HOME > 中小企業IT経営力大賞 > 2011年認定事例の紹介 > 株式会社ワイ・インターナショナル

印刷する


  • 小売業

事例ピックアップ
基幹業務システムでバックアップ体制を整えた結果、5年間で店舗数が約2倍に
〜株式会社ワイ・インターナショナル〜


  • POSデータや商品情報の一括管理で、事務作業を削減
  • Webを有効活用した情報発信により、顧客満足度を向上

プロフィール

写真
企業情報
  • 企業名 : 株式会社ワイ・インターナショナル
  • 所在地 : 埼玉県志木市本町4-4-26
  • 資本金 : 1,050万円
  • 従業員数 : 231人
業種

小売業

導入目的

販売・仕入れ情報などの一元化で、業務を効率化するため
効果的な情報発信で固定客をつかみ、企業ブランドの価値を強化するため

企業概要

1898年の創業以来、同社は一貫してスポーツサイクル専門店を営んできました。マウンテンバイクやクロスバイク、ロードレーサーなどの自転車と、周辺グッズを販売。オリジナル商品の企画・製造からオーダー車の製作、メンテナンスやチューンナップまで、自転車に関わるサービスを総合的に提供しているのが強みです。スポーツサイクルを普及するため、トライアスロンの練習会や初心者向けのセミナーなど、各種イベントの開催にも意欲的に取り組んでいます。

導入の背景と目的

スポーツサイクルは環境に優しく、健康にも良いと注目されてきましたが、業界内で先導する企業が少ないため、やや停滞感がありました。専門性の高い商品も多く、充分な知識なくしては顧客に適切な販促ができません。商品の専門性を維持しながらわかりやすく提案でき、顧客の興味が湧く販促方法をさまざまな角度から模索していました。また、1996年から導入していたPOSや販売在庫管理システムの機能が多店舗展開の要請に応えられなくなってきていたため、新基幹業務システムの構築と、効果的な情報発信ができる仕組み作りに乗り出したのです。

IT化の概要

□POSや販売・仕入れなどの機能を統合した新基幹業務システム
2007年頃から、さまざまな商品データや管理を一元化する新基幹業務システムを構築しました。閉店時間が遅い場合も、翌日の午前中には、前日の販売実績や損益状況、在庫などを全店舗で相互にチェックできます。店長による商況コメントなども付記され、経営幹部や各拠点で情報を共有。無駄な在庫の削減や、少量しか売れなくても根強い人気があるロングテール商品の在庫管理を効率的にしています。
また、マーチャンダイジングを効果的にするデータベースの構築にも取り組みました。商品カテゴリー別の戦略や新商品の企画などを、全店舗のデータから検討できる仕組みです。主要プロジェクトでは、各店舗をつないだWeb会議や動画配信で、文字のみの伝達による情報不足を補っています。
併せてグループウェアを整備し、社内の申請をすべてワークフロー化。タイムカードやスケジュールも一括管理が可能となりました。店頭のPOPを作るパターンデータや取引先情報の交換、店舗間で商品を融通するやりとりなども同システムでできるため、大幅な業務効率化を図っています。
□インターネットによる効果的な情報発信と販促
同社は2003年頃から、ホームページでの情報提供に注力してきました。特に2006年から開始したスタッフブログによる情報発信が好評で、顧客とのコミュニケーションや店舗間の切磋琢磨、ブランドのPRに大きく貢献しています。また、店舗では最適なサイズの自転車を選ぶため、独自のシミュレーターを設置。身体データや乗車のポジションを測定し、ベストなスポーツサイクルを診断するシステムです。このような顧客目線のサービスもメルマガやブログでタイムリーに発信でき、さらに顧客からもリアルタイムでレスポンスが返ってくるため、親しみのある顧客対応が実現しています。

IT経営推進における取組み

当時の常務取締役・経営企画室長(現副社長)がリーダーとなり、IT経営を推進。社内メンバーでプロジェクトチームを編成し、全体の進行やグランドデザイン、個別機能の検討、ITベンダー選定の方法などについて、外部コンサルタントからきめ細かな指導を受けました。ITベンダー決定後も、プロジェクト管理やトラブル対応などのアフターフォローがあったため、円滑なシステムの構築に成功しています。

導入効果

POSと連動した基幹業務システムの整備で、スタッフの店舗業務を軽減しました。仕入れや販売などの情報を一元化したため、各店舗の営業状況が効率的に確認できます。5万点を超える商品の詳細な管理も実現し、店舗数の拡大や、メンテナンスなどの周辺サービスへ進出する足がかりとなりました。また、事務作業の時間が減ることで、スタッフは顧客対応に注力できます。Webサイトなども活用して積極的に販促活動を進め、2005年の取組開始時から5年間で売上を2.5倍に拡大できました。店舗数は約2倍の23店舗となり、従業員も91人から231人まで増加しています。