経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

地域流通活性化支援情報化モデル事業

農商工連携施策の一環として、平成20年度電子商取引・電子タグ基盤構築事業(地域流通活性化支援情報化モデル事業)において、「農産物直売所における流通高度化等モデル」、「地域産品のPB化モデル」、「生産者起点の情報連携による地域産品の流通拡大モデル」の3つのモデルを採択し、ITを活用して、地域産品の安全・安心の情報を生産者から消費者までの効率的な提供や、商業者等との連携を実現する情報システムを地域や対象事業者のビジネスモデルごとに構築しました。

直売所における流通高度化等モデル

直売所等が、商品の安全安心情報の提供と、地元のホテル等との連携により販路拡大を目指すモデルとして構築。

地域産品のPB化モデル

スーパー等の小売事業者が、地域生産者等と連携し、生産・流通管理の効率化や、安全・安心な地域産品等を消費者へ提供することを目指すモデルとして構築。

生産者起点の情報連携による地域産品の流通拡大モデル

農業生産法人等が、国際的な規格に則した生産管理や流通コードの活用により、効率的な生産管理、商品の差別化、安全安心情報の提供を目指すモデルとして構築。

お問合せ先

商務情報政策局 情報政策課 情報プロジェクト室
電話:03-3501-2964

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.