経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

社会人基礎力

「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年に提唱しました。
 
「人生100年時代」や「第四次産業革命」の下で、2006年に発表した「社会人基礎力」はむしろその重要性を増しており、有効ですが、「人生100年時代」ならではの切り口・視点が必要となっていました。
こうした状況を踏まえ、平成29年度に開催した「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」において、これまで以上に長くなる個人の企業・組織・社会との関わりの中で、ライフステージの各段階で活躍し続けるために求められる力を「人生100年時代の社会人基礎力」と新たに定義しました。社会人基礎力の3つの能力/12の能力要素を内容としつつ、能力を発揮するにあたって、自己を認識してリフレクション(振り返り)しながら、目的、学び、統合のバランスを図ることが、自らキャリアを切りひらいていく上で必要と位置づけられます。


社会人基礎力育成グランプリ・イベントのおしらせ

社会人基礎力育成グランプリ2016/詳細は「社会人基礎力協議会」のページをご覧ください。
詳細はこちら外部リンク

優勝者には経済産業大臣賞が授与される社会人基礎力育成グランプリ及び最新イベントのご紹介ページです。


 

調査・報告書

フリー素材

社会人基礎力関係のフリー素材です。資料等を作る際にご自由にお使いください。

お問合せ先

経済産業政策局 産業人材政策室
電話 :03-3501-2259

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.