経済産業省
文字サイズ変更
3R政策
リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰
 本表彰は、リデュース・リユース・リサイクルのいわゆる3Rの推進に貢献している個人、グループ、学校、企業等であって、地域性、独創性、先鞭性等から特に優れているものを表彰し、これらの活動を奨励することを目的として、平成4年から実施されています。主催者はリデュース・リユース・リサイクル推進協議会であり、経済産業省など関係7省※が本事業を後援しています。
※関係7省:財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省
3R推進月間について
リデュース・リユース・リサイクル推進協議会について
   平成27年度
表彰式開催日    平成27年10月27日(火)
場    所    KKRホテル東京(千代田区大手町1-4-1)
表彰の種類と件数
内閣総理大臣賞 1件 経済産業大臣賞 1件
財務大臣賞 該当無し 国土交通大臣賞 10件
文部科学大臣賞 1件 環境大臣賞 該当無し
厚生労働大臣賞 該当無し リデュース・リユースリサイクル推進協議会会長賞 62件
農林水産大臣賞 該当無し
 
内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞の概要
内閣総理大臣賞
受賞者名 3R活動の概要と受賞理由
(株)ウジエスーパー、(株)ウジエクリーンサービス:宮城県登米市    「エコーガニックwith ノーマライゼーション」
食品スーパーが提案する環境ループ事業

(ポイント)地域おこし、障害者雇用の推進と一体となった食品リサイクルの取組

食品スーパーを営む同社では、店舗における簡易包装の推進、食品トレー削減やPET ボトル等の店頭回収等の他、毎日発生し廃棄される野菜くず等を有効利用するため、24 時間で野菜くず等を完熟発酵させて有機質肥料を製造する装置を導入。製造した有機質肥料「無限」を地元の農家へ提供し、「無限」を使用して生産された米、野菜の全量を買い上げ、同社で販売する食品リサイクルループを推進している。リサイクルループについては、食品リサイクル法上の食品循環資源の再生利用事業計画の認定を取得、同社の食品リサイクル率は65%(平成24 年度)に達している。
「無限」を使った地域おこしとして、地元農業生産法人と連携し「無限」を使用して生産した米を、登米市の地名を活かした「無限のぼり米」として地域ブランド化しているほか、地元醸造会社と連携し「無限のぼり米」と地元産大豆100%使用した仙台味噌「夢のぼり」を平成22年10月から販売し、地域振興・6次産業化にも貢献。
 また、ノーマライゼーション推進のため、「無限」の製造及びスーパーで積極的に障害者を活用しているほか、障害者自らが「無限」を使用し無農薬で米・野菜・カモミールを生産する「無限てるてるファーム」を設立し、生産された農作物を同社で販売している(野菜については「無限かだっぱり」としてブランド化)。
 
経済産業大臣賞
受賞者名
3R活動の概要と受賞理由 
第一パイプ工業(株):神奈川県川崎市川崎区 電線被覆材等を活用した大型・高強度再生プラスチック製品の製造によるプラスチックの循環

(ポイント)中小企業がニッチな分野で競争力を発揮し、再生プラスチック製品を製造。

 同社では、金型成形による軽量鉄鋼製品製造ノウハウを活用した、再生プラスチック製品の製造を昭和52年から行っている。
 軽量鉄鋼製品製造ノウハウや原料となる廃プラスチックの品質管理によって、他社がてがけない、大きく高強度の再生プラスチック製品を製造することに成功し、コンクリート製品の代替(鉄道踏切板、マンホールリング等)や金属製品の代替(鉄鋼コイル置き台等)、木材製品の代替(鉄道標識、車載クレーン用ジャッキベース)等幅広く製品開発を行っている。
 原料となる廃プラスチックについても、金属の分離が困難な銅回収後の電線被覆くず等の他社があまり利用しない材料を主体とすることで独自性を発揮し、原料は100%廃プラスチックとすることを基本方針としている。
 製造工程で発生する端材については工程内で再利用するほか、納入先から使用済自社製品を引取り、再リサイクルしている。
 
※上記以外の受賞案件は3R推進協議会HPを御参照ください
  • リデュース・リユース・リサイクル推進協議会HP外部リンク
  •  
    [報道発表]平成27 年度 リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰の受賞者が決定!
     
    過去の表彰結果について
     平成26年度  平成25年度  平成24年度  平成23年度 平成22年度 平成21年度 
     平成20年度  平成19年度  平成18年度 平成17年度 平成16年度 平成15年度
     
    TOP サイトマップ 関連サイト English
    最終更新日:2015.10.28
    経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
    Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.
    TOP サイトマップ 関連サイト English TOP サイトマップ 関連サイト English