経済産業省
文字サイズ変更
3R政策
調査資料
容器包装廃棄物のエネルギー・リカバリー等に関する欧州調査 (2004.3)
調査の概要
 この調査は 、容器包装廃棄物のリサイクルシステムの構築に関して先行する、フランス、ドイツの制度 (エコアンバラージュ、DSD、デポジット制度など)及びそれらを先導するEU指令等の最新動向について調査し、 容器包装廃棄物に関するエネルギー・リカバリーの考え方の整理をはじめとした、コスト効率的・エネルギー効率的なリサイクルシステムの構築に資する調査を実施しています。
<目 次>
ご覧になりたい資料の章の番号をクリックしてください。 ※資料は全てPDF形式
目     次
0-a 表紙・はじめに・目次  
0-b 用語の定義  
1 EUにおける容器包装リサイクル政策について

・包装及び包装廃棄物に関する欧州議会及び理事会指令
・EUの廃棄物・リサイクル政策の動向
13
2 フランスにおける容器包装リサイクル制度

・家庭からの包装廃棄物に関する政令(1992年)
・実績・効果と改正・見直し
・今後の方向性・方針
・家庭以外からの包装廃棄物に関する政令(1994年)
15
3 ドイツにおける容器包装リサイクル制度

・包装廃棄物の回避に関する政令(1991年、98年改正)
・実績・効果と改正・見直し
・強制デポジット及びリターナブルシステムについて
・産業セクターにおけるリサイクルシステム
・今後の方向性・方針
18
4 各国制度の概要整理 3
ad 参考文献 2

【本報告書修正について】

 本報告書内に一部内容に誤りがありますので、お手数ですが次のように修正の上ご利用ください。
 <訂正箇所>30ページ 21~22行目

(誤) 同法では、「廃棄物」を残余物、二次原料、廃棄物に3区分し
(正) 同法では、「廃棄物」を利用廃棄物(資源化廃棄物)、処分廃棄物に2区分し
最終更新日:2004.11.24
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.
TOP サイトマップ 関連サイト English