経済産業省
文字サイズ変更

水素自動車及び水素スタンドの普及のための規則改正をしました

2013年8月15日

経済産業省

自動車メーカ及び水素供給業者は、平成27年(2015年)に圧縮水素を燃料として使用する燃料電池自動車等の圧縮水素自動車の本格的な普及の開始を計画しています。
 当該計画を促進するため、経済産業省は、水素スタンドにおいて圧縮水素を貯蔵するための蓄圧器について、研究開発が完了し近く市場に投入される予定のライナー注)に周方向のみ又は軸方向及び周方向に樹脂含浸連続繊維を巻き付けた複合構造を有する圧力容器(以下、「複合構造を有する圧力容器」という。)の使用が可能となるように、関係省令を改正しました。
 この改正により、複合構造を有する圧力容器の普及が開始され、それに伴い、今後の研究開発等の推進により、容器の使用がより一層促進され、水素スタンドの設置コストの低減化等が期待されます。
注)ライナーとは、樹脂を含浸させたカーボン繊維等を巻き付けて強化させた複合構造を有する圧力容器の内側の金属製又はプラスチック製の薄肉の容器。

水素自動車及び水素スタンドの普及のための規則改正をしました


  • [問い合わせ先]
    • 商務流通保安グループ高圧ガス保安室 / 電話(03)3501-1706(直通)
    •                     
    •               

ページトップへ

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.