたいという要望です。 ※ここで、防災(防犯)情報とは、空き巣、ひったくり、自転車泥棒、車上荒らし、振り込め詐欺、声掛けが何処何処で何時頃発生したとの情報とします。 >現状と提案の背景> NHK「難問解決!ご近所の底力」でも度々放送されている通り、地域の軽犯罪がなかなか減らないという現状があり、地域住民が実際の被害、その地域のイメージダウンを含めて困っているという事例が放送されています。既に私が在住している市区町村の取り組みとして、空き巣、ひったくり、自転車泥棒、車上荒らし、振り込め詐欺、声掛けが何処何処で何時頃発生したとの情報が電子メールで配信されていますが、テキストベースでの断片的な配信のため、どこの通りが危ないとか、何時ごろが危ないとかの実感が地域住民の方に広く伝わっていないのではと思います。地方出身者には玄関、自転車に鍵を掛けないのが当たり前というのどかな地域もあると聞きますが大都市圏ではかなり危険な行為だと思います。 >解決策> (1) 市区町村が発信している防犯情報を緯度経度情報付きでTwitterを経由して発信する。※市区町村、警視庁?、民間の第三者の地域情報サイトのページで再利用することを許可した上でTwitter経由で発信する。 (2) Mashup Awardのような形式で防災(防犯)情報を活用したウェブアプリを募集し、コンテストする。 (3) 優秀なウェブアプリは、名誉としてどこかの行政関連のウェブサイトで○×△株式会社制作とクレジット表示し、無償又は有償で運用する。 >効果> 地域住民の方が「あれ身近にひったくり、振り込め詐欺があるのだ」ということをビジュアルにかつ容易に実感することができれば、より多くの住民の方々の警戒心、防犯への意識が高まることが期待できます。結果として、その地域からこれら軽犯罪を追い出し、軽犯罪が重大犯罪へ移行することを未然に防止する効果が期待できます。各地で立ち上げられている地域情報サイトのコンテンツ充実、利用率アップに繋がり、人と人との暖かな繋がり構築を支援するコミュニティ活動への間接的な支援にも繋がることが期待できます。 既に実験サイト(http://www.communitycast.jp/)を構築いたしました。市区町村の防犯情報をTwitterに緯度経度情報付きで流して頂ければ、Google Map上に空き巣、ひったくり、自転車泥棒、車上荒らし、振り込め詐欺、声掛けの情報をほぼリアルタイムで地域住民の方々に告知することが可能です。 身近なData.govの例と思いますが、電子政府の国民生活者、中小ITベンダへのわかり易いベネフィットの一例として如何でしょうか"2009-11-12岡田治2990136
14100024.Web2.0活用市区町村の防犯情報をTwitterに緯度経度情報付きで公開してほしい最近、mixiなどSNS上に流れる電車遅延情報は、公式情報よりも早く、重宝するものにまで成長してきています。 携帯などの端末から、全ての市民・地域住民が現場情報をつぶやき、流すのは非常に役立つものになると思います。 加えて、地図情報があれば、尚良し、ですね。2009-11-13つぼやん2990136
14100034.Web2.0活用市区町村の防犯情報をTwitterに緯度経度情報付きで公開してほしいTWITTERでなくても、 tsudoi.jpでやろうとしています 。が総務省から返事がこない? 平成21年度「地域情報プラットフォーム推進事業」に係る提案の公募開始2009-11-13toshihar2990136
1415001
★アイデア
6.その他電子政府改善省庁での標準文書ファイル形式にODF(オープンドキュメントフォーマット)利用の推進を"各省庁で文書作成にコンピュータを利用されると思いますが、その上で作成される文書ファイル形式にODF(オープンドキュメントフォーマット)を利用してほしいと思います。 ODFを採用するメリットとしては、国際標準規格のフォーマットである。特定の企業の思惑に左右されない。文書へのアクセスを制限されない。利用者の利便性の向上。などが挙げられます。市町村レベルではODFの導入が始まっていますが、ここで導入に弾みをつけるために、ぜひお願いします。 ・オープンオフィスとODF文書の導入について(会津若松市): http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/ja/shisei/torikumi/ooo/tsuite.htm ・OpenOffice.org導入について(四国中央市): http://sct.shikokuchuo.jp/~kik/jyouhou-sys/ooo_index.html"2009-11-13nogajun3990136
14150026.その他電子政府改善省庁での標準文書ファイル形式にODF(オープンドキュメントフォーマット)利用の推進をOSや文書データは殆ど海外の某ソフトメーカーが掌握していますが、そのメーカーはSourceをOpenにすることを拒否しています。 欧州ではOSS(Open Source System)の導入が進み、文書の標準形式はODFである国も多いです。 OSSは国民のITレベル向上やITベンチャーの官公庁への入札参加の門戸を開けるものと考えます。 OSS化の第一歩として、標準文書形式のODF化を切にお願いします。2009-11-13new_OOo33990136
14150036.その他電子政府改善省庁での標準文書ファイル形式にODF(オープンドキュメントフォーマット)利用の推進をネットワークの外部性の働く処理機能(その典型的な例が文書処理機能ですが)についてはインターフェースの標準化をしないと一社独占状況となります。そのような世界的な状況をブレークするには、日本は徹底的に標準化政策をとらないと米国追随の自立性の無い産業に閉じ込められる事になります。日本の情報産業が全く指導力をもたたなくなった原因はインターネット時代をむかえて、個々の目先の利益のためにこの大局観にホッカムリしているためです。2009-11-14hy3990136
14150046.その他電子政府改善省庁での標準文書ファイル形式にODF(オープンドキュメントフォーマット)利用の推進をもうずっと前、短くても1年以上前、多分2年くらい前のことかと思いますが、NHKのニュースで、経済産業省では政府の文書などのファイルに、特定の1種類のソフトでしか開けないものは使わないようにするよう検討しているというような話を聞いたように思います。複数のソフトで開けるものにすると。それで、マイクロソフト社もそれに対応したものの開発を既に考えていると。その経済産業省の検討はどうなったのでしょうか?  各省庁のHP掲載物や提出様式でも、ワードやエクセルのファイルを結構見かけます。政府が特定の1種、しかも有料のものを使ったら、やはりそのソフトを後押ししているようなものですよね。2009-11-14waiwai3990136
1418001
★アイデア
2.行政ホームページWeb上のすべてのコンテンツにURL(Permalink)を!電子政府の一環としてWeb上で公開されているコンテンツには、Javascriptでhtmlを動的に生成しているものがあるため、検索エンジンにかからず、また、メールで他の人にURLを知らせたり、頻繁に参照したい場合にブックマークすることができません。 具体例としては、衆議院の会議録やhttp://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm金融庁のEDINETなどがあります。http://info.edinet-fsa.go.jp/ このようなコンテンツの公開方法は、インターネット利用のメリットを著しく減殺させるものであり、わざわざ高いお金をIT会社に払って国民の利便性を阻害しているものといわざるを得ません。 以上のことから、電子政府上のすべてのコンテンツにはURL(Permalink)を付与すべきと考えます。2009-11-13ごま豆腐1990136
14180022.行政ホームページWeb上のすべてのコンテンツにURL(Permalink)を!中にはうまいことすればURLが得られる場合もありますが、多くの利用者には知る由もないでしょうね。2009-11-13yo-1990136
1442001
★アイデア
8.つぶやき「事業仕分け」とアイデアボックス機能の連携を"11日から始まった11日から始まった「事業仕分け」の課題がある程度見えてきました。 例えばですが、 1.国民の意見を参考にする機能がない 2.どういう視点で仕分けるのか、その基準が不明確 予算を削りたいだけなのか、事業に社会的価値を見出す姿勢とのバランスが悪い 3.守るほうの論理展開には、本質論(本音)が薄い 事業の社会的価値の説明が下手 既存の制度の維持に汲々としているだけに見える サービス供給者の論理が強すぎる 費用対効果の説明がうまくできていない 4.外部専門家の分析結果が仕分けの土台に見えない そこでアイデアですが、 「事業仕分け」と「アイデアボックス機能」を連携させることを提案したい。 「事業仕分け」の課題の1. 国民の意見を参考にする機能がない 「アイデアボックス」的機能を仕分けの際に設けて、国民の意見を拾う。 ただしそれは、アイデアだけでなくウェブ上で賛否を問う形も必要でしょう。 また、国民の意見を拾う際に、その分野の専門家の意見と一般の人の意見とが仕分けできる工夫が必要でしょう。 「事業仕分け」の課題の2. 仕分けるの基準が不明確 「アイデアボックス」を設けて、国民の意見を聞いてはどうかと思います。ただし、その際には、仕分けの基準案(財政なのか行政サービスなのか優先順位やバランスを含む)を前もってわかりやすく提示してこれを土台に、意見を聞いてみることだと思います。 「事業仕分け」の課題の3. 守るほうの論理展開に本質論(本音)が薄い 行政内部で「アイデアボックス」を設けて、現場職員の本音を拾うことも重要です。仕分けに出席するような上層部より現場職員は実際の課題をよく知っています。 同時に、行政外部向けに「アイデアボックス」を設けて 事業の社会的価値の説明が下手 既存の制度の維持に汲々としているだけに見える サービス供給者の論理が強すぎる 費用対効果の説明がうまくできていない といった課題についての自由な意見を求めたらよい。 長期の課題として、政府には行政官のプロを尊重する人事や姿勢を求めたいし、このような行政官が本音でモノを言いやすい雰囲気づくりを国民、政治家、マスコミが作るべきだと思います。こうすれば議論がかみ合い、批判も生きてきます。 各省庁は本来その道のプロたるべきだし、プロのほうこそ積極的に仕分けの前に情報を開示し、国民への説明責任を果たす努力をすべきです。今回の仕分けから、この努力がかなり足りないという点が見えてきました。 「事業仕分け」の課題の4. 専門家の分析結果が仕分けの土台に見えない これは、少なくとも仕分け人が使っている資料をウェブ上で公開したうえで、外部専門家の意見も広く求めてそれも「事業仕分け」の土台にしたらよい。課題1.のために設ける「アイデアボックス」的機能がうまく働くためにも必要です。 (補足)アイデアボックス自体の課題はすでにいろいろ書かれているので、詳細は省くが、感じたことは次の通りです。 1.広報が足りない(事業仕分けは国家プロジェクトとして進めているのに比べて) 2.意見がややITプロに偏っている(これはこれで貴重だが、広報不足や項目の立て方の工夫が足りない) 3.アイデアの今後の扱いが不明確(実験ということもあるが工夫すべき点) 4.省庁間連携が不十分(これも実験ゆえの課題。国民からみると電子政府の一体感が見えない) の課題がある程度見えてきました。 例えばですが、 1.国民の意見を参考にする機能がない 2.どういう視点で仕分けるのか、その基準が不明確 予算を削りたいだけなのか、事業に社会的価値を見出す姿勢とのバランスが悪い 3.守るほうの論理展開には、本質論(本音)が薄い 事業の社会的価値の説明が下手 既存の制度の維持に汲々としているだけに見える サービス供給者の論理が強すぎる 費用対効果の説明がうまくできていない 4.外部専門家の分析結果が仕分けの土台に見えない そこでアイデアですが、 「事業仕分け」と「アイデアボックス」を連携させることを提案したい。 「事業仕分け」の課題の1. 国民の意見を参考にする機能がない 「アイデアボックス」的機能を仕分けの際に設けて、国民の意見を拾う。 ただしそれは、アイデアだけでなくウェブ上で賛否を問う形も必要でしょう。 また、国民の意見を拾う際に、その分野の専門家の意見と一般の人の意見とが仕分けできる工夫が必要でしょう。 「事業仕分け」の課題の2. 仕分けるの基準が不明確 「アイデアボックス」を設けて、国民の意見を聞いてはどうかと思います。ただし、その際には、仕分けの基準案(財政なのか行政サービスなのか優先順位やバランスを含む)を前もってわかりやすく提示してこれを土台に、意見を聞いてみることだと思います。 「事業仕分け」の課題の3. 守るほうの論理展開に本質論(本音)が薄い 行政内部で「アイデアボックス」を設けて、現場職員の本音を拾うことも重要です。仕分けに出席するような上層部より現場職員は実際の課題をよく知っています。 同時に、行政外部向けに「アイデアボックス」を設けて 事業の社会的価値の説明が下手 既存の制度の維持に汲々としているだけに見える サービス供給者の論理が強すぎる 費用対効果の説明がうまくできていない といった課題についての自由な意見を求めたらよい。 長期の課題として、政府には行政官のプロを尊重する人事や姿勢を求めたいし、このような行政官が本音でモノを言いやすい雰囲気づくりを国民、政治家、マスコミが作るべきだと思います。こうすれば議論がかみ合い、批判も生きてきます。 各省庁は本来その道のプロたるべきだし、プロのほうこそ積極的に仕分けの前に情報を開示し、国民への説明責任を果たす努力をすべきです。今回の仕分けから、この努力がかなり足りないという点が見えてきました。 「事業仕分け」の課題の4. 専門家の分析結果が仕分けの土台に見えない これは、少なくとも仕分け人が使っている資料をウェブ上で公開したうえで、外部専門家の意見も広く求めてそれも「事業仕分け」の土台にしたらよい。課題1.のために設ける「アイデアボックス」的機能がうまく働くためにも必要です。 (補足)アイデアボックス自体の課題はすでにいろいろ書かれているので、詳細は省くが、感じたことは次の通りです。 1.広報が足りない(事業仕分けは国家プロジェクトとして進めているのに比べて) 2.意見がややITプロに偏っている(これはこれで貴重だが、広報不足や項目の立て方の工夫が足りない) 3.アイデアの今後の扱いが不明確(実験ということもあるが工夫すべき点) 4.省庁間連携が不十分(これも実験ゆえの課題。国民からみると電子政府の一体感が見えない) "2009-11-14Hirokazu Okumura5990136
14420028.つぶやき「事業仕分け」とアイデアボックス機能の連携を今回の「事業仕分け」は、スタートしては悪くなかったと思います。 今後は、その質を高める必要があると思いますが、その作業の一翼を国民が担うことには、大いに賛成です。 今回のアイデアボックスは、参加者層が偏りましたが、これはこれで良いのではと思っています。テーマやPR方法を変えれば、女性参加も増えると思いますし。 日本の政策は、人口構成の変化もあって、どうしても高齢者優先に偏りがちです。 アイデアボックスや携帯電話のようなツールで、積極的かつ能動的に20-40代の年齢層から意見を集め、それを政策に展開することで、現在の偏りを多少なりとも修正できるのではないでしょうか。 その流れが、若年層の投票率向上にも繋がれば、さらに良いですね。2009-11-14Muta Manabu5990136
14420038.つぶやき「事業仕分け」とアイデアボックス機能の連携を事業仕分けは機能としてはうまくいっている方と思います。 提示いただいた4点では、自分は次のように判断しました。 > 1.国民の意見を参考にする機能がない とのことですがまず、事業仕分けの決定が結論ではないと言う前提下では、必ずしも事業仕分けの問題点ではない気がします。 人員を絞ると言う事は、事業仕分けの本質でもありますから、このアイデアボックスなど、事業仕分けとは別の部分で、国民意見を収集する機能を並列稼動させた方が良いのではないかと。 事業仕分けそのものに、国民意見を取り入れるのには反対です。あれは、それぞれの専門化が、自分の目線での判断を行い、その総計から事業そのものを短時間で本質のみを評価するシステムです。裁定側の意見者が増えることが良いとは思えません。 > 2.どういう視点で仕分けるのか、その基準が不明確 どういう視点で仕分けるのか基準が明確化されています。 その仕分け人個人の価値観の中で整合性が取れているかで仕分けます。それゆえの、ある分野における専門家の起用です。 実際にプロジェクトを開始する場合にその判断をする方は、その分野の専門家ではない事を考えると、ここれ守り側が仕分け対策ができてないのは、考慮不足だと思います。 ついでに言うと、判断基準の方向性を決めて先に提示すれば、当然『対策』を取って来ます。 対策をとらなきゃいけないと言う事は、既にプロジェクトに穴があったと言う事です。 もしくは、それについての報告を受けていない。管理責任の放棄と見る事もできます。 (文字数制限により続く)2009-11-14rd5990136
14420048.つぶやき「事業仕分け」とアイデアボックス機能の連携を>> 3.守るほうの論理展開には、本質論(本音)が薄い これはまったくその通り。実際、仕分け人の質問を聞いていると結構当たり前の事を質問しています。 そのうえで、答えられない事が結構ある。ちょっと回答者が、技術・経験不足に思えます。 > 4.外部専門家の分析結果が仕分けの土台に見えない ちょっと気になっていたのですが、仕分け人にプロジェクト担当者から提示されている資料。 土台云々の前に、質疑される人がこの資料の内容を把握していないケースが結構ありました。 もともとプロジェクトの時点で調査費用など組まれている以上、専門家の意見は入っているのではないかと。 つまり、専門家の分析結果を、守り側が提示しなかったか、提示されているデータがそもそも仕分けの土台になりえない物だった可能性があります。外部専門家が既に発表していた意見を参考にするのは構いませんが、新たに集めると、意図的に方向誘導を受ける場合がありえます。 これは、案件内容によって、その分野の専門家を、1人ないし2人、臨時仕分け人に起用するなどの方が良いかと思います。臨時仕分け人の選定は、国民判断にして欲しいですね。2009-11-14rd5990136
14420058.つぶやき「事業仕分け」とアイデアボックス機能の連携を行政刷新会議の様子を見て、議論の不十分さに歯がゆい思いをしている国民が大勢いると思います。 「事業を廃止すべき」という側の根拠が網羅されていない。 「事業を廃止すべきでない」という側の根拠も網羅されていない。 > 「事業仕分け」の課題の1. 国民の意見を参考にする機能がない に関連することだと思いますが,事業を行うことによるメリット・デメリットと, 事業を廃止することによるメリット・デメリットを網羅するために, 一般の人の質問や専門家の知識を投稿してもらう仕組みが不可欠だと感じました。 そのような期間を設け,根拠がおおかた網羅された上で,改めてメリット・デメリットを天秤にかけて政策決定を行う。 今回の行政刷新会議のような不十分な議論に基づく政策決定ではなく, ちゃんと網羅された根拠に基づいて政策決定するためには, そのようなシステムとの連携が必要という御意見に賛成です。2009-11-14白松5990136
14420068.つぶやき「事業仕分け」とアイデアボックス機能の連携を賛成です。しかし正しい基準値作りは大変。今始まった試みを今後も継続的に改善してゆく為には、民間・行政機関・政治はコミュニケーションを絶やさず、お互いを理解し、お互いを尊重しながら、正しい方向に進む事が大事かと思います。そういう意味で具体的「事業仕分け」の改善というテーマに対しアイデアボックスがコミュニケーションの場として提供されたなら有効に活用出来るのではないかと思います。2009-11-14takechan5990136
1026001
★アイデア
2.行政ホームページサイトの情報の英語化日本の政策はかなり洗練されているのに、世界的に知られない・リファーされないのは、英語での発信が少ないからだと思います。特許庁なみに、、というのは難しいかと思いますが、翻訳予算をとって、英語での公表をすると、日本のプレゼンス向上、グローバルな貢献という点で、格段に違うと考える次第です。2009-10-14alf418135151
10260022.行政ホームページサイトの情報の英語化参考ですが、今回の取り組みは英語のリリースが出ています。 http://www.meti.go.jp/english/press/data/20091009_02.html2009-10-14経済産業省アイディアボックス担当418135151
10260032.行政ホームページサイトの情報の英語化対外アピールにいちいち外国語化をしていると公開スピードが鈍るし 確認や表現の正誤で問題が出てくるとおもうので必要の無いものは外国語かしない方がいいと思う。 時間が掛かれば掛かるほど、無駄なコストと日本自体の可能性が減っていくと思います。 リソース配分は慎重にして欲しいものです。 ?2009-10-16satokenz418135151
10260042.行政ホームページサイトの情報の英語化>> いちいち外国語化をしていると公開スピードが鈍る いい翻訳者がいたら、早くなりますよ。 外国語かというより英語化ですね。国際語ですから。2009-10-17guicho2.71828418135151
10260052.行政ホームページサイトの情報の英語化基本的に賛成です。自動翻訳はまだまだ難しいんでしょうから、日本の英語での情報発信の強化は非常に良いことだと思います。気になるのはやはり予算ですね。 少し話が逸れますが逆の意味でも英語は重要だと思うのです。例えば国連の公用語もアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語の6カ国であり、日本語とドイツ語は入っていません。しかしドイツ語についてはドイツ語圏の国々が多額の費用を出し合って国連のサイト上にダイレクトリンクしたドイツ語翻訳サイトを構築し、ほぼ全ての国連情報にドイツ語でアクセス可能にしています。言語の理由で国連の情報から遅れないようにしているんですね。 http://www.un.org/Depts/german/ でも、日本語で世界の情報を入手すると言う事は、日本以外の全ての外国の情報を日本語に翻訳する事になってしまうので膨大な予算がかかる気がします。現実的にはやっぱり英語を学習し、英語を共通言語とするのが良いと思います。私ももっと英語を勉強しないとやばいですね!2009-10-19takechan418135151
1038001
★アイデア
6.その他電子政府改善ETCの活用ETCを今後有効活用するために、街中の駐車場での清算、或いは 国道、県道、市道、などの防犯に積極的に活用する。 全ての車輌に設備する事で、盗難、犯罪での検挙が格段に向上する事を期待します。2009-10-15トンボ518135151
10380026.その他電子政府改善ETCの活用ETCを多目的に活用するのに賛成です。2009-10-15ibuki322518135151
10380036.その他電子政府改善ETCの活用ある地点からある地点までの距離と移動に掛かった時間から、間違いなくスピード違反をしたという車両を、自動的に取り締まることができると思います。2009-10-16もっくん518135151
10380046.その他電子政府改善ETCの活用スマートプレートってやつありませんでしたっけ? IDを簡単に変更できるETCは支払いには使えても防犯用途には剥かないと思うのですが…。2009-10-20takkey518135151
10380056.その他電子政府改善ETCの活用多少の変更をすれば、人の個体識別にも使えると思います。歩行者用の装置も用意することで、地域の安全と利便性を両立させることが可能と考えます。つまり、居住者のみという道路の通行のコントロール。歩行者の場合は、物理的に通り抜けできる場所であればどこでも侵入可にすること。 現在の実情は、ミニ開発で袋小路だらけで、中規模以上の開発では敷地内への部外者立ち入り禁止を主張し、近隣住民は大きく迂回を強いられています。 道路については、生活道路がしばしば「抜け道」して世間に広報され、よそ者が疾走しているので大変危険です。 非接触型のIDカードみたいなモノを用意して・・・と考えていたところです。提案を見て、そかETCを流用すればいいのだと 気が付きました。2009-10-23泥舟茶憐爾518135151
10380066.その他電子政府改善ETCの活用駐車場の精算はいいのですが、 電子検問のようなシステムは行うべきではないと考えます。2009-11-9haltake518135151
1047001
★アイデア
1.電子手続き納税などをネットで出来るようにして欲しい。2009-10-15kozaki414113151
10470021.電子手続き納税などをネットで出来るようにして欲しい。納税がネットでできるサイトです。 どうぞ。 http://www.e-tax.nta.go.jp/ もしかしてできないもの種類の税金もあるのでしょうか?2009-10-15774414113151
10470031.電子手続き納税などをネットで出来るようにして欲しい。特別徴収を廃止して全国民が普通徴収するように制度を改めれば電子化は意味があると思います. 制度を改めず安易な電子化は反対です.2009-10-16nkm414113151
10470041.電子手続き納税などをネットで出来るようにして欲しい。ペイジーじゃダメなの?2009-10-29かに414113151
10470051.電子手続き納税などをネットで出来るようにして欲しい。ペイジー納税手段の一つとしてはいいでしょうが、通常の振込みでの納税もできるようにしてほしいです。 (ペイジーに対応していないネットバンキングでの納付)2009-11-2haltake414113151
1055001
★アイデア
3.行政情報オープン化25%削減具体策月内に中間報告、作成過程からの国民の声の反映新聞報道によれば、「中期目標達成検討チーム」の初会合を開き、具体策や国民負担を分析し、月内に中間報告とあります。クローズで議論をするとの話しですが、少なくとも、都度資料や議事録を公開、できれば、こういったシステムで国民の声を聞くなどの機会を作ったほうが、結論に対して、国民が納得をしてサポートをすることになるのではないでしょうか?外交、安保の問題等高度に政治的な国家機密以外は、原則公開、ガラス張り、くらいまで、思い切り振り子をふってしまうと、政権交代のvalueを実感することになるのではないかと思います。2009-10-16alf01091151
1057001
★アイデア
1.電子手続き電子申請での個人認証電子申請に限らず、役所での各種申請には個人認証が必要です。住基カードによる認証もありなのですが、普及率がいまいちです。個人で持っている可能性が高いのは携帯電話でFelica+携帯画面上に顔写真表示による目視確認ができるようになるとかなり便利です。携帯を変えたときも簡単に移行できるように携帯サイトを準備する必要がありますが、住基カードと違って、利用する側のインフラ構築がなくなる分有利です。 免許証をもっていない人間にとって公的機関の個人証明が住基カードしかないし、住基カードを認めてもらえないことも多々ある。携帯が代わりに機能してくれると助かる。2009-10-16tkksccm714113151
10570021.電子手続き電子申請での個人認証利用する側のインフラ構築がなくなる。 住基カードを認めてもらえないことも多々ある 。 以上の内容が賛成票です。しかし、最近どこに行っても本人確認のため運転免許証などの書類が要求されるが、はっきりいって運転免許証など出したくない。必要のない個人情報も出てしまうからだ。 本当に本人しかわからないパスワードと顔写真だけで確認できるインフラがほしいものです。2009-10-16noise714113151
10570031.電子手続き電子申請での個人認証公的個人認証については、総務省が下記の検討会を行っており、携帯電話端末やFeliCa 対応ICカードの利用も検討されています。ご参考までに。 公的個人認証サービス普及拡大検討会 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/kojin_kakudai/index.html2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当714113151
10570041.電子手続き電子申請での個人認証反発もかなりあるかも知れませんが、生体認証の導入は如何でしょうか? カード等、物理的な存在は、必ず、紛失や盗難、誤用や悪用の問題が出てきます。 勿論、生体認証でも色々問題はあるでしょうが、紛失や盗難の可能性はかなり低くなるのではないでしょうか。  指紋だとかなり簡単に偽造出来てしまうようですから、最近、銀行ATM等で時々みかける指静脈や掌静脈等の利用も考慮してみてはどうかと思う次第です。2009-10-24島崎丈太714113151
10570051.電子手続き電子申請での個人認証その携帯電話を持ってる人は本人だとみなせばよいということでしょうが、対面なら役立つでしょうが、対面でなければ銀行カードを持っていればそれだけで預金が降ろせるというに等しいでしょう。 尚、島崎さんのご提案ですが、静脈認証は 個人特定能力が極めて高いとの前提でお考えのようですが、その前提を疑わせる情報があります。 H 社の指静脈認証装置はIPAの製品データベース によれば  本人拒否エラー率 0.01% 上記本人拒否率のときの他人受入エラー率 0.0001% ところがIBG( International Biometric Group )の評価データ によれば FMR0.0001%のときのFNMRは10.5% FNMR0.01%のときのFMRは100% 一方では0.0001%のものが他方では100%。前者は自社測定、後者は第三者機関測定、 どちらを前提にして議論を始めますか?2009-11-5アナトミ714113151
10570061.電子手続き電子申請での個人認証アナトミさんの投稿でのH社の件、ググッてみるとそのような数字が出てきました。日本を代表する大企業の公表数字に信がおけないとなると、ちょっと判断できないですね。2009-11-5道頓714113151
10570071.電子手続き電子申請での個人認証古今東西、世の中には私を含めて悪意をもっている人は数多おりますし外国からのスパイや不法入国者も跋扈しています。とりわけ最先端のITスキルと悪知恵スキルの高い頭脳集団の執拗な組織的攻撃にも耐える強靭な情報セキュリティ、とりわけ個人認証の仕組みが電子行政サービスという適用業務には要求されます。携帯電話+フェリカ+画面顔認証表示という"物的証拠"だけで個人認証してくれるのであれば、頭脳集団(国家も含まれますが)は容易に製造作成可能と思われますし既に試作してなりすましに成功しているかもしれません。警察司法において、物的証拠と本人の自白にて容疑者を特定するごとく、個人認証の際にも、物的証拠(携帯電話+フェリカ+画面顔認証表示)に加えて本人なら知っているはずの秘密の情報(パスワードの類)を正しく提示することによって確実な個人認証に近づくと思われます。国民にとって便利なものが悪意側にとっても便利なものになってはいけません。2009-11-6如意の輪714113151
10570081.電子手続き電子申請での個人認証アイディアボックスご担当者から紹介されている公的個人認証サービス普及拡大検討会の「中間とりまとめ」では、ICカードや携帯電話などのデバイスに載せるべきPKIの性能について熱心に議論されているようだが、そのデバイスを利用しようとしているのが本人なのか他人なのかを如何に判定すべきかという一番肝心なポイントについては見事なほどネグレクトされておるようです。デバイスの中にあるPKIの性能が優れておれば他人にデバイスを使われても安全は損なわれないというわけなのですかな? ところで生体認証の性能なんてものはそんなもんでしょう。驚くほどのものではないですよ。2009-11-6ウチダ714113151
1075001
★アイデア
6.その他電子政府改善オープンIDの導入オープンについて検討すべきだと思います。今後、電子手続きでワンストップを実現するにおいても、国民を導入する土台としても通らなければいけないものでしょう。現在オープンについて分かりやすいのは、ヤフーのサイトです。OpenIDとは?- Yahoo! JAPANhttp://openid.yahoo.co.jp/セキュアに欠けるという意見もありますが、日本政府主導でその点も考慮して実験していけば、は非常に電子政府に対し効果が大きいです。現在の動きとは違うものとして新しく立ち上げてもいいでしょう。またその時には、日本で大量のアカウントを発行している大手ポータルなどとの連携は必須と考えるべきです。ちなみにアメリカでは政府がパイロットプログラムを始めています。以下のリンクです。アメリカと同じことをやれとはいいませんが、日本がアメリカよりも早く検討し、導入の是非を世界に発信してもいいとは思いませんか?ヤフーやグーグルなど社、米国政府のパイロット・プログラムを技術支援(Computerworld.jp)- Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090910-00000004-cwj-sci 内容や仕組みなど、詳しくは、http://openid.net/docs/Open_Trust_Frameworks_for_Govts.pdfにも書いてあります。(PDF 英語です)どうでしょう?2009-10-16ポパイ314113151
10750026.その他電子政府改善オープンIDの導入政府OpenIDの発行自体を、住民票と本人確認を必須とする公的個人認証としてしまえば、例えばウェブ上で携帯電話の申込みが出来るとか、メリットは大きそうですね。さらには、OAuthを組み合わせると、申込時の個人情報入力の省略(むしろ書き換え不可)の環境を容易に構築することが出来そうです。2009-10-17MasaGon314113151
10750036.その他電子政府改善オープンIDの導入IDについては、下記の投稿アイディアも関連かと思います。 国民ID化 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cp2BAAS2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当314113151
10750046.その他電子政府改善オープンIDの導入悩みの種の個人認証の問題がなければシングルサインオンは本当によい方式なのですがねえ。2009-11-11ウチダ314113151
1093001
★アイデア
7.このサイトについてボタンの感覚が狭いです賛成と反対を押し間違えそうです。 一行間隔を開けるだけでも相当代わります。 「カゴテリ別に表示」の欄でも、下に無駄なスペースがあるのだから、 できるだけ字を大きく、間隔も広く表示した方がよいでしょう。 こういったUI面での熟成も必要かと思われます。 ありゃ、こんなしょぼいアイディアでもいいのかな・・・オフトピとかないし2009-10-17guicho2.7182821091151
10930027.このサイトについてボタンの感覚が狭いですご意見ありがとうございます。 事務局において改善可能かどうか検討します。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当21091151
10930037.このサイトについてボタンの感覚が狭いです確認したところ、技術的には修正可能だということです。 他方、ユーザーインターフェースについては、もう少し多数の方のご意見を聞きたいところなので、 しばらく様子を見させてください。 賛成票が多く集まるようであれば対応したいと思います。 また、「こうなおせば使いやすくなる」というコメントも頂けると幸いです。2009-10-19経済産業省アイディアボックス担当21091151
1096001
★アイデア
3.行政情報オープン化「政府の持つ情報は国民と共有する」という基本を確立する政府の持つ情報は、だれのものでしょうか? 政府のものでしょうか? 国民のものでしょうか? この基本をしっかり押さえないと、結局、情報のオープン化は中途半端に終わるのでは? 民間企業の持つ情報は、いくら開示してもあくまで企業のものです。 しかし、政府の情報はそうでしょうか? 最終的にはお上のものではなく国民のものではありませんか?これが民主主義の原点ではないでしょうか?  まず、社会生活にかかわるものは、情報を国民と共有するという原則を打ち立てて行くべきだと思います。 もちろん、個々の個人の情報は保護されるべきです。 その上で、国民がその情報を基に、自由に考える、使う、行動する、という形が21世紀の姿ではないでしょうか? オバマ政権の打ち立てたオープン政府の三原則の中の「透明性」は、このような思想があると思います。 マシンリーダブルなデータ開示を主張しているのは、政府の持つデータを国民がコンピュータを使ってより自由に使い、加工し、分析し、行動する社会を目指しているように思います。 国の安定のために、一時的に秘匿するしたほうがいい情報もあるでしょう。でもそれは永久ではない。一定の時間が立てば公開されます。これは、政府の持つ情報は国民の財産だからだと思います。 2009-10-17Hirokazu Okumura214113151
10960023.行政情報オープン化「政府の持つ情報は国民と共有する」という基本を確立するオバマ政権の打ち立てたオープン政府の三原則(Transparency,Participation,Collaboration)については、ホワイトハウスのページに説明があります。 About Open Government http://www.whitehouse.gov/open/about/ 日本語で読める資料としては、こちらが詳しいかと思います。 米国連邦政府におけるオープン・ガバメント政策を巡る動向 http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/200908.pdf ご参考までに。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当214113151
10960033.行政情報オープン化「政府の持つ情報は国民と共有する」という基本を確立する米国連邦政府での オープン政府イニシアチブに関して実際に示しているサイトがあります。 1.Recovery.govではリーマンショック後の経済再生に関する予算実施状況を地図を使用し、州・地域ベースに失業者数と合わせ現状を良く見せています。   http://www.recovery.gov/Pages/home.aspx 2.IT dashboardでは各省庁のIT予算について主要プロジェクトについては詳細情報もふくめ、コスト、スケジュール等が記載され、各府省CIOの評価も入り、分かりやすいものにしていく、とのことです。 http://it.usaspending.gov/ 日本でも参考にすべき、と思います。 drnomura2009-10-21drnomura214113151
1110001
★アイデア
8.つぶやきスピードがけっこう速いので、びっくり。最後まで参加できるよう、ペース配分に気をつけます。。2009-10-19Muta Manabu11091151
11100028.つぶやきスピードが想像以上の良いパフォーマンスですね。2009-10-20Changzhao11091151
1111001
★アイデア
7.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ます私のIEの設定(デフォルトのまま)では、ページを表示するたびに、 「セキュリティで保護された Web ページ コンテンツのみを表示しますか?」 と警告メッセージが出て、面倒です。 2009-10-19ekamiya71091151
11110027.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ますアイディアボックス事務局です。 お知らせいただきありがとうございます。 現在、原因を調査しておりますので、解決策などが判明しましたら お知らせいたします。2009-10-19アイディアボックス事務局71091151
11110037.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ます官庁の電子証明書が正しくない(Windowsにはじめからはいってる電子証明で身元を確認できない) もの早くどうにかしてほしいです。「正しくない電子証明書」をインストールするのは気分悪いので。2009-10-20takkey71091151
11110047.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ますこれは、単純に各ページのRSSアイコンの左側に表示される"Add to Google"アイコンの参照先がhttpsではなく、httpで参照されているためでしょう。なぜ、"Add to Google"という機能がこのサイトで設定されているのか理由はわかりませんが。 このページに埋め込まれているソースは以下のとおりです。 2009-10-30dobby71091151
11110057.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ますアイディアボックス事務局です。 ご不便をおかけして恐縮ですが、 おそらくブラウザのセキュリティ設定に関係する問題と思われますので 利用者の皆様個々のご判断で設定をご検討いただくことになります。2009-11-2アイディアボックス事務局71091151
11110067.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ますせっかくのhttps接続なのに、そこから外部のセキュアでない画像をリンクしていては意味が薄れてしまいます。 セキュリティホールですので再考ください。 (例: googleまたは第三者が画像に代えて悪意のあるコードを仕込んだものにしてしまう) こういった内容は別スレ?に窓口を設けて、真摯に受け止め改善していって戴きたくお願いします。 (takkey氏ご指摘のオレオレ証明書問題も同様)2009-11-2まさ●さん71091151
11110077.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ます事務局からの回答が不適切で申し訳ございません。 通常セキュリティレベルのブラウザで警告が出ているのに、利用者側のセキュリティ設定の問題として、検討を依頼するのは不適切でした。 皆様ご指摘のように、本サイトの設定上の問題と考えられますので、事務局で対策ができないか至急再検討させていただきます。2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当71091151
11110087.このサイトについて表示の度に警告メッセージが出ますアイディアボックス事務局です。 先日の回答が不適切で申し訳ございませんでした。 本サイトの設定上の原因を調査し、改善できましたので お知らせ申し上げます。 度々ご不便をおかけし失礼しました。 ?2009-11-4アイディアボックス事務局71091151
1192001
★アイデア
1.電子手続き電子証明書を差別しない多くの事業者から電子証明書が発行されているが、○○省の手続きではA〜E社の電子申請が使用できるが、××省ではA社とD社しか使えず、△△省ではD社とZ社の電子署名にだけ対応している・・・という具合に、対応状況がばらばらである。 電子署名法に基づく電子署名であれば、手続先や申請種類に関係なく、電子証明書を使用できるようすべきである。 2009-10-28haltake012102151
1215001
★アイデア
8.つぶやきセンサー付き交通信号システムの導入と普及「横断者や,車の往来が無いのに,進行を止めるような信号がなくなって欲しい」 (大阪では誰でも,車が来なければ赤でも道路を渡ってしまうとか...) 一方で車が信号で止められ渋滞しているのに,横断する人や車が全くいない!...。 このような場面が少なくありません。 都内でも,信号に止められなければ,スムースに短時間で移動できます。 スムースに移動できれば,時間,燃費,CO2,事故発生率,経済効率...どれを取っても改善が期待できます。  たとえば,横断する車線で車や人の横断が無ければ,信号待ちなしで進行できるような,信号システムを実現して頂きたい。 高速道路を建設するより,コスト安で,効果も大きいと期待します。 またシステムの応用で,緊急車両を優先的に通過するような事もできる可能性があると思います。 そのようなシステムを大学等で研究して是非実現していただきたい。  電車があっても荷物が沢山あれば,車に頼らざるを得ません。 車でスムースに移動できる日を夢見ています。2009-10-29ニック31091151
12150028.つぶやきセンサー付き交通信号システムの導入と普及既に普及しはじめているはずですよ。 今は、路線バスが通ると信号が青になる時代ですから。(PTPS:公共車両優先システム)2009-10-29ばらじ31091151
12150038.つぶやきセンサー付き交通信号システムの導入と普及全ての信号機で人や車両の通行を感知して,信号待ちが少なくなるようにして欲しいものですね。路線バスや緊急車両だけでなく一般車両や歩行者にも恩恵がある様にして欲しいです。新交通管理システムを調査、研究する法人もあったと思いますが...。2009-10-30kuros31091151
12150048.つぶやきセンサー付き交通信号システムの導入と普及田舎?にはご提案の「感応式信号機」がかなり昔から導入されていて、交通量の多い道路を優先制御していますが、システムが古いのか?センサーが良くないのか?必ずしも最適な制御が出来ていない状況です。 また交通渋滞制御に関しての大学機関での研究は多くされていますし、ITS関連の研究も多いですが実際の信号制御が良くなっているという実感が無く、システムも古くなっているのが現状ではないでしょうか?。 移動体の最適交通制御及びそれらの研究成果の評価にも使える社会インフラとして、ご提案の信号制御のみならず、交通渋滞情報の収集、及びその適切な活用・評価システムを整備するべきだと思います。 海外の、某G社のトラフィックサービスに代表される様な、移動体の移動情報をリアルタイムにwifi網等で収集して、それを適切に活用するサービスにより、渋滞による機会損失は大幅に削減できるはずです。 センサーを個別道路に設置・管理するのではなく、技術革新が進む移動体のGPSやWifi等の通信網を活用した位置情報活用システムの、移動者のプライバシーという課題を解決した社会インフラとしての早急な整備を希望します。2009-11-12霧訪31091151
1228001
★アイデア
7.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしい新着アイディアのRSSフィードが設置されているのはありがたいのですが、該当ページへのリンク先が絶対パスではなく相対パスになっており、アイディアボックスのページにうまくリンクされていません。新着情報へのアクセスを容易にするという、せっかくのRSSフィードの価値が損なわれてしまうため、修正していただきたいと思います。2009-10-30wakuteka71091151
12280027.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしいアイディアボックス事務局です。 ご提案ありがとうございます。 いただきました内容について対応可能かどうか確認のうえ、改めてご連絡いたします。2009-10-30アイディアボックス事務局71091151
12280037.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしいアイディアボックス事務局です。 お使いのRSSリーダーではうまくいかない場合、Firefoxのプレビューまたは Google Readerをお試しください。 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。2009-10-31アイディアボックス事務局71091151
12280047.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしいRSS Readerを色々変えてみましたが、LiveDoor や Yahooなど、アイデアボックスのサイトへと飛べません。 このシステムを利用するのであれば、Googlかブラウザーのデファルトのものを使用するしかないようです。 まぁ、無いよりましなので、とりあえず私はGoogleを使用しています。?2009-10-31i271091151
12280057.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしい中立であるべき政府のサイトは、安易に特定製品に依拠し、その製品を推奨する前に、 (仕様・規格内での)できるだけ広範囲な製品への対応を努力すべき。 費用対効果が悪いものや、技術的難易度が高いものはともかく。   このサイトってGoogleを推しすぎじゃね?2009-11-4yo-71091151
12280067.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしいわかった。 URLの ideaTitleLink= の値がそのままlinkに使われるようだ。 ? ideaTitleLink=http%3A%2F%2Fwww.open-meti.go.jp%2FideaView (http) ideaTitleLink=https%3a%2f%2fmetiideas.secure.force.com%2fideaView (https) で絶対URI化。 ? とりあえずはこれでフィードリーダーに登録するとして、 サイト内の各リンクもこうしてもらえればと。 何か他の問題あるかな。2009-11-4yo-71091151
12280077.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしい信頼すべきサイト上に、任意のURIをlinkに設定したAtomが作れちゃう脆弱性 http://www.open-meti.go.jp/services/xml/_idea_details?name=08710000000CpjUAAS&ideaTitleLink=http://example.jp/hehehe.exe2009-11-4yo-71091151
12280087.このサイトについてRSSフィード内のリンク先を絶対パスにしてほしいアイディアボックス事務局です。 こちらの対応で不十分なところがあり、申し訳ありませんでした。 現在、FirefoxのプレビューやGoogle Reader以外でもお使いいただけるよう 修正作業を進めております。 お時間を要してしまいご不便をおかけしますが、まもなく修正完了する見込みです。2009-11-6アイディアボックス事務局71091151
1245001
★アイデア
7.このサイトについてアイデアTOP3を総理が「ニコ生」でコメントせっかく沢山の人がアイデアを寄せたり、投票したりしているのに、「実験」として逃げるのではなく、きちんとフィードバックして欲しいと思います。 何が起きるか分からない以上、「必ず実行しろ」とは言わないまでも、それなりに権限のある方からそれなりのコメントをいただきたい。 そのくらいのコミットメントは果たせるでしょう。 2009-11-1Hijikata2.01880151
12450027.このサイトについてアイデアTOP3を総理が「ニコ生」でコメント私もそう思います。総理までいかないにしろ、担当大臣からのコメントなどは欲しいと思います。2009-11-1KenKen1880151
1257001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成Web時代に合った資格制度を Web時代に合わない情報処理試験を見直す必要がある。 少なくとも、筆記での論文試験は現状に合わないし、苦痛でしかない。 新しい実践的な技術を習得しなければならない若手技術者の時間を無駄に費やしている。 2009-11-2OhNo512102151
12570025.ITベンチャー・技術の育成Web時代に合った資格制度をかといってComputiaやCCNAみたいに受験料が激烈に高額になるのも困る。 ネットワークスペシャリストの受験料が1万以下なんてCBTではたぶん実現不能でしょう。 どちらかといえば、継続学習の概念がない(資格に有効期限がない)方が問題だと思いますが。。。。2009-11-2takkey512102151
12570035.ITベンチャー・技術の育成Web時代に合った資格制度を>>?ネットワークスペシャリストの受験料が1万以下なんてCBTではたぶん実現不能 僕は不可能ではないと考えています。 要はやり方次第です。 ただ、受験料が安いことが良いことでしょうか? 専門家としての評価をしてくれる仕組みがあれば、5万円でも高くはないと思います。 資格取得が趣味なんて人や情報システム部門にきて取得したら全く関係ない営業に異動し、10年経ったらまた情報システム部門にきて、「○×資格者」だなんて言って欲しくないです。 (^_^)2009-11-3Woody512102151
12570045.ITベンチャー・技術の育成Web時代に合った資格制度をIPAの試験場所とか、国立大学や公立高校のコンピュータールームとかで実施すれば PC端末とかあるので、筆記じゃなくすることが可能です。 確か、モニターとかメインから監視することもできますし なんでも電子化するのが不安で、紙媒体が欲しいなら、マークシートをプリントアウトとか そういう形とか色々できそうなものですが。 余談ですが、 今年の夏頃、TV東京の番組で、チラッとIPAのオフィス内と職員が映っているシーンがあったのですが 若い人がいなくてみんな中年の方ばっかしでした。 なんだか、電子試験もしくはPC端末試験とかの実現が可能になるのは、数年後とかではなく、2020年からとか そんな感じになりそうだなと思いました。2009-11-4ta__ki512102151
12570055.ITベンチャー・技術の育成Web時代に合った資格制度を「新しい実践的な技術」という意味では制度と合わないと思いますが、今の資格制度の内容が現状に合わないわけではないと思います。勉強している身としては、無駄で使えないとは思えません。 制度を見直すというよりも試験方法を見直す(ex.端末を使う)か、新たな技術をはかる制度を創設するという方が合っているのではないかと思います。2009-11-4spring512102151
12570065.ITベンチャー・技術の育成Web時代に合った資格制度を補足説明です。  情報処理の促進に関する法律により、「情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能について情報処理技術者試験を行う。」と定められています。 http://www.houko.com/00/01/S45/090.HTM  情報技術の知識は共通だが技能は多様化し、統一の試験で評価する事は不可能と考える。  情報処理試験を行うなら、ITSSに基づくカリキュラムを作成し、その中から知識を問う問題範囲にした方が、学習目的が明確になり、IT業界のためになると考える。 http://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/download_V3_2008.html  技能は、ベンダー試験やPMPなど細分化した実践的な他の試験に任せばよい。 逆に、意味のない論文対策など、試験対策テクニックの無駄な時間が不要になる。  また、たかが認定試験でこの合格率の低さは考えられない。 http://www.jitec.jp/1_07toukei/toukei.pdf  天下り官僚の収入源のために、何回も試験を受けさせるために合格率を下げていると勘ぐってしまうのは私だけだろうか。2009-11-7OhNo512102151
1331001
★アイデア
6.その他電子政府改善日本版Do not call list(セールス電話お断り電話番号リスト)の導入日本の個人情報保護法は欠陥法だと思います。うっかり個人情報をもらせば企業は大変な損害を被ることになるため、企業は個人情報保護に相当なコストをかけている一方で、意図的に個人情報を売買する業者、迷惑電話をかける業者にとっては、ほとんどザル法です。 今年の三菱UFJ証券の個人情報流出事件がよい例です。三菱UFJ証券や顧客は損害を被った一方で、名簿を売買したり迷惑電話をかけた業者はほとんど野放しです。本来は個人の平穏な生活を守ることが目的だったのが、形式的に情報を守ることだけが自己目的化している面があると思います。 米国のように、セールス電話お断りの電話番号リストを作って、面識のない業者が突然営業の電話をかけることに罰則を設けて欲しいと思います。情報は一度流出してしまえば回収は不可能であるため、情報の流出を防ぐ一方で、情報を悪用しようとする者には情報そのものの価値がなくなるような仕組みが必要です。2009-11-9鳥取ループ0880151
1365001
★アイデア
6.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議異論・反論の大波に襲われるのを期待して先日「虚構は捨て去ろう」という少し挑発的な投稿をしたのですが今のところ賛成票しか頂戴していません。異論・反論コメントの来ないテーマ提示だけで終わるのは本意ではないので改めて焦点を絞り「公的個人認証システムの不可思議」に関する私見を討議の材料に供したいと思います。PKIをICカードの中で運用するデバイス認証方式が何故個人認証システムの中核と呼ばれているのか何とも不可思議です。言いだしっぺは誰なのでしょう?PKIのユーザ秘密鍵を利用者が記憶していれば紛れもない個人認証ですが、長大なユーザ秘密鍵を丸ごと記憶できるような利用者は100万人中に一人いるかいないかでしょう。ICカードやサーバの中に格納されている秘密鍵が証明するのは秘密鍵が格納されているデバイスが本物だということです。つまり、ICカードに入っている電子証明書はICカードが真正であると認証しているだけです。ICカードに格納された電子証明書がICカードの持ち主の認証として機能するのなら、財布の中の現金が財布の持ち主を認証できてしまえます。 公的個人認証システムを個人認証システムたらしめているのはICカード内の電子証明書ではなく、ICカード利用時に要求されている暗証番号です。その暗証番号の脆弱性を話題にすることなく、もっぱら電子証明書で使われている暗号の強度ばかりを論じている公的個人認証関与のセキュリティ専門家の方々とはどういう思考方法の持ち主なのでしょうか?公的個人認証システムには膨大な国費が投入されています。ちょっと試してみただけさ、で済む話ではありません。関係の専門家の方々の異論・反論をお待ちしたいと思います。2009-11-10ウチダ10880151
13650026.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議これって、意見ではなく現状解析ですよね。 それでは別の見方などがあったとして反対票としてのコメントにならないのでは? 「これがおかしい」「そうだな」で終わる書込みなのではないかと。 「これがおかしい」「そうだな」「なのでこうあるべき」「ちょっとまて」という反論を起こしにくい書込みになっている気がします。2009-11-10rd10880151
13650036.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議rdさん、ご意見ありがとうございます。rdさんの考えを受けますと「ウチダの現状解析は間違っている。これまで公的個人認証システムに投入された国費は無駄ではなかった。それはかくかくの技術的背景があり、しかじかの具体的理由があるからである。」といった形で反論していただくのを期待しているのですが。2009-11-10ウチダ10880151
13650046.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議rdさんのご意見に一理あり。「こうあるべきではないか」というアイディアが出されていればそれに対して意見を言うことができます。 ウチダさんは、個人認証ではICカードに入っている電子証明書ではなくICカード利用時の暗証番号がセキュリティを決める、したがって暗証番号の強度をもっと高めるべし、と言いたいのでしょう? その肝心なことをないがしろにしてきたこれまでの開発への怒り?2009-11-10久世寿10880151
13650056.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議久世寿さんにお答えしますと、どなたか関係されている方からの異論・反論を待って、その回答の中で私見を述べようと考えていました。ただ、こうした聞かれてしまった以上は述べざるを得ません。おっしゃるとおりで、持論として暗証番号の改良を図ることこそが最優先されるべきだと考えています。 ただ、このアイデアボックスでは道頓さんという方に先を越されてしまったようです。私が提言したかったことは道頓さんの「パスワードの改良」という投稿の趣旨と大きく変わるものではありません。 住基カードシステムを設計した人達には、なぜ肝心要の暗証番号問題をここまで軽視したのかを説明する責任があるのではと考えていることは事実です。2009-11-11ウチダ10880151
13650066.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議経産省の情報処理振興担当部門におかれましては、公的個人認証システムに投入する国費のほんの一部でも使って1日も早くパスワードを改良することを希望いたします。2009-11-11道頓10880151
13650076.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議公的個人認証システムは、現状のような難しいシステムを使うことより、もっとシンプルに国民各人の納得を得たところで「生体認証ステム」に切り替えた方が良いともいます。 そして、このための生体認証情報の保管管理主体は、多くの賛成を得るためにも、必ず責任のあるもの(国家機関の一部として運営する)でなければなりません。 最も手っ取り早い例が「指紋」による認証システムですが、日本国民の賛否の比率はどうなのでしょうか? 当方などは、住基カードを取得して、事業に使用していますが、その管理や取扱いが非常に面倒です。 早く、指紋情報で代替できるようになって欲しいものです。2009-11-14hide10880151
13650086.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議個人認証システムについては、利便性や便益も大切ですが、その前に人権への配慮が欠かせないと思います。 生体認証を採用するとなれば、実質的に国民一人ひとりの指紋・静脈情報を公的機関が管理することになりますが、犯罪者でもない限り国に自分の指紋を取られるということには抵抗があると感じる人は多いのではないでしょうか。 どんな情報でも漏洩や内部関係者による不正使用の危険性があります。現状のパスワードシステムは使いやすく安全なものにするための改良が必要ですが、盗まれても変更がきくという点に関しては生体認証より優れていると考えます。2009-11-14道頓10880151
13650096.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議生体認証について余り知られていない情報をご参考までに。 H社の製品についてIPAの製品データベースでは  本人拒否エラー率 0.01%  上記本人拒否率のときの他人受入エラー率 0.0001% となっていて、銀行の人達もこうした性能を引用しているようです。2009-11-14アナトミ10880151
13650106.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議(500字ほどでも4000字ルールが適用されるようですな。続編です。) ところが第三者評価機関であるIBG( International Biometric Group )の評価データによれば     FMR0.0001%のときのFNMRは10.5%    FNMR0.01%のときのFMRは100% 一方では0.0001%のものが他方では100%。前者は自社測定、後者は第三者機関測定ですが、本人拒否率が1万分の1となるような閾値設定で運用した場合、前者では100万人に1人を特定できると言っており、後者では他人排除ゼロ、つまり全ての人間が同一人物であるとみなされると言っています。2009-11-14アナトミ10880151
13650116.その他電子政府改善公的個人認証システムの不可思議(更に続編です) 尚、 IPA/IBGの公表データは以下のサイトで確認できます。 IPAの製品データベース   https://isec.ipa.go.jp/biodb/details/seihin3View.html?seihinId=241 IBG( International Biometric Group )の評価データ   http://www.nws-sa.com/biometrics/CBT6_public_report.pdf ? IBGデータにはF社製品の性能も参考情報として記載されていますが、H社のものと同じようなレベルと推測されます。2009-11-14アナトミ10880151
1366001
★アイデア
7.このサイトについて集めたアイディアの行く末集めたアイディアがどのようにいかされるのかを常に公開してほしい。2009-11-10さる0780151
1389001
★アイデア
1.電子手続き登記情報の共有化現在、住民基本台帳ネットワークを利用することにより、住民票の添付が多くの手続きで不要となった。同様に、登記情報についても官公庁で共有するシステムを整備してほしい。(登記情報提供サービスは以前からあり、官公庁への申請に利用できるようになっているが、官公庁側の対応がみられない。)2009-11-11haltake1880151
13890021.電子手続き登記情報の共有化登記情報は、住民票や戸籍と異なり、閲覧制限もないのだから、役所手続の添付書類に登記簿謄本等を要求すること自体が、まったくナンセンスな話ですね。 韓国のように、法律で行政による添付提出要求を禁止するのが良いと思います。2009-11-11Muta Manabu1880151
1008001
★アイデア
1.電子手続き建築確認申請の電子化による簡素化の要望自分は、住宅を建築しようと考えましたが、改正建築基準法によって、建築確認申請がすごく遅くなり、そのために、設計事務所、建築業界、施主の全てが、困っています。  この基準法の改正で、個人住宅の場合、トイレの位置を修正するにも、つまり、構造計算には、ほとんど影響しないようなものでさえ、最初から申請をやり直しだと言われ、とても時間がかかって、他の事情もあり、建設を延期しています。   新居に伴って、ローン、火災保険、家具、家電、自動車など、新しいものに買い変える需要や、引越し、周辺の工事など作業の需要も考えられると思いますが、住宅着工件数も減っている状況で、これらを全ての需要を減らしているように思います。 景気刺激策として、数兆円の予算が組まれていますが、こう言う申請業務の効率化、簡素化によって、波及効果の大きな景気刺激策になる可能性があると考えます。2009-10-14Ujin21192170
10080021.電子手続き建築確認申請の電子化による簡素化の要望消費者保護という側面も非常に重要なことですが、一方で当ご意見のように需要喚起という側面では緩和、それに伴う手続きの効率化・簡素化も重要かと思います。 規制と緩和はトレードオフかと思いますが、元気のある国にするためにも当意見には賛成です。2009-10-14Daisuke21192170
10080031.電子手続き建築確認申請の電子化による簡素化の要望姉歯事件で手続きが強化された改正建築基準法が2007年6月に施行される前後に、確認申請もオンライン化するという話があったはずですが、その後、ほとんど動いていません。 民主党は、先の建築基準法改正が官製不況をもたらしたとして、マニフェストに建築基準法の再改正を盛り込み、ちょうど改正作業が始ったところで、来年の通常国会に改正案が提出される予定だと聞いています。そこにオンライン化も盛り込むのは、どうでしょうか?ぜひ、やってほしいと思います。2009-10-14風來人21192170
1122001
★アイデア
1.電子手続き電子手続きの支払い方法について他の方々も書いておられるとおり、やっぱネット上で決済もできないと不便です。 「はてなポイント」のように、あらかじめ電子手続き用の自分の口座にお金を入れておいて、各種手続きに伴って払い込みが必要になったら、そこからならワンクリックで支払いが済むようにできないものでしょうか もしくはSUICAやPASUMOやお財布機能つき携帯をパソコンの読み取り装置にかざして支払えちゃうと便利だと思います。 (自宅に読み取り装置つきのPCがない場合には、コンビニで「お支払い番号」言ってオンライン決済できるとか。) 2009-10-20キーコ4981170
11220021.電子手続き電子手続きの支払い方法について参考ですが 支払い方法にはPay-easyと言う仕組みがあります。 http://www.pay-easy.jp/ 自治体が中心ですが、国税庁、財務省、総務省、厚生労働省、社会保険庁でも使われています。(詳しい支払い手続きは以下) http://www.pay-easy.jp/what/introduce/kuni.html 納付書に小さなマークがついていたりします。2009-10-20経済産業省アイディアボックス担当4981170
11220031.電子手続き電子手続きの支払い方法についてトップ画面右下のバナーのペイジー学園がおもしろすぎ。2009-10-20popo4981170
11220041.電子手続き電子手続きの支払い方法について電子的な手続きが可能な行政分野が増えて、その手続きの料金が電子的に実施出来るようになることは非常に便利だと思います。 ペイジーの名前は聞いたことがありましたが、実際にこういうことで使える、というのは初めて知りました。 もう少し周知する努力を続けたら良いと思うと同時に、他の普及しているサービス(スイカとか)と、巧く相乗り出来るような工夫があったら良いのではないでしょうか。2009-10-24島崎丈太4981170
11220051.電子手続き電子手続きの支払い方法について国民の利便性を考えると、支払いの選択肢は多いに越したことは無いと思います。 そのためには、相互決済の仕組みも整える必要がありますよね。 現在民間主導で進んでいる相互決済機能を行政が活用するため、クリアするべき課題はなんだと思いますか? 実は、「手数料」が大きな課題にだったりします。 ただし、「支払いのためのコスト」を行政が手数料の形で負担するのか、「支払いのために要する時間、手間」として国民が負担するのか、そこのコンセンサスが得られればもっと色々な支払方法が普及するのだと思いますが。2009-11-10anego4981170
1132001
★アイデア
6.その他電子政府改善全ての行政システムに信頼性レベルとセキュリティレベルの表示を電子政府の取り組みに関する議論をしていると殆どの場合は、セキュリティと利便性にバランスをとるべきと言うバランス派と,行政システムは高セキュリティにすべきという高セキュリティ派で平行線をたどることが多い。(議論しない場合が多い。) ? バランス派の主な論点は以下 ・行政機関が行う対面のサービスであっても完全はあり得ないのでネット上のセキュリティにだけ完全性を追求するのは行き過ぎ。 ・セキュリティレベルを必要以上に高くして使いにくいサービスがある ・セキュリティレベルを上げることでコストが高くなる ? 一方高セキュリティ派の主な論点は以下 ・行政の行うサービスは安全信頼性が必要であり、電子サービスに全て高レベルのセキュリティをかけるべき ? しかし、高セキュリティ派の意見をもし採用するなら、現在2兆円と言われる電子政府、電子行政コストが4兆円になる可能性がある。(JUAS調査でセキュリティレベルを上げると2-4倍?になるとの試算) ? たとえば、信頼性レベルとセキュリティレベルに段階を表記して、全てのシステムがそれを表記したらどうだろうか。 施設予約システムであれば、多少停止しても構わないし、氏名を入れないで会員番号だけ入れればセキュリティの必要性も高くない。この場合なら「信頼性レベル1 セキュリティレベル1」なのでパスワード、民間ドメイン可。パスポート管理システムなら「信頼性レベル4 セキュリティレベル4」なので、ICカード認証でgoドメイン。 ? こうすれば、個々の行政システムのセキュリティレベルが明確になると共に、セキュリティコストの試算を元にした議論ができるのではないだろうか。2009-10-219113103170
11320026.その他電子政府改善全ての行政システムに信頼性レベルとセキュリティレベルの表示をここでおっしゃっていることが若干わからないのですが、 企業でも官庁でもセキュリティを考えることは必要ですが、009さんの危惧している部分は、セキュリティ専門知識のなさが問題ではないかと思います。 1. サーバに関して言えば、Windowsでも、UNIX系でも、最新のパッチが当たっていれば、    まず外部からの侵入は不可能です。    SQLインジェクションとか、クロスサイト等の問題は、きちんとしたプログラマーへ委託し、    ツールでのチェックや監視で十分対応可能です。 2. セキュリティについても、「費用対効果」(リスクマネジメント)をきちんと考えることが大切です。    余計なものに大金を払う必要はありません。    費用対効果なんて計算しても意味がないという人もいますが、計算をしなければいつまで    経っても正確な費用対効果は分かりません。 ?2009-10-22Woody113103170
1196001
★アイデア
1.電子手続きeLTAX(地方税の電子申告)は全自治体が対応すべきである。eLTAX(地方税の電子申告)に対応するかどうか、また個々の手続きの対応の可否は各自治体ごとにばらばらな状況である。これは、自治体側がeLTAX に対応するシステムを整備したかどうかによるものだと思うが、申告、申請を行う側の利便性を考えたら、受付自体は全自治体について一律可能なようにすべきではないだろうか? 申告、申請の受付自体は、eLTAX?のポータルシステム側で全て受け入れた上で、eLTAX?システムへの接続の整備が遅れている自治体については、ポータルシステム側から、それぞれの自治体が受け入れられる形で、資料、データを渡せばいいだけのことなのではないかと思う。紙でしか受け取れない自治体には、紙で渡せばいいし、一定の形式のデータなら受け取れるというところはその形式に加工して渡せばよい。もちろん、それに要する費用は自治体側が負担するものとする。 今時代の趨勢は SaaS である。eLTAX? ← → 各自治体間 は、SaaS としてシステム提供することで、ポータルシステムが受け付けた情報について、専用の直接受付システムが未整備な自治体については、自治体側で、ポータルシステムにアクセスすることで、自分達の必要な情報を入手できるようにすればよい。2009-10-29一国民01192170
1252001
★アイデア
8.つぶやき類似アイデアは面白い投稿時に、類似アイデアが出るのは面白いですね。 さすがに、セールスフォースですね。 もう2009-11-2もう0770170
1261001
★アイデア
8.つぶやきつぶやいときます。経済産業省の管轄じゃない気もしますがこういった機会は貴重なのでつぶやきという事で投稿させていただきます。 議員の情報(理念や政策に対する考え方、活動実績等)を簡潔にテンプレ化して一律に載せたページが欲しいです。 各議員の方が作っているホームページも良いのですが、決まった形で作られているわけではないので 選挙で投票先を決定する時など各議員の考えを比較したいときに非常に不便です。 また、そのホームページも各議員で見栄えの違いがあり、結局アピールの上手い人程人気が出ることになりがちです。 こういった事を是正する為に上記のようなものがあれば良いな、と思いました。 後、最高裁判所裁判官に対しても同様のものがあると良いと思います。 2009-11-3pekorin3770170
12610028.つぶやきつぶやいときます。参考ですが、このようなページが民間で作られています。 http://seiji.yahoo.co.jp/2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当3770170
12610038.つぶやきつぶやいときます。コメントありがとうございます。 yahoo!みんなの政治については知っていますが、現状なんでも投稿し放題なのが問題です。 極端なものになると「期待してます!」だけで最高評価が与えられていたりもします。 政治家としての能力のようなものがレーダーチャートで示されていますがこの根拠も提示されていません。 点数など主観的なものではなく 議員の方から直接に発信された情報だけが羅列されているようなものが欲しいのですが、 現状ですとそれぞれの観点や形式がバラバラなので比較して見るのは大変です。 何か共通の観点のようなものをつくり、それに答えていく形でつくられているのであれば比べ易いと思うのですが… こういった事は公職選挙法に引っかかってしまうんでしょうかね。 ?2009-11-3pekorin3770170
12610048.つぶやきつぶやいときます。簡潔と言えるかわかりませんが、 最高裁判所裁判官の情報 は公開されていますね。 選挙の時は、けっこう参考にさせてもらっています。 議員情報については、民間サービスが便利と思いますが、ネット選挙(運動)解禁が待たれるところです。2009-11-4Muta Manabu3770170
1277001
★アイデア
6.その他電子政府改善パスワードの改良すべての市民が公平に等しく情報通信社会の便益を享受できる為には、老いも若きもすべての市民が何時でも何処でもストレスなく実行できる電子的本人認証手段が提供されていなければなりません。デジタル化以前、ネット化以前の社会ではこの本人認証基盤は当人の『署名捺印』という形で提供されていました。この『署名捺印』本人認証基盤は当人の意思的同意のないままには完結できないものであり、老いも若きも、全ての市民が公平に等しく使いこなせるものとして受け入れられていました。情報通信化社会にあって『署名捺印』の役割を果たしているのが『ID・パスワード』ということになりますが、6桁8桁のパスワードはおろか4桁の暗証番号でもランダムなものはとても覚えきれるものではありません。生年月日や電話番号を使ったり「PASSWORD」をパスワードにしたりする人が無くならないのは人間の記憶の生理からいって当然のことです。しかしセキュリティの観点からは人間には覚えきれないようなパスワードがシステム側から要求され、「機械に人間を合わせる」という無茶がまかり通っているのが現状です。全ての国民が『署名捺印』のようには文字パスワードを使いこなしていないことは周知の事実とすれば、更なる選択肢が提供されるべきでしょう。情報通信社会の便益を享受するためには長い階段を登るしかないのが現状だとすれば、階段の横にエスカレータを設け、エレベータを設置することを考えるべきです。文字パスワード・暗証番号(階段)に加えて、エスカレータ・エレベータに相当する写真やイラストを追加選択肢として提供するような電子的本人認証手段が提供されるべきではないでしょうか。2009-11-5道頓10981170
12770026.その他電子政府改善パスワードの改良賛成です。「IDカード一枚でアクセスできるものとする」というアイデアもみかけましたが、これはキャッシュカードを挿入するだけで全預金を降ろせるというに等しいことですね。恐らく暗証番号も併用しようということになると思うのですが、それでやっと今の「銀行カード提示+暗証番号」と同じレベルの話です。  銀行カード用の暗証番号を本当に安全に使いこなせている人は殆どおらず実際には皆さん単に運任せと思いますが、それと同じような危なっかしいものを国が音頭を取るスキームで進めるわけにもゆかないでしょう。大きなスキームを考えるに先立って暗証番号・パスワードの問題点を解決しておく必要があると考えます。2009-11-6アナトミ10981170
12770036.その他電子政府改善パスワードの改良足腰の弱い人間にはサービス窓口までたどり着いてもらわなくても結構、という冷酷な仕打ちがまかり通るのがIT社会だというのなら、そんなものは全国民の意思としてお断りしようではないですか。それにしても憂慮に耐えないのは失敗がはっきりしている住基カードに更に大金をつぎ込もうという人がまだいることだ。電子証明書が入っている住基カードを持っているから本人と認めるのだと言うなら、小生の財布を持っていった盗人がその財布の中にある現金の正しい所有者ということになってしまうであろうに。2009-11-6ウチダ10981170
12770046.その他電子政府改善パスワードの改良いろいろ難しい事が書いてあるので、読むのがなんでしたが、 おっしゃる通りだと思います。 要は、誰でも使えて安心な「電子的本人確認」の手段が必要ということですね!そして今はそれが無いと。2009-11-7山田10981170
12770056.その他電子政府改善パスワードの改良 全く異論ありません。 オフィスの中であれば手帳にパスワードを記して身に着けておけば一応は安全に使いこなせますが、一歩オフィスの外に出ると銀行がやってはいけないといっている「暗証番号記載メモの持ち歩き」になってしまいます。 IC カードや携帯電話を認証ツールにするのも屋外ではやはり「暗証番号記載メモの持ち歩き」以上の安全性は提供せず、救済用パスワードを用意せざるを得ない生体認証の限界は既に明らかになっています。パスワードの拡張が最良で恐らくは唯一の解決策でしょう。2009-11-8こめのくに10981170
12770066.その他電子政府改善パスワードの改良覚えやすいパスワードは簡単に破られるから駄目、ある程度長くてランダムなパスワードにしなさい、と指導され、これまでは何とか工夫をして自分なりに覚えられるパスワードを作っていたのですが、3ヶ月に1回の変更を重ねてきて最近ではメモなしでは難しくなっています。 機器の費用はかかりますがワンタイムパスワードが救世主になりませんか?2009-11-9久世寿10981170
12770076.その他電子政府改善パスワードの改良追加コメントです。 写真やイラストを使うパスワードを見たことがあります。 マトリックス型で、たしか本人の思いつくパターンにしたがって絵を選んでいくものだったと思います。 他にもマトリックスの中から絵を選ぶタイプのものもあり、すでに実用化されているのでは。2009-11-9久世寿10981170
12770086.その他電子政府改善パスワードの改良多くの方にコメントいただき有難うございます。同じようなことを感じている方が他にもいらっしゃることを知り、意を強くしました。 経済産業省の情報処理関連部署の方にも是非パスワードの改良について取り組んでいただきたいと思います。2009-11-14道頓10981170
12770096.その他電子政府改善パスワードの改良本人確認に関連して生体認証がテーマになっているコーナーもあるようなので以下ご参考までに。 H社の静脈認証製品についてIPAの製品データベースでは  本人拒否エラー率 0.01%  上記本人拒否率のときの他人受入エラー率 0.0001% となっていて、銀行の人達もこうした性能を引用しているようです。 2009-11-14アナトミ10981170
12770106.その他電子政府改善パスワードの改良500字ほどで4000字制限で弾かれました。先ほどの続きです。 ところが第三者評価機関であるIBG( International Biometric Group )の評価データによれば     FMR0.0001%のときのFNMRは10.5%    FNMR0.01%のときのFMRは100% 一方では0.0001%のものが他方では100%。前者は自社測定、後者は第三者機関測定ですが、本人拒否率が1万分の1となるような閾値設定で運用した場合、前者では100万人に1人を特定できると言っており、後者では他人排除ゼロ、つまり全ての人間が同一人物であるとみなされると言っています。2009-11-14アナトミ10981170
12770116.その他電子政府改善パスワードの改良尚、 IPA/IBGの公表データは以下のサイトで確認できます。 IPAの製品データベース   https://isec.ipa.go.jp/biodb/details/seihin3View.html?seihinId=241 IBG( International Biometric Group )の評価データ   http://www.nws-sa.com/biometrics/CBT6_public_report.pdf   IBGデータにはF社製品の性能も参考情報として記載されていますが、H社のものと同じようなレベルと推測されます。2009-11-14アナトミ10981170
1279001
★アイデア
6.その他電子政府改善国民の情報を守る 「日本政府データセンター」"■課題■ 国民のデータ管理の危機 現在、中央省庁の情報システムの多くがアウトソーシングされています。 検察庁や厚生労働省、法務省などにおいて個人の機密に関するシステムまでもが民間(しかも外資)のデータセンターで管理されています。 個人の機密情報や国家の安全、経済政策にかかわるシステムまでを民間企業にあずけてるのは次のようなリスクがあります。 >民間企業に預けるリスク> ・第三国から補填を受けた企業が安価に落札し、データを定期的に第三国に送信する。 ・個人情報を売買する企業に転売することを目的に赤字で落札して、データの販売で儲ける。 ・株や為替相場で儲けることを目的に、国の経済政策に関する情報のアウトソーシングを安価に落札する。 ・善良な企業ではあるが、その企業が社員として雇った外国人が、第三国のスパイであり、バックアップデータを持ち出す。 いくつかの政府機関は、データセンターを自前に持ち、コンピュータルームの入室資格審査を行っています。 あるシステムでは国家公務員以外はアクセスできないと決めているところもあります。コスト削減だけを目的に、民間企業にデータをあずけるのは不安があります。 ■解決策■ 「日本政府データセンター」  国民のデータは、政府のデータセンターで管理する 政府のシステムは、基本的には政府で管理すべきです。 省庁共通のデータセンターを構築し、そこで管理すべきです。 >政府のデータセンターの要件> (1)機密性:入室資格の厳重な管理。セキュリティ。回線の盗聴などの対策。 (2)防災: 地震、洪水、落雷、豪雪などの自然災害の不安が少ない (3)環境: CO2を出さない仕組み。(風力発電や水力発電、水冷、寒冷地への設置)  (4)国防: 周辺国から直接攻撃を受けにくい地域。防衛しやすい地形。(中山間部・非沿岸)。        自然発電設備(電線が切られても稼動する。)        本州(海底ケーブルが切られる心配が少ない。) (5)地域振興: 地方都市であり、データセンターによって地域の雇用を創出できる。 ■候補地■  データセンターの要件を満たす地域  岩手県: 二戸市(風力発電。寒冷。中山間地域。)  兵庫県: 神戸市(大規模地震があり、大規模地震の心配が少ない。北部は中山間地域。やや寒冷)  長野県: (水力発電「信濃川流域周辺」。寒冷。中山間地域)  岐阜県: (水力発電「奥美濃水力発電所」。中山間地域)   日本国内に、2から3箇所の地域データセンターを設け、相互にバックアップをする。   ※自衛隊、警察は別に管理する。 ■効果 ・国民の機密情報の安全な管理 ・安全保障の向上 ・地域経済の振興 ---------------- 参考:韓国では政府のデータセンターを設置している。中国はクラウドセンターを設置。"2009-11-5NORINTON2770170
12790026.その他電子政府改善国民の情報を守る 「日本政府データセンター」指摘されてみればその通りで、米国がサイバーセキュリティ体制を大急ぎで構築しようとしているように高い優先度で追求すべき課題だと思います。2009-11-6ウチダ2770170
12790036.その他電子政府改善国民の情報を守る 「日本政府データセンター」別のスレッドにコメントを入れたのですが、NORITONさんのご意見にも同じコメントを。 つまりコピペです。すみません。 市町村合併に伴って廃校になった小中学校が全国(特に過疎地)にあります。 例えばですが、私が子どものころ過ごした新潟県の鹿瀬町(現在は阿賀町)にも、廃校となった空き地が3つ、広大な工場と住宅の跡地が広がっています。震度7の新潟地震(1964年5月)でも、ビクともしなかった地盤で、かつ水力発電所が大小8つもある。町の上空を東京電力、東北電力の送電線が走っている。 鉄道が1本、道路も1本しかありませんから、外から町に人が入ると、1時間後には町中に知れ渡っている。ヒューマンなセキュリティ監視ができている。 余談ですが、阿賀野川の自然堤防と深い山々がきれいなところですので、皆さん一度行って見て下さいな。地酒や温泉もあるし。 こういう場所は全国にたくさんあるでしょう。 そに分散型のデータセンターとソフトウェア開発村を作るのが、10年来の私の夢で、これまでも機会があるたびに提唱してきました。 全国に分散するデータセンターを連携させて、バーチャルなナショナルデータセンターにする。 いわば日本版ARPANETですね。 少なくとも、国民の生命・財産にかかわるデータを扱う国や地方自治体、金融機関などのデータは、国内にとどめておくべきでしょう。海外のデータセンターで管理されるようになったら、国の主権はないがしろになってしまう(国民的総意でそれもOKというなら別ですが)。 電力は搬送している間に減衰します。新潟の山奥から東京に送ると、減衰率は50%。 つまり電力料金を半額にして、地産地消しても損はない。 加圧施設や送電線や鉄塔の保守費を考えると、もっと安くしてもいいかもしれません。 この議論は、クラウドコンピューティングと国際サービス貿易の自由化=日本版パトリオット法/日本版域内情報保護法、電力の最適配分=「スマートグリッド」というバズワードにまぎれてしまう危険性があるので、そこは注意しなければなりません。しかし、ダムに何兆円もの税金を投入するなら、その何割かをナショナルデータセンターに回す方がいいんじゃないでしょうかね。2009-11-8佃 均2770170
1288001
★アイデア
6.その他電子政府改善国家戦略としてのサイバーセキュリティ サイバーセキュリティについて政府が重大な脅威であるとの認識を示し真正面から取り組むとの姿勢を明確に現していないことがデジタル利活用を阻む最大の要因であると認識しています。米国においてはオバマ大統領が選挙期間中からサイバーセキュリティの脅威は核兵器・生化学兵器と比肩しうる国家の脅威であるとの認識を表明し、就任直後に包括的レビュー作成を指示し、60日という短い期間に100の組織・企業・専門家のヒアリングを行うという迅速さで を作成し発表しました。大統領声明の中では、"In short, America's economic prosperity in the 21st century will depend on cybersecurity."とまで言い切っています。英国でもCyber Security MinisterとCyber Security Command を新設しサイバーセキュリティを確保するため最善を尽くすとの国家的決意を示しています。こうした明確な姿勢を示すことが不可欠です。さもなければ、如何に多くの部分的な改善が行われたとしても国民はデジタル利活用を本気で追及することに躊躇せざるを得ません。わが国の現状を見ますと、明確な戦略と指針のないままに喫緊の課題も長期的な課題も渾然とさせたまま、大八車時代のスピード感で対応を図っているのが現状ではないでしょうか?喫緊の課題も長期的な課題も渾然とさせたまま、というところについては次のような比喩が可能かと思います。「洪水の危険が迫っています。乳幼児や家宝を先ずは高いところに避難させておいてそれから家の周りに土嚢を積むことを考えますか、それとも乳幼児や家宝は一階に置きっ放しのままで先ず家の周りの土嚢積みを終わらせてしまおうと考えますか? 」(小論集『改めて誤解を解く』から)残念ながら後者の路線をのんびりと追求しているのが日本の現状だと考えられます。それでは情報セキュリティにおいて「乳幼児」に当たるものは何かと問いますと、先ず筆頭に来るべきは「パスワードに代表される本人認証情報」であると考えます。攻撃者に本人認証情報を盗られた利用者のアカウントは攻撃者の完全支配下に入り、破壊・改竄・漏洩など全て思いのままです。システム管理者のパスワードが盗まれればシステム全体が攻撃者の支配下に入ります。それがセキュリティ管理者であればセキュリティシステム総体が攻撃者の武器に転じています。そのような状況では他にどのように高度なセキュリティ手段を講じても所期の効用を期待することはできません。本人認証は情報セキュリティの必須要件でありセキュリティ全体の基盤を為すといえるものです。セキュリティの基盤である本人認証は広義には社会生活の基盤でもあります。署名捺印による本人認証のできない社会生活とはどんなものか想像もできません。同様に頼るべき電子的本人認証手段の存在しないサイバー世界も想像不能の世界です。デジタル利活用を考える云々どころの話ではありません。米国・欧州が安全なサイバー世界を作るべく懸命の努力をしているときに我が国では枝葉末節の議論に足を取られていれば、その先に垣間見えるのは真に荒漠たる犯罪者天国・スパイ天国の日本です。国家的課題としてサイバーセキュリティ確保を高らかに謳い、必要な予算を確保し、先ずは乳幼児にあたる喫緊の課題から優先的に着手してゆき、その後で落ち着いて腰を据えてデジタル利活用を阻む様々な要因を一つずつ着実に解決してゆくことを考えるべきと提言いたしたく存じます。2009-11-7こめのくに4770170
12880026.その他電子政府改善国家戦略としてのサイバーセキュリティ第2次世界大戦では暗号傍受などの情報戦で戦う前に負けていた日本国の伝統は強固なものなのでしょうか。政府及び民主党や自民党などの公式サイトを拝見する限りはサイバーセキュリティに関する問題意識は皆無のようです。 これまでの政府の情報産業振興策も「情報」にフォーカスされていたとは思えません。英米が国家的課題として情報戦に取組みエシュロンなどで戦略的な活動をしているのは周知の事実なのですから、一刻も早く防衛省ないし総務省、経産省及び内閣府でサイバーセキュリティに関する総合的な取組みにかかられることを期待します。 課題は多岐に渡るでしょうが、こめのくにさんの指摘されている本人認証の問題は真っ先に取り組むべきものの一つだと思います。2009-11-7道頓4770170
12880036.その他電子政府改善国家戦略としてのサイバーセキュリティサイバーセキュリティ、鳩山内閣に真剣に取り組んでもらいたいですね。 国家戦略室辺りが担当するか、アメリカが"economic prosperity?will depend on cybersecurity"といっているのなら米国のいうがままにはならない伝統をもつ経産省の出番を期待します。2009-11-10久世寿4770170
12880046.その他電子政府改善国家戦略としてのサイバーセキュリティ小生も日ごろから漠然とではありますが同じような不安を抱いていました。国家戦略室には同じような問題意識を共有している人がいると信じたいものです。 ?2009-11-10ウチダ4770170
12880056.その他電子政府改善国家戦略としてのサイバーセキュリティ全ての国民が不自由なく暗証番号を使いこなして正しく自分を特定できるという虚構を前提とした議論は何としてもやめていただきたいと思います。電子政府について考えるに際して先ずは暗証番号など本人認証に関わる問題を整理しておくべきと考えます。2009-11-14アナトミ4770170
1309001
★アイデア
1.電子手続き身障者関連手続き母が身障者のため、以下関連手続きが定期的に発生し休 暇を取得し、区役所、陸運局等に行った入りするなどの手続きが発生します。これはやむをえない処理とは現段階では思ってますが、インターネットで手続きが できれば相当の負担が防げるものと思っております。今後高齢化社会が進む上では電子化は大変重要な事と思います。セキュリティー、システム等の課題は技術 革新に伴い何とかなるものです。1.更新処理(毎年)自動車税免税手続き(更新)送付されてくるはがきに必要事項記入し、(年毎)ETC障害者割引(区役所福祉課で申請後、ETC登録係事務局へ郵送し年毎駐車許可証(警察署で申請後、連絡入ったら取りに行く)2.転居→住所変更身障者手帳(区役所福祉課自動車税事務所(管轄自動車税事務所/陸運局内)ETC障害者割引(区役所福祉課で申請後、ETC登録係事務局へ郵送)※次回は2011年4月26日が期限。か月前(2011年月26日)から申請受付。 新車検証(住所変更)が必要→陸運局3.車検時ー陸運局で車検証の変更(移転)登録(所有者の住所変更)必要書類新住民票(3か月有効)、車検証原本、認印(所有者、使用者)、代理人なので委任状車庫証明4.陸運局で車検証の変更後〜2011年月26日前後(遅くても4月初め)5.ETC障害者割引(区役所福祉課で申請後、ETC登録係事務局へ郵送)※か月前(2011年月26日)から申請受付。 新車検証(原本)(陸運局で車検証の変更(移転)登録後のもの)身障者手帳(原本)、ETCカード(身障者名義(母))、ETCセットアップ申込書2009-11-9Tessy313103170
13090021.電子手続き身障者関連手続きご趣旨には賛同します。早急に実現を図るべきものと思います。しかし、敢えて反対票を投じさせていただきます。それは「 セキュリティー ・・ の課題は技術 革新に伴い何とかなるものです。」というお考えには直ちには肯けないからです。例えば、いずれは技術革新に伴い何とかなるからという理由で今ブレーキに欠陥のある車を売られては困ります。セキュリティに完璧はありませんが、現在の状況、特に本人確認に弱っちいパスワードかクレジットカードに毛が生えた程度の住基カードしか提供されていない現況は、ブレーキに欠陥のある車にもたとえられるのではないかと思われます。比ゆ的にいうならば、プロやセミプロ運転手しか公道を走っていない時代ならまだしも、これからはいわばブレーキの構造も知らないままの猫と杓子も公道を走るのです。こうした望ましいテーマは必要条件である欠陥ブレーキの解決の目処をつけてから考えるべきと思う次第です。2009-11-9アナトミ313103170
13090031.電子手続き身障者関連手続き願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら諸手を挙げて賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ313103170
13090041.電子手続き身障者関連手続き身障者においても健常者と同等のセキュリティ強度を持つな本人認証の手続きが肝要です。 悪意の人々は、権利や金銭を得るためにはセキュリティの最も脆弱な箇所を狙い撃ちするからです。2009-11-14如意の輪313103170
1339001
★アイデア
1.電子手続き入札情報の標準化と一元化各省庁・自治体の入札情報は、量質ともにバラバラです。役人が入札公告のタイトルを「あえて」分かりづらくしていることもありますし、入札説明資料をネットからダウンロードできることもまれです。また入札公告のHP掲示期間もバラバラですし入札結果の情報公開も不十分です。 何よりも、各地の入札情報を一元的に検索することができないこと、それと役所単位で独自のシステムを構築している無駄が散見されることが挙げられます。 入札情報を積極的にWeb展開していただくとともに利用しやすい・操作しやすいことも追究していただきたい。 追記: 電子入札は金がかかるし面倒だし、イヤ。今のままなら紙のほうがよい。2009-11-9Babui0770170
1350001
★アイデア
6.その他電子政府改善法律とその規程、省令のついて法律については、総務省や国立国会図書館のHPを利用すれば検索できますが、一つの法律にどのような規程や省令が関わっているのか、分かりにくいです。一つの法律を検索したら、それに関わる規程、省令等も一括表示されると分かりやすいと思います。また現行のものと廃止されたものと分かりやすくしていただけると、複雑な法律も、理解の糸口をみつけすいかなと思いました。2009-11-10まる0770170
1361001
★アイデア
1.電子手続き国から各種届けなどはネットで出来るように。今現在、US版cnetで発表した内容によると日本はネット環境は韓国の次に2位になります。そのすばらしい環境を効率よく利用すべきではないかと思います。 そのため、まず、区役所などからお知らせなどで使っている郵送物は申請者に関しては紙・郵送ではなく、ネット環境を利用して送ることにすると環境にやさしい、コスト削減などのメリットがあるでしょう。実際に色んなクレジットカードの明細などは上記のように実施しているので、違和感はないと思います。 次に、現状は子供出生、引越しなど各種届けを出すために区役所、市役所に行って行っていますが、態々行かなくでも、これもネットで出来れば便利になると思います。本人確認が必要な場合のみ実際にいくか、申請者には銀行などで実施している個人用番号、パスワードを付与して対応するかで対応できると思います。 2009-11-10ANY1981170
13610021.電子手続き国から各種届けなどはネットで出来るように。出来たら良いですねえ。ただし前提はネット上での本人確認が誰にでもきちんとできることです。先ずは本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ1981170
1370001
★アイデア
6.その他電子政府改善ハローワークのすべての処理をネット環境で職業斡旋の面会などで、1日とられるのは大変。ハローワークのすべての処理をネット環境でできるようにしてほしい。2009-11-10Indousa1770170
13700026.その他電子政府改善ハローワークのすべての処理をネット環境でハローワークの存在価値のほうが疑問。 職業あっせんは民間のほうが熱心。 実際にハローワーク行ってみると職業あっせんよりも失業保険申請/受け取り目的のほうが多いように見えます。 失業保険業務は市役所またはネットにして、職業あっせんは民間にすればいいです。ハローワーク職員は全て民間に移籍。2009-11-11toshihar1770170
1371001
★アイデア
3.行政情報オープン化法案のRSS化、およびTwitter化国会に提出された法案を順次RSSやTwitterで配信する。それらについて国民が意見を言い合う等する事により、マスコミに取り上げられるような大きな法案だけでなく、すみずみまで国民の意見が反映されて良いとお思います。2009-11-10shu1770170
13710023.行政情報オープン化法案のRSS化、およびTwitter化法案の文面そのものをtwitterで配信するのは疑問ですが 「今、法案を提出しました」とか、「賛成○○票で可決しました!」とかを、随時本会議場等から流してもらえるとありがたいですね。2009-11-11つぼやん1770170
1376001
★アイデア
6.その他電子政府改善地方自治体基幹情報システム IN OUT部分以外の共通開発化"以前、情報システム部門で、基幹情報の修正や開発に従事していた時に感じたことです。   年末になると、翌年の税法(案)などが毎年変更になりますが、各自治体がそれぞれの市の入力情報や帳票にあわせて計算部分を修正しています。すべての自治体が行っています。同じものを、時間がない中で作成し時々間違いが表面化し新聞沙汰になります。ベンダーの商売にはならないでしょうが、せめて計算部分の共通化をすれば、各自治体は、IN、OUT部分の改修のみで済みます。   段階を踏まえて最終的には、全国共通システムにというのが夢ですが・・・。"2009-11-10niblick2770170
13760026.その他電子政府改善地方自治体基幹情報システム IN OUT部分以外の共通開発化自治体システムの共通化については、以下のアイディアなどにおいても触れられていますので、ご参照ください。 自冶体の共同利用の加速化 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CqBdAAK 電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CphOAAS2009-11-10経済産業省アイディアボックス担当2770170
13760036.その他電子政府改善地方自治体基幹情報システム IN OUT部分以外の共通開発化予算の使い切らなければ、来年度減額という現行のやりかたをまず止めるべき。2009-11-11toshihar2770170
1383001
★アイデア
6.その他電子政府改善霞ヶ関クラウドなどに集約、現場にシステム置かないで経済産業省ですね、国主体で補助金出すから地方公共団体にシステムおきなさいというのがありますけど、(補助金も出さないのに置きなさいなんてのもある?)厚生労働省が多いかなぁ。置き場所とか、電気代とか休日のお守りとかなどまで面倒見てくれないし・・霞ヶ関クラウドとかやるのなら、システムを現場に置かないで、端末だけ置くようにしてほしい。システムごと置くとお金も手数もかかるんです。2009-11-11skydeck1770170
13830026.その他電子政府改善霞ヶ関クラウドなどに集約、現場にシステム置かないで「電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。 」のスレッドに霞が関クラウドと自治体クラウドの紹介をしております。そちらをご覧ください。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CphOAAS 技術の動向に合わせて様々な検討を行っているところです。 この中ではご指摘のようなシステムの置き場所のことも検討課題になっております。 現場にシステムがあるとメンテナンスだけではなく信頼性の問題も出てきます。 今後の議論は順次公開される予定ですので、そちらをごらんいただければ幸いです。2009-11-11経済産業省アイディアボックス担当1770170
1406001
★アイデア
8.つぶやきそもそも国民生活者にとって電子政府は必要か?"皆さん議論あるかと思いますが基本的な認識について簡単に整理したいと思います。 それは過去と今後を含め「そもそも国民生活者にとって電子政府は必要か?」「どのカテゴリの国民生活者にベネフィットがあるのか?」「それは投資金額に見合ったベネフィットか?」という疑問です。 1. 電子政府が必要な領域 官庁内のネットワークインフラ、事務用PC、サーバ、基幹業務システム。業務を効率化し、付加価値の高い分野に優秀な官僚の方の頭脳を活かして頂くためにも民間並に必要。PC、サーバーのリプレース、機能改善、機能追加についても必要であれば必要。外部からはアイデアを提言し難い領域です。 2. 電子政府が必要な領域(続き) B2Bの民間企業間では電子的なやりとりが普通なのに、官庁とのやりとりだけが紙ベースとなっており、重複管理、紙出し、PCへの情報の再入力が必要なために民間企業のコスト増を招いている分野。これは各業界と議論しつつボトルネックになっている部分があれば是非改善して頂きたい領域だと思います。これもその業界の外部からはアイデアを提言し難い領域です。 3. 電子政府の必要性が議論の分かれる領域 住民票、戸籍謄本、引越しの際の各種申請、確定申告の電子化など、国民生活者と官庁とのやりとりの電子化。「地方行政機関の駅の出張所に出向くのも面倒」「年に1度の利用だがあった方が利便性は高まる」という程度の分野です。コスト面、わざわざICチップ付きの認証カードを取得して、カードリーダー購入し自宅PCに接続してまで行うという人はほとんど居ない領域だと思います。 アイデアを求めるのであれば、クラウド化はどの分野をターゲットにしているのか?今後の電子政府はどの分野にどのような投資をしていくのか?の簡単な説明又は簡単な説明がまとまったPDFなどのURLがほしいと思います。"2009-11-12岡田治4981170
14060028.つぶやきそもそも国民生活者にとって電子政府は必要か?これらの提言を取りまとめる場合、もう一つ要りますね。 「現行システムの必要性が議論の分かれる領域」 電子政府化は突き詰めれば、人件費削減の一つの手法です。 つまり、現行のシステムと電子政府を並列稼働させた時点で、メリットのいくつかは失われています。 少なくとも、電子政府化に伴う現行システムの縮小をどこまでできるかは非常に重要な課題と見ます。 電子政府化し、民間の"士"職に申請させると言う経路に変換すれば、窓口の人員や、窓口施設そのものを完全に削減する事も可能です。申請1件ごとに手数料をキャッシュバックするという方式ですね。 そのうえで実際そこまでしても良いのかと言うのは、議論の余地があります。2009-11-12rd4981170
14060038.つぶやきそもそも国民生活者にとって電子政府は必要か?  たしかにそのような(「そもそも電子政府は必要か」)議論は必要かと思いますが、「電子政府の推進について」というタイトルの、    http://www.e-gov.go.jp/doc/scheme.html には、 ------------------------------ 1 日本の電子政府の取組について 電子政府とは、行政内部や行政と国民・事業者との間で書類ベース、 対面ベースで行われている業務をオンライン化し、情報ネットワークを通じて省庁横断的、 国・地方一体的に情報を瞬時に共有・活用する新たな行政を実現するもの (「 IT 基本戦略 」 ( 2000 年(平成 12 年) 11 月 27 日 IT 戦略会議決定))です。 我が国では、行政手続のオンライン利用の促進、行政情報の電子的提供の推進、業務・システムの最適化、 情報システムに係る政府調達の改善、情報セキュリティ対策の推進等に取り組んでいます。 また、 PDCA ( Plan (計画) -Do (実施) -Check (評価) -Action (改善))サイクルの確立により、 電子政府の取組を着実に実施し、成果を確実なものとするよう取り組んでいます。 ------------------------------ と書かれています。  問題は、この「カッコいい」表現がどれだけ実現されているのか、ということなのではないでしょうか。  とくに「情報ネットワークを通じて省庁横断的、 国・地方一体的に情報を瞬時に共有・活用する新たな行政」というのは実現されているのでしょうか。  そして「 PDCA ( Plan (計画) -Do (実施) -Check (評価) -Action (改善))サイクルの確立」はされているのでしょうか。そうであれば、「電子政府」としてなにが対象業務なっていて、なにをどう手をつけていて、どこまで進んでいるのかについて、まず私たちが知る必要がありそうな気がします。2009-11-12mita4981170
14060048.つぶやきそもそも国民生活者にとって電子政府は必要か?「電子政府」の示す(定義)内容にもよりますが、省庁内の業務のIT化・システムは必要と思います、が、Webとか電子申請受付システムなどは不要だと思います。 現在国民と対面で行っておりIT化が可能な業務は、地方や独法などに業務を委譲させ、そこでIT化に対応すればよいと思います。 中央省庁は、各省庁の使われないシステムにお金を使うぐらいなら、赤字を減らしてほしいです!2009-11-12ほげほげです4981170
14060058.つぶやきそもそも国民生活者にとって電子政府は必要か?地方移管する場合と、しない場合で、たぶん、開発システムが変わります。 地方移管する事が決まってから、国でシステム作成して、それから地方移管になるんじゃないかな。 たぶんそうしないと、地方で電子申請を受けたのを、国に申請しなおすだけの代行業になる気がする。 つまり、電子申請なのに、手続きに時間がかかると言う事に・・・。2009-11-13rd4981170
1420001
★アイデア
3.行政情報オープン化検索ポータル構築のすすめ全ての行政機関(大学など行政法人も含む)の持つ情報が国民のものだとするならば、日本政府と独立行政法人及び地方自治体全てにまたがるポータルサイトを4年計画で作り上げることが重要ではないでしょうか。この全ての文書/ホームページ(数十億ページにもなるでしょうか)を数秒以内に検索可能にすることを最初のゴールにおいて、現在の技術と方法を駆使すれば国民に使われるポータルを作り上げるのは充分可能だと思います。今の日本政府のポータルサイトはe-GOVというサイトだということですが、少なくともこのポータルの検索技術とそれを使う応用レベルは10年以上前のものだと考えています。(30百万弱のページが対象となっていて、検索すると結果は1000件で切れます)ポータルサイトというとメニューやディレクトリーから始まると考えられますが、最もよく利用されているポータルは検索から始まります。長くなりますが、政府ポータル構築のよい事例があります。以下、ご紹介しておきます。---------------USA.gov(米国政府公式の情報サービスサイト)より抜粋 ある研究者の検索システムが政府機関に寄贈されたことから初期の政府ポータル作りが始まった。(フェデラルサーチ財団)・2000年6月クリントン大統領によって、このフェデラルサーチ財団が政府ポータルを構築することを発表 2000年9月22日First.govとして検索ポータルがスタート(First.govのサブタイトルはYour First Crick to the US Government) 2002年より正式な国家予算のもとで稼動 2007年First.govからUSA.govへと名称が変わって今日へ「誰がUSA.govを所有しているのか?アメリカ国民です」(クリントン政権で始まった政府検索ポータルというのは示唆的です)ちなみにこのサイトで2002年から使われていたサーチエンジン会社は昨年世界最大のソフト会社に買収されました。現在ではこの後継検索エンジンなどで動いています。USASearch.gov2009-11-13mack.tokyo0770170
1426001
★アイデア
8.つぶやき定期的にさまざまなトピックで国民の意見を!!今回は電子政府の取り組みというトピックでしたが、今後も様々なトピックで定期的に本サイトのような施策をして欲しい。2009-11-13cybergov0770170
1037001
★アイデア
7.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます「アイディア投稿」という形式になっていますが、最初から具体的な「提案」を投稿するのは難しい方もいらっしゃると思いますので、「○○について知見のある方教えてください」や「○○について議論しましょう」「○○についてどう思いますか?」といった、質問・議論喚起の投稿もOKとしたいと思います。その場合、例えばタイトル冒頭に【質問】あるいは【議論喚起】と書いて投稿するとわかりやすいかと思います。質問や議論喚起に対するコメントの中の議論で、具体的な提案がでてくれば、その書き込みからスピンアウトとして、「提案」として別に新規アイディア投稿するという運用ルールで行きましょう。他にも、こういう運用で進めたらいいのではないかなどの提案がありましたら、どんどん書き込んでください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当17871190
10370027.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます1か月という限られた時間の中ですので難しいでしょうが、そうなるとテーマ別のコミュニティとかスレッド型のQ&Aとかに発展するといいですね。また個別の議論をリードするコーディネータや、ジャンク的な書込みに注意を払う人が必要かもしれません。次回があるなら、そういうことも検討してください。2009-10-15IT記者会17871190
10370037.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますいきなり文句を言うのも、やや気が引けますが、、、。 わたし(たち)はだれに提案、あるいはだれと議論するのでしょうか。経済産業省でしょうか。わたしは組織に提案したり、組織と議論するのは好きではないので(というかそれでは「聞き置く」程度にしかならないでしょうから、時間がもったいない)、「なにを担当している」「どのようなかた」に提案をし、議論をすることになるのかを承知してから参加したいと考えています。 提案にしろ議論にしろ、個人名がなければ面白くもなんともありません。2009-10-15mita17871190
10370047.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますmitaさんの指摘はもっともだと思います。ガス抜きに終始する可能性は否定できません。ある程度、意見が集約できたところで、政策担当者のコメントが出されるべきでしょう。個人名はともかく、部局課名ぐらいは出して、「参考にさせていただきます」(これが大半)、「このご意見はこのように考えさせてください」「いい提案なので、施策化したいと思います」というように。 まだ提案はありませんが、電子政府プロジェクトとグリーンITに関連した施策(例えばナショナル・データセンター)、第三セクターやNPOの位置づけといった政策は、経産省だけで解決できないでしょう。本当は国家戦略室がやってほしいプログラムです。私はここでは意見をちゃんと表明することが重要だと心得て、積極的に投稿していこうと考えています。2009-10-15IT記者会17871190
10370057.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますせっかくの企画なのだから、「 個人名はともかく、部局課名ぐらいは出して」などとおっしゃらずに、「自分は・・・」だが、「あなたの意見にはこう考える」ぐらいのことを言ってくれませんかねえ。賛成だろうが、反対だろうが、採用さろうが、却下だろうが、所詮、しごとは「ひと」が考えて、判断して、するもの、なんでもかんでも「手続き」で代行しようなんていうのはいただけません。 お役所というところは、たしかに個人名ではなくて、組織や職務で(手続き的に)しごとをするところ、というのがこれまでの慣習でしょうが、そういうことにとらわれているから「顔の見えない行政」「現場の分からない行政」になるのではないでしょうかねえ。 むかし毎日新聞の政治部の部長というかたが、ご近所にいて、記事に名前も書かずにいろいろ言うのは「卑怯」だ、と文句を言ったら、ああだこうだと「もっともらしい」言い訳をしておりました。もっとも最近は「署名入りの記事」が多くなったと聞きますが、、、。毎日新聞は読んでいないのでわからない。 いまの民主党政権でも、こっちの大臣が言ったことと、あっちの大臣がいったことが違う、とか言ってマスコミは「閣内不一致」なんて騒いでいますが、むしろ、いまのほうが予め調整した「予定調和的」現象よりはずっと人間らしくていい感じがします。違っているからこそ面白いのに、、、。みんな同じじゃつまらないでしょう。 官僚のかたがたもみんな同じ返答をしようなんて思わないで、どんどん言ってほしいですよねえ。「揚げ足取りはしない」という約束はしましょう。2009-10-15mita17871190
10370067.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます民主党の政策とかを見ながらこのアイディアボックス見てるんだけど、公務員が個人でこういった場で発言するのって禁止しなかったっけ? 国会だけ?2009-10-15yoppy17871190
10370077.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます試験的な取り組みでしょうし、おおらかにやって欲しいと思いますが、IT記者会さんがおっしゃる様に 部局課名ぐらいは出しても支障はないんじゃないですかね。 余談ですが、mitaさんのコメントの中で署名入り記事に触れてますが、IT記者会さんは会の方が複数人でコメントされているのでしょうか? IT記者会 なんて言われてしまいますと、お役所が組織名で活動するのと同じような印象を受けます(苦笑) 「 私はここでは意見をちゃんと表明することが重要だと心得て、積極的に投稿していこうと考えています。 」というお考えはすばらしいと思うので、もう少し個人が分かるような形にされてもいいんじゃないでしょうか。2009-10-15resubew17871190
10370087.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますIT記者会とは佃のことです。変更できるなら実名にしますけど。管理人さん、可能でしょうか?2009-10-15IT記者会17871190
10370097.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますといっている間に、別のメールアドレスで登録し直しました。「IT記者会」という名乗りはやっぱり卑怯の誹りをさけられませんからね。2009-10-15佃 均17871190
10370107.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます個人名にすべきとコメントいただいているところ、経済産業省担当者で書き込むと、またご批判頂きそうですが・・・。 部署名は書いていなかったのですが、隠すつもりはないので申し上げると、経済産業省において電子政府を担当している商務情報政策局情報プロジェクト室とCIO補佐官が中心となって書き込んでいます。もちろん、当部署だけでは回答が難しいものもありますので、その際には、関係者と連絡をとって事実確認をした上で書き込みをしています。 個人名とすべきか否かということは、賛否両論あるところだと思いますし、また、もちろん政府方針との整合性も考えていかなくてはいけません。経済産業省職員内においても賛否両論があります。引き続き、ぜひご意見いただければと思います。 なお、今回の実験は、「国民と行政職員の対話」ということと同時に、「国民同士の対話」ということも中心テーマにおいています。従来のアンケートやパブリックコメントでは、国民同士で意見を交流することが困難であったところ、今回の実験のような手法で、国民同士が話し合える場を作った場合、どのようなアイディアが生み出されてくるだろうかということもテーマの1つです。 このような議論の場において、実名にすべきか、匿名性を認めるべきかというのは、どちらにしてもメリット・デメリットがありますし、論点の1つであると考えています。実名・匿名のあり方についても引き続きご議論いただければ幸いです。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当17871190
10370117.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます連続投稿で申し訳ありません。実名vs匿名については、さらに議論をするのであれば、ここのコメントで議論するのではなく、新たにアイディア投稿を行った方がよいと思いますので、よろしくお願いします。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当17871190
10370127.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます昨日の初日から、このあたりについて同じようなことを考えていました。 最初からハードルが高そうで、悩んだあげく投稿しない方も多いのでは、という感じを受けました。 もう少し気楽に簡単に、伝えたいことだけコメント出来るカテゴリがあってもよいのではないでしょうか? 例えば「ホーム」のページに、次の2点を追加する案はいかがでしょうか? @「電子政府について国民から広く意見を募集しています。」 A「8.つぶやき」(アイデアとまではいかないが…、投稿できない環境の人の代理として…、など) ----------------------------------------------------例---------------------------------------------------- ようこそ、電子経済産業省アイディアボックスへ! 電子経済産業省アイディアボックスは、 みんなで電子政府のアイディアをつくっていく実験サイトです!   電子政府について国民から広く意見を募集しています。 ? 期間は10月14日から11月14日までの1か月間です。 まずは、「 さあはじめよう(PDF) 」をご覧ください。 (事務局からのお知らせ) 10月14日 サイトを開設しました。 ---------------------------------------------------- 【 カテゴリ別に表示 】全カテゴリ 1.電子手続き 2.行政ホームページ 3.行政情報オープン化 4.Web2.0活用 5.ITベンチャー・技術の育成 6.その他 7.このサイトについて 8.つぶやき ---------------------------------------------------- ?2009-10-15sakafuku17871190
10370137.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますsakafuku様 ご提案いただいた2点につき、対応できると思います。事務局と調整しますのでお待ちください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当17871190
10370147.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますsakafuku様 ひとまず@のご提案について対応しました。 Aはもう少しお待ちください。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当17871190
10370157.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますsakafuku様 ご提案のAについて対応しました。 せっかくユーザーの方からいただいたご提案なので、カテゴリの使い方もぜひユーザーの方々で話し合って決めていっていただければと思います。 よろしくお願いいたします。2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当17871190
10370167.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますまあそう四角四面でなくとも、というご意見、そのとおりですね。 ご担当の部署のかたからもご意見をいただき恐縮しています。 (どのかてごりになるかわかりませんが)気楽に投稿させていただきます。2009-10-16mita17871190
10370177.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けます早速のご対応ありがとうございます。 結果的に、ちょっと書き込んでみようかな、と思う方々が増えればと思います。(リードオンリーの人も) この取り組みは、とてもよい試みだと思いますので、敷居が低くなり利用者にとって使いやすくなっていくことを願っています。 もっとメディアにも取り上げてもらって、そのメディアに寄せられたご意見もメディア経由で取りまとめてもらって、投稿して下さる方がおられるといいなぁと思いました。 新聞社や雑誌の記者の方が読まれているかどうかはよくわかりませんが… mita 様 さっそくのコメントありがとうございます。 この一ヶ月の期間はあっという間だと思いますので、このような形で気楽に投稿させて頂きたいと思います。 2009-10-17sakafuku17871190
10370187.このサイトについて提案だけでなく、質問・議論喚起の書き込みも受け付けますyoppyさん、民主党が禁止しているのは、「省を代表して官僚が記者会見などを開くこと」だと思います。 つまり今まで事務次官の記者会見で大臣への確認もなく省の方針が語られ、大臣(政)がないがしろにされたための 対策だと思います。 事務次官記者会見以外の場で官僚が発言することを全て禁止しているわけではないと思います。2009-10-17シピオ17871190
1040001
★アイデア
3.行政情報オープン化行政文書のデジタル化立て続けの投稿で恐縮です 経済産業省で検討していた(というか、アイデアが出ていた)行政文書をデジタル化する話はどこに行ってしまったのでしょうか。雇用対策としても有効ですし、契約が解除されて倉庫に満杯のMFP(Multi Function Printer)の活用にもつながります。行政データベースの標準フォーマットを決めて、中央省庁、関連機関、地方公共団体が紙で溜め込んでいる書類をデジタル化する。地方のIT企業に新しい仕事を生み出し、地域の雇用を拡大する。それを利活用する技術の開発につなげていく。国民が情報を共有化することで、行政の透明度が増す。つまり電子政府システムの基盤になります。少なくとも雇用促進訓練支援金に億円も投入するより有益じゃないでしょうか。2009-10-15IT記者会3871190
10400023.行政情報オープン化行政文書のデジタル化福田政権で公文書管理法が成立し2011年から施行されます。保存期間中の文書の行政文書ファイル管理簿を情報通信技術を利用して公開する義務が行政の長に課され、重要文書は保存期間終了後に国立公文書館に移管し公開するよう定められました。 このアイデアは行政機関が持つすべての書類をデジタル化し、公開するという趣旨でしょうか?だとするとかなりコストがかかると思いますが、費用対効果の面から見てどうでしょう?必ずしもすべてデジタル化することがベストとは思えません。 公文書館に移管された行政文書をデジタル化するということであれば理解できますが、その場合は別のアイデアになりますよね。 このアイデアの趣旨をお聞きしてから投票と別途アイデアを投稿するか判断したいと思います。 参考: 公文書等の管理に関する法律2009-10-15resubew3871190
10400033.行政情報オープン化行政文書のデジタル化別アイデア「情報公開法に米国電子情報自由法の発想を入れた改正をすべき」で詳しく解説されていました。 より詳しい内容でしたのでそちらの方で投票させていただきました。2009-10-16resubew3871190
10400043.行政情報オープン化行政文書のデジタル化行政文書のデジタル化に関するご指摘の件は以下の経済財政諮問会議で提案している件ですね。 http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2009/0116/item8.pdf この後に自治体に基金が提供され行われた緊急雇用対策でも取り組み事例として紹介されています。 各自治体で、他の事例の事業や独自事業と優先順位など判断して実施しています。 resubewさんが疑問をお持ちのように全ての文書をデジタル化するわけではなく、電子化するとその後の利用も含め効果があるものを選択して実施していこうというものです。各種台帳類などは効果があるので例として挙げています。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当3871190
1083001
★アイデア
7.このサイトについてこのサイト構築を行った業者名の公表をしましょう2009-10-16泥舟茶憐爾1871190
10830027.このサイトについてこのサイト構築を行った業者名の公表をしましょう野村総合研究所さんですよね http://www.salesforce.com/jp/company/news-press/press-releases/2009-10-091009.jsp2009-10-23けんけん1871190
1092001
★アイデア
3.行政情報オープン化情報発信〜事務次官ブログ・局長ブログの設置オープン化(情報公開)では不十分で、情報発信を目指すべきというコメントをさせていただきました。 色々な案があると思いますが、例えば、、、 ネット系企業では一般化している社長ブログ・開発者ブログに習って 「事務次官・○○局長ブログ」などを設置して、 日々奮闘されている方々の肉声を発信してみてはいかがでしょうか。 行政が身近に感じられて、現在のように一方的に叩かれることも減るのではないかと思います。 (情報発信のリテラシーが確立されるまでは、大炎上することもあるかと思いますが・・・。) 頑張ってください!2009-10-17かつしん11082190
10920023.行政情報オープン化情報発信〜事務次官ブログ・局長ブログの設置行政は、日本で最高のThink Tankだと思う。  これを活用せずして、日本の改革も発展もない。 素晴らしい人材が、高い志で活躍してくれていると思う。(ちなみに、私自身、官僚ではないし、親戚もいない) どんどん発信してほしい。 また、重要な政策、たとえば、最近の沖縄の基地の問題など、国民的なコンセンサスを取るためのサイトがあってもいいはず。2009-11-9Ujin11082190
1124001
★アイデア
7.このサイトについてどうして「情報通信(産業)省」ができないのでしょう。そもそもソフトウェアの開発、ソフトウェアプロダクトから、情報の提供サービスから、ネットワークの問題からなにもかもが含まれたあたりを論じようとしています。そしてそれは、わたしたちは旧来的に言えば、通産省管轄でしごとをしていますから、現経済産業省といってもさほど抵抗感はありませんが、じつは論じられていることの多くは総務省の管轄でもあると思います。 すでに近隣の国々では、情報通信省のような名前の官庁として稼働しているやに聞きます。 そのような状況のなかで、日本では、相変わらず、いわゆる情報産業と通信業は別省庁であつかっています。統一してこその提案であり、議論なのではないかと思います。 まずは経済産業省が実施して、という話が聞こえてきそうですが、おそらくそれは総務省に先行して「手をつける」という意図でしょう。 「連絡先」の表示が「経済産業省」としてあるのがなによりの証拠と見ました。 どうであれ、いいことはいいのだからそう文句は言うな、という声も聞かれそうですが、こういう実験をするというのであれば、まず両省庁の連携を見せてこそ真実味が湧くものです。 どこまでいっても省庁の縦割りが崩れないようであれば、ここの議論も半分は意味のないものとなりかねません。2009-10-20mita21293190
11240027.このサイトについてどうして「情報通信(産業)省」ができないのでしょう。なぜ「情報通信省」ができないか。 同じ疑問をかねてから抱いていました。情報通信関連政策の国際会議に日本は経済産業省と総務省の代表が参加してチグハグな対応をすることが少なくない。それで、日本は政策が一本化されていない、と見られても仕方がない。たしかにそのように思います。身近なところで、韓国は情報通信部(韓国政府の「部」は日本政府の「省」に相当)に一元化されてますからね。 そこで考えなければならないのは次の2点。 ? @経済産業省の基本姿勢は産業育成・振興ですので、規制はなるべく少ないほうがいい、という考え方がベースです。なおかつ、機械機器製造業に軸足を置いている。一方の総務省は電波と通信・放送に関する管理監督が基本姿勢ですので、規制と許認可。ハード、ソフト、サービスというきり分けが必要かもしれません。いずれにせよ、政策のスタンスを一本化ないし調整しないと、組織をくっつけても形だけに終わってしまう。 ? A情報通信にかかるソフトウェアやコンテンツの著作権、人材の育成と雇用の創出、システムの安全・信頼性、技術移転といった課題を「情報通信」の括りで位置づけていいのか。現状ですと、著作権=文部科学省、人材育成=文部科学省・厚生労働省、雇用創出=厚生労働省、安全・信頼性=消費者庁・警察庁・金融庁・内閣府、技術移転=文部科学省といったことになるように思います。ところがそのようにすると、政策の連携が保てなくなる。 ? このように考えると、産業、貿易、教育、雇用……とジャンルごとに所管する役所を、できるだけ小さく作って、関連・重複する領域をフレキシブルかつアクティブに検討する横断組織を、という議論になってくるように思います。なんだ、それじゃ省庁再編の話じゃないか、となる。役所がたくさんできることに抵抗があるかもしれませんが、ピンポイントで政策を的確に所管できるなら、それはそれでいいと思います。 たいせつなのは、政策の立案、予算の評価、予算の執行、資産の管理、監査の機能を分けること。本来、それをするのが国会なんですが、これまでの国会議員は地域や産業の代弁者、大臣は省庁の代理人でしたから、なかなか「国」という視点にならなかった。 新政権は「脱官僚依存」を掲げていますが、日本の頭脳が集まっている霞が関を活用しない手はない。「国」の視点に立つ政治家+官僚+公+民+業の構成で、政策を作る→予算を評価する→予算を執行する→資産を管理する→財務状況を監査する、というPDCAサイクルを作ることが先決じゃないでしょうか。電子政府・電子自治体プロジェクトでも、PDCAがちゃんと機能していたら、こんな体たらくはなかったと思います。2009-10-22佃 均21293190
11240037.このサイトについてどうして「情報通信(産業)省」ができないのでしょう。佃さんのご指摘のとおりなのでしょうね。 たしかに「多」省庁にまたがる事項が多いので、というかITそのものが「インフラ」であることを考えるとそうならざるを得ない、のもごく自然に理解できます。 だいたい組織論から行くと、こういう問題は「マトリックス組織」ということになりますが、民間でやられた「マトリックス組織」でうまく行った例を聞いたことがありません。だからといって省庁でもうまく行かないとは、言い切れませんが、まあ組織人の習性から言っても「レッポートライン」が複数になってい「意思決定」が複雑に絡み合ったら、あまりうまく行くとも思えませんね。 そうするとどうしたらいいのか、が課題ですが、明確な答えはわたしにもありません。 むしろわたしの希望は、こうしたかなりむずかしい組織をいかに編成して行くかについての「オープンな」議論を展開してもらえないか、ということです。だれがやってもむずかしいことはわかっているので、それをどう「知恵」を出し合って試行してみるかの姿勢がこの局面ではほしいな、と思っています。 すべての省庁のインフラだと思えば、たとえば、内閣官房に置くことはできないでしょうか。ここでは現業は無理ですかね。でも「現業」とは言えませんよね。いずれにしろ内閣の直下に置くことがいいように思いますがねえ。いかがでしょう。国家戦略室でもかまいませんが、ここはおおむね「方針」を立てるところでしょう。 かねていろいろなところで指摘されていますが、情報に関する「センシティビティ」が低すぎる、と思いますねえ。2009-10-22mita21293190
1150001
★アイデア
3.行政情報オープン化官公庁職員の年収公開官公庁職員の年収公開し国民に査定頂き、 しかるべき給与システムに改革してはどうですか? 泣く人も笑う人もいるでしょうけれど、 透明感は、でると思います。2009-10-23シト014104190
1176001
★アイデア
3.行政情報オープン化情報システムにかかる政府調達事例DBの開示情報についてhttp://cyoutatujirei.e-gov.go.jp/Main?CID=GPB0101G01 こういったDBができ、情報がオープンになることはよいことだと考えます。ただ、もう少し開示内容が詳細化されると、意味のあるものになると思います。全体的に今ある項目をうめていただければと思うのですが、特に、総合評価落札方式(加算)の場合には、@すべての応募社の技術点、価格点、A技術点の項目が開示されると、国民から見ても、競争や公平性のわかる調達となると思います。2009-10-25alf1871190
11760023.行政情報オープン化情報システムにかかる政府調達事例DBの開示情報について総合評価は評価結果より、何をどう評価すると高得点?なのかの評価基準が結構いい加減なんです。なので、それらを出すと、山ほど苦情が来ると心配してるんではないかと。なんでここが好評価なんだ!とか・・・・・ そんなことはないかな?2009-10-26skydeck1871190
1193001
★アイデア
1.電子手続き極力、電子証明書を要求しない紙申請であれば署名や認印で申請可能なのに、電子申請となると実印・印鑑証明書相当といえる、電子証明書が要求されるケースが多い。 電子申請を要求するのは、紙申請に実印・印鑑証明書が要求されるような手続きなど本人確認の担保が特に要求される手続きに限定し、その他については、ID・パスワード方式を原則とするべきである。申請内容の担保については、行政機関の電子署名をしたPDFファイル等を本人宛に交付するなどにより行うことができる。2009-10-28haltake21293190
11930021.電子手続き極力、電子証明書を要求しないほんと〜に同感。 JavaのJREをインストールしたりしないといけないとか、署名を時々更新しないといけないとか、ICカードリーダを購入しないといけないとか、色々とあって役所行ったほうが早いなとなっちゃう。2009-10-29kazu21293190
11930031.電子手続き極力、電子証明書を要求しない電子証明書の搭載されたICカードを持ってれば本人だ、というのは本人の銀行カードを持っているのは本人だというのと同じような話です。それならATMでは銀行カードを挿入するだけで預金を降ろせてしかるべきですが、誰もそんなバカなことは考えませんよね。  住基カードにせよ銀行カードにせよセキュリティを保っているのはカードの中に搭載されている機能ではなく、カードを使うときに要求される暗証番号です。先ずは暗証番号システムの改善に注力すべきと思います。「パスワードの改良」というアイデアが投稿されていますが賛成です。2009-11-6アナトミ21293190
1198001
★アイデア
1.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発現在ある技術を利用すれば各種証明書をすべて統一することも可能なはずです。 免許証・保険証などすべての内容を登録したデバイスに、指紋認証などの生体認証デバイスを組み合わせることによってより本人確認がしやすく、一元化されたデバイスを提供してはいかがでしょうか。必要に応じて表示内容を切り換えられるものです。 薄型化に課題がありますが、我が国の技術であればそう遠くない将来に実用化可能でしょう。 現在でも最も薄い携帯電話程度には小型化可能です。 証明書情報が偽造でないことを確認するためには非接触式ICカードによる照会や画面に照会システムへの一時パスワード(一部銀行で採用されているような時間によって変わるトークン式)を提供することで、偽造・成りすましといったような行為を止めることができます。 登録されていない指紋を使って表示することはできない仕組みとすれば盗難の可能性も低くなるでしょう。 銀行等での利用が促進されれば、振り込み詐欺のような犯罪に使われる口座を減らすことも可能になると思われます。2009-10-29shujix614104190
11980021.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発基本的な考え方には賛成です。 が、おっしゃっている、本人確認の要領には首を傾げています。 生体認証は、100%ではありませんし、これからも100%になりません。だいたい、元データが盗まれたら、他の方法なら、パスワードを変えてください。で、すみますが、生体認証では、あなたの指紋を変えてくださいと言われても困ります。 また、ICカードの利用は、そのカードが盗まれたり偽造されたりして使われる可能性を無視できないと思います。なぜ、止める事ができますとおっしゃっているか、理解に苦しみます。 カード自体を盗まれたらぜんぜん駄目なのでは? この辺りのところをしっかり詰めて頂ければ、このアイデアは良いと思います。2009-11-7山田614104190
11980031.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発ワンタイムパスワードに言及しておられますので、以下に「虚構を捨て去ろう」というウチダさんの投稿の一部借用を。 「ICカードや登録携帯電話を持っていれば本人だ。」 ? ICチップ付きキャッシュカードであれば挿入するだけで大口預金を降ろせるAMTがあって然るべきだし、暗証番号を記したメモを持っている人を本人としてもかまわないはず。 ? 「ICカードに入っている電子証明書は正しく本人を認証できる。」 ? 財布に入っている現金は、偽札でない限り、財布の持ち主を正しく認証できる。ん? ? 「ワンタイムパスワードは固定パスワードの制約を破る強固な本人認証だ。」 ? トークン / 携帯電話に表示される使い捨て数字列は人間にしか認識できない。人間であることの証明は本人であることの強固な証拠だ、ということか? 目標については共感できるところもありますが、現実の認識について賛同できません。 ?2009-11-9アナトミ614104190
11980041.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発趣旨には賛同できるのですが、漏洩したときに取り返しのつかない個人情報である指紋や静脈などを使うのは危険なので、パスワードをうまく使うことを考えるべきかと。2009-11-14道頓614104190
11980051.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発道頓さんは生体認証情報を使うことに懸念されていますが、もしや生体認証技術の性能を過大に評価していませんか? H社の静脈認証製品についてIPAの製品データベースでは  本人拒否エラー率 0.01%  上記本人拒否率のときの他人受入エラー率 0.0001% となっていて、銀行の人達もこうした性能を引用しているようです。2009-11-14アナトミ614104190
11980061.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発ところが第三者評価機関であるIBG( International Biometric Group )の評価データによれば     FMR0.0001%のときのFNMRは10.5%    FNMR0.01%のときのFMRは100% 一方では0.0001%のものが他方では100%。前者は自社測定、後者は第三者機関測定ですが、本人拒否率が1万分の1となるような閾値設定で運用した場合、前者では100万人に1人を特定できると言っており、後者では他人排除ゼロ、つまり全ての人間が同一人物であるとみなされると言っています。2009-11-14アナトミ614104190
11980071.電子手続き各種証明書・免許の統一用デバイスの開発尚、 IPA/IBGの公表データは以下のサイトで確認できます。 ? IPAの製品データベース   https://isec.ipa.go.jp/biodb/details/seihin3View.html?seihinId=241 IBG( International Biometric Group )の評価データ   http://www.nws-sa.com/biometrics/CBT6_public_report.pdf ? IBGデータにはF社製品の性能も参考情報として記載されていますが、H社のものと同じようなレベルと推測されます。 私の静脈データが私を特定できる確率はこの程度ということのようですので、視点を変えてみてもやはり暗証番号・パスワードの工夫が本命であるということでしょうか。 (4000字制限ルールで500字も書けないのはかなわないですね。)2009-11-14アナトミ614104190
1199001
★アイデア
3.行政情報オープン化省内システムのオープンソース化こんにちは。個別の業務システムから汎用的なコンテンツ管理のようなものまで、経済産業省内には様々なシステムがあるかと思います。ある程度汎用的は、ものについてはオープンソース化してみるのは如何でしょうか? * ある程度の人数のプログラマを採用する。 * 省内システムの内、汎用的なものをピックアップし、ソースを整理する。 * 整理がまとまったところでソースコードを公開、外部開発も参加可能な状態にする。 * 一定の品質を確認できたら、オープンソースプロダクトとして一般に広く利用してもらえるようプロモーションをする * 同時にSaaSとしても展開する。 情報システムの整理には、コード感覚がある人間が必要ですし、 日本のガラパゴスITを転換できるきっかけにもなるかと思います。 また、政府支援のプロダクトということで利用者側にも安心感があるかと。 また、この取り組みによって、 他の業務システムへも有益なフィードバックが生まれてくると考えます。 プログラマの人件費は 50人 * 700万/年 = 3.5 億 * 3年 =?10.5 億。 3年で10.5億。どうでしょうか? 2009-10-29turutosiya514104190
11990023.行政情報オープン化省内システムのオープンソース化民間でもできないことを、省庁ができるとは思えない。 パブリックサービスのソースを公開するのは、セキュリティ的にも心配。2009-10-29ばらじ514104190
11990033.行政情報オープン化省内システムのオープンソース化当然、機密上公開したらまずいものは公開しないようにすべきです。 情報システムの共通基盤を作るのに苦労する原因は、 官庁にコード感覚のある(コードを書ける)人材が不足している事が 無視できない要因だと思っています。2009-10-29turutosiya514104190
11990043.行政情報オープン化省内システムのオープンソース化# アイデアだしの段階では、できるできないは、取りあえずは置いておきましょう。 更に、というか、逆に、というか、積極的にもっとオープンソースを採用しては、いかがでしょう。2009-10-29Wild Fire514104190
11990053.行政情報オープン化省内システムのオープンソース化ですね。というか開発そのものに参加すれば良いのになぁ。と。2009-10-29turutosiya514104190
11990063.行政情報オープン化省内システムのオープンソース化同様のシステムを重複して作成することがないようになればいい。2009-11-11カン514104190
1216001
★アイデア
8.つぶやきエコポイントの申請エコポイントですが、 ・郵送でしか受け付けない。 ・1機種 1郵便 という対応。 と聞きました。  面倒だったら申請する人が減ることを期待しているのかな?  ネットを活用した申請でも可能 にならなかった理由って何だろう? と思いました。 2009-10-29mozart01082190
1224001
★アイデア
3.行政情報オープン化e-statでは用語辞書機能も充実して欲しい。(塩釜ではなく塩竈です)e-statで「標準地域コード」探してみました。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/hyoujun/researchStdAreaCode.do 市町村名に塩釜と入力すると、 WAU10001:対象データがみつかりませんでした。とのエラーになります。 塩竈と入力すると、標準地域コードが検索されます。 この体験を通しまして、感じたことは、塩釜も塩竈も同じ意味であるということを コンピュータに理解できるように行政分野での用語辞書(霞が関版)の充実化を期待します。 データ検索者は、塩竈、塩釜の違いを気にしないでも良くなります。 政府統計分野での用語辞書の充実は他の電子行政情報サービスにも有益となると考えます。 このような用語辞書が整備されてくると、米国で提供されている、Data.govより検索精度が充実した 日本版Data.govを目指せるように思います。期待しています。 http://www.data.gov/2009-10-29metadata0871190
1238001
★アイデア
4.Web2.0活用改良版腐る貨幣"以前の大恐慌のときに、オーストリア・チロル地方のヴェルグルで、面白い経済政策が行なわれたようです。http://www.anti-rothschild.net/truth/part1/05/part1_51.html http://www.anti-rothschild.net/truth/part1/05/part1_53.html 労働の対価として貨幣を得たその時点が、1番高い貨幣価値を有し、時間が経過するにつれて価値が低下していくという、ユニークな地域通貨を発行しました。いわば"腐る貨幣"(だんだんと目減りする貨幣)です。効果として、腐る前に貨幣を流通させることによる経済の活性化が期待できます。グッドアイデアじゃないですか。 これをさらに発展させた応用例として、以下のものを考えました。a 腐る貨幣の使い道に応じて目減り度合いを異ならせる。b 対価として腐る貨幣を取得した労働の種類に応じて、その目減り度合いを異ならせる。 aの応用例を採用した場合には、国内の消費分野をコントロールできます。例えば、国内消費を、不動産購入からIT投資にシフトさせたいときには、IT投資の用途に消費する場合は目減り度合いを低くし、逆に不動産の購入に消費する場合は目減り度合いを高くすれば、OKです。 bの応用例を採用した場合には、職業別の労働人口のコントロールができます。例えば、国内の労働人口を、金融から介護の分野にシフトさせたいときには、介護の労働で得た貨幣の目減り度合いを低くし、逆に金融に関する労働で得た貨幣の目減り度合いを高くすれば、OKです。上記a、b以外で、有用な応用例があれば、教えてください。 aのさらなる応用例として、腐る貨幣を、リスペクト市場における「リスペクト数値」に使う場合には、全く目減りしないようにするのが、面白ろそうな予感がします。「リスペクト数値」とは、例えば"はてな"における「投げ銭」や「スター」のように、相手に対する敬意を表す価値情報です。他人から貰って蓄積された「リスペクト数値」は、価値の目減りを生じさせず、それを後に貨幣に代えて使うことができるようにします。 効果としては、リスペクト(敬意、尊敬)を得るためのインセンティブがアップし、世の中に善意の行動が蔓延する点です。  少しギフトエコノミーに似ています。ギフトエコノミーとは、自ら進んで与えることを前提に成立する経済であり、売買ではなく共有に基づき成立し、市場経済の対極に位置する経済です。以下の解説が分りやすいですよ。 http://www.insightnow.jp/article/940 この「リスペクト数値」に変換のアイデア、1つのっぴきならぬ問題点(副作用)が生じる恐れがあります。自分の腐る貨幣を、腐る前に「リスペクト数値」に変換して貯蓄しておくという、不正行為です。自分の腐る貨幣を自分の「リスペクト数値」には変換できないようにすればよいではないか、と思われるかもしれませんが、そのようにしても、以下の不正行為を阻止できません。例えば、2人の人間(AとB)が結託して、Aの所有する腐る貨幣をBのリスペクト数値に変換するとともに、それと同じ額のBの腐る貨幣をAのリスペクト数値に変換すれば、不正行為が可能になります。 この不正行為によって、みんな、自分の腐る貨幣の全財産を「リスペクト数値」に変換して、腐らない状態にして保管するようになり、腐る貨幣を作り出した意味(腐る前に貨幣を流通させることによる経済の活性化)がなくなってしまいます。 この不正行為を阻止するグッドアイデア、なにかありませんか。"2009-10-30futureeye5660190
12380024.Web2.0活用改良版腐る貨幣面白い仕組みだと思います。 時間経過とともに、貨幣の価値が変わる、なかなかだれも思いつかないですよねえ。 おっしゃるように、貨幣を手に入れた時点でその後の「腐りかた(率?)」がまちまち、というのもいいでうねえ。もし率であれば、たとえば「0」であれば落ちていかない、ということですね。 面白いのだけれども、どうやって管理していくのでしょう。まあ、そんなことは技術的な細かい話ではありますが、、、。2009-10-31mita5660190
12380034.Web2.0活用改良版腐る貨幣うちの父親も同じことを言っておりました。 私は、普通にリフレ政策 (調整インフレ) したほうが簡単なんじゃないかと思います。 リフレのほうが赤字国債も目減りしますし。2009-11-1ukulele5660190
12380044.Web2.0活用改良版腐る貨幣減価する貨幣のアイディアはとても良いと思います。  昨年、定額給付金の話が出た時に、私も関心空間というサイトで「 国内消費振興券 」というアイディアで、ほぼ同様のアイディアをもっと具体的な方法論も含めて提案しました。 具体的には、現行の紙幣の片面に一か月毎に減価する日付を印字した枠を印刷し、減価期日毎に収入印紙を貼らないと紙幣を使えない、という仕組みにする、というものです。 電子的な方法論を使えば、減価比率を微細に調整することも可能かと思いますが、実際には経済を回す為には様々な場面で使える現行のような紙幣を対応させる必要があり、やはりある程度固定した比率の減価にならざるを得ないと思います。 国民総背番号制度等の基盤技術が確立された後に、細かく比率を変動させられる減価する通貨を設計すれば良いと思います。 現在の日本の景気の低迷を救うには、直ぐに使える「減価する貨幣」を実行する必要があると思われますので、簡単なものから順に実施して行く多段型導入を提案したいと思います。 問題は、このようなアイディア(負の金利)のアイディアが、政策としてもメディアとしても、全くメジャーな場で取り上げられないことでしょうか。 どこかで負の金利が都合悪い誰かが堰き止めているのでしょうか。2009-11-1島崎丈太5660190
12380054.Web2.0活用改良版腐る貨幣皆様、コメントありがとうございます。 この改良版腐る貨幣の効果をまとめると、以下のものであり、単なるリフレ政策では奏されない効果だと思います。 a 腐る前に貨幣を使いたいという動機付けを生じさせ、消費の喚起による経済の活性化。 b 消費分野のきめ細かなコントロールを可能にする点。 c 労働人口の分野別のコントロールを可能にする点。 一方、この改良版腐る貨幣の最大の欠点は、実際の導入に当たって、既存の貨幣との併用が難しい点かもしれません。既存の貨幣と腐る貨幣とが併存する世界では、皆既存の貨幣の取得を望むためです。特に、貨幣の貯蓄率の高い大富豪ほどその傾向は高くなります。島崎丈太さまの言われる「負の金利が都合悪い誰か」とは、世界の大富豪かも知れませんね。 それではどうしたらよいのか? 既に既存の貨幣が流通している世界に、後から腐る貨幣を導入するのが事実上不可能だとするならば、セカンドベストの方法として、腐る貨幣のみが流通する世界を新たに創ればよいではないか、ということになります。リンデンドルが流通するセカンドライフという仮想世界での経済圏を皆様ご存知ですよね。ネット上のバーチャル世界に、腐る貨幣のみが流通する仮想経済圏を新たに創れば、面白そうですよね。 "マイバーチャルステイツ"のアイデアを提案していますが、このマイバーチャルステイツ内で、腐る貨幣を流通させる手もあります。2009-11-3futureeye5660190
12380064.Web2.0活用改良版腐る貨幣「不正行為を阻止するグッドアイデア」ではありませんが、地域通貨も腐る紙幣と同じ機能を持っているのでは? 地域活性化、お金の流通促進という点で、地域通貨をもっと推進する取り組みをしてはどうでしょう? 企業単位では、すでにポイントという地域通貨のようなものがありますよね?これって、使用期限があれば、腐る紙幣ともいえますね。2009-11-10murakaka5660190
1247001
★アイデア
4.Web2.0活用統計データ、文書のAPI経由、データベースとしての公開こちらに関連してのアイディアです。 「情報公開法に米国電子情報自由法の発想を入れた改正をすべき 」http://metiideas.force.com/ideaView?id=08710000000Cp1mAAC 経済産業省ホーム>統計http://www.meti.go.jp/statistics/index.html Web2.0は、Ajaxなどの人間が使う部分のインターフェースの向上のみならず、RSS, XMLRPCなど、コンピュータプログラムからのWebデータ利便性向上運動でもありました。官公庁のWebで好評されているデータは、人間からの利用の向上のみならず、コンピュータからのデータベース問い合わせで、簡単に数値や文書、画像などを、必要なときに、必要なデータを 簡単な手順で取り出せるようにお願いいたします。官公庁にて公開されている文書、データは、民間から見れば国有財産です。どれだけ使っても減耗しない、 しかも、活用されればされるほど経済波及効果を生み出すという、すばらしい財産です。現在、最小の予算で最大の効果を、ということがうたわれていますが、 この宝の山を有効活用することで経済波及効果を生み出すことができるのではないでしょうか?エンドユーザーからの利用のイメージを、数式処理ソフトMathematica風の擬似言語で一例を示します。(最近はデータベース問い合わせも、SQLよりもキーバリュー型が流行みたいです)CountrylData[ {{"人口","年齢別"} ,{{{1950,1,1},{2009,12,31}}} ] #この60年の年齢別人口の推移 戻り値 { {1950, {ゼロ歳児人口, 1歳人口 , 2歳, 。。。。 }} 、、、、>中略>  {2009,"Not Available"}} FinancialData[ {"投資主体別売買動向" ,{"東証" , {{2009,1,1},{2009,12,31}}} ] 年初から最新まで pat_list = Search ["特許",{ "扇風機", "プロペラが無い"} ]  プロペラが無い扇風機に関わる 公開済み特許番号のリストpdf_list = 公文書[ "特許", pat_list, "PDF" ]リストの文書全部をPDFとして取得 URLだけを返してもいいかもしれません text = 公文書[{"特許, pat_list[[0]]}}, "TEXT" ] テキストマイニングするには、プレーンテキストのほうが都合のいい場合も多いので。−−−−−−−実は、既に数式処理ソフトMathematicaでは、 GDPや総人口などから、もう少しきめ細かいものまで、世界各国の統計データを年次別に簡単に扱えるようになっています。http://reference.wolfram.com/mathematica/ref/CountryData.ja.html 他にも、それぞれ単独で購入すると扱いが煩雑で、価格もそれなりにかさむ、様々な地理データなども、一元的に扱えるようになっています。国の機関の公開データについて、Mathematicaのみならず、エクセルであったり、他のプログラムからも、同様に簡単に、さらに、できれば無料で扱えるようになると、・ホワイトカラー労働者の生産性向上 Webページへのクローラによるデータ収集など、めんどうなプログラムをなんども書かなくてすむようになる。 ・データの二次利用の推進による経済波及効果 ・対日投資の向上 プログラム言語や数字は、国境を軽々と越える万国共通語です。 厭な感じを受ける人も居るでしょうけれども、外国に対して日本を発信していく、ということはすごく大切なことだと思います。問い合わせは日本語表記でも、英語表記でも行えたほうがいいかもしれません などがみこまれる、のではないでしょうか? 以上、判りにくい説明ですみません。 ぜひ、この件について専門家のご意見なども広く集められ、実用化されることを願っております。2009-11-1ukulele0660190
1254001
★アイデア
7.このサイトについて一覧性、検索性をあげてほしい。カテゴリ表示でしか検索できず、スクロールしなければ閲覧できないのは、非常に閲覧に苦労します。 csvダウンロードができるようにされていますが、これを画面上から行えるようにできないでしょうか?2009-11-2たかさん3660190
12540027.このサイトについて一覧性、検索性をあげてほしい。他のスレッドでも一覧性の問題は多くの指摘をいただいております。 タイトル一覧を出す機能がこのサイトの仕様にはないので、トップページでタイトル一覧をダウンロードできるように対策をしているところです。 ご不便おかけしますが、ご理解いただければ幸いです。2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当3660190
12540037.このサイトについて一覧性、検索性をあげてほしい。ご返答ありがとうございます。 次回のアイデアボックスのようなシステム作成の際には、 是非、そういった機能を追加していただければと思います。2009-11-4たかさん3660190
12540047.このサイトについて一覧性、検索性をあげてほしい。一覧性を確保するためにカテゴリごとにGoogle Readerを利用し、読み込んでます。2009-11-10i23660190
1255001
★アイデア
8.つぶやきパスワード(暗証番号)の桁数増加銀行のATM端末等におけるパスワード(暗証番号)が未だ4桁の数字としているものが多い。これは1語4バイト時代の名残と思われる。コンピュータの速度・メモリサイズ、回線速度等は格段に向上しているのだから、桁数を増やし、また数字以外の文字を許容してもよいのではないか。たとえば英数字6桁とするだけでもセキュリティが向上するし、使用者も記憶しやすくなる。銀行等にとっては設備投資増となるが、セキュリティ向上による利得との見合いであり、端末ベンダ側には特需となって経済効果が期待できるのではないか。2009-11-2非凡なる凡人51293190
12550028.つぶやきパスワード(暗証番号)の桁数増加文字だけでなく写真やイラストなど画像も自由に登録して使えるようになれば更に良いでしょうね。2009-11-3アナトミ51293190
12550038.つぶやきパスワード(暗証番号)の桁数増加賛成です。画像が使えるならさらによいと思いますが。2009-11-5道頓51293190
12550048.つぶやきパスワード(暗証番号)の桁数増加2009-11-6如意の輪51293190
12550058.つぶやきパスワード(暗証番号)の桁数増加記憶力が衰えてきている高齢者には暗証番号4桁でも辛いです。預金通帳毎に暗証番号が異なると正確に思い出すことことは高齢者には難行のゆえ、一層ATMの操作が苦行になります。高齢者だけでなく、多くのパスワードの記憶に悩む人にとってもテキストだけでなく写真や図絵もパスワードの対象にすることで、光明が射すのでは。2009-11-6如意の輪51293190
12550068.つぶやきパスワード(暗証番号)の桁数増加間違えて賛成のボタンを押してしまったので訂正を。出来ないことをやれば安全になる、などという虚構はやめましょう。如意の輪さんに賛同です。2009-11-6ウチダ51293190
1271001
★アイデア
6.その他電子政府改善トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ今後、電子政府の構築をより効率的、効果的に推進していくためには、トップダウンアプローチとボトムアップアプローチの双方をうまく組み合わせて適用していく必要があると感じています。これまでも電子政府施策に関連する各種ガイドライン等が策定されていますが、その強制力が乏しいために、作っただけに終わり、十分に機能していないように感じています。従来、サービス供給者側に一任されてきたが故に、各府省独自仕様等による構築がなされ、利用者に対して多くの不便を感じさせている原因となっていることは否めないのではないでしょうか。ワンストップサービスや府省間のバックオフィス連携を実現しようとするならば、各府省の独自色は排除して、トップダウンアプローチによる各種ルール、制度の遵守を各府省に義務づける必要があります。これを実現するために、各種ルールづくりの行い方はもちろんのこと、適用後の厳格なモニタリングの仕組みを導入すべきと考えます。一方、技術革新には著しいものがありますから、サービス提供者側による最新技術を駆使した創意工夫によるボトムアップのアプローチを排除すべきではありません。要は、どの範囲をトップダウンまたはボトムアップで行うべきであるかを十分見極めることが重要だということです。例えば用語辞書づくりなど、その格好のテーマになり得ると思います。共通部分はトップダウンで構築し、個別固有部分はボトムアップで拡張していくといった具合です。2009-11-5えぼし0660190
1280001
★アイデア
8.つぶやき大学多すぎ大学という名がつく学校が多すぎ。わけがわらない大学やら学部があるし、少子化にむかっているのにまだ新しい大学ができたり、学部を増やす大学があるって、どうなっているの? これらのことって将来の日本のためなのでしょうか? 今後IT人材育成の必要性をはじめ、新しい学問ができることは理解しますが、大学である必要はないでしょう。プログラマーなら専門学校(2年間)で十分でしょう。むしろ専門学校すらいかずに企業に勤めたほうが良いかもしれません。 個人的には、通常の会社員になるならば、はっきりいって今の大学で学んだことが社会人で役にたつとは思いません。アルバイトとかボランティアなどの学校以外での活動から学ぶほうが多いと思います。 ならば学歴への考え方の改革や、中卒・高卒からの雇用の創出を考える方が、よっぽど将来の日本のためになるのではないでしょうか?  また研究者や専門家を目指す一部の人が大学に行けばよいだけになるよう、高校までに社会人に必要な知識や体験をさせる必要があるのではと思います。 つまりは政府としては、雇用創出と教育をトータルで考えて、高齢化少子化を迎えたときの日本のあるべき雇用・教育環境をしっかりと絵を描いて、政策を行ってほしいです。2009-11-5ほげほげです3871190
12800028.つぶやき大学多すぎ学歴そのものは別に悪くも何にもなくて、卒業するときには馬鹿になっているシステムがいまだに稼働しているのが謎です。 だからといって、"学歴より社会人歴"という方向に走るのも安直すぎますし、両方あるのが理想ですね。 ITの分野は経済産業省が一番柔軟性がありますから、もっと民間専門学校と連携を強めたり、創業半年とかのできたてベンチャー企業とも交流ができたりとか、なんらかの一体になる場とかがあると良いかと思います。2009-11-6ta__ki3871190
12800038.つぶやき大学多すぎ職歴は、随時加算されていくのに、学歴は卒業という結果だけ加算されるのもちょっと変な気はします。 高校時代に社会人経験させるよりも、大学進学条件に、社会人経験2年とか付けた方が有意義だと思う。 少なくとも、惰性で大学行って、惰性で大学卒業する人なら、普通に体育会系の高卒の方が使える人材だと思うぞ。 とはいえ専門研究職などになってくるとまた変わるけどなぁ。 もっかい勉強したい事が出来た時に勉強しにくい社会と言うのは、変えてほしくはあります。2009-11-9rd3871190
12800048.つぶやき大学多すぎ大学の数も多いですが、施設の立派さが気になります。巨大な校舎が都心に建っているのをみると、学費の高さもありますが、補助金が多すぎるのではないでしょうか? 学生の卒業時のレベルや中退率なども検証して、きちんと評価して支給してほしい。2009-11-14カン3871190
1292001
★アイデア
3.行政情報オープン化カーナビをもっと便利にし,エコドライブにも使えるようにするカーナビに次のような改善が行われると,さらに使いやすく便利になると思います.また,エコドライブにもつながります. ・新しく開通した道路などの情報の更新を頻繁に行って,最新の道路情報が表示されるようにする.(できれば,更新費用も安く.) ・道路工事などの規制が行われている場合,正確な情報ができるだけ早く表示されるようにする. ・下り坂がどこにあってどのくらいの勾配なのかがわかるようになれば,エコドライブにつながり温暖化対策にもなります.車メーカーにもこうした情報を活用したエコドライブの支援をお願いしたいと思います. 2009-11-7Trans2871190
12920023.行政情報オープン化カーナビをもっと便利にし,エコドライブにも使えるようにする道路がいつできるのかは、自治体は分かっているはずなので、その情報を分かりやすく、事前にウェブで公開してくれるといいと思います。 また、道路情報と渋滞情報をいつも最新のものにすることで、燃料のムダを減らすこともできます。2009-11-8honey2871190
12920033.行政情報オープン化カーナビをもっと便利にし,エコドライブにも使えるようにするカーナビにも使える社会インフラとして、ご提案の道路建設・工事情報のみならず、交通渋滞情報の収集、及びその適切な周知システムを整備するべきだと思います。世の中の流れとしては、Google(問題があれば匿名化処理希望)のトラフィックサービスに代表される様な、移動体の移動情報をリアルタイムにwifi網等で収集して、それを適切に移動体に伝えるサービスにより、渋滞による機会損失は大幅に削減できるはずです。各社のなかなか普及しない「プローブサービス」に頼らず、移動者の移動情報というプライバシーもからむ情報インフラ整備をGoogleに押さえられる前に、大至急、国として取り組んで頂きたいと思います。2009-11-11霧訪2871190
1304001
★アイデア
1.電子手続きアプリケーションをもっとヒューマンセントリックに行政のIT化はいろいろ議論されますが、IT化はあくまでも手段であってGoalではないと思います。実際どんなにインフラが整ってもどうしても人のぬくもりがなければコミュニケーションをとれない人間はいるものです。それでも業務の効率化、サービスの向上をもとめるなら、もっとアプリそのものに注意を払うべきです。PCでもKIOSKでもいい、そこには若rふぁない人のために実際に行政のネットのオペレータにつながるボタンを用意するとか、次にシステム使ってもらえるようなStep Upのサポートをすべきです。今は使えるか使えないかでもう選択肢はおしまあい。窓口に行く人はかならず次も窓口にいきます。面倒と思いつつ。。。最初はもしかしたらPCからネットででんわするだけかもしれません。でも次は一つボタンが押せるかも、そしてその次はタイプインできるかも。。どんどんITになれていけばいいんです。そのためのStepを用意されたアプリケーションにまったくなってないですよね。。。2009-11-9enoki0660190
1317001
★アイデア
4.Web2.0活用総理も積極的にtwitterを使って情報発信して欲しい"今日の国会で、鳩山総理も twitteを利用するべきだという話題が出ていると聞きました。 その意見には全くの賛成です。 リアルタイムでの情報は、政治の動きをニュースなどでしか知ることのできない普通の人からすれば、非常に興味深いことだと思います。 現在、伝統的な情報発信にメルマガがありますが、あんなごちゃごちゃ書かれているものなんか、ゆっくり時間があるときにしか見れません。 メルマガを作るほうも時間がとられるので、メールマガジンが休刊する時もあります(実際鳩山首相のメールマガジンも休載しがちの様ですし)。 せっかく新しいコミュニケーションツールが出てきているのだから、積極的に使えばいいと思います。 より政治が身近に感じられますし、メルマガだと定期的にしか情報発信できませんが、twitterだと、政治の動きを身近に感じられて、一般の人も政治への参加意欲が増すのではないでしょうか。"2009-11-97742871190
13170024.Web2.0活用総理も積極的にtwitterを使って情報発信して欲しい首相のITリテラシーは大事ですし、直接国民とコミュニケーションすることは非常に重要だと思います 国政に国民の生の声を!!!2009-11-9こっとん2871190
13170034.Web2.0活用総理も積極的にtwitterを使って情報発信して欲しいtwitterの活用については、下記のアイディアも投稿されています。ご参考までに。 情報発信にTwitterを活用してみては http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Cohc&returnUrl=/apex/ideaList%3Fc%3D09a100000004JlQ%26sort%3Dtop2009-11-9経済産業省アイディアボックス担当2871190
1323001
★アイデア
8.つぶやきパスワードを何とかして!セールスフォースのメールでこのサイトを知りました。ITに詳しい方の投稿が多いようなのでアドバイスをお願いします。 いま、ネット上で12個のID・パスワード(PW)を持っています。多少とも仕事に関連するので、どうでもよいPWはありません。ただ、自分にとっての重要性に差があるので、全て違ったPWにしています。そのせいで、しょっちゅう勘違いはするは、メモが出てこないはでパスワードの管理が悩みの種になっています。 私の悩みを解決してくれるようなパスワード方式ってあるんでしょうか。(シングルサインオンとか、絵文字パスワードとかいうシステムがあると聞いたのですが)2009-11-9冬のライオン15660190
13230028.つぶやきパスワードを何とかして!OpenIDというインターネット上のアカウントを一本化する取り組みがあります。これに対応しているWebサイトならOpenID用のパスワードにまとめられるかも知れません。(今お使いのIDから引っ越しできるかは分かりませんが) 現在どのくらい普及しているのかについては私もあまり詳しくないのですが、こういうサービスがもっと普及してくれるとうれしいですね。 参考URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/OpenID2009-11-9e.kuroi15660190
13230038.つぶやきパスワードを何とかして!ご参考までに私の擬似SSO方式を紹介します。 IDと対応するパスワードを一覧にしたエクセルのファイルを暗号化し、バックアップを取った上でデスクトップに置いておきます。そして必要なときに暗号を戻し、コピペでログオンします。 暗号を解く鍵となるパスワードは10ケタ以上にして、厳重に管理します。 この方法だと、一つだけ暗号用のパスワードを覚えておけばすみます。 また、現在使われている絵文字パスワードには「Passfaces」「セキュアマトリックス」「ニーモニックガード」などがあるようです。2009-11-9久世寿15660190
13230048.つぶやきパスワードを何とかして!システムではありませんが、システムの方向性を変えるとスッキリしそうです。 まずIDとパスワードを両方12通りにする必要がない気がします。 IDを種類的に4つ程度にわけ12桁以上のパスワードを決定します。 4つのIDの最後に優先順位としての番号を振ってその番号に合わせパスワードを8桁ぐらいから文字数を増やしていくとかどうでしょう。 ある程度自分ルールを付けて暗記できる数のパターンに集約するわけです。2009-11-9rd15660190
13230058.つぶやきパスワードを何とかして!カテゴリー6に5日付けで「パスワードの改良」というアイデアが投稿されています。コメントも含め参考になるのではないでしょうか? ところで、ネット上での必要性だけならOpenIDも一助になるでしょう。ただ、OpenIDのパスワードが弱かったりメモで持ち歩いていて盗まれたりするときわめて悲惨な結果になることを覚悟していく必要があります。また、オフラインでパスワードが必要な場面では無意味です。 秀でた知力に恵まれた方々の中には幾らアカウントが増えても定期的に変更させられても平気で工夫次第で何とでも覚えられると豪語している人もいるようですが、広く高齢者にも薦められるようなものではないと思いますね。挑戦したこともありますが、私に関する限りは机上の空論で終わっています。2009-11-10ウチダ15660190
13230068.つぶやきパスワードを何とかして!皆さん、さっそくか弱き乙女(乙女のまま年をとっているという意味です)にアドバイスをいただきありがとうございます。 久世寿さんの方法がとっとも参考になりますが、10桁のパスワードを暗記するのは私には難しい。 rdさん、8桁や12桁のパスワードをどうやったら覚えられるのか、こつを教えていただけませんか。 OpenIDは私にはちょっと難しすぎるようです。2009-11-10冬のライオン15660190
13230078.つぶやきパスワードを何とかして!ちょうど暗号に関する本を読んだところなので情報提供。 一番最初に体系的な暗号を作ったのはカエサルだそうです。 そのカエサルの作ったカエサルシフトという暗号がこちら。 juliuscaesar  → kvmjvtdbftbs 自分の名前を、アルファベット1個ずつ下にずらしたものですね。 こういった感じで、何かの単語をアルファベットを何個かずらしてみるとか。 ちょっとめんどくさいかもしれませんが、わからなくなったりはしないと思いますよ。 余談ですが、昔の暗号なので、現代では頻度解析法という手法でパスワードを見破ることはできます。 が、もっと長い文章が必要なので、このぐらいの文字数ならかなり安全ではないかと思います。 ほかにも二つの単語を混ぜ合わせたり (cake(ケーキ)+tea(お茶) = ctaekae) とか。2009-11-1077415660190
13230088.つぶやきパスワードを何とかして!工夫案が紹介されていますが老若の誰にでもできることでしょうか?  知的エリートだけが参加を許される閉鎖社会の中でのことなら工夫できない人は排除すればそれで良いのでしょうが、電子政府は老若を問わず広範な国民にとって安全にアクセスできるものでなければ。2009-11-11ウチダ15660190
13230098.つぶやきパスワードを何とかして!じゃぁ適当に何例か。 たとえば私の家には冷蔵庫が1台あります。 ひらがなをローマ字にして頭文字の間に台数を挟む。 re i zo u ko が1 r1i1z1u1k1 10桁のパスワードですな。 とりあえず、仕事の中でも頻度の高いものと低いものにわけましょうか。 高いもの workr1i1z1u1k1 低いもの r1i1z1u1k1work これで14ケタのパスワードを二つ覚えられました。 まぁこんな感じ。 この方法だと、逆にあんまりにも身近な物を使いすぎるとわかんなくなったりしますが。2009-11-11rd15660190
13230108.つぶやきパスワードを何とかして!皆さん、いろいろと教えていただきありがとうございます。 パスワードを作る方法としてはとっても素敵ですね。 でも、パスワードを使うたびに作り方を思い出して一から作る、という頭脳作業が必要なのでは。 気の短い私には向かないなあ、などといっているとIT社会には生きていけなくなりますね。 それにしても何かもっと普通の人間がさっとできる方法ってないんでしょうか。2009-11-11冬のライオン15660190
13230118.つぶやきパスワードを何とかして!パスワードは国民の誰でもが悩みの種なのにITベンダーも行政も金融機関もその悩みを解消してくれません。利用者の頭脳にとって優しい個人認証手段と頑強なセキュリティ強度とを両立することが、これからの電子行政サービスや金融サービス、遠隔医療等を安全・安心の下で国民に提供する鍵だと思われます。 ちなみに、我が家の祖父は、銀行ATMの前で暗証番号を思い出せないどころか暗証番号のメモの在りかをも忘れます。ATM操作に手間取り自己嫌悪に陥り行列待ちの他人迷惑になるゆえ、通帳の裏表紙に暗証番号を書き込んでそれ を参照するとのことで家族の警告にも耳を貸しません。 そんな祖父でも幼い頃の楽しい思い出や懐かしい学友や戦友の事は、よく憶えています。憶えていて忘れない事柄や文物をパスワードの代替としていくつかのイラストや写真等を選択するようなアイデアはないのでしょうか。 アイデアを煮詰めてセキュリティ強度を高める工夫や他人に見破り難い工夫、併せて暗号化した既存の暗証番号を生成する工夫等を加え高齢者にとって利用しやすければ、あらゆる国民にとって福音となるかと思います。2009-11-11アナバシス15660190
13230128.つぶやきパスワードを何とかして!英数字列を工夫して覚えるというのは、受験勉強のときの歴史年代語呂合わせのように楽しい面もありますが、段々と歳を取るにつれて 「あれ、なんだっけな?」 が多くなってきて、若い人はともかく高齢者にとって根本的な解決にはならないようです。 別のところでパスワード改良に関するアイディア投稿をしたのですが、やはり歳をとっても忘れにくい思い出の写真なんかが使えるパスワードが実用に供されるとよいと思っています。2009-11-11道頓15660190
13230138.つぶやきパスワードを何とかして!絵や写真というのは面白いご意見なんですが、実行のメリット的にはどうなんでしょう? 一応、静脈認証や指紋認証がそのようなイメージをパスワードにしたものですよ。 つまり、絶対に無くさない写真を認証に使っているシステムです。それと同時に、複製できない、難いと言う事でもあります。 たとえばなんですが、言葉と言うのは、記憶違いがもっとも発生するものです。 「〜なんだよ」「〜なんだ」「〜だよ」この三つは、過去の記憶中で絶対に間違えずに記憶していられるものでしょうか? 10桁の数字、26文字のアルファベット、50音のかな。 この時点で、1文字当たり86の分岐が発生します。正直なところ、覚えにくさは英数字のパスワードの比ではありません。また写真であるならば、経年劣化したら当然ながらパスワードとしては使えなくなります。 また、誰でもパスワードの複製が作れるようになりますね。コンビニのコピー機でも十分かもしれません。 問題は、絵であろうと写真であろうと文字であろうと、それらは全て鍵であると言う事です。 鍵がかかっている扉の鍵穴にあう鍵です。 1、物事として、何かを仕舞うと言う行為に対して、鍵をかけるかどうかを仕舞った人に委ねます。 2、仕舞った人は鍵を持ち歩きます。 それが物であろうとデータであろうと、基本的に鍵をかけると言う行為には変わらないのです。 鍵も、記憶すると言う行為で所持するか、物理的に持つかの2択でしかありません。 鍵を持っていたくないと言うならば鍵をかけなければ良い。 極論を言ってしまえば、そうなります。 少なくとも、パスワードを何とかすると言う事は、鍵をかけると言う構造そのもの転換が必要です。 ちなみに、OpenIDは、全ての情報を一つのアカントとパスワードで管理する為のもので、鍵穴に共通アダプタを付けると言う事です。パスワードを分けたいと言う前提であるなら真逆の提案です。2009-11-12rd15660190
13230148.つぶやきパスワードを何とかして!http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm 私は既に40個以上のパスワードを使っていますが、今は ↑のフリーソフトで管理してます。 パスワードの自動作成もできるし重宝してます。2009-11-14fmo15660190
13230158.つぶやきパスワードを何とかして!皆さんのアドバイスを参考に私なりに研究しました。次のような方法を考えています。 IDの種類(メルアド、システム側の押しつけ英数字、自己作成の英数字、その他)別にパスワードを統一する。 絶対忘れそうにない固有名詞をもとにして、rdさん、774さんのアドバイスを参考に10桁程度のパスワードを作成。 久世寿さんのアドバイスを参考にパスワード一覧表を作成。一覧表を暗号化してデスクトップに置き、必要なつど参照する。 暗号化ソフトはフリーソフトと、絵や画像の使える「クリプトニーモック」というソフトを検討中。 将来はシングルサインオン方式でいくのがいいのかなと思っています。 以上、お礼と報告でした。2009-11-14冬のライオン15660190
13230168.つぶやきパスワードを何とかして!オフィス環境とモバイル環境とを切り分けて、それぞれ別個に考えるのが良いのではないですか。 オフィスの中、特に大部屋方式なら、パスワードの手帳管理もOK、ICカード・ケータイ・USBキーを認証トークンにしてもOK、生体認証で本人拒否を食らっても管理者に頼れるのでOK、ということでそこにOpenIDのようなSSOやPC上でのパスワード管理ソフトが出てくれば必要条件は満たせているでしょう。 問題はモバイル環境です。端末と手帳とを一緒に持ち歩くのは銀行カードと暗証番号記載メモを一緒に持ち歩くのと同じようなもので勧められるようなものではなく、携帯電話・ICカード・USBキーの持ち歩きも暗証番号記載メモの持ち歩きと代わらず、生体認証で本人拒否を食らったときに頼れる人はおらず持ち歩いている手帳記載のパスワードに頼るか仕事を諦めるかしかないということになります。 工夫した英数字パスワードを10組でも覚えられる恵まれた知力猛者は英数字パスワードを使い続ければ良いし、無機質な文字に自身のない人は懐かしい画像も扱えるようなパスワード方式を使えるように幅広い選択肢が提供されれば良いと思いますね。2009-11-14アナトミ15660190
1325001
★アイデア
6.その他電子政府改善IT行政の一元化と専門化現在のIT関連の行政は素人が行う恐ろしく非効率なものばかりで、結果としてほとんど使われないものや使いにくいものばかり開発されています。行政におけるシステム開発を専門化し、技術者を発注者として活用した開発へとシフトすべきです。 行政の担当者に対して専門教育を施し、または、専門技術を持った人材を登用し、企画にあたらせるという仕組みを作り上げない限り、まともな開発はおこない難いと思われます。 そのうえで、予算化に1年費やした時点で技術やハードウェアは陳腐化してしまい、過去のものになるほどスピードの速い世の中ですから、効率化のための予算というものを組み、その枠内で新規の開発と業務の見直しを行い、サービスの質を向上させるべきです。 国家がすべてを行うのはいいとは思えませんが、場合によってはシステム開発を行う再生機構のような時限的な組織を国家として持ち、行政の効率化を一気に進めるべきと思われます。 同じ予算を使うなら効率化し、より多くのサービスを提供していただければと思います。2009-11-9shujix0660190
1332001
★アイデア
6.その他電子政府改善e-GOVのシステムをまず使おうe-GOVのサイトに行ってみたが、使い道がなさ過ぎる。火薬類取扱保安責任者の資格について調べようと思ったが、表示したページは中身が空っぽ。これは「無いより悪いページ」の典型例。 きちんとデータ入れたら使えるのもしれませんが、ごみデータ入れたらどんな高価なシステムも意味がありません。2009-11-9takkey0660190
1348001
★アイデア
4.Web2.0活用経済産業省のHPもWEB2.0活用を経済産業省のHPからWEB2.0を主導してはいかがでしょうか。国民とコミュニケーションするために、方法はtwitterでもSNSでもかまわないと思います。その方法を民間に開発させるのも、アイディアを出させるのも良いと思います。2009-11-10goodidea0660190
1399001
★アイデア
8.つぶやき公務員の公務員職への派遣"公務員って公務をする人ですよね。 資格的に無理な場合はともかく、国の方針に従い、公務から公務へ強制異動できない体制っておかしくないですか? ある公務では人が余っていたり、ある公務では人が大幅に足りなかったり。 年金問題対策とかもそうですけど、他のあらゆる組織から、人件費用ごと、10人ずつぐらい異動させれば、別途に大幅なコスト積み増しなどしなくても人員足りるだろうにと思ってします。 市役所職員の、派出所への応援派遣とか、大規模災害時に自衛隊の予備部隊として公務員を臨時異動させるとか。もちろん、自衛隊員としての訓練を2年程度事前に受けておく必要はあるでしょうけど。 そういう事をできるようにすべきだと思う。 企業では、営業から経理へとか、ピックアップされた人員で異業種開拓とか珍しい話でもないよねぇ。 結局、縦割り行政の解消ってそういう事だと思う。"2009-11-12rd3660190
13990028.つぶやき公務員の公務員職への派遣まったくそのとおりです。2009-11-12mita3660190
13990038.つぶやき公務員の公務員職への派遣異動に限らずとも、省庁間の長期出向とかでもありだだと思います。 人員を維持しておきたい省庁が手が足りない省庁に対して、通常の人件費の半額とかで出向させるとかでも、総額的は人件費の削減は可能ですかね。 極論では、省庁間派遣専門の、人材庁とか作っても良いかもしれない。2009-11-12rd3660190
13990048.つぶやき公務員の公務員職への派遣人的資源の有効利用のため、転勤も含め、ダイナミックな調整能力を求めます。 また逆に、職場内でいろいろな職種を一通り経験させるような移動はやめていただきたい。 専門家が育ちませんし、現状維持的な仕事になってしまいます。専門家になって初めて問題点が把握でき、解決案も実行できると思います。2009-11-14カン3660190
1413001
★アイデア
6.その他電子政府改善ダメ・コンサルの評価と結果の公表をコンサルティング会社、シンクタンク、監査法人は、レガシーシステムや政府のこれまでの取り組みを叩いて、自分たちは改革を推進する白馬の騎士ですといった宣伝などが多いが、彼らが役に立っていないどころか迷惑なことも多いと聞く。今まで聞いたパターンは、以下。・理想ばかりで絵に描いた餅しか書かない人・自分たちがレガシー化して改革にブレーキを踏む人・あら探し屋・基本的な能力不足良い会社やチームが残り、だめな会社やチームが淘汰されるような企業やチームの評価の仕組みを作り、結果を公開したらどうか2009-11-1390660190
1017001
★アイデア
3.行政情報オープン化情報のオープン化の条件 積極的情報公開に向けてカナダで行われた議論をもとに三つの条件を紹介したい。 1.欲しい情報がすぐ見つかる 日本政府のe-govと米国政府のUSA.govを比較してほしい。 2.その情報で国民が楽しめる2009-10-14Hirokazu Okumura5761217
10170023.行政情報オープン化情報のオープン化の条件 積極的情報公開に向けて"USA.gov"初めて見たのですが、かっこいいですね。 他にも先進のネットサービスもフルに活用していますし、お役人のサイトというイメージがしないですね。 http://www.usa.gov/ ? http://www.facebook.com/USAgov http://twitter.com/USAgov http://www.youtube.com/USGovernment2009-10-14ta__ki5761217
10170033.行政情報オープン化情報のオープン化の条件 積極的情報公開に向けて補足説明すると、米国政府は電子政府を推進し始めたころから利用者視点のポータルサイトを重視していて、2000年にfirstgovという国民向けサイトを整備しました。 これが2007年にリニューアルしたのがUSA.govです。さらに10月13日のFederalNewsRadioのニュースによると、次世代のサイトの検討が進められており、情報提供からプラットフォームへと変わってくようです。 ところで3つの条件の2つが書かれていますが、3つ目の条件もよろしければ教えていただけませんか。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当5761217
10170043.行政情報オープン化情報のオープン化の条件 積極的情報公開に向けてHirokazu Okumura様 この投稿の直後に「投稿の際のうっかりミスや投稿ミスの訂正はどうする」をご投稿いただいていますので、 おそらく、このアイディアは途中で間違って投稿してしまったということかと思います。(3つの条件とありながら、2つで終わっていますので) 事務局(support@open-meti.go.jp)にご連絡いただければ、修正できますので、ご連絡ください。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当5761217
10170053.行政情報オープン化情報のオープン化の条件 積極的情報公開に向けて1.の政府ポータルは、ヨーロッパも大変見ていて気持ちがいいです。 スウェーデンの外国人向けサイト  http://www.sweden.se/ 英国 http://www.direct.gov.uk/en/index.htm ノルウェー  http://www.regjeringen.no/en.html?id=4 などなど2009-10-20Hirokazu Okumura5761217
10170063.行政情報オープン化情報のオープン化の条件 積極的情報公開に向けてこの投稿を知らなくて、今日同じようなことを投稿してしまいました。(「検索ポータルのすすめ」) 情報を簡単に探せないとこんなことがおきてしまうのですね・・・(弁解ですみません) ご担当も当然ながらご存知だったようで、恐縮です。 日本政府のはいつごろ・・・でしょうか・・・2009-11-13mack.tokyo5761217
1051001
★アイデア
6.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜"「IT記者会」名で投稿したのですが、実名に変えました。 10月14日付「電子政府プロジェクトを総括しましょう」に対して、経産省アイデアボックス担当氏から、下記のコメントがありました。お役所が自己を正当化するために作った資料ではないか、と猜疑心を持つ前に、各資料を検証してみませんか。 私は「電子政府評価委員会の総合評価」をベースにしていますが、他の資料について、この土日にやってみるつもりです。 ※※※※ これまでの電子政府の取組の評価に関連した公表資料としては、例えば、以下のものがあります。 全体評価(電子政府評価委員会) http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densihyouka/index.htm e-Gov電子申請システム利用者アンケート結果 http://shinsei.e-gov.go.jp/menu/prepare/questionnaire-summary.html 国税電子申告・納税システム(e-Tax)のアンケートの実施結果 http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topicse.html 政府調達に関する調査情報システムに係る政府調達に関するアンケート調査結果の概要 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2006/pdf/061222_8_2.pdf"2009-10-15佃 均13761217
10510026.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜大賛成です。 こうやって、みんなで知恵を絞って評価し、責任を持って解決策まで示せれば、それがそのまま政策につながっていくのだと思います。2009-10-1577413761217
10510036.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜ぜひ、さまざまな観点から検証してください。 参考になりそうな情報を追加します。(他省のサイトばかりとりあげているようで恐縮ですが・・・) 政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(総務省) http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/system_seibi/index.html ? 行政情報システムに関する調査(総務省) http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/a_01-04.html2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当13761217
10510046.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜長文です。4000文字を超えると投稿できないということですので、3つに分割します。 タイトルは「電子政府プロジェクトの検証」ですが、ここでは電子経済産業省アイディアボックス担当氏から提示された資料を検証することになります。まず、総務省行政管理局の報告書3種。具体的には下記の内容です。 @平成 17 年度電子政府基本調査(国の行政機関)結果報告書 ( 平成 18 年6月)総務省行政管理局  161 ページ A平成 17 年度電子政府基本調査(独立行政法人等)結果報告書(平成 18 年6月)総務省行政管理局  178 ページ B平成 18 年度電子政府基本調査結果報告書(平成 20 年7月) 総務省行政管理局  44 ページ いずれも年間運用予算が 10 万SDR( 1600 万円)以上のシステムを対象に調査している。対象システム数が冒頭に明記されていないので、本編文中から拾うと次のようになる。 調査対象システム @ 498 システムA785 システム B国保有 476 システム・独法保有 796 システム ここでは詳細に立ち入る紙幅がないので、要点を箇条書きにする。2009-10-17佃 均13761217
10510056.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続き 1.各報告書とも微に入り細に入り調査しているが、対象となったシステム数や構築費、運用費等の概観および、サマリーが用意されていない。また調査した結果、「だから何なのか」が判然としない。 2.軸足が調達方式や管理体制に置かれ、費用対効果が全く論じられていない(経常的な年間運用経費は。そのため、当該システムの要・不要、改善すべき点が示唆されていない。当該調査の目的が組織としての取組みの現状把握に限定されているためと考えられる。この結果が他の調査や評価にどのように関連づけられているのか不明である。 3.平成17年度と同18年度の2か年度について、同様の項目で調査したものであるとすれば、改善率ないし増減率、あるいは評価指標が明示されて然るべきである。単年度の現状報告では時系列の推移が把握できない。2009-10-17佃 均13761217
10510066.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きA 以上から指摘できるのは、次の点である。 A)このような調査報告書は、「調査の概要」「調査方法」「調査の対象」等の説明に続いて、「調査結果の要約」が置かれるのが通常の構成であろう。しかしいきなり調査の詳細が始まり、読者において要約せよ、という姿勢(もしくは分からせようという努力が見られない)が見て取れる。インターネットでPDF版を公開しているから情報公開の責任を果たしたとするのは安易な考えであって、広く納税者に理解できるよう、改善が求められる。 B)組織内の調達方式や管理体制がどうなっているかは内向きの議論であって、電子政府システムの目的から外れる。費用対効果がまず論じられ、税金の使い方が適正であったかどうか、管理が的確になされているかの議論に展開するのが本筋であろう。 C)従って上記3報告書は霞が関内の現状を知らしめるには有効だが、課題解決には結びついていない。 D)本来、行政管理局(旧行政管理庁)は行政機関に対する監査機構という位置づけであるべきだが、かかる報告書でお茶を濁しているのであれば、存在意義が疑われる。会計検査+システム監査の責務を果たすべきであり、それができないのであれば局そのものを廃止して、行政刷新会議に移管すべきという論が浮上しても致し方ない。2009-10-17佃 均13761217
10510076.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きB 総務省行政管理局の「電子政府基本調査報告書」が対象とした年間運用経費1600万円以上のシステム数は、平成17年(2005)度の国保有システムが498、独立行政法人システムが785、同18年(2006)度の国保有システムが476、独法保有システムが796である。 年関運用経費(執行ベース)は国保有システムが2004年度4,343億7,937万2千円、2005年度3,929億6,033万6千円、2006年度は不明、独法保有システムが2004年度 1,243億8,862万3千円、2005年度1,283億9,065万6千円、2006年度は不明。国と独法を合算すると、2004年度は約5,587億円、2005年度は約5,217億円、2006年度は不明となる。 ただし2007年度分については「便利で効率的な電子行政」4,864億円+「行政の情報化」561億円=5,425億円、2008年度は「便利で効率的な電子行政」3,943億円+「行政の情報化」1,184億円=5,127億円という数値が示されており、数値の近似性から2004年度、2005年度の数値はこれを示すものと考えていい。2009-10-17佃 均13761217
10510086.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きC 電子政府システムの年間経費は5,200億円かというと、実はそうではない。平成18年度分の電子政府基本調査報告書には「高度情報通信ネットワーク社会の形成に関する予算の推移」が示されている。2006年度1兆2,982億6,980万3千円、2007年度1兆2,483億6,408万8千円、2008年度1兆2,166億2,220万1千円となっている。上記約5,200億円/年度はこの内数であることが付記されている。 毎年1兆2,200億円という数字が、システム構築費、運用にかかる外注費、ハード/ソフトのライセンス料、通信回線費、通信料、運用費、保守費、オフィス賃料、部内職員人件費、事務管理費、研修費等、どの範囲までをカバーしているのか不明なので、これ以上の分析はできない。しかし経済産業省「情報処理実態調査」4640社実績値ベースの情報処理費用の項目別構成比から逆算した数値とほぼ合致するで、電子政府プロジェクトにかかる予算は1兆2,200億円/年度と考えることに一定の合理的を与える。  いずれにせよ2002年度から本格化した電子政府プロジェクトには、国と独法で約10兆円(1兆2,200億円×8年間)、地方公共団体で約2兆円〜4兆円が投入されたと見ていい。 このほか、霞が関WAN、LGWAN、住基ネット等の諸経費、地方公共団体では情報化予算として計上されていないシステム費支出がある。2009-10-17佃 均13761217
10510096.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きD 電子政府評価委員会報告書でオンライン申請・届出手続システムの利用状況を見る。 ●平成18年度分は利用者アンケート調査が中心であるため、費用対効果の分析対象とならない。数値として客観性を備えるのは「オンライン申請が可能な手続は全手続の約96%であるにもかかわらず、オンライン利用率は11.3%(2005 年度末現在)と低位にとどまっている」の部分のみである。 ●平成19年度分の報告書もアンケート調査が中心となっているが、オンライン申請・届出手続システム23件について、費用対効果の分析対象となる客観的な数値が示されている。また、全体については、「国の機関が扱う申請・届出等手続のオンライン利用率は、全手続で見ると15.3%(平成18 年度。平成17 年度は11.3%)となっている」と報告している。 ●平成20年度分の報告書はオンライン申請・届出手続システム61件について、費用対効果の分析対象となる客観的な数値が示されている。また全体についての客観性を持つ数値として、国の機関、独立行政法人、地方自治体の3区分で示された。 それによると、国の機関が保有するオンライン申請・届出手続システムの利用率は20.5%で、前年度から5.2ポイント上昇した。独立行政法人では7.6%、地方公共団体では23.8%だった、 ●平成20年度分の報告には、若干の説明が要る。 独法については「すべての医療機関のオンライン利用が可能となったことから、全医療機関に係る年間申請等件数等を公表している。このため、19 年度については、年間申請等件数及びオンライン利用件数が大幅に上昇している」との注意書きがあり、「診療報酬請求書及び診療報酬明細書」の手続を除く手続全体のオンラインの利用状況」は49.5%となる。 地方公共団体については「対象手続は、電子自治体オンライン利用促進指針において、オンライン利用促進対象手続に選定した手続(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060728_2.html)」「年間総手続件数(推計)は、当該手続を既にオンライン化している団体(オンライン実施団体)に係る年間総手続件数をもとに推計した数値」の2つの注意書きがあって、どこまで実態を反映しているか分からない。2009-10-18佃 均13761217
10510106.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きE  民間企業が新しい情報システムを構築するとき、実行するかしないかを判断するのは、主に次の7つの事由による(順不同)。 @事務処理や新製品の開発にかかる時間を短縮する。 Aコストを減らす。  B売上げ・利益を増やす。 Cサービスの質を改善する。 D企業イメージを良くする。 E仕入先、販売先などを固定化する。   F経営の信頼性を高める。  総じて意味するのは「競争力の強化」である。 ?  国の機関や独立行政法人、地方公共団体は基本的に「競争」の原理が作用しない。民間の「競争力」に相応する行政機関独特の評価基準がなければならない。最も分かりやすいのは、受付けからのレスポンスタイムとか、コスト低減率といった数値目標である。ところが総務省行政管理局、電子政府評価委員会の報告書にはそれが示されていないので、オンライン申請・届出システムの費用対効果が判然としない。どこまでやればとりあえず目標を達成したと判断するのかも判断できない。つまりシステムを継続するか廃止するかの判断もできない、ということになる。  電子政府評価委員会の平成18年度報告書には、業務の最適化やシステムの見直しで「平成19 年度投資予定額から約3 割の削減(998 億円 → 692 億円)を達成した」「情報システムの保守・運用等について、平成16 年度からの累計で約280 億円の削減効果を計上した」としており、また19年度報告書では「平成20 年2月末現在、最適化計画策定済の83 分野の業務・システム全体について、経費削減効果約1,200 億円、業務処理時間削減効果約5,200 万時間と試算している。平成18 年度においては、経費削減効果が約271 億円発現しており、目標値(約258億円)を越えている」と結論づけている。  仮に単年度で3,000億円のコスト削減、1億時間の業務処理時間短縮効果があったとして、それはオンライン申請・届出システムでなければ達成が不可能だったのか、ということを考えなければならない。1兆2,000億円/年度の投資に対するコスト削減効果3,000億円は、許容の範囲だろうか。2009-10-19佃 均13761217
10510116.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きF  電子政府プロジェクトにおけるオンライン届出・申請システムについて、国民的合意に基づく評価基準が明確でない以上、国民が判断する材料は利用状況と1件当りの処理費用である。留意しなければならないのは、すべての届出・申請の手続がオンラインで行われれば利用率は100%となるが、一年間の当該届出・申請件数が100件であったとしたら、システム化すること自体が「不可」となるだろう、ということだ。たった100件のために税金を投入し続けることが許されるだろうか。つまり「誰のためのシステムか」ということも重要な評価基準となる。  国の機関や地方公共団体がオンライン届出・申請システムを構築したとき、利用率は予測できなかったとしても、年間の届出・申請件数が基準になったはずである。その母数は国民数、有権者数、事業者・施設数であろう。住民票や印鑑証明の交付、転入・転出に伴う諸手続き、介護・福祉・医療、社会保険の諸手続き、税務等は、全国民にかかわることなのでオンライン化することは「可」であろう。しかし年間に25件しか届出・申請が行われない手続きをオンライン化するのは、民間においては"常軌を逸している"と判断される。  電子政府評価委員会平成20年度報告書によると、平成20年度(2008)に25件しか届出・申請が行われなかったオンラインシステムというのは、内閣法制局の「情報公開法に基づく開示請求申請」システムである。25件のうち、オンラインで手続きが行われたのは8件なので、利用率は32.0%だ。整備費は46万8,000円で、年間の運用経費は2万7,000円、平成15年度から稼動しているので昨年度(2008年)までの6年間に計63万円が投入されたことになる。オンラインで毎年8件が処理されたとすると6年間で48件だから、1件当りの処理費用は1万3,125円だ。  金額は小さいが、これは税金である。2009-10-19佃 均13761217
10510126.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きG 電子政府評価委員会平成20年度報告書に掲載される61のオンライン申請・届出手続きシステムのうち、平成20年度の1年間に行われた手続きの総件数が1万件以下のシステムをあげると次のようになる。 所管省庁 システム名  総件数 1.内閣法制局  情報公開法に基づく開示請求申請 ?25件 2.宮内庁宮内庁 開示請求電子申請システム 152件 3.経済産業省  工業標準策定システム  404件 4.国土交通省  船舶備え付け気象測器報告受付システム  545件 5.厚生労働省 介護福祉士養成施設等事業報告システム 643件 6.厚生労働省 看護師等学校養成所報告管理システム 807件 7.人事院 意向届オンラインシステム 1,095件 8.人事院 開示請求電子申請システム 1,549件 9.防衛省 申請届出等システム 2,038件 10..総務省政治資金・政党助成申請・届出システム ?6,235件 11.財務省 国庫事務電算化システム 7,627件 12.内閣府 汎用受付等システム 9,657件 仮に年間1万件の申請・届出があったとしても、月にすれば830件強、月の受付日数が20にとして1日当り40件である。1日8時間として1時間当り5件。オンライン化しなくても専任職員1人で十分にまかなえる。申請・届出者の利便性という理由付けはあるだろうが、国民全般にかかる利便性ではない。 この12システムの構築に要した「整備費」は18億8,070万9,000円、年間運営費は4億5,703万7,000円、稼動開始から2009年度までの総経費(整備費+運営費×運用年数)は25億5,262万3,000円である。平成20年度にオンラインで行われた申請・届出件数に運用年数をかけた総利用件数は、最大に見積もって1万1,805件なので、利用率は38.7%、1件当りの費用は3万8,715円となる。 前述したように、各手続きを専従職員1人(計12人)でまかなったとすると、人件費その他諸々で月平均50万円(年間600万円)で4億1,400万円となる。オンラインシステムと手作業のコスト比は6対1だ。12システムの手続きは、稼動から5〜6年経っても紙ベースが並行しているので、実質的にオンラインシステム経費が上乗せされたかたちとなっている。 以上のような数値は、それ自体が無意味である。民間であれば、オンラインシステム化することは絶対にない。そのバカバカしさを強調するために、あえて算出したに過ぎない。 ?2009-10-21佃 均13761217
10510136.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜前項続きH このような無駄なシステムが作られたのは、e−Japan重点戦略が景気対策、つまり形を変えた公共事業としてスタートしたためである。小泉政権は「小さな政府」を目指して郵政民営化を断行したが、一方で橋や道路、公共建造物を造る土木型公共事業の拡大を転換する必要性を認識していた。さかのぼって村山内閣が着手した国家情報通信基盤整備事業の継続として、「イット(IT)革命」が浮上したのだ。 このとき電子政府・電子自治体と並んでIT利活用の重点分野としてあげられたのは、医療の電子化と教育のIT化だった。それから丸9年を経て、そのいずれもが満足な成果をあげていないのは周知の通りである。それは、景気対策=公共事業=無駄と分かっていても税金を投入するという基本的な政策コンセプトが、経済環境や国民ニーズの変化を顧みることなく無批判に継承されたことを端的に示す。 本来、ITを国家戦略に位置づけるのであれば、安全保障の観点からナショナル・データセンターが構想されてしかるべきだったし、ITを利活用するために行政管理手法や組織のあり方、電子化を前提とした新しい手続きの仕組みを作らなければならなかった。また中長期で国の産業構造やリソースの最適配置を展望するグランドデザインが描かれなければならなかった。それは現在も最優先の意味を持っている。 CIOは何をしていたのか――という質問が、ようやく寄せられている。省庁や地方公共団体では、100%がCIOを置き、CIO補佐官が就任しているが、国としてITをどう位置づけるか、ITの標準をどう設定するか、全体の整合をどのように取っていくか等をコントロールする司令部がなかった。省庁や地方公共団体のCIOは事務次官であったり総務部長であったりして、つまり事務方の形式的な名目に過ぎない。CIO補佐官はITの専門家だが、民間で実績を持つベテランが2年、3年の契約で招かれるケースが多い。予算や人事の権限が与えられていないためにプロパー職員は表向き指示を聞くだけで、実態はITベンダーと結託するか、丸投げで依存している。 民間でも、情報システム部門や情報子会社がITベンダーの代理人になっているケースは少なくない。それを断ち切ろうという動きが、民間では起こっている。省庁と組織の枠を越えて、国としてこのスパイラルを断ち切るしかない。2009-10-21佃 均13761217
10510146.その他電子政府改善課題の提起〜電子政府プロジェクトの総括〜やっと民主党も気がついたようですね。 事業仕分けのテーマに「電子申請システム」を加えるんだそうです。 ダム、道路と並ぶ無駄のかたまり。ただ、必要なダム、道路もあるのは事実。 十分に検証してもらいたいのですが、民主党に時間と知識が足りないのが懸念されます。 未確定情報ですが一報しておきます。2009-11-4佃 均13761217
1091001
★アイデア
3.行政情報オープン化オープン化(情報公開)は不十分。「情報発信」を目指していただきたい。「オープン化」だけでは不十分だと思います。 この手の取り組みで先行している企業においても、 Web上で情報を公開して、満足しがちです。 もちろん重要な一歩ですが、残念ながら、 情報公開だけでは、一部の意識が高い人しか閲覧しません。 「見せる化」「目に飛び込んでくる化」を目標としてほしいです。 「情報公開」より一段上の「情報発信」という意識をもって 取り組んでいただけると良いと思います。 # 企業における「見える化の失敗」が参考になるかと。2009-10-17かつしん1761217
10910023.行政情報オープン化オープン化(情報公開)は不十分。「情報発信」を目指していただきたい。企業における「見える化の失敗」について、ぜひ情報をください。 引き続きよろしくお願いします。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当1761217
1097001
★アイデア
7.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。「人気のアイディア」と「通算トップ」は似て非なるものだ、というコメントがありましたが、イマイチ実感できません。 また、現状のシステムだと、古いものが初めに賛成票数を稼いでしまうと、それが上位に掲載されます。 すると後から良いアイディアが提案されても、「最近アイディア」から外れた時点で目に留まる回数が極端に減り、結果として賛成票が集まらなくなるという問題が生じます。 そこで私は以下の提案をします。 事務局なりアイディアボックス担当なりの、このサイトの管理者が、投稿を選別して「注目のアイディア」などの形で閲覧者の目に留まりやすくする。 これにより、一時的な投票数の格差や微妙な書き込み時間の差によるアイディアの価値(これは現在は賛成票数−反対票数で決まっているように見える)の非本質的な差を、わずかでも解消できるのではないでしょうか。 是非ご検討いただきたいと思います。 選別方法は様々な観点があり、難しいかもしれませんが、それは経済産業省の施策ゆえ、経済産業省もしくはアイディアボックス担当の判断で良いと思います。 敢えて提案するならば、批判的な意見よりも建設的な提言を重視してほしいというのが私の願いです。2009-10-176972217
10970027.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。>> 事務局なりアイディアボックス担当なりの、このサイトの管理者が、投稿を選別して「注目のアイディア」などの形で閲覧者の目に留まりやすくする。 従来のパブリックコメント同様に、役人が求める結論の為の材料探しとなり、役人からみて不都合や、真の国民の声を抹殺することにしかなりません。 投稿の閲覧がロクにできないシステムとなったのは設計者がシステム設計の能力が無いか、発注者が「使えないシステム」をわざわざ発注したかのどちらかです。 それをはっきりさせる為にも、このシステムを作った業者名等は開示するべきでしょう。 コメントもロクに読めない ワンアクションで1分のレスポンス 投稿内容もろくに読めない 「ネットで意見を自由に求めることは、未だ有効には機能しない」とか言いたいが為の1ヶ月間ではありませんか?2009-10-17泥舟茶憐爾6972217
10970037.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。作った業者の名前は報道で出てるね。 セールスフォースだって。 聞いたことないなぁ。 http://www.rbbtoday.com/news/20091014/62999.html2009-10-17yoppy6972217
10970047.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。Salesforceは、オバマ大統領の選挙時に使われた"Citizen's Briefing Book"と いうサービスを提供した実績があります。こういった、IT産業での雄と呼ばれ る企業が、日本でそこまで知られていない理由は、日本のメディアが文系偏重 でITに弱いからかもしれません。2009-10-17guicho2.718286972217
10970057.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。投票数はたしかにいいアイディアを見つけるための一つの指標ではあるのですが、 下位に埋もれてしまっているアイディアの中にもいいアイディアがあるかもしれないのは、 ご指摘の通りです。 ? > 事務局なりアイディアボックス担当なりの、このサイトの管理者が、投稿を選別して「注目のアイディア」などの形で閲覧者の目に留まりやすくする。 ? と、ご提案いただきましたが、システムを補完するのにいいアイディアである一方、 恣意的だという批判もやはりあるのではないかと思います。 むしろ、このサイトをご覧の皆さんに、サイトの外部にご自身でホームページを開設して頂き、 個々人の目から見て、これはいいと思ったアイディアへのリンクを集めた 応援サイト(投票よびかけページ)を作っていただくのがいいのかもしれません。 ? いろいろな方が、いろいろな観点からアイディアを品評し、 応援サイトを作っていただけるとよいと思います。 (荒らし呼びかけサイトはご勘弁いただきたいですが・・・) ? アイディアボックス応援一般ユーザーサイトへのリンクを アイディアボックスのサイト内に作るといったことも検討できるのではないかと思います。 ? 今回は1カ月の実験で、実験終了後にサイトがなくなってしまうので、 応援サイトを作っていただいても、すぐにリンク先がなくなってしまうのですが、 今後、同じような取り組みをさらにしていくことになれば、いろいろと工夫が考えられる と思います。 ? 引き続き、アイディアボックス自身に対するアイディアもよろしくお願いします。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当6972217
10970067.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。>>経済産業省アイデアボックス担当様? 今回のアイデアボックスは実験段階ということですが、この期間が終了した後、また同じような場が開設されることも 検討されているのでしょうか? また、終了後の検討状況なども逐次ホームページ上でお知らせ頂けるとありがたいです。 宜しくお願いします。2009-10-18シピオ6972217
10970077.このサイトについて良いアイディアのピックアップを。 >経済産業省アイデアボックス担当様? 行政担当者からのレスポンスが多いことは、とても良いことだと思いますが、 日曜日の午前3時に書き込みされるとは、どういう勤務形態なのでしょうかw ご苦労様ですw2009-10-18シピオ6972217
1125001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成テレビでネット=>地域の人のつながりに役立つ利用方法開発のチャンス_その1インターネットは、電話のように知人とのコミュニケーションにも便利だし、 「くらしの便利帳」みたいに公共サービスを探すのにも使えるし、 地域の行事や講座等の動画放送もできるし、 いろいろ地域の人のつながり作りにも活用できそうなのですが、 いかんせん、パソコン利用がハードル高い人達には縁がない_というと >皆が普通に使う道具>として採用することはできません。地デジ化でテレビでネットができるようになるなら、そこを乗り越えるチャンスです。接続設定やセキュリティ対策等の難しいところを自分でやらないで済むように工夫してもらって、 市役所と協働している地元の放送番組や地元の市民活動応援サイトだけは、簡便にテレビで見れるようにできないでしょうか 各社が各方式で乗れるように、テレビの操作ボタンや接続機器などを共通仕様で開発して、 載せる中身の制作は、各地域の小さな会社やNPOでも参入できるようにしてくださったら、 家電業界・通信業界・地域のベンチャー企業それぞれにとっても新産業分野を興すことになるのではないでしょうか。2009-10-20キーコ1972217
11250025.ITベンチャー・技術の育成テレビでネット=>地域の人のつながりに役立つ利用方法開発のチャンス_その1うちの父親に限って言えば、パソコンはもうあきらめてます。 これは、年齢の問題というよりは、本人の性格ですね(笑) でも、BSのデータ放送で、天気予報やメジャーリーグの結果とかは、楽しんでいるんですよね。 行政サービス分野におけるデジタル(双方向)放送の利用は、英国が進んでいるようですが、最近はどうなのかな?2009-10-20Muta Manabu1972217
1130001
★アイデア
8.つぶやきうーん・・・現場を良く知っていると思われる方からの投稿は、内容も濃いですね。 賛成?反対?・・・すごく悩ましくて決められない。。。2009-10-20Muta Manabu0761217
1152001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成サイエンスパークの強化による産業創出"先日、 台湾の新竹サイエンスパークに行ってきました。台北の南にあります。 約30年前に作られ、新竹サイエンスパーク内に451社(2009年7月時点)12.8万人の雇用を生んでいます。 2008年売り上げ合計3兆円、7割が半導体、2割弱が太陽電池関係です。 このサイエンスパークは大きなポイントは三つあります。 1.人材の供給:交通大学、清華大学から若い人が来る。サイエンスパーク内の半分はエンジニア、平均年齢32歳(若いエンジニアが入ってきて、40歳くらいで辞めていく。)。 2.政府の支援:利益が出てから5年間は免税。研究費支援、政府出資、低利融資、などで政府が支援などもある。 3.工場を持っている:研究所と工場が近い(応用研究が多い)?つくばサイエンスパークをもう一度見直すことができないでしょうか。工場と大学を立地し、インターナショナルスクールを置くだけで変わりそうな気がしました。"2009-10-23kenzo1972217
11520025.ITベンチャー・技術の育成サイエンスパークの強化による産業創出アイディアボックスのテーマである電子政府と言う観点から見ると、R&Dと産業創出の支援は、諸外国では、テーマを決めて政府で使うものを開発させたり、政府で導入した最新技術を民間にマーケット展開という形が多いです ヨーロッパでの電子政府関連R&D http://ec.europa.eu/information_society/activities/egovernment/research/index_en.htm 米国では様々な展示会で、府省が展示コーナーを作り、開発技術のマーケット展開を図っています。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当1972217
1174001
★アイデア
3.行政情報オープン化行政情報オープン化の前提条件を整え、オープン政府を目指す米国の情報自由法には、まず原則として、プロアクティブな情報公開が前提となっています。 現行情報公開法にはない、この積極的情報公開の趣旨の改正をしてはどうでしょうか? また、政府公開情報の自由な流通、加工を促すため、 著作権法で政府の著作物(法令に限らず)は、パブリックドメインとして明確に適用除外と規定すれば 政府の意思が明確になるのではないでしょうか?(現行13条、32条の2項関係) オープン政府の前提条件が法的にも整いいます。2009-10-25Hirokazu Okumura0972217
1178001
★アイデア
8.つぶやき聴覚障害者のアクセスについて聴覚障害者です。 電子メディア自体は聴覚障害者でも見たり書いたりすることができるので、比較的バリアフリーです。 聴覚障害者は情報障害者であり、実際に施策決定にあたって、円滑なコミュニケーションができず、一般社会ではどうしてもおいていかれがちです。ここではそんなことが起きないといいですが。一部ろう者にとっては、書記日本語は第二言語です。リレーサービスなどで、手話を使ってアクセスできるようにするとよいかもしれません。2009-10-26オガワ3761217
11780028.つぶやき聴覚障害者のアクセスについて>>リレーサービスなどで、 警察は、24時間稼働の日本最大のコール・センター(110番)をIT資産として保有しているので、リレー・サービスの第一窓口として機能の一部を他の行政部門に開放してくれると便利かなーと、思いました 差し迫った危機レベルって、人それぞれによって違うわけだし、街中でったらやっぱりまず交番だし、、 2009-10-26マカロニ3761217
11780038.つぶやき聴覚障害者のアクセスについて参考情報ですが、 米国最大のの電子政府カンファレンスのFOSEでは、基調講演などの主要な講演で、手話通訳と大画面を使った口述筆記が行われます。 電子政府関係者が毎年それを見ることで意識向上にも役立っています。 また、レジストレーションカウンタでは地域の高齢者がメインで働くなど、いろいろ参考になるところがあります。 このサイトでもご不便な点が有ればご指摘いただければ幸いです。2009-10-27経済産業省アイディアボックス担当3761217
11780048.つぶやき聴覚障害者のアクセスについて警察のコールセンター(110番)の関連で、、 今日の午後、歩道で殴り合いやってるオヤジどもがいたので、ランチ・タイムが終っちゃうと焦りつつも一応仲裁に その後、念のため警察に電話 でも、110番通報の人に場所を説明しても、なんか反応が今一つ こっちは携帯で電話してるんだから、位置情報で自動的に場所を割り出してくれて、逆に確認の質問をしてくれたら有難いのに、などと思った それに、緊急連絡でこっちから電話してるんだから、プライバシー保護ってあんまり関係ないと思うんですよね システムに負荷がかかるのかな? コストが膨大になるのかな? それとも、現行システムでOKと判断してるのかな? 最悪、「助けてぇ・・」の一言だけとか、苦しそうな唸り声だけで警察の人が駆け付けて来てくれたら、こんなに頼もしい電子政府はないと思うんだけど、、 追伸 コール・センターの方にはついついイラついて、声を荒げてしまいました すいません、おやじどもに悪態つかれるわ、自転車を引き倒されるわで、冷静さを失ってたんです まぁ、ランチは、間に合ったけど、、 でも、あなたのせいじゃないんです、小生の説明が悪かったんです 大人げない対応ですいませんでした 意味ないと思いますけど、一応謝っておきますね2009-10-29マカロニ3761217
1211001
★アイデア
1.電子手続き日本国の統合情報インフラを構築してほしい過去、道路や鉄道、通信などのインフラ分野は政府が率先して、投資を行って、 民間を後押しする事で、経済を活性化させることができたと思います。 政府の努力と民間の双方の努力が合わさることで、 日本は経済大国となり、世界に比類するもののないレベルで 過去の経済成長を遂げることができました。 私はそろそろ次の成長分野への投資として、 システム、ネットワークインフラ分野への投資を行うべきだと思います。 パソコンや、ネットワークなどの分野は、既に経済基盤(インフラ)になっており、 これがないとビジネスを行うことすらできない現状があります。 そこでパソコンや、ネットワーク、業務ソフトウェアなど、 企業活動に必須な情報投資を政府が代わって調達し、 企業活動の効率化を政府として後押しすべきだと思います。 まずは、企業運営に必要かつ、定期的に電子政府とのやり取りが発生する 『経理・総務・経理・給与・税務・財務』関連の業務システムを日本政府が提供、 全国的な企業の財務データを日本政府のデータセンターに集約し、 業務システムから直接電子申請をできるようにして、集中管理すれば、 企業側は業務システムコストや、業務コストが削減でき、 日本政府としても申請事務コストや、税務確認処理や確認など の手間を圧倒的に削減できることになりますので、 メリットが大きいのではないかと思います。 またシステム作成に当たっては、現システム会社にも配慮し、 外部から情報を操作できるデータの入出力方法(API)を公開して、 民間企業のソフトウェアから情報を閲覧したり、 入力したりすることができれば、民業圧迫につながらないと思われます。2009-10-29たかさん21183217
12110021.電子手続き日本国の統合情報インフラを構築してほしいi-Japan(IT戦略の3カ年計画)でも議論されている3つのテーマ(電子政府・電子自治体/医療/教育・人財)の為、また現在の日本の経済再生のための基盤整備として、ディジタル基盤の整備が新たな戦略として決定しました。 霞が関クラウドなどの言葉も出てきました。 現実問題として、道路や、ダム等の物理的なインフラも非常に重要ですが、外部環境(自然環境、社会環境、経済環境など)が大きく変化している時代に時間をかけて構築するインフラよりも、バーチャルな世界も利用出来るディジタルな環境整備が日本国の内政の効果・効率を上げるのに最優先だと考えます。 必要なコストも、物理的な建造物を構築するより、はるかに低く大きな効果をもたらすものと考えられます。 日本の通信技術や、太陽光などのエネルギー技術を駆使したクラウドセンター等を国策としてやるべきで、それを電力や通信の様なユーティリティにするタイミングではないでしょうか。 日本のコンピュータ産業もこのままでは、衰退していくと思いますし、このような経済環境の中、自社の体力で新しいビジネスモデルを構築していくのは難しいように思われます。既得権のある会社ほど難しい状況です。 このままでは、外資のクラウドベンダーに占領されます。 中小企業へのIT経営などを推進していく為にも、最低限のディジタルインフラ(情報活用基盤)は提供し、成功の見返りを還元してもよいと考えます。 このような社会インフラを全国共通で利用し、地方の経済、1,2次産業の新しいビジネスモデルの構築の起爆剤として活用できると思います。 未来の社会・経済インフラにお金をかけるタイミングではないでしょうか。 とにかく、今までの様な地域や政治的テリトリ毎の個別最適されたお金の使い方は、大きな無駄につながる可能性が大きいと感じます。日本国という大きな経済団体をどのように活性化するのか、世界の中で生き残っていくのかビジョンが必要です。 現状の政治状況ではビジョンや戦略を作成し賛同を得るのは難しいでしょうから、せめてディジタルインフラを、具体化しその上で、どのようなサービスが提供可能なのかを考えませんか。2009-10-29Yoshy21183217
12110031.電子手続き日本国の統合情報インフラを構築してほしいかくあるべしとのお話であれば異論はありません。高速大量輸送のできる自動車は望ましい。次の問題は(1)いずれ何とかなると楽観してブレーキの欠陥に目をつぶって自動車の大量利用を始めるか、(2)先ずはブレーキの欠陥対策に全力を集中してそれから自動車の大量利用を始めるか、の選択です。欠陥ブレーキにたとえているのは殆どの人に使いこなせないパスワード、つまり個人認証システムの脆弱性です。政府がこの個人認証問題に余りに無頓着である現況では反対ということにしておきたいと思います。2009-11-9アナトミ21183217
1235001
★アイデア
7.このサイトについてアイディアのリンクができるシステムとすべきです。他にどんなアイディアがあるのかがわかりにくいように思います。 逆に、アイディアを出す場合は、 カテゴリをひとつに決められていしまいます。 多くの場合、複数のカテゴリに関連するでしょうし、 各項目の各アイディアの上にアイディアを積み重ねるような システムがこういうサイトには求められているのではないでしょうか? 最近マッシュアップというものがはやっていますが、 意見のマッシュアップができるシステムであれば、 よりよいアイディアがつくられるのではないでしょうか。 2009-10-30fly2550217
12350027.このサイトについてアイディアのリンクができるシステムとすべきです。タグクラウドとかあると良かったですね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/タグクラウド2009-10-30ta__ki2550217
12350037.このサイトについてアイディアのリンクができるシステムとすべきです。タイトル一覧がないなど一覧性の低さは皆さんから指摘されております。申し訳ありません。 それを補完するために、トップページに、たいとる一覧をエクセルで提供しております。 ポイントの多いタイトルや最近のタイトルなどソートなどして活用してください。 また相互の関連を示す一覧としてマインドマップを作成していますのでこちらも参考にしてください。 よろしくお願いします。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当2550217
1246001
★アイデア
6.その他電子政府改善住民基本台帳ほか行政が管理する個人情報のセキュリティ強化→一元化の必要性電子行政普及の最前提は、利用者が行政に開示する個人情報のセキュリティが確実に守られるという信頼感です。 現状のセキュリティ体制はとても信頼に足るものではなく、私が積極的に利用しない唯一の理由です。 ※各市町村システムに対する不信 特に住民基本情報は各自治体の業務と位置付けられており、市町村によってシステムの優劣格差が大きすぎます。 運用体制においても全国1800余の市町村でPマークに値する管理が徹底できている自治体は僅かではないでしょうか? ネットワークにも不安があります。 「安全です。」と言うばかりで、どう安全なのかを明示しない行政には大きな問題があります。 ※将来の利用範囲の拡大 将来、戸籍情報、課税台帳との一体運営も考えられます。 住民基本台帳・戸籍情報・課税台帳の一体化が実現するか否かを問わず、個々の個人情報は一元的に高度にセキュリティ管理されるべきですし、その管理体制・安全性・使用目的については、行政が国民に詳細な情報を公開すべきです。 ↓ 以上の各点、および近年のコンピューターの高性能化(容量・処理能力)、ネットワークの進歩を考えれば、全国民の個人情報は国家レベルで一元化し、高度なセキュリティ・運用監視体制・的確な情報公開・運用指針の明示のもとに運用されるべきです。 現状のシステムに対する不信感、おそらくその不信の上を行くであろうお粗末な運用事例、不信を増長する情報公開の不備、という現状ではいかなる電子政府構想も理解を得られないと思います。2009-11-1miew_luke4550217
12460026.その他電子政府改善住民基本台帳ほか行政が管理する個人情報のセキュリティ強化→一元化の必要性おっしゃるとおり、現状のセキュリティや国民の監視体制は不十分だとおもいます。 これは、住民基本台帳ネットワークじたいが、とりあえず的なあいまいな状況だからでしょう。 このあたりも含めて、法的にも強化が必要だと思います。 具体的な強化方法を 「 個人情報国家データーベースの創設と国家情報委員会の設 」に登校していますので、ご意見いただければと思います。 ?2009-11-1ゼロイチ4550217
12460036.その他電子政府改善住民基本台帳ほか行政が管理する個人情報のセキュリティ強化→一元化の必要性SSL...2009-11-4guicho2.718284550217
12460046.その他電子政府改善住民基本台帳ほか行政が管理する個人情報のセキュリティ強化→一元化の必要性覚えられない暗証番号を覚えろ。覚えられるような安易な暗証番号は使ってはならない。覚えられないからといってメモにして持ち歩くのは許さない。できないのなら、サービスを受けたければ安全はあきらめろ、安全にこだわるならサービスはあきらめろ。右手でもてない荷物は左手に任せろ、左手でもてない荷物は右手にまかせろ。これが現状。一元化を考える前にこの問題を解決しなければすべては砂上の楼閣と思われる。2009-11-6ウチダ4550217
12460056.その他電子政府改善住民基本台帳ほか行政が管理する個人情報のセキュリティ強化→一元化の必要性先に賛成票を入れましたが、留保条件についてはウチダさんに賛同します。 全ての国民が不自由なく暗証番号を使いこなして正しく自分を特定できるという虚構を前提にした議論は何としてもやめていただきたいと思います。電子行政について考えるに際して先ずは暗証番号に関わる問題を整理しておくべきと考えます。2009-11-14アナトミ4550217
1253001
★アイデア
6.その他電子政府改善全世界に広げられるような電子政府の仕組み日本の電子政府の仕組みが全世界に広げられるように考慮してほしい。開発途上にあるアジアやアフリカの国々がお金をかけることなく、 少しずつサービスを広げられるようなシステム構成にしてはどうか そのための条件は以下の通り ・サーバーやクライアントのOSは、無料のLinuxを基本とする(Windows系も動作は可能) ・複数言語に対応する(言語の定義は導入先の国々で自由に変えられる) ・低速のネットワークや低性能のサーバーでも運用できる ・クライアントはPC、携帯電話、ゲーム機、家電などでも動作可能にするこれらのことで結果的に、 ・誰でも使いやすい ・導入にも運用にも多くの費用がかからない ・壊れても再構築が容易なため、災害に強い ・少しずつ広げられる そんなサービスが国内にも実現できると思います。また、導入先各国の優秀な人材との交流や本当に役立つ国際支援ができます。 (しかも低予算で)日本発電子政府Saasで各国にサービス提供する手もあるでしょう。2009-11-2隅田川散歩3761217
12530026.その他電子政府改善全世界に広げられるような電子政府の仕組み目の前の利益だけでなくこういう広がりのある計画に本気になるような大手ITベンダーや資金提供者のいる日本ならどんなに素晴らしいことか。  視野狭窄の拝金主義者であることがIT業界で生き残るための条件である日本では難しいでしょうね。しかし難しいからこそチャレンジするという人は必ずどこかにいます。私は自分のプロジェクトを抱えていて手一杯なので最初の一人にはなれませんが旗を上げる方がおられれば参集しますよ。2009-11-9アナトミ3761217
12530036.その他電子政府改善全世界に広げられるような電子政府の仕組み世界を意識した「日本発電子政府Saas」とは、良いアイデアですね。 自動車業界も、新興国向けの車種に力を入れる傾向にありますし、国際貢献としても「日本らしさ」が出しやすいかも。 ITバブルの時は、海外のベンダーから『日本の電子政府に参入できないか』といった相談が、時々ありました。シンガポール、インド、韓国など。韓国からは、ちゃんと「日本語」でメールをもらいました。 その時思ったのが、『はたして日本の電子政府ベンダーは、こうした取組みをしているのだろうか』と。 しかし、こういう元気の出るアイデアは、アイデアボックスのような仕組みが無いと、なかなか出てこないでしょうね。嬉しい傾向です。2009-11-9Muta Manabu3761217
12530046.その他電子政府改善全世界に広げられるような電子政府の仕組み住基カードを始めとする役立たずの電子政府システムの設計・構築に責任のある方々にはご遠慮願って、全く新しいメンバーで青写真を描いてゆくことを考えたいものです。2009-11-10ウチダ3761217
1270001
★アイデア
8.つぶやき電子政府化賛成だが、地方への配慮がほしい法改正の度に資金のない地方はアイデアやパッチワーク的な修正で対応しているが、どうしようもなくなると、大手のパッケージ導入を検討しないといけなくなる。 が、いかんせん0が一桁多く見える。売り手は、限られた市場でシェア率計算して値段付けるのだろうが、どうしても地方にとっては高すぎる。 法律的な事は無視ですが、出来れば今後の電子政府は基幹系含めて、クラウドでも何でもいいから仕組みの投資と法改正対応はのお守は、国で一括にした方がいいと思う。 余談ですが、基幹系のお守だけで精一杯なのだから、庁内ではなく庁外に目を向けれる地方行政のシステム課はほとんどない気がするし、電子政府が始まってもそれを推進する部隊の責任のなすりつけ合いが想像される…2009-11-5NPO1550217
12700028.つぶやき電子政府化賛成だが、地方への配慮がほしい>>国で一括 そこができていなければ、そもそも電子政府のメリットを生かせてはいません。 一括でない電子政府ができたとしたら、それはそれ全体が失敗作"wholly holy crap"です2009-11-5guicho2.718281550217
1282001
★アイデア
6.その他電子政府改善情報セキュリティ認証について日本にはEAL5以上の情報セキュリティ認証機関がありません。 米国ではEAL5以上の認証はNSAが行っていると思います。 最近、やたら小さい政府を追及するあまり、政府の必要な機能まで削られているようなことはないでしょうか。 ドラマ24の世界はフィクションでしょうが、政府がトップレベルの情報セキュリティに関する人材を確保し、必要な機関を持つことは必要だと思います。2009-11-6helmsman4700550217
1290001
★アイデア
6.その他電子政府改善現状はやはり憲法違反状態といえるのでは?「知力・金力・老若を問わず全ての国民に使いこなせる電子的な本人認証基盤が提供されないままにサイバー空間が社会生活の隅々まで浸透し続けるのを行政や社会の指導層が黙視し続けるのはとんでもない人権侵害であり憲法違反状態にあると見なせるのではないでしょうか。」との問題提起をしている方がおられます。「署名捺印と同じように老若の誰にでも使いこなせる本人認証手段を提供できないままで進められる電子行政サービスや広くはサイバー社会といったものなど、一部の恵まれた情報強者以外には全くの絵に描いた餅にすぎない」との論旨で私は全く同感なのですが、この機会に広範な方々のご意見もお聞きできればと思いご紹介する次第です。難解で強固な(=覚えられない)暗証番号・パスワードを覚えられない人は、サービスを断念するか、安全を断念するか、どちらかを選ばなければならないICT社会を子孫に残したいでしょうか?2009-11-7アナトミ5972217
12900026.その他電子政府改善現状はやはり憲法違反状態といえるのでは?情報通信システムがかくも短期間に全国民的規模にまで利用が進むとは想定できなかったことで、利用者が限定されていた頃にはID・パスワードで足りていたものが、急速にそうはいかなくなってしまった、というのが実情ではないでしょうか。 選挙における1票の格差を許容している最高裁ならこの状態を憲法違反とは言わないでしょうが、電子政府・電子自治体を進めていく上では、全国民が現実的に使える認証方法を早急に提供する必要があることは間違いありません。 ただ、銀行などで使われている生体認証方式を公的機関で使うのは、社会保険庁などの仕事ぶりを見せ付けられた後だけに、情報漏えいの際のダメージを考えると二の足を踏みます。やはりパスワード方式を改良して使い勝手のよいものにしていくしかないように思います。 「必要は発明の母」といい、「需要が生ずれば供給が生ずる」ともいいます。そろそろ高齢者でも十分使えるシステムが登場してもおかしくないのですが。2009-11-7道頓5972217
12900036.その他電子政府改善現状はやはり憲法違反状態といえるのでは?人権侵害だとか憲法違反だとか、左巻き風の大げさな表現は好きではありませんが、おっしゃっている事の真意はわかるような気がします。 私も今ここで最もみなさんが関心を持つべきなのは、「 全ての国民に使いこなせる電子的な本人認証基盤」だと感じます。 この分野の研究はどうなっているのでしょうか? 私は数桁の数字記号パスワードでさえ、振り回されて辟易しています。2009-11-7山田5972217
12900046.その他電子政府改善現状はやはり憲法違反状態といえるのでは?全く同感です。 ?  ただ、道頓さんの解釈は少し違うのでは? 一票の格差問題は大都会の人でも地方の1/5程度の権利は行使できている。便益をあきらめるか、安全をあきらめるか、のどちらかしか選べないというのは別の問題でしょう。 ?  この問題をこれまで放置してきた産官学の指導層に対して改めて腹が立ってきています。2009-11-8ウチダ5972217
12900056.その他電子政府改善現状はやはり憲法違反状態といえるのでは?アナトミさん、道頓さんのご意見に賛同しつつ、以下の疑問を提示しておきます。 アナログ放送を廃止して、デジタルに移行する。 誰が決めたのか、少なくとも国民は賛否を訊ねられていないけれど、有無を言わせずに。 これが許されているのだから、 「今後は電子的な手続しか認めない。紙での受付けはしない」 という乱暴があってもよかった。 大いに混乱し、不平・不満が噴出したでしょうけれど、パソコン、インターネットが苦手、使えない、という人をサポートする仕組みが整備されたかもしれない。 もっと使いやすいシステムを国民が強く要望したかもしれない。 どこかの誰かが何とかしてくれるわけじゃない――という認識で、皆さんが発言しているのであろうことを承知のうえで、あえて異論(というか逆説というか)を提示してみました。2009-11-8佃 均5972217
12900066.その他電子政府改善現状はやはり憲法違反状態といえるのでは?賛成票を投じましたが、わたしのスタンスは基本的に「コンピュータを信じちゃいけないよ」「ネットワークだって正常に動くとは限らないよ」というものです。 「電子政府」などということばが流布して、あたかもそれが全能であるがごとくにあつかわれ、そうして「電子的なやりかた」をふつうのもの(標準)としてあつかい、それ以外は「非標準」と考えることに異議をとなえる立場です。 その立場からは、電子的な処理は、あくまでも人間のすることの補助であるように世界は設計されるべきこであり、そしてかつ「人間性を尊重した社会」にするべきだと考えています。 したがって「電子的な処理」と「手作業でやること」とは、どこまでいっても両立すべきだと思っています。アナトミさまのおっしゃるような、「憲法違反」とか「一部の恵まれた情報強者以外には全くの絵に描いた餅にすぎない」とまでは認識していませんが、それに近い状態というのは理解できます。 現実的に言って、子孫に残す社会が「電子的に進んだ社会」になるのはやむを得ないとしても、あくまでも「人間社会」であるという前提を失ってほしくない、という意味で「賛成票」を投じました。2009-11-9mita5972217
1336001
★アイデア
6.その他電子政府改善官公庁専用クラウドを作るというのはどうでしょうか"GoogleやSalesforce.comなど米国企業がクラウドをリードしていますが、経済産業省が自前のデータセンターを含むクラウド・プロバイダを、官公庁や自治体が共通に使える基盤として設計・構築・運用するのはどうでしょうか? このクラウドは、どこの省庁でもどこの都道府県や市町村自治体でも使えるように、共通のSaaSが用意されていて、SaaSで対応できない要件に対しては、共通のPaaS上に作りこめるようにします。国民全員のデータが、そのクラウドに一元化され、省庁や自治体は、サービスを提供するために、必要な個人のデータにアクセスできるようになっています。 官公庁や自治体が持っている莫大なインフラやプラットフォームをすべて共通化できるだけでなく、SaaS化されたアプリケーションも大部分は共通です。また、新しい要件が出てきても、インフラ、プラットフォーム、国民データが官公庁や自治体をまたぐ基盤として出来上がっているので、PaaS上にアプリケーションを作りこんで、迅速なSaaS化が可能です。 このクラウドは、経済産業省の責任で管理されていて、通常のクラウドで心配されるようなセキュリティの心配は全くないように設計、構築、運用されます。"2009-11-9Leo21394217
13360026.その他電子政府改善官公庁専用クラウドを作るというのはどうでしょうかこのアイデアボックスもSalesforce.comでつくられているようなので、ひらかれてますね。 国土交通省にTELしたらサーバは中に置くのが厳守と言われましたが。。2009-11-9toshihar21394217
13360036.その他電子政府改善官公庁専用クラウドを作るというのはどうでしょうか「電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。 」のスレッドに霞が関クラウドと自治体クラウドの紹介をしております。そちらをご覧ください。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CphOAAS 技術の動向に合わせて様々な検討を行っているところです。2009-11-10経済産業省アイディアボックス担当21394217
1337001
★アイデア
8.つぶやき経済産業省ってどんな時に連絡すればいいのでしょうか?つまり、何をしているかどんな時に助けを求めればいいか どのような時に連絡したらよいか どのような時に検索して確認したらよいか? 皆さんわかりますか? どのような時に経済産業省が、国民の助けになって頂けるか? 私はまったくわかりません。 もっと身近に、国を感じたいです。ちなみに、初めてこのような意見を言えました。 投票もしました。皆さんいろいろと意見があるんですね。 2009-11-9国民代表1550217
13370028.つぶやき経済産業省ってどんな時に連絡すればいいのでしょうか?経済産業省のみならず、各省庁が何をしているのか、ほとんど分かりません。 HPを見ても、全くわかりません。 実は、各省庁の公務員の皆さまも、自分の関わるプロジェクトがどのような意味を持っていて、自分のやるべき役割を分かっていないのではないでしょうか?自分の仕事が国民にどのように還元されるのか?その具体的な道筋が見えていないたため、混沌としたまま、作業をしてしまうといったことになっているのでは?と思うのです。 関わっている方々が分からないことを、我々、国民が分かるはずもないと思ってしまします。 実は、この国をどうするのかという国民が選んだ政治家が示すことなので、省庁に自分の仕事の意味を知れというのは、非常に無理があるのかもしれません。 ただ、先日「子育て支援」についての報道があり、愕然としたのですが、厚生労働省と内閣府で同じようなプロジェクトをしていました。それぞれ、言い分があり、関わり方、視点が違うので自分たちの仕事は妥当であるというものでした。 しかし、作成されたパンフレットの内容は一緒でした。子育て支援のマスコットも2個あって、縦割りの弊害だと思いました。 同じようなプロジェクトを行うときは、関係省庁が一緒になって、取り組むことが重要だと思います。 それができるように、各省庁がどんなプロジェクトを抱えているのか、どんな議論が必要なのかといった、調整機関を設けることが必要かと思います。2009-11-10まる1550217
1340001
★アイデア
2.行政ホームページCO2削減状況の開示昨今、CO2削減が強く言われていますが、具体的な進展状況が国民に広く理解できるような情報開示ができないだろうか?子供も含め、自分がやっている省エネ、CO2削減行動がどう実績につながっているかがわかるような情報開示ができれば、参加意欲も高まり、工夫も出てくると考える。2009-11-9fufu0550217
1341001
★アイデア
6.その他電子政府改善情報政策の3重行政を止める例「ユビキタス」関連の公募や実験は、経済産業省、総務省、国土交通省それぞれがやっています。まず、これを1本化ですな。情報が分散して何年模索してるのやら。 最近は日本のインターネット人口が8000万人と言われ「じいさんばあさんでも携帯を使えるようになった」と言っても、『孫にメールの返事を返したい』から覚えたとか、「有料コンテンツ1回利用しただけだが月額100円程度なので解約していない」という累計的な数字で、必ずしも情報化が浸透してきた訳ではない。現状の正しい把握が必要ですな。2009-11-9toshihar0761217
1347001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成技術だけでなく。。。日本のITエンジニアは技術はそれほど低いとは思いませんが、社会人としてのレベルが低すぎます。本来は政府ではなく所属企業がキチンと教育すべきなのでしょうが、資金のない殆どのベンダーは教育もそこそこに、OJTという名目で稼ぎに出します。また、各国のITエンジニアと会いましたが、ほぼ全ての国のエンジニアが母国語と英語の両方を使い分けます。母国語しか話せないエンジニアは日本だけではないでしょうか 世界のIT業界は英語がグローバルスタンダードです。そういう点でも何か支援があればと感じる昨今です。でないと、新興国に追い抜かれるかもしれませんね2009-11-10ごんた1761217
13470025.ITベンチャー・技術の育成技術だけでなく。。。IT技術者に限定した話ではないと思います。 言ってしまえば、ビジネスマナーを知らない社会人が、べらぼうに増えていると言う方が問題です。 ただこれは現場主導の名残とも取れます。 少なくとも、昔は現場の先輩や、学校の先生が、殴ってでも教え込んだ事が、手出しを禁じられた事で伝えられなくなっている余波かと。 個人的には、自分で殴るとかできないので殴ってでも叱ってくれる先生が居てくれると非常に助かるのですけどねぇ・・・。 母国語と英語と言いますが、彼らのうち、母国語と英語が国語である国ってどれぐらいでしょうか。 国語が1つしかないと言う国しかないと言う前提がなければ、彼らの殆どは国語ができるだけなのでは?2009-11-10rd1761217
1353001
★アイデア
8.つぶやき電子政府が実現したら、どうなるか冷静に考えてみると、 電子政府が実現したら、 日本人は諸外国から尊敬されるのか。 子供は今以上に笑顔が増えるか。 幕末明治大正戦時に命を張って国を創ってくれた偉人らが理想にしていた姿に近づけるのか。 今よりもっと便利になって、モノやお金のサイクルが早くなるのは良しとして、 人のサイクルまでは早くしたくない。 日本国民として、納税者として、人の親として,正しく生きてきたのに、私の知人また一人早死にしてしまった。 お金(税金)も道具(IT)も経済産業省さんに託すだけでなく、ひとりひとりがみんなや子孫のことを考えて知恵を出しつつ行動していきたいですな。2009-11-10toshihar1550217
13530028.つぶやき電子政府が実現したら、どうなるか同感です。電子政府が進んでしまっている現状を与件として効率や安全について議論をしていますが、今は電子政府のメリットが大きくデメリットを上回ると国民の過半が納得しているわけではないですね。 電子政府で得られるものと失うもののを列挙して国民投票にかけ、信任を得た部分だけを進めるということも考えられます。2009-11-11ウチダ1550217
1364001
★アイデア
7.このサイトについてOpenIDでログインできるようにしてはどうかYahooなどのOpenIDで、アイディアボックスにもログインできるようになれば、利便性が高まるのではないか。2009-11-10にゃんこ2761217
13640027.このサイトについてOpenIDでログインできるようにしてはどうか運営者としては個人の属性を知りたいのでしょう。 一旦利用者登録させた上で、OpenIDでログインさせるというのは、便利かも知れません。2009-11-10hijiri2761217
13640037.このサイトについてOpenIDでログインできるようにしてはどうか願望は共有。ネット上での本人確認方法が改善されてからなら賛成。手に負えないパスワードや使えない住基カードが前提なら反対。2009-11-11ウチダ2761217
1432001
★アイデア
1.電子手続き運転免許証の国際化運転免許証を英文併記とし、国際免許としての機能を持たせて欲しい。 現状、日本の免許証は米国等でも有効であるにもかかわらず、英文表記が無く、特に有効期限が元号表記のため、運転免許センターで国際免許証と称する「翻訳証明」を受け取りにいかないとならない。 手間も惜しいが、紙ペラ一枚の翻訳証明ために手数料を支払うのも納得がいかない。 IC免許証に移行しつつあるのだが、ICパスポートのように国際規格対応が考慮されているのだろうか?2009-11-13MasaGon0550217
1457001
★アイデア
7.このサイトについてみなさま ご苦労様でした"期間限定のこのサイトももうすぐ凍結されます。 このサイトの開設に至る裏側でなにがあったかまではわかりませんが、短期間でのサイトの立ち上げ、そして運営管理に奔走された経済産業省担当者さま、そして有意義な議論を行った参加者の皆様ありがとう。 今後の話も出ていますが、このサイトでの議論が今後の日本の発展とと国民の幸福のために役立ってことを願います。"2009-11-14takkey2550217
14570027.このサイトについてみなさま ご苦労様でしたお疲れ様でしたー2009-11-14yo-2550217
14570037.このサイトについてみなさま ご苦労様でした経済産業省担当者です。 今回の実験もまもなくあと数分で終了となります。 これだけ多くの方に最後の最後まで熱心にご議論いただき、本当に感激しています。 ? 自治体の場合には、以前から電子掲示板を設けているようなところもある一方、 果たして、地域性を持たない国の行政において、特定の行政テーマを核とした コミュニティがネット上に成立し得るのかというのは、やってみないとわからない 部分ではあったのですが、この1か月の結果を見る限り、十分にその可能性は あるように感じました。 ? 今回の実験を受けた次のアクションについては、 具体的に動き出すまで、しばらくお時間頂くことになるかもしれません。 しかし、今回ご参加いただいた皆様の熱意と貴重なアイディアは、 無駄にならないように、可能な限り取り組んでまいりたいと思います。 ? 本当に1か月間、どうもありがとうございました。 改めて、ユーザ登録いただき投稿・投票いただいた方、またこのサイトをご覧 いただいた方、すべての参加者の方に厚く御礼申し上げます。2009-11-14経済産業省アイディアボックス担当2550217
1018001
★アイデア
7.このサイトについて投稿の際のうっかりミスや投稿ミスの訂正はどうする先ほど投稿を書いているときに、別のキーを押してしまったら登録されてしまった。 修正したいのですが、どのようにすればいいのか?その方法がよくわからないので わかりやすいヘルプを作ってほしいところです。2009-10-14Hirokazu Okumura4651242
10180027.このサイトについて投稿の際のうっかりミスや投稿ミスの訂正はどうするアイデアボックス事務局です。 申し訳ございません。今回のサイトでは削除や編集の機能はついておりません。 修正したい投稿につきましては support@open-meti.go.jp 宛てに登録いただいたEメールアドレスよりご連絡いただけますと事務局にて修正対応が可能です。 (登録Eメールアドレス以外ですと、削除することができませんのでご注意ください) 大変お手数をおかけしますが、修正したい投稿のタイトル、 修正後の本文をメールにてご連絡ください。2009-10-14アイディアボックス事務局4651242
10180037.このサイトについて投稿の際のうっかりミスや投稿ミスの訂正はどうする機能しょぼいですね〜。 アメリカで行われた時もこんな感じだったんでしょうか。2009-10-14yoppy4651242
10180047.このサイトについて投稿の際のうっかりミスや投稿ミスの訂正はどうする無責任な投稿を減らす意味、また既に他社のコメントや評価がついた状態での削除を避ける意味で、 簡単に編集や削除はできない方が逆に良いのでは?ただ、投稿前の確認ページは必要と感じます。2009-10-15KMKT4651242
10180057.このサイトについて投稿の際のうっかりミスや投稿ミスの訂正はどうするシステムは外部委託したほうがよかったのではないでしょうか? 「気軽に参加してね。」的なのりかと思い投稿したら晒し者になる。 ちょっと微妙ですね (魚拓的な思想なのかな?) 機能が無くてお願いするのもなんなので、 アイデアが更新したらバージョン番号でも書いてまた投稿するという 対応をとらせてもらっても言いのかななんて思います。 最初に出たアイデアが最高のものとは限らないし、 企画というのはアップデートがあってナンボでしょうに。 あと、人的にフィルタリングをしているのは賢明な判断だとして、 訂正をする訂正要員があてがわれているのは中々豪奢な感じですね。 アイデア募集しておいて訂正さえさせてくれない、 メールでお願いをして訂正をする。 ちょっとフローがおかしいかと。 (入札するための企画書じゃないんだし。) ちょっとピリピリした感じなのでしょうか。 ものを考えるには環境ってとても重要と思いますが、 こんなとギスギスしたところに良いアイデアなんて生まれないのでは?とも。 (誰がどんな言動を取っているかは、魚拓なりログをとるなりしていればいいのでは?) アイデアボックスと言うネーミングなわりに、ポイポイ投げ込みは禁止。 投げ込むときはかなり練りこんだ情報を! 世の中とずれている気がしますね。 (求めてるものがもっと硬いなら、硬い名前にしたほうがよかったんじゃないでしょうか?) ?2009-10-16satokenz4651242
1019001
★アイデア
7.このサイトについて政策アイディア以外の使い道初めて投稿させて頂きます。 普段ツイッターを使用している私としては、こうしたウェブ上の情報共有ツールは アイディア次第で様々な活用をすることができると思います。 将来様々な使い道ができるこのサイトを通じて、どのような活用方法があるか意見を出しあってみてはいかがでしょうか。 例えば、○掲示板だと速報性に欠けるので関心のあるキーワードを登録しておけば登録先のアドレスにメールが届く機能       ○過去に行われた投稿に「検索機能」をつける。       ○速報性は重要だが、完全にツイッターのようにしてしまうと投稿が乱立してしまう。ツイッターでフォローする人を単         語あるいはテーマに変えることは可能だろうか。また、その効果は有益だろうか。など 既に投稿されている意見かもしれませんが、 2chのように「荒らし」や「中傷行為」をいかに防いでいくかも課題だと思います。2009-10-14VaiderLord0551242
1034001
★アイデア
6.その他電子政府改善業務分析と住民サービスに向けた業務設計を行う事現状どのように業務がまわっているのか、今後縦割り行政を超えて業務をまわすためにはどのように情報のオープン化と業務の設計を行うのか、議論の焦点をそこに当てる事がまず必要と考えます。そして良い基幹情報システムを構築する事です。今まではそのときに使える道具としての分析フレームワークのしっかりした物がありませんでしたが、最近業務プロセスを文法言語によって精密に記述する言語パダダイムが実用になっています。今のところ残念ながら(株)アトリス社一社しかそれをやっているのを知らないために、あたかもアトリス社の宣伝のようになるのが恐縮ですが、それを超えて重要な話で、重要な事は問題の本質に世の中の議論を持ってゆく事です。沈むかも知れない船をどうするか考えるときには、まずは船は沈むのか沈まないのか、そこに議論を持ってゆく必要があります。よくERPシステム導入のときに、まず人事とか財務経理でやってみて、巧く行けば全体に広げる、と言った話がありますが、これは核心の問題に議論が行かないので宜しくない戦略です。ある製造業の企業で、企業の生命を制すする生産管理からそれを導入したところ、ほんとの問題が失敗すると会社が駄目になるので、人事とか財務とかはそこらへんのパッケジを使ったつなぎでやれば良い、ということで本気で全社一丸となってよいシステムが出来たと報告されています。2009-10-15hy0440242
1036001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成ITベンチャーの育成と技術の保全ITベンチャー育成策について書き込みが少ないようなので、きっかけになればと思って書き込みます。かねて提言していたことを整理しました。ちょっと長いのですが、我慢して読んでください。経産省の外郭団体である独立行政法人情報処理推進機構(IPA)がITベンチャーの育成に取り組んでいます。突出したアイデアとオリジナルな技術を持つ若いプログラマの発掘にも取り組んでいるのは周知の通りです。また経産省は「ソフトウェア・パートナーシップ・プログラム」で地域IT企業の振興を始めました。ですが風聞によると、お役所に提出する管理資料の作成に時間が取られ、そのあまりの煩雑さに嫌気がさす人が少なくない、といいます。素朴に思うのは、ITベンチャーの育成は国が政策で何とかすることなのか、ということです。過去年に株式を公開したITベンチャーは、国の育成策によるものではありません。ユニークな着想と事業モデル、資金調達戦略などが複層して「成功」を獲得したわけであって、振興企業向け資金調達市場の創設が大きな役割を果たしたのだと思います。また新技術の開発を国のプロジェクトの主題とするのは、国産コンピュータ育成・振興時代の発想でしょう。これから求められるのは、@創造性豊かな若い技術が伸び伸びとやりたいことをやれる環境づくり、Aいい技術や製品を積極的に利用することを促す施策、B国として譲れないセン(原子力・電力、宇宙・航空、医療、交通・運輸、金融、教育、福祉、防災・防衛、ライフライン、行政など)にかかる基幹的技術の保護――の3点だろうと思います。@については、失敗したプロセスを公開し失敗の成果物をオープンソース化することを条件に、自由に使える資金と研究開発パートナーを与えること。無謬の原則に立つお役所は失敗したらどうするかと、責任回避を考えるので、書類作りに熱心になります。最初から成功する、採算に合うと分かっていれば、誰だってやるでしょう。それが分からないからこそ、挑戦する価値があるわけです。となれば「失敗も可」とし、それもキャリアだと認めていくようにしなければならない。一方、国民の税金を投入するわけですから、失敗したにせよ成果を公開して共有できるようにする必要があります。オープンソース化することで、コミュニティーがよってたかって改良する可能性が出てきます。の公募制度でいいのですが、「ここまでできている、あと一歩」というソフトウェア製品を公募して、後押ししてあげる。原則は自助努力です。その成果物を国の機関や地方公共団体が共通で使う「標準」に認定する。税金を投入しているわけですから、国や地方公共団体が利用する場合は低価格な型で、民間に対しては当該者が価格を決めればいい。Bこれは「must」とも関連するのですが、国のインフラ系システムや国民のライフラインにかかわる情報システムは、できるだけ国内の技術と技術者で構築・運用する必要があります。余談ですが、三角合併が可能となったことで、そのようなシステム開発に従事している中堅ソフト会社を海外(特にアジア・中東諸国)のファンドがターゲットにし始めました。気がついたら、交通管制システムの技術が海外資本に握られていた、なんていうことが起こる。もう一つは、規模は小さいけれど将来性のある独自技術を持っている企業を資金的に援助する制度です。ユニークなITは技術者に依存しますので、会社が倒産・買収されて技術者が離散すると、その瞬間に技術が消滅してしまうんですね。財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)にエスクロウ制度を設けて、エスクロウ登録した技術であれば優遇融資を行ったり、M&Aに際して登録技術を国が買い上げるといったことが可能になります。2009-10-15IT記者会41284242
10360025.ITベンチャー・技術の育成ITベンチャーの育成と技術の保全この間決まった(?)国から補助を受けてする研究には疑問が多い。 まずはじめに、国は国公立大学に対する補助金を実績などによって上下しようとしている。(もうしてるのかも) これにより東大京大などの旧帝大などは十分にお金がもらえるかもしれないが、地方の大学は お金が減る、研究が十分にできなくなる、えらい教授が他へ行く、お金が減る といったどんどんマイナスの方へ向かっていき、格差が大きくなる。 しかも、国はストックしているお金を余っているとして計算をしている。 大学で必要な研究設備はとても高価なものが多いので何年も積み立てて購入するのにもかかわらず。 優先順位は明らかに大学の方が高い。 また、国が決めた研究にも謎がある。明らかに国が補助をするようなものでないものが含まれている。 選ばれた所も「いいのか?」といったことを言っている。 どうせ補助をするなら医療、環境に関するものにしてほしい。 ITベンチャーもまたしかりである。2009-10-15A41284242
10360035.ITベンチャー・技術の育成ITベンチャーの育成と技術の保全IT記者会さんのご意見ももっともなのですが、わたしたちが当面している、というか当惑している問題は、官庁からの発注案件について、発注規模に応じた制限がついていることです。わたしたちのような小さいところや、さしたる業績をあげていないところは、いくらまでの案件しか応募できない、と決まっているので、応札するときにはどこかの大手Si-erを探し出してきて、そこを「元請け」として応募するしかありません。しかし実際に作業をするのはわれわれ中小なんですね。「元請け」は、単に名前を貸しているか、あるいは資金的に分割支払のためのバッファとかなのですね。みんな真剣に「元請け」を探したりして、わざわざ自分のところの取り分を減らして(逆にいうと大手Si-erを肥らせてあげて)案件を取っているようです。まあ、取れたら喜んではいますが、、、。 しかしよく考えてみるとずいぶんばかげた話ですね。 もし金額が大きすぎて、中小では「アブナい」というのなら、なんらかの機関を作って、そこに保証させるなりするほうがいいのではないでしょうか。また分割支払もそこでできるようにしたらよろしいのに。そういうところに「保証料」を払うのなら、あるいは「保険料」を払うのなら納得はできます。でもその分を大手Si-erに「元請け」になってもらって、というのはどうも「本末転倒」というか、単なる「形式主義」なのではないでしょうか。 中小企業は、おまえたちにふさわしい程度の案件をせいよ、というのはどうもいただけませんね。 中小企業(ベンチャーとはいいません)を育成するのにそうしたことは考えないのでしょうかね。 然るべき機関を創設して、中小であろうと、零細であろうと、規模に関係なく発注したらよろしいのに。 必要ならわたしたちが「元請け」をやって、大手Si-erを「下請け」にしましょう。そのほうがうまくいく場合だってあるかもしれませんよ。2009-10-16mita41284242
10360045.ITベンチャー・技術の育成ITベンチャーの育成と技術の保全非常に有効性が狭い制度だと思います。 着想があって、具体的なイメージがあって、実現方法が判明していて、完成後のビジネスモデルまで設計されている状態で、カネが無い!って事が想定できません。これだけ明確になっていれば、幾らでもスポンサーはつくでしょう。 発想や着想があって、具体的な完成物のイメージがあって、アプローチ方法の見当があるくらいの段階で、国家権力が支援してくれる何かが欲しいですね。 スパコンのマシンタイムや、工作機械のオペレータ込みの使用権、あとは学生さんの馬力。 学生さんの輪講でも卒論でも自由研究でもそんな口実で、アプローチ計画に沿ったプログラム開発をやってもらえたら 発想や着想が現実になる近道だと思います。 想像するに、この場合の課題については、現状の産学協同研究とかでは、スポンサーがつかないので誰もやっていない分野で、難易度的にはたいしたことは無いと思われます。 研究者が主体でやるには、複数分野に跨ることが障壁となります。2009-10-23泥舟茶憐爾41284242
10360055.ITベンチャー・技術の育成ITベンチャーの育成と技術の保全基本的に賛成です。 呼び水としてのお金は、確かに意味があります。 しかし、ベンチャーに必要なのは、お金ではなく、仕事です。 仰るように、これまでに上場公開したベンチャー企業は、国や大企業が考えなかった ものです。 志の高さ * 夢の大きさ * 執念の強さ = 上場公開 しかし、公開後の経過を見る限り、どれか、一つが欠けることがあり成長が止まるようです。 特に、急速な低迷や倒産には、最初の「志の高さ」に問題が多くありました。 しっかりした目的目標が無い限り、時代のあだ花となります。 若い技術者には、技術の意味や社会に対する貢献も教える人がいないといけません。 中には、素晴らしい若者もいます。2009-11-8H.Endo41284242
1048001
★アイデア
6.その他電子政府改善国としての経済成長戦略の確立と実施今、日本は、非常に大きな問題を多数抱えています。破綻しつつある年金制度をどう建て直すのか?巨額の赤字を抱えた財政をどのように再建するのか?深刻さを増す失業の問題にどう対処するのか?少子化問題にどのように対応するのか?対米追随の外交政策を転換して、世界で存在感を示す日本になるためにどうすればいいのか?国防のあり方は、今のままでいいのか?CO2削減の国際公約をどのように達成するのか? まだ、他にもいろいろな問題があると思いますが、おそらく、個々の問題は複雑に関連し合っており、個別に解決するのは非常に困難だと思います。これらの問題の解決の鍵を握るのは、経済成長が実現できるかどうかにかかっていると思います。経済成長だけで、すべての問題が解決するとは思いませんが、経済成長がなければ、どの問題も深刻さを増すばかりですし、逆に、持続的な経済成長ができれば、どの問題も、解決はより容易になるはずです。 新政権には、個々の問題を着実に解決して欲しいと思いますが、個々の問題だけに着目して対応しようとしても、限界があるように思います。そこで、個別の問題への施策の立案と実施に加えて、すべての問題への解決に大きな影響を与える、経済成長にもっと関心を払ってもらいたいと思います。今でも、環境分野の新しい産業を育成するための政策などに取り組んでいると思いますが、経済産業省のレベルでやっているだけのように見えます。国としての経済成長戦略への取り組みを、首相および政権中枢で真剣に議論をして、もっと産業界を巻き込んで、具体的な経済成長のプランを作って推進して欲しいと思います。 2009-10-15Jones1651242
10480026.その他電子政府改善国としての経済成長戦略の確立と実施個々の問題に個別に対処しているのは駄目というご意見に同意です。国家システムの問題として解く必要があります。そのドライビングフォースが経済成長というご意見ですが、経済成長というと物質的に人々を満足させる経済という事で進んで来たと思いますが、その事を言われているのでしょうか。私にはこれからの我々のフロンティアーがそのような所にあるとは思えないのですが。2009-10-19hy1651242
1095001
★アイデア
8.つぶやきクラウドによる首都機能のバックアップパソコンの初心者向けアドバイスとして、必ず出てくるのが 『事故に備えてのバックアップの作成』 政府機能を電子化されるのであれば、その電子化された政府のバックアップを4大都市(札幌、名古屋、大阪、福岡)にも、(場合によっては海外にも)作成したらどうでしょうか? 第2霞ヶ関市、みたいな。  あと数十年のうちには東海地震が来る、と言われています。 (私の年代ですと、小松左京「首都消失」などの印象も強いですが。) ハードウェアとしての都市機能の再構築には多大な時間がかかります。しかし、首都が麻痺すると、その日から全国の人が困ります。 以前提唱されたような 『首都移転』 は、あまり現実的では無いと思いますけれども、 人的リソースを移転、電子化された政府を、数日で再稼動できるう、リスクヘッジする体制は、国防上も必要、かも? 2009-10-17ukulele21073242
10950028.つぶやきクラウドによる首都機能のバックアップ追加案です。 全ての地方自治体のデータは、そのより上位階層の自治体、そしてその最大のも のである国のサーバーに多重にバックアップされるというのはどうでしょうか。2009-10-17guicho2.7182821073242
10950038.つぶやきクラウドによる首都機能のバックアップそもそもITを活用すれば、場所と時間は関係ないのだから、政府の機能やら、 このような電子システムなど、土地の馬鹿高い首都圏で運営せずに 地方にデーターセンターやらオペレータを配置すればよい。 空港なども羽田だけをハブ化するなどという小さい発送ではなく 日本全体でハブ化して、どこでも同じサービスが受けれる環境を 作れば良いのだ。 誰も東京出張など楽しくないし、地方活性化も可能だと思うのだが。2009-10-19どぼちょんぱぱ21073242
1098001
★アイデア
7.このサイトについて批判・否定より肯定的・建設的な意見の尊重・実現を。既に存在するものや意見に対し、批判や否定をするのは簡単です。 私自身、このサイトを見てすぐ、批判したい欠点はいくつも見つかりました。 しかし、存在しない意見や提案を発信する建設的な言動は、手間暇かかりエネルギーを使います。 にも関わらず、自分の貴重な時間を割いてまで建設的な意見を提供してくれる人の存在は貴重です。 この施策が予定の期日で終了し、その後どうなるのかは知りませんが、是非未来を良い方向に変えようという建設的な意見を採り入れ、実現してほしいと思います。 今後の参考にする程度ではなく、実現を。 願わくば提案者や賛同する市民を巻き込ん速やかに実行されるのがベストです(そこまで期待するのは酷かもしれないが)。 欠点があるなら議論して克服し、実現させるべきだと思います。 それが意見を募ったものの義務であり、徳川吉宗をはじめとする先人たちがその有用性を語っています。 国のため、他の国民のために自分の時間を割いた人の、この施策への期待に応えてくれることを願っています。2009-10-1721073242
10980027.このサイトについて批判・否定より肯定的・建設的な意見の尊重・実現を。>> 私自身、このサイトを見てすぐ、批判したい欠点はいくつも見つかりました。 ならば、あげ連ねるべきです。 本来なら、このような取り組みは10年前に構築されていて然るべきものです。 政権交代で誰が何を思ったかやっつけで行われたレッキとした公共事業です。 日本社会がガタガタになってしまった諸悪の根源はこのような出鱈目な事業とそれを咎めず放置してきた事だと思います。 > 国のため、他の国民のために自分の時間を割いた人の、この施策への期待に応えてくれることを願っています。 問題のスリカエです。 公さまが公務員でいらっしゃるなら、その思考発想を見直していただきたいものです。2009-10-17泥舟茶憐爾21073242
10980037.このサイトについて批判・否定より肯定的・建設的な意見の尊重・実現を。世に出てしまってから「一体、どうして今まで誰も指摘しなかったんだ?」などと言われるよりは、 批判も否定も肯定も満遍なく受け付けておく方が良いのではないでしょうか。 もちろん、議論が混乱したり脇道へ逸れたりするおそれはありますが、 「とりあえず実現させてみよう」では、それこそリソースの無駄遣いに終わりかねません。2009-10-19katsuwo21073242
1107001
★アイデア
7.このサイトについて「国民が創る」行政サービスの未来現在の行政サービスは、良いも悪いも、中央・都道府県・市区町村に分かれ、しかもそれぞれの縦割りの壁に分かれた、非効率で高コストの典型的な姿ですが、ネット・デジタル化という、この壁を克服する技術的な手段が手許にあり、このサイトのような試みがなされ、非効率・高コストゆえの財源不足というおろかさも、国民が求める未来の行政サービスのあり様を直接、つまり「国民主体の、国民が創る、国民のための次世代(あるいは未来型)行政サービス」によって克服できるものと考えています。もちろん、技術立国であり、グリーンなエコ国家であるだけでなく、高度福祉国家を、このような「国民が創る」行政サービスを通じて、世界に先駆けて創り出す、国民総意のプロジェクトを形成してはどうでしょう! このためには、「アイデアを出して下さい」、ではもちろん足りません。国民目線の不足を感じます。少なくとも、このアイデア出しには、国民レベルの要求を取り上げるためのITを駆使した仕組み(アイデアの広範な募集・登録・公開・アイデア間の関連付けや多面的分析・多様な実現レベルや実現方法へのアイデア出し・実現効果分析・要求仕様化・費用対効果確認・実現の追跡など)が合わせて整備される必要があるものと思います。 例えば、すでに投稿されたアイデアを相互に関連させて読みたくても、アイデアに番号も振られていないし、キーワードの抽出もなく、トライアルとして前進があるとしても、現在のサイトでは、国民的な浪費を強いていると考えられる。 このような思いつきを徐々に進化・発展させ、国民目線から見える、アイデアとしても発展しやすくする、そして合意を得やすくする、従って政策に反映しやすくする、結果的に、国民にメリットを還元できる仕組みを考えておかなければならないことでしょう。ご健闘期待しております。2009-10-18columbo1862242
11070027.このサイトについて「国民が創る」行政サービスの未来>> 例えば、すでに投稿されたアイデアを相互に関連させて読みたくても、 > アイデアに番号も振られていないし、キーワードの抽出もなく、 > トライアルとして前進があるとしても、現在のサイトでは、 > 国民的な浪費を強いていると考えられる。 ? なるほど、そうですね。 実際にやってみないと、どういった点が不便なのか見えてこないところが多いです。 ? 「アイデアの広範な募集・登録・公開・アイデア間の関連付けや多面的分析・多様な実現レベルや実現方法へのアイデア出し・実現効果分析・要求仕様化・費用対効果確認・実現の追跡など」を実現するためにどのような仕組みがあるべきか、引き続き、ご意見いただければ幸いです。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当1862242
1113001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成海外の動きは?昔から日本はキャッチアップ型の開発のほうが得意ですし、「学ぶは真似ぶ」という言葉もあります。 Gov2.0関連の英語情報は、梅田望夫さんによるこちらのblogが面白い感じです。 http://webevolution2009.blogspot.com/ 日本語による説明 http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20091012 何が海外に有って日本に無いのか、 何が日本ではアリで、何が無しなのか、が判れば、どんなITベンチャーを育てたらいいのか、 どんな技術が世の中に必要とされているのか、が見えてくる、かも? 2009-10-19ukulele1651242
11130025.ITベンチャー・技術の育成海外の動きは?有用な情報源のご紹介ありがとうございます。 海外の動きは、定期的にウオッチしています。 日次での情報では  Federal Computer Week(US) ? Nextgov(US) 週次で  GC Weekly(UK)  Info-Society news(EU) 等のメールニュースなどで最新ニュースを手に入れるとともに、各国の主要ホームページやイベント情報は定期的に情報収集のため訪れています。 他にも良い情報源があれば、このような場で共有できればと思います。2009-10-20経済産業省アイディアボックス担当1651242
1143001
★アイデア
8.つぶやきこういう「仕掛け」は旧いバージョンでも動くといい、、、?こういう「仕掛け」は旧いバージョンでも動くといい、、、?・・・なんていうのはだめかなあ。 自宅にあるFirefoxのバージョンは、会社にあるものより一つ前のもの。バージョンをアップしようとしたら、OSのバージョンも上げないとだめでした。 まあ、会社も自宅も同期させておかない自分が悪いのだろうが、非常に多くのひとが寄ってくるようなサイトだと、いろいろな環境のひとがいるだろうから、旧式のものを使っている場合、アクセスできないとか読み込めない、とかいうことが起こりそうだよなあ。 民間のいろいろなサイトでも、いきなり、OSやブラウザのバージョンを上げたりするものだから、文字化けしたり、読み込めなかったりするけれども、そういうのってつねに最新の装備のユーザを想定しているのかなあ。 ここは「つぶやき」だそうだから、つぶやいておきましょう。このサイトは当分、会社でしか見ないことにしておこう。とはいえ、一ヶ月しか「開店」していないんだなあ。まあ、いいか。2009-10-22mita1862242
11430028.つぶやきこういう「仕掛け」は旧いバージョンでも動くといい、、、?古いバージョンもそうですが、スマートフォンからのアクセスも考慮して欲しいですね2009-10-27うーたん1862242
1144001
★アイデア
6.その他電子政府改善IT政策を統一的に検討する組織を現在、電子政府やIT政策の検討は、内閣府、総務省、経済産業省、厚生労働省と複数の省庁をまたがって行われており、なお各官房のIT担当室がこれら政策の整合性を取るよう努力しているようだが、あまりうまくいっているようには見えない。 今後、霞が関クラウド等の各省庁間で共通に利用する情報基盤の導入やより国民サイドに立ったIT政策の導入を本気で行うのであれば、各省庁が必要としている施策等をより高所から検討し、各省庁が行うべきことの整理や各省庁が要求しているIT関連予算を一括して召し上げ、必要に応じて再配分を行うことができるほどの強力な力をもった組織が必要ではないか。2009-10-22zorori31073242
11440026.その他電子政府改善IT政策を統一的に検討する組織を役人臭漂う提案ですね。 ITなんてものは手段に過ぎません。 役所での「鉛筆」の使い方を統一的に検討しましょう!なんて事は通用しません。2009-10-22泥舟茶憐爾31073242
11440036.その他電子政府改善IT政策を統一的に検討する組織を現在は各省庁がばらばらの鉛筆を購入していて、その鉛筆の質もばらばらのものを買って 文房具屋にぼったくられたりしている状態なので、お母さんがダース単位で安いのかって来るからそれを使いなさい! っていうことじゃないんですか? 無駄にギミックのついたシャーペンや、バトル鉛筆なんて必要ないでしょ!ってな感じに、 予算を精査するのならば意味あると思います。2009-10-22yoppy31073242
11440046.その他電子政府改善IT政策を統一的に検討する組織をIT政策の統合は、日本の電子政府における今後の課題ですね。 個人的には、会計検査院から発展した米国連邦政府の「GAO(政府説明責任局)」のような組織 http://e-public.nttdata.co.jp/doc/open/sol/adp_pdf.htm http://www.gao.gov/ があれば良いなあと思います。2009-10-22Muta Manabu31073242
1149001
★アイデア
6.その他電子政府改善分権化社会と改善の原則:ECRSここ数日、書き込みを見て周りましたが、あれをして欲しいとか、これを作ってくれ、なんて意見ばかりが目立つような気がしました ブレイン・ストーミング的なアイデア募集だからそれはそれで楽しく読ませていただいたのですが、そもそも分権化社会の行く末を考えた場合、中央政府の役割って防衛・外交・・・とかに限定されるんじゃ? なら、一般国民がアクセスするのはまず身近な地方政府のサイトであって、中央政府のサイトはどちらかといえばその補完とか後方の黒子的お仕事になるのでは? もちろん、シティ・セールスならぬ日本国の売り込み、入出国手続きや通関業務、ユーザビリティやセキュリティとかについての規格作り・研究は、たぶん中央政府・中央省庁が率先して取組むべき仕事になるんだろうけど、、 というわけで、こんなサイトは要らないとか、ここまで国がやる必要ない、国・地方、公共・民間の情報流の整理みたいな議論があってもいいなー、と思いましたITの利用率向上は会検等の指摘を踏まえてのことだと思いますが、そもそも国がやるべき業務でないものまで利用率向上を図る必要はないと考えますご存知だと思いますが、改善の原則:ECRSは、Eliminate(捨てる、除く) Combine(統合する、結合する) Rearrange(並べ直す) Simplify(簡単にする、単純にする)だそうですなお、今回の取組そのものについては大変素晴らしいものとして小生は評価しております2009-10-22マカロニ1862242
11490026.その他電子政府改善分権化社会と改善の原則:ECRS中央政府がどこまでやるかについて、地方政府(県、市町村)でおなじようなシステム(例えば住民票管理など)がそれぞれの地域でサーバを導入し、管理されているのが現状でしょう。クラウドシステムの話もでていますが、中央政府が基本システムを開発し、それを利用してもらうことで行政全体でのIT投資をかなり削減できるとおもいます。そのような関与はしてもらい、無駄を削減してほしい。2009-11-11カン1862242
1165001
★アイデア
8.つぶやき意外と意見が少ない今まで、投稿されている意見が意外と少ないと感じてます。 これは、定義されているカテゴリーが、投稿しづらい?、また、アピール不足? しかし、皆様の意見は、建設的でかつ専門的で、非常に興味深く読まさせて頂いてます。 これから、このような取り込みをどしどし行ってください!2009-10-23kanchan1651242
11650028.つぶやき意外と意見が少ない意見形成の難しさを感じています。 メーカーとして、お客様の意見をまとめるのに、このようなアイデアシステムを導入したら、販売店の店舗の活性化ができるのかの検証を行っています。 意見を述べる範囲を限定しないと、意見はやはり、言いにくいですね。 それと、テーマへの思いですね。 それをどのように醸造していくかを、この実験サイトからつかもうと思っています。 もう2009-11-3もう1651242
1168001
★アイデア
8.つぶやき電子署名法って?アピール不足ではないでしょうか? 分かりにくいし、敷居が高く感じます。 目指せペーパレス社会!2009-10-24ko1862242
11680028.つぶやき電子署名法って?電子署名機能の搭載されたICカードなどのデバイスは、暗証番号・パスワードによる利用者認証がなければ他人であっても使えてしまえるものです。ですから暗証番号・パスワードの実効性と切り離して電子署名の有効性について話すことは無意味なのに、その無意味が議論が行われています。これが分りにくくい理由の一つではないでしょうか。2009-11-6アナトミ1862242
1170001
★アイデア
3.行政情報オープン化全ての行政情報をWikiのシステムに載せる今の行政機構の情報は、素人には用語が難しく、様々な情報を探して、的確に理解するのが難しいことが多いと思います。 又、各省庁の提供する情報も、縦割りで探しにくいことが多いです。 そこで、法整備を行い、行政版ウィキペディアのようなものを作ってはどうでしょうか。 各省庁の情報が提供されていても、ジャーゴン(専門用語)で煙に捲かれることが多いので、是非、ウィキペディア並みに定義し、分類し、リファインする仕組みを作って頂きたいのです。  各省庁の情報は、もし自分たちのホームページに置きたければ置いても構わないが、必ず行政ウィキペディアの適切な項目に記載し、そこからリンクを貼ること、そしてその項目を、一般世界のウィキペディアにもリンクすること、等を法律で義務付けたら、行政情報が一挙に探し易くなると思うのです。 又、ワンストップで様々な情報を探せることになるので、国民(市民)の利用も促進出来ると思います。(但し編集権は行政側で持っていないといけませんが) 

基本的には、法律も何もかもが、Wiki形式で記載されるようになれば、ある法律の中で分からない用語が出てきても、直ぐに探すことが出来るし、非常に合理的になると思います。 又、Wikiの形式は、編集も簡単で、役所の全担当者が習得するにも敷居が低いと思われるのですが、如何でしょうか? 勿論、どこからどこまでを誰が編集出来るとか、権限の設定等は慎重に行わねばなりません。 又、一般に公開される情報と、役所の内部でのみ閲覧・共有されるべき情報の区分も、厳密に行わねばならないと思います。 しかしそれらは、今でも組織体制等できちんと定義されていると思われるので、それを電子的なアクセス権に置き換えるのは難しく無かろうと思います。 この考え、少なくとも現行のウィキペディアのスケーラビリティからすれば、既存の技術で十分実現出来ることだと思います。 ?

2009-10-24島崎丈太01073242
1249001
★アイデア
8.つぶやきアイデアシステムに非常に興味がありますメーカーのシステムは「作る」「売る」ことが中心になっている。 社会が循環していくためには、「使う」「聞く」が必要です。 そのためには、「思いの共有」を可能にするアイデアシステムが使える会社にしていきます。 もう2009-11-2もう0440242
1250001
★アイデア
4.Web2.0活用マーケティングシステムとしての実験メーカー活動を  (作る」→「売る」→「使う」→「聞く」→「作る」→・・・ の循環で考えています。 器官系システムとして、「作る」「売る」があり、情報系システムで「使う」を展開しています。 「聞く」ためのシステムとして、アイデアシステムを探してきました。 このシステムには「フォース」を感じます。 単にシステムだけではなく、人間のアイデアがいかにささやかなのか、 いかにすばらしいものなのかの実験をしている気がします。 ここでの経験を行政だけではなく、メーカーのマーケティング分野でいかして、いきたい。 その時の循環は、  「使う」→「聞く」→「作る」→「売る」→「使う」→・・・ となり、お客様主導のメーカーが可能になる。2009-11-2もう0440242
1260001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成投資の仕組み尊敬する中堅ベンチャー企業の社長さんがある機械の図面を買ったという話を聞いて、価格を決めることもすごいと感じたが、その図面をもって今までになかった機械をつくって売り出した。かなりの売上があったと聞いている。 またその機械を使って利益をあげた企業もうまれている。 しかし、グローバル企業は如何に世界で最適なものづくりをするかという指向がある。 国内企業は如何に、他国で最適な加工を利用することによって利益を最大化することを指向しているように思える。 とてもグローバル企業や上記の企業には国内で企業価値を生み出そうという指向が見えてこない。 図面から機械を作り、その機械を使った企業が生まれることに投資する仕組みはこの尊敬する社長以外には見たことがない。 この仕組みにいかに投資するかがCSF(クリティカル・サクセス・ファクター)のように思えてくる。2009-11-3jaxaa0440242
1265001
★アイデア
4.Web2.0活用カナダ版仮名住基ネットあまり知られていませんが、カナダは、行政の電子化が最も進んでいる国です。カナダは、住基ネットのプライバシー問題を解決した改良版住基ネットを実際に運用しています。カナダ政府は、国民の氏名を匿名(仮名)にして匿名証明書(仮名証明書)を発行することにより、匿名性を保ちながらカナダ国民であることの属性認証を行い、各種行政サービスを提供するシステムを開発し運用しています。これを採用すれば、国民のプライバシが保護でき、国民にとっては良いことずくめです。こんな国民にとって良い事ずくめのカナダ版住基ネットを日本政府が知らないはずがないと思うのですが・・・?このカナダ版住基ネットを日本が採用した場合、日本政府は、仮名証明書を利用してのネット上での各種行動履歴から実際の個人を特定できなくなり、バーチャル世界での行動履歴からリアル世界の一国民を特定して、国民一人一人を監視することは、できにくくなります。 このカナダ政府が運用している匿名(仮名)住基ネットを、セコムIS研究所が以前ウェブ上のページで紹介していたのですが、今はなぜかウェブ上から消去されています。現時点でカナダ版住基ネットをウェブ上で検索すれば、数件出てくるのですが、なぜか、「国民の氏名を匿名(仮名)にして匿名証明書(仮名証明書)を発行することにより、匿名性を保ちながらカナダ国民であることの属性認証を行う」という肝心要のところがぼかされています。そこで、ウェブ上から消去された幻のページのハードコピーが発見されましたので、その一部を以下に示します。一部文字化けしているところがありますが、ご容赦ください。公開鍵証明書のプライバシーと仮名証明書 2004年3月[目次]1.証明書内の属性情報12.住墨4情報はプライバシー情報か?|3.カナダ政府の電子申請用証明書に用いられる仮名4.仮名証明書が有効なサービス15。証明書の本人識別情報の秘匿3.カナダ政府の電子申請用証明書に用いられる仮名カナダ政府の市民認証サービスGOL証明書に仮名を使用1.カナダ政府の市民認証サービスGOL カナダ政府は、市民サービスとしてGovernment On‐Line(GOL)を展開し、政府への電子申請や各種の情報提供や行政サービス提供に使われています。2005年までには全ての政府のサービスがインターネットのオンラインで提供することが決められています。GOLではオンラインサービスの信頼と確信を築くとし、プライバシー保護とセキュリティの強化に力点を置いています。 セキュリティの強化のためにGOLではePassというPKIによる認証の仕組みが導入されています。このための公開鍵証明書が政府から市民に無料で発行されています。ePa88では市民のクレデンシャル(署名鍵や証明書など)は暗号化されてディレクトリに置かれており、市民がプラウザからGOLにログインすると電子申請アプリケーションがJavaのアプレットで提供されます。利用者のクレデンシャル(署名鍵など)はディレクトリから検索され、アプレット含めてダウンロードされます。このアプレットの署名鍵は電子申請の書式にデジタル署名するのに使われます。利用者は標準のWebブラウザのみを用い、クライアントには特別なソフトウェアを必要としません。証明書cPassは政府への電子申請やサービス提供のみに用いられ、民間同士の利用は出来ないことになつています。2.証明書に仮名を使用 プライバシー保護の観点から注目すべきことは、証明書の主体者名のDNが仮名になつており、CN(∞ mmon name)としてMBIIN(veaningless But Unique Numbe⇒という乱数のような意味のない値を用いている点です。主体者の属性は一切証明書に記載されていません。政府側のプログラム(電子申請や納税申告や電子入札などのサービス)では、MBUNと主体者の識別情報としてのPID(プログラムID)がリンクされています。PIDはプログラムが必要とする主体者の属性情報と関連付けられています。利用者が了承すれば同じMBUN(証明書)を他のプログラムのPIDとリンクさせることもできるし、利用者が望めは新たに異なるMBUNを持つ証明書oPassを発行してもらい、プログラムごとに異なる証明書を使い分けることもできます。すなわち、市民は何枚でも異なるMBUNの証明書を発行してもらえます(一つのMBUNを一人のIDとして固定させない)。 従つて、証明書所有者以外の市民にとつても、政府内のPIDとリンクしていないプログラムにとつても証明書は匿名性を持つています。PIDとリンクしたMBUNのみが仮名として扱われ、市民の識別情報に関連付けられます。また政府側のプログラムは、検証者としてこの証明書の失効情報にアクセスでき証明書の有効性を確認できます。以下の図はカナダ政府がGOLの仮名を使つたePassについての技術解説文書"An Overview of Public Key Certincate suppOrt for Canadsゴ GoveFnlnent OnL…ine(GOD Initiative(注2)"で上記のPIDとMBUNの関係を示したものであります。図1システムエンティテイのMBUNとP:Dの違い MBUNはユニークな番号ですが、国民背番号や住基番号のような個人識別番号ではありません。MBUNは、証明書発行時点でランダムにつける番号で、何時でも変更可能で、また異なるMBUNの証明書を何枚でも発行してもらえます。 MBUNを用いた証明書の匿名性によつて、民間では、あるいは政府内であつてもプログラムに関係ない政府部門では、証明書から個人情報は一切引き出せないのであります。また民間からはこの証明書の失効情報も市民からアクセスできません。このような匿名(仮名)証明書にしたのは証明書からプライバシー情報の流出を避けるためです。 このようにMBUNを使つた証明書は匿名性を持つており、証明書を発行する認証局(Cal)においても一切個人情報に関連したデータを持ちません。認証局は登録時に本人確認したユーザに割り当てられるMBUNしか知らないのであります。このカナダ政府が市民サービスのために用いるCAは、各省庁ごとに別々に持つのではなく全省庁共有のOommon CAとして運用されているもプライバシー保護は政府内部のシステムでも最大の関心事であり、市民の個人情報は必要な部門以外には渡りません。市民の個人情報は全省庁で共有しているのではなく、各省庁のプログラムで必要な情報のみが保持されています。以上見てきたようにMBUNと市民の個人情報のマッピングは政府全体で一元的に行うのではなく、プログラムごとに行われるのであります。(注2)htty〃ww‐ cio‐dpi.gc.ca/pktip‐/gocpki/opkcsv‐euccpf/Opkcsv‐euccpЮOr.asp2009-11-4futureeye1440242
12650024.Web2.0活用カナダ版仮名住基ネットカナダ政府の ePass は歴史が古いですね。 ePassは、電子政府の個人用アカウント「 My Government Account 」を利用するために必要で、基本的には ID・パスワードで、個人のデジタル署名まで必要なサービスは、「電子登記システム」など極少数だったと思います。 日本の「住基カード+公的個人認証の電子証明書+ICカードリーダ」よりは、ずっと簡易にデジタル署名を利用できる点は良いと思います。電子証明書の発行枚数は、2006年9月時点で200万とのことですから、現在は普及率10%ぐらいいっているかもしれません。 ちなみに、カナダの住民登録は、米国と同様に州政府単位で、日本の住基ネットのように全住民を一元管理しているデータベースはありません。その一方で、社会保障番号が本人識別の手段として広く利用されています。 ePassについては、次の資料が参考になると思います。 各国の電子自治体の推進状況(自治体国際化協会) http://www.clair.or.jp/j/forum/compare/0607.html http://www.clair.or.jp/j/forum/compare/pdf/0607-2.pdf 電子政府・電子自治体の本人確認方法の海外動向の調査( 公的個人認証サービスの利活用のあり方に関する検討会 ) http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/kojin_ninsho/pdf/070326_1_si3.pdf 電子認証分野における各国イニシアチブの概要(日本PKIフォーラム) http://www.japanpkiforum.jp/shiryou/e-auth_policy/overview_e-auth_v07_J.pdf2009-11-4Muta Manabu1440242
1281001
★アイデア
7.このサイトについて参加者で討論の場を作ってほしいアイデアボックスの参加者が、アイデアとして登録・投票して、それで終わるのではなく、 参加者と政府担当者で討論する機会がほしいです。 コンサルタントによるWEB上のやりとりの集計・分析・報告で、たくさんアイデアが集まったことを賛美することに 終わってしまうことを危惧しております。 問題意識があり、アイデアをもっている人で討論し、それによってアイデアをもっと引き出してほしいです。 また、アイデア投票やコメントをされるような電子政府に熱い思いを思った人を、うまく推進のエンジンとして 使ってほしいと思います。2009-11-5NORINTON2440242
12810027.このサイトについて参加者で討論の場を作ってほしい電子経済産業省アイディアボックスのモデルとなった、米国政府の「Open for Questions」では、同様のシステムで、経済問題を中心とした国民の声を集め、その後寄せられた意見・質問の中から、最も多くの票を集めたものについて、タウンミーティングで大統領が返答するという手法をとっていました。 (参考)米国連邦政府におけるオープン・ガバメント政策を巡る動向 http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/200908.pdf 今回のアイディアボックスで集まった意見をどのように次につなげていくかについては、経済産業省内でも引き続き検討していきます。2009-11-5経済産業省アイディアボックス担当2440242
12810037.このサイトについて参加者で討論の場を作ってほしいわたしもこうまでいろいろ意見を集めて、どこかのだれかが利用、活用しました、ぐらいでは済まないのではないかと思っていました。 最終日の11月14日になったら、「オフ会でもやらないと>落としまえ>がつけられないのではありませんか?」と投稿しよう、などとと思っていました。やりかたには工夫が必要でしょうが、、、。2009-11-6mita2440242
1287001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成既存ユーザの情シス、CIO何とかしてITベンチャーもIT技術者の育成はもちろん大事だ! だけど、ユーザー何とかして。 ネット出来ることと、彼らの必要なシステムを考えられることは別物だい! オレ、車(パソコン)運転できるよっていうのと、陸送物流(システム)はこうあるべきと考えられるのは別物。 ウチにトラックあるねん、っていうのとどうやって配送するかは違うのよぉ。 情報システム部あればましだけど、既存システムのお守り作業だし、俺らの仕事なくさないでネって、 経営者は仕事失くさせたいようだし。 ユーザープロパーのIT教育できずCIOを育てられないのも大きな問題だよ。 例えば一定以上の資本金の会社に対して一定のIT構築経験者(CIO資格取得者)必置(義務化)にしてくれ IT技術者としてもうユーザと情報システム部のお守りをする幼稚園の園長先生は辞めたい。 ITがわからなくてシステムを作れば儲かると思っている経営者をあやすITホスト・ホステスも辞めたい。2009-11-6dogwan1651242
12870025.ITベンチャー・技術の育成既存ユーザの情シス、CIO何とかしてユーザー教育には情報システムユーザースキル標準(UISS)を整備して、ユーザが持つべき知識などを体系化しています。 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/index.html#03 また、CIOの育成については、やはり知識体系を整備しており、以下のように体系化されています。 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/ea/data/report/r5/index.html このコンピタンスを元にしたカリキュラムに従って年二回、行政機関のCIO/CTO向けの合宿研修も実施しているところです。 受講者は400人以上です。 さらに、CIO育成カリキュラム策定事業を今年度実施しており、最新のカリキュラムが整備される予定です。 http://www.meti.go.jp/information/data/c90601aj.html このようにユーザ側の人材育成も積極的に取り組んでおりますので、今後とも応援をお願い致します。2009-11-6経済産業省アイディアボックス担当1651242
1295001
★アイデア
2.行政ホームページ2つのサイトを「事業仕分け」で統合してください。「リンク集 - 首相官邸ホームページ」から(http://www.kantei.go.jp/jp/link/server_j.html) 政府広報オンライン政府の重要施策や各府省の最新情報の中から国民生活にかかわりの深いテーマをピックアップして提供。 電子政府の総合窓口各府省がホームページで提供している行政情報の総合的な検索・案内サービスを提供。 ぱっと見、似たようなサイトが並立してるように見えるし、どうせなら一緒にした方がいいんじゃない?2009-11-8sen10190440242
1310001
★アイデア
6.その他電子政府改善海外で投票海外に住んでいると、なかなか領事館や大使館にいく機会もなく、場合によっては自宅からの距離があるので、様々な必要なサービスを受けにくいことがあります。日本の選挙の投票を、海外に住んでいる日本人がインターネットで行うことができれば、非常に便利になると思います。海外に住んでいるからこそ、日本の政治に関心を持つことが重要で、投票を行うことがインターネットで便利になれば、よりよい日本の将来につながっていくのではないでしょうか。2009-11-9Eatsaba1862242
13100026.その他電子政府改善海外で投票実現すべき課題だと賛同したいところですが、殆どの人に使いこなせないと判っているパスワードでの本人確認で進めるというのならば反対です。よって今は反対です。2009-11-9アナトミ1862242
1338001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成プロジェクト・マネジメント・ガイドラインの整備仕事の効率化を進める上での,ワークフローやプロジェクトマネジメントのガイドラインを中央,地方政府レベルで制定すべきではないでしょうか.複雑なマネジメントを,統制するためには,共通の言葉(辞書の整備)やコンセプト(効率性)が必要であることは,大規模プロジェクトの経験者には自明である思います.例えば,NY州にはすごいProject Management guidelineがあります.http://www.oft.state.ny.us/pmmp/guidebook2/ 行政・企業・市民の協働プロジェクトを実現するには,共通のガイドラインが提供されないことには,問題を指摘できません.なぜなら,さまざま観点からいえば,それぞれが正しいことになるからです.2009-11-9DC1440242
13380025.ITベンチャー・技術の育成プロジェクト・マネジメント・ガイドラインの整備プロジェクト管理のガイドは、業務・システム最適化指針として整備されています。 http://www.e-gov.go.jp/doc/scheme.html#ref5-1 また自治体向けにも同様のガイドが整備されています http://www.soumu.go.jp/denshijiti/system_tebiki/donyu/content04.html また導入実績が多数出てきことや技術など環境変化があったため、現在、CIO補佐官等連絡会議のワーキンググループででレビューの作業が進められています。 各府省においてはこれを補足したガイドを作っているところもあるようです。 今後ともご指摘いただければ幸いです。2009-11-10経済産業省アイディアボックス担当1440242
1345001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成中小企業育成のために小規模案件の創出を!経済産業省は中小企業育成のためにも、地方の自治体でも予算化できるような小規模プロジェクトの創出してみてはいかがでしょうか。大企業しか入札に応募できない様な案件は、中小企業には手が出ませんので。2009-11-10goodidea0440242
1368001
★アイデア
1.電子手続きペットの届け出をインターネットで済ますのではだめですか?地域の保健所に「行かなければならない(それも平日!)」というのは結構大変なんじゃないでしょうか。インターネットで申請する窓口も用意しておいてほしいと思います。2009-11-10HAKU1651242
13680021.電子手続きペットの届け出をインターネットで済ますのではだめですか?以下のスレッドで議論されておりますので、こちらもご覧ください。よろしくお願いいたします。 「蓄犬登録をクラウドコンピューティングを利用して、安く、簡単に出来ないのでしょうか 」 http://www.open-meti.go.jp/ideaSearchResults?s=%E7%8A%AC%E3%80%80%E7%99%BB%E9%8C%B22009-11-10経済産業省アイディアボックス担当1651242
1382001
★アイデア
8.つぶやき電子政府の事業を中小企業にアウトソース電子自治体パイロットや、住基ネットなどなどの運営に関わりましたが、設計のセンスの悪さに脱帽です。 高コスト&ムダな仕事増&使う立場のことを考えていない。 仕様を固める段階で、発注する側、受ける側も多分「違った方向に行ってるな?」というのに気がつきはじめていてもそのままやってしまうのだろうなと思います。 今の体制(省庁+大手ベンダ)で電子政府の実現をすすめても、これまでのとおり、実用的な仕組みは構築できないだろうから、 いっそのこと、センスのいい、現場経験を積んだ、中小のベンダーに発注してはどうでしょうか。2009-11-11toshihar2651242
13820028.つぶやき電子政府の事業を中小企業にアウトソース大企業前提(出来レース含め)で発注するのではなく、開発内容そのものを見て判断してもらいたいです。 そのためには、発注者がしっかりICTについて技術に対してアンテナを張り、ユーザーとしての判断能力を高めてもらいたいと思います。2009-11-11つぼやん2651242
13820038.つぶやき電子政府の事業を中小企業にアウトソース『センスのいい、現場経験を積んだ、中小のベンダー』ってどこよ? になってしまうので、ベンダーの能力と成果の評価DBが必要になるかと考えます。 # 与信データベースのようなもの? あるいは、大手ベンダーを端から『窓口』(Tier-1)として選定し、実開発を行う中小(Tire-2,3,...)との直接コンタクトを前提とした発注方式を採用するのも良いかもしれません。 これは自動車メーカーなどが部品発注する際に良くとられる方式です。 なお、あくまで自動車業界での例ですが、経験上中小と大手ベンダーを織り交ぜてのオープンなコンペティションはあまり良い方向には行かないことが多いです。中小はプレゼンが下手(プレゼン職人が居ない)であることが多いほか、資金・人的リソースの余裕の無さが露骨にリスクとされやすく、かつそれについての対策も容易に打ち出せないと言うパターンで負けてしまうことが多いと思います。 政府や業界側で、案件受注時のリスク分散のための互助組織(保険や保証人制度のようなもの)が生まれれば、発注側も受注側も安心して案件に対して臨めるのではないでしょうか。2009-11-11まさ●さん2651242
1403001
★アイデア
7.このサイトについて検索エンジンを排除する意味はあるのか"現在このサイトのrobots.txtには http://www.open-meti.go.jp/robots.txt User-agent: * Disallow: / と記述され、全ての検索エンジンを排除する設定になっています。 検索エンジンにどう対応するかは基本的に各サイトの自由ではありますが、ここが公的なサイトであり、また行政情報オープン化もテーマの一つであるという状況下で、利用者の情報入手の手助けとなるであろう検索エンジンの排除にどのような意味・目的があるのかわかりまません。"2009-11-12yo-5440242
14030027.このサイトについて検索エンジンを排除する意味はあるのかsalesforceのデフォルトのままなだけという気がしなくもないですが2009-11-12yo-5440242
14030037.このサイトについて検索エンジンを排除する意味はあるのかyo-さんご指摘のように、開始前に確認していませんでしたが、事務局で確認いたします。 ご意見ありがとうございます。2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当5440242
14030047.このサイトについて検索エンジンを排除する意味はあるのかアイディアボックス事務局です。 ご指摘ありがとうございます。確認させていただきます。2009-11-12アイディアボックス事務局5440242
14030057.このサイトについて検索エンジンを排除する意味はあるのかアイディアボックス事務局です。 検索エンジンの使用についてですが、設定を変更し利用できるようにいたしました。 ただし、サーバキャッシュのクリアタイミングの反映となりまして、 実際に使えるまでには時間がかかってしまい11月13日(金)の夕方ごろからとなる予定です。 申し訳ありません。 この度は貴重なご意見ありがとうございました。2009-11-12アイディアボックス事務局5440242
14030067.このサイトについて検索エンジンを排除する意味はあるのかお疲れ様でした。2009-11-12yo-5440242
1428001
★アイデア
6.その他電子政府改善元号と西暦の併記が望ましい。行政文書で時おり、平成40年度予測とかありますが、いったい西暦では、何年になるのかわかりません。また、国際的にみた時に、日本の元号表記だと、海外との比較が非常に煩雑となってしまいます。 そこで、行政文書においても、西暦表記をメインとするアイデアを提案させていただきます。突然の変更では、今までの文書との継続性がみられないため、約10年間ほどの、元号と西暦の併が望ましいと思います。 元号と西暦併記であれば、トラブルもすくなく、一部の古いコンピュータシステムの見直しを行うきっかけともなることだと思います。 天保○○年と表記されても、残念ながら今では諸外国の歴史とも分断されてしまいます。明治、大正、昭和、平成 という大きなくくりを、世界のプロトコルとリンクさせる必要があると思われます。2009-11-13knnkanda0440242
1438001
★アイデア
8.つぶやきTwitterにyes/no機能を付けて政策提言・会議・意見交換に活用する#タグ機能と併用すると良い。本人認証機能とセキュリティ機能を向上すれば大きな範囲で活用出来る。投票にも活用出来る。2009-11-14takechan2440242
14380028.つぶやきTwitterにyes/no機能を付けて政策提言・会議・意見交換に活用する実は、今朝自分でTwitterでツイートした「そりゃいいや!ついったーにもyes/noボタンをぜひ付けよう!!」からのあいであ。Twitterはyes/noのワンタッチボタンでyes/no表現できれば非常に便利である。2009-11-14takechan2440242
14380038.つぶやきTwitterにyes/no機能を付けて政策提言・会議・意見交換に活用するTwitterのAPIをMashupすればTwitter本体が対応しなくても実現可能なため現実的なアイデアです。中間にDBを設置すれば、Twitterの140文字の制限もクリアできます。さらに、Twitterを用いることで、Twitterにもアイデア(140文字分)が配信され、そこからアイデアボックスのサイトへのアクセスの流入も期待できます。2009-11-14岡田治2440242
1445001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子議会、電子司法情報社会を目指すための電子政府なら、当然残りの議会と司法が伴わなければ電子政府は機能しません。電子議会で、全議会の記録をデジタル化し、国民にすべて公開すべきです。電子司法も同じです。2009-11-14VE センター0440242
1453001
★アイデア
3.行政情報オープン化主要会談や共同声明の内容をアナウンスのWEBでの公表昨日からのオバマ大統領の訪日関連のホワイトハウスと日本の政府機関のWEB情報を比較すると、ホワイトハウスでは、共同記者会見、共同宣言などの情報が逐一詳細に掲載されているのに対し、日本側では常にマスコミ情報が先行し公的なアナウンスがWEBで行われていません。有権者が、正確に情報を得るためにも内閣総理大臣の発言内容は伝えていただきたい。行政刷新会議の業務仕分けの情報などよりよっぽど重要だと考えます。2009-11-14helmsman4700440242
1456001
★アイデア
8.つぶやき日本が電子政府で「もうちょっとマシ」になることを願って日本はどの国民にも平等に発言の機会が与えられているのですが、一部は貧困の故、一部は日常の忙しさ故、一部は世界第二の経済大国の裕福さによる怠惰の故、積極的な民主的活動や言論活動は欧米ほどではありません。 電子化がすべてを解決するというのは幻想ですけれども、せめて少しマシにしてくれることを願うくらいなら、つぶやいちゃってもいいと思います。 #賛成や反対をすることができる文構造にしました。アイデアボックス最後の一票に、いかが2009-11-14guicho2.718280440242
1031001
★アイデア
2.行政ホームページアクセシビリティ法を制定し、アクセシブルなホームページを義務付けホームページの情報を得るには、まず、あらゆる人にとって、ホームページがアクセシブルである事が必要です。 情報にアクセスできて初めて、手続きなど利用することができます。? そこで、全ての官公庁のホームページが、アクセシブルとなるよう、JIS X8341-3:2009のAA以上を準拠することを義務付けて欲しい。 2009-10-15しろとら31385275
10310022.行政ホームページアクセシビリティ法を制定し、アクセシブルなホームページを義務付けコスト増や参入障壁になるデメリットがある割には、実効性に疑問があるので法制化には反対です。私も経験があるのですが、業者は形式的に要件を満たすことだけに一所懸命になりがちです。 規制という消極的な方法より、人材の育成、業者の技術力向上のための支援をするべきです。その上で競争原理が働けば、自然とアクセシビリティも含め品質の高いサイトが増えると思います。2009-10-16鳥取ループ31385275
10310032.行政ホームページアクセシビリティ法を制定し、アクセシブルなホームページを義務付け行政機関が果たすべき責任を考えれば、そのための費用増はやむを得ないでしょう。 行政が率先してアクセシビリティ向上に努めることで、社会全体で関連技術の普及や必要性の認識が高まることを望みます。2009-10-17yo-31385275
10310042.行政ホームページアクセシビリティ法を制定し、アクセシブルなホームページを義務付け今は英数字しか登録できないために一部の人にしか使いこなせないパスワードシステムを工夫して高齢者や情報弱者にも使えるものにしてゆくことを考えていただきたいものです。勿論、住基カードを持っていればそれだけでアクセスを許すというのはキャッシュカード挿入だけで預金の降ろせるATMを推奨するようなもので論外です。難解なパスワードを覚えられない人は「サービスを断念するか安全を断念するかのどちらかを選べ」という現状は憲法違反状態ではとすら思えます。2009-11-5アナトミ31385275
1044001
★アイデア
7.このサイトについてlink要素の終端切れソースコード5行目のこれ >素人さんが御覧になる役所のサイトで、こういうメッセージを出してはダメだしょ。 // 本エントリは、御担当者の確認が取れた時点で、削除いただいても構いません2009-10-15soltiox4541275
10440027.このサイトについてlink要素の終端切れご報告ありがとうございます。急ぎ、事務局にて対応を検討します。2009-10-15経済産業省アイディアボックス担当4541275
10440037.このサイトについてlink要素の終端切れアイデアボックス事務局です。 原因を解明し修正いたしました。 ご連絡ありがとうございました。2009-10-15アイディアボックス事務局4541275
10440047.このサイトについてlink要素の終端切れログインする前のホームのshortcut iconが、 もしかして、Salesforce社のアイコンになっていたりしませんか? 細かいことで申し訳ないですが。2009-10-17しろとら4541275
10440057.このサイトについてlink要素の終端切れやっぱり素人が作ったサイトだったのですね。 > // 本エントリは、御担当者の確認が取れた時点で、削除いただいても構いません これは反対です。公共事業の実態例として残すべきです。2009-10-17泥舟茶憐爾4541275
1076001
★アイデア
7.このサイトについてアクセシビリティ ポリシーアクセシビリティを尊重し対応させようとされたところは理解しますが、画像認証・代替え手段の案内等、表記されたほうが戸惑いがないと考えます。2009-10-16シト0541275
1086001
★アイデア
6.その他電子政府改善契約形態の見直しでソフトウエアライセンス費用を削減官公庁のIT調達では契約を賃貸借とする場合が多い。 この場合、契約終了後のソフトウエアライセンスは建前上、官公庁から納入ベンダへ 返却される。 実態はファイナンスリース契約(分割払い)となっているのにも関わらず 引き続き利用可能なソフトウエアライセンスを捨てている事になっている。 そこで、ソフトウエアライセンスを契約終了後買取契約し、リプレース時等の ソフトウエア費用削減を図る。また、OS,DBの様な実質的に業界標準のソフトウエアは 庁内の共有財産として保有し、原則、個別調達しないとする。2009-10-17doctor_d0541275
1099001
★アイデア
8.つぶやきそもそも?アイディア以前の問題としてアイデアという割には項目が硬直しているような。 Web2.0とか? ホームページは当たり前として, 情報オープン化についてもっと真面目に取り組まないと。 つまり,どうすれば万人が欲しい情報に的確にたどり着き, その内容を整地に知る事ができるか。 その為にはまず既存の情報を一定のレベルで判り易く整理し,具象化できている事と その一定のレベルを大半の国民が理解/検討/批評できるという能力について 一定,義務教育の範疇で教育の期待できる成果として取り入れている事が必要だけど,,, 現状ではそのどれもが無視?無効?状態のような気がします。 何を隠すか?という発想では駄目だな。 でもそう言う方向で話が進むのでは?2009-10-17moonlight1541275
10990028.つぶやきそもそも?アイディア以前の問題として「整地に」は「精緻に」の誤変換でした。 せめてアイディアは編集できればよいですね。2009-10-17moonlight1541275
1123001
★アイデア
7.このサイトについてWhatをもっと検討する必要がありますもし、今回のアイデイア募集をシステム開発と考えるならば、まずWhatがあり次のHowになります。 よく考えますと、どのような目的で「電子経済産業省」を作るのか余り語られていません。 例えベ、 ◆省内の省力化  ◆省内の効率化  ◆国民、企業側の効率化、省力化 ◆国民へのサービスの向上       ◆企業へのサービスの向上        ◆各種手続きのスピードアップ、品質アップ ◆情報開示                 ◆省内予算の開示、予算作成も国民参加 ◆予算の無駄使い監視機能       ◆公務員の人数、役割、平均コストの開示 ◆等々 何を目的のアイデイア募集なのか、もう少し具体的にして頂きたい。 現在のカテゴリーは、余りに一般的過ぎて良い意見を出しにくいと考えます。 このHPの責任者の方是非、御一考え願います。又、本当に良い意見を集めたいのであれば、 期間をもう少し取って頂きたい。又、キャンペーンを行い、積極的にPRすべきと考えます。 2009-10-20日本元気堂3752275
11230027.このサイトについてWhatをもっと検討する必要があります私自身は、本システムをブレインストーミングのようなものと、勝手に理解して楽しんでいます。 「アイディア」という言葉を見るだけで、なんだかワクワクするんですよね。 これが「評価」とか「意見」とかだと、ちょっと腰が重たくなりますが。。。 とりあえず他人の批判とか気にしないで、思ったことを投げてみて、「お、それ面白いね」とか「そんな考えもあったか」といった感じで、色んなアイデアが出てくることを期待しています。実際、私も感心したり驚いたりしながら、かなり楽しんで閲覧しています。 出てきたアイデアで人気の高いものの中から、政策に合った実現できそうなものを政治や行政に選んでもらい、ウィキのようなツールで、より具体化していくのも良いと思います。2009-10-20Muta Manabu3752275
11230037.このサイトについてWhatをもっと検討する必要がありますでは、ブレインストーミング用の場所と評価のための場所を両方作れば良いんじゃあないでしょうか。2009-10-22guicho2.718283752275
11230047.このサイトについてWhatをもっと検討する必要があります元気堂さんのカテゴリ案は良いですね。 賛成です。 よりアイディアを投稿しやすくなり、アイディアも増えると思います。2009-11-10goodidea3752275
1145001
★アイデア
8.つぶやき提案はどうやって読むの?100以上ものアイデアが投稿されているそうですが どうすればそれらを見ることができるのでしょうか? アクセスした際に紹介されている以外の投稿記事を読んだことがありません。2009-10-22泥舟茶憐爾3430275
11450028.つぶやき提案はどうやって読むの?トップページから、これまでの皆様からのアイディアのタイトルを整理したマインドマップをダウンロードできるようにしました。 自動で一覧が作成できないため、お手数ですが、そちらをごらんいただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。2009-10-22経済産業省アイディアボックス担当3430275
11450038.つぶやき提案はどうやって読むの?私の場合は、 1 画面左側にある【 カテゴリ別に表示 】から、好きなカテゴリをクリック 2 画面上部の「最近アイディア」タブをクリック 3 表示されるアイデア一覧から、興味のあるものをクリック としています。 続けて、「コメント」タブをクリックすると、有益なコメントを見逃さずに済みますし、「自分もコメントしようかな」という気力が湧いてくるかも。2009-10-22Muta Manabu3430275
11450048.つぶやき提案はどうやって読むの?google リーダーを使うのも良いですね。 1 トップページの中段あたり「最近のアイディア」の右脇にあるgoogleマークをクリック 2 右上にある「リスト表示」をクリック 3 一覧から興味のあるタイトルを選んでクリック ?2009-10-23Muta Manabu3430275
1151001
★アイデア
3.行政情報オープン化指名入札の完全廃止IT関連での指名入札の完全廃止と、ともなう入札参加企業の、システム障害保険加入の義務化。 支出を抑えることにつながりませんか(?)2009-10-23シト0752275
1154001
★アイデア
3.行政情報オープン化行政情報の資産価値を推定してみたら?行政情報をオープンにするということは世界的な潮流だと認識しています。 我が国においても、行政の透明性を求める新政権下でオープン化が進んでいくと思われますが、そもそも行政情報の経済価値が十分議論されていない気がします。 EUにおいては、行政情報の経済価値を計測するプロジェクトまで行われ、その成果も公開されています。 行政内部に死蔵されている各種情報をオープンにすることで、どの程度の経済インパクトがあるのか、それを研究するプロジェクトを立ち上げてみたらどうでしょうか。 2009-10-23えぼし0752275
1184001
★アイデア
6.その他電子政府改善霞が関クラウド構想ぜひ、霞が関クラウド構想を時間をかけず、国民に利益のあるよう効果的に進めていただければ思います。 話が経産省の領域ではなく、総務省の領域ですみません。 http://www.soumu.go.jp/main_content/000034120.pdf 2009-10-27joinus5541275
11840026.その他電子政府改善霞が関クラウド構想このような話題になると一省庁のもんだいではなく、ほとんどすべての省庁に関わるので、(別のところにも書きましたが)内閣官房でみるしかないのではないでしょうか。 http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/index.html ただここはざっと見るかぎり、スタッフの色合いが強いので、多くの有識者がいろいろ意見を述べているとはいうものの、企画とか調整とか助言とかに止まっているように見受けられます。 わたしは国家の組織のありようについてとくに知識があるわけではありませんが、内閣官房に「実作業のできる部隊」をおいて進めるほうがよろしいのではないかと思います。もちろん、すべての実作業というわけではなく「統一的視点」から処置したほうがいいことがらの作業、という意味ですが、、、。 「IT戦略本部」(官房のなかにある)としての機能も、そこに権限が伴わないような組織ではどこも(どの省庁もどの自治体も)いうことは聞いてくれないでしょう。縦割り組織を直さねば、なんて日の暮れるようなことを期待していてはなんにも実現しないでしょうから、ここは「強権」をもって臨むのが正解でしょう。いいことをやっている省庁のものは手本にする、すばらしい成果を上げている自治体のシステムがあったらそれで全国を統一する、ぐらいの指導力がほしいものです。 「霞が関クラウド」を実態の伴ったものにするとすれば、の話ですが、、、。 これは経産省またーでもないし、総務省マターでもない、と思います。内閣またーです。2009-10-27mita5541275
11840036.その他電子政府改善霞が関クラウド構想参考情報ですが、この研究会は総務省だけではなく、内閣官房、財務省、経済産業省も参加して推進しています。 一組織で行うのではなく、このように協力して実現に向けて取り組むものもたくさんあります。 もちろん、ご指摘のように、内閣官房が主導しているものもたくさんあります。 今後ともアイディア、ご意見をお願いいたします。2009-10-27経済産業省アイディアボックス担当5541275
11840046.その他電子政府改善霞が関クラウド構想「 この研究会は総務省だけではなく、内閣官房、財務省、経済産業省も参加して推進しています。」ということなんですか。 研究会の報告書に参加している組織の名前も、人物の名前も、そして主体がどこかも、書いてなかったので、勝手なコメントを書きました。 ところでこの研究会の報告を踏まえて実施する際の「推進母体」はどこになるのでしょうか。わたしはこれを内閣官房に置くのがいいのではないかと、素人判断をしているのですがどんなものでしょう。2009-10-28mita5541275
11840056.その他電子政府改善霞が関クラウド構想情報提供が不足していました。 研究会の委員名簿は以下に出ており、経済産業省も構成員とオブザーバに入っております。 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02gyokan05_000005.html#aa 推進母体は報告もしている総務省になります。 総務省行政管理局の所掌事務に ・行政機関が共用する情報システムの整備、管理。 とあるように、共用システムは総務省が担当することとなっています。 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Organization?class=1050&objcd=100145&Dispgrp=0090 ?2009-10-31経済産業省アイディアボックス担当5541275
11840066.その他電子政府改善霞が関クラウド構想拝見しました。ようやく情報が整いました(もうすこし分かりやすいとなあ)。 だいたい理解しました。総務省の所管なのですね。最初に joinus? さまが書かれていたように、、、。 このように統一が図られているとすると、この実験のなかで語られていることの相当分を吸収(そこでの議論として)できるのではないでしょうか。 それでは経済産業省の実験としては具合が悪いのでしょうかね。経済産業省&総務省の実験であればよろしいのに、、、。もっといえば、「・・・省&・・・省&・・・省&・・・」で結局は全省庁にまたがった実験にすれば分かりやすいですよね。現に、提案されているアイディアはほとんどすべての省庁に関係しているような感じです。 とはいえ、あとはどう実施されて行くのかを見ていればよろしいのですね。2009-11-2mita5541275
1186001
★アイデア
1.電子手続き本人認証を生体認証に現在、住基カード等で 本人認証に、PINコード(パスワード)を使用していますが、これをバイオメトリクス(生体認証)にしませんか。パスワードは、暗記できず、かつ、漏洩リスクが高いため、バイオメトリクスの採用を期待します。 2009-10-27aihara151596275
11860021.電子手続き本人認証を生体認証に私も生体認証に賛成です。但し、生体認証+他の認証(パスワード等)にする必要があると思います。 生体認証は複製が難しいものですが、現実的な時間で複製できないものではないです。 もし複製されると、生体認証は変更がきかないため、とても危険な状態になってしまいます。 そのような事態を避けるため、生体認証とあわせて他の認証が必要と思います。2009-10-29motto_e51596275
11860031.電子手続き本人認証を生体認証にパスワードと違い、生体認証は変更ができない点は、不特定多数のユーザが使うには、危険なような気がします。生体情報を格納したICカードを無くす危険を防ぐ努力や費用に比べてパスワードを忘れない努力や費用のほうがリーズナブルではないでしょうか。2009-10-30okkun51596275
11860041.電子手続き本人認証を生体認証に投稿者・賛成者も反対者も生体認証の個人特定能力が極めて高いとの前提でお考えのようですが、その前提を疑わせる情報があります。 H 社の指静脈認証装置はIPAの製品データベースによれば  本人拒否エラー率 0.01% 上記本人拒否率のときの他人受入エラー率 0.0001% ところがIBG( International Biometric Group )の評価データによれば FMR0.0001%のときのFNMRは10.5% FNMR0.01%のときのFMRは100% 一方では0.0001%のものが他方では100%。前者は自社測定、後者は第三者機関測定、 どちらを前提にして議論を始めますか?2009-11-5アナトミ51596275
11860051.電子手続き本人認証を生体認証に漏洩リスクが高いという前提なら、取り消しのきかない自分の生体情報は恐くて使えないと思いますが。 それと、生体認証は住基カードに使えるほど精度が向上したのでしょうか? 以前ある大学の独身寮の入室管理に使って結局使い物にならなかったときいたのですが。2009-11-5道頓51596275
11860061.電子手続き本人認証を生体認証に経産省の方へ! 先に静脈認証装置の性能に関する情報を提供した際にはIPAから公開されているデータを紹介しました。IPAを監督している経産省から何らかのコメントをいただけるものと期待していたのですが。 このまま何も出てこないのでしょうか? IPAとIBGのデータは以下のサイトで直ぐにも確認できます。 ? IPAの製品データベース   https://isec.ipa.go.jp/biodb/details/seihin3View.html?seihinId=241 IBG( International Biometric Group )の評価データ   http://www.nws-sa.com/biometrics/CBT6_public_report.pdf2009-11-14アナトミ51596275
1204001
★アイデア
8.つぶやきIT化を推進するならそういう人材を採用すべき優秀なIT人材を中途採用するとか、期間限定のプロジェクト人材として広く集めてはいかがでしょうか。 国家の役に立ちたいという若き有志は多数存在すると思います。 こんなことでちまちまご意見募集するより、TechCrunchを読んで、自分でいろいろ開発しているGeeksを集めて採用したほうがよっぽど早いのではないでしょうか。 2009-10-29makiko omokawa5963275
12040028.つぶやきIT化を推進するならそういう人材を採用すべき半分賛成、半分「賛成でない」(反対ではない)という立場をとります。 今後、IT化を進めていくにあたっては、現場の人材のリテラシー向上・強化が必須と考えます。 そのためには、「現場が使いやすいIT」の構築が必要です。 したがって、事務職・技術職問わず、業務の経験・知識が必要です。 「優秀ないIT人材」を入れることによって、さらに現場業務とかい離したITシステムになることを最も危惧します。2009-10-29つぼやん5963275
12040038.つぶやきIT化を推進するならそういう人材を採用すべき技術力が少し飛びぬけている若き有志は多くいますが コミュニケーション能力、多分野での経験を持つ 優秀なIT人材は思っているより少ないと思います。2009-10-29lucentfate5963275
12040048.つぶやきIT化を推進するならそういう人材を採用すべき優秀なというのを情報格差の是正もしくはユーザー(特にIT弱者)の 使い勝手の向上に秀でたという意味において賛成です。 ただ、期間限定プロジェクトで人材が集まるでしょうか? また、若き有志に人材を限定する必要はないと思いますが・・・。2009-10-29area515963275
12040058.つぶやきIT化を推進するならそういう人材を採用すべき優秀な人は、官公庁案件には集まらず、金融案件に集まります(偏見かも?)。 ちまちました意見の集大成が民意なので、開発者だけ先に集めても、何も意味がありません。2009-10-30ばらじ5963275
12040068.つぶやきIT化を推進するならそういう人材を採用すべき電子政府推進のために、各府省や自治体ではCIO補佐官を民間から導入しています。(採用ではなく業務委託の場合あり) 若者(どこまでが若者かわかりませんが)と言う点では、CIO支援スタッフとしてCIO補佐官の元に若手スタッフがついている場合もあります。 ご提案ではもっと開発よりの人材をと言うことでしょうが、その部分は現在行われていないと思います。 徐々に民間IT人材の導入は進んでおりますし、導入方法の検証もしながら進めなければならない事なので、今後とも応援をお願い致します。 ちなみに先行して民間人を導入しているCIO補佐官の実態調査は以下のコメントの中からリンクされていますのでご覧ください。 「行政のCIOとCIO補佐官の成果の公開を」 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CpQwAAK2009-11-1経済産業省アイディアボックス担当5963275
1206001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子国土の操作性向上近頃の地図関係の利用環境の進化は目を見張るものがある。 しかし、日本の電子国土の出遅れぶりは目を覆いたくなるほど。 せっかく予算をいただいているのだから、少しは改善していただけないでしょうか。 それとも、改善できないのなら、予算返上していただけないでしょうか。 このサイトは経産省運営でした。本件のような国交省への提案は届かないのでしょうか。2009-10-29Dachikan0963275
1231001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子政府のアイディアをつくっていく期間限定で電子政府のアイディアをつくっていく催しの結果を「どうまとめるのか」を、先ず最初に議論して欲しい。 アイディアをつくっていくというのは、単純にアイデアがたくさんあれば良いということならば、早々にカテゴリ8の「つぶやき」だけに集約すれば良いと考えます。 カテゴリ化している訳は、その項目について経済産業省の「電子政府」とは何かという考え方(アイディア)があるからだと思うので、(個々の事由ではなく)なぜそれらをピックアップすることにしたのかを明かした方が、この催しの目的に沿ったアイディアをつくっていくことになると思います。 経済産業省の課題は何ですか?単純に広報的な側面で知ってもらうことが重要ですか?体験してもらうことが重要ですか?実際に使ってもらうことが重要ですか?使ってもらうためにはどうしたら良いかが重要ですか?その全てが重要ですか? もし「電子政府のアイディア」自体、経済産業省として不明確なのでしたら、そこから議論を求めてもらった方が良いです。2009-10-30こーさか2752275
12310026.その他電子政府改善電子政府のアイディアをつくっていくトップページに書くテーマ毎の背景などをまとめた資料をトップページ下の方に以下のように掲示しています。 http://www.meti.go.jp/press/20091009003/20091009003-2.pdf またまとめ方については、当方も試行しながら進めているので、よりよいまとめ方を整理しているところです。 もうしばらくお待ちいただけましたら幸いです。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当2752275
12310036.その他電子政府改善電子政府のアイディアをつくっていく敢えて反対票を入れたのは「電子政府のアイデアを作る」にあたって「何々をすべきか」からアイデアをまとめるのではなく、「何々をすべきでないか」を考えるアプローチのほうが害がないと思うからです。  官僚養成大学を出られた霞ヶ関の方々は3年で何も残さずに次のポジションに消えてしまわれるし、IT系で声の大きな方には政治経済の基礎的素養の乏しい人が余りに多いように思えるし、大手ITベンダーさんの眼中には今期の利益しかないし、といった状況を考えると何を望むかではなく何を望まないかというアプローチが相応しいと思えるのです。2009-11-9アナトミ2752275
1272001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成政府主導のパブリッククラウド構築とコミュニティ最近ではクラウドという言葉がよく聞かれるようになりました。技術的な根底は仮想化を駆使したWEBサービスであり、技術者目線では目新しく感じるようなものではないかもしれません。しかし、ビジネスの分野では重要なキーワードになる要素を含んでいます。ユーザーサイドの視点では・WEBに接続できれば簡単に始められ、止めるのも簡単・使った分だけ払えばよい、解りやすい料金体系・自分にあったサービスを探し回る必要がない事業者としては・お客様毎に環境依存を考えなくて良い・比較的簡単にグローバルな展開が可能・営業にかける工数を削減できる・他社のクラウドサービスを使ったビジネス・グリーンIT等、魅力的な要素が数多くあります。しかし、これらはまだ流動的で、さらにデータセンターのような大規模な施設を保有、もしくは契約する必要があり、資本規模の小さな企業にとってはハードルが高く、現在研究を進めているのは大手IT企業に限られているのが現状です。最近、ベンチャー企業が集まってSaaSビジネスを支援する団体が出てきているようですが、資金の面から考えても今後にとって充分であるとは思えません。そこで、政府主導のパブリッククラウドを公開し、「インフラ」という大きなハードルをベンチャー企業、はたまた学生に超える機会を与える事で、より多くの技術者が未来のサービスの形である「クラウド」に触れ、世界に先駆けた技術の研鑽を行う事が出来るのではないかと考えました。さらにIT技術の未来の為に、コミュニティ機能を持たせます。技術者・経営者がお互いにコミュニケーションをとる場所を提供し、さらに政府が主導して・技術QA・オープンソース化を前提に資金援助・優れた技術やサービスの表彰・公開・セミナーの実施・認定制度等を行っていきます。これにより、技術の集中と共有、技術研究の活性化、技術者レベルの底上げ、技術者の地位向上を目指します。このように、政府が主導で「インフラ」である「クラウド」を整える事で、IT業界の活性化を促し、技術者の地位向上からベンチャー企業の支援まで行えるのではないかと思うのです。さらに、IT資源の無駄をなくす効果から、CO2削減効果も期待できるはずです。昔からインフラ整備は政府の仕事と言われますが、ITのインフラを整える事で、業界の活性化・効率化を図り、IT技術者のスキルと地位の向上を図っていただけることを期待し、提案を行いました。2009-11-5のり2541275
12720025.ITベンチャー・技術の育成政府主導のパブリッククラウド構築とコミュニティのり様 アイディアの趣旨はR&D向けというイメージかと思いますが、その部分は現在取り組まれておりません。 中小の事業者向けのSaaSプラットフォームについては取り組みをしておりJ-SaaSと言うものがあります。 http://www.j-saas.jp/index.html 政府のためのクラウド活用なども検証されますが、まだ新しい環境であり検討段階です。 以下のスレッドをご覧ください。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CpWuAAK 今回の取り組みもそうですが順次検証をしながら取り組みを進めておりますので、今後とも応援をよろしくお願い致します。2009-11-6経済産業省アイディアボックス担当2541275
12720035.ITベンチャー・技術の育成政府主導のパブリッククラウド構築とコミュニティ経済産業省アイディアボックス担当様 コメントありがとうございます。 私としてはパブリッククラウドが存在する上に技術者たちが 切磋琢磨する環境があれば未来の日本、世界のIT産業に 貢献できる技術者が育っていくものと信じております。 J-SaaSがそういったコミュニティ・コアとなり、多くの情報を 集約・発信し、技術者育成の中心となることを願っております。 担当様(行政?)はクラウドをサービスとして捉え、ターゲットを 意識しておられるようですが、自分はクラウドはあくまでもインフラ で良いのではないか?と考えております。 そういったインフラがあれば、サービスは自然と立ち上がって 行くのではないでしょうか? 狭い見識からの意見、失礼いたしました。2009-11-10のり2541275
1275001
★アイデア
7.このサイトについてコメント確認用のAtomにも日時を追加してください現在、アイディアをリストアップしている各Atomフィードには アイディアが投稿された日時が含まれていますが、 コメントをリストアップしている各Atomフィードには投稿日時がありません。 非常に不便なので追加してください。 ? RFC 4287 http://www.ietf.org/rfc/rfc4287.txt によれば、 「atom:entry elements MUST contain exactly one atom:updated element.」 だそうです。 2009-11-5yo-3330275
12750027.このサイトについてコメント確認用のAtomにも日時を追加してくださいご意見ありがとうございます。事務局において対応が可能かどうか検討いたします。2009-11-6経済産業省アイディアボックス担当3330275
12750037.このサイトについてコメント確認用のAtomにも日時を追加してくださいアイディアボックス事務局です。 アイディアボックスにご協力いただきありがとうございます。 ご不便をおかけして申し訳ございません。 今回の実験期間内で対応すべく努力をさせていただきましたが、 期間内での対応完了が難しいことが分かりました。 申し訳ございません。 あと2日ですが、アイディアボックスを引き続きよろしくお願いいたします。2009-11-13アイディアボックス事務局3330275
12750047.このサイトについてコメント確認用のAtomにも日時を追加してください残念です。 お疲れ様でした。2009-11-13yo-3330275
1289001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成島や山間部の新産業にデータセンターを!20年ほど前、区役所の情報システム課にいた頃、住民基本台帳情報等のバックアップを定期的にとって、秩父の山の中の倉庫に保管してもらっていました。 (その頃は戸籍は電子化されていませんでしたので対象外でしたが、発想は、震災や戦災で戸籍が焼けてしまって大変だったからです。)このサイトも、クラウド技術を利用しているとのことで、物理的にアクセスしに行ってる先は外国の複数のサーバー資源とのこと。だったら、今首都圏等都会に集中しているデータセンターも、都会にある必要はなく、特に地震の時のバックアップ資源として考えるなら離れた地域にないと意味ないし、人件費も安い。 地方にとっても、つなぐための回線の整備さえしてもらえれば、それを基盤に、バックアップの下請けだけでなく自前の情報産業を育てて雇用を創出できるのでは2009-11-7キーコ2752275
12890025.ITベンチャー・技術の育成島や山間部の新産業にデータセンターを!データセンターて北海道だの沖縄だのに多いですが、非常時に孤立しないとか、建物自体が水没しない、電源が割と早く復旧できるなどの条件がありますから、そんなに田舎にはおけませんし、離島におくのは困難です。 ただ、日本の情報の大動脈がことごとく東京を通ってしまっているのは問題で、東京から離れたところに情報拠点を置く(当然その近辺にサーバセンターができる)のは必要かもしれません。2009-11-7takkey2752275
12890035.ITベンチャー・技術の育成島や山間部の新産業にデータセンターを!市町村合併に伴って廃校になった小中学校が全国(特に過疎地)にあります。 例えばですが、私が子どものころ過ごした新潟県の鹿瀬町(現在は阿賀町)にも、廃校となった空き地が3つ、広大な工場と住宅の跡地が広がっています。震度7の新潟地震(1964年5月)でも、ビクともしなかった地盤で、かつ水力発電所が大小8つもある。町の上空を東京電力、東北電力の送電線が走っている。 鉄道が1本、道路も1本しかありませんから、外から町に人が入ると、1時間後には町中に知れ渡っている。ヒューマンなセキュリティ監視ができている。 余談ですが、阿賀野川の自然堤防と深い山々がきれいなところですので、皆さん一度行って見て下さいな。地酒や温泉もあるし。 こういう場所は全国にたくさんあるでしょう。 そに分散型のデータセンターとソフトウェア開発村を作るのが、10年来の私の夢で、これまでも機会があるたびに提唱してきました。 全国に分散するデータセンターを連携させて、バーチャルなナショナルデータセンターにする。 いわば日本版ARPANETですね。 少なくとも、国民の生命・財産にかかわるデータを扱う国や地方自治体、金融機関などのデータは、国内にとどめておくべきでしょう。海外のデータセンターで管理されるようになったら、国の主権はないがしろになってしまう(国民的総意でそれもOKというなら別ですが)。 電力は搬送している間に減衰します。新潟の山奥から東京に送ると、減衰率は50%。 つまり電力料金を半額にして、地産地消しても損はない。 加圧施設や送電線や鉄塔の保守費を考えると、もっと安くしてもいいかもしれません。 この議論は、クラウドコンピューティングと国際サービス貿易の自由化=日本版パトリオット法/日本版域内情報保護法、電力の最適配分=「スマートグリッド」というバズワードにまぎれてしまう危険性があるので、そこは注意しなければなりません。しかし、ダムに何兆円もの税金を投入するなら、その何割かをナショナルデータセンターに回す方がいいんじゃないでしょうかね。2009-11-8佃 均2752275
1297001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成IT事業の根本的改革"クラウド/SaaSは、水や電力と変わらない基盤と認識するならば、それに準じた政策をとるように提案します。 仮想化技術やOS、データベース、ネットワークなどの、ITインフラを低コストでも安全/安心な提供する安定企業が必要です。 クラウド/SaaSの基盤はネットワークですからNTTが国内最大クラウド事業者となるでしょう。しかし、NTT系列だけでは独占化して良くないので、3〜5社程度が競う環境条件とします。 ここは、中小が沢山あっても意味がない分野です。LINUXやOSSのDB、環境管理ソフトなども、標準を定めて共通的な料金で提供する そこで、共通的なSLAを固める。 このことを真剣に取り組まないと、日本のIT産業は無力化し全部が弱体化します。無駄なサーバやセキュリティ投資とかを個々の企業がやっても無意味です。 ITのソフト事業者は、このインフラ整備が進めばソフトアイディアを実現することに集中投資できますが、今のえせクラウドでは、ハードウェアの投資が大きくてビジネスに踏み込めない実情です。 プライベートクラウドとか、訳の分からない従来型ビジネスの延命を画策する勢力があるからです。 もう既に、本当の価値はソフトウェアが創ることは誰にでも理解できることです。一定のSLAのインフラ上でソフトを創るだけに専念できれば、もっと、早く安く高度なソフトを提供できる実績と経験をもった中小ソフトウェア事業者や若いエンジニアがいるのです。 江戸から明治の時代革新では、武士という身分が無くなり全てが平民となった。 武士の商法で潰れるもの有ったようですが、分かり易い変化です。 しかし、ITの技術的基盤変化は事業者にとっても分かりやすいものではありません。インターネットの初期はパソコン通信と変わらないと思っていましたが、全く違うものということが解るまで1,2年掛かっています。一般の利用者の環境が変わるには、更に2,3年を要しています。 今、クラウド・SaaSについても、同様の状況が言えます。 これから5年の間にはクラウド・SaaSにより共通システムが普及して従来のような個別システム開発は半減するでしょう。多くのITシステムで、共通的に提供できる業務システムの開発競争に入りそこで勝ち残った企業がITサービスを続けることとなります。 これまでのIT業界は、コンピュータメーカや大手Sierと言われる事業者が高額となる個別システム開発を特権的に受注できる状態でした。特に公共系の大型業務では、同じようなシステムなのに都道府県個別に多額の投資を強いる結果となっていました。 武士が平民になるように特権階級の人がそれを奪われると言うことは死活的に重要な問題です。従って、クラウド・SaaSの時代変化を正しく認識することも、提供することもしていないのが従来のIT大手企業の実情です。 IT関連事業者は自分の時代的ポジションをよく認識する必要があります。楽天をIT企業と言いますが、それならコンピュータ技術ではずっと上を行くコンピュータメーカやSierが楽天に負けるのでしょうか? 本当のクラウド/SaaSができれば、楽天以上のサービスを楽天よりも低コストで提供する技術者は多く出てくるでしょう。"2009-11-8H.Endo4330275
12970025.ITベンチャー・技術の育成IT事業の根本的改革正直なんとも言い難い。 正直IT系事業の価格は、10年前の1/100以下になっていると思います。 技術者が十二分に増えた結果です。 ただ、結果として、IT事業は、多数の人員を投入できないと実行できない案件が増えた事も確かです。 では、そのような人員を、事業が無い時に確保しておく為には、どれほどの留保金が居るだろうか? 技術者と事業者は別物です。ですが、事業者が会社を運営できなければ、技術者は、雇用してもらえません。 技術者の数を維持できなくなれば、大規模プロジェクトには手を出せなくなり、結果的に、維持している外国の企業に持っていかれるだけのような気がします。 維持しないでプロジェクトに参加しようとすれば、子会社に振ると言う事が必要になってきます。すると、プロジェクトを取る為の企画力を持つ団体と、実行力を持つ団体が発生してきます。 これらの団体が倒産せずに維持される為には、最低限、所属する人員が仕事をする環境を、団体が維持する必要があります。 維持する為のお金や、仕事が切れた時に会社を維持するだけの留保金を手に入れるには、コスト+利益が必要です。 推論ではありますが、事業者が自分たちの立ち位置を認識すればするほど、この方向性への構造変革は起きないと思います。雇用維持から、技術者の所得を下げる事にもなりますし、それによりモチベーションの下がった技術者が、良いもの制作していける可能性は低いような気がします。 特にクラウドというか、インターネット環境下での論理は、世界レベルの論理です。 正直、国と言う単位での動きは、日本のIT事業環境を悪化させるのではないでしょうか。 実際、日本の技術者単位での収入は、外資の方が高くないですか? あと楽天がコンピューターメーカよりコンピューター技術がずっと下のような記述がありますが、楽天の研究所なら研究分野によってはコンピューターメーカーがまったく追いつけていない分野もあると思いますよ。あれだけの巨大企業、一般の人の目に見せているのは、ほんのわずかな部分だけです。2009-11-9rd4330275
12970035.ITベンチャー・技術の育成IT事業の根本的改革コメ有り難うございます。 私は、一般的な商用IT利用と、ナショプロのような開発は別に考えています。 NTTデータさんなど、巨大Sierは生き残ります。そこが仰るような仕事は外資と戦 って、勝ったり、負けたりしながら頑張るでしょう。しかし、中堅とか言うSierにはこ れまでの業態は難しいと言うか、必要ないと言うことです。 極論すれば、NECと富士通などは一方が有れば論理的には回るように思います。 建設業のゼネコン・サブゼネ・3次、4次・・・のような構造は、物理的な力が必要な 構造は急激に半分以下はないでしょう。 しかし、情報産業は技術革新の変化で、桁違いに効率化が進み、要員数で言えば 現状のローレベルエンジニアは半分以上不要となります。今は、隠れ失業者が 大量にいるのが、IT業界でしょう。 今、運送業以外で運輸部(トラックとドライバ)を持っている会社は有りません。 ITのコンピュータとSEプログラマは、トラックとドライバに対応します。 企業内のIT部門も多くは、いらなくなります。企画は必要でしょう。 それがクラウド・SaaSという形が、本物になるときと言う認識です。 それほどの能力もないのに、弁護士の時給と変わらない単価を請求してきた IT業界はこれまでと同じようには行かないというだけです。 私自身も同じ業界を歩いてきましたから、2000年までの環境はそのような 形態でしたか、サービスを提供できなかったと理解しています。 しかし、インターネットのブロードバンド化は、ITサービスの根本基盤を変え ています。時代に対応ができないと消えていくだけです。 ?2009-11-9H.Endo4330275
12970045.ITベンチャー・技術の育成IT事業の根本的改革電子政府では、長らく寡占状態が続いてきましたが、これも少しずつ変化していますね。 パイが小さくなる一方で、競争力のある(見せ方も売り方も上手い)外資が上流工程に入ってくるわで、収益性はどんどん低くなり、企業としては行政分野への比率を少なくする傾向にあると思います。電子投票システムのように、撤退する時はあっさりしたものですし。 ベンダーの人と話していると、今まで安易に儲け過ぎたのだから、今後は社会性・公共性という視点で、そこそこの収益性で良いから、本当に役立つものや喜ばれるものを作りたい。といった意見を聞くことが増えたように思います。これも、「赤字にならなければ」の話なのですが。。 今回、セールスフォースさんが、他の電子政府ベンダーと組まずに、独自でシステム開発したことは、なかかな興味深いところです。 行政・公共分野において、自社プラットフォームでのシステム開発をこなして、それをライブラリ化でもしていけば、そのうち電子政府ベンダーの助けを借りずとも、大抵の情報システムは自分達で(さらには、お客さんである行政側でも)作れるようになってしまうでしょう。組むにしても、もっと安くて小回りのきく中小企業やベンチャーを選ぶかもしれません。 大手の電子政府ベンダーの人が、「うちが行政分野から本当に撤退したら、省庁や自治体はすごく困ることになるだろう」と言われてたのですが、実際にはあまり困ることも無いのでしょうね。。ちょっと寂しい話ですけど。 既存の電子政府ベンダーにとっては、厳しい状況が続きそうです。。2009-11-9Muta Manabu4330275
12970055.ITベンチャー・技術の育成IT事業の根本的改革Muta Manabu さん 当社もSalesforceを利用しておりますが、何ができて、何ができないか? これが、分かれば、他に頼むべき点と、自分たちでできる点、の整理ができます。 更に、自分たちでもできるが、他に頼む点も分かるので、コストの制御が可能です。 > 既存の電子政府ベンダーにとっては、厳しい状況が続きそうです。。 やはり、昔のような公共事業はなくなります。 好不況ではなく、時代の変化と捉えないと、景気回復を待っていると潰れます。 クラウド、SaaSは、IT産業のリーディングカンパニーを変える変化でしょう。 > 自社プラットフォームでのシステム開発をこなして、それをライブラリ化でもしていけば、・・・ 確かに、Salesforceは、そのような基本構造で、ユーザ開発機能も各ユーザが ライブラリ化して勝手に、外販していけるものですから、仰る通りです。 しかし、SalesforceのForce.comでも、何でもできるわけではないのです。 大規模なOLTPを伴うSaaS自体を作るような処理は走らせません。 小数ユーザで大きな資源を占有するようなロジックを作ることはできません。 しかし、それ以外のことは、殆どができます。 > 安くて小回りのきく中小企業やベンチャー・・・ ここは、既に何社かがSalesforce社内で、リストアップされているようです。2009-11-12H.Endo4330275
1298001
★アイデア
7.このサイトについてアイデアシステムが必要なのはメーカーですサムソンの経営者が書かれた『危機の経営』の中に、「日本企業生き残りへの道」という項目がありました。 そのなかに、  「日本の企業に求められているのは、多様化している市場の要求から企画立案を行うことです。それを高い技術力を活かした形で行えば、競争を優位に進めることができます。」 と書かれていました。 その前に、  「日本企業はいま、その地域に合ったものづくりが本当にできるかどうかが問われているのです。そのものづくりとは「つくる」「売る」「サービスをする」ということすべてを含むものです。」 とも書かれています。 (作る」「売る」ことがミッションになっている販売店がお客様のアイデアを「聞く」ことは、本当に難しいです。 意見集約をして、メーカーに企画を促すことはさらに難しいです。 この難しいことに、行政がチャレンジしていることは、日本にとっては、一つの希望です。 もう 「忙しい」「わからない」販売店の人がお客様の思いを吸い上げられる「情報共有インフラ」に展開していきませんか。2009-11-9もう1330275
12980027.このサイトについてアイデアシステムが必要なのはメーカーです海外でアイディアサイトをやっているところがいくつかあります。 ご存知かもしれませんが、ご紹介まで。 スターバックス http://mystarbucksidea.force.com/ クロックス http://crocsideas.force.com/2009-11-10spring1330275
1303001
★アイデア
1.電子手続きRFP作成段階で群衆の叡智を集める。入札前のRFP(Request For Proposal)作成段階で要件をWeb上に公開し、群衆の叡智を集める。2009-11-9OhNo0541275
1314001
★アイデア
1.電子手続きエコに貢献する公共手続きを安くする(インセンティブをつける)この国は無駄が多い。書類が多い。役場に出向かなくては何も終わらない。すべては無理であっても国民全体が本気で取り組めば、温暖化抑制、全システムのエコ化(エコ=環境だけでなく、既存サービスや既存システムの有効活用で、一から作る時間、労力のコスト削減、無駄の排除、効率化推進メリット一杯実現)が可能となります。広く国民の声を集め即、実施すべきです。そういった観点からも、このような"アイデア"を集め、投票していく仕組みは素晴らしいと思います。まさに"民主主義"の本格的実現です。by YoiGova2009-11-9YoiGova0752275
1318001
★アイデア
7.このサイトについてアイデア一覧の別ページへの直リンクをつけられないでしょうか?現在、全カテゴリで16ページに相当する投稿があります。これらを順番に見ていった場合に、一覧の3ページ目のある投稿で書込みを行うと、3ページ目ないし4ページ目に直接戻れる手段がありません。 現在、ページ下部に、「次へ」リンクがありますが、これを、「1」「2」「3」「4」「次へ」等のように各ページにも飛べるようにしてもらえないでしょうか? また同じタイプのリンクを、上部にも付けてほしいです。2009-11-9rd0330275
1358001
★アイデア
1.電子手続き国民データベースと共通IDの整備2009-11-10ys05041330275
13580021.電子手続き国民データベースと共通IDの整備ネット社会では、確実に個人を認証することが一番肝心。そのためには国民一人一人、法人1つ1つにIDを付加すること。2009-11-10suwanoki1330275
1372001
★アイデア
7.このサイトについて公共施設でその場で投稿できたらいいのにね類似の投稿になってしまうのですが、いろんな公共施設や省庁の窓口に置いてもいいのかなと思いました。不便だな・・・とか、こうしたら便利なのにな・・・ということ、ふと思いついた時にその場で入れられたらいいですよね。どなたか、IDについて述べていらっしゃいましたが、レストランにある"お客様の声"がその場で投稿できるように、役所や公共施設においておいて、その場で簡単に投稿できたらいいですよね。投稿されるデータの精査は大変になると思うのですが、ひらめいた瞬間に投稿できたら、すごくいいですよね。2009-11-10HAKU1330275
13720027.このサイトについて公共施設でその場で投稿できたらいいのにね公共施設に限らず全ての個人のPC上から、自由な場所に、自由な時間に投稿できるようになるのが最終的なあるべき姿だと思います。2009-11-11つぼやん1330275
1375001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成コミュニティ・パテント・レビューの実施コミュニティ・パテント・レビューとは、「企業や大学等の研究者・技術者等からなるコミュニティが、インターネット上で、審査継続中のある特許出願に対するレビュー(最適な先行技術情報の開示、議論等)を行い、その結果有益な先行技術であるとされた文献等を審査用資料として特許庁に提出するという取組です。 」http://www.jpo.go.jp/torikumi/hiroba/commupat_sankabosyu.htm 去年、特許庁で試行していたのだけれど、その後、どうなったのかなあ? これ、特許技術者の間で結構盛り上がっていたし、インターネットで手軽に意見を提出できて便利だった。 ぜひ復活してほしい。2009-11-10hijiri0330275
1377001
★アイデア
1.電子手続き国民データベース、共通IDの整備上記により電子申請等が容易になります。2009-11-10ys05041541275
13770021.電子手続き国民データベース、共通IDの整備出来たら良いですねえ。ただし前提はネット上での本人確認が誰にでもきちんとできることです。先ずは本人認証に関する議論を深めたいものです。2009-11-14アナトミ1541275
1391001
★アイデア
7.このサイトについて少し動作が重いですね"次回またこのような試み(次回は本番か?)を再開するとき、もう少し重さにも注意を払って頂けるとありがたいです。 高機能と高セキュリティは動作の重さに繋がります。どこで妥協するか。捨てなければならない部分の決断も必要かと。"2009-11-11なかの8330275
13910027.このサイトについて少し動作が重いですね重いのは改善をお願いしたいですね。 ただ、重い原因はセキュリティなのでしょうか。 例えば今試した所、このアイディアのページHTML単体の読み込み完了は4秒前後でしたが、画像やスクリプト等も含めたページ全体では20秒前後でした。(HTTPS時) まあ、HTML単体で4秒も重い方ですけども。 HTTPでは一瞬なので、HTTPSの暗号化の為の負荷が原因ということであれば、セキュリティの為だといえるかもしれません。 しかしそれでも、ログアウト状態や、ログインでもスクリプト無効状態では、HTTPSでもページ全体が5秒前後(HTML単体とほぼ同じ)で読み込み完了するので、重い原因の1番は投稿用のスクリプトではないかと疑っています。 ? これは自分の閲覧環境での話ですが、他の方々のところではどうでしょうか。 切り捨てるという点の話では、ログインだけHTTPSで、あとはセッションCookieを引き継いだHTTPでやる、というのがよくある方法になるでしょうか。 金融機関のサイト等と異なり、送受信の1つ1つに極度の秘匿性が求められるわけではないでしょうから。2009-11-11yo-8330275
13910037.このサイトについて少し動作が重いですね私の環境では、全体でも5秒前後でした。 閲覧環境で、だいぶ違うみたいですね。2009-11-11Muta Manabu8330275
13910047.このサイトについて少し動作が重いですねサーバでのレスポンスタイムは、開始時からほぼ毎日0.3秒だそうです。2009-11-11経済産業省アイディアボックス担当8330275
13910057.このサイトについて少し動作が重いですね事務局からの追加情報です。 トータルのレスポンスタイムは、ネットワークに依存しているため、固有での計測を 行うことは致しておりません。ただし、システム全体での平均のレスポンスタイム (セールスフォースのシステムに入力されてから、出力されるまで)の時間は下記サイ トにて稼動状況と共に公開をしております。なお今回ご利用いただいているインスタ ンスは AP0 になります。 http://trust.salesforce.com/trust/status/2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当8330275
13910067.このサイトについて少し動作が重いですね日本語が少しおかしかったです。「現在がセキュリティで重い」とは思ってません。このシステムが正規運用されるとき、おそらくこのままではなく、機能的にもセキュリティ的にももっと大がかりな物になるんではないかと。現在は実験として雰囲気を見るのが主目的だと思いますから。 そのときに、がんじがらめになってほしくない、というのが趣旨です。 現在でも私の環境では若干重く感じてます。体感の話でもうしわけない。きちんとした説明はうまくできません。システム的な動作の重さ(反応の重さ)ではなく、自分のパソコン環境処理能力に関係する重さだとは思うのですが、そこらについても開くときに他のサイトでは感じたことのない重さをここでは感じます。2009-11-12なかの8330275
13910077.このサイトについて少し動作が重いですね測ってみました (LAN接続)。ほとんど変わらないんですね アイディアボックストップ→アイディア一覧(5回繰り返し)  LAN1 22.2sec (二回目15.2s)  LAN2 28.6s google検索トップ→ニュース(5回繰り返し)  LAN1 18.9sec   LAN2 24.8s 教えてgooトップ→質問集(5回繰り返し)  LAN1 17.1sec  LAN2 28.6s2009-11-12popo8330275
13910087.このサイトについて少し動作が重いですね私の環境ではFireFoxでは激重だけどクロームだと軽快です。 ですのでJavaが何か悪さしているのかと思ってました、2009-11-14takkey8330275
13910097.このサイトについて少し動作が重いですね電算部のイントラサイトよりも、はるかに軽快です。 早く、レスポンスを心配しなくていい環境に移りたいものです。 もう2009-11-14もう8330275
1397001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成クラウドベンチャー企業育成のために中央省庁、地方自治体が積極的にクラウドコンピューティングを採用してください。クラウドコンピューティングの普及により、以前と比べて格段に起業しやすい環境は整ってきていると思います。またクラウド基盤を活用し新たなサービスをビジネスチャンスと考えるITベンチャーも同様です。 クラウド基盤を活用することにより、アイディアひとつでクラウドビジネスに参入することが可能です。このようなクラウド基盤上に各種サービスを開発するITベンチャーに助成金との意見もありますが、それよりもまずは中央省庁、地方自治体が積極的にかれらのサービスを採用し、実績を積み重ねることが重要と考えます。2009-11-12mega20091330275
13970025.ITベンチャー・技術の育成クラウドベンチャー企業育成のために中央省庁、地方自治体が積極的にクラウドコンピューティングを採用してください。「電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。 」のスレッドに霞が関クラウドと自治体クラウドの紹介をしております。そちらをご覧ください。 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000CphOAAS 技術の動向に合わせて様々な検討を行っているところです。2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当1330275
1402001
★アイデア
7.このサイトについて個別アイディアのページはtitle要素に題名を"現在のアイディア個別ページを開いた時のページタイトルは 「【電子経済産業省アイディアボックス】 アイディア参照」 で、各アイディアの区別がありません。 ブラウザのタイトルバーやタブの表示での区別、お気に入りに入れるときの名前、リンクの作成、等の場面で不便です。 title要素にアイディアの題名を追加してほしいです。"2009-11-12yo-3330275
14020027.このサイトについて個別アイディアのページはtitle要素に題名を個人的には、 「>個別ページ名> - >サイト名>」 のような、個別ページ名が先行している形式の方が、表示が途中までの状態でも区別できるので好きなのですが、世間的にはどうなのでしょうね。 と思って改めて色々見てみましたが、結構割れてますね。 ? サイト名先行 新聞:朝日、日経 検索:Yahoo、livedoor ブログ:Twitter ? ページ名(検索語)先行 新聞:読売、産経、毎日 検索:Google、Bing、Goo、Infoseek ブログ:はてな、楽天、livedoor、Goo、Ameba2009-11-12yo-3330275
14020037.このサイトについて個別アイディアのページはtitle要素に題名を貴重な情報ありがとうございます。 今回は改善できないと思いますが、仕様の検討などに反映させていただきます2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当3330275
14020047.このサイトについて個別アイディアのページはtitle要素に題名を期待しております。 お疲れ様でした。2009-11-12yo-3330275
1408001
★アイデア
1.電子手続きリソースの公開&J−SAASについて"私のブログは電子申請について3回ほど書いてきましたが、以下は私のブログからの抜粋です (http://www.oac-aka.com/cp-bin/blog/) 結論から先にいうと、政府のITの国家戦略として、2001年1月にe-japan戦略(IT基盤事業)、2003年7月にe-japan戦略U(IT利用・活用)、2006年1月にIT新改革戦略(IT構造改革力追求)の進められてきたが、利用者の立場から考え直すことが必要と思います。さらに、丸投げで発注した役人のも非があるのは当然であるが、大手ITベンダーと称される企業も猛反省をするべきと思っています。 たとえば、あるひとつのシステムを廃止した場合、リソ−ス(ハード・ソフト共)はどのようのになるのでしょう。リソースの権利は発注者側にあるが、ハードについては再利用されると思うが、ソースについて、発注者側は意外と主張しないで開発企業の資産となることも多い。この際、ソースはオープン・ソースとして開示(当然、各工程の仕様書)もすれば良いのではと思っています。 新たな危惧として 中小企業のインフラ整備として、2009年4月からJ−SaaSというものも始まったが普及するのか? まだ、利用は1%までいっていないという?、また、ここにリソースを提供しているのは中企業IT企業です これは大手IT企業は、労多くして儲けの少ないところには手を出してこないということが良くわかります J−SaaSを使いたい小企業は山とあるが、J−SaaSを説明するベンダーの営業はいないのが現状ですJ−SaaSの利用料金は少なく見積もっても、年間100万円以上、小企業では無理、補助金が必要と思います 私は、エンドユーザ(中小企業個人企業)のコンピュトピアを目指しています。 書きたいことは、山ほどありますが 私のHP(http://www.oac-aka.com/office/)をご覧ください"2009-11-12god-se-ta3330275
14080021.電子手続きリソースの公開&J−SAASについてgod-se-taさま office/index.htmlのトップのメニューがindex.html#となっているだけで該当ページへ飛びません。jsでいろいろ記述されているようですが、Firefox3.015では動きません。IE7.0とSafari4.0ではOKです。2009-11-12岡田治3330275
14080031.電子手続きリソースの公開&J−SAASについてうーん。ソースは、基本的には開示できないと思います。 と言うか、昨今の一般的なソフトウェアの開発価格は、コスト削減の為に、ソフトリソースを資産にする前提での価格だと言う点があります。昨今のソフトウェア開発金額が、非常に安価になった一因です。 それと同時に、ソフトのソースとなる開発言語の形式的な問題があります。 構造化言語と呼ばれる一連の開発言語は、コマ切れのプログラムパーツを組み合わせて不足部分を記述して作ります。 ではこのコマ切れのプログラムパーツの権利は、というと開発者が持っています。ソースの不足部分を発注業者の資産とした場合、どこまでの流用が発注者側の権利の侵害になるのか法的な判断基準が、整備されていないと思ったんですが、ご存じの方はいらっしゃいますでしょうか? もうひとつ、このような権利者がばらばらに居る場合、オープンソース化の判断は、誰が行えて誰の許可が必要かという話もでてきます。権利者の一人が拒否したらオープンソース化はできません。 その権利も購入して管理すると言う話であれば、小規模と呼ばれる金額レベルの案件が減り、中小企業の参加の余地が逆に無くなる気がします。 正直なところ、オープンソースで開発したものなら問題ないのですが、開発後オープンソース化すると言うのはオープンソース化する事によってリスクを公開者が負えない事も多く、何でもできると言う物ではありません。2009-11-12rd3330275
14080041.電子手続きリソースの公開&J−SAASについて税金で作ったものは、個人情報として保護されるような場合、あるいは国防上、国家の危機を招くような場合など、支障を来さないかぎりは、(国民共有の資産として)基本的に公開されるべきではないでしょうか。OSSとしてあつかうかどうか、というのは別問題でもかまいませんが、、、。 まあそこまでいかなくとも、公開しないのであれば、その理由をシステムごと(かどうかの疑問はありますが)に説明を付すべき、のように思います。2009-11-12mita3330275
1412001
★アイデア
7.このサイトについてプロフィルをどう進化させるかある個人が投稿、コメント、賛否した内容をみられる「プロファイル」を楽しんでいます。 自分の一貫性、相手の性格と立場を推定できます。 図書館法では、借りられた本の履歴を表示することを禁止しています。読んでいる本のタイトルから、その人の行動がわかってしまいます。「離婚訴訟の本」「タヒチ旅行の本」だけでも、シーンが想定できます。 アマゾンはプロファイルを本の販促に使っています。販売店はカードにスタッフが記入する形で、お客様のプロフィルをため込みます。 このプロフィルを皆に開放したのは、大きな実験だと思います。プロファイルをナレッジ化することで、意見の集約・結論につながる可能性があります。 行政対個人の関係ではなく、個人ごと・テーマごとのグループを作り出して、そこでのディスカッションの結果を行政にぶつける形になります。 数学でいうと、集合の中の単なる要素ではなく、プロフィルという関数で、近傍系を作り、行政という空間を対応させる。 プロフィル公開は大きな実験です。否定的な側面ではなく、コミュニティのルールにしていっていただきたい。 もう2009-11-13もう0330275
1414001
★アイデア
3.行政情報オープン化経済産業省ご担当のJ-SaaSの現状分析と今後の展開に関する情報公開本Webサイトを運営されている経済産業省が担当されているJ-SaaSに絞ってご提案します。今年の3月31日にリリースされたJ-SaaSですが、リリース前は今後の展望等様々な情報がシンポジウム等で公開されていましたが、リリース後半年経った現在広報活動含め全くと言っていいほど話を聞きません。そこで半年経過したJ-SaaSの現状分析と今後の展望について情報整理されてシンポジウム等の場で情報公開されてはいかがでしょうか いずれにしてもこのままではJ-SaaSは忘れさられて風化してしまうのではないでしょうか? 個人的な意見ですが・・・現状のJ-SaaSはイニシャルコストは安くてもランニングコストを含めると割高(*ヶ月使うとSaaSよりもソフトを買った方が安い)ということが大きな課題と考えております。2009-11-13hiraojp0330275
1417001
★アイデア
3.行政情報オープン化行政情報システム開発・運用への中小ベンダーと民活(NPO)の積極活用現在の中央省庁や地方自治体の情報システム(所謂行政情報システム)の開発・運用は、大部分が大企業の数社に牛耳られて、大分改善はされてきたと思うが、安値で受注し、法改正などの改造は高値で受ける、結果として、ライフサイクルコストで見れば、一般の情報システムの市場の価格からかえって高くなってしまったとなるのが現状ではないでしょうか。お役所の発注側から言わせれば、中小のベンダーやNPOなどでは自分が苦労するだけだから、多少高くついても、どうせ他人の金(税金)だし、大企業にまかせておけば、まずは何とかしてくれるので、そのほうが安心・安全・安楽で良い。これは、サラリーマンとしては、十二分に理解できる話です。私もその立場になったら、そうするでしょう。大企業でも、社内のスタッフ部門には、これと同じような考えの人がいます。しかし、民間企業は自業自得で潰れるだけですがね。中央省庁や地方自治体は、それでは良くないのではないかと思います。何故なら、原資が税金(国民や市民の財産)だからです。税金で開発したものは、全て、国民や市民の財産です。大企業が税金で修得したノウハウや開発したアプリケーションソフトウェアは、国民や市民の財産です。従って、システム開発・運用への中小ベンダーや民活(NPO)などを積極的に活用していく為に、今まで、中央省庁や地方自治体で開発してきた情報システムのアプリケーションソフトウェアをオープンソースとして公開すべきです。その上で、大企業から中小企業やNPOに対して、ノウハウや技術のトランスをやる仕組みを作っては如何でしょうか。IPAのOSSセンターのようなものを行政情報システムにも広げることを考えても良いかと思います。ただ、貴重な技術やノウハウが海外企業やコピー文化の某国のベンダーなどに漏れない手立ては必要と思います。総務省さんでは共同利用と言うことで随分検討されていたと思います。経済産業省さんの技術政策と総務省さんの施策政策が連携出来れば、必ずや良い仕組みが出来ると思います。情報システムは、従来の公共事業よりも随分無駄が多いと思います。利権化しやすのも公共事業以上かもしれません。少ない資本投資で会社を起せるので、地方の活性化には役立つと思います。今話題の事業仕分けをするなら情報システム関連をすべきではないかと思います。情報システムに数十年携わって来た初老が言っているので間違いありません。2009-11-13terasan0330275
1422001
★アイデア
2.行政ホームページPDF形式についてPDF形式で公開されているコンテンツの中には、テキストデータのコピー&ペーストを不可に設定したものや、ワープロソフトで作成した文書ファイルをわざわざプリントアウトして、さらにスキャンしてPDFにしたものが見られます。 テキストデータのコピー&ペーストが不可の場合、別の文書で法令の条文などを引用する際、いちいちハンドで入力しなおさなければならず、大変非効率である上、タイプミスによる間違いの原因にもなります。どのような理由で国民の税金で作成した公的文書のコピー&ペーストを禁止しているのか、理解に苦しみます。 プリントアウトしたPDFに至っては、まさに税金の無駄遣い以外の何物でもなく、論外と言わざるを得ません。単に、PDFファイルへの変換方法を知らないのか、PDFとは紙を電子化したものとの思い込みがあるのかもしれません。お役人のITスキル教育をもっと徹底すべきではないでしょうか。 ・「コピペ禁止PDF」の例:金融庁「EDINET」内のPDFファイルhttp://info.edinet-fsa.go.jp/ ・「プリントアウトPDF」の例:金融庁サイトよりhttp://www.fsa.go.jp/common/diet/164/02/hou/index.html法務省サイトよりhttp://www.soumu.go.jp/main_content/000042174.pdf文化庁yサイトよりhttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/012/020801.htm2009-11-13ごま豆腐0541275
1441001
★アイデア
1.電子手続き不動産登記電子化と国民・法人のID化をリンク、遊休不動産の有効活用現在の不動産登記制度は誰がその不動産に権利を持っているか、順序はどうなっているかを確認するのには有効だが、「わが国の土地が本当に生存している人格によって保有・有効活用されているか」を確かめる「棚卸し」の概念が欠けているように思われる。 ・現在の登記制度は個人法人間の権利関係を調整・あくまで当事者が生存しており権利を主張することが暗黙の前提・権利当事者の死亡時・倒産時に引き継ぐのは専ら自発的な作業・権利関係が複雑・不明になり帰属がわからなくなった不動産は消えたも同然・高齢化・人口減少により「年金」と同様「不動産」も消えていく懸念はないか 国民の財産である不動産が必ず生きた個人・法人によって所有されていることを電子的な管理により確認し、所有が確認できない不動産は流動化する仕組は必要ではないか 毎年50-100万人 が減っていく人口減少社会が目前に迫るなか、国民の財産を次世代に円滑に引継ぐこと、あるいは高齢化が進みすぎた限界社会を受け入れる都市部での場所の捻出が重要になるのではないかと思われる。2009-11-14Taboo0330275
1450001
★アイデア
6.その他電子政府改善eTourism国民全員参画の観光システムが必要です。これをeTourismといいます。出来るだけ沢山の日本ファンを造るのが目的です。世界でeTourismをしていないのは日本ぐらいです。2009-11-14VE センター0330275
1454001
★アイデア
8.つぶやき政策プロジェクトの価値の作り方に失敗している事業仕分けを見ているとどちらかと言うと雇用創出系の内容なのに、成果の想像ができない物や、あきらかに効率の悪いと思われる物が多いように感じる。 せっかくの政府予算、せっかくの政策なのだから、もうちょっと雇用の拡大を考えたプロジェクトにしてほしい。 たとえば、婦人会館の管理だったか。稼働率40%とか。40%しか稼動していないのならば、雇用者を増やせないじゃないかと思う。何が何でも80%稼動させれば、雇用者を2割増しとかにできるだろうに。 たとえば農道整備。その後次々と一般道になっているのに何十億もかけて、一般道とは別に管理しているのはおかしい。そりゃそうだろう。だが、農作業の特殊な構造があって、それの専門管理子法人が地域雇用を創出しているとかなら、また話は変わってくるだろう。 仕方が無いのかもしれないけれど、その為に組んだ予算を、周辺で価値を多様化することに失敗している物が結構多い。逆に、まったく関係ない事に予算流用して、怒られているとかもある。 これはやはり、事業仕分けをすると問題があるってわかってる案件だけを抽出して最初からかけているんだろうなと思う。今回仕分け対象にならなかった全部ではないだろうが、隙の無いプロジェクトも結構あるのかなと。その意味では、どう成功させているのかのサンプルとして、必ず仕分けで通りそうな案件を、もう少し多めにして欲しかったと思う。今の仕分けを見ていると、国の施策は、9割穴だらけなんじゃないかと思えてくる・・・。2009-11-14rd0330275
1459001
★アイデア
6.その他電子政府改善防災情報の標準化災害情報の情報形式を標準化することにより共有や再利用が可能になる。また、作成・保存・流通・検索・分析などの自動化が可能になる。XMLを利用することでソフトウェアやプラットフォームに関係なく電子的な災害情報の作成や再利用を提供できる防災システム2009-11-14matt0330275
1461001
★アイデア
7.このサイトについてこの企画の主催者は国民が参加しやすいよう工夫を!アイディアボックスという企画は非常に画期的で有意義なものだったと思いますが、残念な点がいくつかあったと思います。・現在のカテゴリでは、アイデアの投票が難しいもっと具体的な内容にしてほしかった。例えば、経済産業省のHPを参照して、こんなことをしてほしいと投稿できるよう内容の同期をとるなど・国民にもっと広くアピールする工夫をして、各アイデアの議論を活発化させてほしかった。アイデア総数450、ユーザー登録が1000人では、ちょっと少ないような気がします。 今後の展開に期待します。2009-11-14goodidea0330275
1059001
★アイデア
7.このサイトについて新しいカテゴリー「8.つぶやき」を追加しました!"アイディアとまではいかないが、気楽に簡単に考えていることを伝えられる場ができないかとご提案いただき、カテゴリーに追加しました!ユーザーからのご提案でできたカテゴリーなので、ぜひ使い方もユーザーで議論していただければと思います。よろしくお願いします! 元になったご提案 http://www.open-meti.go.jp/ideaView?id=08710000000Con1&returnUrl=/apex/ideaList%3Fc%3D09a100000004JlQ%26category%3D7.%25E3%2581%2593%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2588%25E3%2581%25AB%25E3%2581%25A4%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A6%26sort%3Dpopular#comments ============================ sakafuku 様 昨日の初日から、このあたりについて同じようなことを考えていました。 最初からハードルが高そうで、悩んだあげく投稿しない方も多いのでは、という感じを受けました。 もう少し気楽に簡単に、伝えたいことだけコメント出来るカテゴリがあってもよいのではないでしょうか? 例えば「ホーム」のページに、次の2点を追加する案はいかがでしょうか? @「電子政府について国民から広く意見を募集しています。」 A「8.つぶやき」(アイデアとまではいかないが…、投稿できない環境の人の代理として…、など) ----------------------------------------------------例---------------------------------------------------- ようこそ、電子経済産業省アイディアボックスへ! 電子経済産業省アイディアボックスは、 みんなで電子政府のアイディアをつくっていく実験サイトです! 電子政府について国民から広く意見を募集しています。 期間は10月14日から11月14日までの1か月間です。 まずは、「 さあはじめよう(PDF) 」をご覧ください。 (事務局からのお知らせ) 10月14日 サイトを開設しました。 ---------------------------------------------------- 【 カテゴリ別に表示 】全カテゴリ 1.電子手続き 2.行政ホームページ 3.行政情報オープン化 4.Web2.0活用 5.ITベンチャー・技術の育成 6.その他 7.このサイトについて 8.つぶやき "2009-10-16経済産業省アイディアボックス担当1331314
10590027.このサイトについて新しいカテゴリー「8.つぶやき」を追加しました!カテゴリ追加ありがとうございます。 使い方議論については、「つぶやき」が増えてきた時点で 自然と上がってくるのではないかと、期待しています。 「アイデアボックス」は、せっかくの良い試みですので、誰でも、 うまく表現できなくても直接意見を言える場として、有効に活用されることを願っています。2009-10-17sakafuku1331314
1068001
★アイデア
7.このサイトについてENTERキーで飛ぶ入力中に漢字変換のためにENTERを押すと左側メニューにカーソルが移動してしまう。 入力するのも一苦労のこのサイト ==環境== Iceape@Debian GNU Linux 2009-10-16にんにん3642314
10680027.このサイトについてENTERキーで飛ぶアイデアボックス事務局です。 この度はご迷惑をおかけして申し訳ございません。 現在原因を調査しております。解決策等判明しましたら お知らせ致します。2009-10-16アイディアボックス事務局3642314
10680037.このサイトについてENTERキーで飛ぶ太字とかのタグを挿入できる「凝った」入力エリアより、シンプルなフォームの方がやりやすいですね。 入力エリアを外部エディタで編集するFirefoxのプラグインもつかえるようになりますから。2009-10-17guicho2.718283642314
10680047.このサイトについてENTERキーで飛ぶIT化が進む中、電子手続きにより、経費事務作業軽減となるので、賛成です。2009-11-10mune3642314
1071001
★アイデア
1.電子手続きワンタイムパスワードと携帯電話の活用個人識別用に、ネットバンクのワンタイムパスワード生成器のようなものを配布すればいいと思います。 また、電子申請はPCより携帯電話から使えるものを優先して実装して欲しいと思います。 携帯電話なら、ほとんどの人が持っていますし、各自の携帯電話持参で公民館等に集まってもらい、 説明会を行えば、利用率が向上するのではないかと思います。2009-10-16鳥取ループ4642314
10710021.電子手続きワンタイムパスワードと携帯電話の活用公的個人認証とフェリカIDを結びつけておくというのも良いアイデアかも知れない。住基ネットにフェリカIDの項目を追加。免許書提示代わりにフェリカをタッチ。2009-10-17MasaGon4642314
10710031.電子手続きワンタイムパスワードと携帯電話の活用ワンタイムパスワードと呼ばれているトークンや携帯電話が生成する使い捨て数字列は(1)そのトークンや携帯電話が本物であることと(2)そのトークンを今持っているのが人間であることを証明しますが、その人間が本人か他人かの判定には全く関わりません。その意味では暗証番号を記したメモと同じ役割を提供しているだけでしょう。銀行では暗証番号を書いたメモを持ち歩くことを勧めてはいませんよ。或いは、所定の何かを持っていれば本人と認めて良いのなら、ATMではキャッシュカードの挿入だけで十分で暗証番号は要らないでしょう。それで安心できますか?2009-11-5アナトミ4642314
10710041.電子手続きワンタイムパスワードと携帯電話の活用なるほど、ワンタイムパスワードは使い捨て数字列であって、本人が覚えているパスワードとは別個の範疇のものですか。 でも、携帯電話に使い捨て数字列を送り、本人の登録したパスワードで認証すればその数字列を使えるという仕組みにすれば完璧になるのでは?2009-11-10久世寿4642314
10710051.電子手続きワンタイムパスワードと携帯電話の活用久世寿?さんの言われるような方式は、携帯電話で受信した暗証画像にランダムに割り振られた使い捨て乱数をPCなどから入力するようにすれば可能なはずです。技術的には何の障害もないと思われるので一日でも早い登場が待ち遠しいところです。2009-11-14アナトミ4642314
1079001
★アイデア
6.その他電子政府改善電子政府への移行手段について「電子政府への移行手段について」 @電子政府へアクセス能力とアクセス意思のある住民とない住民を把握する。 具体的には、ICTリテラシーを測る調査を行う。 目的は二つ。  ?住民のICTリテラシーの現状を把握し、その資料を作成する  (→ユーザーとなる住民のリテラシーを理解し、今後のディジタルデバイド問題などへの取り組み方への参考にする。  ?アクセス能力やアクセス意思のない住民を把握する。  (→アクセス能力やアクセス意思のない住民を把握することで、アクセスケア必要者と認定し、その方たちのみを直接サポートできるようになる。 Aローラー作戦につなげる。 地域ごとに、電子政府へのアクセス可能住民の割合が表現できるようになる。 アクセス意思のない住民は、自分がデータ上少数派にいることを知ると、意思を改めるはず。 以上の提案は、日本人の集団意識を利用し、客観的なデータに基づいて誘導するという、電子政府への移行方法です。 以上の提案の問題点。 日本人の集団意識を利用して、間接的な圧力をかけることにつながりかねない。 2009-10-16金曜六限0431314
1082001
★アイデア
7.このサイトについてアイデア記載のテンプレがあったほうがよいかも。それぞれフリーフォーマットだし、 熱が入って打線なんえことは少ないにしても、 意見やアイデアを求めるのなら、 投稿サンプルか、テンプレなどを、深い階層でなくて、1に掲載するなどユーザーに親切な対応が必要では? カテゴリ表記の一番下に、テキストリンクで「投稿のサンプル」なんかがあると 後で集計もスムーズでは?(楽するのがすべてではないが、よいことかと思う) 2009-10-16satokenz1431314
10820027.このサイトについてアイデア記載のテンプレがあったほうがよいかも。なにぶん初めての実験なので、どんなテンプレートがよいかということも悩ましいところです。 なんでも国民にアイディアを頼るなと怒られそうですが、もしテンプレートについても、 こんなテンプレートだといいのでは、という案がありましたらお願いします。 ちょっとひらめいたアイディアから練りに練ったアイディアまでいろいろあると 思いますので、テンプレートを作るにしても複数必要かなという気はします。2009-10-18経済産業省アイディアボックス担当1431314
1100001
★アイデア
7.このサイトについて書込みのルール枝葉末節に属することかもしれませんが 「電子政府プロジェクトを総括しましょう」に、電子経済産業省アイディアボックス担当氏が次のようなコメントを寄せています。 ――電子政府の良い点、悪い点ですが、議論のために簡単に書くと、良い点は、「行政サービスの向上」と「コスト削減」と言われることが多いです。適切に活用すれば悪い点はないのですが、セキュリティやコンピュータが使えない人への配慮が必要などの留意点が指摘されています。すごくシンプルに書いていますので、どなたか意見があるかもしれません。たぶん、担当氏は無意識に語っているのでしょうが、太字部分は、「利用者=国民が適切に活用していない」、という主張と誤解されかねません。そうかもしれまんし、そうではないかもしれない。文脈としては、最後の「と指摘されています」につながると理解できるのですが、引用文もしくは自身の発言でない場合には「」で括っていただけると誤解が回避されると思います。 もうひとつ誤解を避けるために敢えて書くと、これをもって役人の上から目線だ、という批判は当を得ません。我われも同じようなことを、思わず言ったり書いてしまいます(特に筆者は)。 書込みのルールとして、自分の考え・意見と、他者の引用を区別するようにしましょう。2009-10-17佃 均3431314
11000027.このサイトについて書込みのルールこれは、「利用者の日本語のマナー」に関することですね。 こういうことはトップページにも同様に記載するべきだと思います。 さらに言えば、先に言われていた「アイデア提案の書式」とあわせて ひとつの固定ページにまとめた方が良いかもしれません。 ・・・というと、どんどんWikipediaに近づいていきますねw 必然なんでしょうか。不思議なことだ。2chは別かもしれないけど。2009-10-17guicho2.718283431314
11000037.このサイトについて書込みのルール誤解を招いてしまったようで申し訳ありません。 電子政府の良い点については、これまでの電子政府の各種計画に出ていますが、悪い点は明確に書かれていませんでしたので、引用ではなく全体にあくまでも一般論として書きました。 電子政府に普段から取り組んでいる人だけでなく、広く議論に参加してもらうためには 「電子政府、基本的に賛成なのですが、良い点、悪い点がよく分かりません。」 というような疑問にも、議論のための基本情報として丁寧にお答えしていくことが重要と考えております。 適切な引用先がない内容を、誰もがわかりやすく客観的かつ簡潔に書き、しかも、誤解のないように説明を書くことが非常に難しいことをご理解いただければと思います。 「適切に活用すれば」のくだりも、利用者がということではなく、発注や構築する人なども含み全体論として書きましたが確かに説明不足でした。 担当者も気を遣ってコメントしておりますので、温かい目で見ていただければと思います。 今後ともご指摘いただければ幸いです。ありがとうございました。2009-10-17経済産業省アイディアボックス担当3431314
11000047.このサイトについて書込みのルール担当者さま 誤解なきよう。私は一般的なルールを確認しておきたくて、たまたま担当者さまのコメントを引き合いに出しました。 もし今後、そのような投稿があった場合、参加者を攻撃するようなことになったり、傷つけるようなことにしたくなかったので。2009-10-18佃 均3431314
1103001
★アイデア
1.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいかネットで住民票を、という方がいる一方、住基カードの課題や国民IDの問題を取り上げている方もいます。 住民票をなくしてしまえ、というのは乱暴な意見に見えるかもしれません。 しかし、現状から話していても先に進まない。 どのような電子政府/電子自治体システムを描けばいいんでしょうか。 そのことも議論しましょうよ。2009-10-17佃 均71275314
11030021.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいか「住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい」というアイデアに賛成しましたが、戸籍について考えていました。 そもそも住民情報と戸籍情報を分ける必要があるのか。 一番すっきりするのは住基ネットのデータベース(以下、DB)に戸籍が持つ属性も追加する。DB上はあくまで親子関係、結婚離婚歴も属性の一つに過ぎませんし、今までのように結婚したり分籍することで新たな戸籍を作る必要もなくなります。(実際今の戸籍システムも筆頭者は属性の一つに過ぎない?) また戸籍情報も一体となっていれば、今まで戸籍が必要だった場面が住基カードを読み込むだけで認証は済んでしまう。 本来、住基カードが目指すべきはこのような姿なのではないでしょうか。 実際に住基ネットの持つデータに新たな属性を追加するか、もしくは戸籍システムに住民票コードを持たせて住基ネットと接続するか、どちらがコストがかからないかは分かりませんが、戸籍システムとの結合はサービス向上のためには不可欠だと思います。2009-10-17resubew71275314
11030031.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいかそもそも住民票を使う場面を考えると、電子行政により行政機関相互のものは徐々に解消されるとすると  金融機関、不動産屋、入社時、入学時 が主要な要求元です。 インターネットで調べると、入社時と入学時は、あまり根拠がなく慣習的にとっているようです。 そうすると、住民票(印鑑証明)に関しては金融機関と不動産業界の業務改革を進める事をセットで進めることで、 ほとんどの発行をなくすことができるのではないでしょうか。 どうせ本人確認で免許のコピーをとっているんだから、金融機関から住民票と印鑑証明の提出は不要と 言ってもらいたいものです でも、銀行で文句言うと「国のご指導で」といつも言われるので、やはり、国の改革が最初でしょうか。2009-10-17popo71275314
11030041.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいかそうすると、住民票の提出が必要な場面というのは、慣習なんですか? 国が制度を変えれば必要がなくなるんでしょうか。 住基カードで基本4情報が確認できれば十分なのだとしたら、あるいは運権免許証で本人確認ができれば、即座に住民票は要らなくなりますよね。 そんなに簡単なことなのかなぁ、というのが正直なところです(いや、異論があるんじゃないんですよ)。 だとしたら、なんでそんなことができなかったんでしょうね。2009-10-17佃 均71275314
11030051.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいか住民票(の写し)は、自治体によっては現在もネット経由(電子申請)で取得できますが、かなり面倒ですね。 「住民票の写し」と「運転免許のコピー」を比べると、情報の量と鮮度で「住民票の写し」が勝っているので、添付書類としては「運転免許のコピーだけではダメ」という主張もわからなくはないです。。この辺りはセキュリティポリシー等とも関係してきますが。。 役所に提出する添付書類としての住民票は、住基ネットの利用により、パスポート申請など一部の手続では不要となっています。年金の現況確認など、手続自体が省略されている例もあります。 お隣の韓国では、住民票や戸籍謄本などの公的機関が発行する証明書を不要とするために、行政間の情報共有が進められましたが、役所だけでなく金融機関なども情報共有者に含めていますね。 注目なのが、最近の韓国では、戸籍制度が廃止され、印鑑証明の廃止も検討されていることです。 日本では、外国人に関して一元管理(入国管理と外国人登録の統合)が進められていますが、日本人についても同じような傾向が生まれるかもしれません。 戸籍と住民基本台帳は、制度の趣旨も証明する内容も異なりますが、共通する部分も多いので、もし本格的な国民IDを導入するのであれば、両制度の統合や印鑑登録制度の廃止なども検討した方が良いと思います。2009-10-19Muta Manabu71275314
11030061.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいか戸籍よりも、むしろ住民票のほうが実情を把握すデータになっているのではないでしょうか。ほかに全国民を網羅する情報はあるのでしょうか。 住民に関する情報の把握をほかのものに、というのであればわからないではありませんが、それはべつのタイプの住民票というべきものになってしまいます。 代替案なしの住民票不要論には、ちょっと賛成しかねます。2009-10-20mita71275314
11030071.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいか正確なところは総務省か法務省の方に聞くのがいちばんだと思うのですが―― まずmitaさんへのお答え。 代案なしの住民票不要論はいかがなものか、とのご指摘ですが、勘違いがあるのかもしれません。 住民基本台帳は市町村で最も早くコンピュータ化されたものの一つで、30年以上前に「コンピュータ処理にかかる住民記録情報は紙台帳に準じるものとする」ということになっていると聞いています。 紙の住民票をなくすのは、制度のことであって、台帳をなくす話ではないということです。 住基ネットでは、当該市町村―都道府県―国の3階建てでクローズドなシステムが構成されていて、基本4情報(氏名、性別、生年月日、住所)が管理されている。本人確認を行うには十分という判断だからだそうです。 当該市町村が保有する住民基本台帳データベースと住基ネットは、システム的にはオフラインとなっている。技術的には漢字コードやDBフォーマットの違いがあるためですが、オフラインにしてあるのは基本4情報以外の属性情報がネットに流れないようにするためとのこと。けっこう配慮されているんですね、というのが正直な感想です。 それで紙の住民票がなくなっても、住基カードで代用できるんじゃないか、と思うんですね。 何か困ることがあるんでしょうか、というのが私の疑問です。 困ることがあるのなら、そこで住民票は必要という主張になるでしょうし、不要にするためのアイデアも出てくるんだと思います。2009-10-22佃 均71275314
11030081.電子手続き住民票をなくすにはどうすればいいかネット上で確実に本人を特定し認証できる仕組みが出来上がることが議論の前提になると思います。つまり、先ずは使いこなせないパスワードや金食い虫の烙印を押されてしまった公的個人認証システムなど個人認証に関わる課題を整理するのが先で、それから始めてこうした議論に意味がでてくると考えます。2009-11-14アナトミ71275314
1139001
★アイデア
7.このサイトについてレスポンスタイムの公表トップにアクセスなどの数字がありますが、前日の平均と最大のレスポンスタイムも表示しませんか? 実証ですし、クラウドの検証という点からも必要かと思います。2009-10-220095642314
11390027.このサイトについてレスポンスタイムの公表トップページから、偶々表示されていたこの投稿タイトルをクリックして、コメント投稿画面が現れるまでは30秒でした。 他のページで「次へ」とかクリックした場合は現時点でも1分掛っています。 クリックしてから数秒間の沈黙後にデータの移動があるようです。 数秒間の沈黙が、レスポンスを遅らせる為に意図的に作られたモノではないかと疑っています。2009-10-22泥舟茶憐爾5642314
11390037.このサイトについてレスポンスタイムの公表事務局において、技術的に対応が可能かどうか検討しま す。2009-10-22経済産業省アイディアボックス担当5642314
11390047.このサイトについてレスポンスタイムの公表利用している皆さんに、自分はこれくらいかかってるよ、と答えてもらえばどうですか? システム的な話じゃなくて、利用者にとっての感覚的な話でしょう。1分を長く感じるひともいるでしょうし、「ま、こんなもんかな」という人もいる。 余談ですが、新幹線のクーラーが寒い、と言ったら、車掌さんが「だいじょうぶです、25度ですから」と答えた―という笑えない話があります。 ちなみに私の場合、「次へ」をクリックして表示されるまで平均2〜3秒かな? 回線の混雑状況にもよると思いますので、あまりイライラしませんし、ほかに苛立つことが多いので、システムにイライラしないように心がけています。2009-10-22佃 均5642314
11390057.このサイトについてレスポンスタイムの公表訂正します。 2〜6秒ぐらい幅があるようです。2009-10-22佃 均5642314
11390067.このサイトについてレスポンスタイムの公表事務局からの回答です。 トータルのレスポンスタイムは、ネットワークに依存しているため、固有での計測を 行うことは致しておりません。ただし、システム全体での平均のレスポンスタイム (セールスフォースのシステムに入力されてから、出力されるまで)の時間は下記サイ トにて稼動状況と共に公開をしております。なお今回ご利用いただいているインスタ ンスは AP0 になります。 http://trust.salesforce.com/trust/status/2009-11-12経済産業省アイディアボックス担当5642314
1159001
★アイデア
5.ITベンチャー・技術の育成公的検収機関の設立国がITベンチャー・技術の育成を行う姿勢を取るのであれば、任天堂のマリオクラブのように、デバック&モニターを専門で行う部署を作ってはいかがでしょうか。適用範囲に修正までを含めるかはさておき、公的検収機関があることは以下のメリットを生むと考えます。1.企業のメリット外注の成果物を第三者機関に検収してもらうことにより、成果物の精度向上が見込める。公的機関検収済みの太鼓判は消費者に対する安心感アピールにもなる。2.省庁のメリット企業が機会損失などの理由から、十分な検収を行わないまま販売に踏み切ることを抑制できる。バグの発見作業は熟達により設計思想、開発手順の工夫にもつながるため、技術育成に役立つ。3.参加者のメリット高年齢の技術者にとっては仕事の谷間を埋めることができる。未経験、若年の技術者にとっては様々なプロジェクトを評価した実績となるため、就職への強みとなる。また、高年齢の技術者と未経験、若年の技術者が同じ職場で働くことによる技術継承も見込める。先ずは別投稿でも取り上げられている省庁のIT調達に対する検収から始め、最終的には(公的機関の検収を通るような)『真っ当な物を作らなければ物が売れない』所までいけば、「安かろう悪かろうで短期間に乱発する」物作りから、「多少値が張っても高品質で長く使える」物作りへと戻って、エコロジー&エコノミーにもなるのではないでしょうか。 2009-10-23atra21064314
11590025.ITベンチャー・技術の育成公的検収機関の設立検収に必要な仕様書が作れないのが問題なので、検収を外部に出してもなんにも解決にならないと思うのだが。2009-10-23takkey21064314
11590035.ITベンチャー・技術の育成公的検収機関の設立外部専門家としてCIO補佐官を導入したり外部監査の活用など、仕様作成や検収の強化を行っているところです。 ご意見のような第三者検収など様々なアイディアが考えられますので、改善点など是非アイディアを頂戴できれば幸いです。2009-10-25経済産業省アイディアボックス担当21064314
1181001
★アイデア
8.つぶやきつぶやきユビキタス、ディジタル家電、はてはスマートグリッドと続いて、ITが社会インフラそのものになりそうな昨今、"電子政府"というのは、何かとっても範囲が狭い概念のような気がします。"何ができて何ができなかったのか"もさることながら、"そもそも何をしようとしたのか"から考え直す場が欲しいですね。結論として"これから2050までに何をすべきなのか"を共有できるような。超人コーディネータ軍団が必要そうですけれど、あるいはこれが"政治"なのかもしれませんし。場違い的外れ深謝。2009-10-26山谷川越宙0431314
1189001
★アイデア
1.電子手続きiGoogle ならぬ iGov・ポータル化 : 個人のバックグランドに応じた情報提供。iGoogle ならぬ iGov なんて。 ・検索強化 : 最新リリースはもちろんですが、最新の利用者ニーズも把握したい。 Google急上昇ワードのように。 ・中央、地方行政のリンク強化 : 地方自治体など関連行政との情報リンクを強化し 一括提供して欲しい。 ・利用履歴 : ユーザの利用履歴の活用。 未読情報、過去申請データの提供など。 利用者視点のサービスのご提供、期待しまーす!! 2009-10-28takahiro2853314
11890021.電子手続きiGoogle ならぬ iGov検索と言えば、 総務省のサイト がGoogleカスタム検索を採用してくれたので、格段に情報を見つけやすくなりました。 これに対して、 電子政府の総合窓口 の検索とか、まあ使いづらいこと。。ホントに評判悪いです。。 自治体のサイトでもGoogle検索の採用が増えていますが、省庁での採用も増えると良いなあ。2009-10-29Muta Manabu2853314
11890031.電子手続きiGoogle ならぬ iGovMuta Manabu さん、コメントありがとうございます。 そうですよね。行政もサービス向上に貪欲になって欲しいです。 民間にさきがけていいものどんどん導入して欲しいです。2009-10-29takahiro2853314
1207001
★アイデア
8.つぶやき入札資格資料の削減現在、公共サービス改革法関連の入札に於いては、入札時に入札会社の役員の住民票を、子会社である場合には親会社の役員の住民票の提出を求められます。落札した会社から提出を受ければよいと思うのだが。負担が大きく入札を断念するケースが多いと考える。2009-10-29フクタロウ1853314
12070028.つぶやき入札資格資料の削減そう思います。2009-10-29mita1853314
1230001
★アイデア
7.このサイトについてログインシステムの改善を最初にログインをしなければ入れない類のサイトならばともかく、ログインなしでも参照できるページでは、ある程度リンクをたどった先でのログインが発生します。 このとき、ログインしたあとに、トップページに戻るのがいただけない。 理由1: コメント書込み場所までに3回クリックしたとすると、もう一度3回クリックするという操作がめんどう。 理由2: 同じ操作を繰返させると言う事は、のべアクセス数が増加すると言う事です。 場合によっては、レスポンス維持の為に、システムの増強などが要求される場合もあります。 つまりは、レスポンスの低下とコストダウンの為にも、目的の操作までの行程数が少ないと言う事は、そのままメリットになると言う事です。 理由3: ブラウザのセキュリティ設定が強固な場合やタブブラウザで別タブを開く場合に認証が切れたりすると使いにくい。 とりあえず1件の書込みを行うにあたり、セキュリティポップアップが3回出てる。 もっともここまで出ると強固というよりバグのような気がしますが・・・ 2009-10-30rd5642314
12300027.このサイトについてログインシステムの改善をたしかに、オフ状態から閲覧していて、投票や投稿をしたくなった場合、ログインして実際に投票・投稿するまでの流れは、改善の余地がありそうですね。 オンラインショッピングだと、商品を選んで、その後にログインしても、また初めからなんてことはありませんので。 もし改善可能であれば、ぜひお願いします。2009-10-30Muta Manabu5642314
12300037.このサイトについてログインシステムの改善を事務局において、技術的に対応が可能かどうか検討しま す。 ご指摘ありがとうございました。2009-10-30経済産業省アイディアボックス担当5642314
12300047.このサイトについてログインシステムの改善をアイディアボックス事務局です。 ログイン後にトップ画面に戻ることの修正につきましては、 修正に日数を要することから、今回の期間内では対応できないことと なりました。申し訳ありませんが、いただきましたご意見は 今後の参考とさせていただきます。 セキュリティのポップアップにつきましてもご不便をおかけして 恐縮ですが、ブラウザのセキュリティ設定に関する事項と思われますので、 利用者の個々のご判断で設定いただくこととなります。2009-11-2アイディアボックス事務局5642314
12300057.このサイトについてログインシステムの改善をアイディアボックス事務局です。 セキュリティのポップアップについての先日の回答は不適切なものでした。 申し訳ございませんでした。 本サイトの設定上の原因を調査し、改善できましたので お知らせ申し上げます。 度々ご不便をおかけし失礼しました。2009-11-4アイディアボックス事務局5642314
12300067.このサイトについてログインシステムの改善を対応ありがとうございます。 しかし、このアイデア賛成票に近い反対票あるんですよね。 どういう反対票なのでしょう? 内容が気になります。2009-11-12rd5642314
1237001
★アイデア
4.Web2.0活用社会的免疫システム以前から、"社会的免疫システム"の必要性を感じていました。動物の場合、細菌が侵入して1回痛い目に会うと、その細菌(抗原)の型を抗体が記憶するとともに、その細菌に対する効果的な対応策を準備しておき、2回目の細菌の侵入時には、抗体が以前と同じ細菌だと判別し、予め準備していた対応策を実行してその細菌の悪影響を効果的に阻止します。? 一方、社会はというと、何度も同じ戦争を繰り返し、また何度も同じバブル崩壊による大恐慌を繰り返しています。動物の免疫システムに比べれば、あまりのも学習能力がないというか、お粗末というか、、、? それでは、具体的に言って、社会的免疫システムの実現には、どのような方向からアプローチすればよいのか?? 豚インフルエンザが流行した今年の春ごろの話です。Twitterの書き込みを解析すると、今後の豚インフルエンザが流行る地域がある程度予測できるという、記事を読んだことがあります。たぶん、豚インフルエンザが流行した地域ので、その流行する直前のTwitterの書き込み内容と一致度の高い書き込み内容の地域を割り出し、そこに豚インフルエンザが流行ると予測するのでしょう。? つまり、ネット上における不特定多数の発言内容の類似性を判断している点。これって、まさに、動物の免疫系における"抗体"の機能を果たしていますよね。? 過去において、凶状が起こる前兆となるネット上の発言等を抽出して記憶しておき、これと類似度の高いネット上の発言が増加すれば、また同じ凶状が起こることを予測し、事前に対策を打つ。この"社会的免疫システム"いろいろ考えると、面白い発明が出てきそうな気がしませんか?2009-10-30futureeye5220314
12370024.Web2.0活用社会的免疫システム「動物の場合、細菌が侵入して・・・」ということと、「社会はというと、・・・」との比較は、もし動物のほうを軸にとるとするとそこで例にあげておられる「細菌」を、社会において「なども同じ戦争を・・・」におjける「戦争」に当て嵌めることにはいくぶんか無理があるように思うのですがいかがでしょう。動物における「細菌」は、「社会」においてなら、あえて言えば、異分子としての人間とか、国家とかが対応するように思うのですが、、、。 社会に対応させて生命「体」、つまりは「社会システム」に対応させて「生命(体)システム」という理解でよろしいのでしょうかね。 そすると「社会システム」「生命(体)システム」「ネット上の情報システム」のような感じで考えていいのでしょうか。 「社会システム」「生命(体)システム」などという視点からは、なにがしかのことが言われているかと思いますが、まだ「ネット上の情報」をシステムとして分析する方法論はまだ目にしたことはありません。統計的な方法でしょうか。とすると、それは「免疫システム」だけを対象にするようなこととは限らないようにも見えますね。2009-10-31mita5220314
12370034.Web2.0活用社会的免疫システムmita 様、コメントありがとうございます。 futureeye です。 「まだ「ネット上の情報」をシステムとして分析する方法論はまだ目にしたことはありません。統計的な方法でしょうか。とすると、それは「免疫システム」だけを対象にするようなこととは限らないようにも見えますね。」 →そのとおりです。このアイデアを免疫に限定するのは狭すぎました。過去の災難等の凶状を将来に活かす社会システムは全て対象となります。結局、このアイデアの必須の機能は次のものです。 ? a 現在起きている凶状現象または凶状が起きる前兆現象と、過去の蓄積データとをマッチングチェックし、同一視できるものを探し出す(これが抗体の機能に相当)。 b 探し出された過去の凶状のデータに基づいて、その当時取られた対策を参考にし、より良い対応策を考え出す。 ? 上記aの「マッチングチェック機能」の一例が、 Twitter の書き込み内容と一致度の高い書き込み内容の割り出しです。この機能で、特に、凶状が起きる前の前兆現象をつかむことができれば、先手必勝で事前対応可能となります。2009-10-31futureeye5220314
12370044.Web2.0活用社会的免疫システムfutureeyeさま、ありがとうございます。 わたしのまったく知らない世界なので、こうした視点で情報を解析する方策や考えかたの資料とか参考書のようなものはあるでしょうか。 ちょっと勉強してみたくなりました。2009-11-2mita5220314
12370054.Web2.0活用社会的免疫システム「こうした視点で情報を解析する方策や考えかたの資料とか参考書のようなものはあるでしょうか」 →参考書のようなものはまだないのではないかと思います。しいて言えば、次のコラムが参考になります。 http://www.jiji.com/jc/v?p=it-bowlful_2201-n2009-11-2futureeye5220314
12370064.Web2.0活用社会的免疫システムfutureeyeさま、ありがとうございます。 読んでみます。2009-11-3mita5220314
1239001
★アイデア
4.Web2.0活用マイバーチャルステイツ"マイバーチャルステイツ"とは、一言で言えば、各ユーザ(国民)を、その価値観や信条、ライフスタイル等でセグメント化し、各セグメントにマッチする種々の国家をネット上に構築して、ユーザに好みのバーチャルステイツに加盟してもらう、というものです。  現代人の価値観や生き甲斐や幸福感の目指す方向(個人ベクトル)がどんどん多様化しているにもかかわらず、リアルの国家が目指す方向(国家ベクトル)は1つにまとまった或る一方向にしか舵取りを行うことができないジレンマがあります。このジレンマを解決するべく、それぞれ異なった方向に向いた国家ベクトルを有する複数の国家(バーチャルステイツ)をバーチャル世界に建国し、ユーザ(国民)が自分の好きなバーチャルステイツを選んで加盟するという、構想です。  そのマイバーチャルステイツで、可能な限りの国家的機能(財の徴収と分配等)をバーチャル国民に提供します。各マイバーチャルステイツ内で仮想通貨を流通させ、売買取引をその仮想通貨で行なうことにより、各バーチャル国家内で独立した経済圏を構築します。その結果、リアル世界での好不況に直接影響されない、もう1つの経済圏を作ることが可能です。リアル世界で大恐慌がおこれば、バーチャル世界でのもう1つの経済圏に逃げ込むことも、将来可能になるかもしれませんよ。 各マイバーチャルステイツ間で貿易等を行なえば、もっと面白いことが起るかもしれません。2009-10-30futureeye1220314
12390024.Web2.0活用マイバーチャルステイツ教えていただけますか。 ここでいう「バーチャルステイツ」と「リアルの国家」との交流というか橋渡しはどのようになるのでしょうか。地球でひとつ、というわけではりませんよね。当然「バーチャルステイツ」は現在ある国境とはべつものですよね。日本国のいわば表裏一体の「バーチャルステイツ」というのがあってもいずれは、他国の「バーチャルステイツ」との境界なんて意味がない、ということがわかってきてしまうでしょうね。とはいえ、紛争(とまでは言わなくとも、混乱)はありそうな気はしますが。そうすrと切り口というか属性で決まる境界になるのでしょうか。あるいはレイヤーの異なる「バーチャルステイツ」が「リアルの国家」とはべつに存在することにあるのでしょうか。それは位相が異なるとか、パラレルワールドのように考えるのでしょうか。 「電子経済産業省」を飛び超えて、さらには「電子政府」よりも先に進んで、いわば「電子社会」のようなイメージを論議するのはたいへん面白そうですが、もしかするとここでの試験的な場ではむずかしいかも、、、。まあ、「試験的な場」だからこそやってみたい、ということもありですが。 むしろべつの「場」を設営すべきかもしれませんね。2009-10-31mita1220314
1241001
★アイデア
4.Web2.0活用バーチャルステイツの回答mita様、コメントありがとうございます。futureeyeです。バーチャルステイツについてのmita様のご質問に、同じコメント欄で回答しようと試みたのですが、システムエラーのせいか、どうしてもコメントが受け付けられない状態となっていますので、別の新たな投稿という形でご回答します。ご容赦ください。「電子経済産業省」を飛び超えた突拍子もないアイデアであることは重々承知しています。しかし、型にはまった常識的なアイデアの中に少しぐらいは突拍子もないアイデアが混ざっている方が、面白いのではないかと思いまして、投稿させてもらいました。大きなノイズにならない程度に投稿数を抑えますので、ご容赦ください。「バーチャルステイツ」の具体的イメージとして分かりやすい例を1つ挙げれば、Linden Lab社のです。の場合、バーチャル世界内で仮想通過リンデンドルを流通させ、内で生成されたコンテンツ等の売買取引を行なうという経済活動を可能にしており、バーチャル世界内での独自の経済圏を構築した点が、バーチャルステイツとの共通点です。しかし、国家機能までは構築されていません。例えば、社会主義的国家、バーチャル政府の介入の大きい(大きな政府の)資本主義国家、バーチャル政府の規制がほとんどない(小さな政府の)弱肉強食型資本主義国家、ブータンのような国民総幸福度を重んじた幸福追求型国家等、種々の方向を向いた国家ベクトルのバーチャル国家を内に建国し、ユーザ(国民)が好きなバーチャル国家に所属した状態が、バーチャルステイツのイメージです。バーチャルステイツ間の紛争については、貿易を巡っての経済的紛争に限定されそうです。例えば、領土の争奪を巡る紛争など、考えられません。バーチャルステイツの場合、領土は、実際にはコンピュータ内のデジタルデータで構成された架空のものに過ぎず、領土から石油が出てくるわけでもなし、ましてや、人口が増えすぎて領土が狭くなりすぎる不都合もありません。バーチャルステイツ間の国境(境界)は、おっしゃるとおり、国家の属性で決まる境界です。原則1人のユーザは1つのバーチャルステイツの国民になり、その中で経済的活動を行いつつバーチャルステイツからの国家的機能の恩恵を享受します。しかし、リアル世界において多国籍企業があるように、バーチャル世界においては多国籍国民がいてもよいかもしれませんね。2009-10-31futureeye6220314
12410024.Web2.0活用バーチャルステイツの回答futureeye? さま、ありがとうございます。 わたしもこのアイディアを読んだときにSecondLifeのようだなあと感じました。とはいえSeconLifeに身を置いた経験はありませんので、あくまで想像でしたが、、、。 これまでそうしたヴァーチャルな世界について、ますますひととしての実体から離れてしまうのではないか、ということからやや生理的な拒否感がありましたが、この機会にもうすこし固定観念なしに考えてみようか、と言う気になりました。 いろいろな「世界」を想定するとともにRealWorldとどのような接点(あるいは接線?それとも重複する領域?)ができるのか、など考えることを楽しんでみようかな、なんて思っています。 ルーマンの社会システム論やマトゥラーナのオートポイエーシス・システム論を連想しました。2009-10-31mita6220314
12410034.Web2.0活用バーチャルステイツの回答mita 様、コメントありがとうございます。 「ルーマンの社会システム論やマトゥラーナのオートポイエーシス・システム論を連想しました。 」 →mita 様は博学ですね(私が無知なだけだったりして)。 IT分野での今後の発展領域は、バーチャル世界とリアル世界との接点の開拓と思います。この接点の世界は、今、セカンドライフをもじって1.5ライフと呼ばれています。"セカイカメラ"あたりが面白そうですよ。2009-11-1futureeye6220314
12410044.Web2.0活用バーチャルステイツの回答「大量生産」「対r町消費」を特徴とするような時代は終わりつつある、というのが一般的な認識なのではないかと思うのですが、では先行きどうなるのか?ということになるとまだちゃんとした解答らしきものは見えてきていないように思います。 そんななかでひとつの道筋のヒントが隠されているような気がして、、、。 経済産業省の役割も、「産業の振興」ということに目を奪われると、結局、経団連をはじめとする業界団体、つまりは大企業の主張を軸とするような政策を採用することになってしまい、時代の認識に適切に応えていないということになってしまうのではないかと危惧します。こうした実験を通してでもかまわないので、もうすこしマイノリティに芽吹いているところの兆候を拾ってもらえるといいな、と思っています。 futureeye さまの主張もそうした、現状を打開しようとするひとつの提案になり得るのではないか、と思った次第です。2009-11-2mita6220314
12410054.Web2.0活用バーチャルステイツの回答(前半) Mita さまの考えは、不思議案ほど私と共通している点が多いように思います。 リーマンショック以来、私も同じ事を考えていました。しかし、回答らしきものは少しずつ出てきています。 ?  書籍「世界経済はこう変わる」神谷秀樹、小幡積共著 によれば、リーマンショック以降右肩上がりの経済が望めなくなった今"次世代の資本主義"へのシフトが必要であり、"次世代の資本主義"について、以下の説明がなされています。 「富を追求した結果の高度成長ではなく、もっと精神的な充実感を求めるべきです。たとえば幸福指数の上昇という観点からの高度成長を目指していくべきです。」(208頁)  「自然環境ばかりでなく、"社会環境"の整備も重要です。"社会環境"とは、人々のつながりであるとか、家族の愛情であるとか、コミュニティであるとか、今までまさに失っていたものすべての再建を意味すると思います。よい社会環境とは、一言で「共感のある社会」といえるかもしれません。」(211頁)(下線は私が引きました)2009-11-2futureeye6220314
12410064.Web2.0活用バーチャルステイツの回答(後半)  つまり、右肩上がりの経済が望めず、投機に走って強欲資本主義を貫くことの浅ましさも思い知らされた今、先進諸国の国民感覚として、利益追求という経済一辺倒の観点では、閉塞感しか存在しなくなります。そこで今後は、国民が目指す方向(志向ベクトル)として、全く別の新たな次元のものが誕生せざるを得ない時代になりました。その別次元の志向ベクトルとは、経済的豊さの副産物としての幸福ではなく、幸福そのものを直接追求するという、"幸福追求型社会"への願望です。GDP( Gross Domestic Product )を重んじるのではなく国民総幸福度(GNH: Gross National Happiness )を重んじるという志向ベクトルです。 ?  以上より、今後先進諸国では、大量生産大量消費型産業から"幸福提供型産業"へのパラダイムシフトが起こると予測されます。  この"幸福提供型産業"とは、要求される機能から遡ってみると、今までの資本主義経済による富(豊さ)の追求から得られる生甲斐や楽しみなどを代替してくれるものになると思われます。"幸福追求型社会"とは、ナンバーワンを争って勝ち取る世界ではなく、自分だけのオンリーワンを探して巡り合えた世界であると予想されます。つまり、自分にとって最適な繋がりを構築できた結果、自分だけのためにカスタマイズされた最適な社会との接点を確立でき、そこに自分だけの幸福な世界を見付け出した理想郷を、"幸福追求型社会"と、わたしは定義つけています。2009-11-2futureeye6220314
12410074.Web2.0活用バーチャルステイツの回答futureeyeさま、ありがとうございます。比較的、似た価値観かもしれません。あるいはわたしのほうがやや乱暴(過激)かもしれません。わたしは自分を、「保守主義的アナーキー」と思っていますので、相反する主張を同居させているような輩です。 ところで、21世紀にはいってパラダイムの転換が顕著になりつつあり、それは先述の>「大量生産と消費」から「多品種少量生産と消費」>に代表されるかと思いますが、とどのつまり>「一極集中」から「多極分散」>と表現できるのはないかと思っています。 それは、「定量(デジタル)から定性(アナログ)へ」、「生産からものづくりへ」、「一極から多極へ」、「集中から分散へ」、「垂直から分散へ」、「クローズからオープンへ」、「他律から自律へ」、「スタティックからダイナミックへ」、、、さまざまに表現できるなにものかを含んでいるように思います。 ご指摘の「幸福度」もそうした指標になり得るかな、と思います。 さてそうした変化を考えたときに旧来的な産業政策だけで、いいのか、ということになるとはなはだ疑問が残ります。 経済産業省のなかでも、もれ「窺う」ところでは、そうしたあたりに注目しておられる官僚のかたがたを複数目にしています。そうした意識をもつかたがたから、やや先取りした感じの政策が生まれるのではないかと期待もしています。 とはいえ、補助金はよくないように思います。 わたしの好きな表現に「雪だるまより雪だまり」ということばがあって、目標とするものをいきなり目指すのではなくて、目標が達成されるような「仕掛け」づくりのほうに目を向けよう、ということです。政策も直接的なものより結果的にそうなるような仕掛け(つまりは政策)づくりをしてほしいな、と思っています。そのときのベースが「パラダイムが変わりつつある」という認識かと思います。 まあ、あまりここでの議論にふさわしくないかもしれません。2009-11-3mita6220314
1242001
★アイデア
8.つぶやき内向きな日本企業サムソンとの違いについて本日の日経新聞3面に記載されてましたが、日本の総合電機は半・官公を相手に受注が安定し そこそこ利益をあげていると。 もっとグローバル化や革新的な戦略や施策を推進して頂きたい。 官公庁にも外資企業を積極的に取りいれコスト削減を図り、日本企業は、その競争の中で磨かれて行かれればと考えています。 2009-10-31i21220314
12420028.つぶやき内向きな日本企業さきほど「検索ポータルのすすめ」というのを投稿した者です。アメリカの政府検索サイトでは2002年にノルウェーの検索エンジンを使っていました。その後この会社は2008年にアメリカ企業に買収されました。そういう話が日本であってもいいですよね。2009-11-13mack.tokyo1220314
1251001
★アイデア
8.つぶやきセキュリティ警告が毎回出る入力するたびに、セキュリティ警告がでます。 何がひっかかっているのか、わかりません もう2009-11-2もう5220314
12510028.つぶやきセキュリティ警告が毎回出るアイディアボックス事務局です。 ご不便をおかけして恐縮ですが、 おそらくブラウザのセキュリティ設定に関係する問題と思われますので 利用者の皆様個々のご判断で設定をご検討いただくことになります。2009-11-2アイディアボックス事務局5220314
12510038.つぶやきセキュリティ警告が毎回出るセキュリティに関するとりくみをしているはずの経済産業省が、ユーザーにブラウザのセキュリティを弱めるようにすすめるのはおかしいのではないでしょうか。 このサイトが安全ではないと表示される理由は「暗号化されている部分と暗号化されていない部分が混在しているため」で電子証明書が安全でないなどの原因よりはもんだいないっちゃもんだいないのですが。2009-11-2takkey5220314
12510048.つぶやきセキュリティ警告が毎回出る事務局からの回答が不適切で申し訳ございません。 通常セキュリティレベルのブラウザで警告が出ているのに、利用者側のセキュリティ設定の問題として検討を依頼するのは不適切でした。 皆様ご指摘のように、本サイトの設定上の問題と考えられますので、事務局で対策ができないか至急再検討させていただきます。2009-11-3経済産業省アイディアボックス担当5220314
12510058.つぶやきセキュリティ警告が毎回出る政府や委託事業のウェブサイトにおいて、 閲覧環境のセキュリティ設定を弱めるように促すのを禁止すべき。 大体、政府のサイトにおいて(必須でない)特定企業のサービスを 利用するためのリンクやアイコンなんて置かなければ良いのに。 良く理解もせずに使って、結果、面倒を引き起こすだけという。2009-11-4yo-5220314
12510068.つぶやきセキュリティ警告が毎回出るアイディアボックス事務局です。 先日の回答が不適切で申し訳ございませんでした。 本サイトの設定上の原因を調査し、改善できましたので お知らせ申し上げます。 度々ご不便をおかけし失礼しました。2009-11-4アイディアボックス事務局5220314
1259001
★アイデア
6.その他電子政府改善随意契約をうまく使いこなそうマスコミでは随意契約が悪のようにかかれることが多く、最近は何でも一般競争入札にしているようである。 海外でも随意契約と競争入札を使い分けるのが普通だし、民間だってそんなことしていない。おかしくないか? 随意契約でも理由の公開など透明性さえ確保すれば問題無いはずだし、使いこなすことが重要ではないか? 随意契約すべきものを一般競争入札にして、結局一社入札になるなんて、行政・民間の双方にムダだと思う。2009-11-200901275314
1266001
★アイデア
1.電子手続き国民の真意をネット