経済産業省
文字サイズ変更

容器に充てんする高圧ガスの種類等の変更手続に関する注意喚起について

2010年9月7日

平成22年5月に三重県及び同年6月に愛知県による高圧ガス容器の所有者に対する立入検査の結果、高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号。以下「高圧法」という。)第54条第1項の規定に基づかず容器に充てんする高圧ガスの種類を変更している容器があったことが判明しました。

高圧法第54条第1項の規定に基づき、容器の所有者は、その容器に充てんしようとする高圧ガスの種類又は圧力を変更しようとするときは、刻印等をすべきことを経済産業大臣、高圧ガス保安協会又は指定容器検査機関に申請することとなっています。

このため、原子力安全・保安院は、保安の確保の観点から、容器の所有者に対し、容器に充てんする高圧ガスの種類又は圧力の変更をしようとするときは下記事項を遵守するよう周知します。

 記

容器の所有者は、高圧法第54条第1項及び容器保安規則(昭和41年通商産業省令第50号)第9条の規定に基づき、その容器に充てんしようとする高圧ガスの種類又は圧力を変更しようとするときは、内容積500リットル以下の容器にあっては都道府県知事、高圧ガス保安協会又は指定容器検査機関に、内容積500リットルを超える容器にあっては産業保安監督部長、高圧ガス保安協会又は指定容器検査機関に刻印等をすべきことを申請し、刻印等を受けること。

  • [問い合わせ先]
    • 保安課電話(03)3501-1706(直通)

ページトップへ

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.