経済産業省
文字サイズ変更

企業の「健康投資」ガイドブック~連携・協働による健康づくりのススメ~

 企業の「健康投資」ガイドブック ~連携・協働による健康づくりのススメ~を策定しました!

 経済産業省は、企業による「健康投資」を促進するため、厚生労働省が進める「データヘルス計画」と連携し、企業・経営者向けに、「健康投資」のポイントをまとめたガイドブックを策定しました。
 今後、厚生労働省と連携して、企業・経営者向けに説明会を開催する予定です。

経緯

 国民医療費の増加や生産年齢人口の減少など、企業・健康保険組合を取り巻く状況は変化しており、企業が従業員等の健康保持・増進に主体的かつ積極的に関与する必要が生じています。また、平成27年度からは厚生労働省の下で「データヘルス計画」が始まり、健康保険組合の取組に対する企業の関与が従来以上に求められています。

 そのような中、企業の「健康投資」「健康経営」の取組は、その概念やメリット、具体的な手法等が浸透しておらず、なかなか進んでいないのが現状です。そのため、経済産業省は本ガイドブックを作成、公表することにより、企業経営者が自ら「健康経営」の理念を考え、それを「健康投資」として実践することを促したいと考えています。
 
(参考)厚生労働省ホームページ:医療保険者によるデータヘルスについて
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/hokenjigyou/index.html外部リンク
 

2.概要

 本ガイドブックは、「わかりやすく「健康投資」の概念を提示すること」「企業業績へのメリット等の提示により、訴求力を高めること」「社内環境整備や全体枠組みとしての実践方法を提示すること」の3つの方針に基づいて作成をしております。 

○ガイドブックの構成

  はじめに(このガイドブックの目指すもの)
  第一部 健康投資の促進に向けて
   1.健康投資とは
    (1)企業・健康保険組合を取り巻く状況
       ①企業負担の増加、生産性の低下の防止につながる従業員等の健康保持・増進
       ②データヘルス計画について
     (2)健康投資とは
   2.健康投資のメリット
   
  第二部 健康投資をはじめよう
   1.健康経営の理念・方針と組織づくり
    (1)理念・方針の設定
     (2)組織体制づくり
    2.健康経営を実践する
    (1)従業員の健康状態を把握する
       ①どんなデータが利用できるか
       ②自社の健康課題は何か
    (2)健康づくり計画を立てる
    (3)社員に働きかける
    (4)健康保険組合等との適切な連携(コラボヘルス)について
   3.取組を評価する
 
  第三部 我が社の健康経営チェック
 

ガイドブック

お問合せ先

企業の「健康投資」ガイドブックについて
商務情報政策局 ヘルスケア産業課
電話 03-3501-1790(直通)
最終更新日:2014年10月15日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.