経済産業省
文字サイズ変更
3R政策
資源有効利用促進法
■ マークから探す
No.素材/形状用途識別マーク解説・事例紹介
(1)プラスチック製容器包装飲料、酒類、特定調味料用のPETボトルを除くプラマーク画像プラマークのQ&Aへ
(2)紙製容器包装
(飲料、酒類用紙パックでアルミ使用のものを含む)
飲料、酒類用紙パックでアルミ不使用のもの(6-1)及び段ボール製容器包装(6-2)を除く紙マーク画像紙マークのQ&Aへ
(3)PETボトル飲料、酒類、特定調味料用PETボトルマーク画像PETボトルマークのQ&Aへ
上記以外(1)プラスチック製容器包装へ
PETボトルリサイクル推進協議会
(4)スチール缶飲料、酒類用スチール缶マーク画像スチール缶マークのQ&Aへ
上記以外識別表示義務の対象外
自主的表示については協会へ
公益社団法人食品容器環境美化協会
スチール缶リサイクル協会
(5)アルミ缶飲料、酒類用アルミ缶マーク画像アルミ缶マークのQ&Aへ
上記以外識別表示義務の対象外
自主的表示については協会へ
公益社団法人食品容器環境美化協会
アルミ缶リサイクル協会
(6)参考
(6-1)段ボール製容器包装段ボールマーク画像段ボールマークのQ&Aへ
識別表示義務の対象外
自主的表示については関係業界団体へ
段ボールリサイクル協議会
(6-2)紙パック
(アルミ不使用のものに限る)
飲料、酒類用紙パックでアルミ不使用のものに限る紙パックマーク画像紙パックマークのQ&Aへ
識別表示義務の対象外
自主的表示については関係業界団体へ
飲料用紙容器リサイクル協議会
それぞれのマークに関する詳しい規定については、各素材の省令を参照してください。
1.
■ マークから探す(プラスチック製容器包装)

1.プラマークプラマーク画像

1.1.

1.1. 対象の素材、用途

プラマークはプラスチック製の容器包装を対象に表示します。ただし、飲料・特定調味料用のPETボトルは除きます(飲料・特定調味料用のPETボトルについては3.PETボトルマークを参照してください)。

1.2.

1.2. マークのサイズ、デザイン

プラマークの仕様

a:一辺の長さ
 印刷・ラベル・・・・・6mm以上
 刻印・エンボス・・・8mm以上
b:正方形の切れ目の幅(aの2/5以内)
c:正方形の切れ目の幅(aの1/14以内)
文字の大きさは日本工業規格Z8305に規定する
6ポイントの活字以上(印刷・ラベル)
又は8ポイントの活字以上(刻印)の大きさとする。

印刷、ラベル(シール)の場合は一辺6mm以上、刻印、エンボスの場合は一辺8mm以上が必要です。その他、上の図に示す仕様を満たす必要があります。

色、線幅、スリット、フォントは規定のマークと同一性が損なわれず、鮮明であり、かつ容易に識別される範囲内であれば自作することも認められています。また、色のついた容器包装へ印刷する場合、カラーが色褪せしない等、マークが維持されることが確認できれば、識別マークを反転して表示させても構いません。

なお、プラスチック容器包装リサイクル推進協議会では、プラマークの清刷りを配布しています。

1.3.

1.3. 表示方法について

容器包装の表面に1箇所以上、印刷し、ラベルを貼り又は刻印してください。

無地の場合や表示不可能な容器包装の場合など、マークを省略できる場合がありますので、詳細は後述の1.5.を参考に「内容から探す」ページをご覧下さい。

1.4.

1.4. 材質表示について

材質表示とは、プラスチック製容器包装において、使用されているプラスチック等の種類を表す表示のことです。材質表示には、識別表示とは異なり、法的義務はありませんが、望ましいこととされています。

(参考資料)
容器包装識別表示等検討委員会「容器包装の識別表示・材質表示について」(平成11年11月)
容器包装リサイクル法の円滑な運用を行う上で、より高度な材料リサイクルの推進と、そのための商品購入段階における消費者への情報提供のために、対象となる容器包装に関した材質の情報が提供されることが望ましい。

プラスチック製容器包装の材質表示は、JIS K 6899-12000(ISO 1043-11997)で定められている記号を用いて行うことを推奨します。また、複合材質及び複合素材については、主要な構成材料を含め、2つ以上を表記し、主要な材料に下線を付すことを推奨します。 なお、プラスチックの材質表示の詳細や素材判断については、日本プラスチック工業連盟にお問合せください。

■ プラスチック製容器包装の材質表示で用いられる記号の一例
(JIS K 6899-12000(ISO 1043-11997)に準拠)
ポリエチレン:PE
ポリプロピレン:PP
ポリスチレン:PS
アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン樹脂:ABS   など

■ プラスチック製容器包装の材質表示例(ポリエチレン製の容器包装)
プラスチック製容器包装の材質表示例

1.5.

1.5. プラマークに関連する識別表示の解説

■ Q&A

詳細については「内容から探す」ページを参照してください。

【よくある質問内容】
  • 多重容器包装について:3.2.1.
  • 複合素材について:2.3.4.
  • 無地の容器包装について:3.1.1.
  • 材質表示について:3.3.2.
  • SPIマークについて:2.4.

■ 法令等参考資料

根拠法令や素材の判断基準等については、以下の参考資料をご覧下さい。

1.6.

1.6. 問い合わせ先

プラスチック製容器包装の識別表示については、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

■ マークに関する問い合わせ先

経済産業省リサイクル推進課
(TEL:03-3501-4978 FAX:03-3501-9489)

■ 清刷等

プラスチック容器包装リサイクル推進協議会
(TEL:03-3501-5893 FAX:03-5521-9018 HP:http://www.pprc.gr.jp/

■ プラスチックの材質表示について

日本プラスチック工業連盟
(TEL:03-6661-6811 FAX:03-6661-6810 HP:http://www.jpif.gr.jp/index.html

2.
■ マークから探す(紙製容器包装)

2.紙マーク紙マーク画像

2.1.

2.1. 対象の素材、用途

紙マークは、紙製の容器包装を対象に表示します。ただし、紙製の容器包装には、段ボール製容器包装や牛乳パック等の飲料、酒類用紙パック(アルミ不使用のもの)は除きます(段ボール製容器包装については6.1.「段ボールマーク」、飲料用紙パックについては6.2.「紙パックマーク」を参照してください)。

2.2.

2.2. マークのサイズ、デザイン

紙マークの仕様

H:高さ
 印刷・ラベル・・・・・6mm以上
 刻印・エンボス・・・8mm以上
L:短外径 LはHの7/8
W:長外径 WはHの1.1倍
a:楕円の切れ目の幅(Hの7/100以内)
θ:楕円の傾き(45°)
文字の大きさは日本工業規格Z8305に規定する
6ポイントの活字以上(印刷・ラベル)
又は8ポイントの活字以上の大きさとする。

印刷、ラベル(シール)の場合は高さ6mm以上、刻印、エンボスの場合は高さ8mm以上が必要です。その他、上の図に示す仕様を満たす必要があります。

色、線幅、スリット、フォントは規定のマークと同一性が損なわれず、鮮明であり、かつ容易に識別される範囲内であれば自作することも認められています。また、色のついた容器包装へ印刷する場合、カラーが色褪せしない等、マークが維持されることが確認できれば、識別マークを反転して表示させても構いません。

なお、紙製容器包装リサイクル推進協議会では、紙マークの清刷りを配布しています。

2.3.

2.3. 表示方法について

容器包装の表面に1箇所以上、印刷し、ラベルを貼り又は刻印してください。

無地の場合や表示不可能な容器包装の場合など、マークを省略できる場合がありますので、詳細は後述の2.4.を参考に「内容から探す」ページをご覧下さい。

2.4.

2.4. 紙マークに関連する識別表示の解説

■ Q&A

詳細については「内容から探す」ページを参照してください。

【よくある質問内容】
  • 多重容器包装について:3.2.1.
  • 複合素材について:2.3.4.
  • ラベルそのものの表示について:1.1.3. Q16、Q17
  • 無地の容器包装について:3.1.1.
  • ラッピング用包装紙、のし紙について:1.1.3. Q11、Q12

■ 法令等参考資料

根拠法令や素材の判断基準等については、以下の参考資料をご覧下さい。

2.5.

2.5. 問い合わせ先

紙製容器包装の識別表示については、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

■ マークに関する問い合わせ先

経済産業省リサイクル推進課
(TEL:03-3501-4978 FAX:03-3501-9489)

■ 清刷等

紙製容器包装リサイクル推進協議会
(TEL:03-3501-6191 FAX:03-3501-0203 HP:http://www.kami-suisinkyo.org/

3.
■ マークから探す(PETボトル)

3.PETボトルマークPETボトルマーク画像

3.1.

3.1. 対象の素材、用途

PETボトルマークは、飲料、酒類、特定調味料を充てんしたPET(ポリエチレンテフタレート)素材の容器を対象に表示します。ただし、容量が150ml未満のPETボトルは除きます。

特定調味料とは以下に示すしょうゆ、しょうゆ加工品、アルコール発酵調味料、みりん風調味料、食酢、調味酢、ドレッシングタイプ調味料を指します。

食用油やオイル成分を含むドレッシング等、食用油脂を含む調味料や、簡易な洗浄で臭いがとれない香辛料の強い調味料(ソース、焼肉のたれ等)、非食品用途全般(洗剤、シャンプー、化粧品、医薬品等)のPETボトルは、PETマークの対象ではなく、プラスチック製容器包装として、プラマークの対象となります。

■ PETボトルマークの指定表示品目
  1. 飲料
    • 清涼飲料(果汁飲料含む)
    • 酒類
    • 乳飲料 等
  2. 特定調味料
    1. しょうゆ(こいくちしょうゆ、たまりしょうゆなど)
    2. しょうゆ加工品(だししょうゆ、めんつゆなど)
    3. アルコール発酵調味料(料理酒、クッキングワインなど)
    4. みりん風調味料
    5. 食酢(米酢、穀物酢、りんご酢など)
    6. 調味酢(すし酢、甘酢、浅漬けの素など)
    7. ドレッシングタイプ調味料(ノンオイルドレッシングなど)
      ※ただし、食用油脂を含まず、かつ簡易な洗浄により容器から当該物品の臭いを除去出来るものに限る。

(参考)
資源の有効な利用の促進に関する法律施行令別表第五の四の項の上欄に規定する調味料に関する省令(平成二十年二月六日)

3.2.

3.2. マークのサイズ、デザイン

PETボトルマークの仕様
a:一辺の長さ
b:一辺の切れ目の幅
W:線の幅
θ:1つ角の大きさ
様式番号指定表示製品の区分abWθ数字の大きさ文字の大きさ
様式1容器への刻印8mm以上0.3mm以上0.8mm未満0.7mm以上60°日本工業規格Z8305に規定する7ポイントの活字以上日本工業規格Z8305に規定する5ポイントの活字以上
様式2容器への印刷またはラベルであり内容積が150ml以上1L未満15mm以上0.7mm以上1.1mm未満1.4mm以上60°日本工業規格Z8305に規定する13ポイントの活字以上日本工業規格Z8305に規定する9ポイントの活字以上
様式3容器への印刷またはラベルであり内容積が1L以上4L未満21mm以上1.0mm以上1.5mm未満2.1mm以上60°日本工業規格Z8305に規定する20ポイントの活字以上日本工業規格Z8305に規定する13ポイントの活字以上
様式4容器への印刷またはラベルであり内容積が4L以上28mm以上1.5mm以上2.0mm未満2.8mm以上60°日本工業規格Z8305に規定する26ポイントの活字以上日本工業規格Z8305に規定する17ポイントの活字以上

容器への刻印については様式1を使用します。容器への印刷又はラベルについては指定表示製品の区分により様式を使い分け、内容積が150ml以上1L未満は様式2を、1L以上4L未満は様式3を、4L以上は様式4を使用します。

色、線幅、スリット、フォントは規定のマークと同一性が損なわれず、鮮明であり、かつ容易に識別される範囲内であれば自作することも認められています。また、色のついた容器包装へ印刷する場合、カラーが色褪せしない等、マークが維持されることが確認できれば、識別マークを反転して表示させても構いません。

なお、PETボトルリサイクル推進協議会にてPETボトルマークの清刷りを配布しています。

3.3.

3.3. 表示方法について

容器の底部又は側部に、1箇所以上刻印し、かつ、容器の側部に、1箇所以上印刷又はラベルを貼ってください。

紙マークやプラマークとは表示方法が異なり、業務用容器や無地の容器であっても表示の義務があります。詳細は後述3.4.の省令をご覧下さい。

3.4.

3.4. PETボトルマークに関連する識別表示の解説

3.5.

3.5. 問い合わせ先

PETボトルの識別表示については、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

■ マークに関する問い合わせ先

経済産業省リサイクル推進課
(TEL:03-3501-4978 FAX:03-3501-9489)

■ 清刷等

PETボトルリサイクル推進協議会
(TEL:03-3662-7591 FAX:03-5623-2885  HP:http://www.petbottle-rec.gr.jp/

4.
■ マークから探す(スチール缶)

4.スチール缶マークスチール缶マーク画像

4.1.

4.1. 対象の素材、用途

スチール缶マークは、飲料・酒類用の鋼製の缶を対象に表示します。ただし、内容積が7L以上のものは除きます。

4.2.

4.2. マークのサイズ、デザイン

スチール缶マークの仕様
R:円の外径
a:円の切れ目の幅
W:線の幅
様式番号指定表示製品の区分RaW文字の大きさ
様式1缶胴の外径が60.0mm未満の場合17mm以上10mm以内1mm以上日本工業規格Z8305に規定する14ポイントの活字以上
様式2缶胴の外径が60.0mm以上の場合20mm以上12mm以内1mm以上日本工業規格Z8305に規定する16ポイントの活字以上

容器への印刷又はラベルについては指定表示製品の区分により様式を使い分け、缶胴の外径が60.0mm未満の場合は様式1を、缶胴の外径が60.0mm以上の場合は様式2を使用します。

色、線幅、スリット、フォントは規定のマークと同一性が損なわれず、鮮明であり、かつ容易に識別される範囲内であれば自作することも認められています。また、色のついた容器包装へ印刷する場合、カラーが色褪せしない等、マークが維持されることが確認できれば、識別マークを反転して表示させても構いません。

なお、公益社団法人食品容器環境美化協会では、スチール缶マークの清刷りを配布しています。

4.3.

4.3. 表示方法について

缶の胴に、一箇所以上、印刷し、又はラベルを貼ってください。

紙マークやプラマークとは表示方法が異なり、業務用容器や無地の容器であっても表示の義務があります。詳細は後述4.4.の省令をご覧下さい。

4.4.

4.4. スチール缶マークに関連する識別表示の解説

■ Q&A

「内容から探す」ページは、主にプラマーク、紙マークの判断に関連する識別表示について解説していますが、一部スチール製容器包装についても解説しています。

  • 識別表示の義務のある容器包装について:1.1.1.
  • 缶詰のラベルについて:1.1.3. Q17
  • 飲料・酒類缶以外の容器について:4.5. Q97

■ 法令等参考資料

4.5.

4.5. 問い合わせ先

スチール缶の識別表示については、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

■ マークに関する問い合わせ先

経済産業省リサイクル推進課(TEL:03-3501-4978 FAX:03-3501-9489)

■ 清刷等

食品容器環境美協会
(TEL:03-5439-5121 FAX:03-5476-2883 HP:https://www.kankyobika.or.jp/

■ リサイクル関連等

スチール缶リサイクル協会
(TEL:03-5550-9431 FAX:03-5550-9435 HP:http://steelcan.jp/

■ その他スチール製容器包装について

食料缶詰容器:日本缶詰びん詰レトルト食品協会
(TEL:03-5256-4801 FAX:03-5256-4805 HP:http://www.jca-can.or.jp/index.html

5.
■ マークから探す(アルミ缶)

5.アルミ缶マークアルミ缶マーク画像

5.1.

5.1. 対象の素材、用途

アルミ缶マークは、飲料・酒類用のアルミニウム製の缶を対象に表示します。ただし、内容積が7L以上のものは除きます。

5.2.

5.2. マークのサイズ、デザイン

アルミ缶マークの仕様
a:一辺の長さ
b:一辺の切れ目の幅
W:線の幅
θ:1つ角の大きさ
様式番号指定表示製品の区分abWθ文字の大きさ
様式3缶胴の外径が60.0mm未満の場合17mm以上10mm以内1mm以上60°日本工業規格Z8305に規定する14ポイントの活字以上
様式4缶胴の外径が60.0mm以上の場合20mm以上12mm以内1mm以上60°日本工業規格Z8305に規定する16ポイントの活字以上

容器への印刷又はラベルについては指定表示製品の区分により様式を使い分け、缶胴の外径が60.0mm未満の場合は様式3を、缶胴の外径が60.0mm以上の場合は様式4を使用します。

色、線幅、スリット、フォントは規定のマークと同一性が損なわれず、鮮明であり、かつ容易に識別される範囲内であれば自作することも認められています。また、色のついた容器包装へ印刷する場合、カラーが色褪せしない等、マークが維持されることが確認できれば、識別マークを反転して表示させても構いません。

なお、公益社団法人食品容器環境美化協会では、アルミ缶マークの清刷りを配布しています。

5.3.

5.3. 表示方法について

缶の胴に、一箇所以上、印刷し、又はラベルを貼ってください。

紙マークやプラマークとは表示方法が異なり、業務用容器や無地の容器であっても表示の義務があります。詳細は後述5.4.の省令をご覧下さい。

5.4.

5.4. アルミ缶マークに関連する識別表示の解説

■ Q&A

内容から探す」ページでは、主にプラマーク、紙マークの判断に関連する識別表示について解説していますが、一部アルミ製容器包装についても解説しています。

  • 識別表示の義務のある容器包装について:1.1.1.
  • 缶詰のラベルについて:1.1.3. Q17
  • 飲料・酒類缶以外の容器について:4.5. Q97

■ 法令等参考資料

5.5.

5.5. 問い合わせ先

アルミ缶の識別表示については、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

■ マークに関する問い合わせ先

経済産業省リサイクル推進課(TEL:03-3501-4978 FAX:03-3501-9489)

■ 清刷等

食品容器環境美協会
(TEL:03-5439-5121 FAX:03-5476-2883 HP:https://www.kankyobika.or.jp/

■ リサイクル関連等

アルミ缶リサイクル協会
(TEL:03-6228-7764 FAX:03-6228-7769 HP:http://www.alumi-can.or.jp/index.html

■ その他アルミ製容器包装について

食料缶詰容器:日本缶詰びん詰レトルト食品協会
(TEL:03-5256-4801 FAX:03-5256-4805 HP:http://www.jca-can.or.jp/index.html

6.1.
■ 参考

6-1.段ボールマーク段ボールマーク画像

6.1.1.

6.1.1. 対象の素材、用途

段ボールマークは段ボール製の容器包装を対象に表示します。

段ボールマークは識別表示の法的義務はありませんが、関連業界団体において自主的に表示することが推奨されています。

6.1.2.

6.1.2. マークのデザイン

段ボールについては、輸送包装が主用途であり、国境を越えて流通するという点に配慮し「国際リサイクル・シンボル」が国際段ボール協会によって定められています。我が国の段ボール業界では、「国際リサイクル・シンボル」に日本語の文字「ダンボールはリサイクル」を加えた「リサイクル推進シンボル」を自主的に表示することとしています。

また、下記のシンボルを段ボールの識別表示として用いる場合には、日本語の文字を「ダンボール」に省略し、「国際リサイクル・シンボル」の上部又は下部、あるいは右側に表示することが可能です。

なお、段ボールと紙を貼り合わせて作られた容器包装に関しては、段ボールと紙、どちらの重量が多いかによって扱いが異なります。

紙の重量が大きい場合は、紙製容器包装として扱い、マークを付ける義務があります。

段ボールの重量が大きい場合は、段ボールとして扱います。

段ボールに関する詳細については、段ボールリサイクル協議会(TEL:03-3248-4851)までお問い合わせください。

段ボールマークの例

段ボールマーク

段ボールのリサイクル推進シンボル(例)
6.1.3.

6.1.3. 段ボールに関連する識別表示の解説

■ Q&A

「内容から探す」ページでは、主にプラマーク、紙マークの判断に関連する識別表示について解説していますが、一部段ボール製器包装についても解説しています。

  • 識別表示の義務のある容器包装について:1.1.1.
  • 任意表示について:3.3.1. Q75

■ 参考資料

「段ボールの取り扱いについて」(平成11年12月 4省庁WG)

6.1.4.

6.1.4. 問い合わせ先

段ボールマークについては、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

6.2.

6-2.紙パックマーク紙パックマーク画像

6.2.1.

6.2.1. 対象の素材、用途

紙パックマークは、飲料、酒類用紙パックで(アルミ不使用のもの)を対象に表示します。アルミを使用した紙パックは紙製容器包装として、紙マークの対象となります。

なお、紙パックマークは識別表示の法的義務はありませんが、関連業界団体において自主的にマークを採用し、表示することにしています。

6.2.2.

6.2.2. マークのデザイン

飲料用紙容器リサイクル協議会にて推奨とされている紙パックマークは以下の通りです。必要に応じ「マーク+標語」、「マーク+展開図」、「マーク+標語+展開図」の表示が行われています。

紙パックマークの仕様
6.2.3.

6.2.3. 紙パックに関連する識別表示の解説

■ Q&A

「内容から探す」ページでは、主にプラマーク、紙マークの判断に関連する識別表示について解説していますが、一部紙パックマークについても解説しています。

  • 識別表示の義務のある容器包装について:1.1.1.
  • 任意表示について:3.3.1. Q75
6.2.4.

6.2.4. 問い合わせ先

紙パックマークについては、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。

■ 飲料用紙容器リサイクル協議会
(TEL:03-3264-3903 FAX:03-3261-9176  HP:http://www.yokankyo.jp/InKami/

最終更新日:2017.03.15
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.
TOP サイトマップ 関連サイト English