主要政策関係

産業技術環境局 研究開発課

産業技術研究助成事業について

1.事業の目的

 本事業は、産業技術力強化の観点から競争的研究資金を活用して大学・独立行政法人等の若手研究者が産業応用を意図した研究開発に取り組むことにより、産業界のニーズや社会のニーズに応える産業技術シーズの発掘や産業技術研究人材の育成を図ることを目的として実施するものです。

2.制度の仕組み

 本事業は、NEDOが経済産業省からの運営費交付金を受けて実施するものです。
 NEDOは、大学・独立行政法人等において取り組むことが産業界から期待される技術課題を提示した上で、大学・独立行政法人等の若手研究者又は若手研究者チームから研究開発テーマを公募し、厳正な外部評価(外部の専門家や有識者による評価)により独創的かつ革新的なテーマを選定し、優れた提案をした若手研究者個人または若手研究チームに助成金を交付します。

3.募集区分・分野

 応募にあたって、若手研究者または研究チームは、以下の募集区分、分野等を選択のうえ研究開発テーマを提案して下さい。

(1)募集区分A:

   @ライフサイエンス分野

   A情報通信技術分野

   B環境分野

   Cナノテクノロジー・材料分野

   D製造技術分野

   E融合的・横断的・統合的分野

   Fエネルギー分野

(2)募集区分B:

   G産業技術に関する社会科学分野

なお、ヒトクローンに係るものや原子力に係るもの、経済産業省の所管外のもの(例、医薬品や農業そのものの開発)等は対象外とします。

4.助成金額等

(1)研究開発期間 3年または2年

  ※優れた研究成果が得られ、かつ発展の見込まれるテーマについては更に2年延長する場合があります。

(2)助成金額

・直接経費

 募集区分A

  @研究開発期間3年の場合、4,000万円を上限とします。

  A研究開発期間2年以内の場い合、3,000万円を上限とします。

 募集区分B

  @研究開発期間3年の場合、2,000万円を上限とします。

  A研究開発期間2年以内の場合、1,500万円を上限とします。

  ※研究開発期間を延長(2年間)する場合は2年分の助成額を上限として追加配分します。

・間接経費

  直接経費の30パーセント相当額  

(3)採択予定件数

 年2回の合計で120件程度。

5.募集要件

(1)応募の対象者

 若手研究者個人又は研究チーム

(2)応募者の要件

 日本国内に在住し、日本国内で自らが研究開発を行っている大学・独立行政法人等に属する常勤または常勤に準ずる40歳未満の若手研究者の研究者(国籍は問いません。)。研究チームで提案する場合は、研究者全員のうち2/3以上は若手研究者であること。 

提案数

採択件数

倍率

12年度予算

797

105

7.6

13年度予算

420

93

4.5

14年度予算

443

105

4.2

15年度予算

589 103 5.7