経済産業省
文字サイズ変更

第4回「海外水インフラPPP協議会」の開催結果概要及び資料の公表について

平成25年2月6日
国土交通省
厚生労働省
経済産業省

海外の水インフラプロジェクトに関し、官民連携による海外展開に向けた取組を推進するため、第4回海外水インフラPPP協議会(座長:三菱商事(株)小島会長)を開催いたしましたので、概要をお知らせいたします。

開催結果概要

  1. 日時:平成25年2月1日(金曜日)14時00分~18時30分
  2. 場所:ベルサール六本木(東京都港区六本木7-18-18、住友不動産六本木通ビル1F・B1)
  3. 出席者
    • [協議会メンバー]
    • 民間企業、関係機関、地方公共団体、関係各省等
    • [海外からの参加]
    • インドネシア、ミャンマー、アラブ首長国連邦、ベトナム
  4. 議事
    • 14:00~14:30 国内会議
    •  事務局から委員への情報提供、連絡事項等
    • 14:40~16:00 国際会議
    •  外国政府高官に対する委員からの技術等紹介及び意見交換
    •  ~各国のインフラ整備に貢献できる日本の技術~
    • 16:15~18:30 国別水インフラセミナー
    •  各国毎に水インフラプロジェクトに関する情報共有・意見交換
  5. 結果概要
    • 主催者を代表して梶山国土交通副大臣より挨拶を行い、海外からの招聘者を含め参加者への謝意が示され、日本の経験やノウハウを世界の水インフラ整備に活かすことの重要性に触れ、本協議会により各国のニーズを日本側が理解し日本の技術が各国の課題解決につながることに期待が示されました。
    • 小島座長からは参加者への謝意が示されるとともに、今回の協議会が各国の水インフラ整備を行う上での参考になることへの期待が示されました。
    • 協議会事務局からは、水インフラの海外展開支援に向けた政府全体の基本的な方針や、各省の取組み等を紹介しました。(資料3参照)
    • 海外からの招聘者に対しては、日本の優れた水インフラ関連技術について委員から紹介するとともに、インドネシア、ミャンマー、アラブ首長国連邦、ベトナムの各国代表より、それに対する質問やコメントを頂き、意見交換を行いました。(資料4参照)
    • 全体会議に引き続いて、招聘各国ごとに別れ、各国招聘者と関心のある企業等が参加した国別インフラセミナーを開催しました。本セミナーでは、招聘国より自国の水インフラに係る課題や日本への期待、開発計画等を説明いただき、これに対して委員等からは現地のニーズにあわせ提供可能な技術の紹介や、事業展開計画などを説明し、意見交換を実施しました(資料5~8参照)。

配付資料

  • 資料1 海外水インフラPPP協議会 委員一覧
  • 資料2 第4回海外水インフラPPP協議会 各国参加者一覧
    (国内会議)
  • 資料3 事務局から委員の皆様への連絡事項
    (国際会議)
  • 資料4 世界の水インフラ整備に資する日本の技術
    (国別水インフラセミナー)
  • 資料5 ベトナム水インフラセミナー配布資料
  • 資料6 アラブ首長国連邦水インフラセミナー配布資料
  • 資料7 ミャンマー水インフラセミナー配布資料
  • 資料8 インドネシア水インフラセミナー配布資料

※なお、一部の資料につきましては発表者のご希望等により掲載していないものがあります

※ 各国から参加された方々には、1月31日(木)に、日立プラントテクノロジー(株)土浦事業所、埼玉県・中川水循環センター、第4回国際水ソリューション総合展(Inter Aqua 2013、東京国際展示場にて開催)をご視察いただきました。

お問合せ先

製造産業局 国際プラント・インフラシステム・水ビジネス推進室
電話:03-3501-1760(直通)
FAX:03-3501-6588

最終更新日:2013年2月6日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.