経済産業省
文字サイズ変更

太鼓山風力発電所において発生した風車の落下事故に係る事故調査を踏まえた当面の対応について

2013年4月12日

経済産業省

平成25年3月13日、太鼓山風力発電所(京都府)において発生した風車の落下事故については、事故調査の結果、事故が発生していない設備においても、亀裂が生じるなどの状況が判明しています。
 本事故については、引き続き調査を実施し、原因究明及び再発防止対策の実施が必要となりますが、上記の状況に鑑み、公共の安全の確保の観点から、発電用風力設備の安全管理に万全を期すため、風車の製造事業者が同発電所と同じ設備の設置者に対し、各産業保安監督部(支部等)及び一般社団法人日本風力発電協会を通じ、詳細な保安点検等の実施や講じた対策の結果報告を要請することとしましたので、お知らせ致します。

 ・発電用風力設備の安全確認について(産業保安監督部あて)(PDF:170KB) pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます

 ・発電用風力設備の安全確認について(一社日本風力発電協会あて)(PDF:150KB) pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます


  • [問い合わせ先]
    •  商務流通保安グループ  電力安全課
    •    電話(03)3501-1742(直通)
    •               

ページトップへ

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.