経済産業省
文字サイズ変更

平成20年度改正以前よりご利用いただいている方へ 平成20年3月31日以前の投資について

平成20年度改正以前より本税制をご利用いただいている方はこちら

平成20年度改正以前より、本税制をご利用いただいている方は、こちらをご覧ください。必要書類のダウンロードもこちらから行えます。

改正による変更点

平成20年度税制改正においてエンジェル税制が改正されました。

【改正のポイント】(下記参照)

  1. ベンチャー企業への投資額をその年の総所得金額等から控除できる制度が新設さ れました。(注:平成20年4月1日以降の投資について適用されます。)
  2. ベンチャー企業の株式売却時点において、利益が発生した場合に譲渡益を1/2 に圧縮して課税することができる制度は廃止されました。(注:平成20年4月30日 までの投資については、継続して適用されます。)

平成19年度以前の制度(エンジェル税制)

優遇措置

(1)投資時点
投資額をその年の他の株式譲渡益から控除

(2)売却時点(※1)
①利益が出た時
譲渡益を1/2に圧縮して課税
②損失が出た時
損失を翌年以降3年間の繰越控除

※1:株式譲渡益から控除した投資額分だけ取得価額を引き下げて計算。

抜本補充

平成20年度~(所得控除制度を追加)

優遇措置(投資家が以下のAとBの優遇措置のいずれかを選択)

A:(1)投資時点
(出資額-2千円)をその年の総所得金額等から控除
※上限は、総所得金額×40%と1,000万円のいずれか低い方。

(2)売却時点(①利益が出た時の優遇措置は廃止)(※2)
②損失が出た時 損失を翌年以降3年間の繰越控除…(継続)
※2:総所得金額から控除した金額分だけ取得価額を引き下げて計算。

B:(1)投資時点
(投資額をその年の他の株式譲渡益から控除…(継続)

(2)売却時点(①利益が出た時の優遇措置は廃止)(※1)
②損失が出た時 損失を翌年以降3年間の繰越控除…(継続)
※1:株式譲渡益から控除した投資額分だけ取得価額を引き下げて計算。

※認定投資事業有限責任組合の投資先、グリーンシートエマージング銘柄の企業についても個別案件毎に要件を満たせば優遇措置Aも適用可。

改正前の様式ダウンロード

ベンチャー企業の方


事前確認制度を利用する場合の必要書類及び様式についてはこちら


事前確認制度を利用しない場合の必要書類及び様式についてはこちら


直接投資における投資契約の記載事項についてはこちら
(民法組合および経済産業省の認定を受けていない投資事業有限責任組合経由を含む)

投資家の方

投資家の方はベンチャー企業から確定申告に必要な書類を受け取ってください。

お問合せはこちら

 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.