経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

車座ふるさとトークを開催しました

平成28年12月20日(愛媛県喜多郡内子町)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成28年12月20日(火)12時00分~13時25分
場所 内子まちの駅Nanze(愛媛県喜多郡内子町)
参加者数  17名
テーマ 地域資源・観光資源を活用した地域の活性化・未来投資の促進について
プログラム

・中川経済産業大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見 

  • 商店街は疲弊しているが、後継者が戻ってきており、商店街の活性化に向けて客が喜ぶような取組を行っている(「うちこ100円商店街」を開催した際には、3,000~4,000人の来場者があった)。
  • 商店街は内子座と八日市・護国の町並みの間に立地しており、恵まれた環境にある。今年の「えひめいやしの南予博」をきっかけに観光客、特に外国人観光客が増えているので、観光を産業にするつもりで商店街としても取り組んでいきたい。
  • 外国人観光客が増えており、着地型観光(注)に取り組んでいる(富裕層を特にターゲットとしている)。
  • 外国人観光客の対応ができる人材が不足していること、内子町内を回るための交通手段が限られていることが問題である。
  • 食事や通訳などの問題をクリアする必要があり、人づくりが課題である。施設は磨けば光るが、人は一朝一夕には育てられない。あの人に会いに行きたいと思ってもらえるような観光地を目指すべきである。
  • うちこグリーンツーリズム協会では後継者が残ることができるように協会組織で活動している。南予はのんびりしたスローライフの地域であり、自分で何かをやろうと動く人は少ない。うちこグリーンツーリズム協会として誘客を図る支援をしている。
  • 人の山離れが深刻化している。幼稚園・小学校・中学校・高等学校での林学が必要ではないか。山に入れる簡単なフィールドを整備したい。観光にも活用できるのではないか。
  • 内子町は木蝋で栄えた町である。町並み、木蝋産業を文化発信していくべきである。町の人にも関わってもらって町並みや木蝋産業を知ってもらい、親しんでもらえるようにしたい。
  • 内子町に関する資料整理を行う中で知ることができた昔の町の姿などを、いかにして情報発信していくかが今後の課題である。
  • 内子町の宿に泊まった時に出された地元の野菜を使った料理がとても美味しかった。チーズもとても美味しくて、野菜もチーズも道の駅「からり」で売っていると聞き、友達と訪れた。その経験を通して、食と観光は密接につながっていて、食を大事にすることが観光にとって重要と感じた。
  • 農業は内子町の中心の産業であるが後継者が少ないので、そうした問題を解決することで、美味しい料理を観光客に振る舞っていくことができればいいと思う。
  • 伝統工芸品である大洲和紙は半紙や障子などを中心に使われているが、今の生活様式に合わせた新しい商品を開発し、訴求しないといけない。国の助成金を活用して国内外の展示会などでPRしながら、愛媛の和紙産業を盛り上げようとしている。
  • 道の駅「からり」の直売所では、登録いただいている400人の農家の方が生産された農作物、加工食品等のみを扱っており、内子の農業振興を一番の目標に取り組んでいる。直売所の他、レストラン、パン工房、ジェラート工房や地元野菜の加工場も立ち上げており、社員70名で大きな雇用を生み出せている。
  • 内子町には何も特産品がないと言われていた。「そのようなことはない」と、東京から来たお客さんに味噌を1つ100円で売り出した。ところが、「こんなに安いのは東京では土産にならない」と言われ、それから竹の皮で包む等工夫しながら付加価値をつけて売り始めることにした。
  • 蔵の一角で甘酒を無料で提供したところ、朝日新聞に紹介されたことがきっかけで、酢卵や最近はゆず商品などの特産品の開発している。
  • 地域にはいい資源が無尽蔵に転がっているが、掘り起こす人や光をあてる人がいない。そのため人材育成にも力を入れていきたい。
  • 地方創生は地域の方が主役であり、その方々の暮らしが豊かになっていくための政策なので、地元の声をきちんと拾って欲しい。行政と地域で意見が合わないこともあると思うが、地域の意見を汲み取って、双方の意見がうまく回っていく方法で、地域の方が置き去りにされない長期的な政策を国にはしていただきたい。
  • 伊予銀行地域創生部は8月に新設された部署で1次産業、観光、創業支援などに取り組んでいる。10人ぐらいの所帯で人も十分ではないが、地域のアイデア、事業を銀行として支援ができたらと考えている。
(注)「着地型観光」=旅行者を受け入れる側の地域(着地)側が、その地域でおすすめの観光資源を基にした旅行商品や体験プログラムを企画・運営する形態。

    161220車座ふるさとトーク1 161220車座ふるさとトーク2

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成28年2月3日(島根県出雲市)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成28年2月3日(水)14時05分~15時35分
場所 出雲市役所(島根県出雲市)
参加者数  10名
テーマ 縁(ゆかり)-地域資源を活用した地域活性化-
プログラム

・鈴木経済産業副大臣挨拶
・参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見 

  • 新たなことを仕掛けていく上で優秀な人材が必要。優秀なUIターン人材も増えているが、同時に地元の人が成長する仕組みづくりも必要。
  • 企業に対して地域貢献の意識を育てるソーシャルビジネスの取組を進めて欲しい。
  • 島根県の窯業は手仕事の焼き物や瓦産業もあり、粘土等専門の人材育成の訓練施設や技術開発を支援してくれる研究機関の支援をお願いしたい。
  • 町づくりをすすめていく際、お金でもなければ物でもなく、運営するための事務局というセンターが重要。また、町づくりにおいて過去を否定してはいけない。
  • 国の海外進出支援は、新規に海外進出する企業しか支援対象となっておらず、既に進出している企業も支援対象としてもらいたい。
  • 今後、若者が農業参入しようとする際、スムースに参入できるようなサポートをお願いしたい。
  • 中小企業が求めているものは、古い機械を新しいものに変えたいとか、ちょっと何とかすれば手が届く設備投資に対する補助。そうした支援において、地域の商工会・商工会議所に権限を持たせて、経営のプロを派遣して応援できるようお願いしたい。
  • 県内に大量にある天然鉱物資源のゼオライトを活用した新事業展開を進めており、宍道湖のしじみの陸上養殖研究や、二酸化炭素の濃縮装置によるイチゴ栽培、セシウムやストロンチウムの吸着処理剤の開発などに取り組んでいる。
  • たたら製鉄は中国山地一帯の操業で独自文化が生まれており、市町村単位でなく、県を跨いだ広域連携とともに、第一線のプロデューサー支援をお願いしたい。
  • 小さな市で中心市街地活性化法に基づく認定をいただいたが、10万、5万以下といった人口規模に応じた支援策をお願いしたい。また、他都市との連携した支援策、人材育成に対してのバックアップや、空き店舗・空き家事業展開での100㎡以上の改築やリフォームに係る建築確認申請の規制緩和をお願いしたい
  • 昨年11月、島根・鳥取県内の働く女性が集まり、交流・研鑽を通してネットワークを構築し、県境を越えた視点で考え活動していく「ワーキングウーマンの集い」を発足。これからは県単位でなく県境を越えた活動を支援する施策をお願いしたい。

車座ふるさとトークの様子 その1 車座ふるさとトークの様子 その2

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成27年4月18日(石川県加賀市)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成27年4月18日(土)16時00分から17時30分
場所 山中うるし座(石川県加賀市)
参加者数  9名
テーマ 地域資源(宿×器×食)
プログラム

・山際経済産業副大臣挨拶
・参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見 

  • 地方がこれから生き残るために、本来の日本の良さが何かという原点に戻る政策がないと地方創生は成功しない。
  • 海外客のツアーをやっているが、地域の業者に英語を話せる人がいない。何とか協力してやってもらっているが、高品質なものを守り続けて行くには自分たちだけでは難しい面がある。
  • デザイナーと組んだものづくりをしており、海外のデザイン賞受賞を契機に国内外から多くの引き合いをいただくようになったが、川上の林業、製材等の高齢化が進んでおり材料が入ってこないため、生産が間に合わない。
  • 職人さんの平均年齢は60才以上になっていて、10年後にこの産地が成り立っているか心配。後継者の育成は急務であり、若い人が生活していけてやりがいのある産業にしていくのが一番大事。
  • 補助事業について、1年間では事業が終わらないものもあるので、数年にわたる支援をお願いしたい。
  • 高齢者に働いてもらっているが、職安も求人誌も高齢者の募集に対応できていない。60歳以上のシニアハローワークみたいなものが欲しい。
  • 若者の酒離れを目の当たりし、10年ほど前から海外への輸出に積極的に取り組み、現在は20カ国に輸出している。困っていることは、頑張れば頑張るほど相続が大変になること。
  • 新幹線開業により金沢は人で溢れているというが、人が入っているのは金沢駅と近江町市場、兼六園など限定的。3度目4度目に金沢を訪れる人をどう受け入れるのかについて今取り組んでいる。
  • 地域の企業の商品の魅力を女性視点により価値を高め発信している。発酵食を学ぶなら「石川」でということで、発酵食大学というプロジェクトを立ち上げ、県外からもセミナーに通っていただいている。

 

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成27年3月22日(大阪府吹田市)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成27年3月22日(日)10時00分から11時30分
場所 吹田市役所(大阪府吹田市)
参加者数  11名
テーマ 女性の力で企業を、社会を元気にする
プログラム
  • 高木経済産業副大臣挨拶
  • 参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 子ども同伴で買い物に行きにくいといった育児中の女性が抱える悩みを解消できたらと思い、その経験をビジネスに活かし売上につなげてきた。 
  • 母親の視点で健全な子孫の繁栄に貢献したいことをモットーに商品開発をしている。
  • これまで女性が介護や子育てをきっかけに会社を辞めていくことを現場で見てきた。そういった時に組織基盤を整えるためのサポートが国からあると良い。
  • 女性は工夫が上手く、柔軟性が高いと思う。家族が女性が働くことを理解し、地域で育児ができる仕組みを作ってほしいし、女性も男性も色々な働き方ができる社会になってほしい。
  • 若手女性社員が女性の先輩社員を見て幸せそうに見えないと女性が会社で長く働こうと思わない。
  • 女性の社会進出には保育所等のハード面の充実も大切だが、男性も含めたワークライフバランスの改善が重要だ。
  • 性別、国籍、障害の有無を問わず幅広く採用し、育成することが重要。それが女性の管理職を増やすことにもつながる。
  • 親世代も含めた女性像の再構築が必要。女性が活躍できる制度はあるが、親世代の古い価値観がリミッターとなっている。
  • 女性が社会で活躍するには、男性の働き方も変えなくてはならない。長時間働くことが評価される日本の風土を変えないといけない。
  • アメリカに行ったときにダイバーシティの観点で日本が遅れていることを実感した。
  • 地域の住民同士のネットワークで地域資源を活かし、自分の存在を地域の中で感じることができれば、それは幸せにつながると思う。この幸せをつないでいくことが地域活性化につながると思う。
車座ふるさとトークの様子2 車座ふるさとトークの様子2

 

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成26年10月12日(山梨県甲州市)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成26年10月12日(日)12時10分から13時20分
場所 甲州市役所(山梨県甲州市)
参加者数  12名
テーマ 地域資源の利活用と観光振興について
プログラム
  • 小渕経済産業大臣挨拶
  • 参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見

  •  甲州市にはワイナリーという地域資源があり、良質なワインを作っていくことが地域活性化につながっていく。
  • 地域づくりはその地域ならではのものを活かしていくこと。差別化をして、地域の価値を如何に高めていくか、地域ならではのものを如何に残していくかが我々の責務である。
  • 東京都内の飲食店と組んで、甲州市において農業体験を行い、自分で作った野菜を飲食店で食べるという企画を行っている。
  • 地域活性化はその地域に住んでいる人の意識改革。すばらしいところに住んでいることを再認識して、日々の生活を豊かにすること。
  • 12年前に朝市を立ち上げた。はじめは数店であったが、少しづつ大きくなり、今では200店舗が集まる県内最大の朝市となった。しかし、トイレや駐車場の問題、セッティングやコスト面でも非常に苦しく、それらが課題である。
  • 地域資源をブランド化するには時間がかかる。1年や2年の支援でなく、5年程度は継続的に支援をしていただきたい。
  • 地域の中にいて、常に外から中を見るように意識している。
  • 日本はグローバル化が遅れているような気がする。国際的な人材育成が急務である。
  • 歩く観光も重要。今はウォーキングや登山ブームであり、甲州市のまちを歩くコースを作って取り組んでいる。
  • 後継者を育てる人づくりが大事。

車座ふるさとトークの様子その1 車座ふるさとトークの様子その2

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成26年7月8日(広島県東広島市)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成26年7月8日(火)10時~11時30分
場所 東広島市役所(広島県東広島市)
参加者数  12名
テーマ 産学連携による地域活性化
プログラム

・磯﨑仁彦経済産業大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 産学連携による研究成果や大学発ベンチャー企業が生み出す新しい技術を国や企業が積極的に活用して欲しい。 
  • 売れる商品づくりにつなげるためには報道機関との連携によるPR活動がとても重要である。報道の「報」を加え「産学金官報連携」をする必要がある。 
  • 研究者や中小企業に対するハンズオン支援を超えて、完全に関係者を融合させ、互いにWin-Winの関係となるような体制の構築が必要である。 
  • 現在、産学官いずれの組織においても問題を発見し、それを解決するためには何をすれば良いかを見つけられる人材が求められている。 
  • 大学のシーズと医療施設や福祉施設で働いている方のニーズとを上手くマッチングさせ、地域住民や行政にとってプラスになる政策につなげたい。 
  • 中小企業にとって一番大事なことは、次の事業展開につながる研究開発プロジェクトを推進することである。 
  • 東広島市では産学官連携により生み出された商品を販売促進の面で支援するため「ものづくり逸品」として表彰や認定制度を設け、これらの商品をPRしている。 
  • インドから日本へ留学した際に漢字の読み方がわからず就職活動に困ることがあった。しかし、広島県留学生活躍支援センターにおいて企業の紹介等含め色々手伝っていただいたおかげで大きな苦労はなかった。 
  • 「アジア人材プログラム」という広島県内企業への就職を希望する留学生への奨学金の支援を受けてタイから留学している。将来は東広島市内の企業へ就職し、活躍したいと考えている。

車座ふるさとトークの様子その1 車座ふるさとトークの様子その2

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成25年9月6日(高知県中土佐町)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成25年9月6日(金)10時00分から11時30分
場所 中土佐町立文化館(高知県中土佐町)
参加者数  10名
テーマ 地域資源を活用した地域活性化

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 地方の商業者は、マーケティングが弱い。外の人々にとって自分たちの身近な地域資源がどのような価値を持つのか、どこに売っていけば良いかを掴む力が弱い。
  • 中土佐町に来なければ味わえない、体験することができないといった地域ならではのものを広く情報発信することが大事だと思う。中土佐町は高知県内では、元気な町として知られているので、積極的に情報発信をしていきたい。
  • facebookなどを使って情報発信すると全国から瞬時にコメントが来るなど、反応のすごさを実感した。情報発信は伝え方において気を付けなければいけない点もあるが、インターネットやSNSなどの情報発信ツールは積極的に利用していかなければならないと感じている。
  • 中土佐町にUターンして起業してもノウハウがないため失敗して県外に戻ってしまうといった事例があるが、経産省が行っている「ミラサポ」(https://www.mirasapo.jp/外部リンク)を通じた経営支援の取組は、支援策として非常に有効だと思う。
  • 中土佐町全体としては、経済や人口がゆっくりと減少している。そのため、企業としては町に人を呼び込むだけでなく、外にも打って出ていく必要性を感じている。
  • 商工関係者と農業関係者の間の連携はあまりないので、車座トークを契機に、ぜひ連携に取り組んでみたい。
  • 今回の車座トークを機会に、町の皆で車座になって話をする場を設けていきたい。

車座ふるさとトークの様子その1 車座ふるさとトークの様子その2

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

平成25年4月24日(山形県鶴岡市)

実施府省庁 経済産業省
日時 平成25年4月24日(水)9時00分から10時30分
場所 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市)
参加者数  11名
テーマ 地域資源を活用した地域活性化
プログラム
  • 佐藤経済産業大臣政務官挨拶
  • 参加者との意見交換

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 地域活性化の支援は、単発で終わることなく継続的な支援策の在り方というものも検討してほしい。
  • 韓国政府と日本政府のコンテンツに対する施策にはまだまだ差がある。映画というコンテンツを国策としてもっと強く支援しても良いと思う。
  • 花火大会は競技大会でもあり、政府の表彰制度で活気が出る。
  • 昨年、経済産業省と農林水産省の共催で行われたイベントのように、各省庁が連携して取り組むことは重要。行政内の垣根が低ければ、横断的なアイディアが出てくると思う。
  • 食文化と併せて衛生文化というのも整備していく必要がある。
  • 地域が一体となった横断的なプロジェクトが必要であり、リーダーシップやコーディネート能力を持つ人材を育成することが大事。
  • 学生の力というものを地域活性化にもっと役立てて良いと思う。

車座ふるさとトークの様子その1 車座ふるさとトークの様子その2

回答を保留した場合は、その質問及び回答

なし

お問合せ先

地域経済産業グループ地域経済産業政策課 地方調整室
電話 03-3501-1640(直通)
FAX 03-3580-8369

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.