■「挑戦者社会」の実現に向けて

 我が国経済の将来にわたる自律的・持続的発展を可能なものとし、将来的な国際競争力の維持・向上を図っていくためには、我が国経済を、新技術、新商品、新サービスといった新たな付加価値が、自律的に続々と生み出されてくる風土・カルチャーに変革していくことが必要であり、このため、その牽引役としての「起業・創業」を国家戦略的に奨励し、促進していく取り組みが極めて重要となっています。 

■DREAM  GATEのミッション

 若年者を中心とした国民各層の起業・独立意識を喚起し、ユーザー目線によるフレンドリーな起業支援サービスの提供を通じ、我が国における起業家人材の輩出とその具体的な挑戦を支援していきます。さらに、将来の新たな市場・需要・雇用の創出に貢献し、新たな挑戦が礼賛されるような起業文化の確立を目指します。

■ドリームゲート事業の概要

・起業・独立に役立つメールマガジンの配信

会社設立手続き、税務、法務、経理などについて、弁護士、公認会計士、税理士など専門家に対する無料インターネット相談や面談サービスの提供

「ドリームゲートカレッジ」「大挑戦者祭」など、起業・独立に役立つ各種セミナー、イベントの開催

大学生等若年者を対象とした「起業家密着インターンシップ」などの啓発事業等の実施

・ウェブ・サイトを利用した「最低資本金規制特例制度」の周知・PR、その他、「創業塾」など中小企業庁、中小企業基盤整備機構、各自治体、ベンチャー支援機関等の施策やイベントのPR

 ※格闘家のボブ・サップ氏をイメージキャラクターに起用し、「日本には、挑戦者が足りない。」とのキャッチ・コピーで、平成15年7月1日から本格的なサービス提供を開始し、36万人以上の起業家予備軍がユーザー登録。

■ドリームゲート事業の実績(平成19年3月2日現在)

・ユーザー登録者数:401,025名            

・インターネット相談件数:20,904件

・面談サービス件数:3,434件