経済産業省
文字サイズ変更


ITアソシエイト協議会報告書
○ EA策定ガイドライン ver. 1.1
 経済産業省では、来年1月に全府省で開始される業務・システム最適化計画(Enterprise Architecture :「EA」)策定を支援するため、「EA策定ガイドライン」をとりまとめました。EAは、これからのIT投資管理に不可欠となる、業務とIT双方を同時に改革するための設計・管理手法であり、電子政府はもとより、地方自治体や民間企業などにも広く普及することが期待されます。
経済産業省の取り組み
ITアソシエイト協議会

(1) 協議会の設置(平成14年5月)と中間報告(平成14年11月)の公表

  高度な電子政府の実現を目指し、実質的な政府調達改革を進めるには、制度改革はもとより、それを管理・運営する調達側の能力向上が不可欠であります。このため、経済産業省では、平成14年5月に、IT投資管理側の専門家が持つべき資質と作業を特定するため、システム開発や調達管理の専門家などを委員として、「ITアソシエイト協議会」を新たに設置しました。

 平成14年11月には、より高度な電子政府システム実現を目指し、「組織全体の業務とシステム双方を設計・管理する手法であるEnterprise Architecture(以下、単に「EA」という)の導入と、EAの開発・管理を行うIT投資管理の専門家、ITアソシエイトを導入すべき」との中間報告を公表し ました。

 

 (2) ITアソシエイト協議会報告~「EA策定ガイドラインVer.1.1」~の公表
        (平成15年12月)

  中間報告の公表後、経済産業省では、ITアソシエイト候補となりうる人材を外部から約30名集め、経済産業省の一部業務・システムを例にEAの試作を開始し ました。平成14年11月に本格的に活動を開始した政府全体のCIO連絡会議は、こうした活動を踏まえつつ、平成15年3月に「業務・システム最適化計画」(すなわち、「EA」)及びその策定・利用を担う「CIO補佐官」の各府省への導入を正式決定し ました。同協議会は、この正式決定を受け、改めて、「ITアソシエイト」改め「CIO補佐官」が持つべき「業務・システム最適化計画」策定の方法論について検討を行い、このたび、「EA策定ガイドライン」となる本報告をとりまとめました。

 

EA策定ガイドラインver.1.1

報告書概要 word   

○報告書本体
>> 表紙・目次 word
>>  第Ⅰ部    word
>> 第Ⅱ部    word
>>  第Ⅲ部    word
>>  付録     word

○講演資料等 anewba.gif (1767 バイト)

>> EAについて-導入編 (PowerPoint)
>> EAについて-体制論編 (PowerPoint)
>> EAについて-方法論編 (PowerPoint)


  • ここに掲載されている内容は、引用元を明記すれば、使用しても構いません。


情報政策トップに戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.