経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

障害者差別解消法について(2018年7月2日)

本件の概要

本年4月、国内のテーマパークにおいて、聴覚障害者4名が入園しようとしたところ、緊急時の安全確保が困難であることを理由に、付添者なしの入園を断られる事例がありました。
 
障害者差別解消法(2016年4月1日施行)では、障害のある方に対して、正当な理由なく、障害を理由としてサービスの提供を拒否することや、サービスの提供にあたって場所や時間帯などを制限すること、障害のない方にはつけない条件をつけること等が禁止されています。なお、正当な理由があると判断した場合においても、障害のある方にその理由を説明し、理解を得るよう努めることとされております。
また、同法において、事業者は障害のある方から、社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要としているとの意思が伝えられた時、負担が重すぎない範囲で対応に努めること(合理的配慮)が求められています。
当該テーマパークは、同法を踏まえ、本件における対応の誤りを認めた上で、再発防止に向けた運営マニュアルの修正等、各種対応を実施しているところです。
 
事業者の皆様におかれましては、今一度、障害者差別解消法を理解・遵守いただくとともに、障害をお持ちの来場者から対応を必要としている意思が示された場合に際しては、合理的配慮に基づいた対応の実施をお願いいたします。

 

お問合せ先

商務・サービスグループ クールジャパン政策課
電話 03-3501-1750(直通)
FAX 03-3501-6782
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.