2003年8月20日
商務情報政策局
情報セキュリティ政策室

W32/BlasterおよびW32/Welchiの潜在的感染者に対する注意喚起

 今般深刻な被害を引き起こしたいわゆるBlasterワームが悪用した脆弱性を悪用する新たなワーム(通称:「Welchiワーム」)が急速にネットワーク上に広がっており、特に日本国内において感染被害が広がっていると思われる現象が報告されています。

 経済産業省の外郭団体である情報処理振興事業協会(IPA)のネットワーク観測システムの状況によると、依然としてW32/Blaster感染に起因するアクセスは高いレベルで存在していることから、修正プログラムを適用していない又は修正プログラムは適用したがワームの駆除を実施していないユーザが依然多数存在していると推測されます。

 これらのワームに感染したままでは、他者に対しての攻撃が継続して行われるため、インターネット上に攻撃パケット等が溢れ、インターネット全体に深刻な障害が起きる可能性があります。



 下記の情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)のページを参照して、ワーム感染の有無のチェック及び駆除を早急に実施してください。

情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)

◇新種「W32/Welchi」ワームに関する情報
http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/welchi.html


(注) W32/MSBlasterに関する注意喚起について

>> 情報セキュリティ政策のトップへ


2003年8月19日
商務情報政策局
情報セキュリティ政策室

新種ワームの発生に関する注意喚起について

 今般深刻な被害を引き起こしたW32/MSBlaster (注) が悪用した脆弱性を悪用する新たなワームが確認されました。
 本ワームによる感染したパソコンへの直接の被害については現在確認中ですが、ランダムなアドレスにPingが発信され、ネットワーク全体に深刻な被害を与えることとなるおそれがありますので、大至急、修正プログラム適用による対策を徹底してください。
 本ワームはW32/Blasterを駆除するという情報もありますが、日本語環境では動作しないことが確認されておりますので、早急に対策を実施してください。

 なお、本ワームについては個人だけではなく企業内での感染も見受けられます。

 詳細については情報処理振興事業協会(IPA)のホームページをご覧ください。


情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)

新種「W32/Welchiワームに関する情報」
http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/welchi.html


(注) W32/MSBlasterに関する注意喚起について

>> 情報セキュリティ政策のトップへ

お問い合わせ先
 経済産業省 商務情報政策局 情報セキュリティ政策室
 電話     03-3501-0397(直通)
 ファクシミリ 03-3501-6639
 電子メール  it-security@meti.go.jp
 担当:大崎、若畑

Copyright(C) 2003 Office of IT Security Policy, METI All rights reserved.