経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

産活法の制定から現在までの変遷

産業活力再生特別措置法は、バブル崩壊後の傷んだ日本経済を持続的成長が可能な状態まで回復させるための法律として、平成11年に制定しました。

平成15年には、産業サイドの過剰供給構造と過剰債務の問題や、それに伴う生産性低下の要因となっていた設備投資の低迷の解消を図るために法改正を行いました。また、平成19年には、イノベーションの促進、サービス産業の生産性向上、早期事業再生の促進等を図る措置を追加する法改正を行いました。平成21年度には、わが国経済を持続的成長軌道へ回復させるため、資源や資金、知財や技術などの経営資源が効率的に活用されるようにすべく法改正を行いました。なお、平成21年改正時に、法律名を「産業活力再生特別措置法」から「産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法」に改めています(略称は「産活法」)。

今般、その後の経済状況の変化に対応しつつ、制度面・資金調達面での支援をこれまで以上に拡充し、国際競争力の強化を目指した民主導の戦略的な産業再編等を促していくとともに、ベンチャー等の成長企業による新事業展開、地域中小企業の活性化等を後押しするため、「産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法」の抜本改正を平成23年に行いました。

計画認定スキームの整備

計画認定スキームの整備

各計画の認定基準と支援措置

支援体制の整備

支援体制の整備 産業革新機構 中小企業再生支援協議会

お問合せ先

経済産業政策局 産業再生課
電話:03-3501-1560(直通)
FAX:03-3501-0229

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.