経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

現物出資等の際の検査役調査

※平成23年度改正内容は未だ反映されておりません。(近日中に更新予定)

会社法上、現物出資や財産引受を行う場合には、財産が過大に評価されないように、検査役または弁護士等の調査を行う必要があります。
(1)産活法の認定を受けた計画に従って行われる現物出資などについては、これらの検査役等の第三者の調査が一切不要となり、取締役の調査のみで足りることとなります。
また、(2)技術研究組合が株式会社に組織変更を行った際も、産活法の認定を受けた計画に従って行われる現物出資などについては、検査役等の第三者の調査が一切不要となります。

申請企業が子会社に対して現物出資などを行う場合だけではなく、申請企業が現物出資を受ける場合も対象となる。

メリット

  • 現物出資などの際の、検査役の調査の時間的コストや金銭的コストを削減

この支援措置が活用できる計画類型

お問合せ先

各種窓口

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.