経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

事業譲渡時の債権者みなし同意

※平成23年度改正内容は未だ反映されておりません。(近日中に更新予定)

通常、企業が事業譲渡により債務を移転するには、債権者から個別に同意を得る必要があり、この同意のない債務は連帯債務となってしまいます。
産活法の認定を受けた場合、企業が債権者に対して一括で通知(催告)し、1ヵ月以内に返事がなければ債権者の同意があったものとみなされ、債務を移転することができます。

メリット

  • 事業譲渡時の債務移転について、個別の債務者の同意を得る時間的コストと金銭的コストを削減

この支援措置が活用できる計画類型

お問合せ先

各種窓口

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.