経済産業省
文字サイズ変更

平成20年度情報セキュリティ市場調査報告書の公表について

平成21年5月18日
 

経済産業省 商務情報政策局
情報セキュリティ政策室

 

 

 

 経済産業省では、我が国の情報セキュリティ市場の実態を定量的に把握し、情報セキュリティを巡る社会的動向を適切に分析すべく、平成16年より国内情報セキュリティ市場実態調査を実施してきました。

 この度、平成20年度における調査報告書がまとまりましたので、公表します。

 なお、本調査は、経済産業省からの委託事業として、特定非営利活動法人日本セキュリティネットワーク協会(JNSA)がとりまとめたものです。

 

【調査方法】

(1) 調査方法:アンケート調査、各種統計資料調査、ヒアリング調査、サンプリング調査

(2) 調査対象:平成20年3月31日時点で、国内で情報セキュリティに関するツール、サービス等の提供を事業として行っていると思われる事業者(輸入販売、再販売を含み、輸出を含まない)

(3) 調査期間:平成20年11月~12月

 (4) アンケート回収数:140件(発送:1,141件 回収率:約12%)

 【調査結果概要】

 国内情報セキュリティ市場は2007年度に前年度比14.7%という高い成長率を示して推定6,847億円の規模に達し、2008年度にはさらに6.1%拡大して7,268億円と7,000億円を超える規模になったと推定される。

 2007年度の国内情報セキュリティ市場調査では、2006年度の対前年度比成長率は14.6%で、2007年度の成長率は11.5%程度と見ていた。今年度調査の結果、2007年度は2006年度と同程度の勢いで市場が拡大したものと見られる。内部統制を含むコンプライアンス対応、事業継続管理等の要請と、相次ぐ個人情報や機密情報の漏えい事件に対する危機感が、企業の情報セキュリティ対策を一層推進した結果であると見られる。 しかしながら、米国発の金融危機とそれに触発された世界同時不況の影響は大きく、2008年度の実績見込みベースでは6.1%とその市場成長率は大幅に鈍化する模様である。

 更に、不況の影響は2009年度により顕著に表れてくる可能性が強く、国内情報セキュリティ産業の売上高予測値としては全体でマイナス5.4%と縮小することが予測される。それでも金額では6,874億円とほぼ2007年度並みの数字であり、足元で7,000億円前後というのが、日本の情報セキュリティ産業の市場規模であると観測される。

      ▲国内情報セキュリティ市場規模の推移

 

    調査報告書本体【PDF形式:1783KB】

 

 なお、2009年5月18日に公開しました「調査報告書本体」につきまして、別添のとおり訂正いたします。深くお詫び申し上げるとともに、すでにダウンロードされた方には再度ダウンロードして頂きますようお願いします。なお、本ホームページに掲載している「調査報告書本体」につきましては、既に差し替えております。

 「平成20年度情報セキュリティ市場調査報告書」 における訂正について

>> 情報セキュリティ政策のトップへ

 

お問い合わせ先
 経済産業省 商務情報政策局 情報セキュリティ政策室
 電話     03-3501-1253(直通)
 ファクシミリ 03-3501-6639

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.