HOME > 中小企業IT経営力大賞 > 2009年認定事例の紹介 > 株式会社トゥトゥモロウ

印刷する


  • 企業ブランド価値強化
  • 業務効率化
  • 宅配クリーニング業、ファッションメンテナンス業

事例ピックアップ
モバイル環境でも利用できるASPシステムで、顧客都合最優先の「宅配クリーニング」を実践 〜株式会社トゥトゥモロウ〜

  • スタッフの現状や、商品の詳細が可視化され、顧客問合せに迅速に対応可能
  • 経営強化のため、システムに顧客や売上についての分析機能を搭載

プロフィール

写真
企業情報
  • 企業名 : 株式会社トゥトゥモロウ
  • 所在地 : 福岡県福岡市中央区平尾1-9-2 ティファインズ平尾1F
  • 資本金 : 2,700万円
  • 従業員数 : 25人
業種

宅配クリーニング業、ファッションメンテナンス業

導入目的

業務効率化、企業ブランド価値強化

企業概要

株式会社トゥトゥモロウは、フランチャイジーやパートナーを主体としたクリーニングの宅配事業を行っています。「顧客の都合の良い時にお伺いする宅配クリーニング」がモットーであり、これに賛同するフランチャイジーやパートナーを集い、同社が本部として“お客様窓口”となり、受けた内容を各フランチャイジーやパートナーに迅速に伝えるためのシステムを提供することで、全顧客が同品質のサービスをうけることが可能となっています。s

導入の目的と背景

同社では、店舗形式ではなく、車での宅配形式を主体として展開するにあたり、フランチャイジーやパートナーが増加するにつれ、様々な問題が出てきました。集配予約やフランチャイジーへの効率的な情報伝達、効率よい集配、全売上・全利益のリアルタイムでの把握、サービス品質の維持、クレーム対応、顧客獲得のチャンスロスなどが問題として挙げられました。これらの問題を解決するにあたり、本部社員やフランチャイジーやパートナーにできるだけ負荷をかけずに、また業務に支障をきたさないようなシステムの構築を検討しました。

IT化の概要

同社は、フランチャイジー・パートナーと本部との連携をいかに素早くできるようにするかが最も重要なポイントであり、これを解決するためにモバイル環境でも利用できるASP形式のシステムの提供が必須と考えました。お客様窓口を一本化し、集配予約を本社員がASPシステムに登録、これによって各集配担当者が常に効率まで考えた集配を可能にしました。また、完了したもの、未対応のものなどをシステム上で視覚的にわかるようにすることで、短時間で素早く状況把握ができることを考慮しました。

株式会社トゥトゥモロウ

IT経営推進における取組み

同社がフランチャイズ展開をビジネスモデルの基軸として考えた時点から、ITがなくてはならないものという視点で、トップが中心となってIT導入を進めました。システムについては従業員にも啓蒙し、ITが最も得意とする、業務の定常化、情報の共有・活用が可能となり、本部、フランチャイジー・パートナーとともに、常に効率の良い活動が可能となり、成果に結びつきました。新たに発生する問題について、本部だけではなくフランチャイジーからも意見収集をすることで、常に最大の成果がでるように取り組んでいます。あわせて、自社にてサーバ管理をするに際の環境構築と運用面の支援を外部から受けることで、トラブルにも迅速に対応できる体制が可能となりました。

導入効果

IT導入以前の担当スタッフは、常に時間に追われ、受注情報の確認や注文状況の確認など、間接的な業務にかなり時間を取られ十分な接客もままなりませんでした。しかし、IT導入後は間接的な業務にとられる時間が劇的に減少したので、時間当たりの接客件数が1.5倍になり、かつ接客にも時間がとれるようになったことで、1客単価も2,900円から3,800円と1.3倍になりました。IT導入以前は電話注文受付後、本部社員が集配担当者に直接電話をして、注文情報などを伝えていましたが、伝達ミスや漏れが多発したり、接客中で電話をとれなかったり、顧客に気を遣わせたりしていたことが、IT導入後は限りなくなくなりました。それに伴い、業務が簡素化でき、業務効率も改善されました。また、スタッフの現状や商品の詳細が可視化されており、顧客からの問合せなどに迅速に対応でき、顧客満足度が向上しました。

今後の展望

同社は、多様化する決済方法に連動するシステムの構築を目指しています。具体的には、請求書扱いの顧客に対しての請求書発行業務の自動化、もしくは、カード決済や口座振替サービスとのシステム連携を実現することなどです。また、デリバリー人時生産性を把握する仕組みも構築しました。これは日報を入力する際に、各業務を選択させ、時間当たりの生産性を算出させることで、各人が生産性を意識するようになり、業務効率があがるものと思われます。さらに、さらなる動態管理が可視化を目指し、地図ソフトと連携させることなどを考えています。