平成16年4月14日
商務情報政策局
情報セキュリティ政策室

 MS04-011、MS04-012及びMS04-013の脆弱性に対する対応について

 マイクロソフト社からWindows製品群における複数の脆弱性が公表されました。
これらの脆弱性により、攻撃者にコンピュータの完全な制御を取られ、任意の操作を実行されるなどの被害を受ける可能性があります。
 至急、修正プログラムの適用などによる対策を徹底してください。
 
 なお、詳細については独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページをご覧ください。

(独立行政法人情報処理推進機構:IPA)
 「Windows製品群における複数の脆弱性について」(MS04-011)  
    http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20040414-ms04-011.html
 
 「Windows RPC/DCOM の複数の脆弱性について」(MS04-012) 
    http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20040414-win_rpcdcom.html

  「Outlook ExpressとInternet ExplorerのMHTML URLプロセスの脆弱性について」(MS04-013)
   http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20040414-oe_mhtmlurl.html

>>情報セキュリティ政策のトップへ

お問い合わせ先
 経済産業省 商務情報政策局 情報セキュリティ政策室
 電話     03-3501-0397(直通)
 ファクシミリ 03-3501-6639
 電子メール  it-security@meti.go.jp
 担当:山崎、大崎、赤松

Copyright(C) 2004 Office of IT Security Policy, METI All rights reserved.