経済産業省
文字サイズ変更

産業競争力強化法

事業の発展段階に合わせた支援策を図としたもの。詳細は支援措置ページを参照

平成26年1月20日に施行された産業競争力強化法によって、「創業期」「成長期」「成熟期」「停滞期」といった事業の発展段階に合わせた支援策により産業競争力を強化します。
これらの支援策をご利用頂くことで、事業の新陳代謝が加速し、ひいては事業者の方々の更なる成長につながることを期待しております。

「産業競争力強化法」が成立しました

平成25年12月4日に「産業競争力強化法」が成立しました。
本法律は、アベノミクスの第三の矢である「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)に盛り込まれた施策を確実に実行し、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としています。
我が国の産業競争力強化のためには、日本経済の3つの歪み、すなわち「過剰規制」、「過小投資」、「過当競争」を是正していくことが重要であり、本法律は、そのキードライバーとしての役割を果たすものであります。
具体的には、「企業実証特例制度」による企業単位での規制改革や、収益力の飛躍的な向上に向けた事業再編や起業の促進などの産業の新陳代謝を進めることで、我が国の産業競争力を強化します。

関連資料

各経済産業局における説明会開催の御案内

産業競争力強化法に基づく各制度の認定状況等

関連リンク

お問合せ先

○説明会について(概要、申し込み方法等)
各経済産業局にお問い合わせ下さい。

○産業競争力強化法の施策について(総合窓口)
経済産業政策局 産業再生課
電話:03-3501-1560(直通)
FAX:03-3501-0229

最終更新日:2014年1月20日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.