経済産業省
文字サイズ変更

University Venture Grand Prix 2012~未来へ繋がるネットワーク~

経済産業省は、日本の起業家教育の質を向上させるため、大学・大学院の教員や実務家とともに「大学・大学院起業家教育推進ネットワーク」を組織し、教授法や教材の情報共有、大学・大学院と産業界との連携を推進しています。 その一環として、起業家教育実施校による初の全国規模のビジネスプランコンテスト「University Venture Grand Prix 2012」を12月8日に東京大学にて開催します。

概要

開催日時 2012年12月8日(土)コンテスト等 13:00~ / 懇親会 18:10~
開催場所 東京大学情報学環福武ホール(東京都文京区本郷)
主催 経済産業省大学・大学院起業家教育推進ネットワーク
共催 文部科学省東京大学産学連携本部
協賛 一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)新日本有限責任監査法人公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会(JNB)一般社団法人東京ニュービジネス協議会(NBC)株式会社ベネッセコーポレーション
後援 日本ベンチャー学会(JASVE)一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)
参加費 無料 ※懇親会参加費を当日会場にて徴収させていただきます。
参加費:4,000円/人、学生のみ1,000円人/人
申し込み方法 「起業家教育ひろば」内申込フォーム こちらに必要事項をご記入ください。

プログラム

時間 内容 場所
13:00- Opening Remarks
経済産業省
東京大学 産学連携本部長 保立 和夫
ラーニングシアター
13:00-14:20 ファイナリスト4チームの発表(発表10分 質疑応答8分) ラーニングシアター
14:20-14:30 休憩  
14:30-15:50 ファイナリスト4チームの発表(発表10分 質疑応答8分) ラーニングシアター
15:50-16:50(1) 教員・実務家による評価セッション
(参加教員・実務家のグループで各学生チームのプランを評価、採点)
ラーニングスタジオ
15:50-16:50(2) 先輩起業家・前年度出場者との意見交換会
Guest:株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 出雲 充氏
ラーニングシアター
16:50-17:00 休憩  
17:00-17:30 教員・実務家チームによる各学生チームへのアドバイス ラーニングシアター
17:30-18:00 結果発表、表彰式、講評 ラーニングシアター
18:00 Closing Remarks
文部科学省
ラーニングシアター
18:10-19:30 懇親会 ※参加費 4,000円/人、学生のみ1,000円
Opening Remarks
一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター
理事長 市川 隆治

Closing Remarks
新日本有限責任監査法人
日本エリア評議会議長 原 勝彦
Capo PELLICANO
(東京大学医学部教育研究棟・13階)

先輩起業家(ゲスト)

出雲 充
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長

東京大学農学部卒、2002年東京三菱銀行入行。
2005年8月株式会社ユーグレナを創業、同社代表取締役。
同年12月微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の世界初大量培養に成功。
2012年Japan Venture Awards 2012 「経済産業大臣賞」受賞、世界経済フォーラムYoung Global Leader 2012に選出。信念は『ミドリムシが地球を救う』

本審査委員

安達 俊久
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長

東工大卒、伊藤忠商事㈱入社。1982-88年ロンドンに事業開発責任者として駐在。1995-02年伊藤忠テクノソリューションズ㈱の事業企画室長などを歴任、ベンチャー投資業務に携わりシリコンバレーとの幅広い人脈を構築。02年伊藤忠テクノロジーベンチャーズ㈱代表取締役社長。08年日本ベンチャーキャピタル協会の理事、11年7月より同協会の会長に就任。10年4月より法制審議会会社法制部会委員を務める。
原 勝彦
新日本有限責任監査法人 日本エリア評議会議長

上場会社の大手メーカーなどの業務執行社員を多数関与。上場準備会社のIPO関連業務も多数関与。新日本有限責任監査法人にてシニアパートナー就任後、社員評議会議長・EYジャパンエリア評議会議長・EYグローバル評議会メンバーを兼務。
平石 郁生
株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ 代表取締役社長

コンサルティング会社、外資系広告代理店等を経て1991年に起業。その後、ウェブクルー(東証マザーズ)、インタースコープ(Yahoo! JAPANに売却)の創業に参画。現在は、株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ 代表取締役社長、法政大学経営大学院(MBA)客員教授、ドリームビジョン代表取締役社長等を兼任。
市川 隆治
一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター 理事長

ベンチャー白書の発行・種々のビジネスプランコンテストの支援等、(一財)VEC理事長としてベンチャーを支援。大学・大学院起業家教育推進ネットワークアドバイザリーボード委員、日本ベンチャーキャピタル協会専務理事、日本ベンチャー学会理事を兼務。
Ray Klein  Co-founder and Vice President, American Life, Inc.

Ray Klein co-founded American Life, Inc., with business partner Henry Liebman in 1996 and has since served as vice president. Currently he is responsible for leading all our marketing initiatives in Asia. Ray has a solid track record in tactical, leading-edge investment transactions. In 2009, he led a local investor group separately in the acquisition of the Okabe Hotel Group, a 500-room resort chain in Japan, and served as its president until the company was sold in late 2010. In 1996, Ray also founded Tekinvest KK, a strategic consulting firm that focused on localizing U.S. technology companies in the Japanese market. Most notably, they include NetRatings Japan, Inc. (a joint venture with Nielsen Media Research and Transcosmos Inc.), and the security company McAfee Associates. Today, Tekinvest KK serves as the Asian headquarters for American Life, Inc. Over the years, Ray has also been an angel investor and has served as a board member and advisor to early-stage companies throughout the U.S., Japan, and Canada. Ray received a Bachelor's degree in Computer Science from Rensselaer Polytechnic Institute in 1985, and he earned his Master's in computer science from Michigan State University in 1987. Ray has lived in Tokyo, Japan, since 1990 and is bilingual in English and Japanese.
田中 貴之
EO(Entrepreneurs Organization)ジャパン 理事

起業家団体EO理事。
2000年に㈱共和エージェンシーを一人で起業、代表取締役に就任。以後、㈱共和デザインコミュニケーションズ・㈱エマルシェ2社を起業し代表取締役に就任、現在共和グループ3社の代表取締役を兼任。
田中 豊
一般社団法人東京ニュービジネス協議会 事業創出部門副会長
アートグリーン株式会社 代表取締役社長

1966年 横浜市生まれ 成城大学経済学部卒業後、ゴルフ場運営会社に入社。91年、会社の同期とともに、生花販売のアートグリーン株式会社を設立。代表取締役社長に就任。現職。06年3月、社団法人関東ニュービジネス協議会(現 一般社団法人東京ニュービジネス協議会)理事並びにベンチャー創出委員会委員長就任。12年3月より副会長。アートグリーンは、08年 日本生産性本部 ハイサービス300選に選定される。

書類審査結果

今回、全国の18大学・大学院から43件の優れたプランの応募がありました。各プランは、身近な課題解決、社会問題へのチャレンジ、先端技術の活用、熱い想い実現への取組みなど様々なものがあり、いずれも意義深いものでした。

これらのプランについて、起業支援の実務家が予備審査を実施した後、11名の審査員の厳正な審査と、一次投票、二次投票によりの結果、8チームのファイナリストが決定しました。

University Venture Grand Prix 2012 Finalist

大学名 チーム名 事業名と概要
愛知学院大学 『心と病の研究所』 「TSS(therapy safety-net system)」

入院環境に心の安全網を広げる心理的ケアーシステム
「TSS」が心理専門家チームとして心にsafety-netを確保する。
青山学院大学大学院 PETWORK ペット『無料』定期健康診断サービス「PETWORK」

年2回の無料健診サービスを提供する。それに伴って獣医師の助言やペットの健康に関する有益な情報を提供し、その健診結果を時系列で蓄積できるウェブサービスが併せて利用できる環境も整える。
大阪大学 WonderBee Make it!! Japan
日本メーカー応援クラウドファンディングサイト


クラウドファンディングを使い、web上でユーザーから資金を集め、新商品を作るサービスを提供。
京都大学大学院 デファクトスタンダード 予測から測定の時代へ。インフラ維持管理の為のde facto standardの構築

遠隔ひび割れ計測システムを活用したAMS-主にコンクリートの社会・公共インフラに対する、新たなアセットマネジメントシステム(AMS)を提供し、その維持管理の効率化に貢献。
東京大学 Soil Joy 簡易土壌測定キット“土壌チェッカー”を用いた家庭菜園における最適肥料販売サービス

家庭菜園ユーザーが土壌チェッカーの検査結果をWebで送信し、Webサイト上で測定結果閲覧後、自分の土壌に適した肥料を購入。
法政大学 快眠届隊 GOODすり~プーちゃん(睡眠導入器)

振動接触圧、音波、個人適合などの機能による高機能睡眠導入機を開発。子供向けおもちゃの睡眠導入機として製造・販売。
立命館大学 Filothimo セイバーズ“未来を予測“顧客に健康で文化的な生活を提供する

『ライフログ(個人が日々を生活する上で貯められていく情報)』よる行動予測、運動指導、健康管理、危険予測、病気予防。
立命館大学 レイクサイドラボ ソニック・アイ
〜ハイテクベンチャーが創る福祉社会〜

超音波カメラと知能化技術を応用した見護りシステム
を提案。取得した映像から、コンピュータで自動的に状況を判断し、緊急時には家族と救急に通報。

問い合わせ先

経済産業政策局 新規産業室
直通:03-3501-1569
メールアドレス:kigyouka-kyouiku@meti.go.jpp

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.