>> 情報セキュリティ政策のトップへ


マイクロソフトWindowsの脆弱性を狙ったワームの発生に関する注意喚起について(その2)

〜18日月曜日の朝に要注意〜

商務情報政策局
情報セキュリティ政策室

Microsoft Windowsの脆弱性を利用したワーム(通称:Blasterワーム)の被害拡大防止のため、経済産業省は、「企業ユーザにおけるBlasterワーム対策 四箇条」について、情報サービス産業協会(JISA) に対して、協会の会員を通して、ユーザ企業に対して注意喚起の徹底を要請するとともに、広く一般に注意喚起を行います。

マイクロソフトWindowsの脆弱性を狙ったワームの発生に関する注意喚起について(その2)(PDF形式)

お問い合わせ先
 経済産業省 商務情報政策局 情報セキュリティ政策室
 電話     03-3501-0397(直通)
 ファクシミリ 03-3501-6639
 電子メール  it-security@meti.go.jp
 担当:山崎、若畑、赤松


  ◆ 対応の詳細は、情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)の、以下のページを参照してください。
              http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/msblaster.html

  ◆ 今回の事例を機に、今後も引き続き、修正パッチの適用及びウイルス対策ソフトの適切な利用を心がけてください。